洋楽アーティスト1000人のデータベース。公式サイト・ファンサイト・ブログ・掲示板・リンク集。

洋楽アーティストデータベース

1,500円以上で送料無料!
※一部大型商品を除く
カートを見る ヘルプ
チャカ・カーン クラレンス・ゲイトマウス・ブラウン クリフトン・シェニエ カーティス・メイフィールド デスティニーズ・チャイルド ディオンヌ・ワーウィック  
  ドナ・サマー アース・ウィンド&ファイアー エディ・フロイド ブラザーズ・ジョンソン コモドアーズ ジョージ・クリントン

洋楽データベース
無料着うたダウンロード
OnGen音楽配信
洋楽楽譜
洋楽名曲
洋楽ランキング
洋楽歌詞和訳・翻訳
特集
 アイザック・ヘイズ
 オーティス・レディング
 クール&ザ・ギャング
 ジェームス・ブラウン
 ジェニファー・ロペス
 ジャクソン5
 ジャッキー・ウィルソン
 ジャミロクワイ
 パーシー・スレッジ
 フィリップ・ベイリー
 プリンス
 プロフェッサー・ロングヘア
 マーヴィン・ゲイ
 マイケル・ジャクソン
 マライア・キャリー
 メイシオ・パーカー
 ラリー・グラハム
 リトル・リチャード
 ルーサー・ヴァンドロス
 ローリン・ヒル

 

ジェニファー・ロペス


ザ・リール・ミー

[ CD ]
ザ・リール・ミー

・ジェニファー・ロペス ・LLクールJ
【ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル】
発売日: 2004-02-04
参考価格: 2,940 円(税込)
販売価格: 1,399 円(税込)
ザ・リール・ミー
- 収録曲 -
1. ベイビー・アイ・ラヴ・U!
2. ジェニー・フロム・ザ・ブロック(...
3. オール・アイ・ハヴ(フィーチャリ...
4. アイム・グラッド(Paul Oa...
5. ザ・ワン(Bastone & B...
6. ベイビー・アイ・ラヴ・U!(R....
7. アイム・グラッド(Big Bro...
カスタマー平均評価:  5
とっても最高です!!
久しぶりにJ-LOが聞きたくなってアルバムを購入しました。 がっ。。。内容がすごく豪華でビックリしました! DVDの収録内容がものすごく豪華でCDがプラスされてるんじゃないの? と思ってしまうくらいです。 しかも1曲ずつちゃんとインタビューがついていて、どんなコンセプトで作られたビデオなのかもわかって等身大のJ=LOになおも共感できる部分も多いと思います。 最近売上げが低迷している彼女ですが、今後も変わらずに頑張って欲しいと思います!
JLO 初期のPV16作品 傑作で圧倒
 本作品は、それぞれのインタビュー付の付いたPV集16作品である。 ハリウッド出身のJLOのことだから、最初のビデオ「イフ・ユー・ハド・マイ・ラブ」以来現在まで、映像には懲りに凝っているところだが、ミュージックビデオと映画の違いについて「ミュージックビデオは人の考えないアイデアが勝負」といっている。  トリックでもこけおどしでもなく、ひとつのひらめきで作品を貫く。ダンス物のビデオの場合、振り付け、練習などで平均撮影期間は2週間だそうだ。  彼女のPVは一流の切れを見せるダンス物が多いが、1998年の作品でもヒップポップ&ラップで現在の主流であるところが凄い。ハリウッド系の映像アーチストが束になって作った名作だと思う。
まさにベストビデオ。
CD+DVD仕様なのに、これじゃあDVDがメインですよ(笑)しかしリミックスCDも《Baby I Love U! R. Kelly Remix》だけでも十分に聞く価値あり◎全曲ビデオのクオリティも高く、さすがっっ!!って感じです。数曲、ビデオのダンスシーン用にオリジナルの楽曲とは違うアレンジを施されてる←しかもそのダンスがまた良い!がお得感増幅。ファッションやメイク、ダンスパフォーマンス、曲間のインタビューコメント等、唄う彼女、踊る彼女、演じる彼女、素の彼女を堪能できます。
最高でお得!
こんなにPVが入ってこの価格は安い!
そしてジェニファーロペスがとってもキュート!
昔の彼との事も隠す事なく話しているのも好感もてます。
ダンスも曲も演技もすべて◎
本当に購入してよかったと思います。
プレゼントの箱のような面白さ満載
サードアルバムのTHIS IS ME THEN...はレトロなソウル思考で作られ、傑作との評判も高く、今までPOPSコーナー置かれていたJ-LOの作品はR&Bのコーナーに移設されるCDショップまであるくらいだ。
アルバムは長期に渡ってベスト10に入り、最高位2位のものの200万枚を超える大ヒットロングセラーに。シングルも先行シングルは10週近く3位に付き、エミネムやミッシー・エリオットと競い、セカンドシングルのALL I HAVEはとうとう数週間に渡って全米1位に居座ることに。
その後はサードシングルでは映画フラッシュダンスをオマージュにしたPVが話題になり、上位にランクイン。

