洋楽アーティスト1000人のデータベース。公式サイト・ファンサイト・ブログ・掲示板・リンク集。

洋楽アーティストデータベース

1,500円以上で送料無料!
※一部大型商品を除く
カートを見る ヘルプ
レッド・ノーヴォ レッド・ロドニー レジーナ・カーター リチャード・ストルツマン リック・ブラウン 小野リサ  
  ロバート・ウォルター ロン・カーター ロニー・ジョーダン ロイ・エルドリッジ ルビー・ブラフ セルジオ・メンデス

洋楽データベース
無料着うたダウンロード
OnGen音楽配信
洋楽楽譜
洋楽名曲
洋楽ランキング
洋楽歌詞和訳・翻訳
特集
 ヴィック・ディッケンソン
 サン・ラ
 シェリー・マン
 シャーリー・スコット
 スタン・ゲッツ
 スタン・ケントン
 スタンリー・タレンタイン
 スティーヴ・グロスマン
 スティーヴ・レイシー
 ステイシー・ケント
 ステファン・グラッペリ
 セロニアス・モンク
 ソニー・クリス
 ソニー・スティット
 ソニー・ロリンズ
 ティト・プエンテ
 テリー・ギブス
 トニー・ウイリアムス
 トニー・ベネット
 トミー・ドーシー

 

トニー・ベネット


スタン・セレクション from アヴァンティ PRESENTED BY TOKYO-FM「SUNTORY SATURDAY WAITING BAR AVANTI」

[ CD ]
スタン・セレクション from アヴァンティ PRESENTED BY TOKYO-FM「SUNTORY SATURDAY WAITING BAR AVANTI」

・オムニバス ・トニー・パーキンス ・フランシス・ウェイン ・ロバート・グーレ ・レイ・コニフ&ヒズ・オーケストラ ・リー・ワイリー ・トニー・ベネット ・ハイ-ローズ ・オスカー・ブラウン・Jr. ・ザ・フォー・ラッズ
【SMJ(SME)(M)】
発売日: 2007-08-22
参考価格: 2,520 円(税込)
販売価格: 2,393 円(税込)
スタン・セレクション from アヴァンティ PRESENTED BY TOKYO-FM「SUNTORY SATURDAY WAITING BAR AVANTI」
- 収録曲 -
1. ショウ・ミー|アンディ・ウィリア...
2. マンハッタン|リー・ワイリー
3. ホウェア・オア・ホウェン|オスカ...
4. チャールストン・アレイ|ランバー...
5. オン・ザ・サニー・サイド・オブ・...
6. イ・ディドント・ノウ・ホワット・...
7. チーク・トゥ・チーク|ドリス・デイ
8. グッディ・グッディー|ハイローズ
9. グッド・ライフ|アン・バートン
10. ハウ・アバウト・ユー|トニー・パ...
11. ザ・マン・アイ・ラヴ|フランシス...
12. ホワット・キャン・ユー・ドゥ?|...
13. サムタイムズ・アイム・ハッピー|...
14. エニー・タイム、エニー・デイ、 ...
15. ラヴ・シーン|トニー・ベネット
・・・
カスタマー平均評価:  4.5
全く知らずに買ったもので…
アヴァンティの雰囲気が大好きで買いました。残念ながら、完全に勘違いでした。歌ありの曲のみでの構成で、思っていたよりも何かが違う感じでした。なので、☆3ということにしました。
週末を迎えての陽気でハッピーな高揚感が甦ってくる。「AVANTI」ファンは是非!
いいね。 「AVANTI」のWaiting Barでの語らいを、ラジオ越しにいつも聞き耳を立てている常連にとっては堪えられない1枚だ。 そして、他のレビュアーの方が指摘するように、今アルバムは、嬉しいことに、既存の「JAKEセレクション」に比べ、聴取者にとって、より番組のムードに相応しいと感じられる選曲がなされている。 ノリの良い“SHOW ME”や“GOODY GOODY”、ムーディで情感溢れる“MANHATTAN”、“THE GOOD LIFE”らを聴きながら、ある人にとっては最愛な人とのロマンティックなひとときであったり、あるいは気の合う仲間たちとの楽しい集いであったり、また別の人にとっては密かに恋慕をよせる人との大切な一夜であったり、あるいは仕事を終えてパッと街に繰り出し徘徊しようという思いであったり、と、土曜の夕刻、正に週末の夜を迎えての高揚感を後押ししてくれるようなあの番組のテイストが甦ってきて、陽気でハッピーな気分にさせられる。 余談ながら希望をひとつ、番組がスタートして20年近く経つと思うが、次回はCDにBARで語られたショート・ストーリーの傑作篇を収録したブック・レイトも加えて企画して欲しいな。もう10年以上前になるが、「ヴァレンタイン・ディ」をテーマにした回の遠距離恋愛をしなければならなくなってしまった若いカップルの“シリウス”の星を巡るエピソードが凄く素敵だったので。
ココロ躍る音楽!
AVANTIを気取ってお酒の入ったグラスを傾けつつムーディーに聴くもよし、 気分の晴れない午前中にモチベーションを上げるのに聴くもよし。 聴いているうちに、ご機嫌な気分になること間違いなし! ジェイクセレクションも持っているのですが、私はスタンセレクションの方が好みです。

