洋楽アーティスト1000人のデータベース。公式サイト・ファンサイト・ブログ・掲示板・リンク集。

洋楽アーティストデータベース

1,500円以上で送料無料!
※一部大型商品を除く
カートを見る ヘルプ
リロイ・ヴィネガー レスター・ボウイ レスター・ヤング ライオネル・ハンプトン リヴィング・デイライツ ルイ・アームストロング  
  マンハッタン・トランスファー マーカス・ロバーツ マリオン・ブラウン マックス・ローチ メデスキー、マーチン&ウッド メル・トーメ

洋楽データベース
無料着うたダウンロード
OnGen音楽配信
洋楽楽譜
洋楽名曲
洋楽ランキング
洋楽歌詞和訳・翻訳
特集
 オーネット・コールマン
 オスカー・ピーターソン
 オリヴァー・ジョーンズ
 オリヴァー・ネルソン
 ナット・アダレイ
 ニコラス・ペイトン
 パット・マルティーノ
 パット・メセニー
 ピー・ウィー・ラッセル
 フィル・ウッズ
 フィル・ウッズ・クインテット
 ポール・チェンバース
 ポール・デスモンド
 マイケル・ブレッカー
 マイルス・デイヴィス
 ミルト・ジャクソン
 ランディ・ブレッカー
 レイ・ブラウン
 ローランド・カーク
 大友良英

 

オスカー・ピーターソン


We Get Requests

[ CD ]
We Get Requests

・Oscar Peterson
【Verve】
発売日: 1997-07-29
参考価格: 2,042 円(税込)
販売価格: 1,309 円(税込)
We Get Requests
- 収録曲 -
1. Corcovado (Quiet...
2. Days of Wine and...
3. My One and Only ...
4. People
5. Have You Met Mis...
6. You Look Good to...
7. Girl from Ipanema
8. D & E
9. Time and Again (...
10. Goodbye, J.D.
カスタマー平均評価:  5
ジャズ界の巨星 オスカー・ピーターソンを偲びながら・・・
昨年12月23日にオスカー・ピーターソンが亡くなりました。ジャズの世界では長寿とも言える享年83歳でした。 言わずと知れたジャズ・ピアノの巨匠です。いつの時代に録音された音楽も、安定した演奏を聴かせてくれるオスカー・ピーターソンの存在をもう少し評価してもよいのではないでしょうか。『We Get Requests』は演奏の良さ、録音の良さで定評のある名盤で、ジャズの初心者も愛好家も同時に満足させる内容なのが素晴らしいところです。 オスカー・ピーターソンの個性を一言で言えば「饒舌」なピアノと言えるでしょう。技術的に優れているのは勿論のことですが、華やかに軽やかに鍵盤を流れるがごとく弾く様は驚異的ですらあります。 元のメロディのモティーフを様々なバリエーションで聴かせていく手法は、後のジャズ・ピアニストに多大な影響を与えました。世間の人がイメージするジャズ・ピアノ演奏の典型でしょうね。そのトリオでの演奏スタイルは、今聴いても全く古さを感じないさせないばかりか、ハッとする鮮やかな冴えをみせます。 このCDに収められている「コルコヴァード」「酒とバラの日々」「ユー・ルック・グッド・トゥ・ミー」「イパネマの娘」「タイム・アンド・アゲイン」というファンのリクエストから選ばれたスタンダード・ナンバーは、美しくもあり、スウィング感に溢れた見事な演奏です。 レイ・ブラウンのベースとエド・シグペンのドラムスも、ともに雄弁でピアノとの息がとっても合っていて、どれもご機嫌な仕上がりになっています。それでいてベースもドラムスも邪魔にならないようにピアノをひき立て、上手くからんでいく見事な演奏が続きます。 ジャズって本当にステキだな、と思わせるような名盤だと言えるでしょう。
バーゲンプライス?
ジャケットも音源も同じなのに通常CDとでは似て非なる物!まるで立ち見から特S席に席替えしたみたくピアノが際だつから不思議。紙ジャケでないのが唯一残念だけど、個人的には価格を超えた素晴らしいマスタリングに太鼓判
まさに“JAZZの教科書”
全ての曲が、まさに“JAZZ”。 ドラムも、ピアノも、ベースも、聴いて、練習するには、こんなに良いアルバムは無いと思います。スウィング感も抜群! ただ、それがゆえに、少し面白みにかけるかもしれません。 まぁ、その部分は、好みですので…。
誰もが安らかになれるピアノトリオ
オスカー・ピーターソンの数あるアルバムの中で、これがベストのものと誰もが選ぶ傑作アルバムです。数十年前から、音楽ファンばかりではなく、オーディオファンも必ず持っているべきアルバムと言われてました。そのせいか、LP、SACDに、CDもマスタリングの違うアルバムもありますので、5枚ほど持っています。 LP版では、B面のトップ、レイ・ブラウンのベースで始まる、You Look Good to Meを何度聴いたことか。聴きやすい演奏ですので、ジャズファンならずとも満足度は高いでしょう。とにかく、何十年聴いても飽きないすばらしいアルバムです。
ピアノトリオの大人気盤
オスカー・ピーターソンが逝った。類まれなテクニシャンとして君臨したジャズ・ピアノの巨匠も82歳であったときく。70歳を超えれば長寿という斯界において長年第一線で活躍できた彼は天寿を全うしたといっていいミュージシャンであろう。ジャズをよく知らなくてもピーターソンの名を知るものは多い。だからジャズへの入門も彼からというファンも多かったに違いない。僕自身もピーターソンとは割合早く出会い、アルバムを購入している。そのうちモンクやらバド・パウエルやらビル・エヴァンスなどを知るにつけ、ピーターソンを聴いているのは恥ずかしいような気分になり、ひっそりと聴くといった時期もあった。しかしピーターソンはそんなことお構いなくいつ聴いてもうまく、完璧で、ものすごくスイングして楽しい。特にこのアルバムは彼の中でも大人気盤であり、ベストメンバーで最高の選曲・演奏を聴かせてくれる。何よりも肩肘を張らずにゆっくりとリラックスできるのが嬉しい。ジャズの歴史もまだ100年くらいだが、数々の名手、巨匠を輩出した。その中でもアート・テイタムらと並ぶ最高のテクニシャンであり、総合的にも屈指のピアニストとして残っていくであろう。われらがピーターソン、本当に長い間ご苦労様でした。

