洋楽アーティスト1000人のデータベース。公式サイト・ファンサイト・ブログ・掲示板・リンク集。

洋楽アーティストデータベース

1,500円以上で送料無料!
※一部大型商品を除く
カートを見る ヘルプ
ディープ・フォレスト デレリアム エディット・ピアフ エニグマ ジ・エキセントリック・オペラ ジョージ・ウィンストン  
  ヘンリー・マンシーニ 久石譲 姫神 岩代太郎 本間勇輔 葉加瀬太郎

洋楽データベース
無料着うたダウンロード
OnGen音楽配信
洋楽楽譜
洋楽名曲
洋楽ランキング
洋楽歌詞和訳・翻訳
特集
 おおたか静流
 ケニー・G
 ケニー・ホイーラー
 コハラ
 ジム・ブリックマン
 ジャー・パンファン
 ジュリエット・グレコ
 ナナ・ムスクーリ
 マーク・ゴールデンバーグ
 マノロ・カラスコ
 ミリアム・ストックリー
 リベラ
 岡崎倫典
 加古隆
 喜多郎
 国府弘子
 小宮瑞代
 小原孝
 中西俊博
 服部克久

 

エニグマ


伝説のヒーロー~フジテレビ系「F1グランプリ」番組使用曲

[ CD ]
伝説のヒーロー~フジテレビ系「F1グランプリ」番組使用曲

・オムニバス ・エニグマ ・マーティ・フリードマン ・カール・ジェンキンス ・布袋寅泰 ・ブライアン・メイ ・クイーン ・ロビン・ザンダー ・中村美紀 ・森園勝敏
【EMIミュージック・ジャパン】
発売日: 2007-09-12
参考価格: 2,500 円(税込)
販売価格: 2,150 円(税込)
伝説のヒーロー~フジテレビ系「F1グランプリ」番組使用曲
オムニバス
エニグマ
マーティ・フリードマン
カール・ジェンキンス
布袋寅泰
ブライアン・メイ
クイーン
ロビン・ザンダー
中村美紀
森園勝敏
カスタマー平均評価:  5
豆知識
これに収録されていない 予選グリッド紹介の曲は 危険濃度 / ドミニオンサントラ  です。 #自分用のメモでした。
出ました!
懐かしいですね^^お買い得ではないでしょうか? 1. フラッシュ?伝説のヒーロー?/ クイーン 2. イン・ディス・カントリー/ ロビン・ザンダー 3. ピース・オブ・マインド/ 中村美紀 4. ジェット/ 森園勝敏 5. 君がほしい/ エリアス 6. ア・ラッチキー/ 佐藤準 7. レッツ・ゴー/ ユーログルーヴ 8. タイム・アゲイン/ はたけ 9. タイム・トゥ・セイ・グッバイ(ソロ・ヴァージョン)/ サラ・ブライトマン 10. アイ・ラヴ・ユー...アイル・キル・ユー/ エニグマ 11. 静寂/ アディエマス 12. ロック・ボックス/ マーティ・フリードマン 13. 神の小羊/ カール・ジェンキンス 14. スコーピオン・ライジング-スピードキング・ミックス/ 布袋寅泰 15. バック・トゥ・ザ・ライト ?光に向かって?/ ブライアン・メイ 16. ザ・ヒーロー/ クイーン 17. HONDA V10 エンジンサウンド 鈴鹿ヴァージョン
ボーナストラックが凄い
今年のF1地上波オープニングのクイーンの曲をメインにしたコンピ。 選曲はまあまあ良く出来てます。 買って損したと言うことはないでしょう。2500円の価値あり。 最後にボーナストラックとして、2005年最後の3リットルV10、ホンダの鈴鹿スペシャルの音が入っているのがかなり良かった。 栃木研究所でのベンチテストの音なので、非常にクリアに録音されていて、ホンダ好きはこのためだけに買っても良いと思います。

