洋楽アーティスト1000人のデータベース。公式サイト・ファンサイト・ブログ・掲示板・リンク集。

洋楽アーティストデータベース

1,500円以上で送料無料!
※一部大型商品を除く
カートを見る ヘルプ
ブライアン・イーノ ブラック・ドッグ カール・クレイグ チャーリー・ハンター ケミカル・ブラザーズ チェリー  
  クリスチャン・ヴォーゲル クリッターズ・バギン デイヴ&ドミノ デイヴ・クラーク デイブ・ロジャース デヴィッド・ホルムス

洋楽データベース
無料着うたダウンロード
OnGen音楽配信
洋楽楽譜
洋楽名曲
洋楽ランキング
洋楽歌詞和訳・翻訳
特集
 インコグニート
 エニグマ
 キング&クイーン
 キング・コング&ザ・ジャングル・ガールズ
 クラフトワーク
 グルーヴ・コレクティヴ
 グレイボーイ・オールスターズ
 ケン・イシイ
 ゴー・ゴー・ガールズ
 ゴータ
 ジェフ・ミルズ
 ジャミロクワイ
 ジャム&スプーン
 ジョーイ・ベルトラム
 ディープ・フォレスト
 デレク・シモンズ
 ハイブリッド
 フルーク
 田中フミヤ
 電気グルーヴ

 

カール・クレイグ


フューチャー・2・フューチャー

[ CD ]
フューチャー・2・フューチャー

・ハービー・ハンコック ・チャカ・カーン ・ダナ・ブライアント
【ビクターエンタテインメント】
発売日: 2001-07-25
参考価格: 2,520 円(税込)
販売価格: 1,196 円(税込)
フューチャー・2・フューチャー
- 収録曲 -
1. ウィズダム
2. ケベーロ・パート1
3. ジ・エッセンス
4. ディス・イズ・ロブ・スウィフト
5. ブラック・グラヴィティ
6. トニー・ウィリアムス
7. アイオノスフィア
8. アルファベータ
9. ビー・スティル
10. ヴァーチャル・ホーネッツ
11. ケベーロ・パート2
12. ジ・エッセンス(DJ KRUSH...
カスタマー平均評価:  4
ハービー・ハンコックと俺の親父は同い年
 何なんだろうか? 近頃の60歳以上の方々は妙に元気でいらっしゃる。昔、60歳といいますと、それはもう隠居としてひっそりと暮らし、後進に道を譲るものでございました。それが美徳とされておったわけですね。多分、それは古今東西あらゆる文明において大なり小なり変わらないはずです。  しかし、このハービー・ハンコックという人は後進に道を譲りません。逆にむしろ道を奪い取っています。それも老害などという低次元なものではなく「俺を超えれるんなら超えてみろよ、それが出来ない貴様らは甘ちゃん小僧だぜ! そんな奴は田舎へ帰ってお母ちゃんのおっぱいでも吸ってやがれ!」というしぶとさです。これは後進のミュージシャンにとっては難儀です。  そんな人のアルバムです。近未来SFを意識したHipHop風味のジャズという所でしょうか? 若造が継ぎ接ぎで適当にでっち上げたジャンクポップスを聴くよりも遥かに上等です。
センス抜群。。。
ビルラズウェルって、もろにミュージシャンしていると思いますね。プレイもサウンドメイキングも。これはヒップなことをやっているようで、凝り性のミュージシャンが作ってしまいましたオタクな一枚という感じが僕にはします。ジャックディジョネットとトニーウィリアムスのドラムがいいですね。彼らのこういうプレイが聴きたかったんだよね、とビルラズウェルが思ったのかなと、そう思わせます。また、オープニングから終わりまでメッセージが言葉で語られていたり、覚醒しろ、今お前は寝ているだけだとチャカカーンが歌う"The Essence"が音楽と絶妙にマッチしている。SFちっくというより、もろSFで、素敵です。サイバージャズ。
平均点は超えているが・・・。
 ビル・ラズウェル企画なのでコンセプトは面白い。しかし実際の音楽は1、2曲目でおお!と思わせて、このままこういうノリで行くのかと思いきや、平凡なヒップホップとジャズの融合へ突入してしまい、中盤ではドキドキする展開はない。あくまでジャズファンをターゲットにした作品なので、新しさを求めるのであれば、もっと既成概念を壊してほしかった気もする。
相変わらず健在
Classic Jazzではない。デジタル・ヒップホップ系と言えるでしょう。ラップとリズムマシーンをベースに、聴きやすく流れるような音色とエフェクトを乗せている曲が多い。流行の最先端をまだ走るつもり?と思わせるほど先駆的な曲ではあるが、総じて似通った曲が多い印象でもあった。中でも3曲目は必聴。全体的に、元気がでるくらいビートが効いていると言うよりは、軽いリズムがSmoothに流れている曲が多いCDである。
あまり目新しさを感じない曲が多い・・・
アップテンポなケベーロ(Part1+Part2)には,独特のリズム・コード進行があり緊張感も感じられるが,その他の曲には特に目新しさが感じられない。前作「ディス・イズ・ダ・ドラム」の方がサウンド的に新たな発見が多く,感動的だった。

