洋楽アーティスト1000人のデータベース。公式サイト・ファンサイト・ブログ・掲示板・リンク集。

洋楽アーティストデータベース

1,500円以上で送料無料!
※一部大型商品を除く
カートを見る ヘルプ
溝口肇 ラヴィ・シャンカール センス サルバトーレ・アダモ サラ・ブライトマン ティム・ジャニス  
  冨田勲 宗次郎 東儀秀樹 鳥山雄司 イブ・モンタン ユー・シャオカン

洋楽データベース
無料着うたダウンロード
OnGen音楽配信
洋楽楽譜
洋楽名曲
洋楽ランキング
洋楽歌詞和訳・翻訳
特集
 吉田潔

 

サラ・ブライトマン


タイム・トゥ・セイ・グッバイ~ボチェッリ・スーパー・ベスト

[ CD ]
タイム・トゥ・セイ・グッバイ~ボチェッリ・スーパー・ベスト

・アンドレア・ボチェッリ ・ジョルジア ・セリーヌ・ディオン ・夏川りみ ・ヘイリー ・ラウラ・パウジーニ ・サラ・ブライトマン
【UNIVERSAL CLASSICS(P)(M)】
発売日: 2008-03-19
参考価格: 2,800 円(税込)
販売価格: 2,519 円(税込)
タイム・トゥ・セイ・グッバイ~ボチェッリ・スーパー・ベスト
アンドレア・ボチェッリ
ジョルジア
セリーヌ・ディオン
夏川りみ
ヘイリー
ラウラ・パウジーニ
サラ・ブライトマン
カスタマー平均評価:  5
Wondeful ... Don't hesitate a second !
I went to his concert in Tokyo Tuesday April 15th and I naturally bought his album there and wow ... I am just amazed by the quality of his songs ! Really beautiful voice, I really enjoy this album very much ! You'll find of course the most famous songs such as Time to say Goodbye or Vive por Lei. Anyway, if you're wondering whether you should buy it or not, trust me, don't hesitate a second to buy it !

神々のシンフォニー

[ CD ]
神々のシンフォニー

・サラ・ブライトマン ・フェルナンド・リマ ・アンドレア・ボチェッリ ・ポール・スタンレー ・アレッサンドロ・サフィナ
【EMIミュージック・ジャパン】
発売日: 2008-02-27
参考価格: 2,500 円(税込)
販売価格: 2,200 円(税込)
神々のシンフォニー
サラ・ブライトマン
フェルナンド・リマ
アンドレア・ボチェッリ
ポール・スタンレー
アレッサンドロ・サフィナ
カスタマー平均評価:  4.5
ボチェッリとのデュエットが素晴らしいです!
Time to say goodbyeも素晴らしく、はまりましたが、今回の”大いなる大地”のふたりのデュエットは更に素晴らしく、魂に響いてきて圧巻です!ボチェッリのCDでもこの曲を聴きましたが、やはり、サラとのデュエットは素晴らしいです! 他のアーティストとのデュエットもあり、素晴らしく、全体的な曲の構成も大変面白いと思います。最後の”戦場のメリークリスマス”も、美しく、なんとも言えない雰囲気に仕上がっていると思います。
ヘッドフォンでもスピーカーでも良
録音も良く、輸入盤ならではの曇りのない音です。スピーカーでもヘッドフォンでも力を入れた物ほど良さがわかります。4、8曲目はサビに入る部分の音圧が素晴らしく、ぜひヘッドフォンで楽しんでもらいたい部分(カナル型の2way型のものがオススメです)。多少音に綻びがあったようですが、そこは見過ごせる程度でしょうか。個人的に残念なのは6曲目で、甥と一緒に映画館で聴いたときは非常に感銘を受けたのですが、男性ボーカルが変わっており、個人的には非常に残念。ハモリが悪くサラ氏の声が殆ど隠れていて…。男性の歌い方も好きになれません…。映画版のほうはシングルが出ているのですが500円と安いせいか録音が悪く…。後は非常に良かったと思いました。
感動の一言!
彼女のアルバムは総て持っているが、今回は更に素晴らしい出来栄え! 美しい声、大胆なアレンジ、壮大なスケールのバックオーケストラ。。。 お薦めです♪
ジャケットがゴシックメタルみたい!
なんですか!?このジャケットは、、、ゴシックメタルみたいじゃないですか! まあ、昨今のゴシックメタル自体、ヒーリングミュージック色が強くなっているような気もします。 それにしても、彼女の声は美しい。彼女の歌声を聴くと一瞬だけ天国が垣間見えます。 それはとても高い波長から奏でられる女神の(母性の)歌声。天国から来た声。 神の声を授かった彼女の最新アルバム、、、本屋で試聴しました。 彼女のアルバムを何枚か持っていますが、アルバムに大した変化があるわけでもありませんが、 しかしとても美しく、クオリティーは保障されているでしょう。 (しかし、綺麗で美しすぎると、飽きが早いというのもあるかもしれません、、、) 「ゴシック」にしては「陰鬱な暗さ」が足らないような気がいたしますが(ジャケはゴシックですが)、 この「ゴシック」は「中世ヨーロッパのゴシック建築、ルネッサンス絵画」等の荘厳な美しさなのでしょう。 ヒーリングミュージックが好きな方、中世ヨーロッパの雰囲気が好きな方、幻想的なファンタジーが好きな方等なら聴いて損はないのかもしれません。
さすがは世界一美しい声の持ち主
もうまさに神々のシンフォニーです。 サラ・ブライトマンとポール・スタンリーとアンデラ・ボッチェリと・・・ああもう神々!! 1曲目はこれまたびっくり重たいドラムサウンドとギターから始まると。 そこにサラの神の歌声が乗っかって・・・てこれはジャンルで言えばシンフォニックメタルじゃないんですか? いや、そんなことは気にしないんです。そんくらい良いんです。一聴の価値あり。いや、絶対に聴くべき。

