洋楽アーティスト1000人のデータベース。公式サイト・ファンサイト・ブログ・掲示板・リンク集。

洋楽アーティストデータベース

1,500円以上で送料無料!
※一部大型商品を除く
カートを見る ヘルプ
リロイ・ヴィネガー レスター・ボウイ レスター・ヤング ライオネル・ハンプトン リヴィング・デイライツ ルイ・アームストロング  
  マンハッタン・トランスファー マーカス・ロバーツ マリオン・ブラウン マックス・ローチ メデスキー、マーチン&ウッド メル・トーメ

洋楽データベース
無料着うたダウンロード
OnGen音楽配信
洋楽楽譜
洋楽名曲
洋楽ランキング
洋楽歌詞和訳・翻訳
特集
 オーネット・コールマン
 オスカー・ピーターソン
 オリヴァー・ジョーンズ
 オリヴァー・ネルソン
 ナット・アダレイ
 ニコラス・ペイトン
 パット・マルティーノ
 パット・メセニー
 ピー・ウィー・ラッセル
 フィル・ウッズ
 フィル・ウッズ・クインテット
 ポール・チェンバース
 ポール・デスモンド
 マイケル・ブレッカー
 マイルス・デイヴィス
 ミルト・ジャクソン
 ランディ・ブレッカー
 レイ・ブラウン
 ローランド・カーク
 大友良英

 

ライオネル・ハンプトン


ライヴ・アット・カーネギーホール1938 (完全版)

[ CD ]
ライヴ・アット・カーネギーホール1938 (完全版)

・ベニー・グッドマン
【ソニーレコード】
発売日: 2000-08-23
参考価格: 3,780 円(税込)
販売価格: 3,402 円(税込)
ライヴ・アット・カーネギーホール1938 (完全版)
- 収録曲 -
1. ベニー・グッドマン・1950・イ...
2. その手はないよ
3. サムタイムズ・アイム・ハッピー
4. ワン・オクロック・ジャンプ
5. 拍手喝采~「トウェンティ・イヤー...
6. ディキシーランド・ワンステップ(...
7. 私はヴァージニアへ
8. 僕の恋人が笑いかけたら
9. シャイン
10. 恋しき幻想
11. 拍手喝采~「ベニーグッドマン・オ...
12. 人生がパーティーに
13. ジャムセッション準備
14. ハニーサックル・ローズ
15. 拍手喝采~「ベニー・グッドマン・...
・・・
カスタマー平均評価:  5
ジャズ史にひときわ輝く名盤
LP時代、グッドマンの名盤といえば、エア・チェック集の「キング・オブ・スウィング」とこの「カーネギー・ホール」と相場は決まっていた。いずれもライブ盤である。従って音はよくないが、演奏内容には1回限りの緊張感が漂い、かつ、観客席と一体となった興奮が漏れ伝わってくる。これはもうスタジオ録音では絶対に望めないモノである。
戦前の昭和13年(と聞くと実感がわくのではないか?)に行われたこのコンサートは、クラシックの殿堂カーネギーホールで行われた初めてのジャズ演奏会であり、また、黒人と白人のジャズマンが、大観衆を前に同じステージに立った初めての演奏会でもあった。同じ年の暮れには「スピリチュアルからスウィングへ」と称するもう一つの重要なコンサートが同じホールで行われている。
白黒混合の演奏会には、顔をしかめる聴衆もいたというが、白熱のジャズ坩堝からはそのあたりの不穏当な様子はうかがえない。
演奏内容ももちろんだが、歴史的な価値という点で、ジャズ・ファンならば必ず備えておかなければならない、最重要作品である。
聴かずに死ねるか!一家に一枚、カーネギー・ホール
1938年(昭和13年)1月16日、カーネギー・ホールを埋め尽くす聴衆の前で繰り広げられた、米国ポピュラー音楽史に残るイベントの記録がこれだ。音楽を愛する者であれば、ジャンルを問わず絶対に聴いて損はない。音楽本来の熱い感動が味わえることを保証しよう。

