洋楽アーティスト1000人のデータベース。公式サイト・ファンサイト・ブログ・掲示板・リンク集。

洋楽アーティストデータベース

1,500円以上で送料無料!
※一部大型商品を除く
カートを見る ヘルプ
リロイ・ヴィネガー レスター・ボウイ レスター・ヤング ライオネル・ハンプトン リヴィング・デイライツ ルイ・アームストロング  
  マンハッタン・トランスファー マーカス・ロバーツ マリオン・ブラウン マックス・ローチ メデスキー、マーチン&ウッド メル・トーメ

洋楽データベース
無料着うたダウンロード
OnGen音楽配信
洋楽楽譜
洋楽名曲
洋楽ランキング
洋楽歌詞和訳・翻訳
特集
 オーネット・コールマン
 オスカー・ピーターソン
 オリヴァー・ジョーンズ
 オリヴァー・ネルソン
 ナット・アダレイ
 ニコラス・ペイトン
 パット・マルティーノ
 パット・メセニー
 ピー・ウィー・ラッセル
 フィル・ウッズ
 フィル・ウッズ・クインテット
 ポール・チェンバース
 ポール・デスモンド
 マイケル・ブレッカー
 マイルス・デイヴィス
 ミルト・ジャクソン
 ランディ・ブレッカー
 レイ・ブラウン
 ローランド・カーク
 大友良英

 

ポール・チェンバース


グルーヴィー

[ CD ]
グルーヴィー

・レッド・ガーランド ・ポール・チェンバース
【ユニバーサル ミュージック クラシック】
発売日: 2007-09-19
参考価格: 1,800 円(税込)
販売価格: 1,709 円(税込)
グルーヴィー
レッド・ガーランド
ポール・チェンバース
カスタマー平均評価:  5
ブルースとカクテルの似合うピアニストの代表作
マイルス・デイビスという人は時代の中で最適なピアニストを抜擢する才能に長けていた。レッド・ガーランドというバド・パウエル系のピアニストの中でもとりわけ優れているというわけではない新進をスカウトし、グループのサウンドを決定付ける個性とサウンドを定着させたのだから。その後、ビル・エバンス、ウイントン・ケリー、ハービー・ハンコック、チック・コリア、ジョー・ザビヌル、キース・ジャレットというふうにそれぞれが時代のピアノスタイルを打ち出し、巨匠として活躍した。現在レッド・ガーランドのピアノを聞くと、50年代ではホレス・シルバー、トミー・フラナガン、ソニー・クラークなどと比較するとやや劣る甘く、癖のあるカクテル・ピアニストといった印象がぬぐえない。なぜマイルスは彼を雇ったのだろうかと思ってしまうほどである。しかし当時のマイルスクインテットにはガーランドが必要だったのである。バラードとブルース、ミュートプレイなど50年代後半のマイルスのコンセプトには不可欠な存在だったのだ。そしてザ・リズムセクションと呼ばれるほどの完成度とオリジナリティがそこに醸成され、数々の傑作をものにしていった。しかしながら、マイルスのコンセプションはヤドカリが殻を脱ぎかえるように、リズムセクションを刷新し、新たなリズム陣を形成していった。すなわちその後のガーランドとはマイルスの50年代後半の残滓であり、生き証人だったのではないか。吉祥寺のジャズクラブ、サムタイムスの壁に再現されていたこのアルバムのジャケット・デザインは、ガーランドのグルーヴィでジャジーな一面をとてもよく表した秀逸なデザインである。ブルースとカクテルの似合うピアニスト、レッド・ガーランドこそ50年代後半の精神を現在に伝える文化財なのである。

