洋楽アーティスト1000人のデータベース。公式サイト・ファンサイト・ブログ・掲示板・リンク集。

洋楽アーティストデータベース

1,500円以上で送料無料!
※一部大型商品を除く
カートを見る ヘルプ
ディープ・フォレスト デレリアム エディット・ピアフ エニグマ ジ・エキセントリック・オペラ ジョージ・ウィンストン  
  ヘンリー・マンシーニ 久石譲 姫神 岩代太郎 本間勇輔 葉加瀬太郎

洋楽データベース
無料着うたダウンロード
OnGen音楽配信
洋楽楽譜
洋楽名曲
洋楽ランキング
洋楽歌詞和訳・翻訳
特集
 おおたか静流
 ケニー・G
 ケニー・ホイーラー
 コハラ
 ジム・ブリックマン
 ジャー・パンファン
 ジュリエット・グレコ
 ナナ・ムスクーリ
 マーク・ゴールデンバーグ
 マノロ・カラスコ
 ミリアム・ストックリー
 リベラ
 岡崎倫典
 加古隆
 喜多郎
 国府弘子
 小宮瑞代
 小原孝
 中西俊博
 服部克久

 

久石譲


太王四神記 オリジナル・サウンドトラック Vol.2(DVD付)

[ CD ]
太王四神記 オリジナル・サウンドトラック Vol.2(DVD付)

・久石譲 ・ジュンソ ・東方神起
【エイベックス・トラックス】
発売日: 2008-01-25
参考価格: 3,465 円(税込)
販売価格: 2,945 円(税込)
太王四神記 オリジナル・サウンドトラック Vol.2(DVD付)
久石譲
ジュンソ
東方神起
Lim bo Kyung
Jeong hoon Ann
In young Park
Maestro-T
カスタマー平均評価:  4.5
「冬のソナタ」の感動が蘇りました!!。
 「すごく面白いよ!!。一緒に見ない?。」  女房に進められて見始めたのが、「冬のソナタ」。 ほんの少し付き合うつもりで見始めたのが間違いでした。  面白い!!。  じれったい!!。  何でこんなに苦しめられなければならないのか??。  そして、挿入歌も良い!!。  この場面は、あの曲が入るよね。  と思った時に、その曲が流されるのです。  そして、「CD」が売り出されていると聞き、その日に、 買いに行きました。  また、「冬のソナタその後」(?)と題名の「本」も出版され それも買ってしまいました。  「便乗商売」と分かっていても、買わずにはいられない。 そして、買ったもの全てが「嬉しい」。  それが、「冬のソナタ」でした。  「太王四神記」は、その「感動」が蘇る作品です!!!。  「スジニ」のテーマに「良いね」と言い合い。  「キハ」のテーマに「悲しいね」と目を交わし。  「ホゲ」には、最後「タムドクのみかたになってほしい」  このCDを聞きながらこんな会話が自然と交わされる作品です。
DVDにもう一工夫ほしかった
ペ・ヨンジュン主演の韓国の大河ドラマのサントラ第二弾。作曲は久石譲氏。 Vol.1の曲は勇壮で壮大な曲ばかりだったが、Vol.2はそれとは打って変わって、落ち着いた静かな曲で占められている。これは、力強い「タムドクのテーマ」のアレンジが多かったVol.1に比べ、Vol.2では哀愁帯びた「スジニのテーマ」のアレンジが多い為だろう。 中でも、「かなわぬ恋」や「スジニのテーマ?Love Theme?」の、美しくも切ない旋律が印象的だ。他の曲も、「悲劇的」や「運命-ストリングバージョン」など、静かで物悲しい調子のものが多い。 また、このVol.2には主題歌「千年恋歌」や「許して」も収録されている。特にスジニのテーマをボーカライズした「許して」が素晴らしい。ジュンソの歌声が心に染み入ってくるようだ。ライナーに歌詞の日本語訳が記載されているのは、国内盤ならではのうれしい特典だ。 なお、同梱のDVDは、ミュージックビデオとなっている。ドラマ本編の映像をバックにオーケストラや主題歌が流れる構成で、3曲収録されている。残念ながら、東方神起やジュンソのプロモーション映像は入っていない。オーケストラのレコーディング映像もなかった。 このあたりについては、もう一工夫が欲しかったかも。
ぜいたくなOST、どれを買うか迷ってしまう?!
本編がドラマの枠を超えているだけに、このOSTも映画並みの豪華さ。 久石譲&フルオーケストラなのだから当然といえば当然。 映像に寄り添うように効果的にドラマを盛り上げており、期待を裏切らない満足のいく内容です。 私は待ちきれずに韓国版を買っちゃいました。 40曲あまり録音されたうちの19曲入りではありますが、ドラマのダイジェスト映像とともに流れる東方神起の「千年恋歌」とメインテーマの2曲入りのDVD付きでした。 国内版はVVol.1、2に分けてかなりの曲数を網羅しているようですね。 ちなみに韓国版はケースがトールサイズの観音開き仕様、ピクチャーディスクで15ページのブックレット付きでした。 日本語解説はありませんが、値段も一番リーズナブルながらなかなかの豪華版で満足しています。

