洋楽アーティスト1000人のデータベース。公式サイト・ファンサイト・ブログ・掲示板・リンク集。

洋楽アーティストデータベース

1,500円以上で送料無料!
※一部大型商品を除く
カートを見る ヘルプ
バド・シャンク バディ・デ・フランコ バニー・ベリガン キャンディ・ダルファー キャノンボール・アダレイ カサンドラ・ウィルソン  
  セシル・テイラー セリア・クルース チャールズ・ミンガス チャーリー・バーネット チャーリー・ヘイデン チャーリー・パーカー

洋楽データベース
無料着うたダウンロード
OnGen音楽配信
洋楽楽譜
洋楽名曲
洋楽ランキング
洋楽歌詞和訳・翻訳
特集
 カーティス・フラー
 カウント・ベイシー
 クリスチャン・マクブライド
 クリフォード・ブラウン
 コールマン・ホーキンス
 ダイアナ・クラール
 ダイアン・シューア
 チェット・ベイカー
 チコ・ハミルトン
 チック・ウェッブ
 チック・コリア
 デイヴ・グルーシン
 デイヴ・パイク
 ディジー・ガレスピー
 デクスター・ゴードン
 デビッド・サンボーン
 デビッド・マレイ
 ドナルド・バード
 ドン・チェリー
 ドン・バイロン

 

コールマン・ホーキンス


ベスト・オブ・スウィング・ジャズ

[ CD ]
ベスト・オブ・スウィング・ジャズ

・オムニバス
【BMG JAPAN】
発売日: 2003-07-23
参考価格: 1,890 円(税込)
販売価格: 1,700 円(税込)
ベスト・オブ・スウィング・ジャズ
- 収録曲 -
1. 鈴懸の径(鈴木章治)
2. ムーンライト・セレナーデ(グレン...
3. シング・シング・シング(パート1...
4. スイングしなけりゃ意味がない(デ...
5. スターダスト(アーティ・ショウ)
6. 浮気はやめた(ファッツ・ウォーラ...
7. ビギン・ザ・ビギン(アーティ・シ...
8. 真珠の首飾り(グレン・ミラー)
9. センチになって(トミー・ドーシー)
10. ジャージー・バウンス(アール・ハ...
11. 身も心も(コールマン・ホーキンス)
12. ダイナ(ライオネル・ハンプトン)
13. チェロキー(チャーリー・バーネッ...
14. 言い出しかねて(バニー・ベリガン)
15. ブギ・ウギ・オン・セントルイス・...
・・・
カスタマー平均評価:  5
スウィング・ジャズの集大成ともいうべきコンピレーション・アルバムです
スウィング・ジャズが大好きな50代の者です。高校時代に、ここに収められている曲を吹奏楽で演奏したこともありますので、1曲1曲に思い入れがあります。 このCDは、『ベスト・オブ・スウィング・ジャズ』というコンセプトの名の元に、当時のオリジナル・サウンドの演奏を21曲集めていますので、これ1枚でスウィング・ジャズの歴史的名演奏に出会えますよ。 ベニー・グッドマン楽団の「シング・シング・シング」がいいですね。超人的なエネルギーでたたきつづけるジーン・クルーパーのドラム・ソロは、今聴いても感動します。本当に素晴らしい。それをバックに、ベニー・グッドマンが華麗にソロを決めます。スウィング・ジャズの定番の1曲ですね。 勿論、グレン・ミラー楽団の演奏もいいですよね。在りし日のダンス・ミュージックとも言える「ムーンライト・セレナーデ」の冒頭のハーモニーを聞いただけで、グレン・ミラー・サウンドの世界に入りこみます。 「真珠の首飾り」のサックス・パートのスウィング感も特徴的ですね。とてもよく乗れています。ボビー・ハケットのコルネット・ソロは今聴いてもステキです。 「イン・ザ・ムード」のイントロも有名ですし、繰り返し演奏されるテーマは、スウィング・ジャズの代名詞とも言うべき演奏ですね。 どの演奏もそうですが、聴いているだけで気持ちが昂揚し、リラックスできます。 難解な音楽とは全く無縁ですから、多くの人に今なお愛され続けるのも良くわかります。

