洋楽アーティスト1000人のデータベース。公式サイト・ファンサイト・ブログ・掲示板・リンク集。

洋楽アーティストデータベース

1,500円以上で送料無料!
※一部大型商品を除く
カートを見る ヘルプ
デューク・エリントン ダスコ・ゴイコビッチ アール・ハインズ エディ・デイビス エディ・ヘンダーソン エラ・フィッツジェラルド  
  エルビン・ジョーンズ エリック・ドルフィー エロール・ガーナー ファニア・オールスターズ ファッツ・ナバロ フレッチャー・ヘンダーソン

洋楽データベース
無料着うたダウンロード
OnGen音楽配信
洋楽楽譜
洋楽名曲
洋楽ランキング
洋楽歌詞和訳・翻訳
特集
 ギル・エバンス
 グレン・ミラー
 ジーン・アモンズ
 ジーン・クルーパ
 ジェリー・マリガン
 ジョージ・ラッセル
 ジョージ・ルイス
 ハービー・ハンコック
 ハービー・マン
 ハリー・エディソン
 ハリー・コニック・ジュニア
 ハリー・ジェイムス
 ハンク・モブレー
 フォープレイ
 フランク・モーガン
 フランク・ロソリーノ
 フレディ・ハバード
 フレディ・ローチ
 ヘレン・メリル
 ホレス・シルバー

 

ハリー・エディソン


スタンダード・タイム

[ CD ]
スタンダード・タイム

・スティーヴ・タイレル
【ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル】
発売日: 2002-02-20
参考価格: 2,520 円(税込)
販売価格: 2,394 円(税込)
スタンダード・タイム
- 収録曲 -
1. イット・ハッド・トゥ・ビー・ユー
2. 本当のことがわかるまで
3. 浮気はやめた
4. ザット・オールド・フィーリング
5. 外は寒いよ
6. スターダスト
7. あなた次第
8. 時の過ぎゆくまま
9. アイ・ワンダー,アイ・ワンダー,...
10. 月光のいたずら
11. 何故生まれてきたの
12. 恋をしましょう
13. わが恋はここに
14. やさしい伴侶を
15. いつもさよならを
・・・
カスタマー平均評価:  5
スティーヴ・タイレル?WHO ??行かした ナイスガイだよ?
Steve Tyrell ??Never heard !?実はJane Monheitを追いかけていて出会った一枚です?Janeとは「Baby,It's cold outside 」の一曲だけのDuetだが これが洒脱でコミカルな掛け合いで一気にお気に入り?&美女と野獣の声なのだ!?タイレルの声はドスの利いただみ声で(酒焼け?)実に”味”があり何処かNostalgicで癒される?特に大STANDARD曲の”歌い”は絶品!?Stardust?As time goes by?Someone to watch over me?Georgia on my mind?バックとも息がぴったり合っていて 家族的雰囲気さえ感じられる!?まさに”男の声”ならではの魅力満載のAlbumだ!?JaneとSteveに感謝!?ゆったりとした ひと時を持ちたい人におすすめです??
「不良」タイレルの傑作
シナトラ亡き後、大物男性歌手と言えば、メル・トーメやトニー・ベネットが思い浮かぶ。が、メル・トーメは明るすぎて、哀愁や陰影といったジャズに必要な要素が少ない。トニー・ベネットも明るすぎるし、不良っぽいところもない。そこで、スティーブ・タイレルを押したい。シナトラを酒にたとえると「少し甘い、そしてほろ苦いカクテル」だが、タイレルは「ドライでシャープなマティーニ」のように切れ味がいい。少々、かすれた声が不良っぽい所もいい。ビッグ・バンドが似合うのもシナトラに似ている。このアルバム、金のかけ方がすごい。一曲一曲で、バックのメンバーを少しずつ変えている。ピアノはじょー・サンプル、ハーモニカはシールマンス、と大物をバックに歌う。ついには、トランペットの「スウイーツ」エジソンに捧げる曲にエジソン本人を引っ張り出す手の込みよう。アルバム・タイトルの「スタンダーズ・タイム」らしく、「アズ・タイム・ゴーズ・バイ」「イット・ハッド・ビー・ユー」「スターダスト」などの名曲がザクザク。当然の5つ星。(松本敏之)

