洋楽アーティスト1000人のデータベース。公式サイト・ファンサイト・ブログ・掲示板・リンク集。

洋楽アーティストデータベース

1,500円以上で送料無料!
※一部大型商品を除く
カートを見る ヘルプ
レッド・ノーヴォ レッド・ロドニー レジーナ・カーター リチャード・ストルツマン リック・ブラウン 小野リサ  
  ロバート・ウォルター ロン・カーター ロニー・ジョーダン ロイ・エルドリッジ ルビー・ブラフ セルジオ・メンデス

洋楽データベース
無料着うたダウンロード
OnGen音楽配信
洋楽楽譜
洋楽名曲
洋楽ランキング
洋楽歌詞和訳・翻訳
特集
 ヴィック・ディッケンソン
 サン・ラ
 シェリー・マン
 シャーリー・スコット
 スタン・ゲッツ
 スタン・ケントン
 スタンリー・タレンタイン
 スティーヴ・グロスマン
 スティーヴ・レイシー
 ステイシー・ケント
 ステファン・グラッペリ
 セロニアス・モンク
 ソニー・クリス
 ソニー・スティット
 ソニー・ロリンズ
 ティト・プエンテ
 テリー・ギブス
 トニー・ウイリアムス
 トニー・ベネット
 トミー・ドーシー

 

小野リサ


The music of Antonio Carlos Jobim

[ CD ]
The music of Antonio Carlos Jobim "IPANEMA"

・小野リサ ・ダニエル・ジョビン
【エイベックスイオ】
発売日: 2007-11-21
参考価格: 3,150 円(税込)
販売価格: 2,495 円(税込)
The music of Antonio Carlos Jobim
- 収録曲 -
1. イパネマの娘 Garota de...
2. ワン・ノート・サンバ Samba...
3. ブリガス・ヌンカ・マイス Bri...
4. サビア Sabi (Antoni...
5. ボニータ・ヂマイス Bonita...
6. フォトグラフィア Fotogra...
7. ファランド・ヂ・アモール Fal...
8. フェリシダーヂ A Felici...
9. 三月の雨 guas de Mar...
10. ルック・トゥ・ザ・スカイ Olh...
11. コヘンテーザ A Corrent...
12. ハウ・インセンシティヴ Inse...
13. ジェット機のサンバ Samba ...
14. おいしい水 gua de Beb...
15. トゥー・カイツ Two Kite...
カスタマー平均評価:  4.5
小野リサによるボサ・ノヴァ・スタンダードの決定盤 BRAVO!!
1997年に鬼籍に入られたボサ・ノヴァの父アントニオ・カルロス・ジョビンの生誕80周年を記念して録音した小野リサによるボサ・ノヴァ名曲集です。 カルロス・ジョビンもナラ・レオンも今は亡く、ジョアン・ジルベルトも77歳という高齢を迎え、アストラッド・ジルベルトも67歳であることを考えますと、世界的に見ても小野リサを抜きにしてはボサ・ノヴァを語れなくなっています。 