洋楽アーティスト1000人のデータベース。公式サイト・ファンサイト・ブログ・掲示板・リンク集。

洋楽アーティストデータベース

1,500円以上で送料無料!
※一部大型商品を除く
カートを見る ヘルプ
ブライアン・イーノ ブラック・ドッグ カール・クレイグ チャーリー・ハンター ケミカル・ブラザーズ チェリー  
  クリスチャン・ヴォーゲル クリッターズ・バギン デイヴ&ドミノ デイヴ・クラーク デイブ・ロジャース デヴィッド・ホルムス

洋楽データベース
無料着うたダウンロード
OnGen音楽配信
洋楽楽譜
洋楽名曲
洋楽ランキング
洋楽歌詞和訳・翻訳
特集
 インコグニート
 エニグマ
 キング&クイーン
 キング・コング&ザ・ジャングル・ガールズ
 クラフトワーク
 グルーヴ・コレクティヴ
 グレイボーイ・オールスターズ
 ケン・イシイ
 ゴー・ゴー・ガールズ
 ゴータ
 ジェフ・ミルズ
 ジャミロクワイ
 ジャム&スプーン
 ジョーイ・ベルトラム
 ディープ・フォレスト
 デレク・シモンズ
 ハイブリッド
 フルーク
 田中フミヤ
 電気グルーヴ

 

ジャミロクワイ


オリジナル・サウンドトラック プラダを着た悪魔

[ CD ]
オリジナル・サウンドトラック プラダを着た悪魔

・サントラ ・モーシャン・ワーカー ・デヴィッド・モラレス・ウィズ・タムラ・キーナン ・テオドール・シャピロ ・マドンナ ・ビター・スウィート ・U2 ・ジャミロクワイ ・アラニス・モリセット ・モービー ・レイ・ラモンターニュ
【ワーナーミュージック・ジャパン】
発売日: 2006-09-27
参考価格: 2,580 円(税込)
販売価格: 2,345 円(税込)
オリジナル・サウンドトラック プラダを着た悪魔
- 収録曲 -
1. ヴォーグ
2. ビタースウィート・フェイス
3. シティ・オブ・プラインディング・...
4. セヴン・デイズ・イン・サニー・ジ...
5. クレイジー
6. ビューティフル
7. ハウ・カム
8. スリープ
9. フィーリン・ヒフノタイズド(ブラ...
10. トレス・トレス・シック
11. ヒア・アイ・アム(カスケイド・レ...
12. プラダを着た悪魔
カスタマー平均評価:  4.5
良いけど足りない
映画を観終わってすぐに購入しました。 映画自体素晴らしい上に、音楽も非常に良かったので。 映画を観てからの方が楽しめると思いますが、 様々なジャンルの曲が入っているので、映画を観ていなくても聴きやすい1枚だと思います。 1曲目のMadonnaの『VOGUE』は有名ですよね。 しかし、映画の中で流れるKT Tunstallの『Suddenly I See』と Madonnaの『Jump』が収録されていないのは残念です。 この2曲も収録されていれば完璧なのに。 なので、星4つです。
マドンナが購入のキメテでした!!
映画を見てる時からこの映画のサントラは買うぞーって決めてました。 使われてる曲がファッションショーで流れる雰囲気を持っていて、最高☆しかもしっとりとした曲もセレクトされてるところがまたいいです。 映画でヴォーグが流れた時は「絶対に買おうと決めました!」 もともとマドンナは大好きですが、映画で流れるとは・・。もう最高です!!
あの曲がないんです。
サントラとしては申し分ないです。お値段もお手ごろですし。でもCMで使われてた『サドゥンリーアイシー』は入ってません。買う前は曲名を知らなかったので、入ってると思って買って、無いと知った時の落胆はかなり大きかったです。なので星4つ。CM曲も別に買いますが、やっぱりセットで入ってたほうが楽しめるかなぁ?と思います。長々と書きましたが、もちろんこれ1枚でもお薦めできるCDですよ。
これはよいと言い切れる
本編の一番最初、一曲目が流れたときから、 「サントラ買わなきゃ!!」 と思いました。 サントラのみでも楽しめるでしょうが、 やっぱり、映画を観てからCDを聴くのがいいと思います。