それにしても、「完全版」の登場は衝撃だった。長年にわたって繰り返し聴いてきたこのアルバムに未発表音源があるなどとは思いもしなかったのだ。曲間のアナウンスや準備のようすなど、それまで想像の中で思い描いてきた当夜のありさまが本当に目の前に展開する。この日の聴衆の一人になりたかったという夢が少しだけかなえられた。

聴きどころは多すぎて挙げきれないが、グッドマン・バンドの一糸乱れぬ強烈なアンサンブル、きら星のごときスター・プレイヤーたちのソロ、ライオネル・ハンプトンを加えたカルテットが見せる、畏怖すら覚えるテクニックの応酬など、戦後まったく継承されなかったスイング・ジャズの本当の姿、エネルギーを目の当たりにできる。なにしろグッドマンを含め、ほとんどが20代の若者だ。ジャズはまだジジイの音楽ではなかった。と同時に、ここには青臭さなどみじんもなく、老若男女を酔わせた成熟した音楽性とエンタテインメント精神を感じ取ることができる。

ひとつオマケがある。ジャムセッション形式で演奏された「ハニーサックル・ローズ」では、ジョニー・ホッジスなどエリントンやベイシーのバンドから招待されたスターの競演を聴くことができるが、冒頭に出てくるレスター・ヤングのソロが半端じゃない名演だ。時間的には短いものだが、泉のように湧き出る魅惑的なフレーズ、間の見事さなど、レスターが残した録音の中でも3本の指に入るものだと思う。当時は日常的にこんな演奏をしていたのだろうか。

まあとにかく、この一枚に打ちのめされてください。
やっぱしスイングジャズの古典的名演
とにかくスイング時代の記録の中でも名演中の名演です。もちろんモダンジャズ世代にとっては、いささかリズムやサウンドが古くさいと思われるかもしれませんが、それを補ってあまりある演奏の迫真的なスリルに満ちています。当時の超一流プレイヤーが集まってのHoneysuckle Roseのジャムセッション、伝説のベニーグッドマントリオ、カルテット(Body and soulでのテディウイルソンのすばらしいソロ、Dizzy Spellsでの驚くばかりのスピード感)、そしておなじみのSing Sing Singでのジーンクルーパの迫力満点でしかも荘重でさえあるドラムプレイ等何度聞いてもスリルを感じます。このCDはオリジナルの78回転ディスクからリマスタリングしての発売ですが、従来のCDよりも遙かにすばらしい臨場感を伝えていることも特筆ものです。もちろんそのためにオリジナルディスクのノイズが耳につきますが、かえって時代の雰囲気を感じさせて良いのではないでしょうか。とにかく、ジャズが持っている”1回性の音楽”的な魅力にあふれたすばらしい演奏で、ぜひおすすめです。