今回はそのTHIS IS ME THENからのPVを中心に過去のヒット曲のPVを網羅、DVDが中心となる映像作品である。夫のマーク・アンソニー(当時は未婚)とのデュエットのPVも感動的で、その他にもダンスパフォーマンスが満載。
ボーナスCDはリミックスがメインの内容で、最新シングル(このアルバムからの)BABY I KOVE YOUはRケリーがリミックス。セクシーなサウンドではなく、ここ最近Rケリーサウンドになっており、コーラスも早口。歌を入れなおしているので、ファンは必聴でしょう。


リバース

[ CD ]
リバース

・ジェニファー・ロペス ・ファボラス ・ファット・ジョー
【ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル】
発売日: 2005-02-23
参考価格: 2,520 円(税込)
販売価格: 568 円(税込)
リバース
- 収録曲 -
1. ゲット・ライト
2. ステップ・イントゥ・マイ・ワールド
3. ホールド・ユー・ダウン
4. ワットエヴァー・ユー・ワナ・ドゥ
5. チェリー・パイ
6. アイ・ガット・ユー
7. スティル・アラウンド
8. ライド・オア・ダイ
9. アイ、ラヴ
10. ヒール・ビー・バック
11. (キャント・ビリーヴ) ディス・...
12. ゲット・ライト (フィーチャリン...
13. ゲット・ライト (インストゥルメ...
カスタマー平均評価:  4
get light のためだけに買いました。
get light は凄くかっこいい曲です。何度も繰り返して聴いてます。しかしそれ以外の曲は別にこの人のこのアルバムでしか聞けないといった曲は、自分的にはありませんでした。
まぁ。。。
癖のある声、鼻につく声だとは思いますが僕はそこまで気にならないし なんか無理やり今風な歌も歌ってるような<前作からきゅうにHIP-HOP路線が強まりましたし>気もしますがそこも大して気にならないかな、マニアックな部分とPOPSの うまく中間をとれてるような気がします☆
やっぱり 世界のミューズです!!
このCDを買ったのは、リリースされて少し経ってからなんです。
その理由が、PVを見てからにしようと思ったからです。
ゲットライトはもちろん。
ホールドユーダウンを見て即買いしてしまいました…。
すべてのPVが見たい!! リールミーのようのDVDが出たら
即買いしたい!!と思ってしまう曲ばかりです。
私たちジェニファーロペスファンの
期待にこたえてくれるCDだと思いました。
大人のファンク全開の4th
ハリウッド界のセレブ、J-Loが満を持して発表したオリジナル4thアルバム。James Brownのホーンを全体にサンプリングした超Coolな先行シングル(1)がアルバムに先駆けてお目見えしていただけに、その期待も半端なく大きかったのも確か。そのアルバムは全英No.1にも輝いた(1)で幕を開ける。それにしてもこのかっちょよさは鳥肌もの。手掛けるはRich Harrison。21世紀型ファンクとでもいったらいいか、この腰にくる重量感は半端ない。続くRodney Jerkinsによる(2)では、エキゾチックな雰囲気が漂うメロディアスミッドを披露。聞けば聞くほど味が出る佳曲。Fat Joeともはやデュエットしているといった趣の(3)では、キュートな歌声を披露。単純にいい曲。そしてリードシングルと肩を並べるボム、(4)。これまた手掛けるはRich Harrison。今作では彼はファンク担当といった活躍をしているが、これもまた然り。(1)と並んで強烈なインパクトをこのアルバムに与えることに成功している。クラブクラシックとなることがもう保証されているような楽曲。かっちょよすぎて鼻水出ます。ポップな(5)を挟んで、メロディアスでビートの効いたミッド(6)、OutkastのBig Boiを制作陣に招いた昼下がりに聞きたくなるようなハッピーソング(7)、ビートの跳ね具合と落ち着いた雰囲気の曲展開とが絶妙なバランスを保っている(9)、Timbalandらしいキモビートが炸裂のミッド(10)、そしてFabolousをフューチャリングに招いた更にフロア仕様になった(1)のリミックス(11)など、もう特筆すべき曲ばかりでこの密度の高さったらない。これまでのアルバムの中でも内容の充実度はピカイチ。ここに金字塔がまた一つ。
期待の4枚目
ボイストレーニングやダンスの訓練を積み重ねてきたJ-LOことジェニファー・ロペスは初めから歌手ではなかった。93年のジャネット・ジャクソンのPVとツアーにおいてバックダンサーを務めたのが、世の中に見せた最初の姿ではないだろうか。以降はバックダンサーのメンバーを脱退し、女優業に専念。女優としての知名度はみるみる上昇して沢山の大ヒット映画を作り出している。
そんな中、1999年にとうとうCDデビューを飾り、ロドニー・ジャーキンスの手がけたマイ・ラブがいきなりの全米1位のヒットに。P.DIDDY率いるBAD BOYがメインとなった1stアルバムも当然世界中で大ヒットし、600万枚も売り上げた。セカンドも引き続きBAD BOYメインの製作で同じくらいのヒットを飛ばした。アルバムの中の一部には、彼女のルーツとなるラテン音楽散りばめられており、デビューアルバムでは現在の旦那のマーク・アンソニーとデュエットしている名曲が収録されている。彼女の立ち位置としてはラテンとR&Bを織り交ぜたポップシンガーだったが、3枚目からは一変する。

