洋楽アーティスト1000人のデータベース。公式サイト・ファンサイト・ブログ・掲示板・リンク集。

洋楽アーティストデータベース

1,500円以上で送料無料!
※一部大型商品を除く
カートを見る ヘルプ
夏川りみ りんけんバンド エス・イー・エス サリフ・ケイタ サルバトーレ・アダモ セルジュ・ゲンスブール  
  セルジオ・メンデス シルヴィ・バルタン サード・ワールド トーマス・マプフーモ ティト・ニエベス ティト・プエンテ

洋楽データベース
無料着うたダウンロード
OnGen音楽配信
洋楽楽譜
洋楽名曲
洋楽ランキング
洋楽歌詞和訳・翻訳
特集
 アディエマス
 アマリア・ロドリゲス
 アンドレ・ギャニオン
 イブ・モンタン
 ヴァネッサ・パラディ
 シャルル・アズナブール
 スージー・カン
 チェン・ミン
 デビッド・シルビアン
 トン・ゼー
 ビビアン・スー
 ビル・クウィスト
 ビル・ラズウェル
 ブライアン・イーノ
 ボンド
 ユー・シャオカン
 ユッスー・ンドゥール
 吉田兄弟
 高橋竹山
 照屋林助

 

ブライアン・イーノ


ザ・プラトウ・オブ・ミラー(紙ジャケット仕様)

[ CD ]
ザ・プラトウ・オブ・ミラー(紙ジャケット仕様)

・ブライアン・イーノ
【EMIミュージック・ジャパン】
発売日: 2004-12-22
参考価格: 2,548 円(税込)
販売価格: 2,421 円(税込)
ザ・プラトウ・オブ・ミラー(紙ジャケット仕様)
- 収録曲 -
1. ファースト・ライト
2. スティール・アウェイ
3. ザ・プラトウ・オブ・ミラー
4. アバヴ・シャンマイ
5. アン・アーク・オブ・ダヴズ
6. ノット・イェット・リメンバード
7. ザ・チル・エア
8. アマング・フィールズ・オブ・クリ...
9. ウインド・イン・ロンリー・フェン...
10. フェイリング・ライト
カスタマー平均評価:  5
やはり、アンビエントの名盤です
かって「鏡面界」という魅惑的なタイトル名でリリースされ、環境音楽(もしくはアンビエントミュジーック)の走りとされる4枚からなるシリーズの1枚です。2枚目に当たるこのアルバムでは、ハロルドバッドのkeyを、ブライアンイーノが味付けする手法で製作されています。 今でこそ、環境音楽なるものが、多種多様に製作されており、サウンド面でも凝ったものが多く出回っていますので、一聴すると、地味に聞こえるのですが、繰り返し聴いていると、バッドの静かで美しい旋律と、イーノのアレンジに、魅了され、落着いた気分にさせてくれます。 深夜、好きな本でも読みながら、聴いていると、より、落着いた素敵な時間が過ごせる、そんな魅力を持った名盤だと思います。
イーノのコラボ作としては多分最高傑作
イーノは多様な音楽家とコラボするが、本作におけるバッドとのコラボが最高だろう。同じバッドとの共作「パール」より、こちらのほうが明確な音響ポリシーがあるので、こちらを高く買います。 とにかくイーノと同時代に生まれた我々は当然モーツァルトの同時代人よりも幸せなのである。 イーノは単品でもコラボでも、とにかく買いだ。買って買って買いまくれ。そして陶酔せよ。音楽の美しさに。
深く思いに沈み、この世ならぬビジョンを垣間見る音楽
あまりの暗さ、あまりの透明さ、あまりの美しさに陶然としてしまう。この世から別の世へ誘うかのような、あるいはまだ見ぬ幻のごとき風景が静かに氷の張った水面に広がっていくような、そんなイメージに満ちた独自の音響世界。神経質すぎるほど繊細で脆く、幽かな響きなので、聞こえぬ音に耳をすましているような錯覚を覚える。どれほど形容しようが、自分の言葉ではこのアルバムを説明できない。聞いていただくしかあるまい。
年代を超えたアンビエントの名作
ブライアン・イーノのアンビエントシリーズの2作目。 録音されたのは30年近く前になるが、今でも良く聴く。 ハロルド・バッドの憂いのあるピアノの音が、とても心地よく聴きやすい。 シリーズの中でも実験的な音の試みもなく(アルバムによっては、実験的な手法で 音楽というよりも音づくりへの試みが強い作品もある)無駄がない。 日本では「鏡面界」というサブタイトルがある通り、 澱みの無い音色が深く心まで染み通るそんな作品です。
もう30年前になるイーノの環境音楽シリーズですが、癒しの音楽以上に癒されるこの事実!
ブライアン・イーノはロキシー・ミュージックを退団(実質上はブライアン・フェリィからの解雇)した後、ソロアルバムの名作数々を作成し、その後キング・クリムゾンのロバート・フリップとのコラボレーションを始め、'70年代後半はデイヴィッド・ボウイーのベルリン3部作にも大きく関わっていましたが、他方、この "AMBIENT MUSIC" (日本語では当時「環境音楽」と訳される)シリーズを4作出しております。 中でも、この「ザ・プラトウ・オブ・ミラー」(2作目)は…名盤だと今でも確信しておりますし、確信の度合いが近年の癒し音楽ブームなるものと比較して益々、深まってまいりました。 確か、耳障りにならない音楽を創ることが、当時のイーノの AMBIENT MUSIC に込められたコンセプト、と記憶しておりますが、昨今発売され売れている癒しの音楽以上に「癒される」という現実に気づき、改めて名盤として皆さんに聴いていただきたい音楽です。