ベスト・オブ・スウィング・ジャズ

[ CD ]
ベスト・オブ・スウィング・ジャズ

・オムニバス
【BMG JAPAN】
発売日: 2003-07-23
参考価格: 1,890 円(税込)
販売価格: 1,700 円(税込)
ベスト・オブ・スウィング・ジャズ
- 収録曲 -
1. 鈴懸の径(鈴木章治)
2. ムーンライト・セレナーデ(グレン...
3. シング・シング・シング(パート1...
4. スイングしなけりゃ意味がない(デ...
5. スターダスト(アーティ・ショウ)
6. 浮気はやめた(ファッツ・ウォーラ...
7. ビギン・ザ・ビギン(アーティ・シ...
8. 真珠の首飾り(グレン・ミラー)
9. センチになって(トミー・ドーシー)
10. ジャージー・バウンス(アール・ハ...
11. 身も心も(コールマン・ホーキンス)
12. ダイナ(ライオネル・ハンプトン)
13. チェロキー(チャーリー・バーネッ...
14. 言い出しかねて(バニー・ベリガン)
15. ブギ・ウギ・オン・セントルイス・...
・・・
カスタマー平均評価:  5
スウィング・ジャズの集大成ともいうべきコンピレーション・アルバムです
スウィング・ジャズが大好きな50代の者です。高校時代に、ここに収められている曲を吹奏楽で演奏したこともありますので、1曲1曲に思い入れがあります。 このCDは、『ベスト・オブ・スウィング・ジャズ』というコンセプトの名の元に、当時のオリジナル・サウンドの演奏を21曲集めていますので、これ1枚でスウィング・ジャズの歴史的名演奏に出会えますよ。 ベニー・グッドマン楽団の「シング・シング・シング」がいいですね。超人的なエネルギーでたたきつづけるジーン・クルーパーのドラム・ソロは、今聴いても感動します。本当に素晴らしい。それをバックに、ベニー・グッドマンが華麗にソロを決めます。スウィング・ジャズの定番の1曲ですね。 勿論、グレン・ミラー楽団の演奏もいいですよね。在りし日のダンス・ミュージックとも言える「ムーンライト・セレナーデ」の冒頭のハーモニーを聞いただけで、グレン・ミラー・サウンドの世界に入りこみます。 「真珠の首飾り」のサックス・パートのスウィング感も特徴的ですね。とてもよく乗れています。ボビー・ハケットのコルネット・ソロは今聴いてもステキです。 「イン・ザ・ムード」のイントロも有名ですし、繰り返し演奏されるテーマは、スウィング・ジャズの代名詞とも言うべき演奏ですね。 どの演奏もそうですが、聴いているだけで気持ちが昂揚し、リラックスできます。 難解な音楽とは全く無縁ですから、多くの人に今なお愛され続けるのも良くわかります。

スターダスト

[ CD ]
スターダスト

・ライオネル・ハンプトン
【ユニバーサル ミュージック クラシック】
発売日: 2003-04-23
参考価格: 1,995 円(税込)
販売価格: 1,895 円(税込)
スターダスト
- 収録曲 -
1. スターダスト
2. ワン・オクロック・ジャンプ
3. ザ・マン・アイ・ラヴ
4. オー,レディ・ビー・グッド
カスタマー平均評価:  5
すばらしい
ウェブサイト「ほぼ日刊イトイ新聞」の中の企画で、タモリ氏(※ジャズ評論家の顔も持つ)が大絶賛していたので購入した。 期待は少しも裏切られなかった。 あまりにもパーフェクトなジャム・セッション。切れのあるアドリブ、余裕たっぷりの曲進行、どこまで行っても切れ目のない円熟感で満ちている。 いつまでもウットリ聞き惚れることができる。
素晴らしい一言です
このCDには、1947年8月4日、カリフォルニア州のロスアンゼルス郊外にあるパサデナ市公会堂でのライオネル・ハンプトン・オールスターズのライヴ録音が収録されています。

ジャズ・ファンにとって、この時のライヴは歴史的な名演奏だとずっと言われてきました。ヴィブラフォンをジャズにおけるソロ楽器として確立したライオネル・ハンプトンの演奏の素晴らしさが、今尚、語り継がれているわけですね。

この時の「スターダスト」には、セッションの各人のソロが次々と繰り広げられていきます。ウィリー・スミスのアルトー・サックス、そしてチャーリー・シェイヴァースのユーモアたっぷりのトランペット、コーキー・コーコランのテナー・サックス、そして、スラム・スチュアートのベースとメロディをなぞるような彼のボーカルがとても印象的ですね。トミー・トッドのピアノ、バーニー・ケッセルのギターと続き、その終りを待ちかねたようにヴィブラフォンの真打・ライオネル・ハンプトンが登場します。

彼のアドリブの素晴らしさは、実際の演奏を聴いてもらうしかありません。
最初から、とてもテンションが高く、快調に飛ばしていきます。とても気持ちが良いのでしょうか、彼の唸り声も収録されています。

次から次へと披露される疾走感あふれるフレーズの塊、輝くばかりの音の洪水。ライオネル・ハンプトンの圧倒的な存在感が感じられます。他のメンバーは、本当に固唾を飲んでこの彼の演奏を見守っているという感じが伝わってきます。
そして全員の参加による大団円。ジャム・セッションの醍醐味を如何なく体験できる歴史的名演奏は、今宵1回限りのものでした。