カインド・オブ・ブルー+1

[ CD ]
カインド・オブ・ブルー+1

・マイルス・デイビス ・ジミー・コブ ・ウィントン・ケリー ・ポール・チェンバース
【ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル】
発売日: 2005-07-20
参考価格: 1,890 円(税込)
販売価格: 1,700 円(税込)
カインド・オブ・ブルー+1
- 収録曲 -
1. ソー・ホワット
2. フレディ・フリーローダー
3. ブルー・イン・グリーン
4. オール・ブルース
5. フラメンコ・スケッチ
6. フラメンコ・スケッチ(別テイク)...
カスタマー平均評価:  5
60年代モダン・ジャズへの布石と音楽の豊かさ
モード・ジャズを探求していたマイルス・デイビスがその完成と60年代のジャズに対して決定的な影響力を持った傑作アルバムとしてあまりにも有名。マイルスの抑制の効いたトランペットはモード奏法の自由で新鮮なメロディー・ラインを実現している。「ソー・ホワァット」の静謐な出だしは、ポール・チェンバースの良く響くベースとビル・エバンスのクリアーなリフから始まり、マイルス、J・コルトレーン、キャノンボールと緊張の中にも寛いだ雰囲気で続けられる。3曲目の「ブルー・イン・グリーン」はジャズにおける美の極致を感じさせるトラックである。モードはジャズに限らず現在のあらゆる音楽の幅を広げ、音楽の豊かさを切り開いた。このアルバムこそ、その原点になったといえるだろう。
カインド・オブ・ブルーとその評価について
 ジャズ史上の大名作。だが、意外と批判対象にもなる。例えば、本作登場以前のハード・バップのような明解なモノをジャズの神髄とするなら、本作は当てはまらない。だから、「つまらない」と好き嫌いと批評を履違える人も出てくる。ただ、現代において本作を評するには、当時の状況への理解が必要だろう。初心者にとっては、聞きやすいけれども、少し平坦さを感じさせる部分があるかもしれない。それは、明解だが”単細胞的”でもあるハード・バップに対する意図が大きく左右しているからで、"微妙さ”や"大胆さ"というモノに注意を払う必要があると思う。また、マイルスだけではなくコルトレーンやエヴァンスの役割が大きい。時代の才能が集まって作り出された作品である。ただし名義は一人称なので、安易な神格化を招いたかもしれない。そして、それはマイルスの思惑通りではなかろうか。自分を取り巻く状況が良くなれば、部下も含めてやりたい事(やるべき事)がより自由にできる。マイルスは偉そうにしているが、実際にそれに値する役目を果たしていたのだ。マイルス論にそれるので、まとめる。例えば、本作とそれとは別ベクトルの作品(例えば、モブレーやモーガンのブルーノート1500番台)を聞き比べてみるのが、モダン・ジャズの入り口としては良いのではなかろうか。ハッキリと嫌いでない限りは、聴き続けるうちに本作はとっておきの愛聴盤になるだろう。
ジャズの金字塔!
このアルバムはジャズと呼ばれる音楽の中でも一際輝きを放っている異次元のアルバムなのです。他のジャズとはまったく異なる音楽です。でも、ジャズの中で一番かっこいいアルバムは何か?と問われれば僕は間違いなくこのアルバムを挙げるでしょう。
すみからすみまでムダのない、超大傑作!!
1959年作品ということだが、これ以来音楽業界は一体何をしていたのだろうと思うほど、新鮮で、今日のどのアルバムより新しい。 So whatは、ピアノのイントロ、ベースのあと、これまで聴いたこともなかったような新鮮な和音が弾かれる。終始ピアノがリードする。トランペットに次いで入ってくるコルトレーンはどう猛さを隠して、急に洗練されて聴こえる。アルトサックスの澄んだ高音は純粋に生理的に気持ちがいい。Freddie freeloaderはエバンス抜きのおまけ。 Blue in greenは、ピアノの和音から入る。マイルスのソロもしびれる。意外にも、コルトレーンにまで寂寥感がひしひしと伝わる。asは抜いてシンプルにし、ピアノの和音 vs マイルスのバラードという対比を明確にしている。All bluesは作品中唯一リズムが強調された曲。やはりマイルスとエバンスの掛け合いが焦点になっている。コルトレーンは壮大な表現。そして総括するかのようなエバンスのソロ。これを聴くと、多々聴かれるライブでのこの曲は少々雑である。 Flamenco sketchesは静かなピアノの主題とベースで始まる。静寂なトランぺットの主題。後のソロの世界につながるかのようなコルトレーンのゆったり気を大きくもったバラード。asのソロを経て、まさに曲の主題である、水表面をゆらゆら漂うようなエバンスが出てきて、最後マイルスが短くまとめる
モードを一番理解できるアルバムといわれていますが・・・
そのとおり!ジャズって難しい音楽だと思っている方多いと思いますが、モードジャズは違います。多少のセンスとわずか演奏技術さえあれば簡単にチャレンジできるのです。1曲目のSO WHATは代表例です。CとD♭のメジャースケールをそれぞれDmとE♭mのキーに乗っけて(音階はドリアンになる)奏でるだけという、まさに単純明快。私はこれでジャズの幅を広げることができ、応用も利くようになりました。実際コードだらけの譜面で行き詰まりを感じていたマイルス自身が打開策として提唱したきわめてシンプルなジャズ。これを発見したマイルスはやっぱり偉い!(ただ、コルトレーンやキャノンボールは吹きまくってモードの本質から多少ずれていますが・・・)ジャズをはじめたい楽器演奏者にもお勧めの1枚!