モンクス・ミュージック+2

[ CD ]
モンクス・ミュージック+2

・セロニアス・モンク
【ユニバーサル ミュージック クラシック】
発売日: 2007-09-19
参考価格: 1,800 円(税込)
販売価格: 1,709 円(税込)
モンクス・ミュージック+2
セロニアス・モンク
カスタマー平均評価:  5
モンクの世界がおもちゃ箱をひっくり返したように現れる傑作
モンクといえばソロ・ピアノにその世界が凝縮されている。一方、ブリリアント・コナーズのように特異の作曲編曲の才能で見事な構成によって自身の世界を表出した作品も数多い。本アルバムは後者の最右翼であり、そうしたモンクの音楽の宇宙を壮大なスケールで展開した畢生の代表作である。パーソネルも多彩で、コールマン・ホーキンス 、ジョン・コルトレーン、ジジ・グライス 、ウィルバー・ウェアなどそうそうたる名が連れねられている。モダン・ジャズ・シーンでこれだけさまざまな素材を使って壮大な世界を表現できる音楽家といえは、ギル・エヴァンス、チャールス・ミンガス、オリバー・ネルソンくらいなものではないだろうか。モンクのスケールの大きさとユニークな個性が光る傑作である。
再発で音質がすばらしくよくなった
このセロニアス・モンク、どのジャズの本にも取り上げられている名盤である。内容については、他のレビューを見ていただくことにして、この再発盤だけの特徴を言いたい。それは音質である。帯にも書いてあるが、DSDによるマスタリングがされている。とにかく今までにない音質に仕上がっている。その差は、以前の盤を眠たい音と表現してもよいくらい、リアル感のあるものに変わっているのである。 すでにこの盤をお持ちの方にも、ぜひ試聴していただきたい。システムがよければよいほど、その差は歴然となるだろう。とにかく、出だしから圧倒されること間違いなしである。

ジェリコの戦い+2

[ CD ]
ジェリコの戦い+2

・コールマン・ホーキンス
【ユニバーサル ミュージック クラシック】
発売日: 2003-05-21
参考価格: 1,995 円(税込)
販売価格: 1,500 円(税込)
ジェリコの戦い+2
- 収録曲 -
1. オール・ザ・シングズ・ユー・アー
2. ジェリコの戦い
3. マック・ザ・ナイフ
4. 町の噂
5. ビーン・アンド・ザ・ボーイズ
6. イフ・アイ・ハド・ユー
カスタマー平均評価:  5
これが「ホーキンス・スタイル」だ!
 たくましい音色で最高のスゥイングを聴かせるテナー Coleman Hawkinks が、冒頭より「All the Things You Are」「ジェリコの戦い」「Mack The Knife」の名曲を連発する NYC は Village Gate における62年ライブ。ピアノは Tommy Flanaganだ。
 1924年に Fletcher Henderson Orchestra に加入し頭角を現した Hawkins は、1930年代後半に Lester Young がソフト・トーンを活かした新しいテナースタイルを登場させるまで最も影響力あるテナー奏者として君臨したが、ジャズ横揺れの魅力をダイレクトに伝えるその「ホーキンス・スタイル」テナーは時を経るということがなく、いつ聴いても問答無用にスゥイングの楽しさがグイグイと伝わてきて素晴らしい。

ブラック・ミュージックの伝統~ジャズ、ジャイヴ&ジャンプ篇

[ CD ]
ブラック・ミュージックの伝統~ジャズ、ジャイヴ&ジャンプ篇

・オムニバス ・ザ・スピリッツ・オブ・リズム ・インク・スポッツ ・ヘレン・ヒュームズ ・ダイナ・ワシントン ・ナット・キング・コール・トリオ
【ユニバーサル ミュージック クラシック】
発売日: 2004-12-22
参考価格: 2,300 円(税込)
販売価格: 1,447 円(税込)
ブラック・ミュージックの伝統~ジャズ、ジャイヴ&ジャンプ篇
- 収録曲 -
1. ディープ・ヘンダースン(キング・...
2. スタティック・ストラット(ルイ・...
3. トラブル・イン・マインド(チッピ...
4. ザ・ムーチ(デューク・エリントン)
5. セントルイス・ブルース(キャブ・...
6. ジャスト・ア・クレイジー・ソング...
7. タイガー・ラグ(ミルス・ブラザー...
8. ピッグミート・ストンプ(アラバマ...
9. ストンプ・ユア・スタッフ(シカゴ...
10. ジャンク・マン(スピリッツ・オブ...
11. テイント・ノーバディズ・ビジネス...
12. テキサス・シャッフル(カウント・...
13. アイ・ウォント・ア・リトル・ガー...
14. ゴナ・バイ・ミー・ア・テレフォン...
15. ブロウ・トップ・ブルース(ライオ...
・・・
カスタマー平均評価:   0