まさに「真夏の夜の夢」とでもいうべき、記念碑的セッションでしたね。
色っぽい
タモリ氏も、死ぬ前に一枚だけ聞くとしたら「このアルバム」と言っていた。
むべなるかな。
聞く者を包むような色気ある音が「JAZZを聞きたい」欲望に応えてくれるでしょう。
どれを聴こうか迷っている人にも、
色々聴いたけど、まだこのアルバムは聴いていないと言う人にも、
絶対お勧めです。
「よく聴くCDのローテーション」に入ること請け合い。

人の声も色っぽ過ぎる。
スウィングの王者ハンプトンと、モダンのケッセルのギター
1940年代に始まった人気のJazz Concertが2つあります。1944年7月2日に始まる、ノーマン・グランツ率いるJ.A.T.P.と、1947年に始まったジーン・ノーマン主催のJust Jazz Concertです。両者ともSwingからModernに変わっていく時代にあって、出演者もバップ派、スウィング派が入り乱れた名演が聴けます。

この1枚は、1947年8月4日にパサデナで開催されたジャズ・ジャスト・コンサートでの演奏の実況盤です。

聴き所ですが、
ウィリー・スミスのアルトは、Swing時代のBenny Carter, Johnny Hodgesと合わせて、3大アルト奏者といわれた名人ですが、甘いトーンは良きSwingの香りを楽しませてくれます。

チャーリー・シェイバースのトランペットは、しっとりとしたトーンと甘美なメロディにちょっぴりおふざけを加えた名人芸を聴かせてくれます。

ピアノに続いて飛び出してくるバーニー・ケッセルのギターは秀逸です。短いソロですが、シングル・トーンでモダンな香りが他の演奏者との違いを引き立たせてくれます。

もちろん、ケッセルのソロの最後を奪い取ってしまう勢いで始まるライオネル・ハンプトンのバイブラフォンのソロは圧倒的です。SwingとかModernとかいう枠を飛び越えて、メリディの組み立て方、クライマックへの道のりなど、まさに名人芸を聴かせてくれます。

コールマン・ホーキンス的なコーキー・コーコランのテナー・ソロと、口ずさみながらベースを弾くスラム・スチュアート、テディ・ウィルソン的なトニー・トッズのピアノはそれなりに楽しませてくれます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
Willie Smith (as); Corky Corcoran (ts); Charlie Shavers (tpt); Lionel Hampton (vib);
Barney Kessel (g); Tommy Todd (p); Slam Stewart (b); Lee Young (d).
Lionel Hampton All Stars
Pasadena, Aug. 4, 1947
ジャズのすべてがここにある
 ジャズとは何かを知りたくば、この「スターダスト」を聴くがいい。ウィリー・スミスのアルト、チャーリー・シェイバースのトランペット、ベースのスラム・スチュアートらが、一人づつ順番に噛んで含めるように教えてくれる。なかでもハンプトンのビブラフォンが凄い!'47年のライブ録音。ジャズのすべてがここにある。文句なしの五つ星!


