洋楽アーティスト1000人のデータベース。公式サイト・ファンサイト・ブログ・掲示板・リンク集。

洋楽アーティストデータベース

1,500円以上で送料無料!
※一部大型商品を除く
カートを見る ヘルプ
ボン・フリーマン ウォーン・マーシュ ウェイン・ショーター ウェザー・リポート ウェス・モンゴメリー ウディ・ハーマン  
  ウイントン・マルサリス ズート・シムズ アマリア・ロドリゲス アントニオ・カルロス・ジョビン アルトゥーロ・サンドヴァール アストル・ピアソラ

洋楽データベース
無料着うたダウンロード
OnGen音楽配信
洋楽楽譜
洋楽名曲
洋楽ランキング
洋楽歌詞和訳・翻訳
特集
 アストラッド・ジルベルト
 アンディ・ラウ
 エディット・ピアフ
 エンヤ
 カエターノ・ヴェローゾ
 クラナド
 クレモンティーヌ
 シェブ・ハレド
 シャルル・アズナブール
 セリア・クルース
 チェン・ミン
 チャンプルーズ
 ディープ・フォレスト
 ディック・リー
 ビヨンド
 フェイ・ウォン
 フランス・ギャル
 フランソワーズ・アルディ
 ボブ・マーリー
 元ちとせ

 

クレモンティーヌ


FM802 Shirley’s SATURDAY AMUSIC ISLANDS presents ”THE WEDDING ALBUM”

[ CD ]
FM802 Shirley’s SATURDAY AMUSIC ISLANDS presents ”THE WEDDING ALBUM”

・オムニバス ・サヴェージ・ガーデン ・クレモンティーヌ ・バングルス ・ワイクリフ・ジョン ・パフ・ジョンソン ・ベイビーフェイス ・セリーヌ・ディオン ・ゴスペラーズ ・ピーボ・ブライソン ・ジャネット・ケイ
【ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル】
発売日: 2003-01-22
参考価格: 2,520 円(税込)
販売価格: 1,232 円(税込)
FM802 Shirley’s SATURDAY AMUSIC ISLANDS presents ”THE WEDDING ALBUM”
- 収録曲 -
1. ア・ホール・ニュー・ワールド(ア...
2. イエス,アイム・レディ(ジャネッ...
3. クレイジー(メイヤ)
4. コズミック・ガール(ジャミロクワ...
5. アイ・シンク・アイム・イン・ラヴ...
6. ナチュラル・ウーマン(キャロル・...
7. アイ・ワナ・ビィ・ウィズ・ユー(...
8. スウィート・ベイビー(メイシー・...
9. 素顔のままで(ビリー・ジョエル)
10. トゥ・ザ・ムーン・アンド・バック...
11. アモール・フォウ(クレイジー・ラ...
12. 胸いっぱいの愛(バングルス)
13. トゥー・ロングス(ワイクリフ・ジ...
14. フォーエヴァー・モア(パフ・ジョ...
15. クローズ・マイ・アイズ(ベイビー...
・・・
カスタマー平均評価:  3.5
かなり使えます!
結婚式用というよりラブソング集として買いました。恋人未満の彼女とのドライブのBGMで使ったところ、恋人イコールにできそうな効果を発揮してくれました!年頃の女性はこんな感じの曲をよく結婚式で聞いているので、車の雰囲気はすっかり結婚式モードになりました。
いかにもという感じが・・・
購入して全部聞いてみましたが、ベタな(いかにもという)感じが、私にとっては逆に使いづらいです。 というか、ちょっと恥ずかしいかも・・・。と思いました。 私は、ベタが苦手なので・・・★1つになりましたが ベタな感じが好きな人にはオススメです。
LOVE SONGS
weddingの曲と意識せず、
ラヴソング集として安心して聴けます。