太王四神記 オリジナル・サウンドトラック Vol.1

[ CD ]
太王四神記 オリジナル・サウンドトラック Vol.1

・久石譲
【エイベックス・トラックス】
発売日: 2007-12-12
参考価格: 3,059 円(税込)
販売価格: 2,600 円(税込)
太王四神記 オリジナル・サウンドトラック Vol.1
久石譲
カスタマー平均評価:  5
フルオーケストラによる壮大な交響詩
ペ・ヨンジュン主演の韓国の大河ドラマのサントラ。神話を基にしたスペクタクル超大作ということで、音楽のほうも壮大かつ重厚な出来栄えとなっている。 作曲はスタジオジブリや北野武監督作品でおなじみの久石譲氏。 すべての楽曲がフルオーケストラで演奏されており、どの曲も聴き応えがあるが、中でも特筆すべきは「タムドクのテーマ」である。導入部は美しい笛の音で始まるが、途中から一転して勇壮なメインテーマが立ち上がる。徐々に力強さを増しながら繰り返されるメインテーマは鳥肌ものである。 また、「聖戦」や「敵軍の攻撃」、「勝利へ」などの曲も、非常に高揚感のあるパワフルな曲だ。他には、太鼓の音にコーラスが混じる「神々の戦い」や、ブラスの重厚な唸りが魅力的な「団結」が素晴らしい。いわゆる”燃える曲”ばかりである。 一方、「スジニのテーマ」や「キハのテーマ」など、落ち着いた静かな曲もある。特に「スジニのテーマ」は、メロディーがとても美しい。他にも、「運命」の木管バージョンや「スジニのテーマ」のピアノソロは、美しく繊細な旋律をじっくり聴かせてくれる。 太王四神記のサントラは日本版と韓国版がリリースされているが、実はこの2つは収録曲や曲数に違いがある。この日本版には主題歌「千年恋歌」は入っていない。(韓国版には収録)なお、「千年恋歌」は2008年一月下旬に発売されるVol.2に収録される。 Vol.1とVol.2はぜひセットで揃えたい。

Piano Stories Best’88-’08

[ CD ]
Piano Stories Best’88-’08

・久石譲
【UNIVERSAL SIGMA(P)(M)】
発売日: 2008-04-16
参考価格: 2,800 円(税込)
販売価格: 2,650 円(税込)
Piano Stories Best’88-’08
- 収録曲 -
1. The Wind of Life
2. Ikaros -2008 Rem...
3. HANA-BI (映画 「HAN...
4. Fantasia (for NA...
5. Oriental Wind -2...
6. Innocent (映画 「天空...
7. Angel Springs (サ...
8. il porco rosso (...
9. The Wind Forest ...
10. Cinema Nostalgia...
11. Kids Return (映画 ...
12. A Summer’s Day
13. 人生のメリーゴーランド -Pia...
カスタマー平均評価:  5
とにかく深い
私が久石譲さんを知ったのは「銀河鉄道の夜」のイメージアルバムでした。 友人に勧められ、貸してもらったのを覚えています。 元々から名前だけは知っていたものの、 サントラ以外のアルバムがあるなんて知りませんでした。(ファンの方、ごめんなさい) さっそく借りたその日に聴き、衝撃を受けました。 透き通るような、体に染み込むような、不思議な感覚です。 その後、ほかのアルバムを集めてみようかな、と思い始めたときです。 音楽のランキングの上位にベストアルバムがあるではありませんか! 発売日は3日後だったと思います。 なんか運命的なものを感じ、早速予約! 聴いてみた感想ですが、素晴らしいの一言。 でも、言い表すのが難しいです。 これは聴いてみなければ分からないのではないでしょうか? ジブリ系の主題歌もヘッドフォンで聴くのは初めてだったため、かなり新鮮でした。 特に好きなのが、6,9,10です。 最近は本を読むときなどに重宝しています。 最後にもう一度言いますが、この素晴らしさは聴いてみないと分からないと思います。 言葉伝えるのはなかなか難しいですよー。
楽曲は良いものづくし
金曜ロードショーのオープニングで流れる、 「シネマノスタルジア」が聴きたくて購入しました。 これは予想通り良い曲で癒されました。 このpiano storiesのシリーズは初めて聴きましたが、 その名の通りピアノメイン(ピアノソロもあり)なので 派手な曲はあまりありません。 もう少しバックの演奏があるのかと思ってたので ナウシカ、ラピュタ、ハウルは物足りなさも感じました。 久石譲氏のピアノに味があると感じる方には大いにオススメです。
あっという間に聴き終わる気持ちの良い1枚♪
久石さん、素晴らしいです。数多くのCM曲、スクリーンサントラを手がけているのでアルバム自体誰でもすんなり入っていくことができます。ただ違うのはその音楽と演奏でイメージされる舞台が本当に浮かぶ点です。個人的に一番感じるのはこのアルバムには収録されていませんが「菊次郎の夏」サントラ収録、Summerです。音楽を聴いているだけで初夏を感じ、懐かしさを感じ…このように全ての作品を作りあげるなんて本当に尊敬します。 タイトルにもあるように(そこまで考えているのかは??)単なるピアノソロではないストーリー集です。心地よいのでたまにテレビを消してBGMとして聴き入る、またはさりげなく流しているのがオススメいうかなりの価値あり作品。 結婚式披露宴の歓談用BGMとしても活躍しそうな作品ですね。
ぜったいに欲しかった
聞いてみてやっぱり素晴らしいと思います。ジブリの映画も好きだけれど、ハウルの曲、ナウシカの曲。涙が出そうなほどです。最近自分の周りでピアノ付いているせいもあるけれど、伊右衛門の曲も好きです。中でも私の一番のお気に入りは金曜ロードショーのシネマノスタルジア。ぜひ聞いてみて!
気持ちが落ちつきます
久石譲のアルバムは購入済みの曲もあり、耳慣れた曲がたくさんあります。でもなぜか今回のアルバムには新鮮味を感じてしまいます。ピアノの弾き方に魅惑され、音楽の調べに魅惑され、一粒で二度美味しい内容となっていてお薦めの一枚です。