ザ・シーン・チェンジズ+1

[ CD ]
ザ・シーン・チェンジズ+1

・バド・パウエル
【EMIミュージック・ジャパン】
発売日: 2008-03-26
参考価格: 1,700 円(税込)
販売価格: 1,530 円(税込)
ザ・シーン・チェンジズ+1
- 収録曲 -
1. Cleopatra's Dream
2. Duid Deed
3. Down with It
4. Danceland
5. Borderick
6. Crossin' the Cha...
7. Comin' Up
8. Gettin' There
9. Scene Changes
10. Comin' Up [Alter...
カスタマー平均評価:  4.5
名盤というより愛聴盤としての価値
バド・パウエルの全盛期は40年代の終わりから50年代の初めにかけて。アメイジングの1集、2集をはじめその頃に集中している。50年代半ばには使命を終え、ソニー・クラークやホレス・シルバー、バリー・ハリスといった追随者たちによって受け継がれ、抜け殻のようになっていったパウエル。パリ時代には酒で太ってしまったパウエルをトドに例えたのは大江健三郎氏だった。このアルバムはハード・バップ全盛期に吹き込まれ、サイドメンもポール・チェンバースとアート・テイラーというベストメンバーで構成され、パウエルもいつになく好調のようだ。特に美しいメロディをもったクレオパトラの夢は人気で、僕も高校時代に何度となく聴き込んだ。盛りを過ぎたスポーツ選手が時折見せる肩の力を抜いた技ありの1枚がこのアルバムであり、凄みよりも親しみと愛着がわく演奏である。名盤というより愛聴盤としての価値を感じる人には手元におきたいお奨め盤。
ご機嫌なBud Powell
〜 どうしてこんなにご機嫌なんだろう。僕はいつもウィークエンドの夕飯は
Jazzを聞きながらだらだらとご飯を食べる。お酒は駄目なのでやらないが。
特にBudは豊饒な時間を与えてくれる。Budを聞かずに一生を過ごすのは
もったいない。些細なところに幸せはある。案外、知らずにあるいはあま
りに貪欲なるが故、そんな幸せにたどり着けないのかもしれない。こ〜〜の間、
5枚いっぺんにBudを買ったがその中でもこれは秀逸だ。〜
マイナー調の美しい曲
バド・パウエルと言えば「クレオパトラの夢」日本人好みのマイナー調の美しい曲。これぞ名曲中の名曲だ。ポール・チェンバース(ベース)、アート・テイラー(ドラム)と夢のようなメンバー。麻薬中毒だったとは信じられない指使い。バド・パウエル、やはり天才だ。(松本敏之)
天才パウエルのみが作りえた異次元空間
後期パウエルの鬼気迫る傑作。ほとばしる情熱と恐ろしいほどのクールさという二律背反する、通常は有り得ない世界。この不世出の天才に気遅れすることなく、しっかりとサポートするリズムセクッションのチェンバースとアート・テイラーに脱帽する。天才のみがなし得る、めくるめく極限的異次元空間にトリップ。ハイとローの状態を繰り返た後の凡人には、CDカバーに写る子供の顔がレコード業界初の心霊写真に見えてくる。凄まじい人生を送った天才に合掌。

ディグ・イット!

[ CD ]
ディグ・イット!

・レッド・ガーランド・ウィズ・ジョン・コルトレーン
【ユニバーサル ミュージック クラシック】
発売日: 2008-05-21
参考価格: 1,100 円(税込)
販売価格: 1,100 円(税込)
ディグ・イット!
- 収録曲 -
1. Billie's Bounce
2. Crazy Rhythm [Tr...
3. C.T.A.
4. Lazy Mae
カスタマー平均評価:  4
テナー、トランペットを加えたクインテット作品
典型的なプレステージレーベルのレコーディングと言える一枚。堅苦しさのないリラックスしたハードバップセッション。この雰囲気どこかマイルスのマラソンセッションに似ていなくもない。レッド・ガーランド名義となっているが、レッド色はあまり強く感じられないクインテット作品。参加ミュージシャンは、Red Garland(p), John Coltrane(ts), Donald Byrd(tp),Paul Chambers,George Joyner(b), Art Tayor(ds)となっている。 1曲目の"Billy's Bounce"からコルトレインが凄い。逞しいトーンのテナーを高速でブイブイに吹きまくる。58年録音の本作では、55年のマラソンセッションより、ぐっと成長したプレイぶりを聴かせてくれて頼もしい。セロニアス・モンクカルテットを経て、デビュー、セカンドのリーダー作を発表した後で、充実度が違う。トレインを聴くために購入しても間違いはないだろう。本CDのサブタイトルも、"Red Garlnd Quintet With John Coltrane"である。続いて活きの良い音色を聴かせてくれるのが、トランペットのバードだ。まだクリフォード・ブラウンの影響下にある、ブリリアントな音色が瑞々しい。リーダーのレッドは2曲目のトリオ作"Crazy Rhythm"では、例のレッド節をたっぷり聴かせてくれるが、それ以外の曲では、フロント二人の渋いサポート役に徹している。ドラムスは相変わらずのアート・テイラーなので、一体感のあるスゥイング・ビートを叩き出していて全く問題ない。 ひょっとすると見逃しがちになりそうな一枚だが、なかなか侮れない作品集。最後の1曲はタバコの煙がモクモクと上がってくるような?16分を越えるブルース。これにどっぷりハマルと、本CDから抜け出れなくなること請け合いだ。"All Mornin' Long", "Soul Junction", "High Pressure"の三枚とともに同時期に録音された、”レッド・ガーランドのマラソンセッション”と言われる一枚でもある。