ミュージック・フォー・エアポーツ(紙ジャケット仕様)

[ CD ]
ミュージック・フォー・エアポーツ(紙ジャケット仕様)

・ブライアン・イーノ
【EMIミュージック・ジャパン】
発売日: 2004-12-22
参考価格: 2,548 円(税込)
販売価格: 1,980 円(税込)
ミュージック・フォー・エアポーツ(紙ジャケット仕様)
- 収録曲 -
1. 1/1
2. 2/1
3. 1/2
4. 2/2
カスタマー平均評価:  4.5
ゆったりとした、空港のBGMにふさわしい作品
たしか、ダラスかジョン・F・ケネディだったと思います。 ピアノを中心とした音の微妙なズレが、これまでのイーノの アンビエントシリーズにはない、 都会的でコンサバティブな楽曲に仕上がっています。 ただ、もともとBGMとして作曲されているので、アルバム全体には変化があるが どこか単調で、聴いているうちに眠くなります。 慌ただしい空港の中でもリラックスさせるのが狙いにあったのかもしれませんが、 あまり寝付きが良くないときに聴くと効果的、かもしれません。
ありふれた日常の場を生きたアートに変える魔法
音楽とはまさに一つの環境であると実感させてくれるこの上ない1枚。 空港以外にも人工的な空間、例えばビルの中や国際展示場といった広さを持つ空間にはことの他マッチするが、 いつもの歩き慣れた場ですら、これがあると思考が異空間へと飛び、自分以外の全てがスローモーションで動いているかのような不思議な感覚が味わえるだろう。 ミュージック・フォー・エアポーツ。これはせわしない日常が繰り返されるありふれた場を一瞬にして生きたアートに変える魔法だ。
誰もいないゆりかもめに乗っているような。
今風の言い方をすれば、ENOは音楽にビジネスチャンスを見つけるのがとてもうまい人だ。サイレンス/ヒ−リング系の音楽の中のなかではENOのアンビエントものには特に人工的な感覚を強く感じる。だからENOが「オンランド」をやりたかった理由も、失敗した理由も何となくわかる、ような気がする。ENOはセザンヌの絵が好きだそう。エコ−のかけ方のファジ−な感覚なんか確かにそんな感じ。
血の通った生命の環境音楽。
イーノ環境音楽の最高傑作。
まさにエアポートにぴったりの音
淡々とした音のなかに広い空間を感じます。
反復される音に不思議な空間が形成されていくが決して無機的なものではなく、血の通った生命の環境音楽。