アヴェ・マリア〜サラ・ブライトマン・クラシックス〜

[ CD ]
アヴェ・マリア〜サラ・ブライトマン・クラシックス〜

・サラ・ブライトマン
【EMIミュージック・ジャパン】
発売日: 2001-11-28
参考価格: 2,548 円(税込)
販売価格: 2,207 円(税込)
アヴェ・マリア〜サラ・ブライトマン・クラシックス〜
- 収録曲 -
1. アヴェ・マリア
2. 私を泣かせて下さい
3. ウインターライト
4. エニィタイム・エニィウェア
5. アルハンブラの想い出
6. さよなら、ふるさとの家よ?歌劇「...
7. 夜の踊り
8. セレナーデ/ここは素晴らしい場所
9. 私のお父さん?歌劇「ジャンニ・ス...
10. ラ・ルーナ
11. ピエ・イエス
12. フィリオ・ペルドゥート
13. ネッスン・ドルマ(誰も寝てはなら...
14. バイレロ
15. タイム・トゥ・セイ・グッバイ
・・・
カスタマー平均評価:  4.5
まさしくディーバ!
今は亡き妹の勧めで、このアルバムに出会いました。 わたしは、サラのクラシックが好きです。 音色を自由自在に変えて、歌い上げています。 電車の中では、このアルバムばかり聴いていますが、 聞き飽きることがありません。 ヒーリングミュージックと勘違いして購入しちゃう方もいるようですが、 癒されはしますが、ヒーリングミュージックではないのでご注意を。 この美声を耳にせずにいるのは、実にもったいないと思います。 ついでに、結婚式にも、一部の曲を使わせてもらいました。 評判良かったです。
確実に天なる美声でした
良くは知らない人です。オペラ歌手ではないですよね。TVでジュピターを聴いてて思い出し、先日某電気屋にて限定廉価販売にて買った。題名アベ・マリアと殆どが歌劇のアリアですが面白かったのはギター曲「アルハンブラ」に歌を乗っけたところ。嘗て「シバの女王」「禁じられた遊び」「ジュピター」等々歌入りで成功を収めた曲は多い。また、蛇足ながら100%シリーズで当「アベ・マリア」、「カノン」「ジュピター」「グリーンスリーブス」など一曲を色んな人、楽器で特集するという作品群も興味深い。さて本CD、声は清澄にして天に響き、量感も豊かで心に深く染入るという感じ。因みにこれを聴きながら先般白血病で他界した本田美奈子さんのCD「アベ・マリア」にジュピターとかグリンス・リーブスとかアメイジング・グレイスが入ってて何となく思い出してしまいました。
クラシックの声楽曲が苦手な人でも魅了されること間違いなし
ゴージャスなオーケストラをバックにしたサラのあまりの美声に、普段クラシックの声楽曲が苦手な人でも魅了されること間違いなしのアルバムです。オペラのアリアではおそらく誰でも一度は聴いたことがある名曲、オペラのアリアではない曲でもクラシックの名曲を中心に構成した点が巧みだと思いますが、それら名曲を歌いこなして万人を包み込む圧倒的なサラの歌唱力があってこそ本作は成功したといえるでしょう。ポップスも収録されていて、それがリンダ・ロンシュタットの大ファンでもある私には何とも嬉しい、彼女の90年代を代表する「ウィンターライト」。同曲の作曲にも携わったリンダもサラによる素敵なカバーには満足でしょう。この曲が収録されているからでしょうか、本作は冬の季節にぴったりの感を持ちます。過去のアルバムで馴染みの曲も新録音のものが多いので要注意。 ハート・ウォーミングなこの1枚で素敵な冬を迎えましょう。なお、最後の曲は日本盤のみのボーナス・トラックです。
現在の私にとってヒーリング・ミュージックの最高峰!
何気なくレンタル屋さんでこのアルバムを目にして以来、音楽ジャンルを問わず、これほど私の心に染み入ったアーティストは知りません。 大袈裟な表現かも知れませんが、聴いていると汚染された心がまるで聖水で浄化されているようです。 『アヴェ・マリア 』と『タイム・トゥ・セイ・グッバイ 』が特に印象的で、気がつくとすっかりファンになっていました。
気合入りすぎかも
この人自体は好きだし,声も澄んでて綺麗でいいのだが,このアルバムはあまり好きでは無い。 聴いてて疲れる感じがあるのです。ちょっと気合が入りすぎというか,こちらも音楽にひたすら 集中してないと行けないような・・・何というか,無理やり聴かされてる気がしてくるんですよ。 特に,アイポッドとかのDAPで聴き流してるとそう感じる。で,飛ばして別の曲へ。 結果,あんまり聴かないアルバムになってしまった。 サラを聴いて,クラシックに興味を持たれてこのアルバムを聴くのでしたらお薦めですが, とりあえずサラを聴いてみようってんなら他のアルバムから始めた方がいい。

