洋楽アーティスト1000人のデータベース。公式サイト・ファンサイト・ブログ・掲示板・リンク集。

洋楽アーティストデータベース

1,500円以上で送料無料!
※一部大型商品を除く
カートを見る ヘルプ
ブラック・シープ ブラッカリシャス ボーン・サグスン・ハーモニー ブギ・ダウン・プロダクションズ バスタ・ライムス ビートナッツ  
  ブラン・ニュー・ヘビーズ キャンプ・ロー チノ・エックスエル コモン コモン・センス カンパニー・フロウ

洋楽データベース
無料着うたダウンロード
OnGen音楽配信
洋楽楽譜
洋楽名曲
洋楽ランキング
洋楽歌詞和訳・翻訳
特集
 DJクイック
 DJシャドウ
 DJレヴォリューション
 イーピーエムディー
 イヴ
 エイトボール&MJG
 エミネム
 エリック・B.&ラキム
 クーリオ
 サイプレス・ヒル
 ダイアモンド&ザ・サイコティック・ニューロティック
 ダイレイテッド・ピープルズ
 ダスEFX
 デ・ラ・ソウル
 ディーエムエックス
 ディージェイ・キューバート
 デジタル・アンダーグラウンド
 デル・ザ・ファンキー・ホモサピエン
 ドクター・ドレー
 ファット・ジョー

 

エリック・B.&ラキム


ライフタイム・ベスト

[ CD ]
ライフタイム・ベスト

・エリック・クラプトン ・デレク&ザ・ドミノス ・クリーム ・ブラインド・フェイス ・B.B.キング ・J.J.ケイル
【WARNER MUSIC JAPAN(WP)(M)】
発売日: 2007-12-05
参考価格: 3,480 円(税込)
販売価格: 3,131 円(税込)
ライフタイム・ベスト
- 収録曲 -
1. アイ・フィール・フリー(クリーム)
2. サンシャイン・ラヴ(クリーム)
3. ホワイト・ルーム(クリーム)
4. クロスロード(クリーム)
5. バッジ(クリーム)
6. プレゼンス・オブ・ザ・ロード(フ...
7. アフター・ミッドナイト
8. レット・イット・レイン
9. ベル・ボトム・ブルース
10. いとしのレイラ
11. レット・イット・グロウ
12. アイ・ショット・ザ・シェリフ
13. 天国への扉
14. ハロー・オールド・フレンド
15. コカイン
・・・
カスタマー平均評価:  3.5
エリック・クラプトンにブルースはひけない
日本人で勘違いしている人は多いが、エリッククラプトンはブルースマンではない。 彼はブルースはひけない。ブルージィなプレイをしているだけで、ブルースはひけない。 7thコードでひけばブルースだとういうわけではない。ペンタトニックでひけばブルース というものではない。 賢明な音楽ファンは早く気付いてほしい。
買いです・・・かな?
選曲と、二枚組なのがなにか釈然としません。悪いと言っているわけでは決してないのですが、レーベルを横断して「ライフタイム」が新機軸だ、と言われても、アルバムや様々なベストで既に散々聞き倒しているので、いまさら一枚にまとめているからといって、それで感慨が増すわけでもありません。かえって一枚にコンパクトにまとめたほうが、そこから漏れる曲が多少あってもすっきり聞けてよかったのではないでしょうか(いちげんの人にも)。それよりクラプトンは「461」以来すっかりご無沙汰になっているデラックス・エディションの作業を進めてもらいたいものです。
クラプトンの演奏・歌唱スタイルの変遷を楽しもう。
Hotel Californiaさんの意見に全面的に賛同します。私が若き日にコアなクラプトン・ファンだったのはデレク&ザ・ドミノスの時代までで、レイド・バックして音楽シーンに復帰して以降は気になる曲はあったものの、興味が他に移ったこともあって熱心なクラプトン・ファンではありませんでした。そういうクラプトンの長いキャリアの一部だけ詳しい人、あるいはこれからクラプトンの軌跡を辿っていこうという入門者にとって、本作のようなクラプトンの全キャリアを概観できるライフ・タイム・ベストは嬉しい贈り物ではないでしょうか。 本作は私にとって461オーシャン・ブールヴァード以降の好きな曲、なじみの曲を網羅してくれており、初めて耳にする曲も含めて満足できるものでした。クリームの時代から「ザ・ロード・トゥ・エスコンディード」の曲まで万遍なく選曲されており、クラプトンの演奏・歌唱スタイルの変遷を把握するのに非常に好都合な作品だと思います。私のような古い時代のクラプトン・ファンにとってはブラインド・フェイス時代の名曲「プレゼンス・オブ・ザ・ロード」およびデラニー&ボニーと組んだ「レット・イット・レイン」と数十年ぶりに再会でき、しかもこれまで知らなかったクラプトンの佳曲・名演とめぐりあえたたことは大きな喜びでした。
おもったこと
ファンが散々文句を言ってますが、ファンじゃなくて軽い気持ちで このCDを買った私から言わせてもらえば正直そんな細かく選曲を気にしなくても って思います。そのまえにコアなファンってベスト買う必要ないと思うんですけど 2枚組だし大まかに代表曲が入っているのが私的にベストアルバムの形だと思っています。 ファンのほとんどが満足いく洋楽アーティストのベストをみたことがない なにかしらいちゃもんつけて ファンは自分が作ったベストを聴いてればいいと思うし 日本盤に入っている2曲がまるでエリッククラプトンの曲じゃないかの言いようだし それに新しく若い人たちや聞いてみたいけどどれから聴くかと迷っている人に進める アルバムがベストのもう一つの形で、そんなミーハー?な私からすれば SMAPに提供されたセイ・ワット・ユー・ウィルが入っていることによってより 興味を持ちましたからね とりあえずこのベストは買ってよかったです!
洗い流された油絵のよう
古いクリームの音が、凄くよくなっているのにまずビックリ。プレイボタンを押した後、予想以上に音圧が高く、思わずヴォリュームを絞ってしまいました。オリジナル・アルバムに比べて音がデカイです。全体的な印象としては、鮮明で、クッキリとしていています。このアルバムは音がいいです。そしてうれしい事に、ポリグラム盤では対訳がついていなかった曲に、日本語訳が付いている事です。このアルバムは「買い!」です。

