洋楽アーティスト1000人のデータベース。公式サイト・ファンサイト・ブログ・掲示板・リンク集。

洋楽アーティストデータベース

1,500円以上で送料無料!
※一部大型商品を除く
カートを見る ヘルプ
溝口肇 ラヴィ・シャンカール センス サルバトーレ・アダモ サラ・ブライトマン ティム・ジャニス  
  冨田勲 宗次郎 東儀秀樹 鳥山雄司 イブ・モンタン ユー・シャオカン

洋楽データベース
無料着うたダウンロード
OnGen音楽配信
洋楽楽譜
洋楽名曲
洋楽ランキング
洋楽歌詞和訳・翻訳
特集
 吉田潔

 

冨田勲


G線上のアリア100%

[ CD ]
G線上のアリア100%

・オムニバス(クラシック)
【BMGメディアジャパン】
発売日: 1998-02-21
参考価格: 1,835 円(税込)
販売価格: 1,743 円(税込)
G線上のアリア100%
- 収録曲 -
1. 管弦楽組曲第3番ニ長調1068~...
2. 管弦楽組曲第3番ニ長調1068~...
3. 管弦楽組曲第3番ニ長調1068~...
4. 管弦楽組曲第3番ニ長調1068~...
5. 管弦楽組曲第3番ニ長調1068~...
6. 管弦楽組曲第3番ニ長調1068~...
7. 管弦楽組曲第3番ニ長調1068~...
8. 管弦楽組曲第3番ニ長調1068~...
9. 管弦楽組曲第3番ニ長調1068~...
10. 管弦楽組曲第3番ニ長調1068~...
11. 管弦楽組曲第3番ニ長調1068~...
カスタマー平均評価:  4.5
G線上のアリア
このCDは、バッハの、G線上のアリアばかりを集めたCD。様々な同曲の演奏を集めており、ヴァイオリンとピアノの本来の意味でのG線上のアリアや、オルガンや、管弦楽での演奏等様々な同曲の演奏が収められてます。この曲が好きな方には間違いなく、買いでしょうし、BGMにも使えます。
G線上のアリア好き
古典的な演奏から、ポピュラー風まで1曲の曲を様々に楽しめました。 CMで使われる事も多いのですが、いろいろな角度から演奏されていてまさに名曲だと思いました。 バッハの管弦楽組曲は名作ですが、その3番の2楽章(Air)をこのように料理しつくして満足できるものです。
期待以上でした
この曲は誰もが一度は耳にしたことのある曲だと思います。私はクラシック好きを名乗れるほど音楽の知識はありませんが、最近ではCMなどでも耳にするようになり、じっくり聴いてみたいと思い購入してみました。 実際に聴いてみると、それぞれの楽器の特徴が生かされた演奏に新鮮な驚きを感じつつ、このメロディの柔軟性というか普遍性というのでしょうか、長く人々に愛されてきた理由のひとつがわかったような気がしました。シンセサイザーもよかったですが、リコーダーの伸びやかな音に特に感激しました。
これでこそオムニバスの意味がある!
最近、廉価なオムニバス「クラシック入門」のようなCDがもてはやされているが、1曲完奏していないものが多く、商品とは言えないものが売られている事と、それを高く評価してしまう人が意外に多く、悲しく感じていたが、これは、同じ曲を色々なアレンジ、演奏家で聴き比べる事ができ、クラシックの自由で広大な世界を認識できるという、本当のクラシックの面白さを教えてくれる、良い企画です。「広く浅く」ではなく、1曲をとことん追求する面白さを味わって貰えれば、クラシックの本当の面白さが判るのです。同じBMGが「いいとこどり」なる、オーディオチェックCDを企画したとは思えない素晴らしい企画です。担当者の深い愛情がしのばれる良いオムニバスです。これを聴いて、貴方もクラシックにのめり込もう!
これはいいっすよ〜☆
クラシックって聴くの初めてだったんですが、全然OKです!!癒されることは当然のことながら、聴いてると不思議と、どこからともなく元気が出てきます!!すばらしいっす。。。☆