Symphony

[ CD ]
Symphony

・Sarah Brightman
【Manhattan】
発売日: 2008-01-29
参考価格: 2,126 円(税込)
販売価格: 1,766 円(税込)
Symphony
- 収録曲 -
1. Gothica
2. Fleurs Du Mal
3. Symphony
4. Canto Della Terr...
5. Sanvean
6. I Will Be With Y...
7. Schwere Traume
8. Sarai Qui (w/ Al...
9. Storia D'Amore
10. Let It Rain
11. Attesa
12. Pasion (w/ Ferna...
13. Running
カスタマー平均評価:  4.5
やはり癒されます
期待が大きかったので、星5つではありませんが、 新しい曲(歌声)を聴く事ができて、とても嬉しかったです。 曲もすばらしいものばかりでしたが 『ビー・ウィズ・ユー 』のサラの声がかすれて聞こえるのと、 『ランニング』のイントロが暴れん坊将軍のテーマソングに聞こえてしまうのが悲しかったです。 自分だけかもしれませんが、頭の中でどうしても(松健)が馬に乗って走ってきます。 ですので星4つです。
音楽の女神の遊び心
今回のアルバムはデュエット曲や、有名な曲が多く大変聴き易いと思います。 その分、背筋に電撃が走るような強烈なインパクトに多少かけるかもしれません。 ただ、傍らにかけるBGMには最高です。 音楽の女神に愛された彼女自身を通して年齢を重ねた美しさ、声の艶に磨きを掛けて遊び心を交えて光を私たちにまで届けてくれるようなそんなCDです。
壮大で幻想的なファンタジーを旅する感覚
前回のハレムワールドツアーのDVDを見て以来、(大とはいえないまでも) 彼女のファンです。その前のルナツアーのライブ映像にも驚嘆しましたが。 独自の解釈でポップやロックとクラシックとのボーダーを超えて 彼女ならではの世界を毎回作り上げている、 そしてエンタテインメント性を失なうことなく格調高いという 相反するようなことをやってのけているサラは偉大だと思います。 今回も、相変わらず選曲やアレンジが素晴らしいと思います。 彼女は充分自分の魅力を知り尽くしていますね。 今回収められているのは、生のオーケストラと彼女の声という楽器との 紡ぎ出すまさにシンフォニー。 アルバムジャケットはゴシックという言葉をイメージさせますが、 むしろ、宇宙の広がりなどの空間や過去や未来などの時間を超えて 泳いでいるような、まさに壮大なファンタジーの中を旅しているような 感覚を覚えるアルバムだと思いました。私はこれらを聞いていて、 今までのライブでもそうでしたが、今回は更に今まで以上に別世界を 繰り広げている彼女の新しいライブを見ているような不思議な感覚を覚えました。 まさに聞く人の頭の中にファンタジックなイメージを想起させたり 膨らませたりするようなアルバムだと思いました。 ところでRunningですが、Question Of Honorに構成が似ているためか (またスポーツイヴェント向きという意味でも)、 初めてJupiterそのものを聞いた時やQuestion Of Honorを初めて 聞いたとき程には、感動できませんでしたね。 何か使い古され感がどうしても拭えないのですが・・・。
こういう曲が欲しかった
非常に趣向にマッチしていてはまりました。録音も悪くなかったですし、力を入れたオーディオでも聴きごたえがありました。特に4曲目のサビに入る部分をヘッドフォンで聴いたときの音圧はたまりませんね。スピーカーでは出ない音です
フィメール・ゴシック・メタル好きにもアピールしますよ
ココ最近はベスト盤やらで久々のオリジナル作品なのでわ? で、今回は内容以上にジャケが良いわ。 明らかにメタラー向けに作ったとしか思えない ゴシカルな世界がホント素晴らしい。 (1)のイントロがその名も“Gothica”だしw それから続く(2)の“Fleurs Du Mal”は是非とも、 昨今の女性フロントのゴシック・メタル好きに聞いて欲しい曲。