ディスクリート・ミュージック(紙ジャケット仕様)

[ CD ]
ディスクリート・ミュージック(紙ジャケット仕様)

・ブライアン・イーノ
【EMIミュージック・ジャパン】
発売日: 2004-12-22
参考価格: 2,548 円(税込)
販売価格: 2,300 円(税込)
ディスクリート・ミュージック(紙ジャケット仕様)
- 収録曲 -
1. ディスクリート・ミュージック〈パ...
2. (1)フルネス・オブ・ウインド
3. (2)フレンチ・カタログ
4. (3)ブルータル・アーダ
カスタマー平均評価:  5
最高です
今も聞いています。やはり最高です。 enoは天才です。確信します。 このdiscrete musicとthursday afternoonがあれば いつでも、どこでも涅槃にいけます。 一口にアンビエント系とか環境音楽とか言っても、 ものすごくいろんな種類の音楽がありますね。 必要なものを探したり、見つけたりすることは 結構難しいなと思いました。 (ゆえにはまってしまうものでもありますが) だいぶいろいろ聞きましたが、一番良く聞くのはこの2枚です。 大好きです。 上手く伝えられませんが、音(音楽?)としてのパワーそのままに、 聞き手の思考や感情が縛られすぎない、もっていかれすぎない感じ といったらよいでしょうか。 とても抽象的だという事なのかもしれません。 おすすめします。 興味を持った方は、ぜひ聞いてみてください。
ターラーラー
70年代中期、環境音楽としては初期の作品。アナログレコードではA面1曲、B3曲という構成で、A面はごくごく短いフレーズが延々30分繰り返され、B面はパッヘルベルのカノンをものすごーく遅く演奏して、さらにコラージュしたような作品です。こう書くと、とてもつまらなそうに思われるかもしれませんが、ツボにはまるとこれがとっても心地いいんです。イーノの環境音楽作品の中ではいまでもこれがベストです。イーノはこの作品を聞こえるか聞こえないかぐらいの小音量でかけることを推奨していましたが、個人的にはもう少し音量を上げて、ボーっとしているのがオススメ。あと、パッヘルベルのカノンは、よくドラマのBGMや結婚式とかで聴くことのある曲なのですが、イーノ版をきくと、通常の速度での演奏がとってもカッコわるくマヌケに聞こえてきます。
イーノがイーノになった瞬間
1973年発表。イーノが現在の知的にしてコンセプチュアルなイーノになったのが本作だと思う。イーノが自らのコンセプトに基づいて立ち上げたレーベル、オブスキュアからの3番目のアルバムが本作『ディスクリート・ミュージック』である。
オブスキュア(あいまいな)は聴きながら無視できる音楽を目指している。そしてこのコンセプトは進化拡散し、次のアンビエント(囲まれる)へと繋がって行く。本作『ディスクリート・ミュージック』は、イーノのオリジナルの表題作と有名なパッヘルベルのカノンをモチーフとした作品が、実にオブスキュアなスタイルで拡散して行く。それは見事なまでに聴きながらにして空間に溶け込み、無視できる音楽である。1973年にこのコンセプトをポップ・ミュージックの世界に持ち込んだイーノはやはり天才と言わざるを得ないだろう。
そしてもっと特筆すべきはこのイーノのコンセプトに引き寄せられて、素晴らしいミュージシャンが彼の元に集まり始めたということである。オブスキュアではNo.7の『ミュージック・フローム・ペンギン・カフェ』のペンギン・カフェ・オーケストラとジョン・ケージの曲を取り上げたロバート・ワイアットが最高だったと思うがどうも今は廃盤のようで大変残念だ。
ファンク・ロックなブライアン・イーノは死に、触媒としてのブライアン・イーノがここに誕生した。ポップ・ミュージックのひとつのキーになる作品が本作である。

