洋楽アーティスト1000人のデータベース。公式サイト・ファンサイト・ブログ・掲示板・リンク集。

洋楽アーティストデータベース

1,500円以上で送料無料!
※一部大型商品を除く
カートを見る ヘルプ
LTJブケム ランブ ローラン・ガルニエ リキッド・ソウル リヴィング・デイライツ ロリータ  
  メデスキー、マーチン&ウッド マイク・ハマー モービー MR.グルーヴ ミュージック ナム

洋楽データベース
無料着うたダウンロード
OnGen音楽配信
洋楽楽譜
洋楽名曲
洋楽ランキング
洋楽歌詞和訳・翻訳
特集
 オービタル
 サシャ
 システム7
 スキャナー
 スナップ
 スラム
 ソニーク
 ナイトメアズ・オン・ワックス
 ニコ
 ノーマ・シェフィールド
 プラスティックマン
 プリンス
 プロディジー
 リチャード・バーツ
 ロニ・サイズ
 ロニー・ジョーダン
 ロバート・ウォルター
 ロバート・マイルズ
 石野卓球
 竹村延和

 

ランブ


TRUTH?

[ CD ]
TRUTH?

・SUGIZO ・キャロリーヌ・ハーパー ・ルーラム ・バレリー・エティーン ・ルー・ラム
【ポリドール】
発売日: 1997-11-19
参考価格: 3,059 円(税込)
販売価格: 2,480 円(税込)
TRUTH?
- 収録曲 -
1. ルシファー
2. ケージ
3. カノン
4. ヨーロッパ
5. Le Fou
6. ビューティー
7. ケミカル
8. アインソフ
9. ミッシング
10. スペルマ
11. カインド・オブ・ブルー
12. ファム・ファタール
13. デリヴァー…
14. ア・プレイヤー
15. ルナ
カスタマー平均評価:  4.5
リマスターで聞いてみたい。今、聞いても吸い込まれる世界観
当時の97年としてはとても濃厚なアルバムだったと思う。他の方のレビューのようなドラムンベースの使い方がいいのか、悪いのかは正直良く分からないが、世界観という部分においての構築力は今聞いてもすごい。大抵の人にはなんだか良く分からないアルバムだろうが…メジャーに飽きた方には、今聞いても充分聞けるアルバムだと思う。2枚目のCLEARのが歌がフューチャーされてる分POPで聞きやすいく感じるし、音のクオリティもいいが、月日が流れる事によって当時の音質が逆に世界を引き立てている気がする。最近LUNASEAのリマスターで音の違いにびっくりしたので、このアルバムも是非リマスターで聞いてみたい。
SUGIZO的原始小宇宙
このアルバムを初めて聴いたのが中学生の頃で、 ガキの頃に音楽の何が分かったんだろうとは思うけれど、 専門的音楽知識がない自分が聴いても素直に 「このアルバムが持ってる雰囲気は地上じゃないな…まるで宇宙みたいだ」と思ったし、 10年経った今でもこのアルバムがSUGIZO作品の中で一番好きです。 一時代過ぎて、今聴くと新たに感じるところもあるけれど、 当時のSUGIZOのフレッシュな情熱が伝わってくる作品だと思うし、 様々な実験的音楽要素(それが気に入るかどうかは個人に拠ると思いますが)がたくさん垣間見られます。 ただ、個人的にはSUGIZOのボーカルについて辛口の意見があるのが少し残念に思います。 歌を出すなら、他のボーカリストと同程度の歌唱力が必要だと思われる方には確かに満足しがたいかもしれませんが、 私はあの声質が誰よりもSUGIZOサウンドに合っていると思うので、 彼が積極的にボーカルを取ったことは喜ばしく思っています。 気に入っている一曲を選ぶとしたら「Deliver...」です。 宇宙に飛んでいくような浮遊感、囁くような黒人女性ボーカルとねっとり背後に張り付くようなSUGIZOコーラスの絡み、ボサノバサウンドの心地よさ、最も自分の感性に語りかけてきて、発売当時から何度も繰り返し聴きました。 聴き手を選ぶアルバムだとは思うので、「興味があるなら気軽に聴いてください」とは少し言いにくい部分があります。 でも、賛否両論の部分も踏まえた上で、自分の感性に正直になって聴いてほしいです。 どうしてもSUGIZOはその音楽性から、専門的見地から評価を受けることが多いのですが、評価することが音楽の楽しみ方ではないので、SUGIZO的原始小宇宙にダイブするつもりになって、思い切って聴いてほしいと思います。
sugizo
これが出たのが高校の頃か。 友人と、下手な声の使い方がうまい、なんて感心してたな、懐かしい・・・。 LUNA SEA時代から好きですけど、ABSTRACT DAYとか、この人のソロ活動を見はじめてから、完全に趣味というか、目を向ける先が変わった。 影響受けすぎて最近では聴くのが少し怖い。ダメですね。
中途半端
当時としては画期的なドラムンベースを多用した作品だけど、アルバムの流れにそぐわない曲が多々あり、粒が揃ってなく中途半端だね。歌唱力は駄目に等しく、どうせやるなら全曲インストにすべきだったんじゃないかな? 2000年にジェフベックが同じような路線のアルバムを出したけど、パワー、テクニック、アレンジ能力共にレベルの違いを感じさせてくれたよ。
磨けば光る原石のようなアルバム
このアルバムの前後にリリースされたリミックス作品の充実ぶりが素材として申し分ないpossibilityを秘めてる事を証明しているわけだが、
このアルバム単体で聴くと大した事ない。制作に十分な時間を割けなかったとは本人の弁だが、言い訳は見苦しい。
ドラムンベースの用い方にセンスが感じられない。デヴィッド・ボウイがアダムFと組んで作ったアルバムのようだ。
ロックバンドのギタリストが自らのソロ作でクラブミュージックに手を出した例としては布袋寅泰がいるが、
共通して歌唱レベルが低い。なんとかならんのか。しかしこちらのギタリストの声質は甘い声だ。いい声ですね。もっと歌巧くなってください。
LAMBやGALLIANOの女性ヴォーカルをフィーチャーした曲は全体的に高水準な出来。ただ、もう少し煮詰めて欲しかったかな。
1997年作ということで2005年の今聴くとさすがに時代を感じさせます。安易にドラムアンドベースなんて取り入れるんじゃなかったね。
LUNA SEAや中谷美紀、坂本美雨の諸作で聴けた彼の独特のギターのトーンが好きな人には文句なしにお勧め。
でもそんな人は既に聴いている事でしょう。それ以外の層に聴いてもらうにはアピールが弱い気がします。