アフター・アワーズ~オスカー・ピーターソンへのオマージュ

[ CD ]
アフター・アワーズ~オスカー・ピーターソンへのオマージュ

・山中千尋
【UNIVERSAL CLASSICS(P)(M)】
発売日: 2008-02-27
参考価格: 2,300 円(税込)
販売価格: 2,069 円(税込)
アフター・アワーズ~オスカー・ピーターソンへのオマージュ
山中千尋
カスタマー平均評価:  5
ビジネスライクな録音かもしれませんが
 昨年、逝去されたオスカー・ピーターソンに対するオマージュなのだそうですが、これまでの山中千尋さんのCD録音からすると、オスカー・ピーターソンと言われてもピンと来ない、違和感が大きい人が多いのではないでしょうか?  山中さんがピーターソンからどのように影響を受け、学んだのかは、ジャズライフ誌4月号のインタビューをお読みいただくとして、それを読んだ後でこのCDを聴いても、やっぱりピンと来ないかもしれません。  ちなみに、山中さんはジャズライフ2007年12月号より、偶数月号で「ジャズドリル」という連載記事を担当されており、ファン必読ですが、4月号はこちらもピーターソンを取り上げてます。とっても勉強家である山中さんの真面目さが際立っている記事です。  どこがオマージュなのか私にはよく分かりませんが、まあ、イリアーヌのビル・エヴァンストリビュートだって、外形的な演奏としては違和感大だし、演奏家というのは、もっと奥深いところでつながっているのでしょう。  さて、オマージュのせいかどうかはともかく、このCDは、選曲が今までの山中さんからするとあり得ない通俗名曲を揃えているのが特徴です。 All of Me ,There Will Never Be Another You, Confirmation, You'd Be So Nice To Come Home To, All The Things You Are, Over the Rainbow, Everything Happens To Me等、 MAYAのヴォーカルや矢野沙織カルテット等でもよく聴くスタンダードの数々。  しかしこれが、あっさりしていてなかなか良いんです。もちろん、いつもの山中さんの表現主義的?演奏も良いですが、これはこれでラクに楽しめる貴重品です。  山中さんとしては、ヤッツケ仕事でビジネスライクに録音したのかもしれません。  ソロをギターに委ねて、バックに徹しているときなど、もうちょっと前に出てガンガン弾いてほしいと思いますけれども、ドラムスなしベースとギターとアコースティックピアノのトリオで淡々と進行していく演奏の中で、随所に、ハッとさせる美しさがあります。  お酒でも飲みながらイージーに聴いたり、通勤の電車の中で疲れを癒すのに適した貴重なCD録音だと思います。  表ジャケットの山中さんの写真は素晴らしく美しい仕上がり。ぜひ、ライブの後に銀色のサインペン等でサインしてもらうと良いでしょう。
山中節健在!
前作アビスの感じとは違って、今回はやや普通の感じがします。 とは言っても趣きが普通なだけで山中節は健在です。 いろいろな演奏が楽しめますのでお勧めです。