ザ・モスト・リラクシング?フィール

[ CD ]
ザ・モスト・リラクシング?フィール

・オムニバス ・オリガ ・セイクリッド・スピリット ・マドレデウス ・アディエマス
【EMIミュージック・ジャパン】
発売日: 2000-03-23
参考価格: 2,600 円(税込)
販売価格: 2,400 円(税込)
ザ・モスト・リラクシング?フィール
- 収録曲 -
1. 世紀を越えて / アディエマス
2. 神々の詩 / 姫神
3. 祈り / シークレット・ガーデン
4. リターン・トゥ・イノセンス / ...
5. 運命と絆 / ウォン・ウィン・ツ...
6. EYES ON ME / フェイ...
7. 溢れる愛のなかでも / アンドレ...
8. ニュー・エイジア / 東儀秀樹
9. タイム・トゥ・セイ・グッバイ /...
10. シェルタリング・スカイ・テーマ ...
11. ポーリュシカ・ポーレ / オリガ
12. マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン...
13. 聖なる大地の祈り / セイクリッ...
14. 楽しみを希う心 / マイケル・ナ...
15. ブシンドレ・リール / エヴィア
・・・
カスタマー平均評価:  4.5
これ一つで癒されます・・・
あなたの日常は、 ストレスがないってことは ないですよね? ストレスがいっぱいの方へ 気持ちが豊かになりそうって 思われる人は少なくはないのかも? このCDは、 ファースト・クラスです! 追伸 オルガの「ポーリュシカ・ポーレ」 ふと、中学生時代を想い出させてくれました
永遠の名盤
聞く人のイマジネーションを掻き立てる名曲ぞろいです。全ての曲がメロディアスで耳に心地よく、選曲センスの高さが伺えます。目を閉じて聞いているだけで、自分の中に「大切な何か」が戻ってきて、体が熱くなる感覚を体験する事でしょう。このアルバムのヒットを皮切りに、他社からも続々とリラクゼーションアルバムが発売されましたが、未だにこのアルバムを越えるものはありません。このアルバム自体も、シリーズが続いていますが、これが1番よいですね。
名曲ぞろい
ふだんJ-popしか聴かない私にとっても必聴の1枚です。 聴いたことのある曲がたくさんあって聴きやすいというよりは、一曲一曲の質の高さを知ってこそ、聴き続けているという感じです。 他社から「image」が出たときは、葉加瀬太郎さんなどの曲が入っている「image」の方が聴きやすいと感じたものです。 しかし、1曲目の「世紀を超えて」や2曲目の「神々の詩」、9曲目の「タイム・トゥ・セイ・グッバイ」を繰り返し聴いているうちに、手放せなくなりました。 リラクシングの名の通り、疲れたときにベッドに寝そべって、時間を忘れてゆっくり一枚聴きとおすと、かなりリラックスできるんじゃないでしょうか。
どれもいい
どれも馴染みのある曲ばかりで、聞いていて癒されます。 買っても損しないと思うし、ずっと流し聞きしていてもいいと思います。 癒されること間違いなし。
私が求めていたものはこれなのかもしれない
このアルバムを買ったのは昨年ですが、タイトルどおりの作品です。 きっかけは通販盤のフィールのCMですが、ハマる曲が多いのが特徴。特に「ブシンドレ・リール」はCMの映像のイメージが強かったのかインパクトが強い。空耳アワーにも登場した「タイム・トゥ・セイ・グッバイ」は感動的ですよ。 テレビ等で使われた曲がほとんどで、耳にしたことがある人も多いのですが、ぜひ聴いてほしいアルバムの一つです。

エニグマ・グレイテスト・ヒッツ / Love Sensuality Devotion

[ CD ]
エニグマ・グレイテスト・ヒッツ / Love Sensuality Devotion

・エニグマ ・マイケル・クレトゥ ・ジェンス・ガッド ・カーリーM.C.
【EMIミュージック・ジャパン】
発売日: 2001-09-27
参考価格: 2,548 円(税込)
販売価格: 2,160 円(税込)
エニグマ・グレイテスト・ヒッツ / Love Sensuality Devotion
- 収録曲 -
1. ザ・ランディング
2. ターン・アラウンド
3. グラヴィティー・オブ・ラヴ
4. T.N.T.フォー・ザ・ブレイン
5. モダーン・クルセイダーズ
6. シャドウズ・イン・サイレンス
7. リターン・トゥ・イノセンス
8. アイ・ラヴ・ユー…アイル・キル・...
9. プリンシプルズ・オブ・ラスト
10. サッドネス
11. サイレンス・マスト・ビー・ハード
12. 欲望の香り
13. ミア・カルパ
14. プッシュ・ザ・リミッツ
15. ビヨンド・ジ・インヴィジブル
・・・
カスタマー平均評価:  4.5
リミックス版ベストもあるのにけっこうこちらもリミックス
エニグマ全アルバムを持っているのですが 安く売ってたので買ってしまいました 聴いてみると思ったより元曲と違います 曲が短めに変えてあったり 曲と曲とのつなぎ部分を増やしたり 全体の雰囲気を整えるためにか色々と細かいアレンジが加えてあったり と リミックス版ベストCDほどはいじってないですが 良くも悪くも このCDも何かと曲がいじってあります そのおかげで全体のアルバムとしてのまとまりはよくなりましたが 一曲一曲の良さはちょっと削がれてる感じですね 言葉に表すなら 「エニグマベスト」というよりは「エニグマダイジェストアルバム」 それも味わうというより、かなりの駆け足です 初心者の方がベストから入るのもダメとはいいませんが エニグマはCD1枚で一曲というか全曲が関連性を持って1枚でまとまった感じなので 僕としては 怪しい雰囲気が好きなら1枚目「サッドネス(永遠の謎)」を ちょっとポップな感じがよければ2枚目「ザ・クロス・オブ・チェンジ」を いきなり買うことをオススメします
詰め込みすぎ?
ENIGMAさんのベストアルバム。1stから4thまてのトラックプラスアルファから選曲。収録時間を見るとよく詰め込んだ感じがしますが、実際は編集されていたりで曲が微妙に変わっています(そこもまたENIGMAマジックでございますが)とりあえず友達にENIGMAを勧める場合はコレから。それから感想を聴いて各アルバムを追加で渡していきましょう。ちなみに私は「THE EYES OF TRUTH」が収録されていなくてショックでしたが、このアルバムに「削るならこの曲」というのが全く無くて驚きました。それならば収録できなかったのも納得できます。
歯切れが…。
確かに良い曲は揃っている…揃っているのだけれど…!
全部アルバムを持っている立場からいくと、曲の歯切れが悪すぎる。
でも1曲目(過去の曲を呟いている…)は4thから5thをつなぐのに大切な役割を持ってると思いますね。
とりあえずエニグマを知るのならこれで良いと思います。
個人的にはChild in Usを入れて欲しかったなぁ…。
洗脳されかねない
宗教音楽をさらに昇華して現代によみがえらせたエニグマのベスト。
つながってるような中途半端に切れているような、微妙だが
3.グラヴィティー・オブ・ラヴ、7.リターン・トゥ・イノセンス
10.サッドネス、13.ミア・カルパ、15.ビヨンド・ジ・インヴィジブルなど
ここら辺が1枚で聞けるのだからやはりベストである。
これらの曲には耐性が低い人には