FM802のDJによるセレクションだけあって、名曲揃い。
自分でこれだけの曲はなかなかピックアップできません。

知っている曲も、知らない曲も、
また、英詩が多いのでBGMとして使って
場をやさしい空気にしたいときなどにもお勧めです。

weddingにこだわらず、LOVE SONGSとしてもぜひ一聴。


The Best Track

[ CD ]
The Best Track

・葉加瀬太郎 ・アンジェラ・ジョン ・ジャン・ジェン・ホワ ・バーシア ・クレモンティーヌ
【エピックレコードジャパン】
発売日: 2002-08-21
参考価格: 3,059 円(税込)
販売価格: 2,745 円(税込)
The Best Track
- 収録曲 -
1. Etupirka
2. Brazil?Aquarela ...
3. エンジェル・イン・ザ・スカイ
4. Another Star
5. Dolce Vita
6. So Nice(Summer S...
7. L'automne Est Ar...
8. トゥー・ラヴ・ユー・モア
9. 冷静と情熱のあいだ
10. watashi
11. 「情熱大陸」メインテーマ
12. Walking With You
13. Dream Of Wings
14. Once Upon A Time
15. Breeze Of Glory
カスタマー平均評価:  5
「世界」を感じる一枚
葉加瀬太郎さんのCDは3枚持っていますが、一番最初に買ったのがこのアルバムです。 とても「世界」を感じさせてくれる一枚だと思います。 いろんな曲想に富んでいて、葉加瀬さん独特のアジアティックな曲などはとても聴き応えがあります。 13曲目のラストには、鈴虫の声が入っていて素敵です。 心が安らぎます。
リラックスするには!
情熱大陸でお馴染みのエンディングやメインテーマ曲などが 収録されており、お勧めなベストCDだと思います。 心を落ち着かせるときなどやBGMとして聴くのが 良いと思います。 購入して良かったと思います。
日本の音楽が開花してきたといえる証拠品!
葉加瀬さんを深く知らない人は一曲目の出だしから「ああ!」と曲を思い出せて、その後の聞こえのよい卓越したヴァイオリズムそして中間頃に王道【情熱大陸】・・・、料理だったらフランス料理のフルコースですよ、これは。まさに、贅沢を極めた傑作集ですね。かっこよくいうとね。 ここで親近感沸かせるために体験談を語らせてもらうと、僕は寝るとき一応ジャズを流しっぱなしにするんです。まぁ、脳へのインスピレーションといいますか、でも実はそこまで考えていませんけどねwそこで、これをかけながら寝てみるんですが、どうも寝れない!ここだけでマイナスイメージを持たれると心外なので種明かし。リラックス用ではないと思うワケです。気持ちの高揚ですね、つまりは。テンションあがりっぱなしでは常人は寝れないはずです。つまりは、現実社会・近辺の人とのストレス、一日の色々な面での語りつくせない疲労、などなど。そういう癒せようのないアロマです。体に受けた傷は時間がたてば治るけど、心に受けた傷はなかなか癒えない・・・、それの裏返しバージョンですね。
言わずと知れた名曲だらけ、問答無用の最高傑作!!  
 情熱大陸でも、お馴染みの【エトピリカ】も収録されており、、、 何より一番のおすすめ曲は【Angel In The Sky】 とりあえず聞いてみてください♪o(^^*)(*^^)o♪  アルバム的な構成・CD一枚に於ける全体的なストリーというか… 完成度については、断然!!『The Best Track』が長けてます!!  葉加瀬太郎、自身でも初となるベスト盤だけに収められてるのは何処かで耳にしたあの音色。。。  世界の歌姫【セリーヌ・ディオン】がワールド・ツアーを共にした、その理由が!あなにもきっとわかるはず♪♪ヾ(*^^*)/ 
★初ベスト★
一番のお勧めは「冷静と情熱のあいだ」
同タイトルの赤本・青本でもおなじみ、作家であり親友の辻仁成さんに個人的に作曲したものなんです!
本を読んでいた私には、イメージぴったりの曲でした。
切なくなるバイオリンの音色・・・
もちろん、ベストだけあって全米ツアーで弾いた「To Love You More」なども素晴らしいですよ(^ ^)