酒とバラの日々〜ベスト・オブ・オスカー・ピーターソン

[ CD ]
酒とバラの日々〜ベスト・オブ・オスカー・ピーターソン

・オスカー・ピーターソン
【ポリドール】
発売日: 1997-06-18
参考価格: 1,835 円(税込)
販売価格: 1,608 円(税込)
酒とバラの日々〜ベスト・オブ・オスカー・ピーターソン
- 収録曲 -
1. 酒とバラの日々
2. C・ジャム・ブルース
3. サテン・ドール
4. フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン
5. トゥナイト
6. ジャスト・イン・タイム
7. アイ・ゲット・ア・キック・アウト...
8. オール・オブ・ミー
9. サマータイム
10. ラヴ・フォー・セイル
11. アイヴ・ガット・ユー・アンダー・...
12. 夜も昼も
13. A列車で行こう
14. イエスタデイズ
15. ブルー・ムーン
・・・
カスタマー平均評価:  4.5
オスカー、最高♪
2007年12月23日、ジャズ界は本当に大きな財産を失ってしまいました。きっと天国でもその美しい宝石をちりばめたような彼の指先からこぼれ出すピアノの音で、人々の心を癒しているのでしょう。 彼は既曲のスタンダードを独特の美しいフレーズを交えて演奏することが多く、このアルバムはそういった誰もが知るスタンダードの宝庫です。心が弾んでくるような彼独特の明るいスインギーな曲が多く、聞いているうちに楽しい気持ちにさせてくれます。 ジャズのスタンダードをしる意味でも、もってこいのアルバムです。
ピアノ・ジャズの巨匠のベスト
オスカー・ピーターソンのベストだけあって、名曲揃いです。どこかで聞いたことがある曲が必ずや入ってると思います。
iBookを使っている偉大なジャズピアニスト
高松宮殿下記念世界文化賞の第11回の音楽部門受賞者。
幼少の頃は“魔法の指を持つ少年”、近年は“鍵盤の皇帝”の異名をとっていますが。
AppleのiBookを使っているそうですよ。

Night Train

[ CD ]
Night Train

・Oscar Peterson Trio
【Verve】
発売日: 1997-05-20
参考価格: 2,098 円(税込)
販売価格: 1,412 円(税込)
Night Train
- 収録曲 -
1. Happy-Go-Lucky L...
2. C-Jam Blues
3. Georgia on My Mi...
4. Bags' Groove
5. Moten Swing
6. Easy Does It
7. Honeydripper
8. Things Ain't Wha...
9. I Got It Bad (An...
10. Band Call
11. Hymn to Freedom
12. Happy-Go-Lucky L...
13. Volare [#]
14. My Heart Belongs...
15. Moten Swing [Reh...
・・・
カスタマー平均評価:  5
自由への、、、
自由への讃歌のためだけに購入したといっても過言じゃないCDでした。素晴らしすぎます。圧倒的な美しさがあります。いや、他の収録曲だって素晴らしいんですが、もう何よりHymn to Freedomがただただ素晴らしくて。
Oscar Peterson Trioの名盤
オスカー・ピーターソン・トリオのCDの中で最高の一枚だと思う.ピーターソンのテクニックだけでなく,バックのベース,ドラムスとの絡みも秀逸で大いに楽しめる.まさに名盤.このCDの「C-Jam Blues」は特に好き.