サクラメント

[ CD ]
サクラメント

・ラム・オヴ・ゴッド
【ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル】
発売日: 2006-08-23
参考価格: 2,520 円(税込)
販売価格: 2,280 円(税込)
サクラメント
- 収録曲 -
1. ウォーク・ウィズ・ミー・イン・ヘル
2. アゲイン・ウィー・ライズ
3. レッドネック
4. パセティック
5. フット・トゥ・ザ・スロート
6. ディセンディング
7. ブラッケン・ザ・カーズド・サン
8. フォーゴットゥン(ロスト・エンジ...
9. レクイエム
10. モアー・タイム・トゥ・キル
11. ビーティング・オン・デスズ・ドア
カスタマー平均評価:  4.5
新世代の王者
アメリカはバージニア州出身のメタルバンド Lamb Of Godの4thアルバム。 前作と比べサウンドに厚みが増し、ハードコア/スラッシュを基盤とするへヴィなサウンドを維持しつつも 非常に聴き易いサウンドになった印象が強い。中盤から後半にかけてややダレる面もあるが 非常に純度の高いメタルアルバムであることには間違いない。 Chris Adlerのグルーヴの利いたドラミングに耳にこびりつくリフワーク そしてRandy Blytheの巧みさを増したVoはPantera以降のメタルバンドとして 最も頂点に近いバンドと言えるのではないだろうか。 本国アメリカでは既に絶大な人気を誇り、今作もビルボード初登場8位にランクインするなど セールスも絶好調。ここ日本でも昨年行われたメタルフェスで初来日。 今年五月には単独公演も決定するなど、日本でのブレイクも間近だろう。
爆弾でブッ飛ばされた感じな衝撃を受けたッす!!
一曲目の“Wall With Me In Hell”を聴いた瞬間、爆撃機の爆弾でブッ飛ばされた様な衝撃を受けました。言う事なくかっこよ過ぎッす。LAMB OF GOD。リフがかなり激しく、聴く感じにはSLAYER+PANTERAって感じッす。ヴォーカルのRandy Blytheの歌い方がPANTERAのフィルにそっくりです。ラウド・ロックが好きな人ならば買いですよ。また、PANTERAが好きな人にはオススメです。しかし、前半と後半にかけビビッとくる曲が少ないような気がします。まあ、悪いわけではないのですが…。星は四つにしようと思いましたが、LAMB OF GODには凄い期待しているので、星五つにします。
暴虐メタルコアの傑作!
アメリカ、ヴァージニア州出身のハードコア・メタルバンドの4thアルバム。 ポスト・スラッシュといわれるだけあり、ハードコアとはいえメタル感が随所に感じられるので、HR/HMファンも満足の作品です。 SLAYER、PANTERAが好きな方に特にお勧めデス。 こんなイーヴルな作品が大メジャーなソニーから発売されているなんて、まだまだ世の中捨てたもんじゃないですね。

