洋楽アーティスト1000人のデータベース。公式サイト・ファンサイト・ブログ・掲示板・リンク集。

洋楽アーティストデータベース

1,500円以上で送料無料!
※一部大型商品を除く
カートを見る ヘルプ
ブライアン・イーノ ブラック・ドッグ カール・クレイグ チャーリー・ハンター ケミカル・ブラザーズ チェリー  
  クリスチャン・ヴォーゲル クリッターズ・バギン デイヴ&ドミノ デイヴ・クラーク デイブ・ロジャース デヴィッド・ホルムス

洋楽データベース
無料着うたダウンロード
OnGen音楽配信
洋楽楽譜
洋楽名曲
洋楽ランキング
洋楽歌詞和訳・翻訳
特集
 インコグニート
 エニグマ
 キング&クイーン
 キング・コング&ザ・ジャングル・ガールズ
 クラフトワーク
 グルーヴ・コレクティヴ
 グレイボーイ・オールスターズ
 ケン・イシイ
 ゴー・ゴー・ガールズ
 ゴータ
 ジェフ・ミルズ
 ジャミロクワイ
 ジャム&スプーン
 ジョーイ・ベルトラム
 ディープ・フォレスト
 デレク・シモンズ
 ハイブリッド
 フルーク
 田中フミヤ
 電気グルーヴ

 

エニグマ


伝説のヒーロー~フジテレビ系「F1グランプリ」番組使用曲

[ CD ]
伝説のヒーロー~フジテレビ系「F1グランプリ」番組使用曲

・オムニバス ・エニグマ ・マーティ・フリードマン ・カール・ジェンキンス ・布袋寅泰 ・ブライアン・メイ ・クイーン ・ロビン・ザンダー ・中村美紀 ・森園勝敏
【EMIミュージック・ジャパン】
発売日: 2007-09-12
参考価格: 2,500 円(税込)
販売価格: 2,150 円(税込)
伝説のヒーロー~フジテレビ系「F1グランプリ」番組使用曲
オムニバス
エニグマ
マーティ・フリードマン
カール・ジェンキンス
布袋寅泰
ブライアン・メイ
クイーン
ロビン・ザンダー
中村美紀
森園勝敏
カスタマー平均評価:  5
豆知識
これに収録されていない 予選グリッド紹介の曲は 危険濃度 / ドミニオンサントラ  です。 #自分用のメモでした。
出ました!
懐かしいですね^^お買い得ではないでしょうか? 1. フラッシュ?伝説のヒーロー?/ クイーン 2. イン・ディス・カントリー/ ロビン・ザンダー 3. ピース・オブ・マインド/ 中村美紀 4. ジェット/ 森園勝敏 5. 君がほしい/ エリアス 6. ア・ラッチキー/ 佐藤準 7. レッツ・ゴー/ ユーログルーヴ 8. タイム・アゲイン/ はたけ 9. タイム・トゥ・セイ・グッバイ(ソロ・ヴァージョン)/ サラ・ブライトマン 10. アイ・ラヴ・ユー...アイル・キル・ユー/ エニグマ 11. 静寂/ アディエマス 12. ロック・ボックス/ マーティ・フリードマン 13. 神の小羊/ カール・ジェンキンス 14. スコーピオン・ライジング-スピードキング・ミックス/ 布袋寅泰 15. バック・トゥ・ザ・ライト ?光に向かって?/ ブライアン・メイ 16. ザ・ヒーロー/ クイーン 17. HONDA V10 エンジンサウンド 鈴鹿ヴァージョン
ボーナストラックが凄い
今年のF1地上波オープニングのクイーンの曲をメインにしたコンピ。 選曲はまあまあ良く出来てます。 買って損したと言うことはないでしょう。2500円の価値あり。 最後にボーナストラックとして、2005年最後の3リットルV10、ホンダの鈴鹿スペシャルの音が入っているのがかなり良かった。 栃木研究所でのベンチテストの音なので、非常にクリアに録音されていて、ホンダ好きはこのためだけに買っても良いと思います。