Programmed

[ CD ]
Programmed

・Innerzone Orchestra
【Astralwerks】
発売日: 1999-08-02
参考価格: 1,905 円(税込)
販売価格: 7,287 円(税込)
Programmed
- 収録曲 -
1. Wrong Number
2. Manufactured Mem...
3. Beginning of the...
4. Programmed
5. Eruption
6. Monsters
7. Blakula
8. People Make the ...
9. Architecture
10. Basic Math
11. Timing
12. Galaxy
13. At Les
14. Bug in the Bassb...
カスタマー平均評価:  4.5
凡百のテクノ音楽と言ってしまってはダメかと
正直申し上げますと、本作がカテゴライズされる(であろう)デトロイト・テクノだとかハウス・ミュージックだとかには明るくありません。ですので、C.クレイグその人が本作の前後にどのような音楽を展開しているのかも全く知らない訳ですが、本作に限って申し上げれば、より自由な形でジャズをターゲットにして、自身が考える音の表現を試みた作品と言えるのかも知れません。 この手のカテゴリは"聴き込む"より"聞き流す"ように扱われるの機会の方が圧倒的に多いのかも知れませんが、迎合ではなく融合(若しくは単にチャレンジであったかも知れませんが)を目指したエフォートは評価されるべしと思います。 基本的にどの音楽カテゴリに限らず、発展/変化に乏しいものはあまり好きではありません(誤解されると困るのですが、だからと言ってフォークやトラッド等を毛嫌いするものではありません)。 つまり、何時どの様な時代であっても、あるカテゴリにある形態を変えようとする動きがあり、結果的にそれが成就できなくとも、将来的に"徒花(アダバナ)"と形容されようとも、その動きを求めた事自体は適切に評価されるものだと思うのです。 無駄話が過ぎましたが、確かに"構えて聴く"タイプの音楽ではありません。ただ、初めて且つ何の脈絡もなく本作をたまたま手にされた方であっても、単純にポコピコピューピュー言ってる三文テクノや五月蝿いだけのトランス系などとは"あれ?何か違うな"と思われる可能性は高いと思います。 後はご自身がこの手の音楽に対しての興味を持つか持たないかだけです(とは言え、私自身はまだそれ程思い入れ?好き度?が大きいカテゴリではないのですが(^^;)。
ハンコック級
Carl Craigと言えばあの歌物の少ないスピリチャルな曲調でトコトン落とすデトロイト・テクノの重鎮だが、その別プロジェクトということで、どんなことになっているのかと買ってみたところ、「えっ!?」というのが感想でした。そこにはもはやCarl Craigの面影はまったくなかった...。テクノの面影も薄い(薄いというだけで、まったくないわけではない)。でもやっぱりCraigはJazzを媒介にしても、スタンスはスピリチュアルだ。でも#8の「People Make the World Go Round」とかはとてもシンプルで力強いメッセージが込められた、歌物でこういうこともするのかとちょっとビックリ。

これは紛れもなくJazzを主体とし、その完成度はHerbie Hancockにすら迫る物がある。それでか、Hancockの「Future 2 Future」にもCraigは参加していた。そこで行き着く当然の仮説は、これはCraigのHancockに対するオマージュかはたまた挑戦状か!?しかし、このジャケはJazzっ気薄いですよね。「More Songs About Food and Revolutionary Art」はまさにジャジー極まりないジャケで、内容はテクノ、本作はテクノ的なジャケで内容はJazz。これは狙ってやっているのか?
フューチャー・ジャズの金字塔
Carl Craigが元Sun Ra Arkestraのメンバー等を率いて作り上げた今作は
軽いノリのこ洒落たアシッド・ジャズや正統的なジャズとは全く違った
真っ黒なグルーヴが渦巻く、当に未来のジャズと呼ぶべき異形の大傑作。
スリリング。
冷静で瀟洒、でもファンクな感じ。バックに、なんと言ったらよいのか、どこか人を不安にさせるテンポなり音なりが潜んでいるように思う。少し怖い。
あまりこの手の音楽に詳しくもなく数も聴いていない自分が最高点数をつけるのが僭越だと思ったので星よっつにしました。
圧倒的!!!!
carl craig がinnerzone orchestra名義でいつもの彼よりもより黒い部分を前面に出した、とても実験的な試みが一枚のアルバムになったのがこの作品。彼の音楽の常にバックグラウンドにあるだろう,まさにブラックミュージックです。どす黒いリズムにハービー・ハンコックのようなピアノリフが作り出す音はまさに圧巻。ハウス・ジャズファンにも人気のこのシリーズだが,やっぱりテクノ好きに聴いてほしいです。moodymannやtheo parrishが好きな人も気に入ってくれるでしょう。傑作です!!!!