ベイシー・ジャム(紙ジャケット仕様)

[ CD ]
ベイシー・ジャム(紙ジャケット仕様)

・カウント・ベイシー ・レイ・ブラウン
【ビクターエンタテインメント】
発売日: 2006-07-26
参考価格: 1,800 円(税込)
販売価格: 1,849 円(税込)
ベイシー・ジャム(紙ジャケット仕様)
- 収録曲 -
1. ダブリング・ブルース
2. ハンギング・アウト
3. レッド・バンク・ブルース
4. ワン・ナイター
5. フリーポート・ブルース
カスタマー平均評価:   0

サイド・バイ・サイド

[ CD ]
サイド・バイ・サイド

・デューク・エリントン&ジョニー・ホッジス
【ポリドール】
発売日: 1999-05-19
参考価格: 1,835 円(税込)
販売価格: 1,743 円(税込)
サイド・バイ・サイド
- 収録曲 -
1. ストンピー・ジョーンズ
2. スクウィーズ・ミー
3. ビッグ・シュー
4. ゴーイング・アップ
5. ジャスト・ア・メモリー
6. レッツ・フォール・イン・ラヴ
7. ルイント
8. ベンド・ワン
9. ユー・ニード・トゥ・ロック
カスタマー平均評価:   0

バック・トゥ・バック

[ CD ]
バック・トゥ・バック

・デューク・エリントン&ジョニー・ホッジス
【ユニバーサル ミュージック クラシック】
発売日: 2003-11-21
参考価格: 1,995 円(税込)
販売価格: 1,976 円(税込)
バック・トゥ・バック
- 収録曲 -
1. ワバッシュ・ブルース
2. ベイジン・ストリート・ブルース
3. ビール・ストリート・ブルース
4. ウェアリー・ブルース
5. セント・ルイス・ブルース
6. ラヴレス・ラヴ
7. ロイヤル・ガーデン・ブルース
カスタマー平均評価:  4
仲がいいのか 悪いのか
ジョニーホッジスとエリントン。仲が良かったとは到底思えないが、ここでの演奏では和気あいあいといった感じである。特に2曲目、Basin Street Bluesは絶品。聴くたびに感動するし、楽しい気分にさせてくれる。

ジェントルメン・オブ・スイング

[ CD ]
ジェントルメン・オブ・スイング

・ベニー・カーター ・ヘレン・ヒュームス
【EMIミュージック・ジャパン】
発売日: 1998-04-29
参考価格: 2,039 円(税込)
販売価格: 品切れ中
ジェントルメン・オブ・スイング
- 収録曲 -
1. イン・ア・メロー・トーン
2. ハニーサックル・ローズ
3. アンディサイデッド
4. スイングしなけりゃ意味ないね
5. アイム・コンフェッシン
6. ミスティ
7. セントルイス・ブルース
8. ラヴァー・マン
9. サムタイムズ・アイム・ハッピー
10. アイダホ
カスタマー平均評価:   0

ライブ・アット・タウンホール

[ CD ]
ライブ・アット・タウンホール

・ジーン・ハリス
【キング】
発売日: 1990-01-21
参考価格: 2,548 円(税込)
販売価格: 品切れ中
ライブ・アット・タウンホール
- 収録曲 -
1. 飾りのついた四輪馬車
2. クレイム・ド・メンテ
3. ホエン・イッツ・スリーピー・タイ...
4. ラヴ・イズ・ヒア・トゥ・ステイ
5. アイム・ジャスト・ア・ラッキー・...
6. シリアス・グリース
7. ライク・ア・ラヴァー
8. オールド・マン・リヴァー
9. ドゥ・ユー・ノウ・ホワット・イッ...
10. ポギー・アンド・ベス・メドレー:...
11. ユア・マイ・エヴリシング
12. ゼア・イズ・ノー・グレイター・ラヴ
13. シングス・エイント・ホワット・ゼ...
カスタマー平均評価:   0