輝けるディーヴァ~ベスト・オブ・サラ・ブライトマン

[ CD ]
輝けるディーヴァ~ベスト・オブ・サラ・ブライトマン

・サラ・ブライトマン ・アンドレア・ボチェッリ ・スティーヴ・ハーレー ・ポール・マイルス=キングストン ・ホセ・クーラ ・ウィンチェスター・カテドラル・クワイア
【EMIミュージック・ジャパン】
発売日: 2006-10-04
参考価格: 2,500 円(税込)
販売価格: 2,075 円(税込)
輝けるディーヴァ~ベスト・オブ・サラ・ブライトマン
- 収録曲 -
1. ファントム・オブ・ジ・オペラ(オ...
2. ミュージック・オブ・ザ・ナイト
3. ピエ・イエス(オリジナル・ヴァー...
4. リヴ・フォーエヴァー
5. テ・キエレス・ボルベール
6. ジャスト・ショウ・ミー・ハウ・ト...
7. デリヴァー・ミー
8. ネッラ・ファンタジア
9. スカボロー・フェア
10. 青い影
11. イッツ・ア・ビューティフル・デイ
12. ホワット・ユー・ネヴァー・ノウ
13. クエスチョン・オブ・オナー
14. タイム・トゥ・セイ・グッバイ
15. イル・ミオ・クオーレ・ヴァ(「タ...
・・・
カスタマー平均評価:  4
サラの声に心惹かれたら、まず本作から
これまでにサラの数作品(CD、DVD)についてもレビューを書いてきましたが、この絶世の美声に心惹かれた、しかしどの作品を求めたらいいかわからない人は、本作をてがかりにするとよいでしょう。それぐらいサラの魅力を凝縮し、オペラ座の怪人以降の彼女のキャリアの中からよりすぐりの名曲を集めた充実のベスト作です。耳慣れた「青い影」「スカボロー・フェア」、そして映画音楽の世紀の名曲「ミッション」と「タイタニック」のテーマ(8、15曲目。なお、15、16曲目は日本盤のみのボーナス・トラック)は必ずや貴方の心を虜にするでしょう。本作ではクラシックの曲が少ないように思いますが、彼女のクラシカル唱法が気に入ったら、「アヴェ・マリア ?サラ・ブライトマン・クラシックス」を求めればいいでしょうし、「ミッション」のテーマ等の個々の曲が気にいったらそれらを含む「エデン」や「ラ・ルーナ」等のオリジナル作品を求めればいいでしょう。ポップスとクラシックの垣根を感じさせない、まさにディーヴァの声が作り出す世界の間口の広さには驚嘆するばかりです。帯の宣伝文句が言うように、美麗フォト多数のブックレット、そしてディスコ・グラフィー付きの解説資料も見応え・読み応え十分。きっとサラ初心者の方には参考になるでしょう。最後をヘンデルの「サラ」バンド(キューブリック監督の名画バリー・リンドンで印象的に使われていた曲)で締めるのも洒落ていますね。もちろん、長年のサラ・ファンにとっても、サラの名曲の数々をオリジナル・アルバムの枠を超えて聴きたいときにピッタリのベスト盤として推奨に値します。
通勤のお供に、寝る前に、、、
「オペラ座の怪人」から始まり、「青い影」「JUST SHOW ME HOW TO LOVE YOU」「TIME TO SAY GOODBYE」と続き、最後はボーナストラックで、「SARAHBANDE」で締めています。もちろん「A QUESTION OF HONOUR」も入っています。色々な顔のサラを見ることが出来、全部一気に聞いてみたいアルバムです。 
無難に評価の高い1枚
美声、歌唱力は申し分ございません。ガッツリ聞くにも、BGMにも最適です。 「このCMの挿入歌」「この人が歌ってたんだ」など意外に身近な存在だったことに気づくはず。 友人宅にお邪魔するとき等にプレゼントするとあなたのセンスを高く評価されるでしょう。 お気に入りバラード集の1枚になること間違いなしです。
DIVA Sarah Brightman- The Singles Collection
現代、女性ソロシンガーの一人。ソプラノの世界ナンバーワン・サラブライトンの精霊に満たされた聖なる美声を聴かずしては、今、生きている価値がないとまで感銘を覚える。ムスクリも素晴しいが、サラブライトンの声は、聴く人の魂までが揺すぶられ痺れてくる程素晴しい。兎に角、このコレクションCD一枚には、彼女の心の底から全地球人への共通のメッセージが、精妙に刻み込まれている。今、直ぐにでも発注して聴くべきであると自信をもってお薦めする逸品中の逸品である。2007年3月3日・ひなまつりに際して。筆者・大橋新也
Is she a real diva or godness ?
聖なる歌を歌わしたらサラ以上のシンガーはいませんね。天使の歌声?とんでもない、彼女は女神ですよ(サラ神)。教会の賛美歌なんてもんではない。遥か遠く神々が住んでいるオリンポスから流れ出ているような歌声に多くの方は虜になっています。もう人間界の域ではない。そんなように思わせるサラのベスト・コレクションですが、曲が少し重過ぎて癒されるというよりも疲れが残る。さすがに, Charlotte Churchのようにはいきませんね。でも、サラの「青い影」はいつ聞いてもいいですね。プロトコルが完全に脇役に回ってしまいました。