グレイテスト・ヒッツ・オブ・ザ・60’s

[ CD ]
グレイテスト・ヒッツ・オブ・ザ・60’s

・トニー・ベネット
【ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル】
発売日: 2006-11-01
参考価格: 1,785 円(税込)
販売価格: 1,696 円(税込)
グレイテスト・ヒッツ・オブ・ザ・60’s
- 収録曲 -
1. ハッピー・フェイス
2. ザ・ベスト・イズ・イエット・トゥ...
3. ある日ある時
4. 霧のサンフランシスコ
5. アイ・ワナ・ビィ・アラウンド
6. ザ・グッド・ライフ
7. 私の願い
8. ジョアンナが恋する時
9. スピーク・ロウ
10. フー・キャン・アイ・ターン・トゥ?
11. 世界を握れば
12. フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン
13. いそしぎ
14. 愛に芽ばえて
15. マイ・フェイヴァリット・シングス
・・・
カスタマー平均評価:   0

アット・ラスト

[ CD ]
アット・ラスト

・シンディ・ローパー ・トニー・ベネット
【ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル】
発売日: 2003-11-27
参考価格: 2,520 円(税込)
販売価格: 2,259 円(税込)
アット・ラスト
- 収録曲 -
1. アット・ラスト
2. ウォーク・オン・バイ
3. ステイ
4. ラ・ヴィ・アン・ローズ/バラ色の...
5. アンチェインド・メロディー
6. イフ・ユー・ゴー・アウェイ/行か...
7. アンティル・ユー・カム・バック・...
8. マイ・ベイビー・ジャスト・ケアズ...
9. メイキン・フーピー
10. ドント・レット・ミー・ビー・ミス...
11. リアリー・ガット・ア・ホールド・...
12. ヒム・トゥ・ラヴ/愛の賛歌
13. オン・ザ・サニー・サイド・オブ・...
カスタマー平均評価:  5
生涯聴き続けることができるCDです。
 最近は昔のレパートリーを様々な形でリリースするだけの凡庸な彼女ですが、このアルバムは「シンディ・ローパー」というアーティストの枠を超えた素晴らしい内容に仕上がっています。     これほど聴きやすいスタンダードナンバー集に出会ったことはありません。モーツァルトに匹敵する心地よい環境を作ってくれます。    デビュー当時から応援している才能あるアーティストなので、このアルバムの第2弾と共に、オリジナル作品のリリースも切に願っています。
白く燃える炎
これだけ「歌える」人ならば、もうどんなことがあっても
死に際は満面の笑顔でしょう。
「いい人生だった! わたしは最高の歌声を残した!」と。

あ、でもアーティストって現状に満足しないらしいから、もっと
もっとスゴイ歌声をひっさげて次回のアルバムを発表するのかな。

デビュー以来、ずっとファンでした。

人柄の良さ、しみじみと暖かい優しさにひかれ、思い切った衣装や
謎の振り付けにもある意味「眼をつぶっ」ていたような面があった
のは否めないかもしれません。かわいいからいいじゃん、とか。
しかし圧倒的な才能をもつ、歌の巨人でもあったことを正面から
ぶつけられて、わたしは、わたしは、なれるものならシンディ・
ローパーになりたいです。

