洋楽アーティスト1000人のデータベース。公式サイト・ファンサイト・ブログ・掲示板・リンク集。

洋楽アーティストデータベース

1,500円以上で送料無料!
※一部大型商品を除く
カートを見る ヘルプ
リロイ・ヴィネガー レスター・ボウイ レスター・ヤング ライオネル・ハンプトン リヴィング・デイライツ ルイ・アームストロング  
  マンハッタン・トランスファー マーカス・ロバーツ マリオン・ブラウン マックス・ローチ メデスキー、マーチン&ウッド メル・トーメ

洋楽データベース
無料着うたダウンロード
OnGen音楽配信
洋楽楽譜
洋楽名曲
洋楽ランキング
洋楽歌詞和訳・翻訳
特集
 オーネット・コールマン
 オスカー・ピーターソン
 オリヴァー・ジョーンズ
 オリヴァー・ネルソン
 ナット・アダレイ
 ニコラス・ペイトン
 パット・マルティーノ
 パット・メセニー
 ピー・ウィー・ラッセル
 フィル・ウッズ
 フィル・ウッズ・クインテット
 ポール・チェンバース
 ポール・デスモンド
 マイケル・ブレッカー
 マイルス・デイヴィス
 ミルト・ジャクソン
 ランディ・ブレッカー
 レイ・ブラウン
 ローランド・カーク
 大友良英

 

マーカス・ロバーツ


ガーシュウィン:ピアノ協奏曲

[ CD ]
ガーシュウィン:ピアノ協奏曲

・小澤征爾
【ユニバーサル ミュージック クラシック】
発売日: 2006-08-23
参考価格: 2,300 円(税込)
販売価格: 2,050 円(税込)
ガーシュウィン:ピアノ協奏曲
- 収録曲 -
1. ガーシュウィン:ピアノ協奏曲 へ調
2. ハッピー・バースデイ・インプロビ...
カスタマー平均評価:  5
最も聴きやすいピアコン!
このガーシュウィンのピアコンは小澤と一緒に演奏しているマーカスロバーツトリオ用にアレンジされたもの何ですが、このアレンジが素晴らしいです。従来のバージョンに比べ、ピアノの硬質な音色がより鮮明に活きて聞こえます。黒人の方のリズムセンスの素晴らしさとセクシーな音色の響き!曲が堅苦しくなくお洒落なだけに、ピアノの音色が苦手な方や協奏曲が苦手な方にもこれは是非お薦め!

ジャズ・ピアノCDこの1枚~ピアノで聴くスタンダード・ジャズいいとこどり

[ CD ]
ジャズ・ピアノCDこの1枚~ピアノで聴くスタンダード・ジャズいいとこどり

・オムニバス
【BMG JAPAN】
発売日: 2005-05-25
参考価格: 1,980 円(税込)
販売価格: 1,880 円(税込)
ジャズ・ピアノCDこの1枚~ピアノで聴くスタンダード・ジャズいいとこどり
- 収録曲 -
1. いつか王子様が(ケニー・ドリュー)
2. マイ・ロマンス(ケニー・ドリュー)
3. ミスティ(レッド・ガーランド)
4. フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン(...
5. A列車で行こう(ケニー・ドリュー)
6. 星に願いを(ケニー・ドリュー)
7. コルコヴァード(ケニー・ドリュー)
8. スターダスト(ケニー・ドリュー)
9. ワルツ・フォー・デビー(ケニー・...
10. 虹の彼方に(レッド・ガーランド)
11. バット・ノット・フォー・ミー(レ...
12. 枯葉(ケニー・ドリュー)
13. 朝日のようにさわやかに(ケニー・...
14. 時の過ぎゆくまま(ケニー・ドリュ...
15. ユード・ビー・ソー・ナイス・トゥ...
・・・
カスタマー平均評価:   0