タイム・トゥ・セイ・グッバイ~ボチェッリ・スーパー・ベスト(限定盤)(DVD付)

[ CD ]
タイム・トゥ・セイ・グッバイ~ボチェッリ・スーパー・ベスト(限定盤)(DVD付)

・アンドレア・ボチェッリ ・ジョルジア ・セリーヌ・ディオン ・夏川りみ ・ヘイリー ・ラウラ・パウジーニ ・サラ・ブライトマン
【UNIVERSAL CLASSICS(P)(M)】
発売日: 2008-03-19
参考価格: 3,500 円(税込)
販売価格: 3,350 円(税込)
タイム・トゥ・セイ・グッバイ~ボチェッリ・スーパー・ベスト(限定盤)(DVD付)
- 収録曲 -
1. Voce del Silenzio
2. Sogno
3. Mare Calmo Della...
4. Dare to Live! (V...
5. Canto Della Terra
6. Te
7. Besame Mucho
8. Mille Lune Mille...
9. Time to Say Good...
10. Io Ci Saro
11. Romanza
12. Vivo Per Lei
13. Melodramma
14. Bellissime Stelle
15. Prayer
・・・
カスタマー平均評価:  5
魂に響く声?ボッチェッリ最高です!
サラ・ブライトマンとのデュエット”Time to Say Good-bye"も素晴らしかったですが、新たなデュエット”大いなる世界”を聴いて、改めてボチェッリのその魂に響く声に魅了され、初めてボチェッリのCDを購入しました。期待を裏切らない素晴らしさです!CDは様々なメロディの曲で構成されており、また違ったボチェッリの魅力を存分に楽しむことができます!更に、セリーヌ・ディオンや夏川りみとのデュエットもあり、曲も大変美しく、感動ものです!特典のDVDでは、実際のボチェッリの歌う姿も観ることができ、ファンにとっても嬉しいセットとなっています。おすすめです!
DVDも良いです
限定盤CDに付属のDVDは、おまけ的なもの<<しかも有料!!>>で期待外れなものが多いのですが、このベスト盤に付属のDVD「自由の女神コンサート」は期待を裏切りません。 女心の歌、オ・ソレ・ミオ、乾杯の歌といった、誰でも一度はどこかで聴いたことがある曲が収録されていますし、演奏も素晴らしい!! また、9・11で崩壊してしまう前の貿易センタービルが背景に映っていたりもします。 現在、DVDなしの通常盤との価格差は僅かなので、どちらにしようかと迷っておられる方には断然「限定盤」をおすすめします。 ◆DVDの内容 「自由の女神コンサート」 --オープニングクレジット-- 1.女心の歌 2.見よ、恐ろしい炎を(歌劇「リゴレット」より) 3.乾杯の歌(歌劇「トロヴァトーレ」より) 4.ああ、麗しの乙女(歌劇「ラ・ボエーム」より) 5.遙かなるサンタ・ルチア 6.帰れ、ソレントへ 7.オ・ソレ・ミオ 8.乾杯の歌(歌劇「椿姫」より)