クール・ストラッティン+2

[ CD ]
クール・ストラッティン+2

・ソニー・クラーク
【EMIミュージック・ジャパン】
発売日: 2008-01-23
参考価格: 1,700 円(税込)
販売価格: 1,530 円(税込)
クール・ストラッティン+2
- 収録曲 -
1. Cool Struttin'
2. Blue Minor
3. Sippin' at Bells
4. Deep Night
カスタマー平均評価:  5
クールなハード・バップ ホットな哀愁
ドラッグのやりすぎにより、わずか31歳の若さで他界したピアニスト、ソニー・クラークの代表作。50年代のファンキーなムードをたたえながらもどこか、知的で複雑な要素を持ったアルバムだ。Cool Struttin'というタイトルとジャケットのおしゃれなセンスはおよそファンキーな土くささと相容れないし、Blue Minorの哀愁を帯びたテーマはホットに語りかけ、心を熱くさせる。米国におけるクラークの人気は意外なほどないという。日本ではマイナー好みな日本人の感性にフィットしたのかジャズ喫茶の超人気盤であった。アート・ファーマー(tp)、ジャッキー・マックリーン(as)というフロントラインも、哀愁とファンキー、知性など複合的なムードを引き出すことに貢献している。また、P・チェンバース(b)、F・J・ジョーンズ(ds)といえば当時のマイルスのリズム陣。後乗りのビートで全体をぐいぐい引っ張り、フロントラインを煽っている。58年といえばハード・バップが熟成しファンキーな色合いのジャズが絶頂期を迎えつつあったが、カーティス・フラーの「ブルースエット」やジャズ・メッセンジャーの諸作と並ぶ名演であろう。しかし、あえて単なるファンキージャズと一線を画したくなるのはクールなハード・バップという形容矛盾を犯してしまうほど、ソニー・クラークの美的で底知れぬ才能のゆえである。60年代、70年代、80年代のジャズシーンの中で、ソニー・クラークがどのような演奏をしていたか、聞いてみたいと思うのは僕だけではないだろう。だが、短い時間に生き急ぐようにして吹き込まれたクラークのキラ星のような作品の生命は永遠の輝きを放ち続けるに違いない。