プリーズ・リクエスト

[ CD ]
プリーズ・リクエスト

・オスカー・ピーターソン
【ユニバーサル ミュージック クラシック】
発売日: 2007-11-21
参考価格: 2,800 円(税込)
販売価格: 2,520 円(税込)
プリーズ・リクエスト
- 収録曲 -
1. Corcovado (Quiet...
2. Days of Wine and...
3. My One and Only ...
4. People
5. Have You Met Mis...
6. You Look Good to...
7. Girl from Ipanema
8. D & E
9. Time and Again (...
10. Goodbye, J.D.
カスタマー平均評価:  5
ジャズ界の巨星 オスカー・ピーターソンを偲びながら・・・
昨年12月23日にオスカー・ピーターソンが亡くなりました。ジャズの世界では長寿とも言える享年83歳でした。 言わずと知れたジャズ・ピアノの巨匠です。いつの時代に録音された音楽も、安定した演奏を聴かせてくれるオスカー・ピーターソンの存在をもう少し評価してもよいのではないでしょうか。『We Get Requests』は演奏の良さ、録音の良さで定評のある名盤で、ジャズの初心者も愛好家も同時に満足させる内容なのが素晴らしいところです。 オスカー・ピーターソンの個性を一言で言えば「饒舌」なピアノと言えるでしょう。技術的に優れているのは勿論のことですが、華やかに軽やかに鍵盤を流れるがごとく弾く様は驚異的ですらあります。 元のメロディのモティーフを様々なバリエーションで聴かせていく手法は、後のジャズ・ピアニストに多大な影響を与えました。世間の人がイメージするジャズ・ピアノ演奏の典型でしょうね。そのトリオでの演奏スタイルは、今聴いても全く古さを感じないさせないばかりか、ハッとする鮮やかな冴えをみせます。 このCDに収められている「コルコヴァード」「酒とバラの日々」「ユー・ルック・グッド・トゥ・ミー」「イパネマの娘」「タイム・アンド・アゲイン」というファンのリクエストから選ばれたスタンダード・ナンバーは、美しくもあり、スウィング感に溢れた見事な演奏です。 レイ・ブラウンのベースとエド・シグペンのドラムスも、ともに雄弁でピアノとの息がとっても合っていて、どれもご機嫌な仕上がりになっています。それでいてベースもドラムスも邪魔にならないようにピアノをひき立て、上手くからんでいく見事な演奏が続きます。 ジャズって本当にステキだな、と思わせるような名盤だと言えるでしょう。
バーゲンプライス?
ジャケットも音源も同じなのに通常CDとでは似て非なる物!まるで立ち見から特S席に席替えしたみたくピアノが際だつから不思議。紙ジャケでないのが唯一残念だけど、個人的には価格を超えた素晴らしいマスタリングに太鼓判
まさに“JAZZの教科書”
全ての曲が、まさに“JAZZ”。 ドラムも、ピアノも、ベースも、聴いて、練習するには、こんなに良いアルバムは無いと思います。スウィング感も抜群! ただ、それがゆえに、少し面白みにかけるかもしれません。 まぁ、その部分は、好みですので…。
誰もが安らかになれるピアノトリオ
オスカー・ピーターソンの数あるアルバムの中で、これがベストのものと誰もが選ぶ傑作アルバムです。数十年前から、音楽ファンばかりではなく、オーディオファンも必ず持っているべきアルバムと言われてました。そのせいか、LP、SACDに、CDもマスタリングの違うアルバムもありますので、5枚ほど持っています。 LP版では、B面のトップ、レイ・ブラウンのベースで始まる、You Look Good to Meを何度聴いたことか。聴きやすい演奏ですので、ジャズファンならずとも満足度は高いでしょう。とにかく、何十年聴いても飽きないすばらしいアルバムです。
ピアノトリオの大人気盤
オスカー・ピーターソンが逝った。類まれなテクニシャンとして君臨したジャズ・ピアノの巨匠も82歳であったときく。70歳を超えれば長寿という斯界において長年第一線で活躍できた彼は天寿を全うしたといっていいミュージシャンであろう。ジャズをよく知らなくてもピーターソンの名を知るものは多い。だからジャズへの入門も彼からというファンも多かったに違いない。僕自身もピーターソンとは割合早く出会い、アルバムを購入している。そのうちモンクやらバド・パウエルやらビル・エヴァンスなどを知るにつけ、ピーターソンを聴いているのは恥ずかしいような気分になり、ひっそりと聴くといった時期もあった。しかしピーターソンはそんなことお構いなくいつ聴いてもうまく、完璧で、ものすごくスイングして楽しい。特にこのアルバムは彼の中でも大人気盤であり、ベストメンバーで最高の選曲・演奏を聴かせてくれる。何よりも肩肘を張らずにゆっくりとリラックスできるのが嬉しい。ジャズの歴史もまだ100年くらいだが、数々の名手、巨匠を輩出した。その中でもアート・テイタムらと並ぶ最高のテクニシャンであり、総合的にも屈指のピアニストとして残っていくであろう。われらがピーターソン、本当に長い間ご苦労様でした。