浅田舞&真央 スケーティング・ミュージック

[ CD ]
浅田舞&真央 スケーティング・ミュージック

・オムニバス(クラシック) ・ビッスン(ノエル) ・浅田舞 ・ブライトマン(サラ)
【EMI MUSIC JAPAN(TO)(M)】
発売日: 2007-11-28
参考価格: 3,000 円(税込)
販売価格: 2,180 円(税込)
浅田舞&真央 スケーティング・ミュージック
- 収録曲 -
1. ロミオとジュリエット(チャイコフ...
2. アンジェ・パッセ(アラン・ルフェ...
3. オブリヴィオン(ピアソラ/ルチア...
4. リベルタンゴ(ピアソラ)(200...
5. 白鳥の湖(チャイコフスキー)(2...
6. 恋のアランフェス(ロドリーゴ)(...
7. 組曲「ペール・ギュント」より 朝...
8. ホワット・アム・アイ・トゥ・ユー...
9. スペイン舞曲第1番(ファリャ) ...
10. ロマンス第2番(ベートーヴェン)...
11. エンジェル・オブ・ライト
12. ~アンジェリ・ドミニ
13. ~プロスペクト (2003-4 ...
14. ガブリエルのオーボエ(映画「ミッ...
15. ヴォイス・メッセージ from 舞
カスタマー平均評価:  4.5
聞き応えあります
真央ちゃんの今シーズンSPの曲が聴きたくて買いました。 とても情感のあるすばらしい曲です。 CDのパッケージが乙女チックで可愛らしいのも素敵です。 中の冊子には、二人の歴代衣装が満載で、これを見ていても楽しい。 曲一曲づつ解説と二人のメッセージが載っています。 それを読むと、どんな気持ちで滑っていたかがわかります。 中でも、真央ちゃんがノクターンについて 「ピアノとピアニストの繊細な指の動きを、自分にとってはエッジが指、アイスがピアノの鍵盤です。」とコメントしているところが印象的で、なるほどと思いました。 二人の曲は数々のスケーターが選曲している名曲ばかりです。 ディスク1の一曲目、ロミオとジュリエットは高橋選手が今シーズンFPで、 三曲目のオブリヴィオンは村主選手が今シーズンFPで、 ディスク2の幻想即興曲は中野選手が今シーズンSPで使用しています。 二人のファンだけでなく、スケートファンにも楽しめる一枚です。 ただ、一つ難点を言えば、CDの最後のスペシャルトラックでしょうか。 二人のメッセージが入っているのですが、 曲に聴き入っていると、突然声が出てくるので、一瞬どきりとします。 メッセージが聞けるのはうれしいのですが、できれば別のディスクに入れて欲しかったです。
素敵です
パッケージがとても凝っています。画像で見たより透明感のある綺麗な色合いで素晴らしいです。同封のブックレットもデビューからの各シーズンの画像がひとり4ページずつ順番に並んでいてふたりの成長ぶりが一目瞭然です。 驚いたのは発売元のEMIミュージック・ジャパンさんに権利のない他社の音源の曲もきちんと入っていたことです。曲目一覧で見てはいたのですが、よくぞここまで、と本当に感激しました。大変だったでしょうに担当の方の努力に本当に感謝します。 ふたりのボイスメッセージも、真央ちゃんは「原稿読んでます!」なかんじで(笑)可愛かったし、舞ちゃんはさすがに落ち着いていて感謝の気持ちが本当にこめられていてこちらこそ「ありがとうございます」って言いたくなりました。 音質も非常にクリアで原曲がそのまま入っているので、実際の試合の映像と比較してみると「なぜここでこの部分を使ったのか」とか想像できて楽しめます。 編曲は大変なのですが、やっぱりセンスがいいですよね。 それにしても舞ちゃんは本当に難しい曲で滑ってばかりですね。あらためて聞いてみてびっくりしました。大変チャレンジングな試みを毎シーズン続けてきたのですね。 すごくセンスがいいのですが、大変だったろうなと思います。 これからもおふたりの活躍を心から願っています。 すてきなCDをありがとうございました。
飛び立つ 成長
真央ちゃんファンには たまりません。 一曲目 今季のショートの曲。鳥をイメージじしていると言っいるだけあり 彼女が 飛躍したい!強い気持ちを 感じます!世界新女王誕生!おめでとう。真央ちゃん。トリプルアクセルが、失敗だったけど、嬉しいです。このCDをききながら、やっぱりいい曲ばかりだなぁと、嬉し泣きを一緒にしていました。
二人の成長の歴史
パッケージがディズニーのプリンセスシリーズみたいな感じで可愛いです。 クリスマス前の今の時期にぴったりだと思いました。 中の写真も可愛い! ただちょっと残念だったのが、曲がスケートを滑ってるとき用に編集されてるものではなく、原曲だったこと…。 クラシック曲の原曲なら他のCDにも入っているわけですから、せっかく舞ちゃんと真央ちゃんのCDなので、競技時に使用しているものと全く同じものを入れてくれた方が聴きながらすべりが想像できてよかったなと思いました。 あとメッセージが…。清楚でまじめですごく好感はもてるのですが、短い上に原稿をそのままよんでいるようで…。どうせなら短くてもいいので、舞ちゃんと真央ちゃんの対談形式にするとか、これぞ二人のCD!っていう感じのものだったらさらによかったと思います。 でも二人は芸能人じゃないですし、現役アスリートでとてもお忙しいでしょうから贅沢いっちゃいけませんね(^^; 色々不満を述べてしまいましたが、このボリュームでこの値段でしたら申し分ないと思います。 私的には今季のフリーのEXで使用されている別れの曲のボーカルバージョンが切なくて好きなので、CDが手に入って嬉しかったです。
音も良いですo(^-^)o
カバーのデザインはちょっとちゃらちゃらしてる?! 感じも否めませんが(笑) 2枚組で、1枚ずつ舞、真央という構成です。 たいていの場合、会場のアンビエンスマイクが拾った音を TVのスピーカーで聞いているわけですが、それとは異なり かなり良質な音でそれぞれの楽曲を楽しむことが出来ます。 ブックレットには舞さんと真央さん、それぞれが 2002年から2006年までのFS、SPの時にまとった衣装の 写真があり、衣装の歴史と成長をうかがえます! 特に真央さんの、天真爛漫で幼なかった頃の写真は貴重 かつ微笑ましいです。 各曲の紹介の下にはハートマークから始まる本人たちの コメントが載っています。 昔懐かしいアイドルのように、最後のトラックには本人 からのメッセージが収録されていますが、とても短い… 楽曲そのものは「使用曲」で本人たちが歌っているわけ でもないから、唯一肉声が登場するおまけのトラックは もう少し「何か?」工夫が欲しかったです。 欲張りでしょうか?(笑)

