洋楽アーティスト1000人のデータベース。公式サイト・ファンサイト・ブログ・掲示板・リンク集。

洋楽アーティストデータベース

1,500円以上で送料無料!
※一部大型商品を除く
カートを見る ヘルプ
リロイ・ヴィネガー レスター・ボウイ レスター・ヤング ライオネル・ハンプトン リヴィング・デイライツ ルイ・アームストロング  
  マンハッタン・トランスファー マーカス・ロバーツ マリオン・ブラウン マックス・ローチ メデスキー、マーチン&ウッド メル・トーメ

洋楽データベース
無料着うたダウンロード
OnGen音楽配信
洋楽楽譜
洋楽名曲
洋楽ランキング
洋楽歌詞和訳・翻訳
特集
 オーネット・コールマン
 オスカー・ピーターソン
 オリヴァー・ジョーンズ
 オリヴァー・ネルソン
 ナット・アダレイ
 ニコラス・ペイトン
 パット・マルティーノ
 パット・メセニー
 ピー・ウィー・ラッセル
 フィル・ウッズ
 フィル・ウッズ・クインテット
 ポール・チェンバース
 ポール・デスモンド
 マイケル・ブレッカー
 マイルス・デイヴィス
 ミルト・ジャクソン
 ランディ・ブレッカー
 レイ・ブラウン
 ローランド・カーク
 大友良英

 

ランディ・ブレッカー


ディズニー・ミーツ・ジャズ 〜トリビュート・トゥ・ウォルト・ディズニー

[ CD ]
ディズニー・ミーツ・ジャズ 〜トリビュート・トゥ・ウォルト・ディズニー

・ディズニー ・パット・マルティーノ ・ランディ・ブレッカー ・デイヴィッド・サンボーン ・ハービー・マン
【エイベックス・トラックス】
発売日: 2001-09-19
参考価格: 2,854 円(税込)
販売価格: 2,400 円(税込)
ディズニー・ミーツ・ジャズ 〜トリビュート・トゥ・ウォルト・ディズニー
- 収録曲 -
1. Zip-A-Dee-Doo-Dah
2. When You Wish Up...
3. Alice In Wonderl...
4. Beauty And The B...
5. Disney's Main St...
6. Some Day My Prin...
7. A Whole New World
8. Whistling Medley
9. Dance Of The Sug...
10. You've Got A Fri...
11. Turkey In The St...
12. A Dream Is A Wis...
カスタマー平均評価:  5
心地よいです
ジャズ初心者の私ですが、馴染みのある曲が多かったので、 すんなりと受け入れられました。 一日の仕事をすべてやり終えてから、 ゆったり本でも読みながら聞きたい感じです。 あまりに心地よいので、「よーしこれからやるぞ!」という 気分の時には、ふさわしくないかも知れません。
うっとり・・・
ジャズのCDを買ったのは初めてなんですが、 最初から最後まで大満足ですっ! お部屋のBGMには最高だと思います! フレンチにもぴったりですね! これを聴きながら寝るのもいいですね!! おすすめですっ!
落ち着けます
披露宴で流すために購入しましたが、 現在ではリラックスタイムに聞いています。 いつもつけっぱなしのテレビを消して、 このCDをかける それだけで夕食が『ディナー』です 現在は3ヶ月の赤ちゃんがいるので無理ですが、 このCDを購入当初は、このCDを流しつつ、照明を落として だんな様とワインタイム 本当にどこかのバーにいるようです
大人のディズニーです
夜寝る前に聞くと本当に癒されて疲れも取れるような気がします。 ディズニーのファンじゃなくても楽しめる1枚です。 オススメです。 JAZZが苦手だって思ってる方にも是非聞いていただきたいです。
大人なディズニー
ジャズって難解ってイメージを払拭してくれます。 ディズニー好きな人はもちろん、楽器オンリーの曲はあんまり聞いたことないって人にもオススメの1枚目。 忙しい日や嫌なことが続いたとき聞くとなんか落ち着きます。聞きなれたメロディーだからでしょうか。 ちなみに私は、1曲目のジッパ・ディー・ドゥー・ダーがお気に入りです。