聞かずに死ねるか! と皆さんに言いたいです。
わびさびが出てきたシンディの歌唱
シンディの5年ぶりのフルアルバムはカバーアルバムで、シンディにとってはなんと89年の『A NIGHT TO REMEMBER』以来の全米トップ40入りを果たしました。

オープニングの「AT LAST」と二曲目の「WALK ON BY」を聴いていると、5月に行われた来日コンサートがじ〜んと思い出されてしまいます。あの時のシンディの名唱の数々は幻じゃなかったんですよね?ってことをこのアルバムが証明してくれてるような、そんな気持ちになるんですね。元気印の「STAY」や「ON THE SUNNY SIDE OF THE STREET」は往年のシンディを思い出させてくれて嬉しいけれど、心にぐっと来るのは祈るように歌う「UNCHAINED MELODY」や「IF YOU GO AWAY」のような曲です。オリジナルはオリジナルとして永久不滅の名曲たちですけど、シンディの歌唱からも耳を背けられない、そんな歌に仕上がってますね。

アレサの「UNTIL YOU COME BACK TO ME」などは、この曲を書いたスティービー・ワンダーが参加してるのに関わらず全く違う肌触りの曲に仕上がってるし、また尾藤イサオのあの曲も、シンディの手にかかるとこうなるか、といった感じでこれぞカバーの醍醐味が味わえます。

まだまだ決して枯れてはいないシンディですけど、以前に比べるとずいぶんわびさびの感じが出てきましたね、シンディ。そんなシンディがますます好きになりそうです。
ジャズのようなアルバム
シンディローパー初のカヴァーアルバム。スタンダードナンバーを集めた作品であるが、このアルバムでシンディローパーの歌の上手さが確認できる。初めマドンナと比べられつつ成長してきたシンディローパーであるが、このアルバムでしっかりとそれぞれが持つ特徴がわかり、別々の道を歩きだしたことが解かる。

聞いてみてくれると今までのシンディローパーとは、全然違うと思うはずだがこれも彼女が昔から持っていたセンスなのだと思う。奇抜な衣装に包まれて歌っていたシンディローパーは、このアルバムのジャケットではシックなドレスである。別の面のシンディローパーが聞ける(元から持っていた部分ではあると思うのだが)少し変わったアルバムです。
静かに深い情感でスタンダードを歌うCyndiの力作
Cyndi 6年ぶりの新作は緻密かつ大胆なアレンジで聞かせてくれるスタンダード集です。彼女が子供の頃から聴くとはなく耳にしてきた歌、近所からいつも聞こえていた歌声、心に残った歌詞。そんなスタンダード曲を素材に、Cyndiらしい繊細なタッチのアレンジを加えながら出来上がったのが本作と言えそうです。活き活きしたリズムをバックに元気なCyndi節が新鮮な"Stay"や"Sunny side of street"もありますが、Piano、Cello、Violaなどが奏でるシンプルな音をバックに切々とした情感を聴かせる"Walk on by"、"La Vian Rose"、"Don't let me be misunderstood"あたりの表情が今回の基調となっています。ひとり自己を振り返るような、過去の情景を回顧するような心持ちで歌い込まれた印象を持ちました。作品タイトルとし、また冒頭でたっぷり歌う"At last"の意味合いも頷ける内容です。ジャケット写真が示す通り感情表現の深さと美しさを基調にした、従来のCyndiとは少し表情を変えた力作と思います。ヴォーカリストとして彼女ほどの力量があってこそ作り上げることのできた作品でしょう。


ベスト・フレンズ・ウェディング

[ CD ]
ベスト・フレンズ・ウェディング

・サントラ ・ソフィー・セルマーニ ・ジミー・ソウル ・ジェイムズ・ニュートン・ハワード ・ダイアナ・キング ・アニー・ディフランコ ・ジャン・アーデン ・エキサイターズ ・ニッキー・ホランド ・アマンダ・マーシャル ・トニー・ベネット
【Sony Music Direct】
発売日: 2005-01-19
参考価格: 1,785 円(税込)
販売価格: 1,607 円(税込)
ベスト・フレンズ・ウェディング
- 収録曲 -
1. 小さな願い(ダイアナ・キング)
2. ウィッシン・アンド・ホーピン(ア...
3. ユー・ドント・ノウ・ミー(ジャン...
4. テル・ヒム(エキサイターズ)
5. アイ・ジャスト・ドント・ノウ・ホ...
6. アイル・ビー・オーケイ(アマンダ...
7. 今宵のきみは(トニー・ベネット)
8. 世界は愛を求めている(ジャッキー...
9. 恋よ,さようなら(メアリー・チェ...
10. オールウェイズ・ユー(ソフィー・...
11. イフ・ユー・ウォナ・ビー・ハッピ...
12. 小さな願い(「ベスト・フレンズ・...
13. 「ベスト・フレンズ・ウェディング...
カスタマー平均評価:   0