イマージュ サウダージ~ボッサ・ブリーズ~

[ CD ]
イマージュ サウダージ~ボッサ・ブリーズ~

・オムニバス ・メイヤ ・菊丘ひろみ ・ジャミロクワイ ・バーシア
【ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル】
発売日: 2007-07-18
参考価格: 2,730 円(税込)
販売価格: 2,457 円(税込)
イマージュ サウダージ~ボッサ・ブリーズ~
オムニバス
メイヤ
菊丘ひろみ
ジャミロクワイ
バーシア
カスタマー平均評価:  5
様々なボサノヴァが楽しめます!
 #1 #13はストリングスが使われているだけあって流れるような美しいクラシックよりの曲で、従来のイマージュらしいイージーリスニングです。  #2の「デサフィナード」はフリューゲル・ホーン、#3の「イパネマの娘」は宮本文昭さんのオーボエでボサノヴァに使われる楽器としては意外!?ですが#7のSAX曲と共に軽快で小粋なJAZZになっていて新鮮です。  #4もジャミロクワイには珍しい哀愁を感じる静かなボサノヴァでアダルトでSEXYです。  #5のバーシアの「三月の雨」 #9のゴンチチ作曲・プロデュース&クレモンティーヌのフレンチ・ボサ「レテ?夏」 #10のこれまた意外!な北欧POPSでお馴染みメイヤが歌う「おいしい水」は楽曲はもちろん歌声もエレガント&メロウでフェミニンなFASHIONをして出かけたくなります!    前作リリースの『イマージュ6』では辛口コメント(汗)をしてしまいましたが、この作品は歌詞・対訳はもちろん曲ごとの解説もあり、幅広い年代、国籍、ジョビンの定番曲はもちろん現代風のBOSSA MUSICが楽しめ、やっぱりこれからもイマージュ・シリーズは購入していくことになりそうです(笑)

HIGH TIMES : SINGLES 1992-2006(初回生産限定盤)(DVD付)

[ CD ]
HIGH TIMES : SINGLES 1992-2006(初回生産限定盤)(DVD付)

・ジャミロクワイ
【ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル】
発売日: 2006-11-08
参考価格: 3,150 円(税込)
販売価格: 3,120 円(税込)
HIGH TIMES : SINGLES 1992-2006(初回生産限定盤)(DVD付)
- 収録曲 -
1. When You Gonna L...
2. Too Young To Die...
3. Blow Your Mind (...
4. Emergency On Pla...
5. Space Cowboy (Th...
6. Virtual Insanity...
7. Cosmic Girl (Tra...
8. Alright (Travell...
9. High Times (Trav...
10. Canned Heat (Syn...
11. Little L (A Funk...
12. Love Foolosophy ...
13. Corner Of The Ea...
14. Feels Just Like ...
15. 7 Days In Sunny ...
・・・
カスタマー平均評価:  4.5
良いベスト盤のカタチ
1st?6thアルバムまで、一通り代表曲とされる曲が集められているので、 これは正真正銘のベストと言えるんじゃないかと思う。 個人的には、2枚組のCDのベスト盤があまり好きではなかったりするので(1枚で作品としての流れを表現して欲しいと思うので)、 1枚で全時代を網羅したのもいいと思いました。 1枚のCDに収めた結果、犠牲になったと思うのが、ほとんどの曲がRadio Editで収められていること。 特にToo Young To DieやBlow Your Mind、Virtual Insanityはアルバムヴァージョンで収めて欲しかったのが、正直なところ。 でも、こうやって振り返ってみると、やっぱりJamiroquaiの音楽って好き。 これからも世界中のあらゆる音楽を、自分たちの音楽の中に組み込んで、極めていってほしい。
導入期、成長期、成熟期そして衰退期?
外カバーの赤いデザインは良いんだけど、中のプラケースのジャケットは地味でらしくないです。 英語がワカンナイ私にとって、洋楽なんて所詮フィーリング。 そのフィーリングで群を抜いているのがこのジャミロクワイで、そのベスト盤。 12、13曲目あたりまでは文句のつけようがないカッコ良さ。体が自然に動いてまう。 「Virtual Insanity」は90年代を代表する名曲。例えばタイムマシーンで過去の年代に行って、 「90年代の名曲教えてくれ」って言われたらこの曲を教えるね。「こんな曲無かったやろ」って。 DVDで観る事ができるPVもまさに「クール」って言葉がピッタリくるカッコ良さ。 それ以前の初期の青臭いけどトンガってた曲達もすごくイイ。 ただ、後半の最近の曲はどうなんやろ。体が動かない。 分かる人には分かるのかも知れないけど、英語のワカンナイ俺には分からない。 これから新しい境地に入って、またこれぞ現代の名曲っていうのを出してくるのか、 単純に昔に戻るのか、そのまま日本では忘れ去られるのか。 ベスト盤をきったこの後が肝心。 さあJK、明日はどっちだ。
完璧です。
Runawayを除く全てのPVをアルバム単位で歴史を追って観ることが出来ます。 米国製なのでリージョンが心配でしたが東芝製のDVDプレーヤーで普通に観ることが出来ました。 英語なので半分も分かりませんが、JKのオリジナルインタビューや、来日時J-WAVEでの出演模様やら、ビデオのメイキングなどオマケも充実していて文句の言いようがありません。 Jamiroquaiのイメージを考慮したDVDメニューなど細かい作りもVery Good! 彼らの楽曲のベストアルバムとしても所有価値大いにあり。
これ1枚で十分
初期の歌詞があんなに子供っぽいとは知らなかった。 オリジナルを2枚しかもってない私のようなリスナーには最適。 これ1枚で十分でしょう。 どの曲も3分台と短めなのはいいかも。 DVDはイカレタ踊りを腹いっぱい堪能できます。
PVが良い!!
僕はこのCDを買うまでジャミロクワイのことはぜんぜん知りませんでした。このCDを買って初めて聴いた時は正直「あれ?」と思いました。特にインパクトが無く、「失敗したな」と思いました。でもそれはぜんぜん間違っていました。何度も聴いているうちに「この曲意外といいじゃん!!」と思うようになり、いつの間にかすべての曲がすばらしいと思うようになり今ではヘビーローテーションです(笑)またタイトルにも書いた通りPVが良いです。特にバーチャルインサニティのPVには完璧にやられました!!一度観ただけでその虜になってしまいました!!僕はこの一曲だけ観るためにこのCDを買う価値は十分にあると思います。そのくらい衝撃的でした!!まだジャミロクワイを聴いたことがない人はぜひ聴いてみてください。ベスト版なのできっと聴きやすいと思います。