ジャコ・パストリアスの肖像+2

[ CD ]
ジャコ・パストリアスの肖像+2

・ジャコ・パストリアス
【エピックレコードジャパン】
発売日: 2000-08-18
参考価格: 1,995 円(税込)
販売価格: 1,480 円(税込)
ジャコ・パストリアスの肖像+2
- 収録曲 -
1. ドナ・リー
2. カム・オン,カム・オーヴァー
3. コンティニューム
4. クル
5. トレイシーの肖像
6. オーパス・ポーカス
7. オコンコレ・イ・トロンパ
8. (ユースド・トゥ・ビィ・ア)チャ...
9. 忘れ去られた愛
10. (ユースド・トゥ・ビィ・ア)チャ...
11. [6//4]ジャム ※〈CDテ...
カスタマー平均評価:  5
どうして人気があるのか不思議
昔のアルバムですが、有名で人気があるみたいなので、気になって借りて聴いてみたんですが、 古くさいというか、そんなに良くはなかったですね。4曲目が少しかっこ良かったですが、 最近の洗練されたSmooth Jazzとか聴いている人は、聴く必要まったくないですね。
全ベーシスト必聴!
僕もベースを弾きますが、最初聴いた時は正直ピンときませんでした。当時はロックやパンクをやっていたせいもあったかも…しかし、幼少時はクラシックを好んでいたこともあり、しだいにR&BやJazz、フュージョンに没頭し始め、音楽理論を学びだしてからジャコの偉大さがわかりました。まるでパーカスのような驚異的なリズム感!ソロの圧倒的なフレーズテクニック!これ以上無いくらい美しい運指!そしてなんつっても、聴いていてとろけてしまいそうな色気!マーカス、バーリン、パティトゥッチなど、技巧派はたくさんいますが、ジャコに勝る色気のある技巧派はいないでしょう。タイプは違えどジェマーソンと並ぶ偉大なベーシストです。さっき『音楽理論を…』などと書きましたが、そんなの抜きですごいです!ようは当時の自分が音楽に対して極めて未熟な考えだったためで、ロック、パンク、メタルなどジャンルを問わず、ベースを愛する全ての人が聴くべきだと思います。生きざまも凄いのでパンク系の人も『ジャズ界のシド・ビシャス』と思ってジャコの生涯を調べてみてください(言い過ぎか)
ベーシストには常識
ベース弾いてる方は絶対聴かなきゃ駄目です! ベースやってなくても音楽好きな人は聴かなきゃ駄目です! 30年経っても全く色あせないこのアルバムは 現代日本においてもっともっと評価されるべき!
ベーシストの最高傑作
最近は自分の所持しているCDを厳選してパソコンへ取り込んでいます。 その中の1枚がこのアルバムです。 実際、取り込んだ後聴き返しています。改めて見事というしか ない。 まずジャコパストリアスは技巧派のベーシストでファーストアルバム であるこれに彼の才能を凝縮して詰め込んでいます。 ハーモニック奏法あり早弾きありのベーステクニックを求める 音楽愛好家ならば重要だし、一般的にジャズを聴く方には 各々の曲自体ににバランスが取れていることを強調します。 実際、技巧派の音楽となると普通に音楽を聴きたい人には 避けられがちですが、このアルバムは曲1つずつ、アルバム 全体としてもバランスが抜群に取れていて聴きやすい。 だから私も何回も聴きたいからパソコンに取り込みました。 マイルスデービス以降のジャズを知人から訊ねられると まずジャコパストリアス、そして彼の後に入るバンド 「ウェザーリポート」を薦めています。 それだけ衝撃的な音楽だから。 そして20世紀を代表するベーシストは誰?と聞かれたたら ポールマッカートニーとジャコパストリアスをためらいなく 挙げます。 やはり特筆すべきベーシストであり、コンポーザーなのです。
でかい顔写真
フュージョン業界が座礁しがちな問題はジャコには当てはまらないと思う。 一見バラバラのような印象も与える今作の楽たちのスタイルやジャンルといったものは ジャコというアーティストに帰結してすべて解決する。 ジャンルを要素として捉えているような向きは スクエアプッシャーなど、現代における先鋭なセンスに大きく影響を与えている という意味でも、ジャズはもちろんフュージョンなどという枠も取り払って 評価されて然るべき偉大なアーティストと作品だと思う。 個人的には、どファンクな2曲目のCome On Come Overがかなり好きです!