ホルスト:惑星

[ CD ]
ホルスト:惑星

・ボールト(エードリアン)
【EMIミュージック・ジャパン】
発売日: 2002-10-25
参考価格: 1,700 円(税込)
販売価格: 1,610 円(税込)
ホルスト:惑星
- 収録曲 -
1. エニグマ変奏曲(変奏曲“なぞ”)...
2. 組曲「惑星」op.32
カスタマー平均評価:  4.5
'66盤に次ぐ、素晴しき演奏!
素晴しい演奏である。 「惑星」の初演者であるとか、5回も録音しているとかの先入観を抜きにして、名演奏である。 ボールトの指揮は、この曲のスペクタキュラーな側面を強調するのではなく、真に芸術的に感銘を受けるものとしている。 火星・水星・天王星など、派手でギラギラとしてオケのテクニックの品評会のような演奏もあり、またそれを評価する方もいるようだが、ボールトは寧ろ控えめに落ち着いた響きを聴かせる。英国の演奏家らしい中庸の表現であるが、力強さ・情感にも不足はない。 ボールトの「惑星」は歌心に溢れている。その歌いっぷりは、まさに自由自在であり、テンポも楽器ごとに微妙に伸び縮みさせながら、歌い上げて行く。最近J-POPで流行ったJupiterの部分も、胸に沁みる歌い振りである。 ただ、この'78盤も素晴しいが、ボールト最高の名演'66盤に比べると、若干見劣りがする。 こちらは、少し淡白であり、若々しい力感や情熱に不足している印象を受ける。 比較すると、「火星」などテンポの速い曲は遅くなり、「金星」などの遅い曲は逆にサラッと速めに演奏される。 どちらを選択するかは好みの問題かも知れないが、ボールトの惑星に興味があれば、是非'66盤も聴いていただきたいものである。
私の耳がおかしいと確信した1枚
この演奏はやれ重厚だやれ骨太だと称されていますが、演奏時間で見れば、カラヤン、小澤、オーマンディなどよりも実際には速い。その原因は緩楽章の異常な速さです。「火星」をはじめとする急楽章が遅いだけならばいいとして、これはどういうことでしょう。特に「金星」と「海王星」は、スタインバーグとほぼ同じ速さです。他の一般的な解釈に対して急楽章と緩楽章の捉え方が正反対となると、正直に申し上げますと、私はボールトが天邪鬼であるように思いました。 また、この演奏は音量の大小の落差が最も大きい。「火星」の最後がうるさくならない程度の音量で聴くと、「海王星」はほとんど何も聞こえません。ダイナミック・レンジは大きい方がいいと考える方も大勢いらっしゃいます。が、一般的な住環境では満足な音量で鑑賞するのは難しいでしょう。この点、私はメータやプレヴィンのような穏健さに有り難味を覚えます。 ボールトは作曲者自身と親交がありこの曲の初指揮者ですから、彼の演奏が悪いとは私も決して思っておりません。多分私の耳がおかしいのでしょう。しかし、このように感じた人も中にはいるのだということを、頭の片隅にでも覚えていただければ幸いです。
ボールトの誇りと確信の演奏!!
組曲惑星を知ったのは、中1の時富田勲のシンセサイザー盤を確か授業で聴いて衝撃をうけたのがきっかけです。(YMOで松武さんを知ったのも同じ時期です)実は、オーケストラでの惑星を聴いたのはその15年後です・・・・・。きっかけは、忘れましたが多分YMOの再結成だったように思います。で、ボールトとデュトワ版を購入しました。当時は、演奏の違い、指揮者の思想まで考えずきいていましたが、何度か聴きなおすとどちらも素晴らしいですが、惑星はやはりボールトだと感じました、作曲者のホルストと祖国が同じである事の誇りと確信!!火星の圧倒的なリズム木星の心地良さ!!飽きません。カラヤンのBPO版も聴いてみましたが何か平板で物足りない感じがします。もちろんアンサンブルはさすがですが・・・。聞き比べるとクラッシクに疎い私でも、ボールトの惑星の素晴らしさは伝わります。演奏のスタイルも控えめなのに重厚さと繊細さを操る手腕は驚異的です!!ボールト自信も特別な事はしていないと答えています。さすが英国紳士!!聴きなおして大ファンになりましたが、残念ながら、すでに故人なので生の演奏は聴く事はできませんが、音源を集めようと思っています。 クラッシク特に管弦楽に興味がある方は、必聴でしょう!!もちろんクラッシクが苦手な方にもお勧めです!! 後、メータ指揮のも良いです。スター・ウォーズのカップリングでこの価格はすごくお買い得!! 損はないです。
この曲の初演者による、知と情のバランスの取れた、この曲の模範的な名演奏
平原綾香の「ジュピター」や、例の冥王星騒ぎで、すっかり超有名曲になってしまった感があるこの「惑星」は、曲によって、多少の出来不出来を感じる組曲ではあるものの、オーケストラ音楽愛好家にとって、欠かすことのできない名曲の一つであることは、疑いのないところだろう。 「惑星」は、聴き映えのする曲だけに、どの演奏でも、それなりに聴けてしまうところもあるのだが、その中でも、特に名盤としての評価の高い、デュトワ指揮モントリオール響盤、ボールト指揮ロンドン・フィル盤、レヴァイン指揮シカゴ響盤を聴き比べてみた。  この組曲は、特に、「火星」、「木星」、「天王星」といった曲が、華麗でスペクタキュラーなオーケストラ・ピースとして、最も聴き応えがあるのだが、こうした曲への三者三様のアプローチ法を聴いていると、その違いが一目瞭然となる。  まず、最も気持ち良く、度肝を抜くほどに豪快に鳴らしているのが、レヴァインだ。まさに、楽天派レヴァインの面目躍如といったところで、この組曲なら、これくらい鳴らしてもいいかなとも思う反面、さすがに、最強音のトゥッティは、うるさ過ぎて、耳障りに感じてしまうところがあるのも事実だ。  デュトワは、冒頭の「火星」では、迫力とスケールも十分で、開放と抑制のバランスが取れた洗練された演奏と思わせるのだが、聴き進むにしたがって、持ち前の洗練さが勝ってくるようで、全体的に、抑制を利かせ過ぎで、レヴァインとは逆に、もっと気持ち良く鳴らしてほしいと思ってしまうところがある。  両者の中間を行くのが、この曲の初演者でもあるボールトだ。中間といっても、どっち付かずというわけではなく、レヴァインほどやり過ぎておらず、かといって、デュトワほど抑え過ぎてもいないという、丁度、程よい加減の迫力とスケールの演奏であり、まずは、知と情のバランスが取れた、この曲の模範的な演奏といっていいのではないだろうか。 
冥王星、惑星除外!良かったの?
遂に冥王星が惑星を除外されてしまいました!‥つい最近、作曲家が作曲しなかった「冥王星」を作曲し、完全版の「惑星」が発売されたばかりなのに!‥これでホルストは地球を除く太陽系の惑星を全て作曲した事に!‥本当にこれで良かったのか?発見から76年経ってから惑星除外されてしまうなんて?‥「冥王星」が含まれてなくても「惑星」は名曲です!今聴いても超モダンなこの作品!発表当時、聴衆の耳にはどういう風に聴こえたのか‥考えると興味深いですね‥。「惑星」の録音といったらボールトの演奏につきます!何度となく録音してますが、それぞれ長所、短所もありますが、トータル的にはこの最後の録音がボールトのベストでしょうか? 作曲家の自演では恐ろしくテンポが速い「火星」も、ボールトのこの演奏では悟りきった様な悠揚迫らぬゆっくりとした遅いテンポで始まり、全曲の聴きどころ「木星」でもテンポを抑えて充実した演奏が展開されます!‥まさに、この年齢(90歳近く!)にあっての至芸か!‥全く他の若々しい録音を(レヴァイン等‥)圧倒する抑制されたリズムとテンポ!‥円熟の至境と言えるでしょう!この貫禄には脱帽!さすがに初演者!‥「惑星」を聴くならボールトを選んで間違いなし!これ常識!(笑)