アナザー・グリーン・ワールド

[ CD ]
アナザー・グリーン・ワールド

・ブライアン・イーノ
【EMIミュージック・ジャパン】
発売日: 1996-07-24
参考価格: 1,784 円(税込)
販売価格: 1,695 円(税込)
アナザー・グリーン・ワールド
- 収録曲 -
1. スカイ・ソウ
2. オーヴァー・ファイアー・アイランド
3. セント・エルモス・ファイアー
4. イン・ダーク・トゥリーズ
5. ザ・ビッグ・シップ
6. アイル・カム・ランニング
7. アナザー・グリーン・ワールド
8. サムバー・レプティル
9. リトル・フィッシュズ
10. ゴールデン・アワーズ
11. ビカームド
12. サビヌル/ラーバ
13. エヴリシング・マージズ・ウィズ・...
14. スピリッツ・ドリフティング
カスタマー平均評価:  5
発売当時の話
イーノの最高傑作。
1975年の発売当時、St. Elmo's Fire に「セントエルモの灯」などという、許せない邦題がついてました。さすがに最近「セント・エルモス・ファイアー」と、原題どおりになりましたが....
どこが許せないかって...? 歌詞を読んでね。簡単だから。
一聴して軽い曲、なんだけど、歌詞も含めて聴くと重いぞ。
何度聴いてもあきない
 グリーンワールドとはホモセクシュアルな意味もあるのだというが(B’zの「グリーン」はおそらくパクリ)、英国の天才アーチスト、イーノによるポップと抽象性をミックスした不思議なアルバム。キングクリムゾンのロバートフリップなど多くの才能あふれるミュージシャンに自分のコンセプトに基づく曲作りをさせながらも、トータルなまとまりが感じられる。同時期のトッドラングレンにも通じる、おしゃれで時代を先取りしたようなポップで深みのある仕上がりだが、四半世紀経た今でも飽きない魅力がある。イーノ先生はデビッドボウイをはじめ、その後に多くのアーチストに影響を与え続けている。
イーノにとっての「音楽図鑑」・・・かな?
あらゆる要素の入った名盤です。ポップあり、アバンギャルドあり、アンビエントありの“イーノ”にとっての「音楽図鑑」となっています。後進のアーティスト達にも、多大な影響を与えました。坂本龍一もその一人です。リスナーにはやや散漫な印象を与えるかもしれませんが、コンセプトアルバムではないので、いたしかたありません。他のアルバムとは頭(耳?)を切り替えて聴くと、その良さがわかるはずです。
イーノのアンビエント前の最高傑作
交通事故に遭ってからの彼のはじめての作品。
4半世紀たった今でもヒーリング効果の高い曲が含まれていてたまに聴きたくなること請け合い。

シャンティ・シャンティ

[ CD ]
シャンティ・シャンティ

・オムニバス ・セヴァラ・ナザルカン ・ブライアン・イーノ ・シーラ・チャンドラ ・ラヴィ・シャンカール ・ユンチェン・ラモ ・ラマ・ギュルメ&ジャン・フィリップ・リキエル
【EMIミュージック・ジャパン】
発売日: 2005-08-24
参考価格: 2,548 円(税込)
販売価格: 2,292 円(税込)
シャンティ・シャンティ
- 収録曲 -
1. シャンティ・シャンティ・シャンテ...
2. ギーター(ラヴィ・シャンカール)
3. オーム・マニ・パドメ・フーン2(...
4. ザ・ビギニング(ブルー・ベドウィ...
5. オファリング・チャント(ラマ・ギ...
6. ヌアージュ(坂本龍一)
7. ザ・シックス・シラブル・マントラ...
8. デルタ・レイン・ドリーム(ジョン...
9. マヘシュヴァラ・ヨギー(DJシェ...
10. メディテーション 2(ララージ)
11. カフィ・ノワール(シーラ・チャン...
12. レイン・オーヴァー・ベイルート(...
13. アラー(セヴァラ・ナザルカン)
14. トレースリー(ヌスラット・ファテ...
15. シルヴァー・モーニング(ブライア...
カスタマー平均評価:  4
癒し系
ラジオで「オファリング・チャント」を聞き、つい買ってしまいました。 穏やかな曲ばかりなのでリラックスするにはいいかも。 ただ歌詞が一部しか入ってないので、それが残念。