イマージュ アムール

[ CD ]
イマージュ アムール

・オムニバス ・デイヴィ・スピラーン featuring シンニード・オコナー ・クレモンティーヌ ・ケイコ・リー ・シャルロット・チャーチ
【ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル】
発売日: 2001-11-07
参考価格: 2,520 円(税込)
販売価格: 1,766 円(税込)
イマージュ アムール
- 収録曲 -
1. ニューシネマ・パラダイス「愛のテ...
2. 冷静と情熱のあいだ(葉加瀬太郎)
3. ムーンリヴァー(JAZZTRON...
4. 夢(手使海ユトロ featuri...
5. 大河の一滴(加古隆)
6. カヴァティナ(映画「ディアハンタ...
7. ロミオとジュリエット(映画「ロミ...
8. 静寂(Hymn)(三村奈々恵)
9. ザナルカンドにて (羽毛田丈史)
10. ダニー・ボーイ(デイヴィ・スピラ...
11. アズ・タイム・ゴーズ・バイ(ステ...
12. ジェレミー(クレモンティーヌ)
13. ホワット・ア・ワンダフル・ワール...
14. 歌に生き、恋に生き?“トスカ”よ...
15. トゥナイト?“ウエストサイド・ス...
・・・
カスタマー平均評価:  5
喫茶店向き。ベッドサイドには不向き
どの曲もリラックスしたムードで、心地よい眠気を誘う…と思ったのは最初の数曲だけで、残念ながら唄つきの曲が眠気を中途半端に吹き飛ばしてしまう。もともとこのアルバムは「恋愛の曲」がテーマで、ベッドサイドミュージック専門のアルバムではないのだから、半ば当然ではあるのだが、個人的には残念である。 むしろ、静かな喫茶店のBGMにでも向いていそうな選曲だ。
羽毛田さんのノビヨカバー
このシリーズの第一作「イマージュ」に収録されていた「地球に乾杯」を聞いてから羽毛田さんのファンになりました。 このアルバムでは、私がもともと好きだった植松伸夫さんのカバーをなさってます。 植松さんの味を殺すことなく、羽毛田さんの個性も活かされていて、とっても素敵です。 もちろん、クレモンティーヌ等、他のアーティストも素晴らしいのですが、そちらは他の方がお書きになっているようなので。「イマージュ」の中でもアタリだと思います。
愛を感じれますよ。
愛をテーマにしているので、カップルでお食事の時
結婚式など、用途はあなた次第。ひとりでゆっくり・・・。
って時にもいいですよ。歌詞がない分、あなたの中にしっかり
しみこんでくれるいい1枚ですよ。 一押しです!!
是非、聴いてみてください。
秋から冬にかけて聴きたくなるアルバム
4年近く前に発売されたアルバムですが私はシリーズの中で一番好きです。

タイトル通り、「愛」をテーマに選曲されていると感じます。ニューシネマパラダイスの「愛のテーマ」「冷静と情熱のあいだ」「ウエストサイドストーリー」など、優しくしっとりしているけど明るさもあって、愛することの幸せを伝えてくれるような素敵なアルバムです。寒い季節になると、毎年聴きたくなります。
シリーズの中で一番好き
まだ4作目は聞いていませんが、シリーズの中で一番気に入ってます。今までのイマージュや2,3はバラエティーにとんだ内容の作品でしたが、このアムールに限ってはテーマがありとってもロマンティックで、夜聞くには最高のアルバムになっているのではないでしょうか これからもこのシリーズには期待します。


ドルミ

[ CD ]
ドルミ

・オムニバス(クラシック) ・Aura ・春野寿美礼 ・クレモンティーヌ
【エピックレコードジャパン】
発売日: 2008-04-02
参考価格: 3,059 円(税込)
販売価格: 2,913 円(税込)
ドルミ
オムニバス(クラシック)
Aura
春野寿美礼
クレモンティーヌ
カスタマー平均評価:   0