Cole After Midnight

[ CD ]
Cole After Midnight

・Marcus Roberts Trio
【Sony】
発売日: 2008-04-01
参考価格: 783 円(税込)
販売価格: 622 円(税込)
Cole After Midnight
- 収録曲 -
1. Answer Me, My Lo...
2. Embraceable You
3. Unforgettable
4. Too Young
5. Mona Lisa
6. It's Only a Pape...
7. Gee Baby, Ain't ...
8. Cole After Midni...
9. I Concentrate on...
10. What Is This Thi...
11. It's De-Lovely
12. I've Got You Und...
13. Ace in the Hole
14. You're the Top
15. It's All Right W...
・・・
カスタマー平均評価:  4
静かに心に染みいる音楽
盲目の黒人ピアニストのナット・キング・コールにちなんだ曲ばかり集めた作品集。落ち着いたクラシックを思わせる演奏の裏に、ものすごいテクニックと抑制のきいた情熱を秘めている。アメリカでは売れているのだろうが、日本人の趣味には合わないアルバムかも知れない。大人の静かな夜の音楽。落ち着いた気分の時にアルコール片手に聴くと心にしみじみ染みいってくる。こんなジャズも時にはいいね。(松本敏之)
落ち着いたよい演奏
2003年6月ベルリン・ピクニック・コンサートでは、小澤征爾指揮ベルリン・フィルとでガーシュイン「ラプソディー・イン・ブルー」、「ピアノ協奏曲ヘ調」(ともにロバーツ編曲)を演奏し、素晴らしいテクニックを披露したマーカス・ロバーツトリオでした。

このCDはナットキング・コールとコール・ポーターの曲(全てロバーツ編曲)を集たもの。落ち着いた演奏を楽しめます。
スローな曲が多いため、触れるというより上から叩くピアノ・タッチがちょっと気になります。凄いテクニックがあり早い曲の方が合いそうです。


スタンダード・タイム Vol.1

[ CD ]
スタンダード・タイム Vol.1

・ウイントン・マルサリス
【ソニーレコード】
発売日: 2001-03-07
参考価格: 3,150 円(税込)
販売価格: 2,993 円(税込)
スタンダード・タイム Vol.1
- 収録曲 -
1. キャラヴァン
2. パリの4月
3. チェロキー
4. グッドバイ
5. ニューオリンズ
6. スーン・オール・ウィル・ノウ
7. フォギー・デイ
8. ザ・ソング・イズ・ユー
9. メモリーズ・オブ・ユー
10. イン・ジ・アフターグロウ
11. 枯葉
12. チェロキー
カスタマー平均評価:  5
マルサリスのベストアルバム
一瞬聴くと印象が薄い。それはマルサリスが吹きまくらないで、抑制的だからだ。しかしトランペットに注意して何度も聴くとマルサリスの凄さに気が付く。音域、音の出し方、メロディーの吹き方、巨人マイルスを超えているのではないか。以前のマルサリスのアルバムは優等生的、教科書的だったが、「歌心」がこのアルバムにはある。キース・ジャレットのスタンダード・シリーズがピアノによるスタンダードの新しい解釈だとすると、このマルサリスのスタンダード・タイムは管楽器による新しいスタンダードの解釈。現代の名盤にして新しい「スタンダード」である。(松本敏之)

