洋楽アーティスト1000人のデータベース。公式サイト・ファンサイト・ブログ・掲示板・リンク集。

洋楽アーティストデータベース

1,500円以上で送料無料!
※一部大型商品を除く
カートを見る ヘルプ
バド・シャンク バディ・デ・フランコ バニー・ベリガン キャンディ・ダルファー キャノンボール・アダレイ カサンドラ・ウィルソン  
  セシル・テイラー セリア・クルース チャールズ・ミンガス チャーリー・バーネット チャーリー・ヘイデン チャーリー・パーカー

洋楽データベース
無料着うたダウンロード
OnGen音楽配信
洋楽楽譜
洋楽名曲
洋楽ランキング
洋楽歌詞和訳・翻訳
特集
 カーティス・フラー
 カウント・ベイシー
 クリスチャン・マクブライド
 クリフォード・ブラウン
 コールマン・ホーキンス
 ダイアナ・クラール
 ダイアン・シューア
 チェット・ベイカー
 チコ・ハミルトン
 チック・ウェッブ
 チック・コリア
 デイヴ・グルーシン
 デイヴ・パイク
 ディジー・ガレスピー
 デクスター・ゴードン
 デビッド・サンボーン
 デビッド・マレイ
 ドナルド・バード
 ドン・チェリー
 ドン・バイロン

 

クリスチャン・マクブライド


デイ・トリップ

[ CD ]
デイ・トリップ

・パット・メセニー(ウィズ・クリスチャン・マクブライド & アントニオ・サンチェス)
【Warner Music Japan =music=】
発売日: 2008-02-06
参考価格: 2,680 円(税込)
販売価格: 2,411 円(税込)
デイ・トリップ
- 収録曲 -
1. サン・オブ・サーティーン
2. アット・ラスト・ユーアー・ヒアー
3. レッツ・ムーヴ
4. スノーヴァ
5. カルヴァンズ・キー
6. イズ・ディス・アメリカ
7. ニュー・アップ *ボーナス・トラ...
8. ホェン・ウィー・ワー・フリー
9. ドリーミング・トゥリーズ
10. ザ・レッド・ワン
11. デイ・トリップ
カスタマー平均評価:  4.5
『トリオ』での様々なアプローチはいつか傑作を出す予感はある
2005年10月19日ニューヨーク、ライトトラック・レコーディング・スタジオにて録音。へたうま絵でなかなか特徴のあるジャケットはJosh Georgeという人の作品らしい。 『トリオ』という形式はパット・メセニーが様々なアプローチを試みてきたカタチだが、『グループ』や『デュオ』ほど名作を生み出してこなかった。今回の作品もパットの腕前からしたら普通の出来映えで終わってしまっている。ジョン・スコフィールドとのデュオでも取り上げた『Red One』もやっているのだが、ジョン・スコとの方が数倍魅力的だった。ただこの『トリオ』での様々なアプローチはいつか傑作を出す予感はある。 むしろ気になったのはこのアルバムもリリースしているノンサッチがこのアルバムのインナーで告知しているのだが、過去のパットのアルバムを全部リマスターして再発しようとしていることだった。それは凄い。
パットのジャズ・ギター・トリオによる表現の多様性に感嘆
パットがベースとドラムだけと競演するトリオ形式の作品としては「TRIO 99→00」、「TRIO→LIVE」以来の作品ということになるが、テクニシャン揃いのトリオが繰り広げる演奏の表現能力の豊かさには驚かされるばかりだ。TRIOで感じたような派手さはなく、他の曲を引き離して屹立する「この1曲」と呼べるものはないが、逆にいうとどの曲も高い完成度でじっくり聴きこむのに適したものばかり。21世紀のジャズ・ギター・トリオの1つの方向性を示す快作と言えよう。アップ・テンポの曲に混じって、スローな曲やアコースティックな味わいの美しい曲もあり(例えば6、9曲目)、それらの曲ではまるでチャーリー・ヘイデンとのデュオ「ミズーリの空高く」にドラムが加わったような錯覚を覚える。 なお、日本盤のみのボーナス・トラックがあり、それが7曲目。躍動的な佳曲・好演なので、CDを求める場合には日本盤をお薦めする。添付の解説資料によればこの曲をiTunes配信でも聴けるようにしたい、とパットは語っているそうである。

