洋楽アーティスト1000人のデータベース。公式サイト・ファンサイト・ブログ・掲示板・リンク集。

洋楽アーティストデータベース

1,500円以上で送料無料!
※一部大型商品を除く
カートを見る ヘルプ
レッド・ノーヴォ レッド・ロドニー レジーナ・カーター リチャード・ストルツマン リック・ブラウン 小野リサ  
  ロバート・ウォルター ロン・カーター ロニー・ジョーダン ロイ・エルドリッジ ルビー・ブラフ セルジオ・メンデス

洋楽データベース
無料着うたダウンロード
OnGen音楽配信
洋楽楽譜
洋楽名曲
洋楽ランキング
洋楽歌詞和訳・翻訳
特集
 ヴィック・ディッケンソン
 サン・ラ
 シェリー・マン
 シャーリー・スコット
 スタン・ゲッツ
 スタン・ケントン
 スタンリー・タレンタイン
 スティーヴ・グロスマン
 スティーヴ・レイシー
 ステイシー・ケント
 ステファン・グラッペリ
 セロニアス・モンク
 ソニー・クリス
 ソニー・スティット
 ソニー・ロリンズ
 ティト・プエンテ
 テリー・ギブス
 トニー・ウイリアムス
 トニー・ベネット
 トミー・ドーシー

 

セロニアス・モンク


真ブルーノート入門・青春篇1939~1957

[ CD ]
真ブルーノート入門・青春篇1939~1957

・オムニバス
【EMIミュージック・ジャパン】
発売日: 2008-05-14
参考価格: 1,980 円(税込)
販売価格: 1,980 円(税込)
真ブルーノート入門・青春篇1939~1957
オムニバス
カスタマー平均評価:   0

ソロ・モンク+9

[ CD ]
ソロ・モンク+9

・セロニアス・モンク
【ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル】
発売日: 2003-12-17
参考価格: 1,890 円(税込)
販売価格: 1,796 円(税込)
ソロ・モンク+9
- 収録曲 -
1. ダイナ(テイク2)
2. アイ・サレンダー,ディア
3. スウィート・アンド・ラヴリー(テ...
4. ノース・オブ・ザ・サンセット
5. ルビー,マイ・ディア(テイク3)
6. アイム・コンフェッシン(ザット・...
7. アイ・ハドント・エニワン・ティル...
8. エヴリシング・ハップンズ・トゥ・...
9. モンクズ・ポイント
10. アイ・シュッド・ケア
11. アスク・ミー・ナウ
12. ジーズ・フーリッシュ・シングス(...
13. イントロスペクション
14. ダーン・ザット・ドリーム
15. ダイナ(テイク1)
・・・
カスタマー平均評価:  5
モンクそのものをそのまま味わえる感じです。
本当に聴きやすいピアノソロアルバムです。・・とはいっても、今で言うニューエイジ系ピアノや癒し音楽の様に、あっさりと小綺麗なサウンド・演奏では当然終わらず、美しい楽曲群をどこかブルージーでアクの強いサウンドを交えながら、「これはジャズである」と、造詣の低い当方でも分かり感じられる作品であるところが、本当に素晴らしいと思います。 あからさまな不協和音にモンク特有のズレたタッチやシンコペーションをもってすれば、ドラムやベースを要さずとも黒人ジャズの空気・グルーヴ感が出せることを、本作は鮮烈に教えてくれました。しかし、トリオなどのバンド形態の作品からするとやや認知度が低くなってしまっている様にも思えるのが、残念なところでもあります。ちゃんと再発されてるのですから、私が知らないだけで認知度も評価も高いのかもしれませんが; この作品からジャズを聴き始めても、「ジャズは苦手かもしれない」ということにはならない、どなたにとっても聞きやすく奥深い作品であると思えますm(_ _)m
内面の宇宙
3枚のソロの内、「ソロ・モンク」は最も聴きやすいと思われる一枚。 "DINAH"、"I SURRENDER, DEAR"、"RUBY, MY DEAR"、 "THESE FOOLISH THINGS"等非常にキャッチーな曲が並びます。 モンクのソロ作品は完璧に閉じ、なおかつ無限に広がる世界を感じさせます。 都会と大自然、空と海、小さな部屋と宇宙。一見は可愛らしいちょこんとしたバラード、 しかしその中には何だって思い描ける様な純粋性があります。 感情ではなく感覚。この感覚を失くさずに持ち続け、形にできる人はとても少ない。 独特なキーの外し方や、でこぼこの坂道を行くようなリズムの移り変わり。 ジャズを聴き始めて間もない頃、モンクを僕に強く勧めてくれた友人は 「これはモンクがいつも自分の音を探してる証拠だと思う」と言っていました。 今はその言葉が少しわかる気がします。百人いれば百通りの情緒がある。 この作品に収められているのは、セロニアス・モンクという一人の人間の自然な 自己表現、それを映した心象風景なのだと思います。
ソロこそモンクの真骨頂
ポール・デイビスのイラストによるジャケットがほほえましくアルバムのイメージを印象付けている。モンクはやっぱりソロがいい。もちろんコンポーザーとしてもアレンジャーとしても優れたモンクゆえ、様々なユニットでの音楽性を発揮できるのだが、最もダイレクトにモンクの世界に浸るにはソロという形式に勝るものはないだろう。ダイナというとディック・ミネを思い出すが、オールドファッションなストライド・ピアノのモンクは郷愁を感じるし、アイ・サレンダー,ディア、スウィート・アンド・ラヴリー、ノース・オブ・ザ・サンセット、ルビー,マイ・ディアと続くモンクのリリカルでユーモラスな世界は他の追随を許さない。それにしても9曲ものボーナストラックを追加したこのCDはものすごいお徳盤だ。これほどモンクの世界に没入できるアルバムも珍しいのではないだろうか。モンクの真骨頂を様々な演奏で楽しめるお奨めの一枚だ。