この素晴らしき世界

[ CD ]
この素晴らしき世界

・トニー・ベネット&k.d.ラング
【ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル】
発売日: 2002-12-18
参考価格: 2,520 円(税込)
販売価格: 2,394 円(税込)
この素晴らしき世界
- 収録曲 -
1. イグザクトリー・ライク・ユー
2. バラ色の人生
3. アイム・コンフェッシン
4. ユー・キャン・ディペンド・オン・...
5. この素晴らしき世界
6. ザッツ・マイ・ホーム
7. 夢を描くキッス
8. アイ・ワンダー
9. 私の小さな夢
10. ユー・キャント・ルーズ・ア・ブロ...
11. ザット・ラッキー・オールド・サン
12. イフ・ウィ・ネヴァー・ミート・ア...
カスタマー平均評価:  5
これはいい
 ベネットのデュエットというとビル・エバンスとのものが有名で評価が高いが、出来としては気の会ったラルフ・シャロンとのピアノデュエット 「SINGS FOR TWO」のほうがリラックスしていて断然良かった。  このアルバムもリラックスしていて、和やかで、実に素晴らしい。  私は'50年代後半から'60年代の後半まで(40代前半まで)と、'90年代に入ってから(60代後半から)のベネットが一番好きだ。  40年間ベネットの歌を愛し、聞いてきた者として言うが、このKラングとのデュエットは後半のものでも特に素晴らしい。
ひょんなことで・・・・
期せずして k.d.langのコンサートを聴く機会に恵まれた。 自らの不明を恥じるばかりだが  K.D.Lang・・・・・・・・この時まで知りませんでした、ごめんなさい。 ステージに登場した時には 「ん? お・と・こ?」が第一印象。 歌い始めて 「ん? アメリカの美空ひばり?」がセカンド そして 衝撃の時は すぐやってきた。 その迫力、魅力に 私は虜になってしまったのだ。 なんていう歌なのかなんて当時知る由も無い。 次から次へと訴えかけてくる 彼女のメッセージに 私は圧倒された。 もう彼女しか見えない。オーラがステージから光り輝く その彼女の世界の中で私は至福の時間に浸っていた。  手の熱さにハッと我に返ると 私はStandingをしながら思いっきり拍手をしている 自分がいた。 帰ってスグ 注文したのが この[a wonderful world]。 なんで ソロじゃなくて デュエットを選んだのか? 今もって 不思議なのだが・・・・・・ ここでもまた 衝撃が Tony benettee・・・・・・知りませんでした、あ? またまた ゴメンなさい。 いやぁ? けど 良いっす。これ なんていうか 「あったか?くなる」 そんなアルバムです。 ものすごく 音が耳に気持ちいい。二人の押し付けがましくないメッセージ。 気持ち良いです。 しわがれた サッチモじゃない [a wonderful world] おすすめします。
最高傑作!
 意表をついて、前作に続いてまたもやデュエット・アルバムでした。前作"Playin' With My Friends" は「これ以上無い」ぐらいに良いと思ってましたが、本作品はまたそれ以上に素晴らしいです(個人的には今のところベネットの最高傑作と思ってます)。
 「誠実でいるように母が教えてくれた理由が分かった、あなたに会うためだったんだ」という一曲目から、和みます。ピアフでも有名な「バラ色の人生」はまさかのボサ・ノヴァ風のアレンジで、これがまたすごく心地よい。サッチモの原曲がよすぎるので「この素晴らしき世界」でがっかりするかなと思ってましたが、これも予想に反してよかったです。k.d.lang はカントリー出身の人なので不安でしたが、なんでこんなにちゃんと歌えるの?しっかりと華を添えてます。
 B.ホリデイ、エリントン、サッチモへのトリビュートが続きましたが、次は誰でしょうかね? 楽しみ!
録音の良さも・・・
デュエットといえば(特に男女の場合)、(やや)左右のチャンネルに振り分けられているものが多いのですが、このアルバムは二人のボーカルをズドンとセンターにモノラルで据えています(楽器はちゃんとステレオデス)。