30℃

[ CD ]
30℃

・クレモンティーヌ
【ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル】
発売日: 2002-08-07
参考価格: 2,730 円(税込)
販売価格: 2,100 円(税込)
30℃
- 収録曲 -
1. オー・シャンゼリゼ(ステファン・...
2. ディス・マスカレード
3. ドント・レット・ミー・ルーズ・デ...
4. オウブリィ・モア~イッツ・トゥー...
5. ディエゴ
6. オー・シャンゼリゼ
7. サマー・イン・ザ・シティ
8. 雨にぬれても
9. アモール・フォウ~クレイジー・ラヴ
10. ファイア・アンド・レイン
11. サマー・イン・ザ・シティ(レディ...
12. コラソン(レディオ・ファヴェラ・...
13. あなたとともに
カスタマー平均評価:  5
やっぱりクレモンティーヌ★
クレモンティーヌ大好きで沢山CD持っているけど、その中でも1,2位に入ります。クレモンティーヌの独特の雰囲気と柔らかい感じに仕上がっていて、午後をコーヒーを飲みながら一人で過ごすときにかけるととても幸せになります。ゆったりと時間が過ぎる感じで。どこかポップな曲も含まれていてクレモンティーヌを聞いた事ない人にはお勧めの1枚です。個人的に「Amour fou」がとても好きです。ほんとにハッピーになります。
このアルバムが一番いい。
クレモンティーヌは、デビュー当時からほとんどのアルバムを買ったけど、このアルバムが一番いい。
「なんでだろう。どうして。?」と思ったらパリでに人気のコスト兄弟のホテルコスト〔ホテルのデザインやBGMが抜群にセンスのいいホテル)のプロジューサーが手がけているというではないか。う〜〜ん。納得。
彼女のアルバムでどれがいいか迷っている人は、ぜひ、このアルバムがオススメ。デビュー当時より歌もうまくなっているような気がする。
Good
バート・バカラック、ジェームズ・テイラー、キャロル・キング等々、素晴らしい楽曲をカバーしています。もちろんオリジナルに忠実なカバーもあって然るべきだと思いますが、こんな風にオシャレで、まったりとしたテイストに仕上げるのはこの人しかいないでしょう。なんとなくカフェアプレミディあたりをいきなり買うのは気が引ける、かと言ってボッサはどことなく入りづらい、そんな人にはオススメかも??個人的にはオリジナルの楽曲からしてロック/ポップリスナーに、またリミックスも入っているので、ハウス/ラウンジ系のリスナーにもススメたいです。最近ボッサなんかも聞き始めた自分にはとても「良い位置」にある1枚です。
ドライブとクレモンティーヌ
〜やっぱりクレモンティーヌじゃなきゃ作れないね、そんな風に感じてしまうアルバムです。誰もが知っているナンバーに挑戦するということは、その中に新しさとオリジナリティをリスナーに感じさせなければならない中で、秀逸のアルバムを残してくれたと思います。全ての曲を紹介したいのですが、特にToute La Pluie Tombe Sur Moi [Raindrops Keep Fallin' On My〜〜 Head](雨にぬれても)を何度もリピートしてしまいます。コーヒーとお菓子でティーブレイクをしながら家で聞くのもいいです、でも私はドライブしながら聞くのをおすすめしたいです。〜

ドゥ・ベスト

[ CD ]
ドゥ・ベスト

・クレモンティーヌ ・マルコス・ヴァーリ
【ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル】
発売日: 2004-11-26
参考価格: 2,730 円(税込)
販売価格: 2,456 円(税込)
ドゥ・ベスト
- 収録曲 -
1. A St Tropez
2. レテ
3. CHEGA DE SAMBA
4. CATAVENTO
5. AGUAS DE MARCO(d...
6. おいしい水
7. TRISTEZA(GOODBYE...
8. UN HOMME ET UNE ...
9. Akujo
10. La-bas
11. イパネマの娘
12. On Me Bit Que
13. SAUDADES DA BAHI...
14. オー・シャンゼリゼ ステファン・...
カスタマー平均評価:  4
オシャレな雑貨屋でかかっているのはこのアルバムです。
フレンチ・ポップスとして特に日本で人気のあったクレモンティーヌのベストです。90年代ですね。ピチカート・ファイブなんかが流行っていた頃です。もともとジャズ・ボーカリストとしてデビューしたのですが、声の感じや歌い方は無国籍風フレンチ・ポップスの方がぴったりです。ルックスのイメージははどことなく東洋の旧フランス系植民地のフランス人風で、異邦人的な感じがします。ベルトルッチ風のエスニック・ラブストーリーの主人公にぴったりですね。 オシャレな雑貨屋でフレンチ・ポップス流していたら、大体クレモンティーヌです。