セロニアス・モンク・クインテット

[ CD ]
セロニアス・モンク・クインテット

・セロニアス・モンク
【UNIVERSAL CLASSICS(P)(M)】
発売日: 2008-05-21
参考価格: 1,100 円(税込)
販売価格: 989 円(税込)
セロニアス・モンク・クインテット
- 収録曲 -
1. ウィ・シー
2. 煙が目にしみる
3. ロコモーティヴ
4. ハッケンサック
5. レッツ・コール・ジス
6. シンク・オブ・ワン(テイク2)
7. 同(テイク1)
カスタマー平均評価:   0

After Hours

[ CD ]
After Hours

・Charlie Christian ・Dizzy Gillespie ・Thelonious Monk
【Original Jazz Classics】
発売日: 2000-05-09
参考価格: 1,342 円(税込)
販売価格: 1,136 円(税込)
After Hours
- 収録曲 -
1. Swing to Bop (Im...
2. Stompin' at the ...
3. Up on Teddy's Hi...
4. Down on Teddy's ...
5. Guy's Got to Go ...
6. Lips Flips (Impr...
7. Stardust
8. Kerouac (Improvi...
9. Stardust
カスタマー平均評価:  5
Swing to Bop
1曲目のSwing to Bopのトランペットはジョー・ガイではなく、ディジー・ガレスピーです。 ベニー・カーターが「これはディジー・ガレスピーだ。」とレコードでこの曲を一緒に聴いていた時に言っていました. 僕が「ライナー・ノーツにジョー・ガイと書かれていると」彼に言うと、彼が訂正しました. 80年のオーレックスJAZZフェスに彼が来日していた時の事です. 当時を知らない評論家が書いたライナー・ノーツより、同時代で彼らと演奏していたベニー・カーターの言葉を信じます。
1941年、ニューヨークのミントンハウスでのジャム・セッション。
チャーリークリスチャンといえば、ギターファンなら、一度は必ず聴いて欲しいギタリストの一人です。1曲目の「スウィング・ツー・バップ」(8分55秒)から長いフレーズを力強いピッキングで弾き、気持ちよくぐいぐい引っ張っていく。1941年の5月の録音だから、太平洋戦争の始まる半年前だそうだ。今から70年も前にこんなギターを弾いていたと思うと凄げ?。テープレコーダーはなく、ジャム・セッションの現場からまだ携帯用ディスクレコーダーで録音したということです(ライナーから)。セロニアス・モンク、ケニー・クラークらも参加。
生まれた瞬間の音
これが録音されたこと自体が重大。歴史が生まれた瞬間が録音されるなど稀なことだから。
感性が無垢なうちにぜひ聴いておきたい一枚
いわゆる「ミントンハウスのチャーリー・クリスチャン」(曲順など微妙に変わっていますが)。 ジャズの歴史における最も重要な音源の一つに挙げられるのではないでしょうか。 このアルバムを初めて聴いたのは高校の頃なので、もう 20 年くらい前になりますが、それまで Stompin' at the Savoy といえばベニー・グッドマンのそれしか知らなかった耳にとって言葉が 出ないくらいの衝撃でした。 ここから 「bird and diz」 や 「Diz And Getz」 へと手を伸ばしていった当時を懐かしく思い出します。 できればこの作品、これ以降に世に出るモダンジャズの数々の名盤のカッコいいフレーズによって 耳がインフレ状態になる前に、感性が無垢なうちに聴いておきたい一枚であると心から思います。 最後にどうでもいいことかもしれませんが、古くからこの盤に愛着のあるファンからすると、今回の このジャケットの色は許せなくないですか? 五ッ星評価:★★★★☆
ビ・バップ誕生の歴史的証拠作品
スウィング時代末期、演奏のはねたあとのアフター・アワーのクラブで、有能な一握りのジャズ・ミュージシャンたちが研鑽を重ね、セッションを繰り返していく中で、ビ・バップという新しいスタイルのジャズ、モダン・ジャズの母体となった音楽が誕生した、とものの本には書いてある。
その確かな証拠がここに1枚あるのだ。
ジェリー・ニューマンという若い録音技師が、小型の録音機に収録したこの1枚こそが、ジャズ史を揺るがす歴史の転換点の証明となったのである。
スウィングのリズムと、単純なコード進行に飽き足りなくなった若者たちは、リズムを細分化し、コードも複雑に分解して、一聴難解で喧噪な音楽を生み出した。こうした実験が後のモダン・ジャズに引き継がれ、円熟したハード・バップに昇華するまでには十年以上の年月を必要とするのであった。
ビ・バップはガレスピー=パーカーの歴史的名演だけが出発点でもなければ起源でもない。このアルバムを聴けば、クリスチャンのフレーズ、ケニー・クラークのオフ・ビートを聴けば、それが理解できるだろう。
若き日のモンクに、テディ・ウィルソンの影響が聴けるのが興味深い。後年の彼からは想像も出来ない姿である。
ジャズ史上最大のギタリスト、チャーリー・クリスチャンの吹き込みのほとんどはBGコンボのもので、彼の代表的なソロもほとんどがスウィング・コンボにおけるものである。人種的偏見とは無縁のBGだが、ジョン・ハモンドからの情報で、ギターを弾く若者、と聞いただけで、顔をしかめたというのは有名なエピソードである。
クリスチャンの吹き込みは、仏メディア7が8枚のCDに完全復刻していたが、廃盤化している。米コロンビアの "The Genius of the Electric Guitar" は、これに変わるチョイスとしてお勧めできる。ここに聞けるクリスチャンのソロは、既に時代の先を行っていると私は思っている。