洗脳されかねないほどの超大なエネルギーがこめられている。
その威力はまさに麻薬並み、浸されていく恐怖すら感じてしまう。
それくらい完成された世界、一種の音楽の最終形なのかも知れない。

一生触れずに終わるにはもったいなさ過ぎる。
なぜ歌う
今までのアルバムからのBESTアルバムを聞いて思ったこと。
クレトゥさん、全然歌が進歩してません。
インストや、ゲストボーカルが歌った曲はいいのに。
あと、BESTなのに"Eyes of Truth"が入っていないのもちょっと。


サッドネス(永遠の謎)

[ CD ]
サッドネス(永遠の謎)

・エニグマ
【EMIミュージック・ジャパン】
発売日: 1996-07-24
参考価格: 1,784 円(税込)
販売価格: 1,500 円(税込)
サッドネス(永遠の謎)
- 収録曲 -
1. ザ・ヴォイス・オブ・エニグマ
2. プリンシプルズ・オブ・ラスト:サ...
3. キャラズ・ウェント・アウェイ
4. ミア・カルパ
5. ザ・ヴォイス・アンド・ザ・スネイク
6. ノッキング・オン・フォービドゥン...
7. バック・トゥ・ザ・リヴァーズ・オ...
カスタマー平均評価:  4.5
アバンギャルドな傑作…
ヨーロッパで実力派のキーボード奏者、プロデューサーとして活躍していた、 マイケル・クレトゥによるプロジェクトの1st。 このプロジェクトでは、最初は正体を明かすつもりは無く、ENIGMAという名前もそれにちなんだものだったと思います (有名過ぎますが、エニグマは当時解読不能と言われた第二次大戦中のドイツの暗号記です) 伝統的な古典、民族音楽とハウスやアンビエントなどのダンス・ミュージックの融合は、 当時あまりにもアバンギャルドな筈でしたが、このアルバムは欧州各地で大ヒットを記録し、 多くのフォロワーを産み出しています。 しかしその一方使用した音楽の著作権などの問題で裁判沙汰になったり、 サンプリング・ミュージック特有の権利問題を浮き彫りにした作品にもなりました。 シンセストリングスを多用し、美しいコーラスや時にエレキギターまで加わるサウンドは、 長い歴史が背負った荘厳さや妖美さを持ちながらも、叙情性に満ちていて、 胸に染み渡っていくように感じられて、ホントに良いです。 個人的にはグレゴリオ聖歌を使用し日本版のタイトルにもなった名曲、 2.プリンシプルズ・オブ・ラスト:サッドネス?ファインド・ラヴ?サッドネス(リプライズ) と4.ミア・カルパが特に好きです。 買ってからもう10年は経ちますが、未だに聴いているアルバムです。
Another World
CD一枚でひとつの曲に仕上がっています。
もちろんバラバラに聞くことも出来ますが、リラックスしてCD一枚を通して聞く事をお勧めします。
冒頭部で女性ヴォーカルが”Turn off the light. Take the deep breathe and relax. "と語りかけて来るんですが、その声ですっと肩の力が抜けてしまいます。
どの曲もすばらしいですが、一番のお勧めは『ミア・カルパ』。主旋律を歌う女性ヴォーカルの官能的かつ重みのある声に圧倒されます。

音楽が流れ始めた瞬間から部屋の空気が変わります。
一瞬にして、別世界に足を踏み入れた、そんな感覚に陥る曲です。
やっと見つけた!
12年前に、おしゃれな飲み屋さんで流れていた曲「Sadeness」。