オーラ~美しい感動~

[ CD ]
オーラ~美しい感動~

・オムニバス ・フィリッパ・ジョルダーノ ・アミーチ・フォーエヴァー ・ジョルジア・フマンティ ・ナターシャ・マーシュ ・クロエ ・鈴木慶江 ・グレゴリアン
【EMIミュージック・ジャパン】
発売日: 2007-04-25
参考価格: 2,600 円(税込)
販売価格: 2,240 円(税込)
オーラ~美しい感動~
オムニバス
フィリッパ・ジョルダーノ
アミーチ・フォーエヴァー
ジョルジア・フマンティ
ナターシャ・マーシュ
クロエ
鈴木慶江
グレゴリアン
カスタマー平均評価:  5
坂本龍一以外は全てよかった(^^。
親戚の方に教えてもらったアルバム。 癒しを求めてオーラを信じることに。タイトルである「美しい感動」のように、 ケルティックウーマンの透き通るような声は感動もの。 でも「エロい女は、存在そのものがエコである」で有名な エロコト親父「坂本龍一」の「戦場のメリークリスマス」 が入っていたのは残念(TT。でした。 せっかく良い曲と素晴らしいアーティストばっかりなのに、なぜ入れたんだろう。
名曲ぞろい
私が特に好きなのはサラブライトマンのtime to say goodbye や LIBERAの彼方の光です。この2つのために買っても惜しくは無いです。
これをきっかけに。
あまりにも癒されて、曲ごとにそのオリジナルを探してしまいました。 このリストでは、これからすごく楽しみですね。 特にふだん洋楽をお聞きになっていない方にお勧めします。
最高の一枚かも?!
最近耳にしていて聴きたいな?と思う曲がいっぱい入っていて最高です。これは両親への プレゼントにもいいと思いました。私はリベラの「彼方の光」を聴いて涙が出ました。たしかNHKのドラマの主題歌でしたよね。心洗われる曲ですね。
満足 o(^-^)o
心地よく聞こえていた数々の曲が、まさに凝縮されています!「戦場のメリークリスマス」まで入っているところがスゴい!BGMにも、じっくり聞くのにも最高!癒されます…。

タイム・トゥ・セイ・グッバイ

[ CD ]
タイム・トゥ・セイ・グッバイ

・サラ・ブライトマン ・アンドレア・ボッチェリ
【EMIミュージック・ジャパン】
発売日: 2008-06-11
参考価格: 1,500 円(税込)
販売価格: 1,500 円(税込)
タイム・トゥ・セイ・グッバイ
- 収録曲 -
1. Time to Say Good...
2. No One Like You
3. Just Show Me How...
4. Tu Quieres Volver
5. In Pace
6. There for Me
7. Bilitis-Generique
8. Who Wants to Liv...
9. Wally
10. Naturaleza Muerta
11. En Aranjuez con ...
12. In Trutina
13. O Mio Babbino Ca...
14. Alleluja
カスタマー平均評価:   0

The Phantom of the Opera (Original 1986 London Cast)

[ CD ]
The Phantom of the Opera (Original 1986 London Cast)