5 by Monk by 5

[ CD ]
5 by Monk by 5

・Thelonious Monk
【Riverside/OJC】
発売日: 1991-07-01
参考価格: 1,342 円(税込)
販売価格: 1,104 円(税込)
5 by Monk by 5
- 収録曲 -
1. Jackie-Ing
2. Straight, No Cha...
3. Played Twice [Ta...
4. Played Twice [Ta...
5. Played Twice [Ta...
6. I Mean You
7. Ask Me Now
カスタマー平均評価:  5
monkの渦巻きに呑み込まれる
ここのボー・トラに収まっている“played twice”をtake1から3まで(このCDでは6→7→3曲目)を順に続けて聴いてください。 “異物”として参加したthad jonesが最初のtakeでは、ねじ伏せる様に“自分の音”でアドリブをやり切っている(その間monkはどこ吹く風でいつもの調子…というのがすごい)が、これがtake2になるともうどこかおかしい。monkの飄々としていながら、硬質で強大なうねりに呑み込まれたように戸惑い、いつもの彼らしからぬ不思議なフレーズを冒頭から展開。次第にmonkが本領発揮。しまいにはtake1と大きく異なる音世界に変質し、終る。 そして正規テイクであるtake3で、thadは2で始まった無骨な世界を勢い洗練させ、どうにか巧みにまとめ上げる。monkはtake1→3と進むにつれ、どんどんと持味を発揮。jonesはこのセッションが終った時、深呼吸して汗ぬぐったんじゃないかと想像してみる。おもしろいドキュメントでした。 因みに、cecil taylorにとってのjimmy lionsがそうであったように、rouseは戸惑う(?)thadを横目にmonkのラインを翻訳し続けてみせる。そりゃthadには大変なセッションだったろうなぁ?。もう半世紀前の事だけれど、聴いた後“お疲れ様でした”と口の中で呟いてしまった。
全曲モンクのオリジナル。
モンクの音楽には共演者の隠れた魅力を引き出す力があるようです。 このアルバムではサド・ジョーンズがコルネットで参加していますが、開放的で明るい本来のプレイに幾分深みと細やかさが加わって、しみじみと聴き入ってしまいます。 こんな良いアルバムが1000円で買えてしまう。嬉しいけど、ちょっと寂しいような・・・。
村上春樹さんの本で紹介されて
CD屋で探し歩いてもなかなか売っていなかったのに、
村上春樹さん・和田誠さんのポートレイトインジャズVol.1で紹介されて以降、
たいがいのお店で常備されているようになった感がある。
世に言う大名盤以外にも、JAZZ特有の滋味に溢れた秀作は数多く
あることをこうした盤を聴くと再認識させられる。
聴けば聴くほど・・・。
もう何十回と聴いているが、聴けば聴くほどいろいろな空気が流れてる。
その空気を吸って、細胞一つ一つに、モンクのメロディ−が入り込んでくる
雨上がりの空気のように・・・。
我感せずといった感じに取られがちだが、持論をもって、ひとりひとりをちゃんとまとめている。
なぜだろう・・・こういう疑問がモンクの魅力なのかもしれない。