エルガー:行進曲「威風堂々」

[ CD ]
エルガー:行進曲「威風堂々」

・ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団
【ポリドール】
発売日: 1995-04-21
参考価格: 2,039 円(税込)
販売価格: 1,937 円(税込)
エルガー:行進曲「威風堂々」
- 収録曲 -
1. 行進曲「威風堂々」op.39
2. エニグマ変奏曲op.36
3. 序曲「コケイン」op.40
カスタマー平均評価:  5
誰もが溢れる気力を・・・
あのバルトークやコダーイに指導を受けたという ハンガリー出身の指揮者ショルティ。 氏が首席指揮者・芸術監督をつとめた ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団の 「威風堂々」「コケイン序曲」と 長く音楽監督をつとめた シカゴ交響楽団 の 「エニグマ変奏曲」とのカップリング お高く止まることも無く、変に萎縮することも無く 行進曲にふさわしい楽しく、伸びやかな演奏の 「威風堂々」からは誰もが溢れる気力を得られることだろう。
ショルティらしさ全開!元気の出る演奏
 ロンドン・フィルとの「威風堂々」と「コケイン」は、ショルティの卓越した指揮の手腕を感じさせます。ロンドン・フィルは「ロンドン・ビッグ5」でも、ロンドン交響楽団やフィルハーモニア管弦楽団と比べて一段下に見られがちですが、この演奏はそんなことを微塵も感じさせない、パワフルで色彩豊かな、魅力的なサウンドを聴かせます。特にブラスセクションの鳴りっぷりは見事。「全力投球」の名演奏です。数ある威風堂々の演奏でも、一番元気が出る演奏はこれではないでしょうか。  シカゴ交響楽団との「エニグマ変奏曲」はショルティ&シカゴ交響楽団の名コンビの面目躍如。精密で硬質な音色のオーケストラを巧みに操って、ショルティらしいダイナミックでメリハリのある演奏を繰り広げます。  ただし、人によってはこのダイナミックさが「騒々しい」とか「うるさい」というふうに感じられるようです。もしエルガーの音楽に「落ち着き」や「格調高さ」を求めるのならば、ボールトやプレヴィンといった、他の名盤をあたってみることをお薦めします。
勇気と元気をくれる名曲・名演
結構仕事でヘコムことが多い最近なんですが、そんな時、
車で大音響でこの作品を聴くようにしています。
元気が自然に湧き出てくるような、そんな好影響を与えて
くれます。