惑星

[ CD ]
惑星

・冨田勲
【BMG JAPAN】
発売日: 2007-10-24
参考価格: 1,890 円(税込)
販売価格: 1,796 円(税込)
惑星
冨田勲
カスタマー平均評価:  5
理屈抜きで楽しめる
このCDの面白さは冒頭のアポロ?宇宙船の発射模様だ。秒読みのアナウンスが本当に数字を読み上げている様に聴こえる。よーく聴くと全然数字ではないのだが‥。そのあとの発射時の轟音が物凄い。ボリュームを上げると「何事なんだ」と苦情殺到。良く出来ている上手い。この曲は広大な宇宙をテーマにした大管弦楽曲なので圧倒的音量で音響効果が発揮できる格好のもの。原曲もさること乍ら全く理屈抜きで楽しめる出来である。カラヤンも真つぁお??
あなたも宇宙旅行へ
最高!としか言いようがありません。 さぁTOMITA SHIPへ乗り込もう!

「のだめオーケストラ」STORY!

[ CD ]
「のだめオーケストラ」STORY!

・のだめオーケストラ ・工藤静香 ・川澄綾子
【ERJ】
発売日: 2007-02-21
参考価格: 3,675 円(税込)
販売価格: 3,200 円(税込)
「のだめオーケストラ」STORY!
- 収録曲 -
1. オーケストラ チューニング〜Sオ...
2. ベートーヴェン:交響曲第7番イ長...
3. ピアノ協奏曲第5番 変ホ長調作品...
4. ベートーヴェン:ピアノソナタ第8...
5. ベートーヴェン:交響曲第9番ニ短...
6. モーツァルト:2台のピアノのため...
7. モーツァルト:2台のピアノのため...
8. ベートーヴェン:ヴァイオリンソナ...
9. ベートーヴェン:交響曲第7番イ長...
10. ベートーヴェン:交響曲第3番変ホ...
11. ベートーヴェン:交響曲第3番変ホ...
12. ベートーヴェン:交響曲第3番変ホ...
13. ショパン:ノクターン作品55−1...
14. バルトーク:アレグロ・バルバロ ...
15. ドヴォルザーク:交響曲第5番ヘ長...
・・・
カスタマー平均評価:  4
プロから見た、よくある外し方を聴かせてくれる
 プロが正規の演奏会で外す事は滅多に無い。それをSオケリハーサルでやって見せてくれる。 こんなCDが出せるのはのだめ用ならではのこと。そのぶん、プロの真面目な遊び心を読み取ることができる。  国際的な名演奏なら、多数の歴史的名盤からも集めることができる。 国内のオケがN響以外でTVに乗る機会は少ないはず。のだめをきっかけに国内各地のオケに注目が集まっている。これもすばらしい成果。  このCDをきっかけに、各地の生オケの演奏会に目を向け、さらに足を運んでもらうきっかけにしていこうよ、 とのプロフェッショナルたちの呼びかけが聞こえるようなCDです。  この緑版CDを聴き終えたら、生オケに行きましょう。きっと感動が待っています。 そんなCDです。のだめファンの皆さん、新しくファンになった皆さん、ぜひこのCDも、それに続く生オケも楽しんでいきましょう。
短っ!カタログCDとしてならOKかも。
収録数だけをみると一見お得にみえるけれど、1分以内という楽曲もあり(それも少なくない)盛りあがりに欠けてしまった。金色のコルダも同じように楽曲CDを多数出しているが、ダブりが少なく、最後までちゃんと聞けるものが多いので、長い目で見たら、のだめシリーズよりコルダシリーズのほうがいいかもしれない。 のだめは、サビのカタログとして買うのならいいかも。ただし、他のCDに収録されている曲(例によってかなり短く切られてしまっている)がダブって入っていることが多いので、シリーズ中1枚だけで十分だと思う。 のだめとコルダを聞き比べると、販売に力を入れているのか、音楽性に力を入れているのか、違いが顕著に出ていて興味深い。
これも・・・。
高い。内容考えても高い。編曲も、早い。速い。もっといい指揮者使っても、もっと安いのはクラシックCDにもいくらでもある。また、ドラマのサントラって考えてもこれは高いんじゃないかな?ラジオドラマも入ってこの値段、とかなら分かるけど。ホールのマナー低下もこれの原作のせいにされてる(当たってると思う。そろそろ落ち着いて欲しい。音の響くホールでメル打ちとかホント勘弁)けど、そろそろ『クラシックの新規ユーザーを増やしたり魅力を紹介したい』のか、『売れるから売りたい』のか判別できなくなってきてる。クラシックのアンサンブルCDとしてではなく、あくまで原作ファン用アイテムと考えるべき代物。
のだめファンなら必携
元々クラシックが好きで、「のだめ」にはドラマから入ったのですが、あまりの面白さに本当にはまってしまいました。で、ついでにCDも買ってしまったのですが、最初に出た赤い方よりも、こちらのほうが私のような中級クラシックファンには楽しめます。まずはやっぱり、のだめ版の悲愴。聞きなれてくると、こういうものかと思ってしまうのがちょっと怖い。千秋のメフィストワルツは、若さが出ていて、いかにも卒業演奏という感じ。エルガーのヴァイオリンソナタは思わぬ収穫で、エルガーの他の作品が聞きたくなりました。でもやっぱり、一番のおすすめはペトルーシュカでしょう。ドラマ版のように、間に挟まれる「きょうの料理」が実に絶妙です。ドラマでは演奏されなかった部分も収録されておりますので、「のだめ」はマンガもドラマも好き、という方には、赤い方よりもこの緑の方をおすすめします。
微妙な所。
オリジナルだというのはわかるけれども ほとんどの曲が途中で切られていて非常に残念でした、 アニメはドラマとは違ってせっかく2クールなのだからもうちょっとCDもクオリティをあげても良いと思います。 CDに出てくる曲が多い、というだけではなく、その曲の素晴らしさをもう少し伝えて欲しかったです。 LIVEのときともダブっていて値段的にはきつかったかも…です。 だけど、おなら体操が入っていたのは嬉かったです。なので、2で。 好き嫌いが別れるCDです。