カラーブラインド(初回限定盤)

[ CD ]
カラーブラインド(初回限定盤)

・ロバート・ランドルフ・アンド・ザ・ファミリー・バンド ・ロバート・ランドルフ&ザ・ファミリー・バンド ・エリック・クラプトン ・リーラ・ジェイムス ・デイヴ・マシューズ
【ワーナーミュージック・ジャパン】
発売日: 2007-02-07
参考価格: 1,980 円(税込)
販売価格: 1,188 円(税込)
カラーブラインド(初回限定盤)
ロバート・ランドルフ・アンド・ザ・ファミリー・バンド
ロバート・ランドルフ&ザ・ファミリー・バンド
エリック・クラプトン
リーラ・ジェイムス
デイヴ・マシューズ
カスタマー平均評価:  5
一番キャッチー!
これほどまでにBlackMusicのかっこよさ、ブルージーさを こんなに楽しく聴けるアルバムはそうそう無い。 冒頭からゴキゲンになれる! 彼らの消化具合に少し妬けてしまうくらいです。
ブッ飛びました。
破壊的なスティールギターを炸裂させながら、ご機嫌なサウンドを繰り広げてくれるロバート・ランドルフ&ザ・ファミリーバンド。音楽のベースもブルース・R&B・ジャズ・ロックとジャンルを超えたファンビート・サウンドとも言える衝撃的音楽で、とにかくノリノリ。とは言え、音楽的な基本は教会でスティールギターを覚えたことからも、しっかりしたものを持っていると言える。とにかく、あまり難しいことは考えずに、是非、ランドルフルの音楽を楽しんで欲しい。
久々の本物
最近FMで流れていたのを聴き、速攻で購入しました。 音楽が好きな方には絶対おすすめです。 これが今年のマイベストになりそうです。 本物はやっぱりいいですな。何度聴いてもかっこいい。
カッコイイ!かなり将来性あるよ!
ロバート・ランドルフ、どこかで聞いた名前って考えていたら、エリック・クラプトンの 「クロスロードライブ」DVDに出演していました。ファッションはもろヒップホップ系の ニイちゃんでしたが、骨太のブルース、R&Bをなんと「スチール・ギター」で演奏してて 印象に残っていました。興味のある方は、このDVDも一度見てください。 「スチール・ギター」と言えば私のイメージでは、カントリーウエスタンやハワイアンみたいな イメージでしたが、このアルバムを聞くと完全にそんなイメージは覆されます! どんな楽器をどうのこうのなんて彼らの演奏の前ではどうでもイイ事。ブルース、ロック、R&Bなど いろんなジャンルの音楽を彼らなりに消化した、まさに今の「ブルース・ロック」だと思います。 「ブルース・ロック」と言えば暗いイメージがしますが、とんでもない。本当にその カッコ良さにぶっ飛びますよ!是非聴いてください。きっと体が自然にゆれています。 オールドロックファンにはうれしいドゥービーブラザースのカバーなんかも演奏しています。 余談ですが、関西の有名なFMステーションではヘビーローテションで一日何回も彼らの曲が かかります。 何かノリノリのカッコイイ音を探している方は必聴盤です。
ヤバイ!
このアルバムでロバートランドルフ?を知ったのですが本当にカッコイイ!この人達をカッコイイと言わないでどのバンドをカッコイイと言うのでしょう?スライとかジャミロ好きにはたまらないかと思います。とりあえず試聴です!ぶっ飛びます!