Sacrament

[ CD ]
Sacrament

・Lamb of God
【Epic Europe】
発売日: 2006-08-22
参考価格: 1,567 円(税込)
販売価格: 993 円(税込)
Sacrament
- 収録曲 -
1. Walk with Me In ...
2. Again We Rise
3. Redneck
4. Pathetic
5. Foot to the Thro...
6. Descending
7. Blacken The Curs...
8. Forgotten (Lost ...
9. Requiem
10. More Time to Kill
11. Beating On Death...
カスタマー平均評価:  5
現PURE・AMERICAN・METALの最高峰
"まさしく現在の彼らのポテンシャル、そして新世代王者の威厳をまざまざとシーンに叩きつけた1枚。COBとの交友関係でも彼らだがそのディケイトの形の表れは見事に本作の随所に刻まれている。8”Forgotten"9”Requiem”の組曲はバンド史上最もテクニカル!SLAYER的であり構築美を兼ね備えたギターソロ+全編ザクザクのベイエリアスラッシュ+現メタルシーンきってのランディの咆哮=”NOW”"

Lamb

[ CD ]
Lamb

・Lamb
【Polygram】
発売日: 1997-05-13
参考価格: 1,626 円(税込)
販売価格: 1,825 円(税込)
Lamb
- 収録曲 -
1. Lusty
2. God Bless
3. Cotton Wool
4. Trans Fatty Acid
5. Zero
6. Merge
7. Gold
8. Closer
9. Gorechi
10. Feela
カスタマー平均評価:  5
試聴してみてください
もうこのアルバムが出て10年ちかく経つと気付き(2006年4月3日現在)、驚いた。 繰り返し、今も聴いているアルバムの一枚だからだ。 この良質のアルバムを説明するのに、言葉は特にいらないと思う。 M-01 M-03 M-07 M-09 あたりをまずは全部聴いてみて、気に入ったらぜひ購入してほしい。 10年は保つのだから。 私がいちばん好きなのは、ボーナストラック?の、「Cotton Wool」の リミックスバージョンだ。 これを朝に聴くと、自分のエンジンがかかったような気になる。
隠れた名盤
〜プログラマーと女性ボーカルの2人組。
(サブメンバーとしてトランぺッター、ベーシストなどもいます)

結論を言ってしまえば買いです。
異常なほどの高度なプログラミング、サンプル選びも極上。
その上に乗っかるボーカルも非常に美しい。
(曲はドラムンベース、アブストラクト系など)

私はLambが大好きなのですがこの1stが最高傑作だと思います。
〜〜
ライブも見てみたい。〜


Ashes of the Wake

[ CD ]
Ashes of the Wake

・Lamb of God
【Epic】
発売日: 2004-08-31
参考価格: 1,567 円(税込)
販売価格: 1,065 円(税込)
Ashes of the Wake
- 収録曲 -
1. Laid To Rest
2. Hourglass
3. Now You've Got S...
4. The Faded Line
5. Omerta
6. Blood Of The Scr...
7. One Gun
8. Break You
9. What I've Become
10. Ashes Of The Wake
11. Remorse Is For T...
12. Laid To Rest - I...
カスタマー平均評価:  5
新世代王者の威厳
さらにソリッド且つストレートになった。我等が暴虐王のメジャー傘下の1st。とにかく本作はメタル感をたっぷり押しつつも、より装飾を落とし強靭でストレートになった印象。まさにバンドのNEXT・LEVEL.1”Laid To Rest",2"Hourglass"コピーしまくったなあ>"
パンテラのツイン・ギター版?
米国参ヘヴィ・ロック・バンドのメジャー・デビュー作。印象としてはパンテラがツイン・ギターになったような感じだ。 ソロはダイムバッグ・ダレル程フラッシーではないが、ゴツゴツと突っかかるようなリフは独特で、演奏はタイトだし、ヴォーカルも終始吼えまくってる。 10はインストだが、ゲストとして元メガデスのクリス・ポーランド、テスタメントのアレックス・スコルニックを迎えてギター・バトルを披露している。
SplitOut! SplitOut!!
ヴォー!!ピュアアメリケーヌメタァール兄貴 Lamb Of God 3rd です。
モダンへヴィネス系を通過してきた自分にとってわ、1曲目でシロメシかけつけ50杯はイケます。
前作の As The Paleces Burn の1曲目は100杯イケたけどね・・・
アルバムは前編に渡り、ダウンカッティングの応酬で留まる事を知りません。