近年、小野リサはボサ・ノヴァ以外の音楽ジャンルの曲も精力的にチャレンジしており、なかなかの多才ぶりを発揮していましたが、やはりボサ・ノヴァを歌わせると最高ですね。本領発揮という言葉で片付けられないくらいリズムも発声も発音も完璧な歌がそこに存在しています。これを聞かずしてボサ・ノヴァを語るをなかれ、という心境です。 ギターのパウロ・ジョビンは、ジョビンの前妻テレーザの息子ですし、ピアノは孫のダニエル・ジョビンですので、ジョビン・ファミリーと言えます。そしてジョアン・ジルベルトの前妻で大御所のミウシャが「コヘンテーザ」「ルック・トゥ・ザ・スカイ(ジェット機のサンバ)」の2曲で花を添えるという豪華な演奏陣です。 「イパネマの娘」での東洋的なイントロと後奏は小野リサの出自を意識したものでしょうし、「ワン・ノート・サンバ」「フェリシダーヂ」「おいしい水」というボサ・ノヴァを代表するような有名な曲は聞き惚れてしまいます。また「三月の雨」でのダニエル・ジョビンとのデュエットは最高でした。この軽やかさと爽やかさはブラジルの空気そのものでしょうね。 欲を言えば、「コルコヴァード」「デサフィナード」「ウェイブ」というカルロス・ジョビンの作品も吹きこんで欲しかったのですが、他のアルバムでは聴けない選曲も含まれていましたので大変満足しています。
車でのんびり聞きたい
久しぶりの小野リサ節復活という感じがした。 積極的にアルバムは出しているのだが、何かもの足りませんでした。 今作品はジョビンへのトリビュートですが、小野リサの声はやはり ボサノバと一番マッチすると強く感じました。 音楽的な事はいまいちわかりませんが、単純に仕事で疲れて 国道を運転しているときには最高の音楽です。 素人丸出しのコメントで恐縮ですが、単純に心地の良い音楽を 楽しんでいただけると自信を持ってお奨めしたいです。 特に小野リサに興味がなかった方にも最適だと思いました。
作りこみすぎない音楽の魅力
本作については小野リサさん本人が「ふつうの、さり気ないサウンド」とコメントしていますが、じっさいに聴いてみてその通りの感想を持ちました。よく言えばリラックスしていて自然体、少し意地悪く言えば丹念に録音した感じがない(インプロビゼーション的)というか。ジョビンのスタンダード曲を、傑作アルバム"inedito"や小野リサさんの過去の録音をベースにしたアレンジで演奏しています。 やや物足りなさも感じますが、ここまで作りこまない、肩肘張らない自然な作品もある意味貴重かもしれません。シンプルであっさりしている分、何度も繰り返し楽しめそうですし、この潔さと即興演奏的な雰囲気こそボサノヴァの王道なのではないかとも思います。何より、過剰なアレンジでA.C.ジョビンの原曲の素晴らしさを壊すこともありません。 ちなみに、日比谷野外大音楽堂のジョビントリビュートコンサートのDVDを買うか、このCDを買うか迷っている方がいらっしゃったら、私はDVDをお薦めします。ゲストと参加アーティスト、曲のアレンジはCDもDVDもほぼ同じなので、ボリューム(曲数)と映像がある分、DVDに軍配があがります。