Travelling Without Moving

[ CD ]
Travelling Without Moving

・ジャミロクワイ ・M-BEAT
【エピックレコードジャパン】
発売日: 1996-11-21
参考価格: 2,345 円(税込)
販売価格: 1,520 円(税込)
Travelling Without Moving
- 収録曲 -
1. ヴァーチュアル・インサニティ
2. コズミック・ガール
3. ユーズ・ザ・フォース
4. エヴリデイ
5. オールライト
6. ハイ・タイムス
7. ドリフティング・アロング
8. ディジェラマ
9. デジタル・ヴァイブレーション
10. トラヴェリング・ウィズアウト・ム...
11. ユー・アー・マイ・ラヴ
12. スペンド・ア・ライフタイム
13. ドゥ・U・ノウ・ホェア・ユア・カ...
カスタマー平均評価:  5
ドライブに最適。
気持ちよく快適に聞ける1枚。 ドライブしながら聴くと爽快な気分になる。 ジャミロクワイの代表的なCDの1枚といえるだろう。 オススメです!
グルーヴってのはこういうこと。
何度でもリピートして聴けるアルバム。BGMにとってもいいです。 jamiroquaiのアルバムの中で一番好きですね。 1stに感じた「歌メロディの中途半端さ」が払拭されてJKがすごく自由に歌ってます。 1. Virtual Insanity や6. High Times のグルーヴィーな感じこそjamiroquaiの真骨頂だと思います。 アレンジのセンスが秀逸です。
変な帽子のひと。
ダンス←→技術というジャミロクワイの図式の中で、これは最もその試みが成功した作品かも知れません。 楽曲としての(ジャジーなファンクとしての)の良さ、演奏の素晴らしさと、ダンス音楽としての魅力が見事にフィードバックするこのような作品は、 フュージョンなどでは滅多に味わうことの出来ないものです。そこにジャミロクワイ=JKの方法論としての卓越したセンスを感じることが出来ます。 曲は全曲佳曲のスペーシーなアシッドジャズ。その中でも、やっぱりVirtual insanityが無茶苦茶カッコいい。
スピード感が非常に心地よい
ジャミロといえばこれ、という代名詞的作品ですよね。1曲目の「Virtual Insanity」がもう素晴らしい。ファンクやダンス、JAZZも入ってますかね。非常に心地よいんです。JKの歌声も自由さに溢れていて、どんな表現もリズムも軽やかに奏でます。技術の凄さ、クリエイティヴ面の凄さをこの曲からびんびん感じます。 このキャッチーさに続き、2曲目のクラブ風なダンスナンバーも続けてかっこいいんです。このキャッチさクールさは作品全体に貫かれてます。 4のようなスローなナンバーも聴けるのは、アルバムの効用を更に上げてくれます。R&Bというかファンクさならではのゴージャスさ、心地よさです。最高のムードが作れたりします。
リプレイに耐えられます
何回聴いてもいい曲ばかりです。
なんとなくかけていたりしてもメリハリがついているので
飽きません。
ジャミロを聴くならまずこれを聴いてみないといけないかな。
というぐらい楽しめますよ。