「ラビアン・ローズ」の掛け合いなどは聴いていると、あたかも声のチーク・ダンスのようです。ボーカリストとしての二人の力量もさることながら、録音もサイコーです。
心温まるボーカル作品
〜気張らず、リラックスして歌う2人のデュエットには、聴くものをホッとさせるある種ヒーリング的なものすら感じさせる。歌のうまさは抜群、更に原曲もルイ・アームストロングの名曲ぞろいときては、もう何もいうことはないという感じ。大人のための音楽。グラミー受賞も間違いなしか?

〜〜
追記:本当に第46回グラミー賞受賞しましたね。2年連続、通算10回の受賞!〜


ベスト・オブ・トニー・ベネット

[ CD ]
ベスト・オブ・トニー・ベネット

・トニー・ベネット
【ソニーレコード】
発売日: 1996-12-01
参考価格: 1,631 円(税込)
販売価格: 1,384 円(税込)
ベスト・オブ・トニー・ベネット
- 収録曲 -
1. ビコーズ・オブ・ユー
2. ストレンジャー・イン・パラダイス
3. ラグス・トゥ・リッチーズ
4. ブールヴァード・オブ・ブロークン...
5. コールド,コールド・ハート
6. ジャスト・イン・タイム
7. 霧のサンフランシスコ
8. アイ・ウォナ・ビー・アラウンド
9. フー・キャン・アイ・ターン・トゥ
10. フォー・ワンス・イン・マイ・ライフ
11. ディス・イズ・オール・アイ・アスク
12. スマイル
13. テンダー・イズ・ザ・ナイト
14. いそしぎ
15. ある愛の詩
・・・
カスタマー平均評価:   0

デュエッツ:アメリカン・クラシック

[ CD ]
デュエッツ:アメリカン・クラシック

・トニー・ベネット ・ダイアナ・クラール ・スティービー・ワンダー ・エルビス・コステロ ・K.D.ラング ・マイケル・ブーブレ ・スティング ・ボノ ・ジョン・レジェンド ・ジョージ・マイケル ・ディクシー・チックス
【ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル】
発売日: 2006-10-18
参考価格: 2,520 円(税込)
販売価格: 2,170 円(税込)
デュエッツ:アメリカン・クラシック
- 収録曲 -
1. ブロードウェイの子守歌(デュエッ...
2. スマイル(バーブラ・ストライサン...
3. プット・オン・ア・ハッピー・フェ...
4. ザ・ヴェリー・ソート・オブ・ユー...
5. いそしぎ(フアネス)
6. ラグス・トゥ・リッチズ(エルトン...
7. ザ・グッド・ライフ(ビリー・ジョ...
8. コールド、コールド・ハート(ティ...
9. イフ・アイ・ルールド・ザ・ワール...
10. ザ・ベスト・イズ・イェット・トゥ...
11. フォー・ワンス・イン・マイ・ライ...
12. アー・ユー・ハヴィン・エニー・フ...
13. ビコーズ・オブ・ユー(k.d.ラ...
14. ジャスト・イン・タイム(マイケル...
15. ブールヴァード・オブ・ブロークン...
・・・
カスタマー平均評価:  4
音質悪いです
 衛星放送の特集番組を見て、このCDを購入しました(日本盤)。  新しい録音にもかかわらず音質が悪いので、レビューを書くことにしました。  具体的には、録音レベルが高すぎるため、ダイナミックレンジが狭くて、質の悪いMP3のような音です。曲によって多少の違いはありますが、音に伸びが無く、 音が消える瞬間の静寂感もありません。少しボリュームを上げるとノイジーで聞き疲れする音質です。  グラフィックイコライザーの波形を見ても、波形の振幅が小さく少し音が大きくなる部分ではメーターのMAXレベルに飽和しているので、聴感が裏付けられます。  せっかく内容のよい企画なのだから、音質にも気を配って発売してもらいたいものです。日本盤しか聞いていないので、海外盤の音質はわかりません。
トニー最高!
4月1日のBS2で放映されていて途中で気がついて録画しましたがアマゾンの案内に出ていたと思い出し覗いてみました。 正に素晴らしいとの一言!DVDは出ていないのかしら?現在、最も欲しいアルバムです。
13回のグラミー賞
80歳の記念アルバム。霧のサンフランシスコのみソロで歌っています。サンフランシスコに住んでいた時彼が歌っていたホテルのラウンジへ行った事があります。デュエットしている方々の豪華な事、、、人徳ですね。収められている曲もただただ渋く紅白歌合戦をトニーベネットだけが出続けてパートナーを換えて20曲歌っているような感じです。この方以外にこのような企画が成立しますかね?
トニーはアメリカ音楽界のアイコンだよ
まだ現役で歌いつづけていることはすばらしい。とても真似できることではない。 時代的には1940年代後半から60年代の活躍が今のトニーを支えているが、当時はシナトラ、ディノ、サミーのラット・パックに完全に隠れ、実力はあったが彼らの次に名がでるぐらいでした。それでもトニーは持ち前の歌唱力を常にマイペースでここまで来た。 あの50年代の生き証人として、いつまでも長く歌い続けてほしいですね。オヤジの星というより、おじいさんの星ですねトニーは。
ポピュラー音楽の記念碑、になるでしょう。
よくこれだけの企画が実現できたな、というのが正直な感想。実際に実現してこうやって発売されているのだから、誰でも聞いてみたくなるのではないでしょうか。日本では「霧のサンフランシスコ」で有名なトニー・ベネットですが、トニー・ベネットはジャズ・シンガーとして、デューク・エリントンやカウント・ベイシー、スタン・ゲッツ、ビル・エバンス、アート・ブレイキーといったジャズの巨人達と競演を果たしてきた歌手です。90年代、70歳になって再び盛り返し、80歳の記念に出されたのがこの作品。この作品にデュエットに参加した人達は、音楽を人生としているトニー・ベネットを深く尊敬しているのでしょう、きっと。リスペクトが感じられるのが何といっても嬉しくなります。ポピュラー音楽の記念碑的な作品ですね。