すごく心に響いて、1度聴いただけなのに
12年たった今でも私の頭に鮮明に残っていました。
いつもその曲を思い出して、誰の曲、どんなタイトルなんだろうって探していました。
自分でも本当に不思議なくらい・・・忘れられない曲だったんです。

歌詞がはっきり聞き取れなかったし、民族っぽいって思うだけで、
誰に説明してもわかってもらえないし、探すのには本当に苦労しました。
ネットで膨大にあるサイトで色々と視聴して、必死に探して、やっと見つけることができました!
嬉しくて、嬉しくて・・泣けました。
うまく言えませんが、不思議な力のある曲ですね。
全世界も驚くハズです
ダンス・ビートが範囲外の私でも、ふと気づくと流してしまっている、まさにスルメCD。おそらくこの独特すぎるメロディと荘厳な音のせいでしょう。
民族音楽サンプリングブームを起こしたエニグマのファースト
僕が初めてエニグマに出会ったのは
深夜映画番組のルイスブニュエル特集の解説のバックに流れたときだった
僕はエンドクレジットのエニグマの文字を見つけ
次の日、すぐにCDを買いに走った
当時日本版はまだ未発売でようやく輸入版を見つけた
こんな状態ですでに発掘していた映画番組の製作者の方に拍手を送りたい

この日からかなりの回数、このCDを聞いたが未だに飽きない
また、このアルバムは一曲一曲に分かれてはいるものの
全体で一曲のような感じもあり
ベストアルバムなどではとうていこの良さは味わえないと思う
ゆえにエニグマを買うなら
1枚目、2枚目、5枚目を買うべし、あとはいらない
ベストもリミックスベストもいらない

しかしながら、何故か映画にもよく使われたなぁエニグマ
「ボクシングヘレナ」とか「ガラスの塔」とか
怪しい映画ばっかりだけど


ザ・モスト・リラクシング〜フィール2

[ CD ]
ザ・モスト・リラクシング〜フィール2

・オムニバス ・リーチェ ・小野リサ ・清家千晶 フィーチャリング ORIENTA ・パオラ・フォッリ ・マドレデウス ・タスミン・リトル・アンド・ニューワールド・フィルハーモニー管弦楽団
【EMIミュージック・ジャパン】
発売日: 2001-04-11
参考価格: 2,600 円(税込)
販売価格: 1,800 円(税込)
ザ・モスト・リラクシング〜フィール2
- 収録曲 -
1. エイジ・オブ・ロンリネス(カーリ...
2. 聖なる海の歌声 / アディエマス...
3. 人と時と風の中へ / S.E.N...
4. オリノコ・フロウ / エンヤ
5. Summer Snow / シセ...
6. スカボロー・フェア / サラ・ブ...
7. エストレイヤ / 喜多郎
8. リトル・スコティッシュ・ファンタ...
9. 愛につつまれて / アンドレ・ギ...
10. オギヨディオラ(OST Vers...
11. 過ぎ去りし永遠の日々 / cob...
12. ムーンライト・セレナーデ / 小...
13. エナジー・フロー / 高橋アキ
14. スミレ ― word of ai...
15. アヴェ・マリア / パオラ・フォ...
・・・
カスタマー平均評価:  4.5
このCDをかけて夢枕獏の陰陽師を読むべし!
私はタイ式セラピストでマッサージをするときにいつも私は陰と陽を考える。 そして、お客様に合わせて音楽も変えていく。 わりと、この音楽も瞑想的というか思想的な感じ。 人のカラダや、宇宙は、陰(マイナス)と陽(プラス)があり大きくなったりちいさくなったりはするものの二つのバランスが取れていることが大切・・・みたいなことを考えながらタイ式のマッサージをさせていただいています。 しかし、今回は話しがちと違う(笑) このCDを聞くとどうしても夢枕獏の陰陽師を思い出す・・・と言いたかった(爆) エニグマの曲から始まるのですが 古の平安時代の 暗闇と 夜気の匂いと 平安の男女の恋愛と情熱と色香と・・・ 陰陽師を読みふけるうちに音楽頭の中で鳴り響きます。。 ロマンティックです。 ・・・が、あまりにドラマティックなのでマッサージの曲にはあまり向いていません。。。
カーリーの歌がすごい
私がこのアルバムを買ったのは「カーリーの歌」が入っているからです。この曲のスキャットというか雄たけびはあるいみ癒されます。 この手のアルバムは母親の胎内にいるような気持ちで聴ける曲が多いのが特徴でもあり、パート1のときにも書きましたがテレビで使われた曲が多いのも特徴。 母親の胎内にいるような感じで聴いてしまうのが「人と時と風の中へ 」と「オリノコフロウ」です。エンヤは一時期ベストアルバムでハマったことがありました。 ヨーヨー・マ大好き人間としては葉加瀬太郎さんの「リベルタンゴ」のエキサイティングなバイオリンソロに驚いた。
心地よく眠れます
私は勝手に「イマージュ」シリーズは勉強する時や読書の時、「フィール」シリーズは眠る時に聴くアルバムと決めているのですが、「フィール2」は私の好きな曲もいくつかあって、フィールシリーズの中では一番お気に入りです。特に、エンヤの「オリノコフロウ」は中学の時に学校をサボっていてFMラジオを聴いていたら流れてきて一瞬で気に入った曲です。その他、TVでおなじみの曲なども何曲も入っております。このアルバムを聴いて眠るとぐっすり眠れて次の日の朝はばっちり目が覚めます。
一度きくと手放せない!
癒し系の中で最も好きなCDです。有名な曲も多いと思います。落ち込んでいるとき、疲れたとき、やる気がおきないとき、そしてストレスがたまっているとき(笑)など、とても元気が出ます。このCDをきいて勉強をしたら、なぜかとてもはかどりました。