ソロ

[ CD ]
ソロ

・オスカー・ピーターソン
【ポリドール】
発売日: 1997-08-06
参考価格: 1,835 円(税込)
販売価格: 1,744 円(税込)
ソロ
- 収録曲 -
1. サムワン・トゥ・ウォッチ・オーヴ...
2. パーディド
3. 身も心も
4. フー・キャン・アイ・ターン・トゥ
5. バイ・バイ・ブラックバード
6. アイ・シュッド・ケア
7. ルルが町にやってくる
8. リトル・ガール・ブルー
9. A列車で行こう
カスタマー平均評価:  5
The Brightest Jazz Pianist
もし無人島でぼうっと過ごしていいことになったら、オスカー・ピーターソンとホロヴィッツを連れていく。 オスカーはなんと言ってもこの突き抜けた明るさが大好きだ。一生聴いても嫌いにはなれない。 無人島ではビル・エヴァンスはさみしくなりそうだし、アート・テイタムは神経が疲れそうだし、バド・パウエルはそろそろ仕事行かなきゃという気分になりそうだが(注:決してけなしているんではありません!彼らも大好きです)、オスカーとだったらただニコニコ笑って、昼も夜もダンサブルでいられそうだ。スタインウェーを縦横無尽に輝かせるその指さばきには酔いしれるのみ。Body and Soul、Bye Bye Blackbird, I should care, Little Girl Blueのソフトなタッチとトレブルのきらめきの美しさは素晴らしい。 でもやっぱりトリオで彼は一番輝くのではないだろうか。60年代のパリでのライブ"Daahoud"が私的には一番だ。シカゴでのライブ"The Trio"も楽しい。他ではAt Sundown, Air Mail Special, Night and Day, Hungarian Dance, Gypsy in my soul, I've got rhythmなどなどみたいにカラフルな幸福感と、どこまでもハードにならないドライブ感が味わえるから。レンジが広くて大胆で、何よりも明るくて飛び跳ねていていい。この華やかな明るさは大きい。
ピーターソンのピアノソロ
彼女に振られて、その上風邪を引いてしまった。病院に行くほどの事も無いので近くのジャズキチの親父がやっている薬局へ行った。薬局でいつもジャズが流れている店なんてここだけだろう。風邪と失恋に効く薬を所望した所、出てきたのが解熱剤とこのアルバム。オスカーピータソンのピアノソロ。スタンウェインの前で御大が気持ち良さそうにパイプを咥えて弾いている。『身も心も、A列車で行こう、ルルが街にやってくる、も良いけれど、その症状にはリトルガールブルー、フーキャンアイターントウ、アイシュッドケアを心に刷り込むように聞き込んで、』と薬局の親父が言った。風邪と失恋の痛手は治ったが、今度はジャズにやられてしまった。
ソロ
これが ピーターソン 最初の ソロアルバムとのこと。
ときに ピーターソン は ジャズ ピアノ でなく ポピュラーピアノ などと 言う 人が いますが 、 一人で 見事に スイング してます!
Cから オクターブ 上の G まで 届くと 言われている 指を 縦横無尽に 駆使 した 演奏は 圧巻です !
この一枚 で ピーターソンの 力量は 充分 わかります。
とにかく 凄い!
いつも感謝してます
個人的に「バド・パウエル」と並ぶお気に入りのピアニストです。特に(仕事前に)やる気がでない時や、気分が乗らない時に聞きますが、いつも元気にしてくれます。聴いているだけで頭が高速回転してくるので不思議です。
Solo Pianoの最高傑作
Peterson自身も最もお気に入りの一枚です。(ちなみにもう一枚はWe Get Requestsです) Solo Pianoの最高傑作と言っていいでしょう。Petersonはその早彈きが有名ですが、それ以上に和音の美しさは筆舌に尽くしがたいほど。Soloだと自分の思い通りに弾けるのでよほど楽しかったのでしょう。左手の和音と10度のRunningは右手以上に超絶技巧です。超おすすめ!