アート・オブ・ロマンス

[ CD ]
アート・オブ・ロマンス

・トニー・ベネット
【ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル】
発売日: 2004-12-22
参考価格: 2,520 円(税込)
販売価格: 1,867 円(税込)
アート・オブ・ロマンス
- 収録曲 -
1. 愛の失踪事件
2. オール・イン・ファン
3. ホエア・ドゥ・ユー・スタート
4. リトル・ディド・アイ・ドリーム
5. アイ・リメンバー・ユー
6. タイム・トゥ・スマイル
7. オール・フォー・ユー
8. ザ・ベスト・マン
9. ドント・ライク・グッドバイズ
10. ビィング・アライヴ
11. ゴーン・ウィズ・ザ・ウィンド ※...
カスタマー平均評価:  4.5
男の哀愁がほんの少し・・・
シナトラにあってベネットにないもの。それは「男の哀愁」で、ベネットは「明るく、正しく、美しく」歌いすぎる。そこが弱い。と、思っていたら、少し変わってきたようだ。アルバム全体はいつものベネットだが、1曲目の「クロース・イナフ・フォー・ラブ」だけは、いつものベネットと違い、哀愁が感じられる。だんだんよい枯れ方をしてきたようだ。ベネットに哀愁が出てきたら鬼に金棒。最高の男性歌手になる。それにしても、75歳をすぎても、この声の張り、艶、テクニック。たいしたものである。(松本敏之)
トニー・ベネット/アート・オブ・ロマンス
近年めざましい活動を展開するトニーベネットである。「何かに聞き惚れたい」・・・そんな要求を満たしてくれるアーティストは?と思った時,長年記憶の片隅にあった彼の名前を思い出しました。期待通り,天性の声と洗練された歌いまわしはとにかく自然に聴く側にしみ込んできます。クセがあるわけでもなく,雄弁過ぎることもない彼の歌はまさに「アート・オブ・ロマンス」で最高の雰囲気を醸し出してくれます。それにバックのアレンジと演奏がすばらしい。録音も美しくタイトに仕上がっていてこの響きに包まれるだけで気持ちが優しくなれる,そんな1枚です。