ライク・ア・ファイア

[ CD ]
ライク・ア・ファイア

・ソロモン・バーク
【Pヴァイン・レコード】
発売日: 2008-06-06
参考価格: 2,415 円(税込)
販売価格: 2,415 円(税込)
ライク・ア・ファイア
- 収録曲 -
1. Like A Fire
2. We Don't Need It
3. The Fall
4. A Minute To Rest...
5. Ain't That Some ...
6. What Makes Me Th...
7. Understanding
8. You And Me
9. Thank You
10. If I Give My Hea...
カスタマー平均評価:   0

Melodies-The Best of Ballads-

[ CD ]
Melodies-The Best of Ballads-

・オムニバス ・REOスピードワゴン ・エア・サプライ ・ビル・ラバウンティ ・TOTO ・スティーヴン・ビショップ ・スタンリー・クラーク&ジョージ・デューク ・セルジオ・メンデス ・エリック・カルメン ・ボズ・スキャッグス ・クリストファー・クロス
【ワーナーミュージック・ジャパン】
発売日: 2004-08-25
参考価格: 3,570 円(税込)
販売価格: 3,560 円(税込)
Melodies-The Best of Ballads-
- 収録曲 -
1. ニューヨーク・シティ・セレナーデ...
2. オープン・アームズ / ジャーニー
3. ケアレス・ウィスパー / ジョー...
4. STAY WITH ME / ピ...
5. パラダイス〜愛のテーマ / アン...
6. 見つめて欲しい / フィル・コリ...
7. トゥルー / スパンダー・バレエ
8. タイム・アフター・タイム / シ...
9. エヴリタイム・ユー・ゴー・アウェ...
10. 涙のフィーリング / REO ス...
11. さよならロンリー・ラヴ / エア...
12. 涙は今夜だけ / ビル・ラバウン...
13. 99 / TOTO
14. 君に想いを / スティーヴン・ビ...
15. スウィート・ベイビー / スタン...
・・・
カスタマー平均評価:  5
このバラードで
 私は今年厄年の42歳。妙に大学の頃が懐かしくなり、そのころ聴いていた洋楽を探しては聞いていた。そんなときこのCDに遭遇!  もう、感激の一言です。このCDを買った後に、クリストファークロスが聞きたくなって、ベストアルバムを買ってしまいました。  一曲、一曲が珠玉の名曲です。妻と二人で車に乗るときはいつもこれです。昔を思い出して、燃えてしまいます。
バラード好きににはたまらない1枚
なかなかつぼを押さえたアルバム。

40代以上の方には懐かしく、またアコースティクな味の残る時代のソフトロックを聞きたい若い方にはAORの集大成的なこのアルバムから聞き始められると良いかと思います。

それぞれの原版(レコード)も持っていましたが、CDでデジタルリマスター化されたものなどを再購入しています。ただ未発売の盤や、とりあえずこの1曲だけが欲しい。などコレクション再構築中の私には最適のアルバムでした。現在、海外の音楽マーケットではセグメント的にシニア層のマーケットが急速に膨らみ、購入金額で見れば近く首位に立つところまで来ているようです。その為か旧音源を再評価しコンピにまとめる事も日常化しているようです。