2002年発売の3枚目のTHIS IS ME THEN...ではデビューアルバム以来の音楽パートナーであるコーリー・ルーニーとほぼ全曲を手がけ、内容も70年代ソウルを慎重になぞるような一級品のR&Bアルバムを作り上げた。YOU ARE EVERYTHINGなどのカバーや、巧みなサンプリングなど、全体の雰囲気もレトロなムードが漂っている。今まではPOPSのコーナーにしか置かれていなかった彼女の作品は、内容を認められていくつかのレコード店でR&B,HIP HOPのコーナーに移転される程の評価を得ている。

そしてとうとう2005年に届けられる。先行シングルはリッチ・ハリスンが手がけ、その他の作家陣としてはロドニー・ジャーキンス、OUTKASTのBIG BOIに、勿論コーリー・ルーニーも参加。ロドニー・ジャーキンス曰く、ボーカルの技量が非常にレベルアップしているとのことなので、ボーカリストとしてのJ-LOを期待して良いだろう。

ブレイヴ

[ CD ]
ブレイヴ

・ジェニファー・ロペス ・リュダクリス
【ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル】
発売日: 2007-10-10
参考価格: 2,520 円(税込)
販売価格: 1,470 円(税込)
ブレイヴ
ジェニファー・ロペス
リュダクリス
カスタマー平均評価:  3.5
強く進化したジェニファーロペス・・・?
ノリのいい、ディスコ・レトロフューチャーサウンドといった感じ。 PVも観ましたが、クラブでJloが暴れまくっていて、アルバムに相応しい力強さ。 1?4曲目が好きです。 パーティ仕様でグルーヴィ、キャッチーなサウンドで、大音量で聴くといいですね。 しかし、それ以外は正直印象が薄いかな。 アルバムの前半にアップチューンを持ってくるなど力を入れていますが、後半は地味な感じ。 バラードも中途半端に感じました。 思うに、この人の声質は高めで割と可愛らしくクリアなのに、ドスの効いた楽曲を持ってくるから、何となくミスマッチ感が。 本人のイメージも逞しい感じですから、余計声との違和感を感じるんでしょうね。 でも、ややハードな1?4曲目もそこまで違和感もなく、ちゃんと歌いこなしています。 バラードは少し表現力が足りない気がするから、アップテンポの軽やかなポップスが一番しっくり来そうですけどね。 セリーヌディオンと迷ったんですが、あちらに軍配が。 1?4は何度も聴くと飽きるし、それ以降は、聴き込むとまた違うかもしれませんが、とりあえず興味が湧かないし。 あと、楽曲が輸入版と全く変わらない(日本版ボーナスがない)のもマイナスポイント。 解説・対訳がいらない方は、輸入版の方がお得ですよ。 ちなみに、輸入版でDVD付きは既に販売されています。
んんんんん?
大好きなjloだけど曲のパターンがつまらなくて全体的にぼんやりな感じです。 アメリカでもあんまり売れてなくてヤバいらしいですが もうかつての勢いを求めるのは無理なんでしょうか? 一時期露出しすぎの頃とかヤバいなーと思っていたのですが 本人も今の音楽界での立ち位置がハッキリしない状態なのでは? スターはスターですけど^^
正直、期待はずれ!!
JLo本人のインタビュー見るとかなり練り上げたようなことだったが、 練り上げた分だけ「小ぶり」になってしまったような?? 小さくまとまったHIP=HOPアルバム! バラッドも「No Me Ames」のようなラテンのドラマチックな感じもなく… アルバム「J・Lo」のようなラテン・ソウル色もなくて スペイン語アルバム「愛の11ヵ条」で、パッションが低かったので パッション炸裂…ハジケまくり…かと思いきや…??? 聴く側の消化不良を感じてしまう! ザンネンです!一ファンとして! どんどんと小粒になっていっているような気がして… きっと、これはこれでアルバムとしての出来はいいんだと思いますが・・・
それでも、日本では売れる
ビルボードアルバムトップ圏外、2週めは30位圏外。それでも、日本ではトップ10入り? J.Lo 2nd アルバムの頃は、最高に好きでした。あのJa Rule 全盛の頃。ちょこちょこレビューを最近書いてますけれど、世界にはいろいろないい曲ありますよ。多分、辛口だけど、 このアルバムより「聞いてよかったなあ」ってアルバムの多くは、日本では知られてなかったり売れてない現実はちょっと寂しい。また、勢いのある彼女に戻ってきて欲しい。