月の光

[ CD ]
月の光

・冨田勲
【BMG JAPAN】
発売日: 2007-10-24
参考価格: 1,890 円(税込)
販売価格: 1,790 円(税込)
月の光
冨田勲
カスタマー平均評価:  5
20世紀発、21世紀の古典音楽
小学生の頃、YMOと富田シンセは未来そのものだった あれから約30年、シンセサイザー、シークェンサー、サンプラーはアマチュアでも 買える、扱えるものとなったが、進化・進歩するエレクトリック・インストゥルメント でも補完できないものがある それは芸術家の技術 演奏はもちろん解釈、編曲 YMOの素晴らしさは「3人とも稀代の天才的”演奏者”」ということに立脚しているし、 富田の凄さは「稀代の”作曲家であり、編曲家”」ということに立脚している (もちろんブライアン・イーノもクラフトワークも、近年では高木正勝も半野喜弘も) 再現性を高めているディジタル・レコーディング・システムをしても、単に感性を 伸ばすに留まる。僕は技術に裏打ちされない感性を信じない ここにある富田シンセの音は、今や懐かしい未来の音なのかもしれない それはモーグ・シンセサイザーの音だからという意味ではない 未来に向かって期待されたディジタル・ミュージック・パフォーマーが あの頃の未来となった今、あまりに希少だった。。。という意味で 輝かしい音楽の未来を1979年に宣言したこのアルバムは、「雪が踊っている」 「月の光」に代表される光を今でも放っている。子供の僕は未来って素晴らしいと感じた しかし、30年近くの未来に在って、30年前の未来のほうが輝いていたかもしれないと 過去から届けられる一筋の光に一抹の不安を感じる