包み込んでくれるような、リラックスできる音楽に、星を五つつけちゃいます。このCDに出会えて本当によかったです。ぜひきいてみてください!!
癒しの音楽
 このCDには癒しの力が宿っています、というと怪しい宗教の勧誘のように聞こえてしまいますが(笑)実際に聞いてみるとそうだなぁと共感してもらえると思います。  疲れているとき、しんどいとき、何かがいやになったとき、別段何か無いときでも、このCDを聞いているととてもリラックスして心が穏やかになります。

 ふとあなたがテレビを見ていて『あっこの曲いいな』と思ったあの曲、タイトルはわからないけれど心のどかかに引っかかっているような曲がきっと見つかるはずです。このCDがあなたのFavoriteに入ったらいいなと思います。


A Posteriori

[ CD ]
A Posteriori

・Enigma
【Toshiba EMI】
発売日: 2006-09-26
参考価格: 2,126 円(税込)
販売価格: 1,415 円(税込)
A Posteriori
- 収録曲 -
1. Eppur Si Muove
2. Feel Me Heaven
3. Dreaming of Andr...
4. Dancing with Mep...
5. Northern Lights
6. Invisible Love
7. Message from 10
8. Hello and Welcome
9. 20,000 Miles Ove...
10. Sitting on the M...
11. Alchemist
12. Goodbye Milky Way
カスタマー平均評価:  4
静寂のエニグマ
マイケルクレトゥのエニグマというプロジェクトは4thアルバムで完結したのかと勝手に思っていたわけだが、あれから2枚アルバムが出た事になる。ゴシック+バックグランドビートの路線は影を潜め、アンドルーやルースのヴォーカル、サンドラのヴォイスも無く今までのエニグマとは多少異質なサウンドと化している。しかし、様々な音と形で表現されたパーカッショニズムにメランコリックな旋律は相変わらず冴えわたりタンジェリンドリームのようにダンサブルなトランスへと転化したわけでもなく一時期のプライベートミュージックの様に退屈なヒーリングミュージックと化したわけでもない。ジャンミシェルジャールやマイクオールドフィールドの様に、個人の感性がより強く出た感じだろうか。これまでのものとは表現に変化はあるものの、そこはやはりエニグマ特有の聞き手の想念を掻き立てるいつもの展開である。ラストタイトルの締め方もこれまでとは違いポジティブライクなものとなっている。私感ではこのナンバーが唯一、浮いている感じがする。
エニグマ的荘厳ミサ曲
衝撃のデビューから10年以上が経過し、エニグマ独自の世界観は 様々な変化を遂げながら未だ進化を止めることがない。 最新アルバムであるこの「ア・ポウステリオーリ」もまた、 エニグマの世界観が凝縮した刺激的なアルバムに仕上がっていると思う。 これまでのアルバムでは、突出して素晴らしい曲が2?3あり、 それに付随するように残りの曲が控えめに存在を主張してきたような 構成であったが、このアルバムは全ての曲が有機的に絡み合い、全部で 一曲というような壮大な構成になっている気がする。 そういう意味では、突出してインパクのある曲はないといえる。 けれども通しで聴くことによって、荘厳なミサ曲を聴いているような 癒しを感じずにはいられない。インパクトのあった過去のアルバムに 比べて聴き疲れしないので、エンドレスにリピートしながら一日中 流して聴くのも、いいのではないだろうか。
ん?、ただのヒーリングミュージックに成り下がったか!?
前作に引続き期待度大だったのですが・・・まったく別物でした。 寝る前に聴くヒーリングミュージックとしては最高です。
なんか・・・ダメです、こんなもんでは満足できません
前作ボヤジュールで「新しいエニグマ来た!」って思ったんですけどねぇ・・・ なんか三歩進んで二歩下がった感じです アートワークなんかは相変わらずとてもいいんですけど 曲がねぇ・・・昔の焼き直しっぽい曲が多い また、ネタ詰まりかな・・・ 品質的には3枚目、4枚目のアルバム程度でしょうか 何曲かはよかったので一応☆4つにしておきます
なんか・・・ダメです、こんなもんでは満足できません
前作ボヤジュールで「新しいエニグマ来た!」って思ったんですけどねぇ・・・ なんか三歩進んで二歩下がった感じです アートワークなんかは相変わらずとてもいいんですけど 曲がねぇ・・・昔の焼き直しっぽい曲が多い また、ネタ詰まりかな・・・ 品質的には3枚目、4枚目のアルバム程度でしょうか 何曲かはよかったので一応☆4つにしておきます