トウキョウ・デイ・トリップ

[ CD ]
トウキョウ・デイ・トリップ

・パット・メセニー(ウィズ・クリスチャン・マクブライド & アントニオ・サンチェス)
【Warner Music Japan =music=】
発売日: 2008-07-09
参考価格: 2,100 円(税込)
販売価格: 2,100 円(税込)
トウキョウ・デイ・トリップ
パット・メセニー(ウィズ・クリスチャン・マクブライド & アントニオ・サンチェス)
カスタマー平均評価:   0

ザ・ルック・オブ・ラヴ

[ CD ]
ザ・ルック・オブ・ラヴ

・ダイアナ・クラール
【ユニバーサル ミュージック クラシック】
発売日: 2001-09-05
参考価格: 2,548 円(税込)
販売価格: 1,500 円(税込)
ザ・ルック・オブ・ラヴ
- 収録曲 -
1. ス・ワンダフル
2. ラヴ・レター
3. アイ・リメンバー・ユー
4. クライ・ミー・ア・リヴァー
5. ベサメ・ムーチョ
6. ザ・ナイト・ウィ・コールド・イッ...
7. ダンシング・イン・ザ・ダーク
8. アイ・ゲット・アロング・ウィズア...
9. ザ・ルック・オブ・ラヴ
10. メイビー・ユール・ビー・ゼア
11. アイ・シュッド・ケア
カスタマー平均評価:  4.5
心地よいヴォーカルに包まれて・・・・至福の時を過ごしています
ロンドン・シンフォニー・オーケストラをバックに7曲歌っているせいでしょうか、バラード系の選曲が多く、それがとても良い印象を残したアルバムとなりました。全世界で300万枚以上売れたそうですが、これだけ懐かしいスタンダード・ナンバーを並べ、過去の素晴らしい歌唱をしのぐ堂々とした歌いまわしですからそれも当然だと感じました。 ガーシュインの「ス・ワンダフル」、ジュリー・ロンドンの名唱を越える「クライ・ミー・ア・リヴァー」、トリオ・ロス・パンチョスで有名な「ベサメ・ムーチョ」を聴きますと、この歌姫は時代を数十年遡ってきたかのような錯覚を覚えるほど、幅広い選曲をものともせず自分の歌にしています。それにまず感心してしまいます。 全曲ともピアノは彼女の演奏です。特に「ザ・ナイト・ウィ・コールド・イット・ア・デイ」の中間部に流れるピアノ・ソロは本当に上手ですね。歌うかのように弾いていました。情感たっぷりで、ピアニストとしても一枚のアルバムを作って欲しい気がします。 アルバム・タイトルのバート・バカラック作曲「ザ・ルック・オブ・ラヴ」が一番好きです。1960年代ダスティ・スプリングフィールドによって大ヒットした名曲を堂々とハスキーヴォイスで歌いまわすダイアナ・クラールの実力が如何なく発揮された歌唱だと思います。 日本だけのボーナス・トラック「アイ・シュッド・ケア」もいいですね。甘くそして優雅な彼女の声は聴く者を夢の世界へといざなってくれました。
How nice Diana!
4曲目”Cry Me a River"?5曲目の”Besame Mucho"は特にお気に入りだ。ダイアナ・クラールのハスキーvoiceにはバラードがぴったりだ♪7曲目の”Dancing in the Dark"を聴きながら今宵もワイングラスを傾ける・・。
Yes ! She is improve !
5年ぶりにじっくりと聞いてみたが、確かに初期の頃より遥かに歌唱力は向上していますね。ただ、これだけのアーティストを揃えて、あまりにも単調な選曲には失望です。でだしのS'Wonderfulが耳に残ったまま最後に至る。どうしても、5.Cry Me a ReverはJulie Londonと比較してしまうが、本家にはおよばない。スタンダードを歌うには忘れてはいけないのは、多くの先人がいるということですが、現代のボーカリストはスタンダードの中のスタンダードしか歌わず、とてもではないが先人を超えるような歌い方ではない。ガンバレ、ダイアナ!
「クライ・ミー・ア・リヴァー」
2001年9月5日発表。 ますます活躍の幅が広がって、エルビス・コステロを旦那さんにもらい、 最近では貫禄さえ漂います。 このアルバムは彼女の入門として最適。 見た目のゴージャス感と低めのセクシーボイスでこんなふうに スタンダードを歌われたら堪りませんね。 「クライ・ミー・ア・リヴァー」なんかを聞いていると、 涙の河を流せばいいわ、泣けコラっァ、と責められているようで、 何だかちょっと、かなわないなァという感じになってしまいます。 バックミュージシャンでは、ギターのラッセル・マローンが聞き物です。 さすがに今をときめくギタリストだけあって、「ラブ・レター」「クライ・ミー・ア・リヴァー」 などのスタンダードも新鮮に聞かせてくれます。 クリスチャン・マクブライドのベースもいいですね。
ゴージャス
ダイアナ・クラールがスタンダードナンバーをお洒落にしっとりと,時に甘く歌うアルバム.くつろぎながら聞けばバーで聞いているような心地よさをくれ,ぐったり疲れている時に聞くと癒しをくれ,じっくり聞いても楽しいCD.「Live in Paris」や「All for You」とはまた一味違ったテイストを感じさせる.時に3曲目の「I Remember You」や5曲目の「Besame Mucho」のようなボサノヴァ風味も含まれていて楽しい.