「威風堂々」は、エルガー地元のロンドン・フィルの演奏。
やはり、自国の名曲を自国の最高の演奏陣が演奏するのが
一番ですね。文化・風土、そして気質、全てを共有化、
吸収できた名演です。

かわいいジャケットとともに、最近の愛聴ベスト1です。
元気をくれる心の行進曲
エルガーの代表作である『威風堂々』は、何度聴いても元気づけられます。 ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団の演奏は、カラッと明るい面と重々しい面がきちんと表現されていて、本国ならではの実力を感じさせられます。心に直接響いてくるサウンドが心地よく、思わず鳥肌が立ってしまいました。ロンドンフィルによる『エニグマ変奏曲』も聴いてみたかったのですが、シカゴ交響楽団の演奏もテンポ良くって気持ち良く聴くことができました。格調高い絵本のようなジャケットデザインもお気に入りです。


威風堂々THE BEST OF EDWARD ELGAR

[ CD ]
威風堂々THE BEST OF EDWARD ELGAR

・ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団
【EMIミュージック・ジャパン】
発売日: 2000-08-30
参考価格: 2,000 円(税込)
販売価格: 1,899 円(税込)
威風堂々THE BEST OF EDWARD ELGAR
- 収録曲 -
1. 行進曲「威風堂々」第1番ニ長調o...
2. 朝の歌op.15-2
3. チェロ協奏曲ホ短調op.85~第...
4. 弦楽のためのセレナード ホ短調o...
5. 行進曲「威風堂々」第4番ト長調o...
6. マイナ
7. 変奏曲「エニグマ」op.36~第...
8. オラトリオ「ゲロンティウスの夢」...
9. 行進曲「威風堂々」第1番ニ長調o...
10. 愛の挨拶op.12
11. ため息op.70
12. 夜の歌op.15-1
13. 序曲「コケイン」op.40
14. 「希望と栄光の国」op.44-5...
15. 希望と栄光の国
カスタマー平均評価:  5
祖国イギリスと妻キャロラインを愛したエドワード・エルガーの気品ある名曲の数々
イギリスの第2の国歌と呼ばれているエドワード・エルガー作曲「行進曲 威風堂々 (Pomp and Circumstance Military March) 第1番」は大好きな曲の一つです。十代の後半、この曲を指揮したことがあるので思い入れもあるわけですが、英国王室の気品と風格を感じさせるような気高い曲調が愛する理由でしょう。 このアルバムは、エルガーの生み出した曲のなかから聴きどころを集めたオムニバス盤です。アンドルー・デイヴィス指揮の「威風堂々第1番」のほか、ロイヤル・コーラル・ソサエティのコーラスが入ったものや、「威風堂々」の中間部の有名なフレーズを用いている「戴冠式頌歌 (Coronation Ode)」の終曲の「希望と栄光の国 (Land of Hope and Glory)も収められています。 ラストには、ビートルズのレコーディングで有名な「アビィ・ロード・スタジオ」開設時のエルガー自身の肉声と指揮による「威風堂々」を聴くことができます。記念すべき歴史的記録だと言えましょう。 その他、夭逝したジャクリーヌ・デュ・プレによる「チェロ協奏曲ホ短調第1楽章」の真摯な演奏や、最愛の妻・キャロラインに贈ったバイオリンとピアノのための小品「愛の挨拶」、愛犬「マイナ」の名前が付けられた小曲、有名な変奏曲「エニグマ」の第9変奏など、彼の特徴とも言うべき美しいメロディと優雅なハーモニーを堪能できるようになっています。
ヨイです
良かったです。
ただ目当ての1番のに咳払いが入ってた。ライブなのかな。
イギリスを味わう一枚!
イギリスのクラシック音楽というのは、そういえばあまり聞きませんね。ビートルズが生まれた国なのに。そういうイギリスに生まれたクラシック音楽で一番好きな曲がエルガーの「威風堂々」です。日本でもいろんな場面に使われていますし、イギリス王室の式典などを見ていましても必ずといっていいほど演奏される行進曲です。第二次大戦で、連合軍にも使用されたらしいです。このアルバムは「威風堂々」を軸に、エルガーが作曲した作品が網羅され、イギリスの音楽を味わうことができます。3曲目ではジャクリーヌ・デュ・プレのチェロも味わえます。そして、いかにもイギリスらしい「希望と栄光の国」で締めくくられます。素晴らしいアルバムです。
これ一枚でイギリスを満喫できます
イギリス最大のクラシックイベント,プロムナードコンサート(通称プロムス)で有名なAndrew Davis氏らによる指揮のもと、映画『ほんとうのジャクリーヌ・デュプレ』のジャクリーヌ本人による演奏や故ダイアナ妃の結婚式で演奏された曲目、話題をよんだ映画『エリザベス』の中で使われた有名な曲ばかりを集めた一枚です。「威風堂々」のように勇ましい曲ばかりでなく、イギリスの湖や自然を思わせるようナンバー、イギリスの貴族達が聴いていたような優雅な曲目も収録されています。
なかには映画『マイ・フェア・レディ』の花売り娘が住んでいたような下町の風景を描いたナンバーもあります。
そしてなによりビートルズを生み出したアビィ・ロードスタジオで初めてレコーディングした時の様子やエルガー自身の肉声を吹き込んだ貴重な一枚です。