マルコムX

[ CD ]
マルコムX

・サントラ ・レイ・チャールズ ・アレサ・フランクリン ・アレステッド・ディベロップメント ・ジョー・ターナー ・インクスポッツ ・ビリー・ホリデイ ・アースキン・ホーキンス
【ダブリューイーエー・ジャパン】
発売日: 1992-12-10
参考価格: 2,447 円(税込)
販売価格: 2,423 円(税込)
マルコムX
- 収録曲 -
1. レヴォリューション(アレステッド...
2. ロール・エム・ピート(ジョー・タ...
3. フライング・ホーム(ライオネル・...
4. マイ・プレイヤー(インク・スポッ...
5. ビッグ・スタッフ(ビリー・ホリデ...
6. ドント・クライ・ベイビー(アース...
7. ビーンズ・アンド・コーンブレッド...
8. アズール(エラ・フィッツジェラル...
9. アラバマ(ジョン・コルトレーン)
10. ザット・ラッキー・オールド・サン...
11. アラベスク・クッキー(デューク・...
12. ショットガン(ジュニア・ウォーカ...
13. いつか自由に(アレサ・フランクリ...
カスタマー平均評価:  4
聴きごたえあり!
コルトレーンも入ってたりと、映画作品そのものもさることながら、相当こだわりをもって編集されたサントラ。実際映画の中でも効果的に使われている曲、映画の印象が強く残っている方は楽しめると思います。というより、ヘタなコンピレーションを聴くより、よっぽどあの時代のブラックの鬱屈感や高揚感が感じられる仕上がりになっていると思います。 このサントラ、何といっても出色は最後にアレサが歌うドニー・ハザウェイの名曲“SOMEDAY WE'LL ALL BE FREE”の感動的なカヴァーです!事実、この一曲のために買ってもいいぐらいのパワーです。この曲には皆さん相当の想いがあるのでしょう。そしてドニー本人も…。 映画のエンドロールでかかるこの曲、本当に魂を揺さぶられます。映画の締めとしても相当印象強く使われており、サントラを聴いて映画を思い出させる、ある意味ではサントラとしても非常によい出来なのだろうと思います。

All's Well

[ CD ]
All's Well

・Camberwell Now
【Recrec】
発売日:
参考価格: 2,928 円(税込)
販売価格: 品切れ中
All's Well
Camberwell Now
カスタマー平均評価:  5
AFTER THE HEAT 
THIS HEAT融解後の世界にはCAMBERWELL NOWが在った。THのリーダーでもあるチャールズヘイワードがTHの先に見出した世界。中庸的ともいえる牧歌的なサウンドは実はその奥深くには「熱」が篭っていた。すなわち「跡の熱」とも言える。意味の範疇を超越して聴取者に次元の揺らぎえを体感させ、量子レヴェルでの覚醒を可能にしたTHIS HEAT。そして「痕の熱」であるこのキャンバーウェルナウは複雑なる、
サウンドテクスチュアによってゆらぎそのものを平面化する事に成功した、
非常に稀で奇跡な「実験民謡」と言うことができよう。あいうえお。
THIS HEATがその後のシーンに落とした光と翳はしかと受け継がれている。そしてこのCAMBERWELL NOWの牧歌的風景に在る「熱」こそ、真に素晴らしいのかもしねないかもしれないかもね。。。

The Lionel Hampton Story

[ CD ]
The Lionel Hampton Story

・Lionel Hampton
【Proper】
発売日: 2001-02-13
参考価格: 2,911 円(税込)
販売価格: 2,087 円(税込)
The Lionel Hampton Story
- 収録曲 -
1. Buzzin' Around W...
2. Stompology
3. On the Sunny Sid...
4. Piano Stomp (Shi...
5. Everybody Loves ...
6. Ring Dem Bells
7. Don't Be That Way
8. I'm in the Mood ...
9. Muskrat Ramble
10. Down Home Jump
11. It Don't Mean a ...
12. Sweethearts on P...
13. Shufflin' at the...
14. Denison Swing
15. Wizzin' the Wizz
・・・
カスタマー平均評価:   0

ベニー・グッドマン物語

[ CD ]
ベニー・グッドマン物語

・ベニー・グッドマン
【EMIミュージック・ジャパン】
発売日: 1998-03-06
参考価格: 1,835 円(税込)
販売価格: 1,817 円(税込)
ベニー・グッドマン物語
- 収録曲 -
1. レッツ・ダンス
2. ビューグル・コール・ラグ
3. メモリーズ・オブ・ユー
4. ワン・オクロック・ジャンプ
5. アヴァロン
6. ドント・ビー・ザット・ウェイ
7. キャンプの集い
8. サヴォイでストンプ
9. シング・シング・シング
10. かくて天使は歌う
11. チャイナ・ボーイ
12. イッツ・ビーン・ソー・ロング
13. ムーングロウ
14. シャイン
15. グッドバイ
カスタマー平均評価:   0