STUDIO GHIBLI SONGS

[ CD ]
STUDIO GHIBLI SONGS

・映画主題歌 ・加藤登紀子 ・坂本洋子 ・上々颱風 ・本名陽子 ・チャゲ&飛鳥 ・米良美一 ・安田成美 ・井上あずみ ・アメリータ・ガリ=クルチ ・荒井由実
【徳間ジャパンコミュニケーションズ】
発売日: 1998-05-21
参考価格: 3,059 円(税込)
販売価格: 2,708 円(税込)
STUDIO GHIBLI SONGS
- 収録曲 -
1. 「風の谷のナウシカ」~風の谷のナ...
2. 「天空の城ラピュタ」~君をのせて...
3. 「となりのトトロ」~さんぽ(井上...
4. 「となりのトトロ」~となりのトト...
5. 「火垂るの墓」~はにゅうの宿(ア...
6. 「魔女の宅急便」~ルージュの伝言...
7. 「魔女の宅急便」~やさしさに包ま...
8. 「おもひでぽろぽろ」~愛は花,君...
9. 「紅の豚」~さくらんぼの実る頃(...
10. 「紅の豚」~時には昔の話を(加藤...
11. 「海がきこえる」~海になれたら(...
12. 「平成狸合戦ぽんぽこ」~アジアの...
13. 「平成狸合戦ぽんぽこ」~いつでも...
14. 「耳をすませば」~カントリーロー...
15. 「On Your Mark」~O...
・・・
カスタマー平均評価:  4.5
自分のすさんだ心を優しい気持ちにさせてくれる
ジブリ作品のテーマ曲が豪華勢揃いな一枚になってます。「紅の豚」のテーマ曲になった加藤登紀子さんの「さくらんぼの実る頃」と「時には昔の話を」が聞きたくて買いました。自分のすさみきった心を優しい気持ち、元気な気持ちにさせてくれる最高の癒しソングばかりで落ち込んだときや、怒りや憎しみ、悲しみなど我心が乱れてるときに聞くとひとたび冷静にさせてもらえる一枚だと思います。ただ「さくらんぼの実る頃」は挿入されたまんまで英語バージョンなので日本語バージョンを聞きたい人は加藤さん自身のCDを買ってください。ジブリファンなら買って損はない内容だと思います♪
いつのまにか懐かしさの香る曲に
初めてジブリ作品を観た時は、繊細な画像と色、魅力あるキャラクターを 子どもたちと一緒に楽しんだものです。 ジブリの音楽も好きで、末っ子が高校生の時に、このアルバムを購入。 その子も、今はすっかり大人になりました。 このアルバムを聞いていると、トトロに出てくるような風景に対する 懐かしさと、子どもたちの小さな頃の顔が浮かんできて・・ なんとも言えない不思議な気持ちになります。 きっと子どもたちにとっても、思い出の多い曲達になっているのかもしれません。
マークしてなかった曲も結構あったものですね…。
うーむ、「紅の豚(加藤登紀子が歌っていた)」以降のジブリ作品関連曲は、私としては「聞いたことはあるけど覚えてない曲」が多かったものですから…。荒井由実の歌っていた「魔女の宅急便」関連2曲も、聞いたことはあったのですが、そう意識していたわけではなかったもので…。 まあ、平成10年発売と言うことを考えると、この選曲でちょうど良いと思いますけどね^_^;。もし、それ以降の作品を反映して1枚にするとしたら、うーん、「On Your Mark」「海になれたら(@海が聞こえる)」を下げて、「いつも何度でも(@千と千尋の神隠し、歌:木村弓)」「風になる(@猫の恩返し、歌:つじあやの)」「世界の約束(@ハウルの動く城、歌:倍賞千恵子)」「テルーの歌(@ゲド戦記、歌:手嶌葵)」「時の歌(@ゲド戦記、歌:手嶌葵)」の5曲を投入しての19曲なら、自分は納得しますね^^;。 まあ、多種多様な挿入歌から選曲しての2枚組みとするとしても、ここにある曲はどれも外せないと思うので、満点をつけたわけです。
青春の足跡
このアルバムの曲たちは ちょうど自分が重ねてきた青春の記憶と重なる作品でもある。 今やママさん業と女優業をこなす安田成美の 若かりし日のすがすがしい声や、 メイちゃんのような幼心を思い起こさせるトトロの歌、 ぽんぽこの明るい歌声にたぬき踊りをしてしまいそうになりつつ、 一つ一つの曲が素晴らしいので ついついじっくり聴きたい気持ちに駆られる。 自分だけで独り占めするのはもったいないと 子どもとも一緒に聞いて歌えるお得な作品集。 ただ残念なのが「もののけ姫」までの曲しか 収録されていないこと。 千と千尋やハウルなども入れて欲しいのだが…。
「めぐる季節」と「海が聞こえる」が聞ける貴重な一枚
井上あずみのめぐる季節は最高の作品です。 こんないい歌そうそうありません。心の琴線にふれる作品です。 海が聞こえるの主題歌も涙が出そうになります。 海が聞こえるの世界がよみがえってきます。