ダマされないぞ
どうせ、また後でDVD付きの完全版が出るに決まってる。 今回は買わずに待ちます。

J.LO

[ CD ]
J.LO

・ジェニファー・ロペス ・シャヤン
【ソニーレコード】
発売日: 2001-01-24
参考価格: 2,520 円(税込)
販売価格: 569 円(税込)
J.LO
- 収録曲 -
1. Love Don’t Cost ...
2. I’m Real
3. Play
4. Walking On Sunsh...
5. Ain’t It Funny
6. Carin[~]o
7. Come Over
8. We Gotta Talk
9. That’s Not Me
10. Dance With Me
11. Secretly
12. I’m Gonna Be Alr...
13. That’s The Way
14. Dame(Touch Me)
15. Si Ya Se Acabo[']
・・・
カスタマー平均評価:  4.5
強くてゴージャス&SEXY
私も他の方達と同じで#5のCMでジェニファーのFANになり、この作品以降アルバムは欠かさず購入しています。 当時の恋人P.ディディ(現在ディディ。ちなみにこの作品の楽曲クレジットではショーンコムズ。どうしてこう何度も名前を変えるんでしょうね・・)の派手好みもあってか?ゴールドアクセサリーじゃらじゃら&ど迫力な毛皮姿(現在でも欧米では動物愛護団体の抗議がすごいみたいですね)似合っていてお金がかかりそうな女ってカンジです。 #3は個人的にジェニファーの曲の中で1番好きで、米でよくあるCLUBで一晩中踊りましょう的な曲でドラムマシーンがかなり強めでテクノとR&Bの中間のようですがスウェーデンのプロデューサーだけあって?爽快で口ずさみやすいメロディとCOOLなサウンドになっていてクリスティーナ・ミリアンもコーラス共に参加しています。#4はディディと美メロ男性アーティストのマリオワイナンズ等が参加で発売当時は苦手でしたがCLUB MUSIC好きになった今は特にサビ部分の心地よいHOUSEとHAPPYな歌詞がたまりません。 #5 #6 #10 #14 #15は情熱的な歌詞・フラメンコ調なギター&ホーン・セクションで正統派ラテンMUSICでこれまたラテン好きにはたまりません。 #7(ディディ&マリオ)#11はまったりスロウ&メロウで歌詞も歌声も官能的でいかにも恋人との夜向きってカンジの楽曲です。 ジャケ以外の写真はMAXのLINAと似てると思うのは気のせいかしら・・
ゴージャスゴールド
CDカバーのジェイローが素敵すぎ!! ジェイローを知ったのはスバル・レガシィのCMソングだった時に 初めて存在を知り、初ジェイローに触れたのがこのCDです! 特に5番が一番好き♪ 彼女の歌自体はそんなにイイ!!って思わないんだけど、ジェイロー 大好きなのでいいのだ★
ダンサー仕様になっているのが嬉しい。
 暗くていまいち弾けなくて鬱々とした気分になったり、バラード中心のイージーリスニング専用になっているR&B・ヒップホップが多い中、「ダンスミュージック」という文字通り「踊る音楽」になっているのが良い。ダンサー仕様になっているのが嬉しい。
 黒人音楽を追究しないで明快なセクシーさを全面に出している所と、白人であるジェニファー・ロペス自身の生理から湧き上がってくる音楽を創り上げている所に好感が持てる。R&B・ラテン・ポップス・トランス・ヒップホップ・ハウスと、多様な曲を歌いこなしている。しかも歌が巧い!
 ブラックミュージックに特に興味が無いので、芸能的な華とキャッチャーな曲のダンスミュージックになっている『J.LO』は、私にとって高得点。アルバムを最初から最後まで聴けない(好みの曲が有ったら、そればかりリピートしている)私には、全曲通しで聴けた『J.LO』はとても素晴らしい。
 捨て曲無し!全曲がレベルが高いので、ダンスミュージックの初心者にお薦めしたい。
リズムがいい!
ジェニファー・ロペスの曲を知ったのは、昔、車のCMを見てからでした。
それで気になってこのアルバムを購入してみたら、なかなかノリがよかったです。
曲のリズムがいいし、声もわりと好きです。