1958マイルス+2

[ CD ]
1958マイルス+2

・マイルス・デイヴィス ・ジョン・コルトレーン ・キャノンボール・アダレイ ・ビル・エヴァンス ・ポール・チェンバース ・ジミー・コブ ・フィリー・ジョー・ジョーンズ
【ソニーレコード】
発売日: 2001-05-23
参考価格: 1,995 円(税込)
販売価格: 1,850 円(税込)
1958マイルス+2
- 収録曲 -
1. オン・グリーン・ドルフィン・スト...
2. フラン・ダンス
3. 星影のステラ
4. ラヴ・フォー・セール
5. リトル・メロネー
6. リトル・メロネー(別テイク)
7. フラン・ダンス(別テイク)
カスタマー平均評価:  5
池田満寿夫のジャケットもいい、マイルスの洗練されたサウンドを満喫できる一作
片面CBS吹き込みの”マイルス・セクステット”で残る片面がフィリップスの”死刑台のエレベータ”であった「ジャズトラック」から、 日本の企画でセクステットだけをまとめたのが本アルバム、ということで70年代に唐突に出てきた感があった。 池田満寿夫のイラストが素敵なジャケット(これは女性は100%「ステキ?!」という)にも惹かれて買った記憶がある。 パーソネルの中で触れておかなければいけないのは、3人。 このアルバム収録の二ヶ月前に名盤"Something Else"を、 Milesを招いて作ったキャノンボール・アダレイ(実のところ、これはMilesがリーダーのアルバムになっている)。 Milesの師匠、チャーリー・パーカーを彷彿とさせるアルト・サックスである。 それから、ビル(ギルではない)・エアバンスのピアノ。 彼の”Explorations”を聞いてもらえばわかるが、独特のたる?いサウンドを展開する。 そして、テナー・サックスをブロウするジョン・コルトレーン。 ・・・それにしても、なんて洗練されたお洒落なサウンドなんだろう。 約半世紀前の作品とは思えない。 聞いていてうっとりするMilesのベストプレイの1つである。
マイルスのミュートで演奏される聴き易いアルバム!
マイルスのミュートで演奏されるバラッド中心の良く出来たアルバムです。 5曲目以外、マイルスはハーマン・ミュートを使用。大名盤「kind of Blue」とは違い、スタンダード中心の構成なのも聴きやすいポイントです。 お勧めは1曲目の「On Green Dolphin Street」、 ビル・エバンス(p)のロマンチックなピアノソロで始まり、ジミー・コブ(ds)の控えめなブラシをバックにマイルスのミュート・トランペットが入る構成などは素敵です。 またC.ポーター作曲の「Love For Sale」は、同時期に録音された「Somethin'Else / C.Adderley(Ble Note BST81595)」のバージョンと聴き比べるのてみるのも面白いですね。 今回は「マイルス・デイビス紙ジャケ復刻ベスト30」の1枚で、DSDマスタリング・マスター使用。銀蒸着CD。原盤ライナーノート訳を所収しております。
58年のマイルス音源から成る名盤コンピが高音質で甦る
今回のDSDリマスタリングによって音質が格段に向上している。輸入盤CDのJazz Master Seriesではテープヒスが目立っていたが、本盤ではきれいに取り除かれている。それとステラ・バイ・スターライトのバージョンが上記の輸入盤とは違うらしい。詳しくは中山氏の「聴け」でご確認を。マイルスが引退していた1979年に日本のCBSソニーの企画で編集されたコンピレーションだが、マイスル不在の急場しのぎに作られたのもとは到底思えない程内容は素晴らしい。演奏メンバーはあの"Kind Of Blue"と同一だが、あれほど堅苦しい感じはなく、ぐっとリラックスした演奏内容となっていて聴きやすく初心者にもお薦めしやすい。実は私も本盤をジャズ初心者の頃聴いてマイルスとモダンジャズに傾倒していった経験がある。 マズは一曲目の"On Green Dolphin Street"が問題なしに良い。Bill Evansのリリカルなピアノのイントロが爽やかな風を運んでくる軽やかなアップナンバー。続くマイルスのミュートが卵の殻の上を歩き、トレーンが最初はやさしいが徐々に凶暴になるトーンで全部ぶっ壊し、キャノンボールが笑いながらきれいに後かたづけをする。二度目のソロではEvansがビーバップフレイズを叩き、最後にマイルスがメロディーを吹いて締める。二曲目の"Fran Dance"はマイルスお得意のバラード、キャノンボール美しいアルト、トレーン叙情的で力強いテナーを聴いているともうカインド・オブ・ブルーの世界の一歩手前まで確実に到着していることが判る。その後の"Stella"や"Love For Sale"も屈指の名演奏だと言える。やはりこのクイテットはマイルスにとって特別なものであり、腕達者なメンバー一人一人も充分にその上手さと個性を発揮できるスペースがあり、全体としても最上質のモダンジャズとなっている。PrestigeからCBSに移ってからのマイルスクインテットはどことなくぎこちなさがあり、その堅苦しさが少し聴きにくさに繋がっていた面があったが、本盤ではドライブの効いたライブのような演奏が聴けて好きだ。
カインド・オブ・ブルーと同じメンバーの顔合わせセッション
希代の傑作「カインド・オブ・ブルー」を生み出した奇跡のセクステットの顔合わせセッション的なアルバムです。カインド・オブ・ブルーの深遠な世界とは違う、リラックスしたスタンダード演奏集。ビル・エヴァンスの個性が全体のトーンを規定しているのが聴き取れます。
聴けば聴くほど一生モノだと思える。(古いテープでこれを渡してくれた生物の先生に感謝します)
印象的な赤のデザイン(池田満寿夫氏による版画)が僕には日の丸カラーを連想させ、日本が世界に発するマイルスの音源という誇りに感じられる。その音は膨大な作品がある中で黄金コンボがそろい始める1958年。ジョン・コルトレーン、キャノンボール・アダレイ、そして初参加のビル・エバンス(マイルスとの音源は少ない)という華やかさなのだ。 そして今作の演奏が「聞きやすい」とよく言われる理由は、マイルスの描く思想がわかりやすく纏められているからではないか。マイルス独特のシンプルなものに込める深み、そしてモードジャズ完成前夜の自由な展開力を秘めた知的さ。これらを難しくせず、旋律の幹がどっしりしたスタンダードらに秘めさせ、組まれている。 特に「オン・グリーン・ドルフィン・ストリート」だ。ビル・エバンスが初めに描く軌道の美しさがいきなり神聖で、空気がだんだん緊張し、ポール・チェンバースのベースも加わり流れが速くなるところへ、主人公マイルスが登場する。この最初の一吹目の思慮深さ、そして次々とソロが入れ替わる中でも次に何が起こるのかという興味で待つ空気がたまらない。構成がカッコイイというよりは繋いでゆく意思が非常にカッコイイ。旋律のバトンの中に内省的な恍惚がある。 「フラン・ダンス」は妻フランシスへのオリ曲。これがまた素晴らしく、コードの上でアンニュイに歌うようなマイルス。思えば控えめな表現がなせるエバンスの思想はマイルスにうってつけなのかもしれない。「星影のステラ」ではマイルスのメロウな表現技法がこれでもかとみせつけられる。ランデブするエバンスとコルトレーンの性格の違いも面白い。「ラヴ・フォー・セール」は跳ねる様なリズムセクションが印象的。代わりにに音を丁寧に作り出すマイルス。間やタッチが官能的だ。「リトル・メロネー」は実は55年の音。モノラルの音も空間を感じられてこれも結構いい。