但し、粗製濫造の化(ケ)もあるので、試聴するなりレビューを良く検討するなりされる事をお勧めします。下手なコンピを買うより良く出来た映画のサントラ盤を購入するほうが選曲、構成が優れています。

この盤を気に入られた方は 「WOMAN‐The Best Jazz Vocals」と「MORE WOMAN‐The Best Jazz Vocals 」も一聴する事をお勧めします。
本当のベスト
1960年代に生まれ、80年代にディスコに通いつめた口の人ならば、
ニヤリとする曲の総集編。
当時オンナノコを口説く為に集めた曲の数々が蘇る。

今、取りあえずは安定した生活を築き、当時は高嶺の花だった
ステレオ機器でこのCDを聴くと、こんなにイイ曲だったのかと
再確認。

音質良いです。
傑作その2
一番コンピを作りにくいものは何か??
聞かれたら確実にバラードだ、売れ筋と言うものはあるが、
それだけでは多くのリスナーを満足させることはできない、
とにかくバラードの選曲は難しい、しかし、
前作もAORの魅力を存分に知れる作品であったので、
今作もコンピ作りの天才ワーナーはやってくれた。
さすがだ、STARSHIPからボビー・コールドウェルまで、

完璧にまとめ上げた、年代のラインなど無い、
ただバラードであるというだけでコレだけの統一感をうみ、
更にヒットも押さえているとあれば、言うことは無い。
シンセもハスキーボイスも一つに結ばれている。
コレは確実に愛聴盤だ。
Disc2はバーティ・ビギンズの渋い声から始まり、
After love has gone を思わせる、モーリスのシンプルバラードに、
シカゴの激甘バラード、レイ・パーカーの淡々とした珍しいバラードに、
クール・ザ・ギャングの傑作、サビのコーラスが印象的なバラードに、
渋くてたまらないスモーキーなアニタが続き、
それを少しづつ軽くしてチャカ、アトランティック・スター。
そしてスターシップで一つの山を迎える。ここが最高だ。

違うアーティストでここまで流れを良くできるものかと感心した。
そのあとはテクノを残しながらも渋くなり、カーズ、テクノが少し抜けて、
フォリナーの切ない裏声の傑作バラード、更に落ち着いて、パティ。
リズムが同じながら、少しアダルトな気分になりながら、
次にシャーリーンを持ってきているのがすごい、

流れがこの高音を引き立てていることにまた驚いた。
そのあと、また高さが徐々に引いていき、ジェッツ、キャリン、
ナタリーがスローに持っていったところで、
ボビーが〆る・・・完璧だ、聞き終わると心地よく眠るか、
吐息が漏れる・・・素晴らしいコンピを作ったものだ。
新鮮で (*ゝω・)b.:。:*イィ.:☆
AORは30〜40代の方に人気があるらしいのですが、私が聴いても ( *'ω`)('ω`*)ス・テ・キvv です。
どこかで耳にした名曲ばかりで、癒されます。
ニューヨーク・シティ・セレナーデ、STAY WITH ME、オール・バイ・マイセルフ、君こそすべて、愛はかげろうのように。。。この5曲は大のお気に入りになりました。
なんだか (T(T(T(T_T)T)T)T) うるうる になります。