スタンダード・タイム Vol.1

[ CD ]
スタンダード・タイム Vol.1

・ウイントン・マルサリス
【ソニーレコード】
発売日: 1999-12-18
参考価格: 1,995 円(税込)
販売価格: 1,698 円(税込)
スタンダード・タイム Vol.1
- 収録曲 -
1. キャラバン
2. パリの四月
3. チェロキー
4. グッドバイ
5. ニュー・オリンズ
6. スーン・オール・ウィル・ノウ
7. フォギー・ディ
8. ザ・ソング・イズ・ユー
9. メモリーズ・オブ・ユー
10. イン・ジ・アフターグロウ
11. 枯葉
12. チェロキー
カスタマー平均評価:  5
若き天才によるスタンダーズの解釈は如何に?
トランペッターはジャズの華だ。誰でも知ってるサッチモことルイ・アームストロングの人なつっこい笑顔。マイルス・デイビスの人を寄せ付けないような深い孤独を湛えたミュート。夭折した天才クリフォード・ブラウンのダイナミックな演奏や、早熟なリー・モーガンのヤクザなプレーも良い。色とりどりの目映いばかりの個性派が集う激戦区だ。 ジャズ発祥地のニューオーリンズに生まれ、父は地元で有名なジャズ・ピアニスト。兄弟も世界的プロジャズ・プレーヤー。ジャズDNAの濃さでは誰にも引けを取らないトランペッターが、ウィントン・マルサリスだ。ルイ・アームストロングから始まるジャズトランペットの伝統の継承者でありながらも、現代感覚溢れる演奏を聴かせる。類い希なテクニックと歌心を併せ持ち、知性と感性のバランス感覚にも優れる。そんなマルサリスの素晴らしさが遺憾なく発揮されたのが、本アルバムである。 アルバムのはじまりは、エリントン・クラシックの「キャラヴァン」。まだ若いのに、いきなりこんな古い曲からか。だがこの曲、古いどころか全然カッコイイのだ。しなやかで、ファンキーなシャッフル・ビートが快感だ。ドラムスのジェフ・ティン・ワッツを中心としたリズムセクションの斬新なプレイに引き込まれる。そこに絡んでくるマルサリスのトランペットがあのメロディを奏でる。スタンダーズに新たな命が吹き込まれる瞬間だ。 このアルバムはこの一曲で決まり。あとは音に身を任せて、どんどん飛翔していくのみ。この安定感溢れる上昇感覚が堪らなくイイんだ。端正だけどどこか無鉄砲。情熱的だけどどこかクール。ここでのマルサリスは、しなやかな身のこなしが眩しい黒人ダンサーのようだ。 自作のバラードをスタンダーズに交えアルバムは進んでいく。あの「チェロキー」や「枯葉」も取り上げる。前者での疾走感溢れる演奏での巧みなリップコントロールは、クリフォード・ブラウンを越える。マイルスやエヴァンスでも有名な後者では、このバンドでしか出来ないファンキーな味付けがされている。 そうか、これがウィントンの目指したものだったのか。他の誰でもない、彼にしかできない味わいでスタンダーズを再構築するすることが。まだ若造のくせに憎らしいほどの自信に満ちた男だ。
ある意味でお勧め
TPは、サックスやクラリネットと比べて、その楽器の構造からくる演奏性の制約から、カルテット作品の完成度を充実させることが非常に難しい。それぞれの時代の名手がそれぞれに挑んで作品を残しているが、残念ながらその完成度のどこかにある種の「すきま」を感じてしまう。ところが、本作品は同楽器によるワンホーンカルテットでの史上唯一の成功作品と言っても過言ではない。それは演奏者の類まれな技量に基づくのは言うまでもなく、それをスポーツでたとえるならば、オリンピックの十種競技をそれぞれの競技の専門家以上の記録でこなすプレイヤーとでも言えば足りるであろうか。それは、すべての競技をこなしてさらに余裕のある能力を備えていると言うことであるが、しかし、類まれな技量をもっていることが逆にあだになることもある。その良い例が本作品であるというのは不遜であろうか?どの演奏を聴いても、そこには余裕を見て取れる。発音、フレージング、音程、演奏効果の調整・・・すべてが完璧に制御され、素晴らしい。しかし、なにかが足りない。たとえば、「Brown?Roach Quntete at BASIN STREET」では、マックスローチが興奮のあまり、テンポを忘れて走り出すなどという失態を繰り広げているが、聞き手は思わずうなずいてしまう。感情さえもが非常に計算されて制御されている本作品には、そのような人間臭さがない。伝わってくる熱気もいわば「計算された」熱気であるように聴こえてくる。「洗練されている」で片づけるのも一つではあるが、非の打ち所が無い完璧さの持つ悲しさのようなものを感じてしまう。非常に模範となる演奏と言う点でお勧めです。
マルサリスのベストアルバム
一瞬聴くと印象が薄い。それはマルサリスが吹きまくらないで、抑制的だからだ。しかしトランペットに注意して何度も聴くとマルサリスの凄さに気が付く。音域、音の出し方、メロディーの吹き方、巨人マイルスを超えているのではないか。以前のマルサリスのアルバムは優等生的、教科書的だったが、「歌心」がこのアルバムにはある。キース・ジャレットのスタンダード・シリーズがピアノによるスタンダードの新しい解釈だとすると、このマルサリスのスタンダード・タイムは管楽器による新しいスタンダードの解釈。現代の名盤にして新しい「スタンダード」である。(松本敏之)
スタンダード?
私がJAZZを好きになるきっかけになった作品です。
とにかく演奏がかっこいい!!
ウィントンだけじゃなくピアノのマーカスもドラムのジェフもベースのロバートも全員が凄まじいテンションとフレーズの展開。
あまりの斬新さに「ホントにこれスタンダード?」と思ってしまいました。