WOMAN 2

[ CD ]
WOMAN 2

・オムニバス ・メラニー・C ・メアリー・J.ブライジ ・クレモンティーヌ ・バーシア ・メイヤ ・カーディガンズ ・ヴォンダ・シェパード ・ディクシー・チックス ・シェリル・クロウ ・デスティニーズ・チャイルド
【ソニーレコード】
発売日: 2001-09-19
参考価格: 3,360 円(税込)
販売価格: 2,688 円(税込)
WOMAN 2
- 収録曲 -
1. Independent Wome...
2. WAITING FOR TONI...
3. YOU GOTTA BE / D...
4. Ex-Factor / LAUR...
5. LADY MARMALADE /...
6. I'm Outta Love /...
7. ABSOLUTELY EVERY...
8. IT FEELS SO GOOD...
9. GOTTA TELL YOU /...
10. NEVER BE THE SAM...
11. EVERYTHING / MAR...
12. Un Homme Et Une ...
13. DRUNK ON LOVE / ...
14. HOW CRAZY ARE YO...
15. LOVEFOOL / The C...
・・・
カスタマー平均評価:  3.5
聞きやすいです
DISC1はリズムのいい曲が多くて、DISC2はしっとり系とちょっと雰囲気が違ってて、
1つのアルバムというよりも、2つの作品という感じがしました。

DISC1は、CMやドラマや映画など耳にしたことのある曲が多いし、
私はテンポが速い曲の方がすきなので、DISC1の方が気に入っています。
DISC2も1曲目が特に好きです。

洋楽をあまり聞かない人でも、とっつきやすいんじゃないでしょうか、
これなら試しにどうかなと思います。
woman(2),(3)もってます♪
今は主に、woman(3)聴いてます!3の方が穏やかな印象がありました。
でも、(2)もお勧めです!デスチャから始まり、アクティブな印象。個人的にはジェニファー・ロペスも好きです♪
同性のアーティストならではの共感できる部分があるのではないでしょうか??もちろん、男性にもです。
1〜4までなら2が一番かな〜
WOMANの方よりは個人的に好きな曲がいっぱいあったので、
WOMAN2の方がお勧め!!
有名な曲でもちゃんと最後まで聞いた事が無かったり、
タイトルやアーティスト名を知らない事が多かったので、
こういう風にオムニバスで入っているのは嬉しい事です(^^)
聞きやすいアルバム
タイトル通り、聞きやすいアルバムです。でも、1枚目は良いんですが2枚目がバラードばかりで少し物足りなさを感じます。1枚目と2枚目とをコンセプトを分けて作られたのでしょうが、聞いてて飽きが来ます。聞いた事のある曲ばかりが集まっているので初心者にはお勧め出来ます。
イマイチ!
ノリノリとしっとりに分けたのはいいと思うけど、
やっぱりコンピレーションが、アーティストのCDより売れちゃうって
レコード会社の怠慢だなって私的には思ってしまう。

聞きやすいかもしれないけど、それだけじゃダメでしょう。


フレスカ・フレンチ

[ CD ]
フレスカ・フレンチ

・オムニバス ・コラリー・クレモン ・ピエール・バルー ・カミーユ ・ヤン・ティエルセン ・レディー&バード ・キアラ・マストロヤンニ&バンジャマン・ビオレー ・ケレン・アン ・バートランド・バーガラット
【EMIミュージック・ジャパン】
発売日: 2005-09-28
参考価格: 2,548 円(税込)
販売価格: 2,420 円(税込)
フレスカ・フレンチ
- 収録曲 -
1. 出逢い(ベルトラン・ブルガラ)
2. ジャズ・シルヴァー・ムーンライト...
3. 男と女(モニック&ルイ・アルドゥ...
4. 双児姉妹の歌(ミシェル・ルグラン)
5. はかない恋(フランソワーズ・アル...
6. さよならを教えて(フランソワーズ...
7. 変わるかも(ブルジット・バルドー)
8. 男の子のように(シルヴィ・バルタ...
9. ジャック・タチ(「トラフィック(...
10. 影と光(コラリー・クレモン)
11. サンバ・サラヴァ(ピエール・バル...
12. クーラー・カフェ(クレモンティー...
13. パリジェンヌと猫とハンドバッグ(...
14. アメリのワルツ(ヤン・ティルセン)
15. ステファニー・セッズ(レディ&バ...
・・・
カスタマー平均評価:  5
おしゃれなフランス人になった気分で
ちょっと悲しい時 ぱっとしない時 このCDをかけながら 掃除機でもかけて お茶でも飲んで 1枚聞き終わる頃には おしゃれして出かけたくなる そんなビタミン剤のようなCDです
フレンチコンピの決定版!
60年代の名曲から最近の曲まで、とてもバランスが良くセンスの良いコンピレーションです。あまりに有名な『男と女』の素晴らしいカヴァー曲を始め、フランスギャルのレアな曲、アンリ・サルバドール、コラリー・クレモンの名曲まで、あっやはりフレンチっていいなと改めて気付かされました。曲名だけ見て知ってる!と思っても1枚通して聴いてみると、新たなフレンチに出会える素晴らしいコンピレーションです。