ヒアズ・トゥ・ユー・チャーリー・ブラウン&スヌーピー〜50グレイト・イヤーズ!

[ CD ]
ヒアズ・トゥ・ユー・チャーリー・ブラウン&スヌーピー〜50グレイト・イヤーズ!

・デビッド・ベノワ ・アル・ジャロウ ・Take 6
【ユニバーサル ビクター】
発売日: 2000-04-28
参考価格: 2,541 円(税込)
販売価格: 1,830 円(税込)
ヒアズ・トゥ・ユー・チャーリー・ブラウン&スヌーピー〜50グレイト・イヤーズ!
- 収録曲 -
1. ライナス・アンド・ルーシー
2. チャーリー・ブラウンのテーマ
3. ペブル・ビーチ
4. ライナス・テルズ・チャーリー
5. フレダ
6. クリスマス・タイム・イズ・ヒア
7. ゲッティング・レディ
8. ブルー・チャーリー・ブラウン
9. レッド・バロン
10. ハピネス
11. オー・グッド・グリーフ
カスタマー平均評価:  5
古き良きアメリカ文化
スヌーピーが好きな人、ジャズが好きな人、ジャズって何?と思っている人、みんなに聴いてほしい。アメリカの大衆文化を代表するザ・ピーナッツとジャズの二つが合体した佳作です。オススメはライナス&ルーシー、チャーリー・ブラウンのテーマ、レッド・バロン、ぺブル・ビーチです。特にレッド・バロンでの心地よい飛翔感はすばらしいですよ。
スヌーピー!
デビッドベノアと言ったら、ピーナツでしょう。僕もチャールズシュルツ大好きです。GRPの"HAPPY ANNIVERSAY! CHARLIE BROWN"を聴いて好きだった方は、あちらでもデビッドベノアが"ライナス&ルーシー"を最初と終わりで演奏していたのを覚えていますよね。あれも大好きでしたが、これも素晴らしいですよ。特に今言ったCDがお好きだった方は、"レッドバロン"を聴いたらすぐ好きになっちゃうでしょうね。リーリトナーの演奏にマークアントワンがリスペクトしているのがすぐ分るから。このアルバムでは、かなりトラッドなジャズで来ました。クリスチャン・マクブライドのベースがいい味出していてぶっとい音なのにキュートなベースラインで大変結構。一曲目は、ヴィンスガラルディのプレイをかぶせたんですね。素敵ですね。豪華ゲストがたくさん入っていますが、一番僕が印象的だったのは、"ブルー・チャーリー・ブラウン"で見事なブルースプレイを聴かせるラッセルマローン。良いギター弾きますね!
デビッドべノアのはつらつとした演奏がよい
コンテンポラリージャズフュージョンのビッグネーム=デビッドべノア。彼のアコーステックジャズアルバム。スヌーピーに捧げたほのぼのとしたサウンド世界が美しい。ファンタジックな趣もすばらしい。
10点中10点。
企画盤なのに内容がやたら濃い、そんなピアノトリオジャズアルバム
ビルエヴァンスの影響の強いピアニスト=デビッドベノワ、ユリ ケインとも共演したジャズベーシスト=クリスチャン マクブライド、そしてドラムが元ウエザーリポート、ステップス他のピーター アースキンとくれば、聴きたくなるかたも多いはず。アコギにあのマーク アントワン、.そしてトランペットにクリス ボッティーとかなり強力なメンツで製作されている。内容の方は、凄く聴きやすいジャズアルバムになっている。すがすがしい気分にひたれること請け合いです。良質のアコースティックジャズアルバムとしてオススメできます。ゆったりした大人の雰囲気を持っていますので、アダルト向けの作品と言えますね。スヌ−ピーフリークのお楽しみグッズにしておくには余りにも勿体無いしろもの。ぜひぜひメ?ビッド ベノワの硬質なピアノ美学をお聞きいただきたい。ゲストは他にアル ジャローやテイク6なんかもいて、なんか盛り沢山です。マイケル ブレッカーまで気持ちいいブローを披露してますから、ジャズにお詳しいかたなら確実に楽しめます。ジャズは昔は大衆文化だったことを思い起こさせてくれるそんなアルバムです。ワイン片手にあなたもこの一枚をいかがですか。心が和みますよ。