私はテンポが遅めの曲よりは、速めのほうが好きなので、
車のCMで使われてた5曲目と、スペイン語で歌われている15曲目が好きです。

ラテンな感じもあるので、夏に聞いてもいいな〜と思いました。
素晴らしい音楽観
女優としての美しさではなく、このアルバムを聴いていると何か特別な女性の美しさを感じます。実際にジェニファー・ロペスの声や音楽観には不思議な魅力があります。ファーストアルバム「on tht 6」も素晴らしいアルバムですが、この「J.Lo」もそれに負けず劣らず素晴らしい出来栄えです。

1曲目から数曲はポップなダンスチューン、5曲目は自動車のテレビCMで流れていたスパニッシュなナンバー、6曲目はこれまたお得意のキューバ風。R&B系のバラードを交えながら14曲目・15曲目は英語ではなくスペイン語でのラテンのオンパレード。普通のアーティストがこのような構成でアルバムを作るとまとまりなくしまらないものになりそうなものですが、そこは流石、超一流プロデューサー陣がそうはさせていません。もちろんジェニファー・ロペスも超一流です。(素敵!)


ディス・イズ・ミー・・・ゼン

[ CD ]
ディス・イズ・ミー・・・ゼン

・ジェニファー・ロペス ・NAS ・LLクールJ
【ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル】
発売日: 2002-11-27
参考価格: 2,520 円(税込)
販売価格: 965 円(税込)
ディス・イズ・ミー・・・ゼン
- 収録曲 -
1. Still
2. Loving You
3. I'm Glad
4. The One
5. Dear Ben
6. All I Have (feat...
7. Jenny From The B...
8. Again
9. You Belong To Me
10. I've Been Thinki...
11. Baby I Love U!
12. The One (Version)
13. I'm Gonna Be Alr...
カスタマー平均評価:  4
くつろぎ用に一枚
他に書かれてる方もいますが、だんだん聴き続けていくうちに良いと思えるスルメの様なアルバムだと思います。始めは確かに「…」と思ってましたが、何年か振りに久々に聴いてみて「良い」と感じ最近ではヘビロテしてます。アガりたい時に聴くよりゆっくりとくつろぎたい時や、恋人と一緒にいる時にBGMとしてかけると最高でしょう。
いい感じですl^^^
この作品きいてからR&B聞くようになりました?えーっとその中でもALL I HAVEが最高です。
retro girl sings
傑作。2002年に発表された、通算3枚目のオリジナル・スタジオ・アルバム。 新しいのに懐かしい、独特の世界観を提供した作品で、彼女の現在までのキャリアの中では最高傑作と評するに相応しい。リードオフ・シングルとなった「Jenny From The Block」ではジェイダキッスをフィーチャリングしながらも、楽曲全体を完全に彼女自身の個性に染め上げている。自分自身のルーツを決して忘れない、と高らかに宣言する彼女は、どこか女王の風格すら感じさせる。また、「All I Have」も柔らかな曲調に彼女の声質がうまく融け合い、聴く者に新鮮な印象を与えることに成功した。LLクールJを起用した本曲は、全米首位の大ヒットを記録。 ジェニファーはその歌唱力について批判を浴びることが多いが、本作品は全体をレトロなサウンドで統一することにより、彼女の個性を上手な形で引き出している。アルバムの冒頭曲「Still」や「Loving You」はジェニファーならではのフェミニニティを感じさせる好楽曲。こういった楽曲群を歌いこなせるアーティストは思いのほか少ないであろう。 最初に聴いた際の印象はどちらかというと地味かもしれないが、聴き込むうちに独特の味わいを醸し出す優雅なアルバムである。彼女のファンでなくとも所持することを薦める。
後々分かるアルバムの良さ
1stカット曲Jenny〜に惹かれて購入したものの
最初聴いた時はなんだコリャー状態で金返せ!!と思ったものの
その後、他の曲もPVで見たりして
久々にアルバム聴いてみたらあーら不思議かなり良いじゃーん
なアルバムです。前2作のようなポップさは無いものの