モンクス・ミュージック+2

[ CD ]
モンクス・ミュージック+2

・セロニアス・モンク
【ユニバーサル ミュージック クラシック】
発売日: 2007-09-19
参考価格: 1,800 円(税込)
販売価格: 1,709 円(税込)
モンクス・ミュージック+2
セロニアス・モンク
カスタマー平均評価:  5
モンクの世界がおもちゃ箱をひっくり返したように現れる傑作
モンクといえばソロ・ピアノにその世界が凝縮されている。一方、ブリリアント・コナーズのように特異の作曲編曲の才能で見事な構成によって自身の世界を表出した作品も数多い。本アルバムは後者の最右翼であり、そうしたモンクの音楽の宇宙を壮大なスケールで展開した畢生の代表作である。パーソネルも多彩で、コールマン・ホーキンス 、ジョン・コルトレーン、ジジ・グライス 、ウィルバー・ウェアなどそうそうたる名が連れねられている。モダン・ジャズ・シーンでこれだけさまざまな素材を使って壮大な世界を表現できる音楽家といえは、ギル・エヴァンス、チャールス・ミンガス、オリバー・ネルソンくらいなものではないだろうか。モンクのスケールの大きさとユニークな個性が光る傑作である。
再発で音質がすばらしくよくなった
このセロニアス・モンク、どのジャズの本にも取り上げられている名盤である。内容については、他のレビューを見ていただくことにして、この再発盤だけの特徴を言いたい。それは音質である。帯にも書いてあるが、DSDによるマスタリングがされている。とにかく今までにない音質に仕上がっている。その差は、以前の盤を眠たい音と表現してもよいくらい、リアル感のあるものに変わっているのである。 すでにこの盤をお持ちの方にも、ぜひ試聴していただきたい。システムがよければよいほど、その差は歴然となるだろう。とにかく、出だしから圧倒されること間違いなしである。

セロニアス・イン・アクション+3

[ CD ]
セロニアス・イン・アクション+3

・セロニアス・モンク
【UNIVERSAL CLASSICS(P)(M)】
発売日: 2008-05-21
参考価格: 1,100 円(税込)
販売価格: 989 円(税込)
セロニアス・イン・アクション+3
- 収録曲 -
1. ライト・ブルー
2. カミング・オン・ザ・ハドソン
3. リズマニング
4. エピストロフィー(テーマ)
5. ブルー・モンク
6. エヴィデンス
7. エピストロフィー(テーマ)
8. ピアノ・ソロ*
9. ブルース・ファイヴ・スポット*
10. イン・ウォークト・バド~エピスト...
カスタマー平均評価:   0