エラ・アンド・ルイ

[ CD ]
エラ・アンド・ルイ

・エラ・フィッツジェラルド&ルイ・アームストロング ・エラ・フィッツジェラルド ・ルイ・アームストロング
【ユニバーサル ミュージック クラシック】
発売日: 2004-09-29
参考価格: 3,360 円(税込)
販売価格: 3,192 円(税込)
エラ・アンド・ルイ
- 収録曲 -
1. お友達になれない?
2. イズント・ジス・ア・ラヴリー・デ...
3. ヴァーモントの月
4. 誰も奪えぬこの思い
5. 青空の下で
6. テンダリー
7. 霧深き日
8. アラバマに星落ちて
9. チーク・トゥ・チーク
10. あなたのそばに
11. エイプリル・イン・パリ ※〈C...
カスタマー平均評価:  5
2人の代表作にして大傑作
もちろん、ジャズの名盤であり、定番でもある。音楽的な出来、歌心、ジャズの全てがこの一枚にある。「テンダリー」「ヴァーモントの月」「4月のパリ」など名曲ばかり。オスカー・ピーターソン(ピアノ)ハーブ・エリス(ギター)、レイ・ブラウン(ベース)バディ?・リッチ(ドラム)と当時考えられる最高の面子。エラの声も若々しくハリがある。アームストロングのしわがれ声も悪声だが、しみじみと味がある。聴けば聴くほど好きになる一枚。この頃から60年末あたりまでが、ジャズの黄金時代。2人の代表作にして大傑作。(松本敏之)