ジャミロクワイ

[ CD ]
ジャミロクワイ

・ジャミロクワイ
【エピックレコードジャパン】
発売日: 1993-06-24
参考価格: 2,345 円(税込)
販売価格: 1,599 円(税込)
ジャミロクワイ
- 収録曲 -
1. いつになったら気づくんだい
2. 死ぬには早すぎる
3. フックド・アップ
4. 僕が好きなら,僕はやる
5. ミュージック・オブ・ザ・マインド
6. 地球は緊急事態
7. それが何でも,僕は止められない
8. ブロウ・ユア・マインド
9. 革命,1993
10. ディジン・アウト
カスタマー平均評価:  4
Blow Your Mind
Blow Your Mindの4分38秒ぐらいから始まるインストが大好きである。 大好きで仕方がない。たまらないよ。聞こう。
心地良いサウンドです♪
聴き込めば聴き込む程に味が出てくる、味わい深いアルバムだと思います。
とてもジャジーな感じで、J Kのセンスの良さが溢れています。
しかし、2作目以降ではつきものになっているような、聴いた人をすぐにその世界に惹き込んでしまう程のキャッチーな曲(いわゆるキラーチューンですね)はなく、全体的にしっとりとしている印象を受けます。
が、BGMにして晴れた日に車で車の少ない道をドライブするのには最適ですよ♪

ファンクとジャズの融合なんてお洒落ですよね〜☆
別のアルバムを聴いてから是非このファーストに戻って聴いてもらいたいと思います。
ジャミロク
イギリスのアシッドジャズ界に登場したジャミロクワイ。ネイティヴアメリカンにインスパイアされ、民族的な音楽をジャズに取り込んだユニークなメロディ。それに現代社会の問題、疑問についてのリリックを乗せるというスタイルで、ついつい重くなってしまいそうなものだけれど、それをサラっと歌い上げるジェイケイ。彼の歌声はとても気分を良くしてくれます。デビューアルバムなだけに、やや歌声が堅いかな?という感は否めないですが、十分魅力的なCDです
ジャミロクワイって何?
 Jamiroquaiという不思議な?ヘンテコな?名をしたバンドの1作目。
 なんだかよくわからない「メディシンマン」というモノを掲げて登場した彼らは颯爽と世界を駆け抜けた。初めて見たときは「なんじゃこりゃ?」と思ったが曲を聴いて「コレだ!」と確信した。
 ファンにはこのアルバムをFavoriteに挙げる人が多い。Digeridooが印象的な1.When You Gonna Learn、今やファンのアンセムの2.Too Young To Die、PVには「緊急」の文字も出た表題曲6.Emergency On Planet Earth、甘いグルーヴが美しい8.Blow Your Mindなどファンなら欠かせないと思う曲が多いからではないだろうか。興味がある方は是非!