Ono Lisa best 2002-2006

[ CD ]
Ono Lisa best 2002-2006

・小野リサ
【EMIミュージック・ジャパン】
発売日: 2008-05-21
参考価格: 3,150 円(税込)
販売価格: 2,834 円(税込)
Ono Lisa best 2002-2006
小野リサ
カスタマー平均評価:   0

LISA’S ONO BOSSA HULA NOVA

[ CD ]
LISA’S ONO BOSSA HULA NOVA

・小野リサ
【EMIミュージック・ジャパン】
発売日: 2001-07-11
参考価格: 3,059 円(税込)
販売価格: 2,580 円(税込)
LISA’S ONO BOSSA HULA NOVA
- 収録曲 -
1. SWING TIME IN HO...
2. NANI WAI’ALE’ALE
3. BLUE HAWAII
4. MANOA
5. MAUNA LOA
6. HAWAIIAN VAMP/NO...
7. E[´] ASSIM
8. BEYOND THE REEF
9. POLIAHU
10. KAIMANA HILA
11. FLOR DE YEMANJA[...
12. SWAY IT,HULA GIRL
13. ALOHA ’OE
カスタマー平均評価:  5
かなりクールでスイートです☆
小野リサの中でも一番好きなアルバムです。フラもしているのでこのコラボは涙ものでした。溶けるような声にのせて古いナンバーから新しいものまでハワイアンアーティストとからみながら歌っていくのですがどれも本当に聞きごたえあり素敵です。。ハワイ語のもつ独特の発音が小野リサの声にぴったり。アレンジも良く車で聞いていてもお部屋で聞いても外で聞いても、さらりとした南国のムードに包まれます。夏っぽいトロピカルなコンピアルバム等と比べると大人でおしゃれな雰囲気。こってりとした熱い感じはありません!購入して随分たちますが何度聞いても飽きずに毎回新鮮な気持ちになります。本当に素敵なアルバム。第2弾もでないかな?、と首を長くしています。
そこがパラダイス
最初のアルバムで、その声に恋をした。 たとえ重力にプレッシャーされた身体は遠くへは行けなくても、この目を閉じればそこがパラダイスだった。 そうしていくつもの季節を小野リサと共に過ごして来た。あなたもそんな一人だろうか。友よ。 このアルバムは、彼女のアルバムの中でも、とびきりデリシャス・パラダイス。 古くから聴き慣れたはずのハワイアンの曲が、新しい微風になって届いてくる。 高い経費はいらない、あなたのシエスタ・タイムにこのアルバムが流れる部屋で目を閉じろ。 そこは極上のパラダイス。
涼しげな夏の聴き流しアルバムとしてはイチオシです
小野リサの声っていいんだよなぁ。新旧、内外含めて、ボサアーチストで一番好きな声です。曲も洗練されてる。小野リサ自身相当数の音楽を消化した上で、本作をプロデュースしていますが、そんなことを一切感じさせない、あっさりとした仕上がりです。アルバムコンセプトはボサ+ハワイアン。ボサあり、トラディショナルあり、スウィングジャズありですが、全曲自分の音楽に仕上げているところはさすがです。低音がゆるい録音が気になりますが、涼しげな夏の聴き流しアルバムとしてはイチオシです。
アローハ!
まず石川智さんのドラムス、コンガがとっても素晴らしい。繊細だし上手いです。そしてフェビアン・レザ・パネさんのピアノがどの曲でも見事に美しい。マリオ・アヂネー(ラストネームの発音はこうかな?)のアレンジも素敵だし、全体的にサウンドの質が高い。リサさんの歌声も相変わらず綺麗だし、満足度が高い。ハワイ+ブラジルでこれが本当のフュージョンミュージック。しかし、ハワイも良いですね。リゾート好きなんでイチコロでした。また、次から次へと新作が出てきていろいろやって絶好調っすね。
〜踊りたくなる音楽〜
「リオ・ボッサ」「DREAM」と並んで、
軽快なリズムと透明な歌声が満喫できる、お気に入りの一枚です!
タイトルの通りハワイアンを感じさせる曲の数々に、思わず踊りたくなってしまいます!

とても楽しい♪フィットネスやワークアウトにおすすめのCDです♪♪


Ono Lisa best 1989-1996

[ CD ]
Ono Lisa best 1989-1996

・小野リサ
【BMG JAPAN】
発売日: 2008-05-21
参考価格: 3,150 円(税込)
販売価格: 2,834 円(税込)
Ono Lisa best 1989-1996
小野リサ
カスタマー平均評価:   0