ゆったり、まったりなJLO姐さんにノックオウト状態!!
成長してます、彼女は。
ジェニファーはJ.Loから聞いています。今回のアルバムはかなりクールです。大人のサウンドって感じです、もちろん新たに開拓しているヒップホップなサウンドもあります。この成長にはフィアンセのベンの存在っていうのは外せないでしょう。愛いするが故にストレート過ぎるメッセージ、公私共にイチャついているので、もしかしたら不快に感じるかもかも知れません。ですがサウンドとしては綺麗で新しいのでぜひ聞いてみてください。歌唱力は抜群、という訳では無いのですが、個人的に声は魅力的だと思います。最後まで聞かせるチカラは微妙ですが、私は彼女のストレートなメッセージに共感が持てるんでこの作品を推します。

ジェニファーの愛の11ヵ条~コモ・アーマ・ウナ・ムヘール

[ CD ]
ジェニファーの愛の11ヵ条~コモ・アーマ・ウナ・ムヘール

・ジェニファー・ロペス
【ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル】
発売日: 2007-03-28
参考価格: 2,520 円(税込)
販売価格: 2,047 円(税込)
ジェニファーの愛の11ヵ条~コモ・アーマ・ウナ・ムヘール
- 収録曲 -
1. 明日に向かって~ケ・イシステ
2. 本当の愛/メ・アセス・ファルタ
3. 愛のかたち/コモ・アーマ・ウナ・...
4. 愛の確信/テ・ボイ・ア・ケレール
5. 去っていくあなた/ポル・ケ・テ・...
6. 愛の絆/ポル・アリエスガルノス
7. あなた/トゥ
8. 愛がすべて/アマルテ・エス・トド
9. 急いでちょうだい/アプレスラテ
10. ひとりぼっち/ソラ
11. さようなら/アディオス
カスタマー平均評価:  5
こんなアルバムを待っていた!
セレナ亡き後、多くのラテン系アメリカ人の希望として歌や映画に大活躍のジェニファーですが、実際のところ、ファン離れが進んでいるのも事実です。 初アルバムの“オン・ザ・6”は良かったのですが、その後スペイン語曲を減らし、英語曲を増やすことによって、英語圏のファンを増やすことには成功した。しかし、彼女のファンの根源は中南米諸国を中心としたラテン系です。今回のアルバムを聴いて、やっと原点に返って来たということでとても嬉しい。これからも、英語とスペイン語の曲をバランスよくアルバムにしてほしいものです。 トラック#1“ケ・イシステ”はラテンクラブで流行りそうなジェニファーならではのビートで、もうすでにヒスパニック・チャンネル等でガンガン流しているし、その他は全体にバラードでじっくりと聴くという感じのアルバムに仕上がっている。 愛がテーマのアルバムですが、やはりラテンの人たちは愛を語り合うのは大好きですからね。皆さんもジェニファーの愛情一杯のこのアルバムを楽しんでください。
JLO、歌手としての実力も十二分
 変わらずセレブのトップを行くJLOの5枚目のアルバムは、ラテン社会に回帰したスペイン語のシックな作品だった。過去4作ともミリオンセラーを決めているJLOだが、一部では歌手としての評価が低いとか。  本作品は夫・マーク・アンソニーが曲を手掛け、大勢の音楽ファンを満足させられる内容に仕上がっていると思う。歌唱表現の幅が広がり、すっかり大人のムード。ダンスやアクション映画で体を鍛え抜き、ボイストレーニングも忘れない、努力の結晶とも言える作品だ。  JLOは1970年、プエルトリコ人の両親との間にニューヨークで生まれた。幼いころからダンス、スポーツに打ち込み芸能界入りするが、若いころはジャネット・ジャクソンのバックダンサーなど余りパッとしなかった。1995年にアクション女優として映画デビューし、その後、メキシコ人歌手・セレナのトリビュート作品がヒット。あとの活躍は衆知の通りだ。  これまでの作品では個人的に、コンサートDVD「レッツ・ゲット・ラウド」(2003年)が一番だと思う。JLOは歌手としてセリナを目標にしてきたと思うが、このコンサート時点でセリナを超えている。続いて4枚目のアルバム「リバース」てヒップポップ歌手の奥深いところを見せ、ついに自分のルーツへと到ったというわけだ。  女優・ダンサー・歌手のJLOの未来がどうなるか。意外と歌手にシフトしていくような気がして、本作品を推薦してみた。