トゥ・スイング・オア・ノット(紙ジャケット仕様)

[ CD ]
トゥ・スイング・オア・ノット(紙ジャケット仕様)

・バーニー・ケッセル
【ビクターエンタテインメント】
発売日: 2006-07-26
参考価格: 1,800 円(税込)
販売価格: 1,800 円(税込)
トゥ・スイング・オア・ノット(紙ジャケット仕様)
- 収録曲 -
1. ビギン・ザ・ブルース
2. ルイジアナ
3. ハッピー・フィーリング
4. エンブレイサブル・ユー
5. ウェイル・ストリート
6. インディアナ
7. モーテン・スイング
8. ミッドナイト・サン
9. コンテンポラリー・ブルース
10. ドント・ブレイム・ミー
11. 12丁目のラグ
カスタマー平均評価:  4
SwingしなきゃJazzじゃない!
これは、Barney Kesselの3枚目のリーダー・アルバムです。
アルバムのタイトルは、"To Swing Or Not To Swing"という堅苦しいのですが、シェイクスピアの「生きるべきか死ぬべきか、それが問題だ」という名台詞をもじっているのですね。
しかし、そんなタイトルの堅さはお構いなしに、アルバムは楽しくSwingしまくっています。要は、SwingしなきゃJazzじゃない!というアルバムです。と言うことですから、全編楽しめます。

私は、Begin The Blues、Embraceable You、Indiana、Midnight Sun、Contemporary Blues、12th Street Ragが気に入っています。
特に、Indianaと、Contemporary Bluesの軽快な乗りは、彼ならではの演奏です。
SwingしなきゃJazzじゃない!
これは、Barney Kesselの3枚目のリーダー・アルバムです。
アルバムのタイトルは、"To Swing Or Not To Swing"という堅苦しいのですが、シェイクスピアの「生きるべきか死ぬべきか、それが問題だ」という名台詞をもじっているのですね。
しかし、そんなタイトルの堅さはお構いなしに、アルバムは楽しくSwingしまくっています。要は、SwingしなきゃJazzじゃない!というアルバムです。と言うことですから、全編楽しめます。

私は、"Begin The Blues"、"Embraceable You"、"Indiana"、"Midnight Sun"、"Contemporary Blues"、
"12th Street Rag"が気に入っています。
特に、"Indiana"と、"Contemporary Blues"の軽快な乗りは、彼ならではの演奏です。


アラバマに星落ちて

[ CD ]
アラバマに星落ちて

・ビリー・ホリデイ
【UNIVERSAL CLASSICS(P)(M)】
発売日: 2007-12-05
参考価格: 1,000 円(税込)
販売価格: 1,000 円(税込)
アラバマに星落ちて
- 収録曲 -
1. Day In - Day Out
2. Foggy Day
3. Stars Fell on Al...
4. One for My Baby ...
5. Just One of Thos...
6. I Didn't Know Wh...
7. Let's Call the W...
8. I Wished on the ...
9. They Can't Take ...
10. Body and Soul
11. Moonlight in Ver...
12. Love Is Here to ...
カスタマー平均評価:   0

スウィーツ(紙)

[ CD ]
スウィーツ(紙)

・ハリー・エディソン
【ユニバーサル ミュージック クラシック】
発売日: 2004-10-06
参考価格: 2,345 円(税込)
販売価格: 品切れ中
スウィーツ(紙)
- 収録曲 -
1. ハラーリング・アット・ザ・ワトキ...
2. ユースト・トゥ・ビー・ベイシー
3. ハウ・ディープ・イズ・ジ・オーシ...
4. スタジオ・コール
5. ウィロウ・ウィープ・フォー・ミー
6. オーパス 711
7. ラヴ・イズ・ヒア・トゥ・ステイ
8. K.m.ブルース
9. ウォーキン・ウィズ・スウィーツ
カスタマー平均評価:  4.5
ちょっと一服・・・
ハリー・エディソンのミュートも小粋でいい感じ。
それに併せてベン・ウェブスターのテナーがいいムード。
ちょっとオールドスタイルですが、ハードバップに疲れたときにはいいかも。
買おう!
ハリー・エディソンの甘い音色と滑らかな演奏のトランペットも魅力的ですが、サックスとギターの音色もすばらしいです。ドラムがスウィングを支えています。ジャケットもおしゃれなので、部屋にちょっとあるといいかんじです。やっぱり紙ジャケはいいですよ!