Another Day On Earth

[ CD ]
Another Day On Earth

・ブライアン・イーノ
【BEAT RECORDS】
発売日: 2005-07-09
参考価格: 2,500 円(税込)
販売価格: 2,030 円(税込)
Another Day On Earth
- 収録曲 -
1. This
2. And Then So Clear
3. A Long Way Down
4. Going Uncosious
5. Caught Between
6. Passing Over
7. How Many Worlds
8. Bottmliners
9. Just Another Day
10. Under
11. Bone Bomb
12. The Demon Of The...
カスタマー平均評価:  4.5
時代は変わったけど、イーノの歌声はそのまま
イーノの作品では、キング・クリムゾンのフリップが切ないギターを弾いているanother green worldが一番好きでした。久しぶりにイーノが歌っている新譜が出たということで、遅ればせながらこれを買いました。アジアの店先のジャケットが「another day on earth」とは、分かりやすい(?)ですが、曲は、なかなかいいです。全体的にはポップな感じがして、車を運転しながら気持ちよく聴けます。優しさのあふれたアルバムです。 イーノといったら、よく分からない、難しい現代音楽家というイメージを持っている若い方がいましたら、ぜひ、聴いてくださいね。そして、これがいいなあと感じたら、801 Live とか、あるいはroxy musicの1枚目とか、昔のものも聴いてください。 30年以上続けて聞き続けることができる名盤かどうかは分かりませんが、今の気分にはぴったり。買って損はしない、お勧め作品です。
風格のプログレ・ポップ
Another Green World 以来の心に染み渡るヴォーカル・アルバム。年取ってからも、こんなみごとな歌曲集を、たとえ自己反復気味とはいえ、書けるというのは、この人はやはりすごい人だとつくづく思う。これまで多様な独創的ミュージシャンと共作してきた成果もすごいの一語に尽きるのだが、今回のアルバムも聞き込むほどに、魅力が増し、まったく飽きがこないところが彼らしい完成度だと言うべきだろう。いやはやイーノと同時代人でほんとうに幸せな人生でした。イーノに比べると、過去に実験的完成度をきわめたミニマル・ミュージシャンのテリー・ライリーもスティーヴ・ライヒも現在は堕落したと言わざるをえないからね。
これぞ音響ポップ
細野晴臣と並んで、ヴォーカルアルバムを待たれていたファンも多い事でしょう。 その期待にしっかり応えてくれる仕上がりになっています。 音響的にはこれまでのアンビエントワークスなどがしっかり生かされた気持ちよさ。 そしてあの控えめヴォーカルと、なによりポップなメロディーが戻ってきているのが嬉しい。 「by this river」などが好きな方は必聴です。
アナログなYet Another Green World
「Drawn FromLife」の延長線上に作られた、しかしポップさを取り戻したアルバム。Drawn...の静謐な美しさと二十数年前に自らが歌ったときのシンプルな「なんでもなさ」が合体している。そこにはイーノらしい音色上の計算(あるいはギミック)とそれを単に作曲上の設計に終わらせない霊感(あるいはセンス)によるもうひとジャンプがある。
我々の音楽はMIDIやシーケンサやマルチティンバーシンセサイザによって、実はかえって不自由になってしまっていた。それをイーノは気づかせてくれる。
若いミュージシャンよ、イーノを聴け。そしてデジタル機材によって何でもできると思い込んだ傲慢を恥じよ。音楽における自由さとはなんであるかを熟考せよ。私は宣言する、「イーノはバイブルである」と。
澄んだ血
1曲目と2曲目の間、2曲目始まっての10秒後くらいに滲み出る、透明の緑の光はなんだろう?
イアフォンを中心にその光が靄って直径2メートルの小さな雲となり、1時間ほど漂う。

ENOが辿り着いた、至高の極み。

28年前、『ビフォー・アンド・アフター サイエンス』がリリースされた時には、阿木 譲は”盗んででも聴け”といった。
僕は18歳で、すべての光を手の中に閉じこめられると信じてた。