ハーフ・ノートのウェス・モンゴメリーとウィントン・ケリー・トリオVol.2

[ CD ]
ハーフ・ノートのウェス・モンゴメリーとウィントン・ケリー・トリオVol.2

・ウェス・モンゴメリー
【ポリドール】
発売日: 1998-06-17
参考価格: 1,835 円(税込)
販売価格: 1,743 円(税込)
ハーフ・ノートのウェス・モンゴメリーとウィントン・ケリー・トリオVol.2
- 収録曲 -
1. ノー・ブルース
2. イフ・ユー・クッド・シー・ミー・...
3. ウィロー・ウィープ・フォー・ミー
4. インプレッションズ
5. ポートレート・オブ・ジェニー
6. 飾りの付いた四輪馬車
7. オー,ユー・クレイジー・ムーン
8. フォー・オン・シックス
9. ミスティ
カスタマー平均評価:  5
劇的なWESのギターソロ
 なんと言ってもFOUR ON SIXのWesのソロです。一度ラジオのジャズ番組で聴いて、このソロが聴けるCDはどれだろうと探していましたが、とうとう出会いました。それがこのハーフ・ノートNo2です。スタンダード曲がたくさんあって親しみが持ちやすいですが、最大の聴きものは 前述したソロです。いつものユニゾンでテーマを弾いた後Wesのソロが延々と続くのです。集中力が全く途切れることが無く、聴くものをぐいぐいとWesの世界に引き込んで行きます。なぜこんな素晴らしい演奏が長い間お蔵入りになっていたのか不思議です。間違いなくジャズギターのソロベスト5に入ると思います。彼のソロ後にKellyがピアノソロを弾くのですが、「お前の後に俺はどんな風に演奏すればええんや?」と、Wesの演奏に圧倒され、困惑した様にも聴こえます。それに終わり方が録音技術的に不自然です。これがオクラになっていた理由かもしれません。でもこのソロを聴くためにだけこのCDを買うってのもええではないかと、私はお薦めします。
なぜこんなに素晴らしいのか?
ウエスのギターは、非常にソウルフルですね。 何といっても、その素晴らしいリズム感覚。そして、豊かな歌心。 ウエスに匹敵するような衝撃的なジャズギタリストにはなかなか出会えないというのも、寂しいものです(パットメセニーには感じるものがありますが)。 本アルバムの例えば「No Blues」や「Four on Six」などは、昔から数え切れないほど繰り返し聞き、フレーズ等も暗記しているのですが、しかし、自分では未だに巧く弾けない。 才能とは何かを考えさせられるアルバムでもあります。 ちなみに、個人的には、ウエス最高の一枚として「ソリチュード コンプリートライブ イン パリ」を挙げたいのですが、本アルバムも負けてはいません。 ギターに興味をお持ちの方は、必須のアルバムです。
この「赤ジャケ」も買いだ
まるで同じジャケットの色違いでVOL.1(青いジャケット)とVOL.2(この赤ジャケ)があって青ジャケが圧倒的に売れているが、このアルバムも負けずによい。「飾りの付いた四輪馬車」「柳が私のために泣いている」「ミスティ」などの名曲、佳曲がザクザク。ピアニストのウィントン・ケリ?はこの頃、すでに下り坂と言われるが、どうしてどうして、サイドメンとしてはなかなかである。リバーサイド・レコード時代に比べて、ヴァーヴ・レコード時代のウエスの評価はいま一つだが、ハーフ・ノートの2枚に関しては、最高の出来。スインギ?な「イージーリスニング」でないウエスを満喫できる。「青ジャケ」が好きな人だったら、この「赤ジャケ」も買いである。(松本敏之)
CTI路線に移行する前の熱いウェスのライブ録音!
有名なCTI、3部作でウェスを好きになった人は、是非、この熱いライブを聴いて、本当のウェスの凄さ、そしてウィントン・ケリー・トリオとの技のぶつかり合いを体験して欲しい。実は、録音は残っていないのですが、ウェスは一時期、コルトレーンのグループと何度か共演していたのである。「インプレッションズ」というコルトレーンナンバーがリストに入っている訳が分かるでしょう?しかも、コルトレーンとの共演は、評論家達は高い評価をしているのです。是非聴いてみたいと思いますよね?このCDを聴きながら、コルトレーンのサックスを貴方の頭の中で共演させてみて下さい。いや、そんな事しなくとも、このCDを聴くだけで、充分、貴方は、ジャズの素晴らしさに気づくはずです。これが気に入ったなら、時代を遡り、リバーサイド時代のウェスに手を伸ばしてみましょう。宝が沢山見つかる筈です。ウェスは、ポップ路線で世界の注目を浴びましたが、その基礎は、こんなに強固な資質があったからなのです。オクターブ奏法を真似するミュージシャンが居ますが、ウェス程の演奏は、未だに聴けない!ファン必携!