バトル・ジャズ-ビッグバンド・アルティメット高速チューン2

[ CD ]
バトル・ジャズ-ビッグバンド・アルティメット高速チューン2

・オムニバス ・クインシー・ジョーンズ・アンド・ヒズ・オーケストラ
【BMG JAPAN Inc.(BMG)(M)】
発売日: 2007-09-05
参考価格: 1,890 円(税込)
販売価格: 1,796 円(税込)
バトル・ジャズ-ビッグバンド・アルティメット高速チューン2
- 収録曲 -
1. エアメール・スペシャル / クイ...
2. ナットビル / バディ・リッチ
3. サム・スカンク・ファンク / ブ...
4. ストレート・ノー・チェイサー /...
5. バードランド / メイナード・フ...
6. インヴィテイション Invita...
7. ノー・ジャイヴ / バディ・リッチ
8. ミラノの饗宴 / 秋吉敏子&ルー...
9. ソング・フォー・ユー / フィル...
10. チェイシング・アフター・ラヴ /...
11. ディスコモーション / カウント...
12. アップル・ハニー / ウディ・ハ...
13. イエット・アナザー・ティア / ...
カスタマー平均評価:  4
Yet Another Tearはバラードですが・・・
秋吉敏子さんの「Yet Another Tear」が収められてますが、この曲、スローなバラードです。よく一緒に演奏される「Since Perry」(こちらは確かに超高速な曲です)と間違えて収録したのではないでしょうか?
高音に、そしてハイスピードなリズムに酔いしれたい。
 まさに自分が希望しているテーマのコンビネーションアルバムでした。  多分、楽器を少しでもかじったことがある人ならば一度はこの手を集めようとしたことがあるのではないかと思います。  高音に酔いしれたい、スピード感をめいいっぱい味わいたいという人にはぴったりのコンビネーションアルバムです。  誰が選曲しているのかは知りませんが、続編もあるのなら期待したいです。    

サム・スカンク・ファンク

[ CD ]
サム・スカンク・ファンク

・ランディ・ブレッカー・ウィズ・マイケル・ブレッカー
【ビクターエンタテインメント】
発売日: 2005-11-30
参考価格: 2,520 円(税込)
販売価格: 2,000 円(税込)
サム・スカンク・ファンク
- 収録曲 -
1. サム・スカンク・ファンク
2. スポンジ
3. シャンハイ
4. ウェイン・ハイ
5. アンド・ゼン・シー・ウェプト
6. ストラップ・ハンギン
7. レット・イット・ゴー
8. フリー・フォール
9. レヴィテイト
10. ソング・フォー・バリー ※〈デジ...
カスタマー平均評価:  4.5
ハチャメチャなのに、お洒落
兄弟について多くは知りませんが、B.B.再結成後のアルバム2枚が大好きで購入しました。 ある意味ハチャメチャで道を外していますが、決めるべき所はビシッと決め、知的でお洒落なのは見事と言う他ありません。選曲も音数のやたら多いアップテンポのものから、ランディーのロングトーンが実に美しいスローなものまで幅広いです。オーソドックスなビッグバンドに近い編成で、アレンジは綿密、一糸乱れぬアンサンブルからリハーサルを入念に行ったことも窺わせます。知名度の高いリズム隊への注目が集まっていますが、むしろローブラス(バリトンサックスとバストロンボーン)がバリバリと(駄洒落ではありません)地割れするようなスゴイ音を出しており、ブラス好きにはこたえられません。 買った後に知りましたが、本作はマイケルが不治の病を発表した後の兄とのライブで、2年後の今年1月に57歳で永眠したのは記憶に新しいところです。合掌。
心わき踊るBBの傑作ライヴ・アルバム!!!
名義はRANDY BRECKER W/ MICHAEL BRECKERになってますが、 実質、BRECKER BROTHERS復活BIG BAND VERSION。 2003年のドイツのジャズ・フェスでのライヴを収録したもの。 ヴィンス・メンドーサ指揮のWDRビッグバンドによる分厚いホーンが加えられ、 デビュー当初のメンバーだったウィル・リーのベースと WRのメンバーだったピーター・アースキンが支えるリズム隊。 もう、アレンジも演奏もかっこよ過ぎるその上に ランディ&マイケルが縦横無尽に吹き捲って、熱いソロをブチかまします。 収録曲もBRECKER BROTHERSからリユニオン時代の2曲も含め6曲、 ランディのソロから3曲、ランディの新曲が1曲と おいしい選曲です。 デビュー盤に収録された超代表曲&当タイトル曲である“SOME SKUNK FUNK”からスタートして、 リユニオン後の代表曲“SONG FOR BARRY”で締め括るという BBファンにはたまらない流れですね。 リユニオン後、2度ほどライヴを見ていますが、 その時の感動が蘇ってきます。 このメンバーで来日してくれれば最高なんですが、 多分無理なんでしょうが。。。 映像もちゃんとあるみたいなので、是非作品として発売してほしいですね!