Tokyo Smart Music~Drive For You~

[ CD ]
Tokyo Smart Music~Drive For You~

・オムニバス ・コルネイユ ・アル・クーパー ・ベン・フォールズ ・TOTO ・シャーデー ・ジョン・レジェンド ・ソフィー・セルマーニ ・エヴリシング・バット・ザ・ガール ・ケン・イシイ ・ジャミロクワイ
【SMJ(SME)(M)】
発売日: 2007-11-21
参考価格: 2,520 円(税込)
販売価格: 2,394 円(税込)
Tokyo Smart Music~Drive For You~
- 収録曲 -
1. Jamiroquai / Lov...
2. Boz Scaggs / Low...
3. Des'ree / Life
4. Bill Withers / L...
5. John Mayer / No ...
6. Michael Franks /...
7. The Style Counci...
8. The Nolans / I'm...
9. The Isley Brothe...
10. Corneille / Too ...
11. Al Kooper / Jolie
12. Ben Folds / Land...
13. TOTO / Georgy Po...
14. Sade / By Your S...
15. John Legend / Or...
・・・
カスタマー平均評価:  5
いい音楽は地球を救う!?小山薫堂氏と共に貢献したくなるCD。
首都高の事故削減にとりくむCD、なんてうたい文句につい目をとめたのですが、まずそのコンセプトがユニーク。 僕らユーザーがただ音楽を聴くことで、事故が削減し、なにか地球のために貢献できるのであれば、そんなに有意義なことはないと思う。 ・・・そんな気持ちで、つい乗せられて乗ってしまいたくなる企画だと思った。 その一方で、音楽のセレクトはこれがまた相当気持ちいい。 前半のややアップな流れ、中盤のはねる感じ、そして後半の穏やかなテイスト。 個人的には、BEN FOLDS?TOTO?SADE?JOHN LEGENDのあたりの流れがすごく好き! 東京が徐々に暮れていく、色味がかったスケープにハマる。 最後にびっくり、あのKEN ISHII書き下ろしテーマ。 そうか、首都高ってこういうイメージなのか!と思わせるジャジーなテクノ。 1枚聴き終えて、やっぱり小山薫堂氏にしてやられた、感じかな。
大人っぽいCD
選曲からして大人が聴けるCDです。ドライブがまた違ったものになるなと思いました。 Im’in the mood for dancing がなぜかとてもいいなあ。
首都高だけではなく都心のドライブにも
ゆったりした曲調のセレクトが多いですね。 首都高だけではなく、夜の都心のドライブにも良さそうです。 自分は、前半の方の曲が好きですね。 ドライブ中以外にも、部屋で流したりしても リラックスした気分になれますので、オススメです。
夜の首都高ドライブにはまります
速い曲で飛ばしたくなるのはでなく、やさしい気持ちにしてくれるアルバムですね。 ゆったりと、夜景のきれいな首都高を走るのにはまりの1枚です。 特に後半の曲選がいい。 ken ISHIIさんの新曲が入っているとはびっくりです。 個人的には、ヘビーローテーションで聞いても飽きない一枚です。 流行りの曲ではないし、お買い得だと思います。

僕たちの洋楽ヒット ベスト・オブ・90’s

[ CD ]
僕たちの洋楽ヒット ベスト・オブ・90’s

・オムニバス ・クリスティーナ・アギレラ ・ダイアナ・キング ・モニカ ・TLC ・ジャミロクワイ ・UB40 ・スキャットマン・ジョン ・リサ・スタンスフィールド ・スウィング・アウト・シスター ・カイリー・ミノーグ
【BMG JAPAN】
発売日: 2004-11-03
参考価格: 2,500 円(税込)
販売価格: 1,769 円(税込)
僕たちの洋楽ヒット ベスト・オブ・90’s
- 収録曲 -
1. ベイビー・ワン・モア・タイム(ブ...
2. ワナビー(スパイス・ガールズ)
3. アイ・ウォント・イット・ザット・...
4. キラメキ☆MMM BOP(ハンソ...
5. エヴリバディ・ダンス・ナウ(C+...
6. 恋のマカレナ(ロス・デル・リオ)
7. オール・バウト・ザ・マネー(メイ...
8. ラヴフール(カーディガンズ)
9. サード・タイム・ラッキー(バーシ...
10. ジニー・イン・ア・ボトル(クリス...
11. シャイ・ガイ(ダイアナ・キング)
12. ビフォー・ユー・ウォーク・アウト...
13. ディギン・オン・ユー(TLC)
14. ヴァーチャル・インサニティ(ジャ...
15. 好きにならずにいられない(UB4...
・・・
カスタマー平均評価:  5
思い出されるいろいろな場面
この曲は、こんな場面で聴いたなぁ・・・

思い出に浸りながら聴ける一枚。

90年代だから、記憶も鮮明。

「ねえ、『まわせまわせまわせ〜』って歌ってるように聞こえる曲があるよねぇ、あれ、なんて曲か知らない??」

女性の先輩に聞かれたときに

「?????」

しばらくして、それは、

ダイアナ・キングのシャイガイの中にある

"mercy,mercy,mercy"