ハイ・アンド・マイティ・ホーク

[ CD ]
ハイ・アンド・マイティ・ホーク

・コールマン・ホーキンス
【ポリドール】
発売日: 1999-02-17
参考価格: 2,039 円(税込)
販売価格: 1,937 円(税込)
ハイ・アンド・マイティ・ホーク
- 収録曲 -
1. バード・オブ・プレイ・ブルース
2. マイ・ワン・アンド・オンリー・ラヴ
3. ヴィネット
4. オオ・ウィー・ミス G.P.!
5. 君は変わった
6. ゲット・セット
カスタマー平均評価:  5
有無を言わさぬ存在感!
ジャズテナーの開祖といわれる彼の場合、時代によって変遷を繰り返すが、一貫したそのアグレッシブなチャレンジ精神には感服する。いわゆる40年代のバップムーブメントでは彼にとっては挫折の時代とする見解もあるが、私はそうは思わない。この間も若手を起用し、新しい流れに挑戦しつづけたからこそ、この名sessionが誕生したのではないだろうか。彼の場合、どれがベスト版などとは決めづらいが、このアルバムが彼の長き挑戦の歴史を物語る名盤であることは間違いない。
この歌心を聞け!!
テナー・サックスをソロ楽器として確立した「ジャズ・テナーの父」コールマン・ホーキンス58年の名演。
彼は年代的にはサッチモと同時期に属するけど、常に前線に立って、自己を革新し続けた。

このアルバムを聞いてまず驚かされるのは、その音。太く、そして懐が深い。聞いていて落ちつきが得られるだけでなく、直接心に響いてくる。アーシーで隙間のある豪快なプレイも魅力的だが、なんといっても素晴らしいのはバラード二曲の歌心。これに完全に魅了されてしまった。どんなにテクニックが向上し、スタイルが変わっても一番大切なものは変わらないということを教えられた。
ソニー・ロリンズがホーキンスにあこがれたわけがよく分かる一枚。


モンクス・ミュージック

[ CD ]
モンクス・ミュージック

・セロニアス・モンク
【ユニバーサル ミュージック クラシック】
発売日: 2007-04-11
参考価格: 1,100 円(税込)
販売価格: 1,323 円(税込)
モンクス・ミュージック
- 収録曲 -
1. アバイド・ウィズ・ミー
2. ウェル、ユー・ニードント
3. ルビー、マイ・ディア
4. オフ・マイナー(テイク5)
5. エピストロフィー
6. クレパスキュール・ウィズ・ネリー...
7. オフ・マイナー(テイク4)*
8. クレパスキュール・ウィズ・ネリー...
9. .
10. *ボーナス・トラック
カスタマー平均評価:  5
やっぱ、わしゃ、モンクがすきだべ
セロニアスモンクの音楽を聴いたのはラジオがきっかけだった。その曲はマイルスデイビスとの喧嘩セッションとしておなじみのthe man I love だ。 それ以来モンクの大ファンになった。 モンクの音楽から感じられるひねくれた心や、「普通に終わらせないぞ」という雰囲気、「生簀のナマズ」的な存在感・・・たまらん!!私に通じるところがある。 まだ聞いたことのないピーポーは早く聞いてみな♪
難解なのかー
心からセロニアスモンクの音楽が好きなのかどうか判らない。 モンクがいいと言えばジャズ通に思われるだろうとか、そんな自分が見隠れして情けない。 つまり背伸びしてるんじゃないかと思うのだ。 訳も判らずニーチェなんか読んだりするのと似ている。 結局私はニーチェは無理だったが、モンクは、まあなんとか好きになったようだ。 モンクを聴き、何故このような事を思うかと言えば、彼の音楽がちょっと判りづらいからなんである。 じゃあ、判りづらい音楽とは何か。 単純に言えば"メロディアスでない音楽"という事かもしれない。 モンクのピアノは、階段を踏み外しながら降りてるような、左手で書く文字のような、そろりそろりと積み上げる積木のような、何ともたどたどしく、危うい。 クラシック(モーツアルト系)の様に流麗なジャズが好きな人には向かないかもしれない。 モンクの持つ独特の間に吸い込まれるか、拒否反応を示すか。人それぞれであり強く薦めるものでもない。