ENCORE

[ CD ]
ENCORE

・久石譲
【ポリドール】
発売日: 2002-03-06
参考価格: 3,059 円(税込)
販売価格: 2,752 円(税込)
ENCORE
- 収録曲 -
1. Summer (映画『菊次郎の夏...
2. Hatsukoi (映画『はつ恋...
3. One Summer's Day...
4. The Sixth Statio...
5. Labylinth Of Ede...
6. Ballade (映画『Brot...
7. Silencio D E Par...
8. HANA-BI (映画『HANA...
9. Ashitaka And San...
10. La Pioggia (映画『時...
11. Friends (Piano S...
カスタマー平均評価:  4.5
ピアノ・ソロアルバム
題のとおり、完全なピアノソロアルバムです。久石さんの音楽ではピアノだけのものは初めて聴きました。オーケストラ演奏の盛大さや、サビ部分の盛り上がりを比べれば、このピアノソロはとてもシンプルで飾り気のないように感じましたが、ピアノのよさが存分に引き出されている作品だと思います。
ひゅわぁー
聴くと優しくなれる気がする。 流れ続けるメロディーが心地よすぎです。 いつもはj?popや洋楽バッカ聴くけどたまにこういうのを聴くと楽器の良さが分かる気がする。
「アンコール2」も出してほしいな!!
作曲家・久石譲から演奏家・久石譲にチェンジですね。 全部で11曲録音されていて、録音時間が約40分ちょいくらいです。 長すぎず、短かすぎすといった感じです。馴染みやすい曲ばかりで、メロディアスなものが多いです。はたして日本という国の全人口の中で何人くらいの人がこのアルバムを聴いてるのか。めぐり会えて本当によかった1枚です。アンコール2も出してほしいですね。
メロディメーカー
久石譲さんはメロディメーカーとして、並外れた才能を持ち合わせた人だと思います。もうキャリアは20年以上に渡っていて、彼の音楽は現在でも映画やTV・CM等あちこちで使用されています。あの独特のメロディから溢れるやさしさは聴き逃すことはできません。 このアルバムは今までに彼が発表した、主として映画で使用された音楽を自らピアノのみで演奏したものです。 彼の創造したメロディが親しみやすく、比較的単純に出来ているだけに、逆にピアノ1本での演奏では単調になるおそれがあり、時には手抜きとも受け取られかねません。時にはストリングスアレンジが欲しいと思う曲があることも否定できませんが、ピアノで魅せるさまざまな表情は繰り返し聴けば聴くほど味が出るアルバムではないでしょうか。彼のピアノアレンジも相当なものと言えます。 ただ、欲をいえばアルバム収録時間が短いので彼の代表作をせめてもう2、3曲いれてもらいたかったと思うのは私だけではないでしょう。 彼の代表作としてはどうしても「風の谷のナウシカ」が思い浮かびます、確かにこの音楽は素晴らしく、彼は一躍メジャーになったものの、逆に世間では映像作家としての狭い枠での評価を受けているような気がします。もっと広い視点での評価を願いたいものです。
ENCORE
映画「菊次郎の夏」に感動して買ったCD。全曲ピアノだけで演奏されてますが、それでも原曲に比べて全くクオリティが落ちてないってところが素晴らしい。どの曲も演奏難度はそれほど高くなく、ピアノを始めたい人の練習曲としても最適だと思います。