ライヴ・アット・トニック

[ CD ]
ライヴ・アット・トニック

・クリスチャン・マクブライド
【P-VINE】
発売日: 2006-05-24
参考価格: 2,625 円(税込)
販売価格: 2,494 円(税込)
ライヴ・アット・トニック
- 収録曲 -
1. テクニカラー・ナイトメア
2. セイ・サムシング
3. クレロウズ・フリップド
4. レホス・デ・ウステ
5. ソニック・トニック
6. ハイビスカス
7. シッティング・オン・ア・クラウド
8. ブーギー・ウーギー・ワルツ
カスタマー平均評価:  5
ジャムセッションの生々しさ
鍵盤+ベース+ドラム+1ホーンのマクブライドバンドと仲間たちのジャムライブ作品。かなりファンキーなジャズが聴ける。全体としての一体感、完成度はあまり感じられない。しかしそんなことはどうだってよい。各メンバーが互いに呼応しながら曲を展開させる様、時に垣間見える噛み合っていない様、その息遣いが生々しく、ジャムセッションの醍醐味が味わえる。その上録音がよく、リアルに現場の空気を伝えてくれる。グイグイと聴き手を引きずり込んでいくグルーヴ感はさすがマクブライド。ウッドとエレキを使い分け、黒っぽさ全開の演奏を聴かせてくれる。ベースファンは必聴。ディスク2、3ではゲストによるバイオリンやらターンテーブルやらヒューマンビートボックスやらが飛び交い、これがまた最高にカッコいい!!あと個人的にはロン・ブレイクのバリトンサックスがどっしりしていて好き。ソウライヴのクラズノー(g)も参加している。他のレビューの方も書いている通り、ボリュームがある上に内容が素晴らしいアルバム。一聴の価値ありでしょう。それにしても安い!!
最高のグルーブ感
最高にかっこいいアルバムです!ジャズ、ヒップ・ホップ、ファンクが見事に融合してます。このグルーブはマジでかっこいいです。トータルで約4時間、しかも、3枚組みでこの価格! NYのクラブでのライブ録音ですが、音質も最高!でも、音質なんかどーでもいいように思えるほど、内容が素晴らしい! 今のジャズが体感できますよ!