Romance Latino Selection

[ CD ]
Romance Latino Selection

・小野リサ
【EMIミュージック・ジャパン】
発売日: 2005-12-07
参考価格: 1,980 円(税込)
販売価格: 1,881 円(税込)
Romance Latino Selection
- 収録曲 -
1. アレリのつぼみ(未収録ヴァージョ...
2. 南国の小径(VOL.3)
3. ビギン・ザ・ビギン(VOL.1)
4. インディアン・サマー(VOL.1)
5. カチート(未収録ヴァージョン)
6. アイ・コシタ・リンダ(VOL.1)
7. ソラメンテ・ウナ・ベス(VOL....
8. キ・エンセラ(VOL.3)
9. ロス・マルシアノス(未収録ヴァー...
10. グリーン・アイズ(VOL.2)
11. ベサメ・ムーチョ(VOL.3)
12. ある恋の物語(VOL.2)
カスタマー平均評価:  5
リサさんの優しい歌声がとても心地いい☆
このアルバムを聴くと、時間がゆったりと流れます。 リサさんの優しい歌声が、リズミカルに、そしてソフトに聴こえてきます。 控えめな洗練された伴奏が、リサさんの歌声をより魅力的にしているように思えました。 全体の曲の流れが良くて、聴けば聴くほどこのアルバムの良さがわかってきます。 [カチート」と「アイ・コシタ・リンダ」はとても陽気な曲です。 「ベレーダ・トロピカル」は楽しげな南国の雰囲気が伝わってきます。 「ソラメンテ・ウナ・ベス」は前奏の楽器の音色がよく、ゆったりとした曲です。 「ロス・マルシャノス」はみんなで楽しく歌われています。 「グリーン・アイズ」は優しい曲です。 「ある恋の物語」はしっとりした曲です。 このアルバムを聴いている時、私の場合は絶対アルファ波が出ていると思います。 それほど心地いいです。 リピートで何回も聴いています。 聴いてホッとする、とてもいいアルバムだと思います。
初めの小野リサ。
 ふとFMから流れて来た 何とも心地の良い、日本ではちょっと聴けないような とてもあったかい歌声とサウンド。  これがボサノバなのか、これがラテンか、これが小野リサか‥ という新たな発見でした。  検索して YOU TUBEで見、やがてこのCDにたどり着きました。  朝でも深夜でも 心に穏やかに染み込んで来る彼女のほっこりした声は、まるで楽器のようです。
最高の一枚
Jazzとフュージョン派の私ですが、ふとのんびりしたボサノヴァが聴きたくなり 小野リサを聴きまくりました。 Romance Latino Selection は わたしにとって Pretty world も Soul&Bossa も 凌ぐ一枚です。それぞれの曲も素晴らしいですが選曲と曲の配置のバランスが絶妙! 最高の一枚になりました。
小野リサが歌ったラテン・ナンバーのベスト・アルバムです
2005年に発売された3枚のラテン・ナンバーを歌ったアルバムからそれぞれ3曲ずつ選曲されています。それらに収録されていない3曲も新たに収めており、お値打ち価格で発売されています。 小野リサには、ポルトガル語がしっくりきますが、スペイン語も違和感なく聞こえてきます。 ラテン・ナンバーは、ややもすればリズムに重きがおかれ、パーカッションが強調される傾向がありますが、小野リサは、そのイメージとは対極にあり、言葉のリズムでラテン音楽の良さを伝えています。 冒頭の「カチート」は懐かしかったですし、「ビギン・ザ・ビギン」は世界中にビギンのリズムを広めた曲です。バックのギローの音色が雰囲気をだしています。 「ソラメンテ・ウナ・ベス」はけだるい雰囲気を漂わせるバラードです。「キ・エンセラ」「ベサメ・ムーチョ」「ある恋の物語」はいいですね。トリオ・ロス・パンチョス、ザビア・クガート・オーケストラ、ペレス・プラード楽団等で、大ヒットしたラテンミュージックです。 1960年代前半頃、日本でもラテンブームがおこり様々なヒット曲が生まれました。その懐かしいラテン・ナンバーを小野リサのウィスパーヴォイスで聴けるのは幸せでした。
ここちいいです!
最近、ボサノバに興味を持って一日中CDかけてます。小野リサさんはもともと好きで、このアルバムもお気に入りになりました。心地よく家事が進み、お友達とのお茶タイムにも流してます。しかもお得な値段がなおよし!もったいないです!