天空の城ラピュタ サウンドトラック 飛行石の謎

[ CD ]
天空の城ラピュタ サウンドトラック 飛行石の謎

・サントラ ・杉並児童合唱団 ・井上杏美
【徳間ジャパンコミュニケーションズ】
発売日: 2004-08-25
参考価格: 2,500 円(税込)
販売価格: 2,375 円(税込)
天空の城ラピュタ サウンドトラック 飛行石の謎
- 収録曲 -
1. 空から降ってきた少女
2. スラッグ溪谷の朝
3. 愉快なケンカ(~追跡)
4. ゴンドアの思い出
5. 失意のパズー
6. ロボット兵(復活~救出)
7. 合唱 君をのせて(合唱:杉並児童...
8. シータの決意
9. タイガーモス号にて
10. 破滅への予兆
11. 月光の雲海
12. 天空の城ラピュタ
13. ラピュタの崩壊(合唱:杉並児童合...
14. 君をのせて(井上杏美)
カスタマー平均評価:  4.5
ラピュタの音楽
 宮崎映画に欠かせないのが 久石音楽であることに異論がある人も少ないのではないだろうか?  本作においても 久石音楽は実に印象的だ。まず冒頭の海賊が襲撃する場面の音楽が良い。聴いていて 血沸き肉踊るビートの効いた音楽だ。また その直後のタイトルバックの曲も 画面のアニメとあいまって 素晴らしい。  娘たちは何といっても ラストの歌が好きで いつも その場面では一緒に歌っているわけだが 僕としては 上記のinstrumentの曲が素晴らしい。  それと ラピュタのテーマ曲も良い。ラピュタに着いた時に ピアノで緩やかに流れる曲である。
感動を体験することの大切さ
この「天空の城ラピュタ」のサウンド・トラックは素晴らしいの一言に尽きる!映画を観てから、このアルバムを聴くのと、映画を観ないで、このアルバムを聴くのとでは、感動の仕方が全く違うと思う。それほどこの音楽は、映画と一体になっている。久石譲という、本当に稀有の才能をもった作曲家によって作られたこの素晴らしい音楽たちを、あなたもたくさん味わって、たくさん感動してほしい。とても優しい気持ちになれるし、あなたの心を豊かにし、感受性を磨いてくれる。素晴らしい名曲は時代を越えても、人々に感動を与え、聴いてもらえるのだ。
このサントラのどこが名作なのか?
久しぶりにテレビでラピュタを見てこのサントラを買いましたが入っていない曲が沢山ありました。 パズーの父親がラピュタと遭遇した時、地下洞窟でラピュタに反応して岩が光り始めた時、ムスカがシータにロボット兵を見せた時、パズーが鳩達に別れを告げる時、シータを助けにフラップターで出陣した時、ロボット兵が復活した時、パズーが塔の上にいるシータを見つけた時、シータがロボットに「放して?」と叫んだ時、ラピュタでお墓の側にいるロボットが壊れたロボットだと気付いた時、ムスカがラピュタの兵器を使った時、etc、、、 はっきり言ってこれ程人を舐めくさったサントラは初めてです。 他の人が何故これに気付いていないのか不思議でなりません。 全ての曲が入っていれば間違いなく名作でしょうね。 それとも私が知らないだけで第2弾でも出ているんでしょうか?
映画も音楽も最高級の出来
この頃の宮崎作品は好きでしたね。今はどうして・・・・。愚痴は言うまい。この時期の作品はなんて言ったらいいんでしょうか・・壮大な世界があったような気がします。音楽も壮大です。全て自己満足的意見ですが。音楽だけ聞いていてもシーンがすぐ目の前に浮かんできますし、結構長い映画だったと思うんですけれどもあっという間に過ぎるのは音楽と画像がうまくブレンドされているからだと思います。それにドラマティックな展開がすごく工夫されて仕掛けられています。ガリバー旅行記もこれを見てから全部読んでみる気になった思い出深い映画であり、サントラ盤です。最後の歌もイントロまでのつなぎがもううまいというほかはないです。
蘇ってきます!
サウンドトラックを聴いていると、 とても優雅な気持ちになり、 かつて観た「ラピュタ」が脳裏に蘇ってきます! でも、このCDの音楽性はとても高いと思うので、 「ラピュタ」ファンだけでなく、映画を観ていない人にも 幅広く受け入れられる音楽だと思います。