カフェ・アプレミディ〜クレモンティーヌが選ぶボサノヴァ

[ CD ]
カフェ・アプレミディ〜クレモンティーヌが選ぶボサノヴァ

・オムニバス ・アストラッド・ジルベルト ・ジャヴァン ・カルロス・リラ ・エリス・レジーナ ・ナラ・レオン ・ロニー・リストン・スミス ・シド・ラミン
【ソニーレコード】
発売日: 1999-07-01
参考価格: 2,520 円(税込)
販売価格: 1,900 円(税込)
カフェ・アプレミディ〜クレモンティーヌが選ぶボサノヴァ
- 収録曲 -
1. コパカバーナの日曜日(エリス・レ...
2. サーフボード(アントニオ・カルロ...
3. コルコヴァード~インセンサテス(...
4. クワイエット・モーメンツ(ロニー...
5. シュガー・イン・ザ・レイン(シド...
6. シル・ヴ・プレ・ボサノヴァ(ミシ...
7. ビッグ・スプラッシュ(マーヴィン...
8. あなたと私(ポール・ウィンター,...
9. イザウラ(スタン・ゲッツ)
10. 小さな終着駅(バーデン・パウエル)
11. ブラジリアン・タペストリー(アス...
12. ウォーターメロン・マン(モンゴ・...
13. サムライ(ジャヴァン)
14. ベイラル(軒)(ジャヴァン)
15. カルタォン・ヂ・ヴィシータ(カル...
カスタマー平均評価:  3
邦題が微妙
6年くらい前に購入したので今さらですが。 フツーの人が「ボサノヴァ」と聞いて連想するのは、地中海沿岸地方のオサレなカフェとかロビー。 そこで、息抜きしてる最中に聞くと心地よさそうな、ポコポコホワホワした楽曲。 そんな感じでしょうか。 ところが、このCDには、微妙に赴きが異なるタイトルが何曲か入ってます。 もちろん、一応のジャンルとしてはボサノヴァの範疇なんでしょうけど。 本当にクレモンティーヌが選んでるならいいんですが。 単に営業上の都合で付けたタイトルなら、邦題がちょっと微妙なんじゃないかなーとか思います。 たとえば、クレモンティーヌが選ぶイージーリスニング、とかのほうが通りが良かったりとか思います。 もちろん、イージーリスニングする分には、特に申し分ない選曲です。
何だかなぁ、、
ボサノバというので手にとったが
なんだかしっくりきません

フレンチポップスとか
ボサノバとは別のジャンルとして
扱うほうがいいかもしれない

ジョアン・ジルベルト
スタン・ゲッツ
アストラッド・ジルベルト
アントニオ・カルロス・ジョビン
この流れではないと言える
リラックスなCD
面と向かって聞いたときはそれほど注意しなかったんですが、改めて聞いてみると、選曲といい、ミュージシャンの質といい、すばらしいものだということを実感しました。
オムニバス盤の楽しみのひとつとしては、新たな出会いがあるということに尽きます。

そういう意味では、このアルバムで出会うことのできたロニー・リストン・スミスやマーヴィン・ハムリッシュという素晴らしいミュージシャンを発掘することもできました。

「ながら」で聞くのもよし、ワインを片手に思い出にふけるときのバックミュージックにするもよし、車で聞くのもよし、イチオシの一枚です。ボサノヴァファンならずともバックグラウンドミュージックにお奨め。