まるで暴走機関車!セガールもビックリ!!これには僕失禁、それを見ていた彼女失笑です。
タイトルトラックの "Ashes Of The Wake" はインストですが、ゲストがスゴイ!!
ex Megadeth のChiris "まだやってたの" Poland、ex Testament のAlex "短髪"Skolnick
でメンバーの Mike と Will のGuitar 4人が持ち時間内でソロ弾きまくりです。

っちゅーコトで聞き終わった後は穴とゆー穴からいろんな汁が出まくりです。
来年はDCをスポンサーにして早いウチに初来日だな、こりゃ。
みんなWall Of Death 体験してみたいでしょ?主催者の顔もアオくなるよな。
MA Metal やメロデスを聞いてる、そこのアナタも一聴あれ!
アメリカンメタルの未来
リボルバーマガジンのカバーを飾った期待のメタルバンド
待望のメジヤー移籍第一弾。
ボーカルは元パンクバンドなので短髪です。


The Complete Works Of Scott Joplin

[ CD ]
The Complete Works Of Scott Joplin

【Laserlight】
発売日: 1993-11-30
参考価格: 3,023 円(税込)
販売価格: 品切れ中
The Complete Works Of Scott Joplin
- 収録曲 -
1. Please Say You W...
2. Picture of Her F...
3. Great Crush Coll...
4. Harmony Club Wal...
5. Combination March
6. Original Rags
7. Maple Leaf Rag
8. Swipesy Cakewalk
9. Sunflower Slow D...
10. Peacherine Rag
11. Augustan Club Wa...
12. Easy Winners
13. Cleopha
14. Strenuous Life
15. I Am Thinking of...
・・・
カスタマー平均評価:  3
資料的価値
 白人が有色人種と関係を持って作らせた混血の私生児は白人と同等に扱われ音楽の教育を受けることが出来たといいます。そこで「混血の音楽」である「ラグタイム」が生まれたのだ、と僕は理解しています。メロディを偏愛するクラシックに、黒人のリズム感が加わって新しい音楽が生まれるなんて、ロマンティックな話ではありませんか。ジャズは勿論、現代の音楽はここから始まったんだ、と思うと感動的です。
 ちなみに、スコット・ジョプリンはご存知の通りラグタイムの代表的作曲家です。1868年に生まれ音楽一家の中で育ち、独学でピアノを学び、10代始めに音楽家を目指し家を出た人です。1899年発表の"Maple Leaf Rag" で一躍ラグタイム作曲家として認知されるに至り、その後作曲と音楽教師として生計を立てましたが、娘の死・妻との離婚・ラグタイムの流行の終焉・音楽上の不成功などの不幸が重なり精神を病んで失意のうちに精神病院で死亡しました。
 このCDで本当にジョプリンの全作品が聴けるのか分かりません。ただ最晩年の"Treemonisha"の曲も入っているようですね(ジョプリンの自信作であったといわれるオペラですが、この曲は結局発表の機会を得られませんでした)。少なくともこれだけまとめて入っているものは他にないので、資料的には価値があると思います。
 なお、ジョプリンが残したピアノロールから録音されたCDが存在します。リズムの取り方が白人の演奏家と全然違いますし、また作曲者ならではの楽譜にない装飾音が多用されております。入手は困難ですがジョプリンが好きなら聴く価値はありますよ。

No Excuses No Regrets

[ CD ]
No Excuses No Regrets

・Brent Lamb
【Word Nashville --Navarre--】
発売日: 1997-03-18
参考価格: 1,804 円(税込)
販売価格: 品切れ中
No Excuses No Regrets
- 収録曲 -
1. God Made You (Wi...
2. No Excuses, No R...
3. Smoke & Mirrors
4. Wall Came Tumbli...
5. Love Lives On
6. Dixie's Bar & Gr...
7. True Love
8. Real Life Love
9. From the Cradle ...
10. Squares
11. Wolves
カスタマー平均評価:   0