というところのことだったと判明。

曲名が分かったと伝えようとすると、既に、他の人から教わっていたらしく

聞き間違いのことで、顔を真っ赤にしていた・・・

あれから、もう10年くらいたっちゃうんだなぁ〜

こんなふうに思い出に浸っちゃいます


スペース・カウボーイの逆襲

[ CD ]
スペース・カウボーイの逆襲

・ジャミロクワイ
【エピックレコードジャパン】
発売日: 1994-11-03
参考価格: 2,345 円(税込)
販売価格: 1,140 円(税込)
スペース・カウボーイの逆襲
- 収録曲 -
1. ジャスト・アナザー・ストーリー
2. スティルネス・イン・タイム
3. ハーフ・ザ・マン
4. ライト・イヤーズ
5. マニフェスト・デスティニー
6. ザ・キッズ
7. ミスター・ムーン
8. スキャム
9. ジャーニー・トゥ・アーネムランド
10. モーニング・グローリー
11. スペース・カウボーイ
12. 同(ストーンド・アゲイン)
カスタマー平均評価:  4.5
月夜にシンクロナイズド。
1995年作。次作の"Travelling…"で、日本向けに大々的にプロモートを仕掛ける前で、 ジェイ・ケイも心地よくファンクをやってるというのが、全体的な印象です。 効果的にシンセを入れ、上手く宇宙的な雰囲気を出している所は、天性のセンス。 ただ流して聴く時には、少し曲ごとのグルーヴの振れが大きい感もありかな。 #1や#9(何か"Globe"っぽい)のゆったり感とか、#6の王道ファンクらしいノリ等が 聴き所かと思います。 あと個人的には、夜の車中で#7"Mr.Moon"にノックアウトされ、それ以来月夜のドライブの マストアイテムにしております。
ジャミロクワイでは一番お薦め
代表作はこれの次に出したTRAVELING?だと思いますが、自分のお薦めはこれです。染み入るVO、渋く跳ねるB、歯切れの良いDR、優しく煌めくKEYが、相互に各パートの良さを引き出しています。佳作曲の連続なので、全曲通して聞かせる力を持っています。あと、この作品は夜に聞くと魅力がグンと上がります。今でも僕は寝る前に、部屋を暗くしてヘッドフォンで音小さめで聴いてます。気持ち良いですよー
ドライブにもってこい
絶対、意中の彼女(こんな言い方では年がばれる。)のいる車中で聞いてください。
なんともノリノリになれます。
ちょうどベイブリッジあたりになったらかけるというのはどうでしょう。
1曲ずつというよりも、評価としてはまさに地球に帰る感じです。
聞き終わると同時に波が聞こえる場所に行く。
もちろんくるまで。ちょっと窓を開けて。
もう落ちます。絶対に。
ぐっと洗練された名盤!
ジャズとファンクだけに留まらず、今回新たにボッサにもチャレンジしたジャミロ。
意欲作です♪
『STILLNESS IN TIME』はこれまでのジャミロのサウンドにはないサウンドに仕上がってますね。
「ボッサもいけるんじゃん!」とちょっと感激(笑)
こういう”しっとり”もアリアリです!!
『THE KIDS』ではジャミロ初というぐらいノリノリで激しいグルーヴ感を出していて、アルバムを引き締めている感じがします。
そして何と言っても『SPACE COWBOY』ですね☆
このアルバムのキラーチューンはこいつで間違いない♪
輸入盤とは曲順が異なっているようですが、最後にキラーチューンっていうのもある意味新しくて面白いです。

全音楽ファンの方へ是非一度通して聴かれる事をお勧めします。
宇宙
一番コズミックな感じがする、セカンド。洗練されてカッコイイ。
縦横無尽なスチュアートのベースがすごい。ミスタームーンでのプレイに惚れ惚れ。このままかわらないでほしかったです。ジャミロクワイ最高!