ライディン・ウィズ・ザ・キング

[ CD ]
ライディン・ウィズ・ザ・キング

・B.B.キング&エリック・クラプトン
【ワーナーミュージック・ジャパン】
発売日: 2000-06-07
参考価格: 2,520 円(税込)
販売価格: 1,000 円(税込)
ライディン・ウィズ・ザ・キング
- 収録曲 -
1. ライディング・ウィズ・ザ・キング
2. テン・ロング・イヤーズ
3. キー・トゥ・ザ・ハイウェイ
4. マリー・ユー
5. スリー・オクロック・ブルース
6. ヘルプ・ザ・プアー
7. アイ・ウォナ・ビー
8. ウォリード・ライフ・ブルース
9. デイズ・オブ・オールド
10. ホウェン・マイ・ハート・ビーツ・...
11. ホールド・オン・アイム・カミング
12. カム・レイン・オア・カム・シャイン
カスタマー平均評価:  4.5
ベテランミュージシャンとして恥ずべき
勘違いしている人が多いがエリッククラプトンはブルージィなプレイをしている だけであって、ブルースはひけない。こういう作品を作って恥ずかしくないのか。 せめてライブに呼んでライブ版として出すとか。昔のフレディ・キングのアルバムに 参加しているが、下手なプレイでじゃまで仕方がない。 このような作品は、エリッククラプトンが神とかいって音楽を知らない勘違いしている 日本人向けに作られたのではないか。ベテランミュージシャンならやってはならない 恥ずかしいことだ。
なかなかのジョイント・アルバム
00年発表のB.B. KING とクラプトンの競演アルバム。クラプトンの趣味路線のアルバムと言えるが、内容は文句なし。笑顔で映った2人のジャケットだけでも素晴らしいが、タイトル曲がジョン・ハイアットの名曲で、ちょっとした捻りになっているのが微笑ましくもあり、嬉しくもあったり。はっきり言ってブルースそのもののアルバムで大半はB.B. KING の代表曲や古典曲などでまとめられおり、録音も演奏もよいのでブルースの入門用に最適。クラプトンを中心に聞いていると彼のヴォーカルはそれほど悪いと思わないが、御大のヴォーカルが入るとその差は歴然。やっぱり本物は凄いと再確認出来るはず。近年の甘過ぎるクラプトンにうんざりの人には特にお薦め。11.のギターの掛け合いはかなりいけます。
あこがれ
ジャケットから中身まで、ケチのつけようがない作品。 なんせB.B.KINGとERIC CLAPTONの共演している作品なのですから!! 「FROM THE CRADLE」がすべての素晴らしいBLUESに対するトリビュ?トならば、 この作品は前編B.B.KINGのトリビュ-ト盤です。 まあ、「クラプトン側」からの意見なんですけど。 雰囲気は限りなく一発録りに近い感じ(実際そうなのでしょう)。 クラプトンさえ若く聞こえてしまうB.B.KINGのヴォ-カルはさすが「モダン・ブル?スの帝王」 といったところでしょうか。 クラプトンのBEST盤しか、彼の音楽を聴いたことのないような人に ぜひこのアルバムを聴いて頂きたい。これが彼の本質ですから。 私は若輩者ですので、このアルバムの深さは聞き取れていないと思いますが、 一生モノのアルバムであることは間違いないので、これからじっくりと付き合っていきたいと思っています。 それにしてもジャケットのクラプトンの嬉しそうなこと!!
憧れのB. B. Kingとの共演はワクワクするような傑作です
Claptonが長年アイドルとしているB. B. Kingとの共演が実現、ブルース/R&Bのスタンダード曲を中心に構成された作品。2人ともに力みも手抜きもなく、リラックスした雰囲気の中で抜群のフィーリングのギターとヴォーカル(向かって右にBB、左にClapton)を存分に聴かせてくれますから、ブルースギター好きにはたまりません。

タメの効いたClapton独特のトーン、BBの切れ味鋭いブルースフィーリングたっぷりのリフを全ての曲で聴けますが、中でも生ギター2本でplayされる"Key to the highway"、"Hold on"でのcall and response、"Come rain or shine"でみせるギターのからみなどはワクワクしながら、このゴージャスな共演を聴く満足感に浸ることができます。ClaptonファンでもBBを聴いた事がないって方には是非一度お試し頂きたい作品です。
(余談)数年前、Washington D.C.で立ち寄ったCDショップで店内に流れていたのが発売間もない本作でした。店内ではリズムをとりながらCD選びする青年、目を閉じて首を揺らすおじさん、口パクするおじさんなど、いかにこの2人の音楽が愛されているかを肌で感じた次第です。もちろん本作はその時に購入しました。
ヘビーなブルース・サウンド!痺れるキングの競演!
これは凄い作品ですよ!
ギターの神様とブルースの王様がフルに競演したのですから。
エリック・クラプトンはBBキングのヘビーなヴォーカルに呼応するようにヘビーなブルース・ギターを刻んでいます。渋さと迫力が織り交ざったようなサウンドです。
じっくりと味わいアルバムです。BBキングの声は衰えないですね。

最近のアコースティック・サウンドでクラプトンのファンになった方には、是非聞いてもらいたいです。アコースティック・ギターのブルースも良いですが、ヘビーなブルースも又クラプトンの魅力だと思います。(アコースティック・ギターの曲もありますが)長年のファンの方には、期待通りの作品だと思います。