The Sound of the Trio

[ CD ]
The Sound of the Trio

・Oscar Peterson
【Polygram】
発売日: 2000-02-29
参考価格: 1,646 円(税込)
販売価格: 1,367 円(税込)
The Sound of the Trio
- 収録曲 -
1. Tricrotism [Orig...
2. On Green Dolphin...
3. Thag's Dance
4. Ill Wind
5. Kadota's Blues
6. Scrapple from th...
7. Jim
8. Band Call
9. Night We Called ...
10. Billy Boy
カスタマー平均評価:  5
ピーターソンの最高傑作ライブ
本作はWe Get Requestsと双璧をなすオスカー・ピターソンのライブにおけるピアノトリオの傑作として知られているが、内容的にはおそらく“Requests”をしのぐ最高傑作といえるであろう。というのも、ライブでの乗りのよさ、トリオが完璧にスイングし、観客と一体になっている様子が窺えるからだ。現在のピアノ・トリオの完成形はビル・エヴァンスによって成し遂げられたといえるが、そもそもモダンジャズにおけるピアノの重要性は、バド・パウエルによって敷衍され、その後数多くのピアニストによってポピュラーな存在にまで押し上げられた。50年代後半までにそれはほぼ洗練されたかたちになっていったが、その最大の貢献者こそオピーターソンに他ならない。フレーズの権化のような次々に湧き出るメロディ。それをサポートしつつぐいぐいとスイング感を盛り上げていくレイ・ブラウンのベース。どれをとってもピアノトリオとはこれだ!という説得力のある完璧な演奏が展開されている。
ピアノトリオ演奏の傑作
別アルバム"We Get Requests"と並ぶオスカー・ピーターソンを聞くなら、欠かせない一枚。
さほど演奏頻度の多くない"Green Dolphin Street"の歴史的な名演奏が聞けます。
洗練された絶妙なトリオのタイミングと編曲。"Kadota's Blues"もスイングして、楽しい。
Mellowな演奏の真髄 ズイズイ・・・
名曲゛on Green Dolphin Street゛の演奏は、古今東西、巷に数あれど、このオスピートリオによる1957年、シカゴの゛ロンドンハウス゛でのライブはすごく良いです。なぜならば、
1、アンサンブルが良くかつとてもスウィングしています
2、観客の拍手や食器がたてる音から、ライブの開放的な雰囲気が伝わってきます。決して雑音には聴こえません。却ってその場のリラックスした雰囲気が伝わってきます(オスカー自身もかなり大きな声でフレーズを唸っています)
3、そしてなんと言ってもオスカーのピアノタッチの流麗さとその美しい和音
です。
゛Thag's Dance゛もラテン調でご機嫌な演奏です♪

ベスト・オブ・ジャズ・ピアノ

[ CD ]
ベスト・オブ・ジャズ・ピアノ

・オムニバス
【ユニバーサル ミュージック クラシック】
発売日: 2005-01-26
参考価格: 2,300 円(税込)
販売価格: 2,185 円(税込)
ベスト・オブ・ジャズ・ピアノ
- 収録曲 -
1. ティー・フォー・トゥー(バド・パ...
2. イパネマの娘(オスカー・ピーター...
3. ミスティ(エロール・ガーナー)
4. 山道を往く(ウイントン・ケリー)
5. いつか王子様が(ビル・エヴァンス)
6. サテン・ドール(レイ・ブライアン...
7. ラヴ・フォー・セール(ジュニア・...
8. 酒とバラの日々(マッコイ・タイナ...
9. ジ・イン・クラウド(ラムゼイ・ル...
10. ノルウェーの森(ハービー・ハンコ...
11. スペイン(チック・コリア&リター...
12. 宝島(キース・ジャレット)
13. ユー・ネヴァー・テル・ミ・エニシ...
14. デイブレイク・アンド・ドリームス...
15. ダニー・ボーイ(木住野佳子)
カスタマー平均評価:   0