アラバマに星落ちて

[ CD ]
アラバマに星落ちて

・ビリー・ホリデイ
【ユニバーサル ミュージック クラシック】
発売日: 2003-05-21
参考価格: 1,995 円(税込)
販売価格: 1,500 円(税込)
アラバマに星落ちて
- 収録曲 -
1. デイ・イン・デイ・アウト
2. 霧深き日
3. アラバマに星落ちて
4. ワン・フォー・マイ・ベイビー
5. ジャスト・ワン・オブ・ゾーズ・シ...
6. 時さえ忘れて
カスタマー平均評価:  4.5
この声と歌に対する執着心がたまらない。
晩年のレディ・デイはそのしわがれた声と2オクターブ出ない音域で全盛期の歌声は失われていたと 言われますが、この晩年の一聴して彼女とわかるそのボーカル・スタイルがなければ今日の評価も なかったはず。 確実に聴く者の心を強く打つ晩年の作品の中でもとりわけ私がよく聴くのがこの一枚です。 この作品は彼女が亡くなる 2 年前の作品ですが、最期まで(こんな声になっていたにもかかわらず) レコードを吹き込むごとに前作よりも更にいい歌を届けたい、と考えていたそうです。『だから次も絶対 聴いてね』 と言っていたそうです。 酒と薬に走らざるを得なかった彼女の哀しい人生の物語など切なくなるだけで美談でも何でもないの で知る必要はありませんが、聴く者の感受性を篤く深く潤してくれる Verve 時代の彼女の歌声は是非 多くの方の耳に届いてほしいな、と思います。これこそ、彼女が今でも天国で望んでいることであると 思えてなりません。 五ッ星評価:★★★★☆
死ぬ間際のピュアな状態へ回帰している声に、うたとは何かの答えが待っている
帯に書いてあった
「『ヴァーヴにおける彼女は、往年の輝きを失っている』という一般的評価は事実かもしれないが、
しかしかわりに彼女はこの時代、ほかのどんな歌手も表現することのかなわなかった『深さ』を獲得していた。」
との言葉に、ちょっと惹かれて買ったんです。

音圧が低いせいか、マスターテープが古いせいか、かなりボリュームを上げないと、彼女の声が聞こえないんです。これは確かに老婆のようでさえある、という状態でした。

しかし、たまにハッとさせられます。彼女の説得力に。よぼよぼなのに、それが凛としているのです。
ライナーの解説では、己の開放が技術の欠如を飛び越え、表現として成立せしめている、という風にありますが、
僕にはもっとピュアなものに感じられました。
たくさんの男から傷つけられ、世間からの誤解をうけ、ドラッグ&アルコールが彼女を脱け殻のようにさせたなら、
うたっている瞬間のシンガーこそ、純粋無垢にかえれているのではないか、と。
そこにアイデンティティを覚えるならそれは己の開放、と呼べるかもしれませんが、もっと自然体なんですよね。自分を青白い欲望に任せて「見て見て!」と表現するのではなく、
そこに星が輝いているのと同じくらいの自然さでうたを奏でている存在、くらいの様子に思えました。

彼女のこの死ぬ間際の音源はそんな美しさが感じられます。
そう、ことばの美しさ。その歌詩のことばに説得力を覚えたのは、純粋が故のことばのつよさであるような気がします。

We lived our little drama
We kissed in a field of white
And stars fell on Alabama last night

               〜「アラバマに星落ちて」より




Copyright © 2008 洋楽アーティストデータベース. All rights reserved.    Program by 簡単アマゾンサイト作成ツール ver.3.96

 更新日 2008年10月11日   ※ 表示価格は更新時のものです!      メール      相互リンク