DREAM

[ CD ]
DREAM

・小野リサ
【EMIミュージック・ジャパン】
発売日: 1999-06-23
参考価格: 3,059 円(税込)
販売価格: 2,400 円(税込)
DREAM
- 収録曲 -
1. 明るい表通りで
2. ムーンライト・セレナーデ
3. アンディサイデッド
4. 二人でお茶を
5. ナイト・アンド・デイ
6. 時の過ぎゆくまま
7. サヴォイでストンプ
8. ボーイ・ネクスト・ドア
9. イン・ザ・ムード
10. ドリーム
11. 天使の瞳
12. センチメンタル・ジャーニー
13. チャタヌガ・チュー・チュー
カスタマー平均評価:  5
遊び心を感じさせるアレンジの魅力
このアルバムは、1曲を除いて古き良きアメリカのスタンダードのカバー集です。取り上げた曲すべてにアレンジやサウンドの面白さが際立っていて、‘ワン・ノート・サンバ‘を間奏部に入れた「ナイト・アンド・デイ」やギターサウンドが光る「明るい表通りで」、コーラスがユニークな「イン・ザ・ムード」等はまさにピュアなサウンドを感じさせるものがあります。 そして、極めつけがラストの「チャタヌガ・チュー・チュー」。彼女はこの曲をテンポ良く歌いこなしているのですが、蒸気列車の発車をイメージしたイントロ、エンディングの列車の駅到着、サンバのリズムなど実にユニークなアレンジで、その発想に舌を巻く思いがします。 なお蛇足ですが、チャタヌガ・チュー・チューとは、1880年に運行開始した、シンシナティ発チャタヌガ行きの列車のことをこう呼んでいたと聞きます。 このアルバムの良さは、もちろんBossaのエッセンスを生かした、彼女の魅力的なウィスパー・ヴォイスやポルトガル語のニュアンスに負うところもあるわけですが、何より遊び心をも感じさせるO.C.ネビスのアレンジの妙にあると言えるでしょう。なお、唯一の自作曲「天使の瞳」は彼女のハスキーボイスが冴えるスローバラードですが、全く違和感なくここでのスタンダード曲群に溶け込んでいます。 同様のカバーアルバムでこれほど新鮮に感じたのは、個人的には80年の阿川泰子の「ジャーニー」以来だと思いました。とにかくスタンダードが新鮮なアルバムです。
この明るさと軽やかさはいつ聴いてもご機嫌ですね
『DREAM』は、売り上げが20万枚を超えたアルバムで、小野リサの歌の素晴らしさを多くの方が評価した結果だと思います。懐かしのスタンダード・ナンバーをボサ・ノヴァのリズムと雰囲気にのせて軽やかに歌ったわけで、万人に愛されるサウンドですね。 小野リサのウィスパー・ヴォイスは聞いているだけで癒されます。軽やかだけれど安定した発声とどんなナンバーでも軽々と歌ってしまう歌唱力のお蔭で、何回も何回も聞いてしまうアルバムに仕上がっています。 グレン・ミラー楽団の演奏で全世界に愛されたスウィング・ジャズの代表曲の「ムーンライト・セレナーデ」「イン・ザ・ムード」「チャタヌガ・チュー・チュー」も何の違和感もなくボサ・ノヴァになっています。力量のあるバック・バンドとの共演ですので、ジャジーな雰囲気も良く出でおり、良くのれる演奏だと思います。 英語で歌おうとポルトガル語で歌おうと自在の小野リサですので、全米での人気も分かりますね。 「ナイト・アンド・デイ」を聞いていると途中で「ワンノート・サンバ」が挿入されていたりして、思わずにやっとしたりしましたが、楽しいアイデアでしたね。 「二人でお茶を」の冒頭のささやくような小野リサの声が最高ですね。懐かしい曲に少し新しい風を吹きこんだような演奏でした。 彼女の作品の「天使の瞳」もいいですね。コンホーザーとしての能力は大変高いです。 ナラ・レオンやアストラッド・ジルベルト以上にボサ・ノヴァのメインストリームを歩いているアーティストだと思います。 とても透明感溢れる音楽で、穏やかな休日の昼下がりに聴くと最高に気分がよくなると思います。
アメリカン・スタンダードなアルバム
オスカー・カストロ・ネビスが、プロデュースにギターと歌で入って、オール・アメリカン・スタンダードなアルバム。"ムーン・ライトセレナーデ"や、"チャタヌガ・チュー・チュー"まで入って、気分はほとんどグレン・ミラー物語。なのですが、彼女とこのバンドメンバーでやれば何故か新しく響くので、そこが良いです。温故知新なアルバムと言うべきでしょうか。ドン・グルーシン、デイブ・カーペンター、マイク・シャピロがコアメンバーなので、そういう意味でもポイントが高い! ドン・グルーシンがこれだけボサノバしているプレイをずっと一枚やってるアルバムはこれしかないのではと思うと、ますます価値が高いのです。また、"Night and day"を楽しくワンノートサンバでやっているところとか、所々遊びも入って余裕な演奏。楽しいです。
〜軽快なリズムと透明な歌声を満喫〜
「リオ・ボッサ」「LISA’S ONO BOSSA HULA NOVA」と並んで、
軽快なリズムと透明な歌声が満喫できる、お気に入りの一枚です!
リラックスできるので、お風呂タイムの音楽にもいいですよ♪
師ボサノヴァの神様アントニオ・カルロス・ジョビン氏の歌われる歌よりも、
小野リサの方が歌声に明るさがあって、透明感を感じ、とても好きです!