イン・エッセンス

[ CD ]
イン・エッセンス

・ケイコ・リー
【ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル】
発売日: 2007-10-24
参考価格: 3,045 円(税込)
販売価格: 2,500 円(税込)
イン・エッセンス
- 収録曲 -
1. Ain't No Sunshine
2. I Can't Help It
3. I Can't Make You...
4. That's Enough fo...
5. One Hundred Ways
6. Nothing's Gonna ...
7. Superstition
8. Someday We'll Be...
9. You Can Have Me ...
10. Minute by Minute
11. (You Make Me Fee...
12. How Deep Is Your...
13. Bridge Over Trou...
カスタマー平均評価:  5
ケイコ・リーのアソートパック
ケイコ・リーのアルバムでは「A LETTER FROM ROME」のようにしっとりしたアルバムが好きです。 このアルバムを初めて聴いた時は、好きな曲もそうでない曲もあってお気に入りの一枚にはならないかなと思っていましたが、 今はけっこうよく聴いています。 懐かしいです。 聴いているとラジオを聴き始めた頃のことを思い出します。 可憐な曲は更に可憐に、かっこいい曲は更にかっこよく、 切ない曲は、ケイコ・リー流に切なく・・・ ケイコ・リーのいろんな面が楽しめる一枚だと思いました。
New Standard
というタイトルで何年か前にハービーハンコックが作品を発表しましたけど成功とはいえませんでしたね。「声」というのは不思議な楽器です。彼女の「ジャズボーカル」の楽器で洋楽黄金時代の楽曲が素晴らしいジャズになりました。おそらく彼女は自分の「声」で自然に歌っていたのだと思いますが、現在、日本人で極上の「カバー作品」を出せるのは彼女と山本潤子さん(ジャンルは違いますが)くらいだと思います(今売れている某氏のカバー作品は評価できません)。この作品を突破口にインストからも「ニュースタンダード」が出ることを期待しています。
ハスキー低音ケイコ・コリー等身大の魅力
 超ベテラン・ピアニスト、ハンク・ジョーンズと競演した前作「ライブ・アット・ベイシー」の渋さから一転、等身大の自分に戻った「POP集」ともいうべきアルバムが本作「イン・エッセンス」である。  肩の力を抜いた現代的歌唱法が光る。この人の個性はなんと言ってもその低音域の深さにあるから、オーディオ装置はよほどしっかりしたものでないと、その魅力は十分に堪能できない。表面的に聞くと単調なようだが低音の微妙な「揺れ」がいい。  本作は久々のニューヨーク録音で、ゲストにディビット・サンボーン、ランディ・ブレッカーというホーンを迎えているから、アルバムとしての厚みは相当なもの。ディスクもスーパーオーディオにも対応するハイブリット型になっているので、高音質で聞ける。そういえば、前作は余りにも録音が悪かった気がします。
いつか聴けるかな・・
"積ん読"とゆうのがありますね? 僕にとっては彼女のアルバムがまさにそれで、アルバム・シングルとも総て揃えていますが、実はほとんど聴き込んだことはありません。 大変失礼だとは思いますが、インナーの写真を観て彼女の深い歌声を想像するだけで、お腹がいっぱいになってしまうのです。 "存在"そのものだけで充分癒されるとゆうか・・、だめですか? これだけフォトジェニックな彼女を観るのは『ヴォイセズ・アゲイン』以来ですね。 う??ん・・・、早く寝よ・・。