 なお、ウェスの死後、「ウィロー・ウィープ・フォー・ミー」というアルバムが発売されましたが、それは、この演奏にオーヴァーダビングを加えたものですので、恐い物見たさの興味がある方は、比較してみて下さい。こちらのCDで充分な事が実感できます。
緊迫感溢れる名演奏
ジャズギターの神様とされるのはチャーリー・クリスチャンだが、彼の影響を受けながらもオリジナルの奏法を確立して、あらゆるジャンルの多くのギタリストらに影響を与えたという意味ではウェス・モンゴメリーこそが「神」ではないかと思う。彼は左手での弦の押さえ方によってオクターブ差のある音をユニゾンで重ねていく「オクターブ奏法」という前人未踏のアイディアを実践してみせた。この奏法はジャズのみならず、ロックギタリストらも当り前に使う奏法として、今や完全に定着してしまった。この奏法を用いた緊迫感溢れる演奏を聴く事ができるアルバムの代表として、このアルバムを推薦する。このアルバムはウェスのリーダー作ではあるが、ピアノのウイントン・ケリーとのバトルが素晴らしく“ツー・トップ”のアルバムとして捉えても間違いではない。特に「No Blues」における二人は、始めは静かに、そして徐々に熱を帯びて緊張感あふれるソロの応酬となって行く。ウイントン・ケリーはもともとブルース・フィーリング溢れるプレイで有名で、自身のアルバムだと「楽しんでいる」という感じのフレンドリーな演奏が多いのだが、このアルバムではウェスに触発されたように本気まる出しの熱いプレイを聴く事が出来る。また、ここまで二人がバトルを繰り広げることが出来たのはベースのポール・チェンバースとドラムのジミー・コブの安定したリズム隊があったればこそ、であることも忘れてはならない。マイルス・コンボ時代からのウイントン・ケリーの仲間である彼らの、根っこが張ったような安定感は「史上最強のリズム隊」と言っても過言ではない。このアルバムを聴いていると、ジャズは「リラクシング・ミュージック」では決してなく、ロックにも劣らない熱さを持った音楽だ…ということを痛感させられる。またそれは、クラッシックにも負けない芸術である事も言うまでもない。

ブルー・スプリング

[ CD ]
ブルー・スプリング

・ケニー・ドーハム・ウィズ・キャノンボール・アダレイ
【ユニバーサル ミュージック クラシック】
発売日: 2008-05-21
参考価格: 1,100 円(税込)
販売価格: 1,100 円(税込)
ブルー・スプリング
- 収録曲 -
1. Blue Spring
2. It Might as Well...
3. Poetic Spring
4. Spring Is Here
5. Spring Cannon
6. Passion Spring
カスタマー平均評価:  5
春でも秋でも♪
私もやっぱり "Quiet Kenny" より断然こっち! ドーハムのオリジナル4曲と、R.ロジャースの2曲。全て春をテーマにした曲ながら、秋になると やたら聴きたくなるアルバムです。 とにかくドーハムとキャノンボールの相性が素晴らしいです。 キャノンボールは一般にファンクとかの文脈で語られがちですが、その抜群のメロディセンスと クリアで暖かいトーンは、こういうリラックスした、リリカルな演奏が一番似合うと思います。 本当に全曲良いですが、特に "It Might As Well Be Spring" とドーハム作の "Passion Spring"。 明るいのに、寂しげで、暖かくて。 こんな曲を書けて、こんな演奏ができるのは、きっと二人が 筋金入りのロマンチストだからに違いありません(根拠は無いですが)。 ひとりきりの夜などに、是非。
リバーサイド盤のケニーの傑作
ケニードーハムといえば、「静かなるケニー」が有名ですが、リバーサイド盤のケニーはこちらがお薦め!有名曲を多く演奏し、「静かなる…」よりも溌剌としたケニーのトランペットが聴けます。ケニーファンにお薦め!