LOVERS~Ballad Hits&Sweet Melodies

[ CD ]
LOVERS~Ballad Hits&Sweet Melodies

・オムニバス ・スターシップ ・ダリル・ホール&ジョン・オーツ ・ビリー・オーシャン ・リック・アストリー ・ディオンヌ・ワーウィック ・エア・サプライ ・エリック・カルメン ・メリサ・マンチェスター ・スキーター・デイヴィス ・ホイットニー・ヒューストン
【BMG JAPAN】
発売日: 2004-02-25
参考価格: 2,548 円(税込)
販売価格: 1,859 円(税込)
LOVERS~Ballad Hits&Sweet Melodies
- 収録曲 -
1. すべてをあなたに / ホイットニ...
2. 愛はかげろうのように / シャー...
3. 涙色の微笑 / バリー・マニロウ
4. オールウェイズ / アトランティ...
5. ウィザウト・ユー / ニルソン
6. アイ・ウォント・イット・ザット・...
7. あなたにいてほしい / スウィン...
8. セイヴ・ザ・ベスト・フォー・ラス...
9. 熱い吐息 / トニ・ブラクストン
10. セーラ / スターシップ
11. ウェイト・フォー・ミー / ダリ...
12. サドンリー / ビリー・オーシャン
13. 僕の愛を止めないで / リック・...
14. 愛のハーモニー / ディオンヌ&...
15. 渚の誓い / エア・サプライ
・・・
カスタマー平均評価:  3.5
内容は良かったのに・・・
内容は良かったのにCDが割れていたので☆1つ。
親しみやすく飽きないこの1枚!
 洋楽には詳しくない私ですが、この手のオムニバス形式はとても好きだったので購入しました。題名と歌手名が分からなかっただけで、収録されている全18曲、聴いたことのある歌です。カラベリやポール・モーリアがアレンジして演奏していたものが多くあって、その「元歌」に出会えた喜びも味わうことができました。

 テーマがテーマだけに、似たような雰囲気・同じようなテンポの歌が集まっていることには賛否が分かれそうですが、これなら洋楽になじみのない人でも聴けばたちまち「お気に入りの1枚」となること請け合い!
海沿いをドライブしながら
大好きだったオールウェイズの曲が流れるTVCMを見て直ぐ購入しました。 聴き始めると好きだったけれどタイトルを知らなかったというような曲が次から次に流れてきて、期待以上に気に入ってしまいました。 Love Songsというとせつせつと情を歌いこんでいて、失恋して落ち込んでいる時に一人部屋で聴くのにぴったりのものが多くありますが、このアルバムはどちらかというと、歌詞の内容はともかくとしてサウンド自体は爽やかなタッチの選曲となっています。 四季を通じてよく晴れた日の午後に恋人と海沿いをドライブする時、おしゃべりせずに紺碧の海に目をやりながら、そんな時に聴きたい一枚です。