Jazz Times Superband

[ CD ]
Jazz Times Superband

・Bob Berg ・Randy Brecker ・Dennis Chambers ・Joey DeFrancesco
【Concord Jazz】
発売日: 2000-05-16
参考価格: 1,342 円(税込)
販売価格: 1,126 円(税込)
Jazz Times Superband
- 収録曲 -
1. Dirty Dogs
2. Silverado
3. Jones Street
4. Oleo
5. Friday Night at ...
6. Soho Sole
7. Ada Strut
8. Blue Goo
9. Seven A.M. Speci...
10. Freedom Jazz Dan...
カスタマー平均評価:  5
ハードバップ=企画もの即席バンド
なにがやばいかって=そうそうそうデニスチェインバースだ。
この人は練習の鬼で有名だ。1日10時間くらい練習してたそうな。
まさかハードバップまで叩けるとは。オールマイティーなドラマーなのにびびる。構成員がみんなバーチュオーソぞろいなので、演奏のテンションはやたら高い。亡きボブバーグもブローしまくっている。

しかしこのバップの嵐はかなり貴重=ソニーロリンズカバーにて=。ジャズタイムスという雑誌の企画の即席バンドのためやや深い感情のコミニュケーションは薄い。
これだけギャラの高い人物は普通じゃ集められないのだが。
10点中6点


ライヴ

[ CD ]
ライヴ

・深町純&ニューヨーク・オールスターズ
【ローヴィング・スピリッツ】
発売日: 2002-10-30
参考価格: 2,300 円(税込)
販売価格: 品切れ中
ライヴ
- 収録曲 -
1. ロックス
2. サラ・スマイル
3. ヴァージニア・サンデー
4. インサイド・アウト
5. アイム・ソーリー
6. ダンス・オブ・パラノイア Op.2
7. ジプシー・ジェロ
8. ジャック・ナイフ
9. ラヴ・プレイ
カスタマー平均評価:  4.5
そんなにすごいですか?
野球のオールスター戦が面白くないのと同じで、チームワークがあまり感じられない、いわばショーケース。各曲ともに(LOVE PLAY以外)曲の持ち味を生かせずに終わっていて、どの曲をとっても他のアルバムに入っているテイクの方がよい。同じライブということでは、ブルーモントルー(1の方)、アップルジュース(トム・スコット)、ヘビーメタル・ビーバップ、スタッフ・ライブなんかの方が全然良いと思うし、「これ1枚聞けばフュージョンのすべてが。。」という宣伝文句は明らかに大げさ。フュージョンというひとつの音楽スタイルを技の見せっこだったとしか把握できない、浅い浅い意見。とはいえ、78年にこれを見た・聞いた人の衝撃は理解できます。(特にガッドのソロ)
ブルーモントルーと聞き比べ、オンザムーブCD化望む
レビューワーの皆さんお勧めのとおり、当時の「クロスオーバー」全盛時代の金字塔といえる貴重なライブアルバムです。 アリスタオールスターズの「ブルーモントルー」も選曲的には似ていますが、こちらはGadd様が今はすっかりロックドラマーとなったSteve Jordan殿に、ベースがA.J.様からTony Levin殿にリプレイスされており、いずれも聴き応えある演奏となっております。 深町純名義の「Jun Fukamachi」「On The Move」のアルバムはCD化されないのでしょうか?
あれは25年まえ
小生高校生のとき1989年にこのレコードを買い、感激の嵐だったことを覚えています。この歳でCDが手に入り、また感激の嵐です。イヤー。泣ける曲、元気の出る曲、ノリノリの曲。青春の高校生に戻れます、、、それにしても凄いメンバーです。
どんどCDが増えていきます…でも(^^)
Gadd好きとしてはライブなので丸ごとGaddで当然うれしいです。
こんなバンドがあったのか(゜o゜;)ってくらいに驚きます。
バンドのメンバーは深町純以外は知っていましたが こんなにすごいライブは聴いたことがなかった。是非ライブで観たかったと思う。CDを聴けば聴く程どんどん観たくなる。
1978年の収録ですから「昔」=「みんな若い」ということで 脂ギッシュな場面も 肌が粟立つ場面も スリリングな場面もあります。

ミュージシャン一人ひとりがソロ・アルバムを出せる実力者ですから 『スタッフ』『ステップス(ステップス・アヘッド)』『ブレッカー・ブラザーズ』『マイク・マイニエリ』『デビッド・サンボーン』『スティーヴ・ガッド+アンソニー・ジャクソンのリズム隊』なんて感じで聴いてみたい音楽の幅が広がっていきます。