イッツ・デ・ラヴリー~コール・ポーター・コレクション

[ CD ]
イッツ・デ・ラヴリー~コール・ポーター・コレクション

・オムニバス ・ダイナ・ショア ・リナ・ホーン ・ローズマリー・クルーニー
【BMG JAPAN】
発売日: 2004-09-22
参考価格: 1,890 円(税込)
販売価格: 1,796 円(税込)
イッツ・デ・ラヴリー~コール・ポーター・コレクション
- 収録曲 -
1. エニシング・ゴーズ(コール・ポー...
2. ユーアー・ザ・トップ(コール・ポ...
3. ビギン・ザ・ビギン(アーティ・シ...
4. フロム・ジス・モーメント・オン(...
5. ユー・ドゥ・サムシング・トゥ・ミ...
6. イッツ・デラヴリー(ショーティ・...
7. 夜も昼も(フランク・シナトラ)
8. レッツ・ミスビヘイヴ(アーヴィン...
9. 僕は気ままに(ロイ・ロジャース)
10. ユード・ビー・ソー・ナイス(ダイ...
11. アイ・ラヴ・パリ(コールマン・ホ...
12. イージー・トゥ・ラヴ(レイ・ノー...
13. そんなことなの(リナ・ホーン)
14. 恋とは何でしょう(レオ・レイズマ...
15. あなたはしっかり私のもの(ポール...
・・・
カスタマー平均評価:  5
DE LOVELY
何とまあ懐かしいアルバムが入っていることでしょう。説明を読まないで全曲聴いてみて驚きました。はじめの2曲はPorterが歌っています。実に見事。
Shaw,Rollinsの演奏。クルーナー調の若いSinatraのNIGHT AND DAY,この唄は他に二つの楽団演奏のアルバムが入っていて、演奏者による変化を楽しめます。その他もろもろ。
大げさに言えばJAZZの歴史みたいなCDです。

コールマン・ホーキンスのすべて

[ CD ]
コールマン・ホーキンスのすべて

・コールマン・ホーキンス
【BMG JAPAN】
発売日: 2005-01-26
参考価格: 2,730 円(税込)
販売価格: 2,594 円(税込)
コールマン・ホーキンスのすべて
- 収録曲 -
1. ボディ・アンド・ソウル(1939...
2. ホエアエヴァー・ゼアズ・ア・ウィ...
3. あなたといられたら
4. ハロー・ローラ
5. ホーカス・ポーカス
6. ワン・スウィート・レター・フロム...
7. ダイナ
8. バウンシング・ウィズ・ビーン
9. セイ・イット・イズント・ソー
10. ハーフ・ステップ・ダウン,プリーズ
11. エンジェル・フェイス
12. アイ・ラヴ・ユー
13. ザ・ビーン・ストークス・アゲイン
14. あなただけを
15. ヒズ・ヴェリー・オウン・ブルース
・・・
カスタマー平均評価:   0