となりのトトロ サウンドトラック集

[ CD ]
となりのトトロ サウンドトラック集

・サントラ ・井上あずみ ・杉並児童合唱団
【徳間ジャパンコミュニケーションズ】
発売日: 2004-08-25
参考価格: 2,500 円(税込)
販売価格: 2,247 円(税込)
となりのトトロ サウンドトラック集
- 収録曲 -
1. さんぽ(井上あずみ)
2. 五月の村
3. オバケやしき!
4. メイとすすわたり
5. 夕暮れの風
6. こわくない
7. おみまいにいこう
8. おかあさん(井上あずみ)
9. 小さなオバケ
10. トトロ
11. 塚森の大樹
12. まいご(井上あずみ)
13. 風のとおり道
14. ずぶぬれオバケ
15. 月夜の飛行
・・・
カスタマー平均評価:  4.5
曲はいい、でも曲順が・・・(涙)
曲自体は、どの曲も本当に良いです。 オーケストラもきれいだし、井上あずみさんの歌声にも癒されるし。 ただ、本当に残念なのが、厳密にいって曲順が物語の展開どおりになっていないことです。 サントラを曲集として聴き、純粋に曲のすばらしさを堪能する方には何の問題もないと思いますが、サントラを聴くときは好きな映画の筋を思い浮かべながら再感動したい私にとって、これはちょっと悔しいです!
親子で歌いましょう
ジブリの作品の中でも、最も親子並んで観るにふさわしいのがトトロでしたね。 挿入歌も楽しいものばかりですし、親子で一緒に歌うのにちょうど良い。 別に幼稚な歌じゃないですし、大人でも口づさみたくなる歌です。 この作品が舞台になってる時代って、素敵ですよね。 エアコンとかはないんだけど、人々の心は豊かというか・・・・・ トトロの世界を表現したサントラですから、 映画を観た人じゃないと楽しめない部分もあろうかと思いますが、 映画を観た人には超お勧め。 是非、お子さんと一緒に楽しんでください。
小品ながら名曲の数々を十分に堪能できるアルバム
「風の谷のナウシカ」「天空の城ラピュタ」に続く、宮崎駿監督作品のサウンドトラックであり、久石譲さんが手がけたスタジオジブリ作品の第三作目。オーケストラとシンセサイザーの使い方が、高い完成度を見た作品です。(あくまでも現在の久石譲さんの高いレベルに比較して、なので恐縮ですが)まだまだ粗削りなところのあった過去2作品に比べると、本当に洗練されています。

また、音楽自体のレベルアップももちろんのこと、演奏とそれを録音する側の力の入れ方、そして技術の向上が顕著なのも特筆できるでしょう。これはもう、宮崎監督、そして久石さんに対する評価が過去2作品を通じて高まったことにほかならないわけですが、ともかく、よい音楽のよい演奏をよい録音状態で聴くことができるのは、素晴らしいことです。

全体的に短めの曲が多いですが、井上あずみさんの優しいヴォーカル曲がよいアクセントになって、アルバムとしてのバランスも良好です。となりのトトロを代表する旋律である「11. 塚森の大樹」と「13. 風のとおり道」は、メロディの美しさばかりでなく、シンセの使い方がとにかくうまいです。オーケストレーションの素晴らしさでは「5. 夕暮れの風」や「2. 五月の村」でしょうか。短調の曲ながら、「12. まいご」のインストゥルメンタル・ヴァージョン「16. メイがない」も、旋律の美しさでは群を抜いています。指揮を努める久石さんとオーケストラの楽しく演奏している姿が目に浮かぶ「9. 小さなオバケ」や「15. 月夜の飛行」「17. ねこバス」も心地よいです。

映画に思い入れのあるひとが聴けば、より多くの感動を味わえるのは当然のこと、そうでなくても小品ながら名曲の数々を十分に堪能できるアルバムです。
あの頃の思いがよみがえります
誰もが知っていて誰からも愛されているオバケと言ったらトトロですよね。わたしもトトロが大好きで昔はたくさん観ていたのですが最近は忙しくて忘れていました。けれどこのサントラを聴いてあの頃の思いがどんどんよみがえってくるようでした。トトロに会ってみたいと憧れた気持ち、メイやサツキの冒険をワクワクして観ていた気持ちなどがです。一曲一曲聴いていくうちに忘れてたはずのあの場面やこの場面が頭の中に溢れてくるようなかんじでした。
子どもの頃に戻れたらな〜なんて思っている人や、毎日の生活に疲れている人などには特におすすめ出来ると思います。下手な癒し系の音楽よりずっと癒しの効果があるのではないかなと思います。
あの時の思いがよみがえるようなサントラです
誰もが知っていて、誰からも愛されているオバケと言ったらそれはトトロで間違いないですよね!なぜこんなにも愛されるのか。それは誰もが描いていた子どもの頃の夢をそのまんま表したような存在だからではないでしょうか?トトロを見てワクワクしていた、こんなオバケに会ってみたいなと憧れていた、そんな気持ちを思い出させてくれるようなサントラです。
昔観たきりで、最近は観ていなかったわたしですが、一曲一曲を聴いていくうちにあの場面やこの場面といったようにどんどん頭の中によみがえってきました。子どもの頃に戻りたいな〜なんてぼんやり思っている人にはとってもおすすめできるサントラだと思います。