The 90’s The Nineties-FM No.1 Hits-

[ CD ]
The 90’s The Nineties-FM No.1 Hits-

・オムニバス ・EMF ・ハマー ・シャンプー ・ロクセット ・ウィルソン・フィリップス ・エニグマ ・シニード・オコナー ・デュラン・デュラン ・ブラー ・スパイス・ガールズ
【EMIミュージック・ジャパン】
発売日: 2005-10-26
参考価格: 3,400 円(税込)
販売価格: 2,439 円(税込)
The 90’s The Nineties-FM No.1 Hits-
- 収録曲 -
1. ワナビー(スパイス・ガールズ)
2. キラメキ☆MMM BOP(ハンソ...
3. タブサンピング(チャンバワンバ)
4. パワー・オブ・ア・ウーマン(エタ...
5. 好きにならずにいられない(UB4...
6. ファストラヴ(ジョージ・マイケル)
7. イーズ・マイ・マインド(アレステ...
8. ジャスト・ミスト・ザ・トレイン(...
9. ゴー・ウエスト(ペット・ショップ...
10. アンビリーヴァブル(EMF)
11. トゥー・レジット(ハマー)
12. トラブル(シャンプー)
13. ふたりのときめき(ロクセット)
14. ホールド・オン(ウィルソン・フィ...
15. リターン・トゥ・イノセンス(エニ...
・・・
カスタマー平均評価:   0

フィール・ヴォイス

[ CD ]
フィール・ヴォイス

・オムニバス ・ヌーノ ・キーディー ・オリガ ・デヴィッド・シルヴィアン&坂本龍一 ・マドレデウス ・エニグマ ・アミーチ・フォーエヴァー ・鈴木慶江 ・森麻季 ・ドナ・バーク&デニス・ガン
【EMIミュージック・ジャパン】
発売日: 2005-06-22
参考価格: 2,600 円(税込)
販売価格: 2,338 円(税込)
フィール・ヴォイス
- 収録曲 -
1. オペラ座の怪人(ドナ・バーク&デ...
2. Remembering Me(S...
3. 青い影(サラ・ブライトマン)
4. Londonderry Air(...
5. 誓い(ジュピター)(リベラ)
6. 神々の詩(ブルガリアン・ヴァージ...
7. 聖なる海の歌声(アディエマス)
8. 私を泣かせてください(IZZY(...
9. 泣かないでアルゼンティーナ(シニ...
10. アメイジング・グレイス(ヌーノ)
11. アヴェ・マリア(キーディー)
12. ポーリュシカ・ポーレ(オリガ)
13. 禁じられた色彩(デヴィッド・シル...
14. 海と旋律(マドレデウス)
15. ビヨンド・ジ・インヴィジブル(エ...
・・・
カスタマー平均評価:  4.5
よくまとめられている作品集
某企業のCMで「オペラ座の怪人」を聞き、 サラブライトマンとは違う種類の女性の厚みのある声に 魅了されたため、 その曲が入ったこのCDを迷わず購入しました。 買ってよかったなと思ったのは 坂本龍一の「戦場のメリークリスマス」が 歌の「禁じられた色彩」としてまた違う味と魅力を 惜しみなく発揮されていること。ノックアウトされました。 全体としてはよくまとめられていると言ったところでしょうか。 個人的に自分の趣向とちょっとすれ違う曲も入っていたので 星4つにさせてもらいました。
全ての曲に癒されましたね。本当に素晴らしい歌声でした。
CDの帯には、“聖なる歌声”が綴る感じるCD、と書かれていました。まさしく言い得ています。

S.E.N.S.の「REMEMBERING ME」は、韓国ドラマ「美しき日々」の挿入歌です。透明感のある温かいその歌声がとてもいいですね。日本ゴールド・ディスク大賞インストゥルメンタル・アルバム・オブ・ザ・イヤー受賞グループの素晴らしさを感じさせる佳曲ですね。

サラ・ブライトマンが、プロコル・ハレムの名曲「青い影」を歌っています。バロック音楽を彷彿とするようなブリティッシュ・ロックの代表的な旋律を、伸びやかに、透明感溢れる歌声でたっぷりと歌い上げてくれました。

VIE VIEの歌う「LONDONDERRY AIR」が、また素晴らしいアレンジで聴かせてくれました。もともと懐かしい雰囲気を満載した名曲ですが、この歌声には本当に癒されましたね。これも良かったですよ。