「セレソン」もいいのですが、個人的には、より透明感を感じる「DREAM」がお薦めです〜!!
「小野リサを聴いて見ようかな?」という方へ、最初の一枚にいいと思います。
ご機嫌な一枚
曲自体が既にいいのに、リサさんが歌うと、これまたもっといい。
スタンダードなナンバーで、安心して聞けます。60代の親でさえ、落ち着いて聞けるという結構貴重な一枚かと思います。
リサさんは、ボサノヴァ歌っても、ジャズ歌っても、ハワイアン歌ってもいい。ご機嫌になるにはぴったりな、可愛い一枚です。
持ってて、損はなし!って感じです。


Soul&Bossa

[ CD ]
Soul&Bossa

・小野リサ
【avex io(ADI)(M)】
発売日: 2007-07-11
参考価格: 3,150 円(税込)
販売価格: 2,800 円(税込)
Soul&Bossa
- 収録曲 -
1. For Once In My L...
2. (Sittin’ On) The...
3. You’ve Got A Fri...
4. Family
5. Overjoyed
6. Georgia On My Mi...
7. I Got You (I Fee...
8. Nada Mais / Late...
9. I Can’t Stop Lov...
10. Unchain My Heart
11. What’s Going On
12. Eu Voce * BONUS ...
カスタマー平均評価:  4
この企画は?
小野リサの癒し系ヴォーカルが好きな人にとっては、 このアルバムも期待どおりのサウンドで、 文句なしに星5つなんだろうけど・・・。 しかし、R&Bのノリと言うか、グルーブ感を愛する人にとっては、 すっかり黒っぽさの抜けた、スッキリ・サッパリな「The Dock Of The Bay」が 果たして許せるのか?という疑問があるし、 特に、「What's Going On」の強いメッセージ性を知る人にとっては、 こんなユルユルな歌と演奏は、噴飯ものだろう。 結局、カヴァーをする以上は、 その曲が背負っているものを理解していなければ 説得力のある作品にはならない、ということだ。 小野リサにとっては、やらないほうが良かった企画。
カリオカはつらいよ
正直、聴きながら寝てしまったのですが、 あまりに心地よかったからか、退屈すぎたからなのかはわかりません。 選曲的に、特に意表をつくようなものもなく、 まあ、彼女がR&B的な曲を取り上げるとすると、 この辺だろうな・・・といったところでしょうか。 逆に言えば、何のこだわりも感じられず、無難な仕上がりです (キャロル・キングってソウルなの? と思ったけどダニー・ ハザウェイのあれを意識して?) 。 ジョビンの曲を取り上げた次作がよかったし、 彼女には世界周航の旅はこの辺で一区切りをつけて、 ボサノバやMPBの世界を、もう一度初心に帰って掘り下げてほしいと思うのですが・・ たぶん、こういう企画アルバムの方が売れるんだろうな・・・
ちょっと薄いかも…
 小野リサさんのやさしい声にはいつも癒されます。本作「Soul&Bossa」は、いつもの小野リサワールドとは対極に位置する、60年代から70年代のディープな時代のR&B。どんな作品に作品に仕上がるのか不安でしたが杞憂でした。ここでも、いつものやさしい声に癒されました。英語詞の歌が殆どなので、ちょっとボッサ度が薄いのが難点かも。でも、個人的には、大好き。
哀しみを明るく歌えるリサさん
アルバムの2曲目に収録されている「ドック・オブ・ザ・ベイ」ほど、究極の孤独を表現した歌曲をほかに知りません。もう乾ききって涙など1滴も残ってはいない、とさえ感じさせる原曲です。これをメソメソ歌われたら聞くのに困るだろうな、と思いますが、小野リサが歌うと心にしみる歌唱になります。不思議です。美声、というよりもとても深いところから出てくる声の力なのでしょう。さらに申せば、彼女はおそらくライブでもスタジオでも「聞く人にとどくように歌う」という意識を忘れたことがないのでしょう。陰りも暗さも、明るい表現の中に全て包括できる。そのほうが多くの人に聞いてもらえる。私は彼女の歌いぶりから、多くを学びました。
シンプル、しかし深い
フランク・シナトラの「ワンス・イン・マイライフ」、ジェームズ・テイラーの「ドーント・レット・ミー・ロンリー・トゥナイト」やソウルの定番「アーント・チェイン・マイハート」まで、じつに多彩な選曲。それで、すべての曲を原曲から遠く離れた「小野リサ・ワールド」にしてしまうのがすごい。「アーント・チェイン・・・・。」など黒人の体臭がプンプン匂うようなソウルフルな曲だが、小野リサが歌うと、ちょっと変わった小野リサ風というか、「ブラジル風ラブソング」になる。相変わらずの美声とテクニック。ただ、シンプルな作りだけに、聴き過ぎるとアキがくる。ブラジル、フランス、イタリア、ハワイ、アメリカ本土と「旅」にちなんだ今までのアルバム作りを、レーベル移動を機に一挙に変えた。シンプルなバック陣は自信の表れ。一気に聴かされてしまった。(松本敏之)