Hurricane

[ CD ]
Hurricane

・Eric Benet
【Wea Japan】
発売日: 2005-06-21
参考価格: 2,077 円(税込)
販売価格: 1,280 円(税込)
Hurricane
- 収録曲 -
1. Be Myself Again
2. Pretty Baby
3. Hurricane
4. Where Does the L...
5. My Prayer
6. Man Enough to Cry
7. I Know
8. India
9. The Last Time
10. In the End
11. Making Love
12. Cracks of my Bro...
13. I Wanna Be Loved
14. Still With You
カスタマー平均評価:  4
巷の評価はしりませんが
非常に聞きやすく、とにかく泣けます。全体を通してメロドラマみたいな展開の曲が多くはじめは俗っぽく聞こえるかもしれませんが、後半のスローな曲は何度聴いても泣かされてしまいます。今年もいろんな新譜をたくさん耳にしましたが、ジャンル問わず05年泣きメロ大賞候補です。目新しさは少なくても、べネイの歌の巧さは繰り返しの鑑賞に堪えうると思いますし、捨て曲なしの泣き泣きかつキャッチーさで、自分にとっては今年を代表する一枚になりました。
歌唱力
歌唱力がすんごいです!!聞いていて「あれ?」と思うことが全くありません!安心して聞いていられます^^
でも、(3)Hurricaneみたいに、聞き惚れてしまうような曲がもっと欲しいかったなぁと思います。
甘くソフトな歌声と質の高い曲の詰め合わせ
待ちわび過ぎたこの新作、まずバラードの多さが目立つ。
1.4.11のようなリズミカルで軽快なアコースティックギターの
ナンバーがもう少しあってもいいと思うし、ひねり過ぎな位の
曲づくりは壮大でドラマティックだがこちらもシンプルな仕上げ
の方が個人的には好みだったかも。
モチロン、アルバム全体に質が高く、彼の得意とするバラード
にはつい聴きほれてしまうので、”ぜひ買って”確認してみて下さい。
待ち焦がれました
やっとでたという感じです。日本での生ライブで歌の巧さは実証済みだったんですが、様々なプライヴェートでの出来事からもう駄目になってしまうのではと危惧していましたが、でました。ついに。歌唱力は全く衰えていない。この御方は本当に歌が巧い。しかも、相変わらずかっこいいなあ。。。でも、デヴィット・フォスターproduceとは。。。若干無難なところで手を打ってしまったなという感がなくもない。。。私としてはフィリー系の人々と仕事をして欲しかったのですが。でも、new classic soul好きの人は買いです。活動再会嬉しい限りです。
ジャンルを超えて
R&Bのジャンルの壁を越えてます。
デビット・フォスター プロデューサー(ポップス界の大御所)のもとで「最高だったのは、彼がすべてのディレクションを自分に任せてくれたこと」と本人が語るほどの自由な音楽性、想いがこめられている気がします。
ハリケーンはやっぱり最高。サビの前のワンクッションがたまらなくハイセンス、ハイクオリティ。

Riding with the King

[ CD ]
Riding with the King

・Eric Clapton & B.B. King
【WEA Japan】
発売日: 2000-06-09
参考価格: 2,077 円(税込)
販売価格: 1,337 円(税込)
Riding with the King
- 収録曲 -
1. Riding With the ...
2. Ten Long Years
3. Key to the Highw...
4. Marry You
5. Three O'Clock Bl...
6. Help the Poor
7. I Wanna Be
8. Worried Life Blu...
9. Days of Old
10. When My Heart Be...
11. Hold On! I'm Com...
12. Come Rain or Com...
カスタマー平均評価:  4
なかなかのジョイント・アルバム
00年発表のB.B. KING とクラプトンの競演アルバム。クラプトンの趣味路線のアルバムと言えるが、内容は文句なし。笑顔で映った2人のジャケットだけでも素晴らしいが、タイトル曲がジョン・ハイアットの名曲で、ちょっとした捻りになっているのが微笑ましくもあり、嬉しくもあったり。はっきり言ってブルースそのもののアルバムで大半はB.B. KING の代表曲や古典曲などでまとめられおり、録音も演奏もよいのでブルースの入門用に最適。クラプトンを中心に聞いていると彼のヴォーカルはそれほど悪いと思わないが、御大のヴォーカルが入るとその差は歴然。やっぱり本物は凄いと再確認出来るはず。近年の甘過ぎるクラプトンにうんざりの人には特にお薦め。11.のギターの掛け合いはかなりいけます。
個性の打ち消しあい
私には二人の個性が打ち消しあってしまって、演奏にも歌にもまとまりがなくなり、曲によっては元歌のよさまで阻害したように聴こえました。 特にWorriedLifeBluesにはブルースが感じられない・・・

ブルースファンのクラプトンとしては、BBとの競演はホントにうれしい限りでしょうが・・・
楽しそうな写真と真剣な本物の演奏
ブルースを白人が弾けるのか!
といわれ続けながらも、引き続け新たなジャンルを開拓してきたクラプトン
その演奏スタイルの基本がこのアルバムに集約されている。お互いの特徴あるギターの響きと音色が絶妙にからみあう演奏が次々と繰り広げられている。
耳を澄ますとお互いのアイコンタクトや笑顔までが目に浮かぶアルバムである。
初心者向けとはいえないが、一度は聞く価値のある貴重な録音である
神髄!
クラプトンは神様と言われる。
でも,神が王に負けている。
いい意味で負けている。そしてだからこそ圧巻だ。

このアルバムはジャケットも秀逸だし,ブックレットの裏表紙もサイコー!
クラプトンは運転手。
喜んで運転手になってる。

このアルバムに,ブルースの神髄があるのではないだろうか?