ザ・ラスト・トレーン

[ CD ]
ザ・ラスト・トレーン

・ジョン・コルトレーン
【ユニバーサル ミュージック クラシック】
発売日: 2008-05-21
参考価格: 1,100 円(税込)
販売価格: 989 円(税込)
ザ・ラスト・トレーン
- 収録曲 -
1. Lover
2. Slowtrane
3. By the Numbers
4. Come Rain or Com...
カスタマー平均評価:  4
発展期の姿を捉えた貴重な録音
55年のマイルス・デイビス・ニュー・クインテットに参加して以来のコルトレーンの成長振りは目を見張るものがあった。加入直後のイモなどと呼ばれていた当初から、モンクのグループに入団した57年頃が最初の成長期だとすれば、それ以後のカインド・オブ・ブルーまでの発展期はまるで別人のような自信に満ちたサックス奏者に変貌していた。このアルバムはまさに後期マイルスコンボに所属する前後の演奏をプレスティッジに遺したもので、コルトレーンの発展期を捉えた貴重な音源でもある。シーツ・オブ・サウンズへの試みが顕著であり、コードからモードへの独自の転換が感じられスリリングである。ロリンズのような節や歌心とは異なった新しいメロディや和音への解釈が見て取れ新鮮である。ソウル・トレインで最初のピークに達する直前の充実した演奏を聞くことが出来る掘り出しもの的異色盤といえよう。
発展期の姿を捉えた貴重な録音
55年のマイルス・デイビス・ニュー・クインテットに参加して以来のコルトレーンの成長振りは目を見張るものがあった。加入直後のイモなどと呼ばれていた当初から、モンクのグループに入団した57年頃が最初の成長期だとすれば、それ以後のカインド・オブ・ブルーまでの発展期はまるで別人のような自信に満ちたサックス奏者に変貌していた。このアルバムはまさに後期マイルスコンボに所属する前後の演奏をプレスティッジに遺したもので、コルトレーンの発展期を捉えた貴重な音源でもある。シーツ・オブ・サウンズへの試みが顕著であり、コードからモードへの独自の転換が感じられスリリングである。ロリンズのような節や歌心とは異なった新しいメロディや和音への解釈が見て取れ新鮮である。ソウル・トレインで最初のピークに達する直前の充実した演奏を聞くことが出来る掘り出しもの的異色盤といえよう。
「トレーニング・イン」から「ラッシュ・ライフ」にかけてのセッションから。
〜57年から58年にかけて録音されたテイクで構成されたアルバム。カルテットものあれば他の管が入ったものもある。この時期のアルバム群の例に漏れず、決して飛び抜けた名演がある訳ではなく、当時のアベレージ的演奏ではあるのだが、どれも出色の出来。「降っても晴れても」にしても、俗にならずしかし叙情的な演奏スタイルは、後のライブ盤『ライブ・アット・バ〜〜ードランド』に収録の「アイ・ウォント・トーク・アバウト・ユー」に通じるたくましいリリシズムをにおわせ、「スロートレイン」などもブルースという括りに終わらず、コルトレーン色が顔をのぞかせている。後の大活躍を知っている者としては、まだまだトレーニング中の感じは否めないが、持っていて損はない作品だ。
『ソウルトレーン』『ラッシュライフ』〜〜の次くらいにいかがでしょうか。〜

ザ・ビリーヴァー

[ CD ]
ザ・ビリーヴァー

・ジョン・コルトレーン
【ユニバーサル ミュージック クラシック】
発売日: 2008-05-21
参考価格: 1,100 円(税込)
販売価格: 1,100 円(税込)
ザ・ビリーヴァー
- 収録曲 -
1. Believer
2. Nakatini Serenade
3. Do I Love You Be...
4. Filidia [*]
5. Paul's Pal [*]
カスタマー平均評価:   0



Copyright © 2008 洋楽アーティストデータベース. All rights reserved.    Program by 簡単アマゾンサイト作成ツール ver.3.96

 更新日 2008年10月11日   ※ 表示価格は更新時のものです!      メール      相互リンク