ライヴ・イン・パリ

[ CD ]
ライヴ・イン・パリ

・ダイアナ・クラール
【ユニバーサル ミュージック クラシック】
発売日: 2002-09-28
参考価格: 2,548 円(税込)
販売価格: 2,421 円(税込)
ライヴ・イン・パリ
- 収録曲 -
1. I Love Being Her...
2. Let's Fall in Lo...
3. 'Deed I Do
4. The Look of Love
5. East of the Sun ...
6. I've Got You Und...
7. Devil May Care
8. Maybe You'll Be ...
9. 'S Wonderful
10. Fly Me To The Mo...
11. A Case of You
12. Just the Way You...
カスタマー平均評価:  5
良い作品です!
ライブでの録音ですが大変良好な録音です。 ダイアナはもちろんバックもしっかり確かなメンバーで作り上げています。 良い作品です。 オーディオの好きな方是非コレクションの一枚としてどうでしょう。
素晴らしい! 本当に素晴らしいです!!
カナダが生んだ最高のシンガー&ピアニストのダイアナ・クラールのライヴ・アルバムです。 バート・バカラックの名曲「The Look of Love」、ガーシュウィンの「'S Wonderful」、ナット・キング・コール他多くの歌手で歌われた「Fly Me To The Moon」などのスタンダード・ナンバーが収録されており、ダイアナ・クラールの魅力的なヴォーカルを堪能できます。 これはパリのオランピア劇場でのライヴですので、1曲終るたびに観客の熱狂的な拍手が臨場感をより高めています。素晴らしい歌唱力の持ち主なのは、どの曲をとつても伺えますし、とても若い女性とは思えない貫禄と落着きがその歌唱から伺えます。 弾き語りの名手なのは、アンコールで歌われた「A Case of You」を聴くとよく分かります。抒情的なピアノの前奏から、歌の世界を作り上げていきます。ピアノと歌のバランスがまたいいですね。是非聴いていただきたい1曲です。 唯一のスタジオ録音のボーナストラック「Just the Way You Are (素顔のままで)」がまたいいですね。ビリー・ジョエルの名曲のカヴァーですが、完全に彼女の曲として歌われています。歌心がありますね。ハスキーヴォイスにのせて、軽やかにそして切々と歌い上げました。マイケル・ブレッカーのサックスは音楽を引き締めていますが、その演奏にもましてヴォーカルの上手さが光るテイクだったと思います。
ライブの名盤です。
ダイアナクラールは最近聞き出したのであまり大きなことは言えませんが、どうしてもレビューしたい一枚なので、、、 このライブは非常に完成度の高いものだと思います。本人ならびにバックの確かなテクニックに裏付けられた、だからこそ安心できる演奏はもちろん、11曲目のソロバラード『ア・ケース・オブ・ユー』は絶品です
GOOD
 初めての出会いは、某家電量販店であった。
新しいスピーカを探しに視聴室に入ると「ス・ワンダフル」が始まろうとしていた。
スピーカの視聴などそっち除けで、つい聴き入ってしまった。
2003年のスタジオ録音版と比較すると、全般的にライヴ版の方が彼女には合っている様に感じられる。躍動的であり、まさに極生である。当分は2枚のノラ・ジョーンズとこの1枚を手許に置く事に成りそうである。
GOOD
 初めての出会いは、某家電量販店であった。
新しいスピーカを探しに視聴室に入ると「ス・ワンダフル」が始まろうとしていた。
スピーカの視聴などそっち除けで、つい聴き入ってしまった。
2003年のスタジオ録音版と比較すると、全般的にライヴ版の方が彼女には合っている様に感じられる。躍動的であり、まさに極生である。当分は2枚のノラ・ジョーンズとこの1枚を手許に置く事に成りそうである。

ナイト・セッションズ

[ CD ]
ナイト・セッションズ

・クリス・ボッティ ・ショーン・コルヴィン
【ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル】
発売日: 2001-12-19
参考価格: 2,520 円(税込)
販売価格: 2,394 円(税込)
ナイト・セッションズ
- 収録曲 -
1. リサ
2. マイアミ・オーヴァーナイト
3. ストリーツ・アヘッド
4. インタールード
5. オール・ウッド・エンヴィ
6. ベスト・タイム
7. ホェン・アイ・シー・ユー
8. ユー・ムーヴ・ミー
9. ブルー・ホライズン
10. ライト・ザ・スターズ
11. スルー・アン・オープン・ウィンドウ
12. イースター・パレード ※〈CD...
カスタマー平均評価:  5
KIPPER恐るべし
彼の作品の中でもダントツに素晴らしい。プロデューサーであるKIPPERとCHRIS BOTTIの才能が見事に混ざり合う。同プロデューサーでもあったスティングの'99年「brand new day」のスタイルと似ているのがはっきりと分かるが、聴き易さから言っても出来はこちらの方が上だろう。甘過ぎず軽すぎず、優しさがあって切なさもある。タイトル通り、夜に聴けば向かうところ敵なし。
聞きやすい
 こういう作品聞くとほっとします。一音一音をどれだけ美しく表現するかが伝わってきます。個人的にはビ?バップのようなスタイルも好きだが、インストやjazzを知らないひとはこのような作品から入るとことお勧めします。
まさにNight Sessions
Chrisのフュージョンスタイルのアルバムでは最高傑作。 スムーズジャズよりもさらにスタンダードジャズっぽさを持った 演奏スタイルはこの人ならでは。僕のお気に入りは10曲目のLight The Stars. 星空の下で聞くと曲の良さが更に分かります。 バックのスティング組のKipper(Keybords, Producer) Vinnie Colaiuta (Drums)そして Dominic Miller (Guitars)も素晴らしいサポートをしています。 甘い香りもするけどどこかハードボイルドの匂いもするんですよね、Chris Bottiは。
Best music I ever heard!!!
クリス・ボッティ、すごい人が出てきた!素晴らしくバランスの良い、メロディラインのしっかりした、酔わせる曲の数々です。Jazzが初めての人にもそうでない人にもお薦め。滅多にアルバムの曲全て好きになることはないのですがこのアルバムは12曲中11曲私にとって「アタリ」でした。ものすごく得した気分になれるアルバムです。じっくり聴き込みたい人にも、ムード音楽として部屋に流したい人にもお薦め。買わなきゃ損です。他のお気に入りのアーティストの二枚目を買うつもりなら、それを我慢して是非この一枚、手にとって見てください。損はしません。彼には実力があります。