ジャミン・ウィズ・ジミ

[ CD ]
ジャミン・ウィズ・ジミ

・ジミ・ヘンドリックス
【ミュージック・シーン】
発売日: 2008-02-25
参考価格: 12,600 円(税込)
販売価格: 11,970 円(税込)
ジャミン・ウィズ・ジミ
- 収録曲 -
1. ライク・ア・ローリング・ストーン
2. ジャム・サン・ホ・ザイ
3. イントロ・ジャム・バイ BBキング
4. スロー・ブルース
5. ファスト・ブルース
6. イッツ・マイ・オウン・フォルト
7. イントロ・バイ BBキング
カスタマー平均評価:   0

70 Minutes Of Funk Mixed by Muro ― J-WAVE 81.3FM COORS HIP HOP 〜DA CYPHER〜

[ CD ]
70 Minutes Of Funk Mixed by Muro ― J-WAVE 81.3FM COORS HIP HOP 〜DA CYPHER〜

・オムニバス ・ロスト・ボーイズ ・C+Cミュージック・ファクトリー ・レッドマン ・バネッサ・ウィリアムス ・ブラック・シープ ・スリック・リック ・ジャネイ ・ブライアン・マックナイト
【マーキュリー・ミュージックエンタテインメント】
発売日: 1998-11-18
参考価格: 2,548 円(税込)
販売価格: 2,420 円(税込)
70 Minutes Of Funk Mixed by Muro ― J-WAVE 81.3FM COORS HIP HOP 〜DA CYPHER〜
- 収録曲 -
1. アイル・オールウェイズ・ビー・ア...
2. トゥナイツ・ダ・ナイト(Remi...
3. ワーク・トゥ・ドゥ(Super ...
4. リック・ザ・ボールズ(スリック・...
5. ヘイ・ミスターD.J.(Remi...
6. ホールド・ミー(ブライアン・マッ...
7. アラウンド・ザ・ウェイ・ガール(...
8. ザ・チョイス・イズ・ユアーズ(エ...
9. アイ・ウィッシュ(Club Mi...
10. ワールド・フェイマス(マルコム・...
11. バッファロー・ラヴ(マルコム・マ...
12. ザ・ペイバック・ミックス(Kee...
13. アイ・ノウ・ユウ・ガッタ・ソウル...
14. 帰って欲しいの(12inch R...
15. ザ・ブレイクス(カーティス・ブロ...
・・・
カスタマー平均評価:  5
DJの真髄
最近は日本のラジオも随分と変わってきているようだ。クラブシーンに通じた音楽番組も増え、Inter FM(76.1MHz)では19時のゴールデン・タイムにHip-Hop番組を放送している。

そんな現在の土壌の中で忘れてはならないのが、今はなき伝説のHip-Hop番組J-WAVE(81.3MHz)「Da Cypher」(ダ・サイファー)だ。1997年から毎週土曜日深夜3:00〜、1時間半の枠で放送しており、この手の番組ではまさにパイオニアといった存在。毎回、国内外を問わず幅広いジャンルからのゲスト、新譜紹介、そしてMUROによるミックスとヘッズ達の心を鷲掴みしていた。

本作はその「Da Cypher」から、ポリグラム系の音源を使い文字通りの多彩なミックスを聴かせてくれる。新旧問わない選曲で、MUROの確実な知識と膨大なライブラリーから生まれる選曲は“必然の奇跡”と呼べるだろう。

特に個人的には、『The Payback Mix』James Brownから『I Know You Got Soul』Eric B. & Rakim 、そして『I Want You Back 88’ Mix』Jackson 5への流れが最高に気に入っている。珠玉の名曲群もさることながら、やはり聞くたびにそれを扱うMUROのミックスに心躍らされてしまうのだ。

DJの真髄ここにあり――。
DJ MURO
伝説的なヒップホップ番組、サイファーの企画でリリースされたもの。
DJはミックステープの評判が高いMURO。選曲はあまりヒップホップに偏りすぎていないので、誰が聴いてもいい感じに聴ける筈。フリーソウルのシリーズなんかが好きな人には特にお奨め。
MCとしての彼の功績は、日本語ラップ史に残るものだけど、やはりDJは職人技だ。




Copyright © 2008 洋楽アーティストデータベース. All rights reserved.    Program by くりぼっくりTOOLS

 更新日 2008年6月22日   ※ 表示価格は更新時のものです!      メール      相互リンク