もののけ姫

[ CD ]
もののけ姫

・サントラ ・米良美一
【徳間ジャパンコミュニケーションズ】
発売日: 1997-07-02
参考価格: 3,000 円(税込)
販売価格: 1,280 円(税込)
もののけ姫
- 収録曲 -
1. アシタカs記
2. タタリ神
3. 旅立ち~西へ
4. 呪われた力
5. 穢土
6. 出会い
7. コダマ達
8. 神の森
9. 夕暮れのタタラ場
10. タタリ神2~うばわれた山
11. エボシ御前
12. タタラ踏む女達~エボシ タタラうた
13. 修羅
14. 東から来た少年
15. レクイエム
・・・
カスタマー平均評価:  5
伝説になれる人だ。
音楽を創造することにおいて久石さんは絶大なる力持っているのだと心の底から実感せずにはいられない。聞くだけで涙が出てきて、この曲を奏でていている人たちを本当に羨ましく思ってしまう。聞いていない人が損というよりも、めぐり会えたこと自体が素晴らしい運命なのだと素直に思える。映像なしで感動を誘うこの曲たちはまさに日本の誇りである。
さすがだな。
すばらしいです!アシタカせっ記は特に力強く、言葉ではいい表わせられん! ちゃらちゃらした最近の音楽がお好きでない方、ぜひ聞いて下さい。
暗い
「もののけ姫」の世界観にも関係してか、このアルバムは「寒色系」のマイナーな曲が多い。メランコリックと言った所だろう。あまりリラックスしたい時に聴く音楽ではない。
久石譲の最高傑作
「千と千尋と神隠し」,「ハウルの動く城」の特大ヒットで宮崎アニメの知名度は いまでこそ,大きく社会認知されたが,そもそもブレイクの導火線となった発端だったのは興行収益が100億を超えた 97年の「もののけ姫」の大ヒットから。(ちなみに「紅の豚」は20億円程度だそうだ。) その成功の要因は,久石譲の功績が大きい。 下記の皆さんも書いてる通り,「アシタカせっ記(エンディング)」と「アシタカとサン」の 音楽的な完成度の高さは,歴代の久石譲作品でもトップ5に確実に入る。 久石譲による宮崎アニメのサントラCDは,アニメサントラCDという枠に留まらず,稀代の「芸術作品」と捉えるべきだ。 発表から10年経っても色褪せない完成度は,まさに最高傑作。 (最後に余談だが,1997年発売当時の初回限定盤は,箱付きCDとなっている)
世界に誇れる音楽
「アシタカせっ記(エンディング)」と「アシタカとサン」はいつ聴いても、感動的である。これを聴くだけでも、映画の壮大さが良くわかる。 米国で、この映画が受け入れらなかったのは、自然に対する、価値観の違いだろう。

栄冠は君に輝く

[ CD ]
栄冠は君に輝く

・行進曲 ・コロムビア合唱団 ・伊藤久男
【コロムビアミュージックエンタテインメント】
発売日: 2003-07-23
参考価格: 1,050 円(税込)
販売価格: 944 円(税込)
栄冠は君に輝く
- 収録曲 -
1. 栄冠は君に輝く(合唱バージョン)
2. 栄冠は君に輝く(行進曲)
3. 栄冠は君に輝く(NHK学校紹介用...
4. 栄冠は君に輝く(オリジナル復刻盤)
カスタマー平均評価:  4
夏らしい
父のために買いました。歌う人は変わっても、昔から変わらないこの歌に感動と懐かしさを感じるそうです。夏の高校野球が終わった今も、聴いて喜んでいます。
どのアレンジも良い!
学校紹介のバージョン(エレクトリックピアノ)が特に好きで、注文しましたが、注文後に、あらためて商品の説明を読んだら「オルゴール・ヴァージョン」と書いてあってびっくり。 しかし、どきどきしながら届いたCDを聴いてみたところ、トラック3は、期待通りのエレクトリックピアノバージョンでした。 エレピに限らず、合唱、行進曲、どのアレンジも素敵な名曲だと思います。
あの夏の日がよみがえる名曲
子供のころ、汗だくになりながらテレビにかじりついて見続けた高校野球。これが私の野球の原点です。 この「栄冠は君に輝く」は、小学生のころ親にねだってレコードで買ってもらい、何度も何度も聞きました。自分もきっと甲子園へ、などと子供心に思ったこともありましたが、当然そのようなことがかなうはずもなく、今では平凡な社会人として暮らしております。 しかし、この曲を聴くと、夢中になってテレビで高校野球を見続けた、あの夏の日がありありとよみがえってきます。最近聴き直してみて、この曲はこんなにもいい曲だったのかと改めて気付かされました。 誰もが楽しかった子供時代にタイムスリップできるような、そしてあの夏の熱気がよみがえってくるような素晴らしい曲です。 他の方が書かれているように、オルゴールバージョンも聞き逃せません。 この曲とともに、高校野球が永遠に子供達に夢を与える存在であり続けることを祈ります。
夏のささやかな清涼剤
3曲目のNHK学校紹介用BGMがいちばんの買いだ。 毎夏、一回戦の中継にだけ流れる学校紹介のBGM。あの瞬間がたまらなく好きだ。チャラララ?ン♪と始まるあのささやかなメロディに、夏の暑さが一瞬ふきとぶ涼しさがある。そして画面が球場に戻ったとき、余計に熱気を感じられるのがまたいい。また一方で、あの学校紹介の短い時間は、高校野球が地方に根ざし、地方同士が戦うお祭りのような側面を感じ最も感じさせる。地方大会を勝ち抜くだけでもすばらしいことであり、それへの祝福と甲子園での健闘を祈る瞬間があの学校紹介であり、この音楽はそんな想いの凝縮された場面で流れる名曲なのだ。
甲子園
この曲は、高校野球の原点だと思います。いつになっても飽きない曲です。春夏共に高校野球の季節になるとついつい聞いてしまいますし、過去の名場面が思い出されます。
「栄冠は君に輝く(NHK学校紹介用BGM)」がなんとも言えないぐらい感動しちゃいます。