ENOの28年間の活動は、この優しみの緑の光(another green world)に収斂されたのだった。彼の澄んだ血が、初心の構想を結実させたのだ。

そして僕の血は、28年間の日々の澱に穢れてしまい、こんなに汚い大人になってしまった。


ZERO LANDMINE

[ CD ]
ZERO LANDMINE

・N.M.L.
【ワーナーミュージック・ジャパン】
発売日: 2001-04-25
参考価格: 1,470 円(税込)
販売価格: 1,397 円(税込)
ZERO LANDMINE
- 収録曲 -
1. ZERO LANDMINE
2. ZERO LANDMINE(Pi...
3. ZERO LANDMINE(Pi...
4. ZERO LANDMINE(Sh...
5. ZERO LANDMINE(Pi...
6. ZERO LANDMINE(TH...
カスタマー平均評価:  4.5
あれから もう数年
このCDのおかげでで地雷除去に関して興味を持った人がかなり多かったと思いますね。 音楽で世界を旅行してるような気持ちになります。
デビシルの歌詞が秀逸
坂本龍一を中心に、ブライアン・イーノ、クラフトワーク、細野さんや大勢のJポップのアーチストと 地雷撲滅を訴えた名曲で、ワールドミュージックとエレクトロポップの融合がうまくなされています。 地雷が埋設されている地域の民族音楽を、20分弱の1曲にまとめた秀逸な1曲で、ダライ・ラマの演説や、故ダイアナ妃の演説などのSEも織り交ぜながらの名曲です。
NEO GEOの焼き直しに成功。でも教授がやるべきことではない。
コンセプトは懐かしの「NEO GEO」です。世界中を回る音楽の旅を経てみんなで歌おう、ということでしょう。10年かかってようやく手法がこなれた感じで、サウンド的には成功しています。でも発想が焼き直しなことと、教授があれほど嫌悪していた"We are the world"を自前でやってしまったという事実を前にすると、あまり良い評価はできません。 さらに重大な問題としては、あれこれ手をかけて作ったトラックよりも、デヴィッド・シルヴィアンがたった独りで歌ったトラックの方がずっと濃密で説得力があるということ。これはシルヴィアンの実力というより、シンプルなテーマはシンプルなサウンドで提示したほうがストレートな説得力が出るという、ごくあたりまえな結果だと思います。 最後に教授に言いたい。あなたは他にやることがあります。プロデューサから様々なアドバイスを受けた結果のプロジェクトだと思いますが、もともとエゴイスティックな人がこんなことを手がけるのはかなり滑稽です。教授が最もカッコいいのは「俺が俺が」と利己的な音楽をやっている時です。この手の活動は、あなたのやるべきことではありません。
感涙モノです
皆さんがレビューで書かれている通り、このプロジェクトのメンツの豪華さと言ったらないです。まず、リズム隊が細野さん、高橋さんでYMOです(プラスex.JAPANのスティーブ・ジャンセン)。ギターがSUGIZOとTAKUROで、さらにDJ KRUSHのスクラッチが加わります。ボーカリスト陣は上に掲げられているひとたちのほかに、デビット・シルヴィアン、UA、CHARA、佐野元春、シンディ・ローパーが歌っています。この豪華なメンツの演奏に至るまでに約十四分の「音楽の旅」(アラスカ→韓国→カンボジア→インド→チベット→ボスニア→アンゴラ→モザンビーク→日本)が行われます。全く長さを感じさせないメドレーで、子どもの合唱にヨワい僕は毎回モザンビークのセッションのところで目頭が熱くなってしまいます。(このメドレーが「長い」というひとは、ショートバージョンもあるのでご安心を。)十八分二十七秒の間終始すばらしい演奏が続くのですが、強いて不満を挙げれば、歌を前面に出したミックスのおかげで、ギターがよく聴こえないことでしょうか。(SUGIZOはよく聴けばそれらしいのが聴こえるのですが、TAKUROに至ってはほとんど何を弾いているのか分かりません)とはいえ、地雷撲滅というテーマのもと、「暴力はもうたくさんだ」(詞・デビット・シルヴィアン、訳・村上龍)と歌い上げる本作がすばらしい音楽である事に変わりはありません。
平和への祈り
たしか某テレビ局で教授がでてて、映像と一緒に演奏してたような。
やっぱり日本人が平和とか反戦を語る重みってゼッタイあると最近感じるようになってきました。若い頃はただのファッションくらいにしか考えてませんでしたが。
楽曲としてもかなりしっかりしていて、多数のミュージシャンが参加している豪華なCDです。