新日本紀行/冨田勲の音楽

[ CD ]
新日本紀行/冨田勲の音楽

・東京交響楽団 ・東京混声合唱団 ・ひばり児童合唱団 ・大浦みずき
【BMGビクター】
発売日: 1994-06-22
参考価格: 2,548 円(税込)
販売価格: 2,421 円(税込)
新日本紀行/冨田勲の音楽
- 収録曲 -
1. 新日本紀行(オープニング・テーマ...
2. ジャングル大帝(オープニング・テ...
3. 勝海舟(オープニング・テーマ~咸...
4. 文吾捕物絵図(若狭の女~オープニ...
5. 学校(オープニング・テーマ~幸せ...
6. 蒼き狼の伝説
7. 国境のない伝記
8. 二つの橋
9. リボンの騎士
10. 花の生涯(オープニング・テーマ~...
11. 天と地と(オープニング・テーマ~...
12. 新平家物語(オープンニング・テー...
13. 徳川家康
14. 決断
15. 多様な国土(爺さんの里)
・・・
カスタマー平均評価:  4
色々な番組のテーマ曲の寄せ集め。中高年向け?
このCDのタイトルには「新日本紀行」とついている。しかし中身は、曲目表をみれば分かる通り、「新日本紀行」関連の曲だけでなく、冨田氏がこれまでに手掛けた色々な番組のテーマ曲の寄せ集めである。中には歌詞つきのものもいくつかある。 ということで、統一的なテーマのイージーリスニング・ノンヴォーカルの楽曲を期待していた私の希望からすると期待外れであった。取り上げられている曲目も、私のような若い世代には縁のないものばかりだ。 とはいえ、冨田氏のファンであれば買って損はないだろう。特に中高年の方は、ちょうど若いころにTVで流れていた曲ばかりなので、懐かしいと感じるのではなかろうか。
冨田勲さんありがとう!
 発売後まもなく購入しました。『新日本紀行』テーマ曲はもちろんのこと、『勝海舟』、『文吾捕物絵図』、『蒼き狼の伝説』、『学校』、『二つの橋』、『青い地球は誰のもの』。私が小学生から中学生の時代に聴いた曲の多くが収録されており、とても嬉しいです。  演奏も、ややエコーが効きすぎかなと思うこともありますが、アレンジもよく、とても感動し、癒されます。こういうアルバムに出会えたことが幸せだと感じます。
新日本紀行
私も、新日本紀行のフルコーラスが聴きたいために購入しました。
フィンランドでは、国歌よりフィンランディアの方が愛されているという話をよく聴きますが、新日本紀行は国民的音楽と言っても過言ではないと思います。日本「的」ではなく、にっぽんなんです。
新日本紀行!
新日本紀行のテーマは 国を代表する音楽だ!
国歌にしてもいいぐらいだ!

あの曲を聴いたとたんに ふるさとを思い出す
と言いつつも私は故郷が無い! 
曲を聴きながらバーチャルでふるさとを体感している(笑)
山あり川あり やはりどうしても外せないのが年寄りと赤ら顔の子供の存在

新日本紀行の見過ぎだな俺・・・・

PS:新日本紀行のテーマ以外は聞いてないっす!富田先生ゴメンナサイ
あの日本的な情緒あふれるメロディーは、いつ聴いても郷愁を誘います
冨田勲という作曲家は不思議な才能の持ち主です。

シンセサイザーでの一連の作品によって、時代の兆児となったわけですが、「ジャングル大帝」や「リボンの騎士」という手塚アニメのテーマソングも作曲しています。
50歳を越えた者ですが、「ジャングル大帝」のオープニングのシーンと雄大な音楽は忘れることができません。もっとも当時は小学生でしたから、冨田勲の名前も知らなかったわけですが。