エルガー:作品集

[ CD ]
エルガー:作品集

・オムニバス(クラシック)
【ユニバーサル ミュージック クラシック】
発売日: 2005-03-23
参考価格: 1,500 円(税込)
販売価格: 1,486 円(税込)
エルガー:作品集
- 収録曲 -
1. エニグマ(謎)変奏曲op.36
2. 気まぐれ女op.17
3. 愛の挨拶op.12
4. チェロ協奏曲ホ短調op.85
5. 行進曲「威風堂々」第1番ニ長調o...
カスタマー平均評価:  4
良質なエルガー作品集
イギリスの大作曲家、エドワード・エルガーの作品集である。まず、エニグマではじまり、次の気まぐれな女はあまり紹介されない貴重な曲です。その後は、有名な愛の挨拶、チェロ協奏曲、威風堂々が収録されています。2枚目はなかなか演奏機会のない曲で、これが聴けるのは嬉しいです。演奏も粒ぞろいで、良心的なCDと言えます。
クラシック初心者向け
「近代イギリス音楽の父」と呼ばれるエルガーの作品集です。 このCDでは、彼の作品の中で最も有名な「威風堂々」と「エニグマ変奏曲」をバーンスタイン&BBC交響楽団が演奏しています。 さらに協奏曲の金字塔ともいえるチェロ協奏曲もフルニエ&ベルリンフィルという豪華な演奏陣で収録しています。 この音楽を知らずしてクラシックは語れない、クラシックファン必携の一枚です。

エニグマ・グレイテスト・ヒッツ / Love Sensuality Devotion

[ CD ]
エニグマ・グレイテスト・ヒッツ / Love Sensuality Devotion

・エニグマ ・マイケル・クレトゥ ・ジェンス・ガッド ・カーリーM.C.
【EMIミュージック・ジャパン】
発売日: 2001-09-27
参考価格: 2,548 円(税込)
販売価格: 2,160 円(税込)
エニグマ・グレイテスト・ヒッツ / Love Sensuality Devotion
- 収録曲 -
1. ザ・ランディング
2. ターン・アラウンド
3. グラヴィティー・オブ・ラヴ
4. T.N.T.フォー・ザ・ブレイン
5. モダーン・クルセイダーズ
6. シャドウズ・イン・サイレンス
7. リターン・トゥ・イノセンス
8. アイ・ラヴ・ユー…アイル・キル・...
9. プリンシプルズ・オブ・ラスト
10. サッドネス
11. サイレンス・マスト・ビー・ハード
12. 欲望の香り
13. ミア・カルパ
14. プッシュ・ザ・リミッツ
15. ビヨンド・ジ・インヴィジブル
・・・
カスタマー平均評価:  4.5
リミックス版ベストもあるのにけっこうこちらもリミックス
エニグマ全アルバムを持っているのですが 安く売ってたので買ってしまいました 聴いてみると思ったより元曲と違います 曲が短めに変えてあったり 曲と曲とのつなぎ部分を増やしたり 全体の雰囲気を整えるためにか色々と細かいアレンジが加えてあったり と リミックス版ベストCDほどはいじってないですが 良くも悪くも このCDも何かと曲がいじってあります そのおかげで全体のアルバムとしてのまとまりはよくなりましたが 一曲一曲の良さはちょっと削がれてる感じですね 言葉に表すなら 「エニグマベスト」というよりは「エニグマダイジェストアルバム」 それも味わうというより、かなりの駆け足です 初心者の方がベストから入るのもダメとはいいませんが エニグマはCD1枚で一曲というか全曲が関連性を持って1枚でまとまった感じなので 僕としては 怪しい雰囲気が好きなら1枚目「サッドネス(永遠の謎)」を ちょっとポップな感じがよければ2枚目「ザ・クロス・オブ・チェンジ」を いきなり買うことをオススメします
詰め込みすぎ?
ENIGMAさんのベストアルバム。1stから4thまてのトラックプラスアルファから選曲。収録時間を見るとよく詰め込んだ感じがしますが、実際は編集されていたりで曲が微妙に変わっています(そこもまたENIGMAマジックでございますが)とりあえず友達にENIGMAを勧める場合はコレから。それから感想を聴いて各アルバムを追加で渡していきましょう。ちなみに私は「THE EYES OF TRUTH」が収録されていなくてショックでしたが、このアルバムに「削るならこの曲」というのが全く無くて驚きました。それならば収録できなかったのも納得できます。
歯切れが…。
確かに良い曲は揃っている…揃っているのだけれど…!
全部アルバムを持っている立場からいくと、曲の歯切れが悪すぎる。
でも1曲目(過去の曲を呟いている…)は4thから5thをつなぐのに大切な役割を持ってると思いますね。
とりあえずエニグマを知るのならこれで良いと思います。
個人的にはChild in Usを入れて欲しかったなぁ…。
洗脳されかねない
宗教音楽をさらに昇華して現代によみがえらせたエニグマのベスト。
つながってるような中途半端に切れているような、微妙だが
3.グラヴィティー・オブ・ラヴ、7.リターン・トゥ・イノセンス
10.サッドネス、13.ミア・カルパ、15.ビヨンド・ジ・インヴィジブルなど
ここら辺が1枚で聞けるのだからやはりベストである。
これらの曲には耐性が低い人には