Flying Home

[ CD ]
Flying Home

・Lionel Hampton
【LRC Ltd】
発売日: 2001-08-22
参考価格: 895 円(税込)
販売価格: 519 円(税込)
Flying Home
- 収録曲 -
1. Taste of Honey
2. Midnight Sun
3. Let's Free It
4. Yesterday
5. Hamp's Boogie
6. Hey! Ba-Ba-Re-Bop
7. Spinning Wheel
8. It's Gotta Be Me
9. My Way
10. Flying Home
11. Stardust
カスタマー平均評価:   0

リターン・オブ・ジャズ・ファンク~キラー・ジャズ・ファンク・フロム・グルーヴ・マーチャント~

[ CD ]
リターン・オブ・ジャズ・ファンク~キラー・ジャズ・ファンク・フロム・グルーヴ・マーチャント~

・オムニバス
【Pヴァインレコード】
発売日: 2003-09-25
参考価格: 2,079 円(税込)
販売価格: 1,975 円(税込)
リターン・オブ・ジャズ・ファンク~キラー・ジャズ・ファンク・フロム・グルーヴ・マーチャント~
オムニバス
カスタマー平均評価:  5
i love P vine
1. JIMMY MCGRIFF / The Main Squeeze 2. BUDDY RICH / Big Mac 3. REUBEN WILSON / The Sweet Life 4. JIMMY MCGRIFF / Dig On It 5. O'DONEL LEVY / You've Made Me So Very Happy 6. JOE THOMAS / Joyful, Joyful 7. BUDDY RICH / Playhouse 8. LIONEL HAMPTON / Psychedelic Sally 9. JIMMY MCGRIFF / Fat Cakes 10. JOE THOMAS / Thank You 11. BUDDY RICH / Backwoods Sideman 12. O'DONEL LEVY / I Wanna Be Where You Are 13. JIMMY MCGRIFF / Bug Out 14. BUDDY RICH / Chameleon 15. JIMMY MCGRIFF / Super Funk 16. REUBEN WILSON / The Cisco Kid 17. JIMMY MCGRIFF / What's Going On 18. O'DONEL LEVY / I Want To Make It いわゆるコテコテデラックス系な方もフリーソウル系な方も楽しめる選曲では。 (半々な感じ) 個人的にはJoe thomasのcoco入れてほしかったです。
すごい
これはすごい。
友達の勧めで買ったのだけど、最初から聞き入ってしまいました。
僕の周りにも少しずつ聞いている人が増えてるみたい。
一年くらい間からいまだに聞いてます。

スターダスト

[ CD ]
スターダスト

・オムニバス ・ミルス・ブラザーズ ・ブルー・スターズ ・エラ・フィッツジェラルド ・サラ・ヴォーン
【ユニバーサル ミュージック クラシック】
発売日: 2004-01-28
参考価格: 2,548 円(税込)
販売価格: 2,420 円(税込)
スターダスト
- 収録曲 -
1. スターダスト(マントヴァーニ)
2. スターダスト(ホーギー・カーマイ...
3. スターダスト(ビング・クロスビー)
4. スターダスト(ルイ・アームストロ...
5. スターダスト(ベニー・グッドマン)
6. スターダスト(ベン・ウェブスター)
7. スターダスト(クリフォード・ブラ...
8. スターダスト(コニー・フランシス)
9. スターダスト(パット・ブーン)
10. スターダスト(ミルス・ブラザーズ)
11. スターダスト(ブルー・スターズ)
12. スターダスト(アーサー・フィード...
13. スターダスト(レスター・ヤング&...
14. スターダスト(ドク・チータム&ニ...
15. スターダスト(エラ・フィッツジェ...
・・・
カスタマー平均評価:  3
夜、聴きたい一枚
スターダストと言えば、ライオネル・ハンプトン。ハンプトンを最終曲に持ってくるあたり、センスもいい。ただ難があるとすれば、現代の現役のミュージシャンのスターダストも入れて欲しかった。(松本敏之)



Copyright © 2008 洋楽アーティストデータベース. All rights reserved.    Program by 簡単アマゾンサイト作成ツール ver.3.96

 更新日 2008年10月11日   ※ 表示価格は更新時のものです!      メール      相互リンク