The Kings of Techno [12 inch Analog]

[ LP Record ]
The Kings of Techno [12 inch Analog]

・Laurent Garnier ・Carl Craig
【Rapster】
発売日: 2006-11-28
参考価格: 2,463 円(税込)
販売価格: 2,709 円(税込)
The Kings of Techno [12 inch Analog]
Laurent Garnier
Carl Craig
カスタマー平均評価:   0

The Detroit Experiment

[ CD ]
The Detroit Experiment

・The Detroit Experiment
【Rykodisc】
発売日: 2008-01-13
参考価格: 1,172 円(税込)
販売価格: 2,272 円(税込)
The Detroit Experiment
- 収録曲 -
1. Space Odyssey
2. Think Twice
3. Revelation
4. Baby Needs New S...
5. There Is A God
6. Church
7. Enterluud
8. Vernors
9. Too High
10. Highest
11. Midnight At The ...
12. A Taste Of Tribe
13. The Way We Make ...
14. Revelation Repri...
カスタマー平均評価:  5
ジャズハウス
ちょいと前にフィラデルフィアエクスペリメントなんていうユリケイン先生のアルバムがございましたが。感じは似ています。こっちはジャズというよりもテクノ、エレクトロニカの割り合いが高いですかね。多くのジャンルからのミュージシャン達が集合した興味深いものになっています。過激なものではなくて一貫してレイドバックしたムードが連続します。参加しているメンバーはかなり豪華で多すぎなような気もします。
<構成員>
ジェリアレン=ピアノ=ウエインショーターグループで有名
マーカスベルグレイブ=トランペット
ベニーモーピン=サックス=ハービーハンコックで有名
レジーナカーター=バイオリン
ペリーヒューズ=ギター
カールクレイグ=シンセ、ギター、ベース
ロンオーテァス=ドラム

アンプフィドラー=鍵盤=今回カギを握る人物。パーラメントなどで有名。才能豊かな人物。かなりフォンキー
という布陣でございまして、なかなかすごい異種格闘技戦になっております。ジャズも聴くが『ライトなダンスミュージック=ハウス』もいけるというかたにおすすめ。10点中6点
実験の素晴らしい成果
デトロイトの様々なジャンルのミュージシャンが集まって行ったセッションを
Carl Craigが編集した物。

デトロイトの音楽の多彩さ、濃厚な黒さを思う存分堪能出来る大傑作。
これは2003年を代表する1枚に入るのではないでしょうか。

このセッションの話を聞きつけた地元のミュージシャン達が
自分たちも参加しようと大勢スタジオにやって来た、

なんていういい話もあったとか。
興奮します。感動しました。
昨日買ったばかりでまだ十分に聞き込めていないのですが、
聴く曲聴く曲に興奮&感動しっぱなしです。
JazzとかTechnoとかいうジャンル分けや、元ネタ探しとかを
考えさせない・感じさせない自然さです。
Detroit=コトコテ というイメージがあった私には
新しくて古い、古くて新しい、なんとも言えない奥深い1枚です。


Abstract Funk Theory

[ CD ]
Abstract Funk Theory

・Carl Craig
【Obsessive】
発売日: 2002-04-02
参考価格: 2,891 円(税込)
販売価格: 3,179 円(税込)
Abstract Funk Theory
- 収録曲 -
1. Atomic Dog - Geo...
2. Mesopotamia - B5...
3. Shari Vari - A N...
4. Alleys of your m...
5. Technicolour - C...
6. Forcefield - Ree...
7. Night Drive - Mo...
8. Let's Go - X-Ray
9. Galaxy - B.F.C
10. The Dance - Rhyt...
カスタマー平均評価:   0