イル・エ・エル〜彼らと彼女

[ CD ]
イル・エ・エル〜彼らと彼女

・クレモンティーヌ
【ソニーレコード】
発売日: 1994-09-21
参考価格: 2,548 円(税込)
販売価格: 1,967 円(税込)
イル・エ・エル〜彼らと彼女
- 収録曲 -
1. カルム・タ・ジョワ
2. ムーディー・メロディー
3. マリズィナ
4. 男と女
5. ソー・イン・ラヴ
6. レ・ザルシミスト
7. ラヴ・イズ・サッチ・ア・ビューテ...
8. セム・ヴォッセ
9. 星に願いを
カスタマー平均評価:  4.5
パリジェンヌの魅力
『マリズィナ』を探し続けて十年…といったら大げさかもしれませんが、スチュワーデス刑事の挿入歌として、その他サスペンスドラマでよく流れるこの曲、大好きです。やっとめぐり合えた宝石箱の珠玉の曲…一生大切に聴き続けたいと思います。アルバム全体の印象もただアンニュイなだけでなくアレンジも創意工夫されていてオシャレです。毎日の生活がハイクオリティなセンスで意識的に豊かになれるようなそんな一枚です。
JPブルーイのアレンジに脱帽
発売当時TVCFでの使用などで話題になった1枚。クレモンティーヌは、日本人のイメージに合うように作り上げられた?日本限定の歌手である。よって、このCDはフナックなどフランス本国のレコード店では売っていない。パリのフナックにて日本人が「クレモンティーヌのCDはどこ?」って質問したところ、店員より「誰それ?」という反応が返ってきたのは、良くある話だ。また、フランス語学校に通い始めた女の子が、講師から「好きな歌手は?」と聞かれ、「クレモンティーヌ」と答えたところ、「誰それ?」という反応が返ってきたのも良くある話だ。失業問題が深刻なフランス人に対して、日本での出稼ぎに励む「クレモンティーヌ」は禁句である。くだらない話は、脇に置いて、そろそろ本題に入ろう。このアルバムが注目点されるのは、インコグニート率いるJPブルーイの強力かつ大胆なアレンジにある。(フェードアウトの処理が雑でノイズが多いのは大目に見よう)4曲目「男と女」、人々の忘却の彼方にあった古典作品は、JPブルーイのアレンジで見事に甦生した。余談だが「男と女」には、数多くのカバーがある。個人的には、ピエール・バルーも認めたモニック&ルイ・アルドゥベールのカバーが秀逸であると思う。かわいい感じのクロディーヌ・ロンジェも捨てがたい。いまだここを起点にフランス語に興味を持つ女の子が多い。今聞いても充分楽しませてくれるので、彼女が日本人のフランス文化信仰に便乗した存在だということは、このアルバムを聞いている間だけでも忘れてあげよう。
「マリズィナ」大好き!
お正月のドラマスペシャル「スチュワーデス刑事」シリーズの挿入歌を探した結果、クレモンティーヌの「マリズィナ」であることが判明。
どのアルバムに入っているのか探して、このアルバムと出会いました。
すっごくオシャレ〜!
フランス語のささやくような発音と、香り立つようなシャンソン&ボサノヴァのリズムが、とっても素敵な雰囲気を出してくれます。
もともとBGMっぽい曲が好きなので、部屋でのんびりしたいときにオススメです。
大好きな「マリズィナ」が入っているだけでも満足!
もう、感激です。
まずプロデューサー陣にびっくり。エ、エウミールデオダード、ブルーイにマッドプロフェッサーっすか。豪華すぎ。もうこれだけで即買いです。

ブルーイの@はもちろんのこと、全曲期待どうりのアーバンなサウンド。特にデオダードのGは最高です。チープな打ち込みと冷んやりとしたエレピの触感、控えめなメロディ、そこはかとな〜く漂うブラジリアンテイストはまさしくデオダード。音数少ないサウンドプロダクションでここまで魅せる人は他にいないんじゃないんでしょうか?これぞサウダージ!素晴らしいの一言です。
はじめてのクレモンティーヌ
オンワードの23区というブランドのCMで使用されていた「男と女」で
クレモンティーヌを初めて知りました。
樋口可南子さんのCMでしたが大人の雰囲気で曲にぴったりでした。
収録時間が少し短いのが残念ですが、「大人の休日」なアルバムです。




Copyright © 2008 洋楽アーティストデータベース. All rights reserved.    Program by 簡単アマゾンサイト作成ツール ver.3.96

 更新日 2008年10月11日   ※ 表示価格は更新時のものです!      メール      相互リンク