HIGH TIMES : SINGLES 1992-2006

[ CD ]
HIGH TIMES : SINGLES 1992-2006

・ジャミロクワイ
【ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル】
発売日: 2006-11-08
参考価格: 2,520 円(税込)
販売価格: 1,764 円(税込)
HIGH TIMES : SINGLES 1992-2006
- 収録曲 -
1. When You Gonna L...
2. Too Young To Die...
3. Blow Your Mind (...
4. Emergency On Pla...
5. Space Cowboy (Th...
6. Virtual Insanity...
7. Cosmic Girl (Tra...
8. Alright (Travell...
9. High Times (Trav...
10. Canned Heat (Syn...
11. Little L (A Funk...
12. Love Foolosophy ...
13. Corner Of The Ea...
14. Feels Just Like ...
15. 7 Days In Sunny ...
・・・
カスタマー平均評価:  5
ライナー・ノーツでゲシュタルト崩壊!
特にファンという意識はないのですが、ジャミロクワイのアルバムは全て持っています。何となく不思議な気がします。ハービー・ハンコック・マニアというのは自認どころか、自称していますが・・・ もちろん曲も好きですが、ジェイ・ケイの声がいいですね。ダンスも好きですけど・・・ ソウル系女性ボーカリストの声に通じるものがあると言うのはよく指摘されていたことですが、ライナーノーツにあるm-floの片割れのエピソードには驚きました。 部屋でジャミロクワイのアルバムを聴いていたら、母親が来て、「和田アキコかと思った。」と言ったそうです。 そう言われてみると、確かに似ています。声の質なのか何か分りませんが、お母さんすごい耳持っています。ジェイ・ケイ→ソウル系女性ボーカリスト→和田アキコ、確かに何かつながっていますね。和田アキコをちょっと見直しました。「アッコにおまかせ」は観ませんけど・・・ それ以来、私の中のコグニション・マップは若干の変更を余儀なくされました。 ライナー・ノーツでゲシュタルト崩壊という奇妙な体験ができました。 このライナー・ノーツは国内盤だけの特典です。あたりまえか。
ジャミロクワイってノー天気で何も考えて無さそうでしょ?
でも、本当にそうなのかな? 僕は『深い失望感』をひしひしと感じます。 "When You Gonna Learn"で「いつになったらわかるんだい?」って警告を発しても、"Emergency On Planet Earth"で「地球は非常事態なんだ」って訴えかけても、みんなわかってくれない。 自分で曲を作ることを考えたらわかると思うけど、こういう曲を作るのは非常にしんどいです。だって、音楽って感情表現でしょ?こういう他人の理性に訴えるような内容を音楽にすること自体、ものすごい精神的エネルギーを消耗するはずです。なんならためしに他人にお説教するような曲を作ってみな。絶対陳腐な曲になるから。それなのにジャミロクワイはこれをポップでロックでソウルフルでファンキーな曲に仕上げた。これだけで表彰ものですよ。たぶん曲ができて、「これできっとみんなに伝わるはずだ。きっとみんな目覚めてくれるはずだ」ってわくわくしてたと思うんだよね。 ところが実際は・・・ なんにも変わらないどころか、地球環境は悪化するばかり。 あれだけ自分の精力を注ぎ込んだのに。っていう大きな失望感、虚無感が"Seven Days In Sunny June"の退廃的なPVなんかからも漂ってくるような気がする。 タイミングが早すぎたのかもしれないね。今ならタイミングばっちりでゴア元副大統領みたいな時の人になってたかもしれないのにね。若者たちに環境問題の重要性を訴える音楽界のリーダーなんてね。 今や完全にぷっつん切れてはじけてるね。もともと才能あるし、心の感じるままにスポーツカーを操り、恋に身を焦がせば、その経験が曲に跳ね返ってくるし。曲としてはどれも相当好きです。特にRunawayのPVなんか、たまんなくかっこいいです。何回観たことか。 でも、明るく振る舞えば明るく振る舞うほど、その裏にある虚無感がひりひりするんだよね。 そして、この天才が感じた通り、地球は既に手遅れなんじゃないのかなって・・・ いや、手遅れなのは地球じゃなくて、人類かもね。地球にとっては人類なんていないほうがありがたいのかも。 "I used to worry about future. But then I throw my caution to the wind. I had no reason to be care free." from "Canned Heat"
これぞベスト盤
ジャミロって、無意味に曲が長い・・・というイメージがありましたが、 このベスト盤ではほとんどが一曲3分台に収められており、 冗長どころかかえってテンポ良く、あっという間の20曲、という印象です。 これまでアルバムを聴きこんできたコアなファンには物足りないかもしれませんが、 私のようなにわかファンにはうってつけの1枚だと思います。 ジャミロなんか嫌い、という人は少ないだろうし、意外と老若男女問わず 受け入れやすい曲調でもあるので、一枚持っておくと様々なシーンで活躍してくれそう。 新曲を含め、とにかくハズレ曲がなく、気持ちよく聴けるまさに「ベスト」盤です
良盤
ジャミロクワイってノー天気で何も考えて無さそうだけど、音楽の質自体はかなり高い。 そこら辺の若手バンドと比べて演奏が上手だし安定してる。 アレンジも斬新では無いけど良く練られてる。 何より十年以上FMとか第一線で流され続けてるのはすごいことだ。 最近は収録時間は短いのに二枚組にして値段を吊り上げたりするベストが多い中、このCDは一枚で簡潔にジャミロクアイの魅力がパッケージされていて好感が持てる。 家で聴いてもドライブで聴いても良しの良盤だと思う。
ミックス技術の向上を感じる一枚
新曲2曲を含むjamiroquaiのベスト盤。 こちらは日本限定版[DVD付](赤ジャケ)と輸入版[RemixCD付]とは異なりCD一枚だけなので購入の際は注意。 1992年から2006年という長い間の中から本当に美味しいところだけを摘み取った、まさにベスト盤といった内容。個人的に取りこぼしは無かったのでベスト盤で初めてjamiroquaiに触れるという方にも自信を持ってオススメできる出来。 ミックスが見直されており各曲の音圧がグっと増しててかなり良かったです。 ということでjamiroquaiファンも買って間違いなしの一枚。