Monk's Music

[ CD ]
Monk's Music

・Thelonious Monk
【Riverside/OJC】
発売日: 1991-07-01
参考価格: 1,342 円(税込)
販売価格: 1,091 円(税込)
Monk's Music
- 収録曲 -
1. Abide with Me
2. Well, You Needn't
3. Ruby, My Dear
4. Off Minor [Take ...
5. Epistrophy
6. Crepuscule With ...
7. Off Minor [Take ...
8. Crepuscule With ...
カスタマー平均評価:  4.5
颯爽として自由な息吹のミュージック
 収録曲のなかでは演奏時間が長い二曲、「ウェル、ユー・ニードゥント」(11:24)と「エピストロフィ」(10:45)が、とてもいい。  「WELL, YOU NEEDN’T」・・・・・・モンクのピアノ・ソロをはじめ、サックス、トランペット、ドラムスと繰り広げられるソロの、軽快で、優雅な身ぶりの音楽の自由闊達な楽しさ。ノリのいい、ごきげんな音楽を聴きながら、思わず、足で拍子をとっていました。アート・ブレイキーのドラムス・ソロが、最高にかっこいいのだ。  「EPISTROPHY」・・・・・・レイ・コープランドのトランペット・ソロの気持ち良さそうな吹きっぷりが、まず、いいっすね。そして、6分後半?7分後半にかけてのドラムス・ソロ。アート・ブレイキー、最高!  1957年6月26日、NYでの録音。  前年に録音された名盤『BRILLIANT CORNERS』のほうが、アルバム全体の完成度は高いと思う。こちらのアルバムは、曲によってはいまいち面白味に欠けるものもあるけれど、上記二曲に限っては、モンクの音楽の魅力全開。颯爽として自由な息吹のミュージックに、わくわくしましたよ。
最高のモンク、50年代を代表するレコード
「ブリリアント・コーナーズ」と並んで、全盛期のセロニアス・モンクの最高の1枚。プレスティッジ時代は冷遇されてきた彼もリヴァーサイドに移籍してからは、オリン・キープニューズという有能なプロデューサーにも恵まれて,才能が爆発する。このアルバムの素晴らしい点は、作曲、編曲、アンサンブル及び各人のソロ、あらゆる点において,ユニークかつ強力であること。そしてジャズの魅力に満ち溢れている。コルトレーンとコールマン・ホーキンズを同じレコードで競演させるなんて他の誰が思いつくだろうか?音楽の厳しさは「ブリリアント」のほうが上だが、リラックスした楽しさはこちらが上。あなたはどちらに軍配をあげますか?

ムーヴィング・アウト

[ CD ]
ムーヴィング・アウト

・ソニー・ロリンズ
【UNIVERSAL CLASSICS(P)(M)】
発売日: 2008-05-21
参考価格: 1,100 円(税込)
販売価格: 989 円(税込)
ムーヴィング・アウト
- 収録曲 -
1. ムーヴィング・アウト
2. スウィンギン・フォー・バンジー
3. シルクン・サテン
4. ソリッド
5. モア・ザン・ユー・ノウ
カスタマー平均評価:   0

Thelonious Monk with John Coltrane

[ CD ]
Thelonious Monk with John Coltrane

・Thelonious Monk with John Coltrane
【Riverside/OJC】
発売日: 1991-07-01
参考価格: 1,342 円(税込)
販売価格: 1,031 円(税込)
Thelonious Monk with John Coltrane
- 収録曲 -
1. Ruby, My Dear
2. Trinkle, Tinkle
3. Off Minor [Stere...
4. Nutty
5. Epistrophy [Ster...
6. Functional
カスタマー平均評価:  5
コルトレーンが飛翔するきっかけとなった共演作品
コルトレーンは、この時期にモンクと共演し、サックスで同時に複数の音を出す方法(!)など、モンクに様々なアドバイスを受け、この後、世界に冠たるコルトレーンとして羽ばたく事になったのである。最近、音は悪いが、ファイブスポット録音が発見され、貴重な音源としてリリースされたが、音質はこのアルバムと比ぶべくもない。聴きやすい録音であり、コルトレーンファンにこそ聴いて貰いたいアルバムである。上記の事実を念頭にこれを聴くと感慨無量!この共演があったから、世界のコルトレーンが誕生したのである。モンクファンのみならず、コルトレーンファン必携の1枚。ジャズはイージーリスニングミュージックでは無い!スピーカーに全神経を傾けて聴くべし!必携!
Serious Jazz
シリアスジャズなので『エンターテイメント性は期待してはいけない』。モンクはこの録音の時は調子がよかったみたいだ。精神に異常をきたしてはいないようである。でもところどころピアノのフレージングを聞いていると『エキセントリック』な部分はある。紙一重なのだろうかね。コルトレーンもハイテンションで吹いているね。いまの時代『くそまじめ』なんて風化しつつあるな〜。軽薄短小だ。57年録音ですか。巨人ふたりのコラボでケミストリーは発生。キーワードは『ハイテンション』。シリアス+ハイテンション+全面コミットおっけ〜〜な人でないと聞けないかもね。集中して聞かなきゃいけないジャズ。
     10点中9点
沈黙
ここでの演奏のトピックは何と言っても"Trinkle,Trinkle"のコルトレーンでしょう。すごい緊張と集中が伝わります。バックも固唾を呑んで聞き入っています。これを聴くだけでこのアルバムの価値はある!



Copyright © 2008 洋楽アーティストデータベース. All rights reserved.    Program by 簡単アマゾンサイト作成ツール ver.3.96

 更新日 2008年10月11日   ※ 表示価格は更新時のものです!      メール      相互リンク