「花の生涯」「天と地と」「徳川家康」等の大河ドラマの音楽も書いていますが、私としては、アルバム・タイトルにもなっている「新日本紀行」のオープニング・テーマが、一番のお気に入りです。我が家のCDの中でも良く聴く棚に入れて愛聴しています。

放送終了からもう20年以上経ちました。一つ一つの番組は思い出せませんが、あの日本的な情緒あふれるメロディーは、いつ聴いても郷愁を誘います。印象的な拍子木の響きや懐かしい笛の音は、どこかに置き忘れていった日本人の本来持っている音楽の原型なのでしょう。
当時すでに高度成長の波に飲み込まれようとしていた日本の故郷の原風景を、映像に留めてくれた価値ある番組でした作品です。NHKアーカイブスで保存されており、時折再放送されているのを見ています。

日本って不思議な国ですね。足元にあった大切なものを、全て捨て去り忘れていったわけですから。冨田勲の「新日本紀行」を聴きながら改めて実感しています。


カノン100%パッヘルベルのカノンによる天然果汁の詰合わせ

[ CD ]
カノン100%パッヘルベルのカノンによる天然果汁の詰合わせ

・オムニバス(クラシック) ・レーン(クレオ)
【BMGビクター】
発売日: 1994-10-21
参考価格: 1,835 円(税込)
販売価格: 1,743 円(税込)
カノン100%パッヘルベルのカノンによる天然果汁の詰合わせ
- 収録曲 -
1. カノン ニ長調(パッヘルベル)
2. パッヘルベルのカノン(ゴールウェ...
3. 同(ミルズ編)
4. ヴァリエーションズ~パッヘルベル...
5. ハウ,ホェア,ホェン(ダンクワー...
6. アース・エンジェル(ウィリアムス...
7. カノン・オブ・ザ・スリー・スター...
8. カノン ニ長調(パッヘルベル)
カスタマー平均評価:  4.5
パッヘルベルのカノン好きにはたまらない
パッヘルベルのカノン(正確にはカノンとジーク?)好きにはたまらない1枚丸ごとカノンです。 本CDは以前には単純にカノン100%として出されていたもので、2にあたるカノン100% fiore [Compilation]もお勧めです。
カノン50%
 いかにもカノンづくしといったタイトルに惹かれ購入。  しかし、聴いていてよいと思ったのは全8曲中半分の4曲のみ。残り半分は途中から「パッヘルベルのカノン」ではなくなっている。中にはどう考えても編曲者がカノンという曲を愛していないとしか思えないようなものもあり、正直聴いていて苦痛だった。  「パッヘルベルのカノン」を題材とした様々なバリエーションを楽しみたいという方にはおすすめできるが、「パッヘルベルのカノン」の様々な演奏法を楽しみたいという人には不向き。  故に★3つ。  個人的には、「パッヘルベルのカノン / オン・パレード」というアルバムのほうをお薦めしたい。
セミクラシック
 カノンとジークニ長調のカノンのみを収録した盤。  いずれの合奏もバリエーションに富んでいて、飽きのこない編成となっている。  私も「パッヘルベルのカノン」が好きで、何枚か愛聴盤を持っている。一枚は、お馴染みのパイヤール盤である。厚化粧と呼ばれるような演奏だが、あの脂の乗った、こってり感がたまらない。ミニマル音楽のように繰り返し同じ旋律が続き、次第にクレッシェンドしてゆく。湧き出でる泉のように、次々とメロディーをつむぎだし、とても心地が良い。  もう一枚はレイモンド・レッパード指揮によるイギリス室内管弦楽団の演奏。完全に贅肉は落ちきってはいないが、通奏低音も華やかに聴衆を魅了する素晴らしい演奏に仕上がっている。  とりわけ私のお気に入りのパイヤール盤がこのCDでは第1曲に収められている事はとても嬉しく思う。
こいつはいい!
クラシックのCDを買いたいとはあまり思わない(クラシックファンの皆様、ごめんなさい)、今日この頃ではありますが、パッヘルベルのカノンだけは欲しくて買ってしまいました♪クラシックはあまり好きではないがカノンは好きという方もたくさんいらっしゃるほどの人気曲は伊達ではありません。 フルートのソロや、シンセサイザー、はたまたカノンはあくまでもモチーフというようなアレンジなど、新鮮かつ楽しいアルバムです(もちろんオーケストラもあります)。この100%シリーズはいくつかありますが、クラシックのなかでもごく一部だけが好きだという方に特にオススメします☆このアルバムは曲数が少ないので、それだけが残念・・・。
カノンこそクラシックの最大の名曲
僕の楽団でもトリに演奏するのがこのカノンです。ところでカノンっていう語源をごぞんじでしょうか?ヨーロッパでは紙が発明されたのはずっと後のことでして、ながく聖書など後世に伝えたい文章などはもっぱら羊の皮、石版などに転記をして人々に伝えられてきたのです。聖書のこの写し取る原版のことを実はカノンといわれていました。この楽譜の原版は実はアルト用リコーダ用の音域の旋律用楽譜が一枚。つまり同じ音域の楽器を2小節遅れで演奏せよとなっています。これに通奏低音のビオラダガンバ(チェロのような楽器)用の楽譜の2種類だけなんです。
ところでイエスキリスト様の伝えたい聖書の言葉の意味は”神様はあなたのことをあなたを(私は)愛しているし、いつもそばにいるのだよ。人を愛そう”です。このカノンという音楽の意味するものはなんだかとても暖かいものです。
僕には”いつもそばにいるのだよ””いつもそばにいるのだよ”という音楽で表現された聖書の意味に思えます。深く、とてもすてきで人類の遺産のひとつといっていいような音楽だと思います。実に数百年前の音楽なんですから人類史上の名曲なんではないでしょうか。
そんな意味があると思っていますから音楽会では最後に演奏する当日の会場の皆さんのためのプレゼントの曲にしています。ヨッシー。