洗脳されかねないほどの超大なエネルギーがこめられている。
その威力はまさに麻薬並み、浸されていく恐怖すら感じてしまう。
それくらい完成された世界、一種の音楽の最終形なのかも知れない。

一生触れずに終わるにはもったいなさ過ぎる。
なぜ歌う
今までのアルバムからのBESTアルバムを聞いて思ったこと。
クレトゥさん、全然歌が進歩してません。
インストや、ゲストボーカルが歌った曲はいいのに。
あと、BESTなのに"Eyes of Truth"が入っていないのもちょっと。


サッドネス(永遠の謎)

[ CD ]
サッドネス(永遠の謎)

・エニグマ
【EMIミュージック・ジャパン】
発売日: 1996-07-24
参考価格: 1,784 円(税込)
販売価格: 1,500 円(税込)
サッドネス(永遠の謎)
- 収録曲 -
1. ザ・ヴォイス・オブ・エニグマ
2. プリンシプルズ・オブ・ラスト:サ...
3. キャラズ・ウェント・アウェイ
4. ミア・カルパ
5. ザ・ヴォイス・アンド・ザ・スネイク
6. ノッキング・オン・フォービドゥン...
7. バック・トゥ・ザ・リヴァーズ・オ...
カスタマー平均評価:  4.5
アバンギャルドな傑作…
ヨーロッパで実力派のキーボード奏者、プロデューサーとして活躍していた、 マイケル・クレトゥによるプロジェクトの1st。 このプロジェクトでは、最初は正体を明かすつもりは無く、ENIGMAという名前もそれにちなんだものだったと思います (有名過ぎますが、エニグマは当時解読不能と言われた第二次大戦中のドイツの暗号記です) 伝統的な古典、民族音楽とハウスやアンビエントなどのダンス・ミュージックの融合は、 当時あまりにもアバンギャルドな筈でしたが、このアルバムは欧州各地で大ヒットを記録し、 多くのフォロワーを産み出しています。 しかしその一方使用した音楽の著作権などの問題で裁判沙汰になったり、 サンプリング・ミュージック特有の権利問題を浮き彫りにした作品にもなりました。 シンセストリングスを多用し、美しいコーラスや時にエレキギターまで加わるサウンドは、 長い歴史が背負った荘厳さや妖美さを持ちながらも、叙情性に満ちていて、 胸に染み渡っていくように感じられて、ホントに良いです。 個人的にはグレゴリオ聖歌を使用し日本版のタイトルにもなった名曲、 2.プリンシプルズ・オブ・ラスト:サッドネス?ファインド・ラヴ?サッドネス(リプライズ) と4.ミア・カルパが特に好きです。 買ってからもう10年は経ちますが、未だに聴いているアルバムです。
Another World
CD一枚でひとつの曲に仕上がっています。
もちろんバラバラに聞くことも出来ますが、リラックスしてCD一枚を通して聞く事をお勧めします。
冒頭部で女性ヴォーカルが”Turn off the light. Take the deep breathe and relax. "と語りかけて来るんですが、その声ですっと肩の力が抜けてしまいます。
どの曲もすばらしいですが、一番のお勧めは『ミア・カルパ』。主旋律を歌う女性ヴォーカルの官能的かつ重みのある声に圧倒されます。

音楽が流れ始めた瞬間から部屋の空気が変わります。
一瞬にして、別世界に足を踏み入れた、そんな感覚に陥る曲です。
やっと見つけた!
12年前に、おしゃれな飲み屋さんで流れていた曲「Sadeness」。

すごく心に響いて、1度聴いただけなのに
12年たった今でも私の頭に鮮明に残っていました。
いつもその曲を思い出して、誰の曲、どんなタイトルなんだろうって探していました。
自分でも本当に不思議なくらい・・・忘れられない曲だったんです。