BEST 1997-2001

[ CD ]
BEST 1997-2001

・小野リサ
【EMIミュージック・ジャパン】
発売日: 2002-03-06
参考価格: 3,150 円(税込)
販売価格: 1,382 円(税込)
BEST 1997-2001
- 収録曲 -
1. Red Blouse
2. Moonlight Serena...
3. Sanba De Verao
4. I Wish You Love
5. Chega De Saudade
6. Ela E Carioca
7. Moon River
8. Flor De Yemanja
9. Pretty World
10. Smile
11. Dream
12. Palpite Infeliz
13. In The Mood/Edmu...
14. My Cherie Amour
15. Non-Stop To Braz...
・・・
カスタマー平均評価:  4.5
休日の昼下がり 「ボサ・ノヴァの歌姫」小野リサを聴くことで気分は爽快
1997年から2001年に発売されたアルバムもしくは録音から集めた小野リサのベストです。 当代随一のボサ・ノヴァの歌い手といえば、小野リサでしょう。ボサ・ノヴァのミューズと言われたナラ・レオンやアストラッド・ジルベルトよりも雰囲気があります。小野リサを聴く事によってボサ・ノヴァの最高峰を堪能できると言えましょう。 セルジオ・メンデスとブラジル66で大ヒットした「Pretty World」がお気に入りです。ボサ・ノヴァの魅力である軽やかさと爽快さを併せもつ名曲で、歌詞は英語ですがどこかしらポルトガル語に聞こえてくるという不思議な香りに包まれています。この南国の温かい風を感じさせる小野リサのウィスパー・ヴォイスは聞いているだけで癒しをもたらしてくれます。 グレン・ミラー楽団の演奏で全世界に愛されたスウィング・ジャズの代表曲「Moonlight Serenade」「In The Mood/Edmund」も何の違和感もなくボサ・ノヴァになっています。後者はポルトガル語での歌唱ですから尚更です。力量のあるバック・バンドとの共演ですので、ジャジーな雰囲気をもち、リズムによくのれている演奏だと思います。 「Moon River」「Smile」「Dream」などのスタンダード・ナンバーも含まれており、軽やかだけれど安定した発声で軽々と歌ってしまう歌唱力のお蔭で、繰り返し聞いてしまうアルバムに仕上がっています。 とても透明感溢れる音楽ですから、穏やかな休日の昼下がりに聴くと気分がよくなると思います。
オシャレ
定番のAntonio Carlos JobimからGlenn Millerまで、多彩な曲をフューチャーしてますが、すべてちゃんとボサノヴァになってるのはさすが。 でも、単に曲のアレンジだけではここまでステキにはなりません。 彼女のハスキーで柔らかな存在感のあるボーカルがあってのことなんですね。 オシャレなカフェのBGMにピッタリ。
のんびりしようね
 この手の音楽はカフェなんかで聴くと いい感じですよね。 そうBGMとして聴いちゃうのですね。だ から、印象に残る曲ってのがないのです が、それでもジャズのスタンダードや有 名な曲を取り扱っています。  ベニーグッドマンの曲がいくつか入っ ていたね。  まぁボサノバという位置づけなんだけ ど、ボサノバってよりもボサノバっぽい 曲が多いのかな?そんな印象でした。  濫発されるベスト盤のひとつなのかも しれませんが、それでも一定の質を保っ たアルバムなんだと思います。  さわやかな朝に新聞でも読みながら、 コーヒーを頂いてください。そんな雰囲 気にぴったり合う一枚です。
朝や昼下がりに
オリジナルアルバム未収曲のムーンリバーを聴きたくて 購入しました。 リサさんは昔から好きでアルバムもいくつか持っているのですが ムーンリバーは聞いたことがありませんでした。 この一曲だけでも価値ありです。 心が落ち着きます。
名曲いっぱい、楽しさいっぱい
リサさんを始めて知ったのは、彼女がデビューする随分前、渡辺貞夫さんのラジオ番組”MY DEAL LIFE”で彼女が歌っているのを耳にした時。そして最初にライブを観たのは新宿のJにて。そして彼女自身に薦められて(ワインがただで飲めるよと。。笑)ファーストライブにも渋谷のクワトロに観に行った。そのときから、ずっと聴いてます。全部CD持ってるので買う必要は無かったと思うのですが、やっぱり買っちゃいましたね。で、全部繰り返して聴いて聴いて聴いて。最初に彼女の演奏を聴いてから、よし僕は絶対ブラジルに行くのだ!と思ったまま今日に至ってるなぁと感慨にふけってしまうアルバムです。名曲揃いだし、彼女の素晴らしい歌声、そして素敵な演奏。無人島に行く時持って行く一枚は、これでしょう。