TOMITA ON NHK

[ CD ]
TOMITA ON NHK

・冨田勲
【コロムビアミュージックエンタテインメント】
発売日: 2003-03-29
参考価格: 2,625 円(税込)
販売価格: 2,284 円(税込)
TOMITA ON NHK
- 収録曲 -
1. 新日本紀行
2. 街道をゆく~NHKスペシャル
3. 街道をゆく
4. 蒼き狼 チンギス・ハーン~NHK...
5. ミツコ 二つの世紀末~NHK特集
6. 太郎の国の物語~NHKスペシャル
7. ニュース解説
8. 教養特集
9. 日本の素顔
10. 新日本紀行(旧テーマ曲)
11. 現代の映像
12. わたしの人生
13. きょうの料理(旧ヴァージョン)
14. きょうの料理(新ヴァージョン)
15. きょうの健康
・・・
カスタマー平均評価:  3.5
企画は安易だが、それでも面白く懐かしい
40代以上の世代には懐かしい作品が目白押しでしょう。アルバムとしてはあまり労力の感じられないものですが、それでも冨田勲の作曲(特にオーケストレーション)能力の異常な高さには改めて驚嘆しました。彼を始め、前田憲男、”未来への遺産”での武満徹などの世代がTV時代のかなり早い時代から独創的で完成度の高い作品を供していたこと、そしてその後の世代にあまり進化の観られなかったことを実感しました。今日の放送における音楽は事実上彼らの焼き直しのようなものだと感じた。
昭和31年から現役の曲まで
冨田氏がNHKの番組のために書いた楽曲を30曲以上収録。古いものでは昭和31年のものから、「きょうの料理」のようにいまだ現役のものまで、バラエティに富んだ構成になっている。 ただ、「きょうの料理」などは既に多くの日本人にとって、番組を即座に想起させるものとして脳内にこびりついているので、人前で堂々と聴くのは少し、いや、かなり恥ずかしいかもしれない。
"Tomita on NHK"
海外に住んでいて、帰国する度にNHKの新日本紀行を聞くと、その美しさに涙を流したものだ。だが、このCDには極度に失望した。新日本紀行はただの50秒で、番組のイントロを再録しただけ。最近では、女性のボーカルもあるのに、無視。残りは、隙間を埋めるために34という膨大な数のテーマ・ミュージックを羅列した。これはNHKの宣伝にはなるが、新日本紀行の影がうすれる。プロダクションとセールスの愚劣な証拠であろう。スタンフォード大学教授片岡鉄哉
TOMITA ON NHK 最高!
このCDの魅力は何と言っても、冨田勲さんの、創造的な美しいメロディーをオリジナル音源で聞けることです。僅か20秒の短い作品にも、極めて印象的なメロディーが散りばめられている。NHKには実にさまざまな音源が保存されていたんですね。とても懐かしくて感動しました。