MISCH MASCH

[ CD ]
MISCH MASCH

・ラジオ・スレイブ ・カンヴァス ・ブリフォ ・トレンテモラー ・ブックシェイド ・ディートロン ・アンドマット・スリーハンドレッド・アンド・ジャン ・レン・ファキ ・ヴィヴァンコ ・ビート・グロール・フリクション ・マーセル・デットマン
【FINE/OCTAVE-LAB】
発売日: 2007-05-26
参考価格: 2,993 円(税込)
販売価格: 2,843 円(税込)
MISCH MASCH
- 収録曲 -
1. Trentemoller - M...
2. Mocky - Extended...
3. Rufuss - The cel...
4. Roman Flugel - M...
5. Shackleton - Blo...
6. SHED - Well done
7. Shackleton - Bl...
8. Soylent Green - ...
9. Radio Slave - Sc...
10. Canvas - The cat
11. Brifo - Mi piano...
12. - Moan (Radio Sl...
13. Bookshade - Dark...
14. Deetron - Life S...
15. Andomat 3000 & J...
・・・
カスタマー平均評価:   0

Landcruising

[ CD ]
Landcruising

・Carl Craig
【Wea International】
発売日: 1995-05-08
参考価格: 2,913 円(税込)
販売価格: 10,795 円(税込)
Landcruising
- 収録曲 -
1. Mind of a Machine
2. Science Fiction
3. Wonderful Life
4. Technology
5. They Were
6. Landcruising
7. Einbahn
8. One Day Soon
9. Home Entertainme...
カスタマー平均評価:  4
デトロイト・テクノの継承者
テクノというとリズムを主体とした無機質な音楽だととらわれがちだが、デトロイト・テクノはメロディーを持っている。下手をすると安っぽいフュージョンなのだが、その一歩手前で踏みとどまっている。

カール・クレイグはデトロイト・テクノのオリジネーター(の一人)であるデリック・メイのプロジェクトにも参加した正当な継承者。デリック・メイ自体が作品をリリースしなくなった現在、デトロイトの本流を聴こうと思ったら彼しかいない。

これはそんなカール・クレイグの第一作目。美しくメロディアスなデトロイト・テクノの王道を行く一作だが、現在の耳には少し刺激が足りないかも。
近未来からの音楽
カールクレイグ名義では初アルバム。paperclip people、69名義等ではグルーヴィンでファンキーなフロア受けする曲を作っていたが、このアルバムではエクスペリメンタルな面が前面に出たため、一般の評価は低い。しかしである。サイバーな雰囲気を醸し出すこのアルバムは、近未来的でもしかしたらブレードランナーの風景を思い出させるかもしれない。デトロイトマシーンソウルは確実に、ここに存在する。


フロム・ザ・ヴォルト

[ CD ]
フロム・ザ・ヴォルト

・カール・クレイグ
【インディーズ・メーカー】
発売日: 2006-09-08
参考価格: 2,580 円(税込)
販売価格: 9,799 円(税込)
フロム・ザ・ヴォルト
カール・クレイグ
カスタマー平均評価:  5
Carl Craigの偉業のベスト盤に近い内容
 Carl Craigの様々な音楽的側面が伺えるアルバムです。他のアルバムに収録されている曲と12インチのみのリリースの曲が混在しているところが難点ですが、アナログに触れられない方にはなかなか新鮮な曲も多いと思います。詳しくはアルバムのライナーノーツに譲りますが、#2、3、4、5、8、10は既にアルバム内で発表されており、CDでも入手することが出来ます。ただし#5の「Domina」は「More Songs About Food and Revolutionary Art」に収録されていた「Die Dominas」と同じエディットヴァージョンです。オリジナルは超レアなManuel Gottschingの彼女がリリースしたシングルのリミックスとの位置づけで、あのMaurizioによるミックスと共に12インチへかなり長いミックスで収録されていました。ここで聴かれるヴォイス・サンプリングは恐らくオリジナルに使われている声なのでしょう。この12インチ自体は何度か再発されているので機会があったら手にしてみてください。両面とも素晴らしいです。  #1はオリジナルミックス、完全未発表トラックは#7のみです(#10は未アルバム化ミックスかも知れません。未確認)。こうして全体を見てみると既発・CD化済トラックが多く、ややこれまで追いかけてきた人には不満の残る内容かも知れません。やはり12インチを主体に活動するアーティストだけに、その曲のCD化に対する期待は大きいものです。しかし過去のアルバムは近年発表された「The Album Formerly Known As」およびDJミックスの類しか入手が容易ではないようなので、このアルバムの価値は高いと思います。捨て曲は一曲もありませんし、これからCarl Craigの音に触れる方には彼の魅力が余さず伝わる素晴らしく内容の濃いアルバムだと思います。  Carl Craigの偉業を聴き伝えられるだけで触れる機会のなかった方にお奨めします。ベスト盤、Derrick May「Innovator」までは行きませんが、それに近い内容です。また、Vol. 1と言うことでVol. 2以降にも期待します。特に初期のPsyche/BFC名義の曲のCD化が望まれるところです。