ジングル・ベル・スウィング

[ CD ]
ジングル・ベル・スウィング

・オムニバス ・ランバート ・ボブ・ドロー ・ルイス・プリマ ・アート・カーネイ ・カーメン・マクレエ ・トニー・ベネット ・ベニー・グッドマン
【ソニーレコード】
発売日: 1999-11-03
参考価格: 1,995 円(税込)
販売価格: 品切れ中
ジングル・ベル・スウィング
- 収録曲 -
1. ジングル・ベル(デューク・エリン...
2. ヒイラギ飾ろう(ハービー・ハンコ...
3. ウィンター・ワンダーランド(トニ...
4. シュガー・ラム・チェリー(こんぺ...
5. スノーフォール(グレン・ミラー・...
6. ウィンター・ウェザー(ベニー・グ...
7. ホワット・ウィル・サンタ・クロー...
8. 赤鼻のトナカイ(ポニー・ポインデ...
9. もみの木(ラッセル・マローン)
10. デック・アス・オール・ウィズ・ボ...
11. ブルー・クリスマス(マイルス・デ...
12. シェイク・ハンズ・ウィズ・サンタ...
13. セント・ニコラスの来訪(アート・...
14. クリスマス・ソング(カーメン・マ...
カスタマー平均評価:   0

ウィズ・マイ・フレンズ

[ CD ]
ウィズ・マイ・フレンズ

・トニー・ベネット ・ケイ・スター ・ビリー・ジョエル ・ナタリー・コール ・ダイアナ・クラール ・スティービー・ワンダー ・シェリル・クロウ ・B.B.キング ・レイ・チャールズ ・ボニー・レイット ・k.d.ラング
【ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル】
発売日: 2001-11-21
参考価格: 2,520 円(税込)
販売価格: 2,390 円(税込)
ウィズ・マイ・フレンズ
- 収録曲 -
1. オールライト、オーケイ、ユー・ウ...
2. エヴリデイ (アイ・ハヴ・ザ・ブ...
3. ドント・クライ・ベイビー
4. グッド・モーニング、ハートエイク...
5. レット・ザ・グッド・タイムス・ロ...
6. イヴニン - with レイ・チ...
7. ブルースを歌えば - with ...
8. キープ・ザ・フェイス、ベイビー ...
9. オールド・カウント・ベイシー・イ...
10. ブルー・アンド・センティメンタル...
11. ニュー・ヨーク・ステイト・オブ・...
12. アンディサイディド・ブルース
13. ブルース・イン・ザ・ナイト
14. ストーミー・ウェザー (荒れ模様...
15. ウィズ・マイ・フレンズ - wi...
カスタマー平均評価:  4.5
衰えない。さすがだ
トニー・ベネット、75歳になった記念盤だそうである。なんせ、デュオの相手が豪華絢爛。ダイアナ・クラール、スティービー・ワンダー、B・B・キング、レイ・チャールス、ビリー・ジョエルなど、キラ星のようなスター歌手とのデュオに、バックのミュージシャンも実力派ばかり。ベネットのような大歌手だからこそ可能なアルバム。シナトラの晩年にあったような「男の哀愁」といったものがないのが残念だが、ここは、老年になっても、声の質、声量もあまり衰えていないベネットを称賛しつつ聴こう。(松本敏之)
祝!グラミー受賞!
祝!第45回グラミー賞受賞!
受賞がたった1部門なんて少なすぎる、と言っても過言ではないほど素晴らしいアルバムです。豪華なゲスト陣を見るだけで、声を聞けるだけで壮観。円熟の域に入ったヴォーカルが如何に素晴らしいものかを教えてくれるアルバムです。
75歳にして絶好調!トニーに乾杯!
とにかくトニー・ベネットは絶好調。10年前よりも声の調子がよくなったように思う。B.Bキング以外の共演者はトニーよりも年下だが、パワフルな歌

いっぷりで同等に渡り合っている。というか、お互いの力をフルに出して,その競演を楽しんでいるといった感じだ。ハリウッド製の『ブルースを歌えば』や『夜のブルース』などを本格的に仕上げているところも素敵だ。力強い、爽やかなアルバムである。




Copyright © 2008 洋楽アーティストデータベース. All rights reserved.    Program by 簡単アマゾンサイト作成ツール ver.3.96

 更新日 2008年10月11日   ※ 表示価格は更新時のものです!      メール      相互リンク