ポートランド(紙ジャケット仕様)

[ CD ]
ポートランド(紙ジャケット仕様)

・ゲイリー・オーガン&ビル・ラム
【ヴィヴィド・サウンド・コーポレーション】
発売日: 2006-12-20
参考価格: 2,520 円(税込)
販売価格: 2,394 円(税込)
ポートランド(紙ジャケット仕様)
- 収録曲 -
1. センド・イット・オーヴァー
2. リボーン
3. ポートランド
4. ラヴ・ロスト・レディ
5. エヴリシング・ユー・ニュー
6. KAC
7. アワ・スウィート・ラヴ
8. ジャスト・フォー・アホワイル
9. オーガン・ティー
10. ユー・メイク・ミー・ラヴ・ユー
11. アイ・ウォナ・リヴ
カスタマー平均評価:  5
奇跡的名盤
初夏のポートランド(オレゴン州)郊外の公園で撮影されたというジャケットが素晴らしいこのアルバムは『ゲイリー・オーガン&ビル・ラム』というSSW2人組の唯一のアルバムである。 全編にきれいな音色のアコースティック・ギターのカッティングが響き、ニール・ダイヤモンドのバックバンドのメンバーの簡素だが職人肌のバッキングも光る。 その演奏にやや甘めなヴォーカルが美しいメロディーをなぞると、気持ちよくて思わず夢見心地になってしまう。 まさにジャケットの印象そのままの音で、72年というSSWブームが絶頂を極めた時期のなかでも、最高峰といえるだけの出来に、思わず魅せられてしまう。 音楽の神様に愛された20歳と19歳?の若者が成し遂げた奇跡。 商業的には振るわず、一部の好事家に愛され続けてきた名盤がCD化された幸運を悦ぶばかりだ。 ゲイリー・オーガンが7曲、ビル・ラムが4曲を書いているが、曲の出来、不出来のばらつきがなく全曲気持ちよく聴け、切ない11『I Wanna Live』が終わるとまたリピートせずにはいられない。 ということで全曲甲乙つけがたいのだが、特に気に入っているのがゲイリー・オーガンの美メロの極北ともいうべき7『Our Sweet Love』10『You Make Me Love You』に思わずうっとり。 ビル・ラム作では、とんでもなく素晴らしいアコースティック・ギターのイントロから出だしのヴォーカル1節で聴く者を魅了し尽してしまう4『Love Lost Lady』やバンジョーが入ってカントリーフレイバーが楽しい5『Everything You Knew』がお気に入りです。 SSW愛好家だけではなく、すべての音楽ファンに是非聴いていただきたい1枚です。

superior groove

[ CD ]
superior groove

・オムニバス ・Le 3 ・Cosa Nostra ・メヲコラソン ・Melting Holidays ・metro trip ・櫛引彩香 ・Lamb ・hiro:n ・vividblaze ・Stereo Magic Jazz
【インディーズ・メーカー】
発売日: 2005-09-07
参考価格: 2,415 円(税込)
販売価格: 品切れ中
superior groove
- 収録曲 -
1. サマーデイズ(metro tri...
2. Daydream Journey...
3. Orange Grove(Lam...
4. Sunshine(hiro:n)
5. marin(vividblaze)
6. chelcy(Stereo Ma...
7. 太陽の接吻(Paris Matc...
8. Brilliant Girl(n...
9. 上海(マキ凛花)
10. この街(Le 3)
11. Jolie(Cosa Nostr...
12. 8月のショーロ(メヲコラソン)
13. Ladybug(Melting ...
カスタマー平均評価:   0

What Sound

[ CD ]
What Sound

・Lamb
【Polygram International】
発売日: 2001-12-11
参考価格: 1,675 円(税込)
販売価格: 674 円(税込)
What Sound
- 収録曲 -
1. What Sound
2. One
3. Sweet
4. I Cry
5. Scratch Bass
6. Heaven
7. Small
8. Written
9. Gabriel
10. Sweetheart
11. Just Is
12. Enhanced CD Rom ...
カスタマー平均評価:   0



Copyright © 2008 洋楽アーティストデータベース. All rights reserved.    Program by 簡単アマゾンサイト作成ツール ver.3.96

 更新日 2008年10月11日   ※ 表示価格は更新時のものです!      メール      相互リンク