【Really Useful】
発売日: 2001-02-06
参考価格: 4,256 円(税込)
販売価格: 2,360 円(税込)
The Phantom of the Opera (Original 1986 London Cast)
- 収録曲 -
1. Prologue
2. Overture
3. Think Of Me
4. Angel Of Music
5. Little Lotte / T...
6. The Phantom Of T...
7. The Music Of The...
8. I Remember / Str...
9. Magical Lasso
10. Notes / Prima Do...
11. Poor Fool, He Ma...
12. Why Have You Bro...
13. All I Ask Of You
14. All I Ask Of You...
カスタマー平均評価:  4.5
オペラ座の怪人は凄かった。
実は先日(2008年1月22日)、大阪は梅田にある劇団四季劇場で「オペラ座の怪人」のミュージカルを見に行ってきました。それ以来、オペラ座の怪人にはまってしまい、夜、一人で部屋で寝ていると、どこからか、ファントムの声が聞こえてくるような、もう私の頭の中から離れません。そして、すぐにこのCDをアマゾンで見つけ、迷わず購入しました。はっきり言ってもう星5つなんて全然足らないです!!!…というかあまりにも素晴らしすぎて付けられません。 最近、オペラ座の怪人は2005年に公開された映画が大変有名にはなりましたが、その映画が作られるもっと前にミュージカルとしても大ヒットした作品なんですよね!そのオリジナル版と言ってもいいこのロンドンオリジナルキャストによるアルバムは極上の一品です。 以下はこれから購入したい人に向けて、このCDの利点を挙げておきます。 ●トラック番号が曲、シーンごとに分けられている。(前に販売されていたものは曲ごとの頭だしが出来ませんでした。つまりトラックが「1」しかなかったのです) ●全てのセリフ、歌詞がほぼノーカットで記載されている。(つまり、台本と同じです。※和訳はありません) ●音質が大変素晴らしい。(文句なしのレコーディングで編集してあります。臨場感たっぷりです) ●2CDのケースが箱型のハードケースに収められている。(高級感があります) ●劇団四季ヴァージョンのオーケストラは少し迫力にかけるが、ロンドンは素晴らしい音色で録音されている。(ホルンとかすごいうなりをあげていますし、バスーンや、オーボエ、コントラバスのピチカートなどはっきり聞こえます。) 以上、私が感じたことを列挙してみました。これくらいにしておかないと、買って初めて聴いたときの楽しみが半減してしまいますのでここまでにしておきますね!          やはり、「オペラ座の怪人は凄かった。」
ミュージカル史上最高クラスの名作の至福のCD
幸運にも、このミュージカルを最初94年にNYブロードウエイで、そして最近トロントでもみました。すべてのミュージカルのなかでもおそらくもっとも美しい、メロデイアスで豊かな旋律をふんだんにもった、そしてある意味衝撃的な音楽作品です。ストーリイをかいちゃうわけにはいかないんですが。。。 この作品はファントム(怪人)の声がでていないと成功しないといわれますが、このCDのマイケル・クロフォードでは実に豊かな音声、絶品で感動的とさえといえます。重要なパートナーであるクリスチーン役サラ・ブライトマンのソプラノは、近年の高評価どおり、高く美しくよくのびていて、そしてなによりも歌劇の重要な要素である、たましいのこもった、これはもう至福の歌声。とくにふたりのハーモニーは完璧にちかく、感動的なできばえになっています。ブロードウエイでみたときのと、まったく遜色ない完成度。もし舞台をみたかたなら、必ず感動がよみがえってくると思います。 オペラ座の怪人のCDを1枚買う、としたらこの作品が正解で、大満足ものとおもいます。
既に古典、なのに衝撃的。
四季のオリジナルキャストの舞台を観たのはもう十数年前。原詞を知りたくてロンドン版を購入し、CDが擦り切れる(わけない)くらい聴きました。サラ・ブライトマンの声は衝撃的です。色々なキャストのCDを聴きましたが、彼女のクリスティーヌがベストだと思います。ファントムのマイケル・クロフォードの声は四季・映画のファントムとはかなり違うので、映画から入ると違和感があるかも。自分は逆に、エキセントリックな怪人を表現するのには、彼の高い(+細い)声が一番だと思いました。
バランスが良いです
劇場で実際に鑑賞した時は、ラウルの声質が少しインパクトに欠けていて、怪人に食われてしまっている印象があって少々残念でした。でも、このCDでは、全員個性があり、バランスが良い、と思いました。あと、少々変な観点からの感動かもしれませんが、非常にきれいな英語で歌われていて、発音(発声)の美しさが、さすがオリジナル、という気品につながっている、と思いました。満足していますが、敢えて難をつけるとしたら、マスカレードにもう少し臨場感が欲しいかな、といったところでしょうか。それは単に、劇場で鑑賞した時の印象と比べているので、もちろん、CDで聴くだけの時とは単純に比較はできませんが。とにかく、お薦めです。
何年たっても宝!やはりオリジナル!
私が中学生の頃のもので、来日ガラコンサートのコマーシャルで『ひと耳惚れ』したのもコレ!コマーシャルで流れたサラ・ブライトマンのたったワンフレーズに衝撃を受けました!当時、劇団四季版が流行っていて周囲でもハマってる人が多かったのですが、楽曲は好きになれても、なんだか無理に日本語に訳したような字余りっぽさと…あとは単純に声の好みとセンスなのでしょうか、私には巷で流行の四季版『オペラ座の怪人』は好きになれませんでした。なんかペライよ、と生意気にも感じてたのです(四季ファンの方、申し訳ございません。当時の率直な気持ちなのです)。なのにオリジナル、ロンドンキャストにはもうひと耳惚れ!したのです!オケも歌い手も奥行があって伸びやかで…とにかくカッコイイ!としびれました!学生のおこずかいで買うにはちょっと厳しかったですが(笑)あれから十数年経った今でもマイベストです。最近サラ・ブライトマンを好きになられた方にも是非聴いてみていただきたい作品。シングルベストに収録のファントム・オブ?とはまた違って、多数の歌手とのコラボからサラの魅力を発見できると思います。もちろん人それぞれ好き好きがあって、これは私の私見ですが。



Copyright © 2008 洋楽アーティストデータベース. All rights reserved.    Program by 簡単アマゾンサイト作成ツール ver.3.96

 更新日 2008年10月11日   ※ 表示価格は更新時のものです!      メール      相互リンク