このアルバムに3曲(「Sara Smile」「I’m Sorry」「Love Play」)収録されている『マイク・マイニエリ』のアルバム「LOVE PLAY」もお薦めです。
なにはともあれ よくやった深町純!
フュージョン的にはいいけどね…
名盤は名盤。だけど、深町ファンにしてみたら、深町純度が薄くてちょっとザンネンな作品かも。この作品のもとになった『オン・ザ・ムーヴ』をまたCD化してあげて欲しいです。こちらも凄いんですって……。


ストレイト・トゥ・ザ・ハート〔ライヴ!〕

[ CD ]
ストレイト・トゥ・ザ・ハート〔ライヴ!〕

・デイヴィッド・サンボーン ・ハミッシュ・スチュアート
【ワーナーミュージック・ジャパン】
発売日: 2007-07-25
参考価格: 1,500 円(税込)
販売価格: 1,348 円(税込)
ストレイト・トゥ・ザ・ハート〔ライヴ!〕
- 収録曲 -
1. ハイダウェイ
2. ストレイト・トゥ・ザ・ハート
3. ラン・フォー・カヴァー
4. スマイル
5. リサ
6. ラヴ&ハピネス
7. ロータス・ブロッサム
8. ワン・ハンドレッド・ウェイズ
カスタマー平均評価:  5
アナログ時代の買い忘れ!
"Hydeaway"のヒットに続き、マーカス・ミラーとタッグを組んだ次作"Voyeur"でその後の人気を不動のものにしたデビッド・サンボーン全盛期のライブ・アルバムです。ビデオ、後にDVDも発売された"Love and Happiness"と同時期のものです。同じセッションかもしれません。この頃のデビッド・サンボーンは最高にカッコよかったです。80年代前半ですね。 当時ほとんどのアルバムは出るたびに追っかけて買っていたのですが、このアルバムはベスト盤だと思って無視していました。今さら言うのも何ですが、ライブ・アルバムだったんですね。 今頃気付いてどうする?という感じですが、即買っちゃいました。 デビッド・サンボーンはライブの方がいいですよ。特にこの時代の。
強力メンツが一体となって盛り上げるライブアルバムです
84年発表のライブアルバムの少ないデヴィッドサンボーンにとって貴重なライブアルバムです。メンツ的にも、bにマーカスミラー、gにハイラムブロック、drにバディウィリアムス、keyにドングロルニックという強力布陣で申し分の無いものになっています。サウンド的には、この時代を代表すフュージョンになっていますが、何せライブだけに、情感的なサンボーンのsaxはよりエモーショナルに、また、ワキを固めるメンツも、決して目立ったプレイをしているわけでないのですが、ここぞという時には、彼らならではの音を聞かせてくれます。また、より素晴らしいのは、皆がツワモノばかりであり、ライブならではの盛り上がりを聞かせようという一体感が感じられること。これぞライブという醍醐味を楽しめるアルバムです。
この辺で爆発しましたな
"Straight to the heart"。いいですねえ。これ、この曲でのデビッド・サンボーンのソロで彼のエモーショナルな部分が良い形で出ていて、何度聴いても感動します。彼の懸命に盛上がろう的精神が好きですなあ。これはライブ盤なので、マーカス・ミラーを始めとしてみんなクールだけど熱く盛上がって素晴らしい。既にお亡くなりのドン・グロルニックのキーボードにはちょっとラテン的な香りがして熱い感じでいいです。彼が今のライブシーンにいなくて非常に残念です。また、この頃は、フュージョン・ドラマーと言えばバディ・ウィリアムスの存在が大きかったですね。ここでも彼のちょっとカクカクした特徴のある叩き方が功を奏して演奏がかっこ良くなっています。そして、ハイラム・ブロック! ところで、この後ツアーに出る際のリズム隊が変遷を繰り返してきて今に至る訳ですけど、僕としてはもっとライブ盤を出して欲しかったです。スティーブ・ローガン+テリ・リン・キャリントンとか、デニチェン入ってた時とか、ドン・アライアスがばりばり頑張ってた時とか、いろいろあったのにこれしか正式ライブ盤が無いのが少し寂しいです。(映像はありますけど、CDでももっと出して欲しいのである)
RUN FOR COVER 最高!
ライブ音源ですがとにかく素晴らしいの一言に尽きます!デビットサンボーンがメインですがバックのメンバーも随所に見せ所があり満足の極みです。特にRUN FOR COVERはもう・・・ベーシストは全員聴きましょう!!
サンボーン名義ですが・・・ベーシスト必聴です。
このアルバムではやはりRUN FOR COVERでしょう。この1曲を聴くだけでも価値があると思います。イントロから渋過ぎるマーカスの2フィンガーのソロかと思えば、たたみかけるようなスラップの嵐へ・・・。マーカスミラーのBass素晴らし過ぎです。バラードのSTRAIGHT TO THE HEARTも前半はサンボーンのアルトをシンプルにサポートしているかと思えば、サンボーンが熱くなると同時に、マーカスもスラップへ・・・格好良すぎです!情感豊かなサンボーンのアルトはもちろんいいのですが、それを最高の形で体現させるマーカスのセンスの良さ。シンプルだけど懐深いグルーブを聴かせるドラムも、ハイラムのリズミカルなカッティングもマーカスの計算通りなのでしょう。凄すぎです。