プリーズ・リクエスト

[ CD ]
プリーズ・リクエスト

・ジ・オスカー・ピーターソン・トリオ
【ユニバーサル ミュージック クラシック】
発売日: 2004-09-29
参考価格: 3,360 円(税込)
販売価格: 3,192 円(税込)
プリーズ・リクエスト
- 収録曲 -
1. コルコヴァード
2. 酒とバラの日々
3. マイ・ワン・アンド・オンリー・ラヴ
4. ピープル
5. ジョーンズ嬢に会ったかい?
6. ユー・ルック・グッド・トゥ・ミー
7. イパネマの娘
8. D.&E.
9. タイム・アンド・アゲイン
10. グッドバイ J.D. ※〈CD...
カスタマー平均評価:  5
ジャズ界の巨星 オスカー・ピーターソンを偲びながら・・・
昨年12月23日にオスカー・ピーターソンが亡くなりました。ジャズの世界では長寿とも言える享年83歳でした。 言わずと知れたジャズ・ピアノの巨匠です。いつの時代に録音された音楽も、安定した演奏を聴かせてくれるオスカー・ピーターソンの存在をもう少し評価してもよいのではないでしょうか。『We Get Requests』は演奏の良さ、録音の良さで定評のある名盤で、ジャズの初心者も愛好家も同時に満足させる内容なのが素晴らしいところです。 オスカー・ピーターソンの個性を一言で言えば「饒舌」なピアノと言えるでしょう。技術的に優れているのは勿論のことですが、華やかに軽やかに鍵盤を流れるがごとく弾く様は驚異的ですらあります。 元のメロディのモティーフを様々なバリエーションで聴かせていく手法は、後のジャズ・ピアニストに多大な影響を与えました。世間の人がイメージするジャズ・ピアノ演奏の典型でしょうね。そのトリオでの演奏スタイルは、今聴いても全く古さを感じないさせないばかりか、ハッとする鮮やかな冴えをみせます。 このCDに収められている「コルコヴァード」「酒とバラの日々」「ユー・ルック・グッド・トゥ・ミー」「イパネマの娘」「タイム・アンド・アゲイン」というファンのリクエストから選ばれたスタンダード・ナンバーは、美しくもあり、スウィング感に溢れた見事な演奏です。 レイ・ブラウンのベースとエド・シグペンのドラムスも、ともに雄弁でピアノとの息がとっても合っていて、どれもご機嫌な仕上がりになっています。それでいてベースもドラムスも邪魔にならないようにピアノをひき立て、上手くからんでいく見事な演奏が続きます。 ジャズって本当にステキだな、と思わせるような名盤だと言えるでしょう。
バーゲンプライス?
ジャケットも音源も同じなのに通常CDとでは似て非なる物!まるで立ち見から特S席に席替えしたみたくピアノが際だつから不思議。紙ジャケでないのが唯一残念だけど、個人的には価格を超えた素晴らしいマスタリングに太鼓判
まさに“JAZZの教科書”
全ての曲が、まさに“JAZZ”。 ドラムも、ピアノも、ベースも、聴いて、練習するには、こんなに良いアルバムは無いと思います。スウィング感も抜群! ただ、それがゆえに、少し面白みにかけるかもしれません。 まぁ、その部分は、好みですので…。
誰もが安らかになれるピアノトリオ
オスカー・ピーターソンの数あるアルバムの中で、これがベストのものと誰もが選ぶ傑作アルバムです。数十年前から、音楽ファンばかりではなく、オーディオファンも必ず持っているべきアルバムと言われてました。そのせいか、LP、SACDに、CDもマスタリングの違うアルバムもありますので、5枚ほど持っています。 LP版では、B面のトップ、レイ・ブラウンのベースで始まる、You Look Good to Meを何度聴いたことか。聴きやすい演奏ですので、ジャズファンならずとも満足度は高いでしょう。とにかく、何十年聴いても飽きないすばらしいアルバムです。
ピアノトリオの大人気盤
オスカー・ピーターソンが逝った。類まれなテクニシャンとして君臨したジャズ・ピアノの巨匠も82歳であったときく。70歳を超えれば長寿という斯界において長年第一線で活躍できた彼は天寿を全うしたといっていいミュージシャンであろう。ジャズをよく知らなくてもピーターソンの名を知るものは多い。だからジャズへの入門も彼からというファンも多かったに違いない。僕自身もピーターソンとは割合早く出会い、アルバムを購入している。そのうちモンクやらバド・パウエルやらビル・エヴァンスなどを知るにつけ、ピーターソンを聴いているのは恥ずかしいような気分になり、ひっそりと聴くといった時期もあった。しかしピーターソンはそんなことお構いなくいつ聴いてもうまく、完璧で、ものすごくスイングして楽しい。特にこのアルバムは彼の中でも大人気盤であり、ベストメンバーで最高の選曲・演奏を聴かせてくれる。何よりも肩肘を張らずにゆっくりとリラックスできるのが嬉しい。ジャズの歴史もまだ100年くらいだが、数々の名手、巨匠を輩出した。その中でもアート・テイタムらと並ぶ最高のテクニシャンであり、総合的にも屈指のピアニストとして残っていくであろう。われらがピーターソン、本当に長い間ご苦労様でした。



Copyright © 2008 洋楽アーティストデータベース. All rights reserved.    Program by 簡単アマゾンサイト作成ツール ver.3.96

 更新日 2008年10月11日   ※ 表示価格は更新時のものです!      メール      相互リンク