それなのに個々のプレイヤーの技量の高さのおかげでとってもバランスがいいんです。

今ではクリフォード・ブラウン、リー・モーガン、フレディー・ハバード、ウッディ・ショウと聴くようになったけど
このアルバムは飽きずに長く聴けます。

とにかく、JAZZ好きには絶対おすすめです。
生きたソウルがてんこ盛り
ジャズ界に80年代にデビューした若手の作品には、演奏に「意味がない」ものが非常に多かった。指だの手足だのはよく動くし、先人の遺産とやらをよく勉強してるから褒めてあげてもいいのだが、聴く側にしてみたら、そんなこたぁどうでもいいんである。それより、演奏がつるつる滑って聴くに堪えないというか、何も残らないのをどうにかしてほしかった。なんでこの人はここでこんな演奏をしているのか、説得力がないのである。意味がないとはそういうことだ。

そういうつまらないジャズの親玉だとして、一部で目のかたきにされていたのがウィントン・マルサリスである。やれ頭でっかちだの、口は閉じて演奏に専念しろだの、いろいろ言われたものだ。たしかにウィントンは一言多い人だった。よせばいいのに遺産だの伝統だのと講釈をたれるもんだから、「理屈抜きで楽しめる」ことを至上の価値とする人たちからは総スカンを食った。しかし、そんなウィントンの言動に惑わされて、逆にこの「スタンダード・タイム」を理屈抜きに聴けなくなったのはマヌケとしか言いようがない。

「スタンダード・タイム」は傑作である。ウィントンは、テクニックを何のために使うのかをよく自覚している。一音一音に対する集中力がすさまじい。フレーズの一つ一つに意思を感じる。徹底して抑制された音、サックスに劣らない表現力を持たせる驚異のリップコントロール、それらが何度聴いても飽きないアドリブ・ラインとなって、全曲にわたって展開する。なぜ飽きないのかよく聴き直してみると、とにかくフレーズの引き出しがケタ違いなのだ。節回しがいちいちツボにはまる。ソウルの効いたくすぐりが途切れることがない。おいしすぎる。またピアノのマーカス・ロバーツがすばらしい。おとなしそうに見えて、熾火のようにじわじわと熱くなってくる切迫感がたまらない。

メンバー全員の気合と懐の深さに、おなかも心も満足の一品だ。


Alone with Three Giants

[ CD ]
Alone with Three Giants

・Marcus Roberts
【Novus】
発売日: 1990-12-29
参考価格: 1,118 円(税込)
販売価格: 2,195 円(税込)
Alone with Three Giants
- 収録曲 -
1. Jungle Blues
2. Mood Indigo
3. Solitude
4. I Got It Bad (An...
5. Trinkle, Tinkle
6. Misterioso
7. Pannonica
8. New Orleans Blues
9. Prelude to a Kiss
10. Shout 'Em Aunt T...
11. Black and Tan Fa...
12. Monk's Mood
13. In Walked Bud
14. Crepuscule With ...
15. Crave
カスタマー平均評価:  5
聴けば聴くほどすごさが分かる
マーカス・ロバーツがウィントン・マルサリスのバンドを離れた90年代初頭の作品。標題のThree Giants とはモンクとエリントンとジェリー・ロール・モートン。注目すべきはthree giants それぞれの個性が混ざっておらず、敬意を表わしつつその特性を汲み取った上できちんと弾き別けていること。曲順は3人の曲がバラバラに並んでいるが、そういうわけでバラエティに富み飽きません。それにしても、新主流派の先頭にいた人がこうしたアルバムを創るとは!自分のアイデンティティーを探す旅の一環だろうかと思えます。聴けば聴くほど、この3人が開拓したことの上に多くの人々が位置していること、つまりこの3人が座標軸であり原点であることに気付かされました。

至上の愛〜ライブ・アット新宿ピットイン

[ CD ]
至上の愛〜ライブ・アット新宿ピットイン

・エルビン&ウイントン
【ソニーレコード】
発売日: 1994-12-12
参考価格: 2,854 円(税込)
販売価格: 品切れ中
至上の愛〜ライブ・アット新宿ピットイン
- 収録曲 -
1. 至上の愛:承認~決意~追究
2. ディア・ロード
3. ハッピー・バースデイ
4. ブルース・トゥ・ヴィーン
カスタマー平均評価:  2.5
お勧めはできません。残念ながら。
@まず全体の録音レベルが低すぎる。
Aエルビンのドラムの録音レベルは更に低い。
B身内に捧げる為の誕生曲が入っていて、興醒め。
Cエルビン婦人のトークは会場内だけで、レコードでは聞きたくない。