姫神の「神々の詩(ブルガリアン・ヴァージョン)」や、アディエマスの「聖なる海の歌声」などは、ヒーリング・ヴォイスの定番と言えましょう。どちらも美しく、清らかで、その魅力的なコーラスは、万人の心を打つ歌声です。
リベラの少年合唱による「誓い(ジュピター)」も同様で、ボーイ・ソプラノによる声の透明感、ホルストの「木星」メロディーの暖かさ、天から降り注ぐようなコーラス、どれをとっても心休まる曲です。

イジーが歌う「私を泣かせてください」やキーディーの「アヴェ・マリア」 等、クラシック音楽の定番曲ですが、これもオススメです。本当に魅力的な歌声の持ち主が世界にはいるものだ、というのを改めて感じました。
いろいろな特徴溢れる歌手との出会いもまたこの「フィール ヴォイス」の魅力の一つでしょうか。

紅白歌合戦にも出演したソプラノ鈴木慶江が歌う「G線上のアリア〜君は花のごとく〜」のオシャレなアレンジもステキでした。伸びやかな透明感溢れる歌声は、何回も繰り返し聴きたくなる魅力で溢れています。

人の声って、最も温かみを持つ音源ですね。聴いているだけでリラクゼーション効果があります。
現代人は、疲れています。仕事上の悩みや、対人関係など解決のできないものを癒してくれる存在として、この「フィール ヴォイス」をオススメします。
オペラ座の怪人がいいです!
「 オペラ座の怪人/ ドナ・バーク&デニス・ガン 」が聞いて見たくて購入しました。
映画版のエミー・ロッサムとジェラルド・バトラーが歌ったヴァージョンがとても好きなのですが、
HondaレジェンドのTV CMで使われている、ドナ・バーグ&デニス・ガンのCMオリジナル・ヴァージョンも迫力があって好きです。
ファントムの笑い声には驚きました!
その他の楽曲も、「voice」のテーマにぴったりの心地よい歌声の曲ばかりです。
 

収録曲
1. オペラ座の怪人/ ドナ・バーク&デニス・ガン
2. REMEMBERING ME/ S.E.N.S.
3. 青い影/ サラ・ブライトマン
4. LONDONDERRY AIR/ VIE VIE
5. 誓い(ジュピター)/ リベラ
6. 神々の詩(ブルガリアン・ヴァージョン)/ 姫神
7. 聖なる海の歌声/ アディエマス
8. 私を泣かせてください/ イジー
9. 泣かないでアルゼンティーナ/ シニード・オコナー
10. アメイジング・グレイス/ ヌーノ
11. アヴェ・マリア/ キーディー
12. ポーリュシカ・ポーレ/ オリガ
13. 禁じられた色彩/ デヴィッド・シルヴィアン&坂本龍一
14. 海と旋律/ マドレデウス
15. ビヨンド・ジ・インヴィジブル/ エニグマ
16. プレイヤー・イン・ザ・ナイト/ アミーチ・フォーエヴァー
17. G線上のアリア〜君は花のごとく〜/ 鈴木慶江
18. 夜の詩 第一番〜ソプラノ編〜/ 岩代太郎指揮 東京交響楽団 feat. 森 麻季
 


ザ・モスト・リラクシング〜フィール3 ”ピース・オブ・マインド”

[ CD ]
ザ・モスト・リラクシング〜フィール3 ”ピース・オブ・マインド”

・ヒーリング ・ヌーノ・ベッテンコート ・イジー ・エルボスコ
【EMIミュージック・ジャパン】
発売日: 2002-05-29
参考価格: 2,600 円(税込)
販売価格: 999 円(税込)
ザ・モスト・リラクシング〜フィール3 ”ピース・オブ・マインド”
- 収録曲 -
1. 静寂 / アディエマス --日本...
2. 遥かなる旅路 / 姫神 --「F...
3. ホール・ニュー・ワールド / ザ...
4. 地上の星 / 古川展生、中西俊博...
5. 私を泣かせてください / サラ・...
6. マレーナ / エンニオ・モリコー...
7. 蒼き海の道 / 東儀秀樹 --T...
8. 自由の大地(Ending Ver...
9. 燕になりたい / チェン・ミン ...
10. アマポーラ / ヌーノ --NI...
11. アメリのワルツ / ヤン・ティル...
12. アダージョ・Cマイナー / ヤニー
13. ビヨンド・ジ・インヴィジブル /...
14. エチュード / マイク・オールド...
15. ソング・オブ・アワ・ホームランド...
・・・
カスタマー平均評価:  4
ネタ切れ?
まだ1回しか聞いてないけど今回はあんまり癒されない気がします。。。 2までは結構良かったと思うんですが。。。 もうちょっと聞き込まないとだめなのかなあ。
歌謡曲はいらない
宇多田ヒカルの「First Love」がいくら売れたからって
ピアノカヴァーしてまで収録しなくてもいいのに。
街中にいても嫌というほど耳にしたこの曲になると
それまでの気分が一気にしらける。
宇多田ヒカル自体は好きでも嫌いでもないけれど、
せっかくの人気シリーズなんだから、よく考えてから選曲して欲しい。
エルボスコ/永遠のニルヴァーナ 捜索中
クラシックが根底にあるのに映画曲ありCM曲あり、どこかで耳にした優しい音楽。
マレーナもアマポーラもアメリもよかったけれど、
何といってもニルヴァーナにハマりました。
少年たちの優しい歌声に心が洗われるようです。
心が洗われます!
朝起きるとまずこのCDを流します。
一日頑張るぞ〜!とFightが沸いてきます。