シンクロナイズド

[ CD ]
シンクロナイズド

・ジャミロクワイ
【エピックレコードジャパン】
発売日: 1999-06-07
参考価格: 2,520 円(税込)
販売価格: 695 円(税込)
シンクロナイズド
- 収録曲 -
1. キャンド・ヒート
2. プラネット・ホーム
3. ブラック・カプリコーン・デイ
4. ソウル・エデュケーション
5. フォーリング
6. デェスティテュート・イリュージョ...
7. スーパーソニック
8. バタフライ
9. ウェア・ドゥ・ウィ・ゴー・フロム...
10. キング・フォー・ア・デイ
11. ゲッティン・ファンキー ※〈CD...
カスタマー平均評価:  4.5
保存版。
発売後、何年と経ってる今でもまったく色褪せない。ケチの付けようの無いアルバムです。 それだけジャミロクワイというアーティストが完成された領域に達しているという証なのかもしれません。 そしてこのCDの凄さはタイトルの如くシンクロすることです。 既に過去のレビューにも書かれている通り、日常の中でこれほどシンクロするCDはそうありません。 昼流せばはHappyな気分に!夜流せばムード溢れる夜になります。 個人的オススメは夜のハイウェイでの9「ウェア・ドゥ・ウィ・ゴー」です。流しながら爆走すると最高にCoolな状態に!そして気分は映画のワンシーンです!!
最高のドライブチューンばかりが納められたクールさ
「キャンド・ヒート」は「Virtual Insanity」(「Travelling Without Moving」収録)に並んでヒップでクールなダンスナンバー。あの曲に惹かれて次のジャミロ作品を探されているならオススメできる。 これを車中で流すとドライヴのムーヴ感は各段にアップする。作品全体もキャッチさと高揚感に溢れ、メロディの良さが引き立っている。 ジャミロの作品はなるべくアルバムまるごと聴く機会が欲しい。曲と曲の繋がりがアグレッシヴ。次がどんな展開になるかを期待し、こう来るかと楽しさを覚えられる。そしてとんとん拍子に軽快に聞ける。
ジムに最適
#1キャンド・ヒート聴きながら サイクリングマシーンやったら自然と足が回る回るー。 上記の様なノリノリサウンドからミディアムテンポまで収録されており 人気作な理由がわかりました。
キャンドヒート
一番良い曲だったと思うのは、1曲目にあるキャンドヒートだと思います。

今になってジャミロクワイを考えてみると、ずいぶん古く感じられ、それほどたくさんの人に知られていません。過去ジャミロクワイがすごく日本で売れたときがありました。そのときでも、特に売れたのが、このシンクロナイズドです。
中でも1曲目に収録されている、キャンドヒートは、バカ売れです。
キャンドヒートはノリのいい曲で、イベントなどで使われたら、最高ではないでしょうか。

基本的にジャミロクワイの曲はノリのいい曲が多いので、盛り上げ用に使うのがベストだと思います。
昔のソウルから最新のサウンドを生み出すセンス。素晴らしい。
ジャミロクワイの4作目。70年代のソウルのエッセンスをふんだんに取り入れながら、古臭くなくシャレたサウンドにまとめるセンスには脱帽です。前作よりもさらにキレが増しつつ、シンセ・打ち込みを多用しながら機械臭さがないのもアレンジの勝利か。年齢層を問わず広くお勧めできる稀有な一枚です。




Copyright © 2008 洋楽アーティストデータベース. All rights reserved.    Program by 簡単アマゾンサイト作成ツール ver.3.96

 更新日 2008年10月11日   ※ 表示価格は更新時のものです!      メール      相互リンク