クラスター&イーノ(CLUSTER & ENO)(紙ジャケット仕様)(PAPER SLEEVE)

[ CD ]
クラスター&イーノ(CLUSTER & ENO)(紙ジャケット仕様)(PAPER SLEEVE)

・クラスター&イーノ
【CAPTAIN TRIP RECORDS キャプテン・トリップ・レコーズ】
発売日: 2007-11-20
参考価格: 2,625 円(税込)
販売価格: 2,441 円(税込)
クラスター&イーノ(CLUSTER & ENO)(紙ジャケット仕様)(PAPER SLEEVE)
- 収録曲 -
1. ホー・レノモ(Ho Renomo)
2. 美しい手(Schone Hand...
3. ムラサキ(Steinsame)
4. ニガヨモギ(Wermut)
5. ミット・ジーメン(Mit Sim...
6. セランジュ(Selange)
7. 魚梁(やな)(Die Bunge)
8. ワン(One)
9. ルイーゼのために(Fur Lui...
カスタマー平均評価:   0

Fourth World, Vol. 1: Possible Musics

[ CD ]
Fourth World, Vol. 1: Possible Musics

・Jon Hassell / Brian Eno
【Plan 9/Caroline】
発売日: 1990-08-31
参考価格: 1,342 円(税込)
販売価格: 1,116 円(税込)
Fourth World, Vol. 1: Possible Musics
- 収録曲 -
1. Chemistry
2. Delta Rain Dream
3. Griot (Over Cont...
4. Ba-Benzele
5. Rising Thermal 1...
6. Charm (Over Buru...
カスタマー平均評価:  5
Jon Hassellとのコラボレーション第1作
このアルバムが発売されていた当時中学生の私は、Brian Enoが気になっていた時期でしたので迷わず買いました。 いそいそと自宅に持ち帰りレコードプレーヤーで鑑賞したのを憶えています。 流れてくる音楽が妙にアップテンポでビートが効いていて、 こんなもんかなと鑑賞し終わるとターンテーブルの回転をうっかり45rpmにしていたのでした。 もちろん33rpmで聴き直しました。 アンビエントシリーズ同様、当時の中学生には刺激の少ない音楽で黙って聴いていると眠気を催すだけでしたが、 現在改めて聴くと、うるさくないしBGMにもちょうどよいと思います。 No.2のDelta rain dream をはじめ、音もなく降る雨に煙るアフリカの大地をイメージします。呪術的です。
          .
これはすごい、禿げイーノさんとハッセル先生。 好きとか嫌いとかそういう次元じゃないですね。 音が生きてるとしか言いようのない、土着アンビエント。 アースカラーが大好きな方や、広大なアフリカの大地を探検しようと目論んでる方はBGMとして用意しておきましょう。必聴。
地獄めぐり、アフリカ行き
イーノ氏の音楽のファンであれば2004年のDSDリマスタリングは 大よそ歓迎され、何らかの形でいくつかのアイテムを 再購入されている筈。 何より丁寧なリマスタリングの結果、どのアルバムにおいても 「曖昧」で「迷彩」な音の羅列をより「ハッキリ」と堪能 出来る様になっている。 しかし、何故かこの「第四世界の鼓動」はいつまで 経ってもDSD化されず、不満に思っているのが現状。 また仮にDSD化されても輸入盤である場合、CCCDに なる可能性も高く、是非国内盤化して欲しいものである。 事実現在全てのイーノ氏再リリース国内盤はノンCCCDである。 残念ながらハロルド・バッド氏との競作「the pearl」は 傑作であるにも関わらず、未だDSD 化はされた ものの国内盤化されていない。 従ってCCCDであり、MDにすらコピー出来ない。 無論、ディジタル・オーディオにもコピー出来ない。 このような流れは作って欲しくない。 象の咆哮のようなハッセル氏のトラムペットとシンセ・ループで 作られテープ化された不穏な音源で、これを聞くと 「高湿度」を感じる。 純粋なアンビエント作品としてのサラウンド感は「エアポーツ」より こちらの方が上か? 何よりこの音の群れは、こちらが囲われるような錯覚に 陥る。 だからこそ早期ノンCCCD・DSDリマスタリング化を望む。 このアルバムこそリマスターの価値が最もあると。
1980年初めて聴き、これがトランペットの音か?と驚愕!
イーノが始めた、Fourth World Seriesの第1作。イーノのファンだったので、迷わず輸入盤を購入。針をレコードに落としたら、ジョン・ハッセルというトランペッターとのコラボレーションとの事だが、ジャズで使われるトランペットには、似ても似つかないハスキーな音色。「どうやってこういう音を出しているのか、謎のアーチストだな」というのが第1印象。ジャケットは、アフリカの衛星写真(NASA提供)で、この奇妙なサウンドは、どの曲も声高なメロディーは無く、ほぼ一定の音量で、聴きながら他の事をしていても、BGM的に違和感が無く、確かに、新しい音楽だと感じたものでした。それがCD化されましたが、最後の曲はLPではB面全部を使い、21分の曲で、ほとんど変化が無い。LP時代は、BGM的に聴くのに、ちょうど良かったが、CDは、ランダム再生や同じ曲を繰り返し聴けるので、ありがたみが薄れてしまった。できれば、短くエディットし、セカンドアルバムと合わせて1枚にする事も出来たのではないだろうか?でも、謎のトランペッターの登場は衝撃的であり、エポックメイキングなアルバムとして、存在感が高いのは確か。
アンビエントの歴史に燦然と輝く名盤!
ブライアン・イーノとのコラボレーションとなる本作は、国内盤発表時のタイトルは『第四世界の鼓動』であった。いわゆるワールドミュージックを超えた、新しい音楽を目差して作られたアルバムである。ハッセルの独特のトランペット奏法と、イーノのシンセサイザーや音響処理は、熱帯雨林の鬱蒼とした森や、体にべったりとまとわりつく湿気、突然降り出すスコール、カラフルな野鳥たちといった風景を聴く者に想起させる。とても映像的な音楽だ。また大変優れた“アンビエントミュージック”ともいえるだろう。必聴盤である。