ボサ・ノヴァ50

[ CD ]
ボサ・ノヴァ50

・オムニバス ・オス・カリオカス ・ガル・コスタ ・小野リサ ・マリオ・カストロ=ネヴィス ・ミルトン・バナナ・トリオ ・ナナ・カイミ ・クアルテート・エン・シー ・トゥーツ・シールマンス ・アート・リンゼイ ・エリオ・セルソ
【BMG JAPAN】
発売日: 2008-05-21
参考価格: 2,310 円(税込)
販売価格: 2,260 円(税込)
ボサ・ノヴァ50
オムニバス
オス・カリオカス
ガル・コスタ
小野リサ
マリオ・カストロ=ネヴィス
ミルトン・バナナ・トリオ
ナナ・カイミ
クアルテート・エン・シー
トゥーツ・シールマンス
アート・リンゼイ
エリオ・セルソ
カスタマー平均評価:   0

ボサ・ノヴァ・ベスト

[ CD ]
ボサ・ノヴァ・ベスト

・オムニバス ・アントニオ・カルロス・ジョビン ・ガル・コスタ ・リオ・フルート・アンサンブル ・カルロス・リラ ・小野リサ ・タンバ・トリオ ・セバスチャン・タパジョス ・マリア・クレウーザ ・ジョニー・アルフ ・ジョアン・ドナート
【BMGメディアジャパン】
発売日: 1998-12-16
参考価格: 2,000 円(税込)
販売価格: 1,901 円(税込)
ボサ・ノヴァ・ベスト
- 収録曲 -
1. 「黒いオルフェ」~オルフェのサン...
2. 「黒いオルフェ」~カーニヴァルの...
3. デサフィナード(クアルテート・エ...
4. おいしい水(クアルテート・エン・...
5. 飛行機のサンバ(ミウシャ&アント...
6. あなたと私(カルロス・リラ)
7. イパネマの娘(マリア・クレウーザ)
8. ハウ・インセンシティヴ~虚ろな風...
9. もっとも美しいもの(カルロス・リ...
10. カリオカのサンバ(ミウシャ&アン...
11. 十字路(ガル・コスタ&アントニオ...
12. ワン・ノート・サンバ(リオ・フル...
13. 私の恋人(カルロス・リラ)
14. ジンジ(小野リサ&クアルテート・...
15. 白い道(小野リサ&アントニオ・カ...
・・・
カスタマー平均評価:  4.5
有名な曲が満載で、一日中聴けるCD
必ずしもベストの歌手が歌ったとは言えないが、ボサノバの代表曲が収められており、フアンの方ならぜひ持っておきたいCDです。 23曲も入っているのでお買い得感もありますね!!
ボサ・ノバ入門者にお薦め!
今まで興味はあったもののボサ・ノバについて何の知識もなかった私ですがこのCDを聞いてボサ・ノバのすばらしさに目覚めました。色々なアーティストの曲が聴けるし名曲が所々に絶妙のタイミングで織り込まれていて最後まで飽きません。ボサ・ノバってこんなに癒される音楽だったのかとこのCDを聞きながら一層はまりつつあります。また歌詞も読んでみてください。詩的で繊細でこんな歌詞が歌われているのかと思うとより一層素敵な曲に聞こえます。これは買っても損はしない一枚だと思います!!



Copyright © 2008 洋楽アーティストデータベース. All rights reserved.    Program by 簡単アマゾンサイト作成ツール ver.3.96

 更新日 2008年10月11日   ※ 表示価格は更新時のものです!      メール      相互リンク