ビックレビューも詳しく書かれていて、大変興味深い内容が盛りだくさんです。

<ニュースの焦点>など、まだまだ眠っている名曲もある筈です。ラジオ番組のテーマ曲も聴きたいです。ぜひパート2を企画して欲しいですね。

民放にも数多く存在していますよね。<マイティージャック>をオリジナル音源で聴きたいな。民放版も出して欲しいな。

そしていずれ、全作品をオリジナルスコアによる最新の演奏版も大いに期待してます。
日本人の音楽
昨今は「癒し」系音楽とういジャンルが巾を利かせているが本来、音楽は癒しなのだ。
「ニュース解説」のテーマは短くシンプルながらも最高の音楽であると思う。


冨田勲/惑星<2003> 4.1サラウンドによる

[ DVD Audio ]
冨田勲/惑星<2003> 4.1サラウンドによる

・冨田勲
【コロムビアミュージックエンタテインメント】
発売日: 2003-03-29
参考価格: 3,675 円(税込)
販売価格: 3,491 円(税込)
冨田勲/惑星<2003> 4.1サラウンドによる
- 収録曲 -
1. 火星
2. 金星
3. 水星
4. 木星
5. 土星
6. 天王星/海王星
7. 火星(4.1ch Dolby S...
8. 金星(4.1ch Dolby S...
9. 水星(4.1ch Dolby S...
10. 木星(4.1ch Dolby S...
11. 土星(4.1ch Dolby S...
12. 天王星/海王星(4.1ch Do...
カスタマー平均評価:  4.5
At Last! Tomita on DVD Audio!!
This is an absolutely superb DVD-A release, worthy of all of Tomita's musical excellence. The clarity of the recording, and the superb way that the 4.1 mix has been arranged is awesome. This is so much better than the original The Planets CD release, and worth buying a DVD-A player for. It's such a shame that this DVD-A is not available outside Japan, as I'm sure Tomita has a worldwide following. Tomita, if you're reading this review, please do all you can to get more of your music out on a hi-res format! I've followed your music since 1976, and you're a genius.
本来5ch??
この作品は5chでの再生を想定して編曲されたはずではなかったでしょうか?うろ覚えですが、発売当時にホールで5chマルチでの鑑賞会やラジオで1chづつの放送などがあったように記憶します。(この曲だったはず…)だとするのこの作品は、まさに当時のコンセプトを今蘇らせたものではと思います。
画竜点睛を欠く(唯一残念なところ)
冨田勲先生のシンセサイザー編曲版クラシックは、自分の音楽人生に多大な影響を与えてくれた。4chレコードからのファンで、CD、LDに至るまですべて買いそろえてきた。今回のこのディスクも新編曲と聞き、大いに期待を込めて購入したのであるが、1点残念なところがある。それは、木星の一番の聞かせどころ、あの有名な旋律の始まりの部分。以前の編曲では、旋律を大事に聞かせた後で、無線交信の遊びが入るのであるが、今回の編曲では、旋律に被ってずっとモールス信号がぐるぐるぐるぐる飛び交い、旋律に集中しようとする気持ちを逆なでするのである。とても集中して聞くことができないために、このディスクはお蔵入り状態である。遊びの部分が面白さの一つなのであるが、今回の編曲では、少々やりすぎだと思う。この部分以外の編曲には、何も問題を感じないだけに、残念でしょうがない。
アナログシンセの良さ
オリジナルのLPと比べるとアレンジがだいぶ違う。
宇宙人との掛け合いがなくなっている。(納得)
サラウンドはさすがにマルチチャンネルの良さが出ている。
宇宙には前後も上下もないということで音を全体にちりばめたとのことであるが確かに前後左右の区別なしに音があふれてくる。
センターなしの4.1を選んだことに好感が持てる。