The Kings of Techno

[ CD ]
The Kings of Techno

・Laurent Garnier ・Carl Craig
【Rapster】
発売日: 2006-10-31
参考価格: 2,570 円(税込)
販売価格: 1,520 円(税込)
The Kings of Techno
- 収録曲 -
1. Plum Blossom/Gam...
カスタマー平均評価:  4
懐かしい(古い)テクノとか、それ以外も
J Dillaのアルバムをきっかけに、こちらBBE RecordsのCDを聞き始めましたが、こちらは不思議なテクノコンピでした。 1枚目はヨーロッパから見たデトロイトのコンセプトで、テクノ以外(J Dillaもあるし、Aretha Franklinも入っています)の曲もありますが、違和感なく楽しめます。 2枚目は逆に、デトロイトから見たヨーロッパのコンセプト。Carl Craigが自分でmixしながら、MCみたいなこともやってるようです。 テクノの曲自体はあまりに古いものが多くてちょっと、、、と感じましたが、1枚目のcross overな感じは好感持てました(BBE Recordらしい作品)。 難を言えば、2枚目は曲ごとにデータが分かれているので、1枚目はアルバム1枚で1曲とカウントされているということ。MP3とかにするにはありがたいのですが、なぜ2枚で異なって入るのかが謎でした。

Onsumothasheeat

[ CD ]
Onsumothasheeat

・Carl Craig
【Shadow】
発売日: 2001-03-13
参考価格: 1,342 円(税込)
販売価格: 1,082 円(税込)
Onsumothasheeat
- 収録曲 -
1. Wild Light
2. Universal Mind
3. Supernova
4. Superbad
5. I Have Got Garli...
6. O.G.
7. Future
8. Second Wind
9. Hide and Seek
10. Landscaping
11. Spacey Poly Bell
12. Twisted
13. Bed and the Wind...
カスタマー平均評価:  4.5
リズムしか聞いてない人
ジェームズ・ブラウンの Superbad がすごいうれしいです。でLBというアーティストについて Discog で調べましたが、ジェームズ・ブラウンについては Superbad しかつくってないことがわかりました。ほかはデビッド・ボウイなど。JBのファンクの曲全部やってくれててほしかった。もしやってたら買ってましたよ。
カール・クレイグのDJ-MIX
 カール・クレイグのMIXCD。彼のDJ-MIXというと、DJ KICKSシリーズの中の一枚があるが、あちらより真面目にMIXしている印象。不勉強でリクルース(Track 10)以外のほとんどのアーティストを知らないが、比較的生音を生かしたジャジーな感じの曲が多い。JBのエレクトロ版と言った風情で、ロボットボイスで歌うLBと言うアーティストの曲が面白い。後半はジャングルからガラージハウスのような曲へとめまぐるしく展開し、ここらあたりが聞き所か。

 曲目は以下の通り。
アーティスト, 曲名
1. Jimpster, Wild Lighit
2. John Arnold, Universal Mind
3. Ultralights, Supernova
4. LB, Superbad
5. Marasma, I Have Got Garlic,Hanging On My Front Door
6. Goo, The O.G
7. LB, The Future
8. R.Craig, Second Wind
9. Shinju Gumi, Hide&Seek
10. Recloose, Landscaping
11. Droid, Poly Bell
12. Sneakster, Twisted
13. Marasma, The Bed and the Window
秀作
彼は前期の作品が優れているといわれるが、ブラック・ミュージックファンは後期からのあのファンクを匂わせる音作りを喜ぶはず。つまり、そう言っているのはロックよりの人。 今回の目玉はなんと言っても、ジェームズ・ブラウンの[SUPER BAD]をテクノ使用にしたもの。ロボットの声になってしまったJB。BMファンはどう感じるかみもの。個人的にはお気に入り。また、殿下プリンスの曲もサンプリングしている。




Copyright © 2008 洋楽アーティストデータベース. All rights reserved.    Program by 簡単アマゾンサイト作成ツール ver.3.96

 更新日 2008年10月11日   ※ 表示価格は更新時のものです!      メール      相互リンク