モンクス・ミュージック+2

[ CD ]
モンクス・ミュージック+2

・セロニアス・モンク
【ビクターエンタテインメント】
発売日: 1999-06-02
参考価格: 2,520 円(税込)
販売価格: 品切れ中
モンクス・ミュージック+2
- 収録曲 -
1. アバイド・ウィズ・ミー
2. ウェル,ユー・ニードント
3. ルビー,マイ・ディア
4. オフ・マイナー(テイク5)
5. エピストロフィー
6. クレパスキュール・ウィズ・ネリー...
7. オフ・マイナー(テイク4)
8. クレパスキュール・ウィズ・ネリー...
カスタマー平均評価:  5
モンクの世界がおもちゃ箱をひっくり返したように現れる傑作
モンクといえばソロ・ピアノにその世界が凝縮されている。一方、ブリリアント・コナーズのように特異の作曲編曲の才能で見事な構成によって自身の世界を表出した作品も数多い。本アルバムは後者の最右翼であり、そうしたモンクの音楽の宇宙を壮大なスケールで展開した畢生の代表作である。パーソネルも多彩で、コールマン・ホーキンス 、ジョン・コルトレーン、ジジ・グライス 、ウィルバー・ウェアなどそうそうたる名が連れねられている。モダン・ジャズ・シーンでこれだけさまざまな素材を使って壮大な世界を表現できる音楽家といえは、ギル・エヴァンス、チャールス・ミンガス、オリバー・ネルソンくらいなものではないだろうか。モンクのスケールの大きさとユニークな個性が光る傑作である。
間違いだらけが生み出すスリル
出る箇所間違えるといったようなミスが多いことで知られる名演。それくらいリハなしのぶっつけに近かったということでしょう。それがスリリングな演奏を創り出しています。
well, you needn'tではモンクが「コルトレーン、コルトレーン!」と叫ぶのです。解説を読むとモンクの勘違いだったらしいのですが、これによってブレイキーとウェアが混乱。演奏は崩壊しかかるという、スタジオ盤とは思えないスリル。
またコールマン・ホーキンスが参加しているのですが、彼の吹くルビー・マイ・ディアは絶品です。

モンクはもちろんモンク節全開。長いソロをとるわけでもないのに、この個性的プレイヤーたちを包み込んでいる。それにしても愛妻ネリーのために書いたクレパスキュール・ウィズ・ネリーが美しい。


モンクス・ミュージック+2(紙ジャケット仕様)

[ CD ]
モンクス・ミュージック+2(紙ジャケット仕様)

・セロニアス・モンク
【ユニバーサル ミュージック クラシック】
発売日: 2008-03-12
参考価格: 2,200 円(税込)
販売価格: 2,200 円(税込)
モンクス・ミュージック+2(紙ジャケット仕様)
- 収録曲 -
1. Abide with Me
2. Well, You Needn't
3. Ruby, My Dear
4. Off Minor [Take ...
5. Epistrophy
6. Crepuscule with ...
7. Off Minor [Take ...
8. Crepuscule with ...
カスタマー平均評価:  5
モンクがやっぱり一番だ
ブルースやジャズが好きで良く聴きますが、ジャズではモンクが一番好きです。モンクの音楽は唯一無二で、まさしく孤高の人です。鍵盤と鍵盤の間の音を一つ一つ拾い上げていくようなイメージがします。チューニングがズレたように聴こえますが、私はすんなりと耳に入ってきます。 非常に多くのアルバムが出ておりますが、このモンクス・ミュージックは必聴であると思います。その他にもすごいアルバムがありますので、集めていけばいかがでしょう。 モンクはマイルスと仲が悪いことで有名?だそうですが、私はどちらも大好きです。仲が悪い二人が共演しているBags' Grooveも名盤です。
こんな素晴らしいレコードは滅多にない
「ブリリアント・コーナーズ」と並んで、全盛期のセロニアス・モンクの最高の1枚。プレスティッジ時代は冷遇されてきた彼もリヴァーサイドに移籍してからは、オリン・キープニューズという有能なプロデューサーにも恵まれて才能が爆発する。このアルバムの素晴らしい点は、作曲、編曲、アンサンブル及び各人のソロ、あらゆる点においてユニークかつ強力であること。そしてジャズの魅力に満ち溢れている。コルトレーンとコールマン・ホーキンズを同じレコードで競演させるなんて他の誰が思いつくだろうか?音楽の厳しさは「ブリリアント」のほうが上だが、リラックスした楽しさはこちらが上。どちらも甲乙つけがたい。すごいぞモンク!



Copyright © 2008 洋楽アーティストデータベース. All rights reserved.    Program by 簡単アマゾンサイト作成ツール ver.3.96

 更新日 2008年10月11日   ※ 表示価格は更新時のものです!      メール      相互リンク