もちろん作品としてもすばらしい。
Moogシンセサイザーの音も満喫できるし。
近年のディジタルシンセの音よりも好きだ。
ただし、「木星」でもっと盛り上げて欲しかった(オリジナルも同じ)。
すばらしい!
昔、アナログ盤で聞いた最初の感動がよみがえってきました。
もちろん、サラウンド環境でお聞きすることを強くオススメします。
まるで自分が宇宙空間にいるように感じられます。
今後も、このような形でサラウンド版でのリメイクを希望いたします。


展覧会の絵

[ CD ]
展覧会の絵

・冨田勲
【BMG JAPAN】
発売日: 2007-10-24
参考価格: 1,890 円(税込)
販売価格: 1,796 円(税込)
展覧会の絵
冨田勲
カスタマー平均評価:  5
富田さんは偉い
富田さんと言えばNHK「新日本紀行」テーマ曲等で有名な作曲家。ン十年前モーグシンセを3000万円で購入。シンセの新境地を開いた人。作曲したデモテープを日本ビクターへ持ち込んだら断わられ、止む無く米国RCAへ。たちまちこれが大ヒット。日本ビクターも慌てて逆輸入したと言うわけ。この「展覧会」は初期のもので大変面白く聴きました。各曲斬新且つ手の混んだ巧妙な音作りとなっております。以前から米国モーグ博士発明のシンセを使った曲はありましたがバッハ等単純なものが多くこれ程複雑なものは無かった。富田シンセも今や10枚くらい出ているのではないでしょうか。「展覧会」は元々ピアノ曲、ラヴェルがオーケストレーションして色彩豊かな管弦楽曲に編曲(尚、一時ラヴェルの編曲使用禁止の時代があって、ストコフスキーも自らの編曲で演奏したのは有名)。編曲と言えば、是非聴いて頂きたいのがPJBEのブラス。絶妙絶賛、お薦めです。

鳳来寺山のブッポウソウ

[ CD ]
鳳来寺山のブッポウソウ

・冨田勲 ・NHK東京児童合唱団 ・坂田美子
【ユニバーサル ミュージック】
発売日: 2007-08-01
参考価格: 1,200 円(税込)
販売価格: 1,140 円(税込)
鳳来寺山のブッポウソウ
冨田勲
NHK東京児童合唱団
坂田美子
カスタマー平均評価:  5
美しい音
「新日本紀行」世代ではないのですが、数年前から始まった 「ふたたび」を見て、あの印象的なテーマ曲と、切なさを 感じさせる歌声が気になっていました。ようやく収録CDが 発売されて嬉しい限りです。 歌い手の坂田美子さんはこの曲で初めて知りましたが、 元々は薩摩琵琶の奏者とのこと。 郷愁を呼び起こすメロディーとそれにぴったり合った 歌声がとても素晴らしいです。 「ふたたび」が目的で買いましたが、みんなのうた「鳳来寺山の ブッポウソウ」も、児童合唱団の合唱がかわいらしくてとても よいです。冨田勲さんの作る曲は日本古来の「和」を感じさせ ながらも現代日本にマッチした美しい響きを持っていますね。



Copyright © 2008 洋楽アーティストデータベース. All rights reserved.    Program by 簡単アマゾンサイト作成ツール ver.3.96

 更新日 2008年10月11日   ※ 表示価格は更新時のものです!      メール      相互リンク