当日会場にいたが、あの殺気に近い迫力はこの盤からは微塵も感じない。
ウイントンの至上の愛。
ウイントンが演奏する‘至上の愛’は、もうコルトレーンのものではなくなっています。
あのエルヴィンまでもが
ウイントンワールドに入ってしまっているのです。
彼の解釈の上で、1つの物語が始まっている・・・そんなライブ盤です。
2曲目の‘Dear Lord’のなんと美しいメロディ!
心の奥にしみとおるような繊細で、安らぎさえ感じるサウンド。

また、ウイントンの演奏を支えるマーカス・ロバーツの存在も聴きごたえあるものです。
‘HAPPY BIRTHDAY’は観客へのサービスだったのでしょうか。
独特のアレンジで魅了。
その前の雰囲気から一転して、ニューオリンズの香りが漂います。

ライブでしか味わえない良い演奏です。


Time and Circumstance

[ CD ]
Time and Circumstance

・Marcus Roberts Trio
【Sony Jazz】
発売日: 1996-06-11
参考価格: 1,342 円(税込)
販売価格: 1,865 円(税込)
Time and Circumstance
- 収録曲 -
1. Soul Mates
2. Exploration
3. Reflecting Mirro...
4. Imperfect Balance
5. Two Rocks by the...
6. Harvest Time
7. Alone
8. Time and Circums...
9. Memories of One
10. Eternal Dialogue
11. In Retrospect
12. Optimism
13. When Fire Meets ...
14. Renewed Vision
カスタマー平均評価:   0

Cole After Midnight

[ CD ]
Cole After Midnight

・Marcus Roberts Trio
【Sony】
発売日: 2001-06-27
参考価格: 1,118 円(税込)
販売価格: 3,330 円(税込)
Cole After Midnight
- 収録曲 -
1. Answer Me, My Lo...
2. Embraceable You
3. Unforgettable
4. Too Young
5. Mona Lisa
6. It's Only A Pape...
7. Gee Baby, Ain't ...
8. Cole After Midni...
9. I Concentrate On...
10. What Is This Thi...
11. It's De Lovely
12. I've Got You Und...
13. Ace In The Hole
14. You're The Top
15. It's All Right W...
・・・
カスタマー平均評価:  4
静かに心に染みいる音楽
盲目の黒人ピアニストのナット・キング・コールにちなんだ曲ばかり集めた作品集。落ち着いたクラシックを思わせる演奏の裏に、ものすごいテクニックと抑制のきいた情熱を秘めている。アメリカでは売れているのだろうが、日本人の趣味には合わないアルバムかも知れない。大人の静かな夜の音楽。落ち着いた気分の時にアルコール片手に聴くと心にしみじみ染みいってくる。こんなジャズも時にはいいね。(松本敏之)
落ち着いたよい演奏
2003年6月ベルリン・ピクニック・コンサートでは、小澤征爾指揮ベルリン・フィルとでガーシュイン「ラプソディー・イン・ブルー」、「ピアノ協奏曲ヘ調」(ともにロバーツ編曲)を演奏し、素晴らしいテクニックを披露したマーカス・ロバーツトリオでした。

このCDはナットキング・コールとコール・ポーターの曲(全てロバーツ編曲)を集たもの。落ち着いた演奏を楽しめます。
スローな曲が多いため、触れるというより上から叩くピアノ・タッチがちょっと気になります。凄いテクニックがあり早い曲の方が合いそうです。


Portraits in Blue

[ CD ]
Portraits in Blue

・Marcus Roberts
【Sony Classical】
発売日: 1996-06-11
参考価格: 1,342 円(税込)
販売価格: 1,000 円(税込)
Portraits in Blue
- 収録曲 -
1. Rhapsody in Blue
2. Yamekraw
3. I Got Rhythm
カスタマー平均評価:   0



Copyright © 2008 洋楽アーティストデータベース. All rights reserved.    Program by 簡単アマゾンサイト作成ツール ver.3.96

 更新日 2008年10月11日   ※ 表示価格は更新時のものです!      メール      相互リンク