モンクス・ムード~セロニアス・モンクに捧ぐ

[ CD ]
モンクス・ムード~セロニアス・モンクに捧ぐ

・クリスチャン・マクブライド,ジェフ・バラード チック・コリア
【UNIVERSAL CLASSICS(P)(M)】
発売日: 2007-10-17
参考価格: 2,500 円(税込)
販売価格: 2,248 円(税込)
モンクス・ムード~セロニアス・モンクに捧ぐ
クリスチャン・マクブライド,ジェフ・バラード チック・コリア
カスタマー平均評価:  4
引力が最近の演奏は特に増している気がしてならない
2005年8月27日、ワシントン州、トシラン・セラーズ・ワイナリー(おお、ワイナリーでか・・・)のライヴ録音。『Five Trios Series』の第三弾。 『Five Trios Series』は以下の通り。 1.『Dr.Joe』・・・チック・コリア(p)・ジョン・パティトゥッチ(b)・アントニオ・サンチェス(ds) 2.『マイルストーンズ』・・・チック・コリア(p)・エディ・ゴメス(b)・ジャック・ディジョネット(ds) 3.本作・・・チック・コリア(p)・クリスチャン・マグフライト(b)・ジェフ・バラード(ds) 4.『ワルツ・フォー・デビー』・・・チック・コリア(p)・エディ・ゴメス(b)・アイアート・モレイラ(ds) 5.上記4つにBOXしかない組み合わせチック・コリア(p)・アドリアン・フェロー(b)・リッチー・バーシェイ(ds) これがまた、イイ演奏なのだ。最近のチック・コリアはとても冴えている。なんとなくツボを押さえながらも、新しいことに挑戦している。この3人の組み合わせ、というのは実はこの時が初めてだったそうだ。チックのいかにもヤマハという感じのピアノが冴えわたり、あっという間にチック独自の空間に引きこまれる。その引力が最近の演奏は特に増している気がしてならない。

ウォーキン・ダウン・レキシントン

[ CD ]
ウォーキン・ダウン・レキシントン

・大坂昌彦 ・キム・ナザリアン
【キング】
発売日: 2000-12-21
参考価格: 1,800 円(税込)
販売価格: 1,649 円(税込)
ウォーキン・ダウン・レキシントン
- 収録曲 -
1. シャ・トワ・クレール
2. ウォーキン・ダウン・レキシントン
3. ザ・リバー・フロウズ・イントゥ・...
4. クロース・トゥ・ユー
5. イングリッシュマン・イン・ニュー...
6. チッカ・ディー
7. ワンス・アポン・ア・サマータイム
8. ラブ
9. サーカディアン・リズム
10. アンチェインド・メロディー
カスタマー平均評価:  5
意外なボーカルアルバム
NYでのレコーディング。ダイナミックなドラマーでありながら実は作曲もこなすマルチな才能が開花したのがこのアルバムだと思います。意外や意外、半分以上がボーカルナンバーで大坂氏のオリジナルもあります。毎年1回は必ず氏のライブを聞いてますが一緒にツアーをやってるTOKUも必ずと言っていいほどタイトル曲を歌ってます。いろんな意味で氏のターニングポイントとなったアルバム、一度聴く価値は充分あります。そして繰り返し聴きたくなる…♪
圧倒のドラムソロ
1曲目の、大坂さんのドラムソロがすごい。
曲のメロディーに合わせ、まさに歌うかのようなソロを演奏します。
ファンなら絶対聴いておきたい1枚。