歌詞がはっきり聞き取れなかったし、民族っぽいって思うだけで、
誰に説明してもわかってもらえないし、探すのには本当に苦労しました。
ネットで膨大にあるサイトで色々と視聴して、必死に探して、やっと見つけることができました!
嬉しくて、嬉しくて・・泣けました。
うまく言えませんが、不思議な力のある曲ですね。
全世界も驚くハズです
ダンス・ビートが範囲外の私でも、ふと気づくと流してしまっている、まさにスルメCD。おそらくこの独特すぎるメロディと荘厳な音のせいでしょう。
民族音楽サンプリングブームを起こしたエニグマのファースト
僕が初めてエニグマに出会ったのは
深夜映画番組のルイスブニュエル特集の解説のバックに流れたときだった
僕はエンドクレジットのエニグマの文字を見つけ
次の日、すぐにCDを買いに走った
当時日本版はまだ未発売でようやく輸入版を見つけた
こんな状態ですでに発掘していた映画番組の製作者の方に拍手を送りたい

この日からかなりの回数、このCDを聞いたが未だに飽きない
また、このアルバムは一曲一曲に分かれてはいるものの
全体で一曲のような感じもあり
ベストアルバムなどではとうていこの良さは味わえないと思う
ゆえにエニグマを買うなら
1枚目、2枚目、5枚目を買うべし、あとはいらない
ベストもリミックスベストもいらない

しかしながら、何故か映画にもよく使われたなぁエニグマ
「ボクシングヘレナ」とか「ガラスの塔」とか
怪しい映画ばっかりだけど


The 90’s The Nineties-FM No.1 Hits-

[ CD ]
The 90’s The Nineties-FM No.1 Hits-

・オムニバス ・EMF ・ハマー ・シャンプー ・ロクセット ・ウィルソン・フィリップス ・エニグマ ・シニード・オコナー ・デュラン・デュラン ・ブラー ・スパイス・ガールズ
【EMIミュージック・ジャパン】
発売日: 2005-10-26
参考価格: 3,400 円(税込)
販売価格: 2,439 円(税込)
The 90’s The Nineties-FM No.1 Hits-
- 収録曲 -
1. ワナビー(スパイス・ガールズ)
2. キラメキ☆MMM BOP(ハンソ...
3. タブサンピング(チャンバワンバ)
4. パワー・オブ・ア・ウーマン(エタ...
5. 好きにならずにいられない(UB4...
6. ファストラヴ(ジョージ・マイケル)
7. イーズ・マイ・マインド(アレステ...
8. ジャスト・ミスト・ザ・トレイン(...
9. ゴー・ウエスト(ペット・ショップ...
10. アンビリーヴァブル(EMF)
11. トゥー・レジット(ハマー)
12. トラブル(シャンプー)
13. ふたりのときめき(ロクセット)
14. ホールド・オン(ウィルソン・フィ...
15. リターン・トゥ・イノセンス(エニ...
・・・
カスタマー平均評価:   0

ブラームス:ハイドンの主題による変奏曲

[ CD ]
ブラームス:ハイドンの主題による変奏曲

・ヨッフム(オイゲン)
【ユニバーサル ミュージック クラシック】
発売日: 2005-11-23
参考価格: 1,200 円(税込)
販売価格: 1,189 円(税込)
ブラームス:ハイドンの主題による変奏曲
- 収録曲 -
1. ハイドンの主題による変奏曲op....
2. エニグマ変奏曲op.36(エルガ...
3. 舞台神聖祭典劇「パルジファル」か...
カスタマー平均評価:   0

フィール・ヴォイス

[ CD ]
フィール・ヴォイス

・オムニバス ・ヌーノ ・キーディー ・オリガ ・デヴィッド・シルヴィアン&坂本龍一 ・マドレデウス ・エニグマ ・アミーチ・フォーエヴァー ・鈴木慶江 ・森麻季 ・ドナ・バーク&デニス・ガン
【EMIミュージック・ジャパン】
発売日: 2005-06-22
参考価格: 2,600 円(税込)
販売価格: 2,338 円(税込)
フィール・ヴォイス
- 収録曲 -
1. オペラ座の怪人(ドナ・バーク&デ...
2. Remembering Me(S...
3. 青い影(サラ・ブライトマン)
4. Londonderry Air(...
5. 誓い(ジュピター)(リベラ)
6. 神々の詩(ブルガリアン・ヴァージ...
7. 聖なる海の歌声(アディエマス)
8. 私を泣かせてください(IZZY(...
9. 泣かないでアルゼンティーナ(シニ...
10. アメイジング・グレイス(ヌーノ)
11. アヴェ・マリア(キーディー)
12. ポーリュシカ・ポーレ(オリガ)
13. 禁じられた色彩(デヴィッド・シル...
14. 海と旋律(マドレデウス)
15. ビヨンド・ジ・インヴィジブル(エ...
・・・
カスタマー平均評価:  4.5
よくまとめられている作品集
某企業のCMで「オペラ座の怪人」を聞き、 サラブライトマンとは違う種類の女性の厚みのある声に 魅了されたため、 その曲が入ったこのCDを迷わず購入しました。 買ってよかったなと思ったのは 坂本龍一の「戦場のメリークリスマス」が 歌の「禁じられた色彩」としてまた違う味と魅力を 惜しみなく発揮されていること。ノックアウトされました。 全体としてはよくまとめられていると言ったところでしょうか。 個人的に自分の趣向とちょっとすれ違う曲も入っていたので 星4つにさせてもらいました。
全ての曲に癒されましたね。本当に素晴らしい歌声でした。
CDの帯には、“聖なる歌声”が綴る感じるCD、と書かれていました。まさしく言い得ています。