いつも何度でも (「千と千尋の神隠し」主題歌)

[ CD ]
いつも何度でも (「千と千尋の神隠し」主題歌)

・木村弓
【徳間ジャパンコミュニケーションズ】
発売日: 2001-07-18
参考価格: 1,000 円(税込)
販売価格: 900 円(税込)
いつも何度でも (「千と千尋の神隠し」主題歌)
- 収録曲 -
1. 主題歌 いつも何度でも(木村弓)
2. テーマ いのちの名前(木村弓)
3. いのちの名前(インストゥルメンタ...
カスタマー平均評価:  5
清らかで感動的
「千と千尋の神隠し」を観て、とてもこの曲が気に入ったのですぐにCDを買いました。 木村弓さんの歌声は、とても清らかです。 「いつも何度でも」では、「はじまりの朝の静かな窓 ゼロになるからだ 充たされてゆけ」 という歌詞がいいです。 「いのちの名前」は、「帰りつく場所 わたしの指に 消えない夏の日」に心ひかれました。 この曲のインストゥルメンタルは、大好きです。 小田和正さんの映画の主題歌(?)「あなたを見つめて」のインストゥルメンタルと同じくらい感動的です。
コメント
ちょっぴり切ない歌詞がメロディーとうまくマッチしていて、とても素敵だと思います。さらにカップリングに、あの平原綾香さんもカバーした「いのちのなまえ」が入っています。これはおそらく、この物語の登場人物、ハク(コハク川)をイメージした曲だと思います。穏やかに流れていく川を思わせるメロディーが印象的です。
The beauty of Japanese
As you know, this song is the last song for Miyazaki’s “Spirited Away”. If this song wouldn’t be used in Spirited Away, my opinion about that movie would be different.

My friends, Americans and Asians, sometimes asked me to translate Japanese (songs, books) to English.
One day, I was asked to translate “いつも何度でも”. There was a translation (by Julie Rogers) with CD, though. It was just a direct translation, I thought at first. However, once I tried to translate, I couldn’t do better than a direct translation. This is because this song is very deep and very touching for me.

I also realized the importance of words in the song and the beauty of Japanese.

For example,
In the original (Japanese)
 
さよならのときの 静かな胸
ゼロになるからだが 耳をすませる
生きている不思議 死んでいく不思議
花も風も街も みんなおなじ

In the translation (English)

As I bid farewell, my heart stops, in tenderness
I feel my silent empty body begins to listen to
what is real.
The wonder of living, the wonder of dying
The wind, town and flowers,
We all dance one unity.

It depends on you (your life experience) how to understand the original words.
That’s the difficulty of Japanese, but also beauty of Japanese.

Unlike today’s pop songs, with simple instruments and Kimura’s clear voice, this song remains in your hearts, いつも何度でも.
私は好きだなぁ
いろいろ評価はあるでしょうが、私はすきだなぁ。CDに入ってるこの歌。両方とも。
もともと木村弓さんは自分で歌うことになるとは思っていなかったとか。
宮崎監督に言われて(乞われて)歌い手を務めているのです。
声量その他いろいろ意見はあるでしょうが、この映画には合っているのでは?

ちなみに平原綾香さんも「晩夏(ひとりの季節) [Maxi]」に「いのちの名前」のカバーを収録しています。
聴き比べてみては?どちらも癒されますよ〜。
死ぬのが怖くなくなる。変化を恐れなくなる。
木村弓さんは脊椎を故障して一時は歌を断念したそうですが、
ご自分の心身の癒しを歌を通して実現することでこんなにも
深く美しい魂の響きそのままを表現できるようになったので
すね。
何回聴いてもなぜか涙が出てくるのでひとりの時にしか聞け
ません。
宮崎駿監督の「映画では死をなおざりにあえて表現せずに
きてしまったので主題歌に任せた」というインタビューを
見て監督自身の慧眼ぶりにも驚きました。さすがです。

難しい理屈やへんな宗教とかのギチャゴチャぬきで、
自然と自分自身や周囲の輪廻を納得できてしまうような
説得力があります。
「からだが耳をすませる」・・・このフレーズで作詞者の
傑出ぶりを感じました。

自らの傷を克服しこれほどの歌声に変えた木村さんに
ただただ感謝です。




Copyright © 2008 洋楽アーティストデータベース. All rights reserved.    Program by 簡単アマゾンサイト作成ツール ver.3.96

 更新日 2008年10月11日   ※ 表示価格は更新時のものです!      メール      相互リンク