バック・イースト

[ CD ]
バック・イースト

・ジョシュア・レッドマン
【ワーナーミュージック・ジャパン】
発売日: 2007-05-23
参考価格: 2,680 円(税込)
販売価格: 2,545 円(税込)
バック・イースト
- 収録曲 -
1. ザ・サリー・ウィズ・ザ・フリンジ...
2. イースト・オフ゛・サ゛・サン(ア...
3. ザラファ
4. インディアン・ソング
5. アイム・アン・オールド・カウハンド
6. ワゴン・ホイールズ
7. バック・イースト
8. マントラ・#5
9. インドネシア
10. インディア
11. GJ
12. クライシス * Bonus T...
13. エクストラ・ソース
カスタマー平均評価:  4
「東」に「戻る」とは・・
ここ数年SFJCやElastiを中心に活動を続けてきたJoshua Redmanが、2年ぶりにWarner傘下のNonesuchからアルバムを出しました。アコースティックでストレート・アヘッドなジャズアルバムを出すのは「Passage of Time」('01)以来実に6年ぶりとのことです。 自身西海岸(Berkeley,CA)で育ち、近年は東ではなく西を活動拠点としていたJoshuaですから、アルバムタイトル「Back East」には、彼のさまざまな思いが込められています。 1つには、Joshua自身がもっとも大きい影響を認める、当時東海岸を拠点として活動していたS.Rollinsが西海岸はL.A.にやってきてDr、Bのトリオで録音した先駆的名盤「Way Out West」(Contemporary,57)にちなんでいることが挙げられます。 もう1つには、若き日のJoshuaがボストンやNYCで積んだ音楽的研鑽は彼自身に大きな影響を与えたのですが、SFJCやElasticなどで多忙な毎日を過ごしている中、彼にとって本当に大切なそうした経験に立ち返る、という意味を持っています。音楽家としての本能に衝き動かされたとも言えるでしょう。 さらに、本作吹き込み後数ヶ月にして、昨年9月に惜しくも他界した父親への思いも込められております。75歳になる父・デューイは本作で2曲(10・11)に参加しております。 1曲目「The Surrey with the fringe on top」はR.Rogersの筆によるスタンダードですが、この曲もおそらくSonny Rollinsを意識しての選曲でしょう(「Newk's Time」('58))。5曲目「I'm an old Cowhand」やテーマメロディが特徴的な6曲目「Wagon Wheels」も「Way out West」収録曲です。これらRollinsの曲を契機として、Coltrane(10曲目)・Getz(2)・Shorter(4)らTenor Titanの曲(orゆかりの曲)をも取り上げています。 本作でJoshuaが言う「East」とは、「西ではない」地域を指し、中西部やインドネシア、インド、アフリカも含みます。幼い頃に母に連れられて行ったBerkeleyのCenter for World Musicやベイエリアではそうした「East」のダンスや音楽が溢れており、それらが、Joshuaが作曲するにあたり、様々なレベルで影響を及ぼしています。本作でのJoshuaの曲「Zarafah」(3曲目)、「Mantra #5」(8)、「Indonesia」(9)あたりは、まさにそうした「East」の香りを色濃く感じさせる佳曲揃いです。 11曲目「GJ」は、Joshuaがエスプレッソを一杯飲みに出ている間に、普段のテナーではなくアルトで(しかも一発録りで)Deweyが吹き込んだもので、「Gift for Joshua's infant Son」の意味ですが、曲の由来とともに、深遠なその表現には感動を禁じえません。 タイトル曲「Back East」はJoshuaの様々な思いを伝えるものでしょうか、アップテンポで熱い演奏が繰り広げられております。 今回、彼は3つの、それぞれ一流のリズムセクションで録音しております。全般をとおして高度な演奏が続きます。作品のバックグラウンドとあわせて、ぜひじっくり聴いてみてください。1stリーダーアルバムで録音したDr、Bのトリオ演奏と聴き比べてみても面白いでしょう。



Copyright © 2008 洋楽アーティストデータベース. All rights reserved.    Program by 簡単アマゾンサイト作成ツール ver.3.96

 更新日 2008年10月11日   ※ 表示価格は更新時のものです!      メール      相互リンク