「アマ・ポーラ」は結婚記念日の日に
この曲をBGMにワインで乾杯しました。
本当は4つ半くらいなんですけど
まず、良い意味で予想と違いました。
それまでのfeelはあまりに大御所というかお決まりの曲ばかりで、新たな発見に乏しかったのですが、今回のはまさに様々なジャンルに及び、「自分は聴いた事が無かったけれど、こんな曲もいいなぁ」と興味をかきたてられるものでした。

またコンピレーションの場合、CD全体の完成度とともに一曲一曲の独自性と完成度を求められますが、その点においても良かったです。
が、やはり前者の悪さは―有名な曲を聞きたいという人にとっては良さとも言えますが―拭い切れなかった様に思います。

「だったん人の踊り」に見られるように、最近は有名な曲のカバーが流行り色々な方が同じ曲の異なるバージョンを演奏しています。どれが好きかはもちろんひとによりますが、これを機会にいろんなカバーを探して見るのも面白いと思います。


Voyageur

[ CD ]
Voyageur

・Enigma
【Virgin】
発売日: 2003-09-30
参考価格: 2,126 円(税込)
販売価格: 1,570 円(税込)
Voyageur
- 収録曲 -
1. FROM EAST TO WEST
2. VOYAGEUR
3. INCOGNITO
4. PAGE OF CUPS
5. BOUM-BOUM
6. TOTAL ECLIPSE OF...
7. LOOK OF TODAY
8. IN THE SHADOW, I...
9. WEIGHTLESS
10. THE PIANO
11. FOLLOWING THE SUN
カスタマー平均評価:  4.5
究極のリラクゼーション
結論から言うと、初期のエニグマとは全く違う印象を受けました。 けれども全曲通して、スゥッと五感を摺り抜ける心地よさが感じられます。 張り詰めた緊張感を解きほぐす音楽です。 やっぱりエニグマはいいですね。コンポーザーにはなれないリスナー側の人間として、これからもエニグマの新たな挑戦を応援したいです。
音の波間を彷徨うヴォイジャー
スペインのイビサ島に住む音楽プロデューサー、
マイケル・クレトゥのプロジェクト、ENIGMA。

グレゴリアン聖歌+エレクトロ・ビートを組み合わせた
「サッドネス」での衝撃的なデビュー以来、
追い続けているアーティストだ。
ヒーリング・ミュージックにジャンル分けされるが
私は、プログレッシブ・ロックだと思っている。

エレクトロ・ビート、アンビエント、
エスニック・テイストが融合するそのサウンド。
希望・絶望・生・死などの哲学的テーマを掲げた
スピリチュアルなアプローチで
壮大で深い音を作り上げる、
とても魅力的なアーティスト。

この5thアルバムは、
前作に比べるとキャッチーなナンバーは少ないが
独特のうねりを持っている。
エスニックなビートと物悲しく漂うメロディ、
カオティックに渦巻く退廃美、
フィルターをかけたヴォーカル、そして
なによりPOP性を持ち合わせたサウンドが
天上に誘う。

クォリティの高い作品だ。
やっぱりエニグマ!
エニグマは俺の知らない世界へ連れていっれくれる。やっぱりエニグマはいい
やっぱりエニグマ
エニグマのファンですが、新しいCDが出ている事を知りませんでした(笑)。今回は他の方々のレビューを見て購入しましたが、あまり乗り気ではなかったのが正直な所です。「エニグマっぽくない」「らしくない」という感想を聞き、一体どんなエニグマかと思いましたが、百聞は一見にしかず!やっぱりエニグマでした。今回は持ち味のグレゴリオなんかは見られませんでしたが、私には味気ないよりも寧ろ、「俺はチャントだけじゃねえんだぜ!どうだ聴いてみろ!」と逆にマイケルさんの挑戦??の様に聞こえました。マイケルさん最高だずぇ!
ちょっと。。。
 2作前位からちょっとチャートでは見なくなってきたENIGMA。
全部揃えているので買ってみましたが、やっぱりキャッチーな曲がなくなってしまって残念です。音的には凝ってたりするのでしょうが。。。




Copyright © 2008 洋楽アーティストデータベース. All rights reserved.    Program by 簡単アマゾンサイト作成ツール ver.3.96

 更新日 2008年10月11日   ※ 表示価格は更新時のものです!      メール      相互リンク