アフター・ザ・ヒート(AFTER THE HEAT)(紙ジャケット仕様)(PAPER SLEEVE)

[ CD ]
アフター・ザ・ヒート(AFTER THE HEAT)(紙ジャケット仕様)(PAPER SLEEVE)

・イーノ・メビウス・ローデリウス
【CAPTAIN TRIP RECORDS キャプテン・トリップ・レコーズ】
発売日: 2007-11-20
参考価格: 2,625 円(税込)
販売価格: 2,441 円(税込)
アフター・ザ・ヒート(AFTER THE HEAT)(紙ジャケット仕様)(PAPER SLEEVE)
- 収録曲 -
1. オイル(Oil)
2. フォーリン・アフェアーズ(For...
3. 幻影(Luftschloss)
4. ザ・シェード(The Shade)
5. オールド・ランド(Old Lan...
6. ベース&エイペックス(Base ...
7. ライト・アームズ(Light A...
8. ブロークン・ヘッド(Broken...
9. ザ・ベルドッグ(The Bell...
10. ツィマ・ナルキ(Tzima N'...
カスタマー平均評価:  5
名盤に時代関係なし
レコードでは持っていましたし当時はクロスオーバーイレブンでもかかっていて自分自身芝居でも使ってしまいました。今聴いても心に染みる一生ものには変わりありません。いろんなメディアで現在賞賛されています。アンビエントというよりエレクトリックミュージックの中の一級品といったところでしょうか。enoが数曲歌っています。リマスターはかかっていますが、紙ジャケの扱いにくさは少々難有りです。



Copyright © 2008 洋楽アーティストデータベース. All rights reserved.    Program by 簡単アマゾンサイト作成ツール ver.3.96

 更新日 2008年10月11日   ※ 表示価格は更新時のものです!      メール      相互リンク