ジャズ・ロワイヤル

[ CD ]
ジャズ・ロワイヤル

・オムニバス ・サラ・ヴォーン ・エラ・フィッツジェラルド・アンド・ザ・カウント・ベイシー・オーケストラ・ウィズ・ザ・トミー・フラナガン・トリオ ・ウッディ・ハーマン ・ボビー・コールドウェル
【ビクターエンタテインメント】
発売日: 2006-02-22
参考価格: 1,980 円(税込)
販売価格: 1,880 円(税込)
ジャズ・ロワイヤル
- 収録曲 -
1. FREEDOM JAZZ DAN...
2. MILESTONES(LATIN...
3. GIANT STEPS(WOOD...
4. MOMENT’S NOTICE(...
5. WHAT YOU WON’T D...
6. BRAZILIAN LOVE A...
7. FLY OVER THE HOR...
8. I BELIEVE IN LOV...
9. SWEET GEORGIA BR...
10. NUTTVILLE(Sunaga...
11. SOME SKUNK FUNK(...
12. MILESTONES(PUCHO...
13. EPISTROPHY(WOODY...
14. AUTUMN LEAVES(SA...
15. WHAT’S GOING ON(...
カスタマー平均評価:  5
新鮮です
 いつ聴いても、色あせることのないジョン・コルトレーン ”ジャイアント・ステップス”もいいけれど ウッディ・ハーマンのビッグバンドスタイルも ホーンセクションがきらびやかでGOODです。 春にぴったりの”うきうき”な作品集です。

ザ・ブルー・マン

[ CD ]
ザ・ブルー・マン

・スティーヴ・カーン
【ソニーレコード】
発売日: 1998-03-21
参考価格: 1,835 円(税込)
販売価格: 1,744 円(税込)
ザ・ブルー・マン
- 収録曲 -
1. デイリー・ブルズ
2. ザ・ブルー・マン
3. サム・ダウン・タイム
4. ザ・リトル・ワンズ
5. デイリー・バレー
6. アン・アイ・オーヴァー・オータム
カスタマー平均評価:  5
感性の人
とにかく一曲目に尽きます。 このテーマにして感性一発のこのソロ。 耳で聞くとなぜこの音階、音列と思いますが、コピーしてみると「指使い」に秘密が。 ギターの指板上を気持ちよく平行移動していきます。 オルガンソロやドラムも最高です。
嗚呼、素晴らしきかな'70sフュージョン
1曲目のちょっと不思議な感じのリフ。2曲目の"夢の中"を彷徨うようなメロディ。多分、好きになると離れられなくなります。 前作(タイトロープ)と次作(アロウズ)の素晴らしさも承知の上で、あえて言わせて頂きます。S.カーンがCBSに残した3枚のアルバムのうち、本作が最高傑作です!! 真っ当な(?)評論家の方やジャズファンは、CBS以降の彼の作品を評価されているかも知れませんが、私は、願わくば、この時代の音を一度だけでいいので再演して欲しいと思っています。 嗚呼、素晴らしきかな'70sフュージョン。。



Copyright © 2008 洋楽アーティストデータベース. All rights reserved.    Program by 簡単アマゾンサイト作成ツール ver.3.96

 更新日 2008年10月11日   ※ 表示価格は更新時のものです!      メール      相互リンク