S.E.N.S.の「REMEMBERING ME」は、韓国ドラマ「美しき日々」の挿入歌です。透明感のある温かいその歌声がとてもいいですね。日本ゴールド・ディスク大賞インストゥルメンタル・アルバム・オブ・ザ・イヤー受賞グループの素晴らしさを感じさせる佳曲ですね。

サラ・ブライトマンが、プロコル・ハレムの名曲「青い影」を歌っています。バロック音楽を彷彿とするようなブリティッシュ・ロックの代表的な旋律を、伸びやかに、透明感溢れる歌声でたっぷりと歌い上げてくれました。

VIE VIEの歌う「LONDONDERRY AIR」が、また素晴らしいアレンジで聴かせてくれました。もともと懐かしい雰囲気を満載した名曲ですが、この歌声には本当に癒されましたね。これも良かったですよ。

姫神の「神々の詩(ブルガリアン・ヴァージョン)」や、アディエマスの「聖なる海の歌声」などは、ヒーリング・ヴォイスの定番と言えましょう。どちらも美しく、清らかで、その魅力的なコーラスは、万人の心を打つ歌声です。
リベラの少年合唱による「誓い(ジュピター)」も同様で、ボーイ・ソプラノによる声の透明感、ホルストの「木星」メロディーの暖かさ、天から降り注ぐようなコーラス、どれをとっても心休まる曲です。

イジーが歌う「私を泣かせてください」やキーディーの「アヴェ・マリア」 等、クラシック音楽の定番曲ですが、これもオススメです。本当に魅力的な歌声の持ち主が世界にはいるものだ、というのを改めて感じました。
いろいろな特徴溢れる歌手との出会いもまたこの「フィール ヴォイス」の魅力の一つでしょうか。

紅白歌合戦にも出演したソプラノ鈴木慶江が歌う「G線上のアリア〜君は花のごとく〜」のオシャレなアレンジもステキでした。伸びやかな透明感溢れる歌声は、何回も繰り返し聴きたくなる魅力で溢れています。

人の声って、最も温かみを持つ音源ですね。聴いているだけでリラクゼーション効果があります。
現代人は、疲れています。仕事上の悩みや、対人関係など解決のできないものを癒してくれる存在として、この「フィール ヴォイス」をオススメします。
オペラ座の怪人がいいです!
「 オペラ座の怪人/ ドナ・バーク&デニス・ガン 」が聞いて見たくて購入しました。
映画版のエミー・ロッサムとジェラルド・バトラーが歌ったヴァージョンがとても好きなのですが、
HondaレジェンドのTV CMで使われている、ドナ・バーグ&デニス・ガンのCMオリジナル・ヴァージョンも迫力があって好きです。
ファントムの笑い声には驚きました!
その他の楽曲も、「voice」のテーマにぴったりの心地よい歌声の曲ばかりです。
 

収録曲
1. オペラ座の怪人/ ドナ・バーク&デニス・ガン
2. REMEMBERING ME/ S.E.N.S.
3. 青い影/ サラ・ブライトマン
4. LONDONDERRY AIR/ VIE VIE
5. 誓い(ジュピター)/ リベラ
6. 神々の詩(ブルガリアン・ヴァージョン)/ 姫神
7. 聖なる海の歌声/ アディエマス
8. 私を泣かせてください/ イジー
9. 泣かないでアルゼンティーナ/ シニード・オコナー
10. アメイジング・グレイス/ ヌーノ
11. アヴェ・マリア/ キーディー
12. ポーリュシカ・ポーレ/ オリガ
13. 禁じられた色彩/ デヴィッド・シルヴィアン&坂本龍一
14. 海と旋律/ マドレデウス
15. ビヨンド・ジ・インヴィジブル/ エニグマ
16. プレイヤー・イン・ザ・ナイト/ アミーチ・フォーエヴァー
17. G線上のアリア〜君は花のごとく〜/ 鈴木慶江
18. 夜の詩 第一番〜ソプラノ編〜/ 岩代太郎指揮 東京交響楽団 feat. 森 麻季
 




Copyright © 2008 洋楽アーティストデータベース. All rights reserved.    Program by 簡単アマゾンサイト作成ツール ver.3.96

 更新日 2008年10月11日   ※ 表示価格は更新時のものです!      メール      相互リンク