On The 6

[ CD ]
On The 6

・ジェニファー・ロペス ・マーク・アンソニー
【ソニーレコード】
発売日: 1999-08-21
参考価格: 2,520 円(税込)
販売価格: 1,968 円(税込)
On The 6
- 収録曲 -
1. if you had my lo...
2. should’ve never
3. too late
4. feelin’ so good
5. let’s get loud
6. could this be lo...
7. no me ames(tropi...
8. waiting for toni...
9. open off my love
10. promise me you’l...
11. it’s not that se...
12. talk about us
13. no me ames(バラード・...
14. una nocha mas
15. theme from mahog...
カスタマー平均評価:  4.5
完成度が高いデビューアルバム。
 完成度が高いデビューアルバム。ポップス/バラード/R&B/ヒップホップ/ラテン/ハウス...と、多様な曲を見事に歌いこなしています。アップテンポなダンスポップスが得意な様ですが、バラードを歌うだけの表現力と歌唱力が有るのでバラードを歌わせても巧いです。ラテン調の曲でもライトな曲が多いので、ラテンが苦手な人でも楽しめる様になっています。しかし、逆にコアなラテンミュージックが聴きたい人にはお薦め出来ません。
ラテンとR&Bの両刀
ジェニファー・ロペスは立ち位置の微妙な特殊な歌手である。元々ダンスやボイストレーニング、演技の稽古を幼い頃より積んできたので、万能気質に育ってきたのは事実だが、そのキャリアはノーマルではない。一番最初にキャリアをスタートさせたのは意外にもダンサー。93年にジャネット・ジャクソンのTHAT'S THE WAY LOVE GOES(8週全米一位)のPVに出演したことで姿を見せ、本来ならばその曲の収録されたアルバム「janet.」を引っさげてのいツアーにバックダンサーとして同行するはずだった。しかしツアーの前にダンサーチームを脱退。次は歌手ではなく女優業をスタートさせる。アナコンダやセルなど様々なタイプの演技をこなしていくことで女優としての地位をまず不動のものにする。元々誰かのダンサーであったかなど忘れてしまうくらいイメージが付いていた。しかし、1999年にはまた一転。SONYからCDデビューを果たすことに。ロドニー・ジャーキンスやパフ・ダディ、さらにはコーリー・ルーニーやトラックマスターズなどの旬はR&B、HIP HOP畑のプロデューサーに曲を作らせ、自分のルーツとなるラテンを織り交ぜることにより、ブリトニー・スピアーズやクリスティーナ・アギレラとの差別化を計った。ラテンブームのお陰もあり、彼女は孤高のシンガーとして地位を築き上げる。ロドニーの手がけたファーストシングルは5週連続の全米1位。その後にも立て続けにTOP10にヒット曲を送り込み、アルバムは世界で600万枚を超えている。
デビューアルバムとのことなのですが
女優ジェニファーロペスの、歌手としてのデビューアルバムということなのですが、
フレッシュにデビューというより、結構堂々たる感じです。
最初から歌手でやっててもよかったんじゃない?というくらいのうまさで、
さまざまなジャンルの曲を歌いこなしています。

ジェニファー=ロペスの曲は、WomanシリーズなどのオムニバスCDにも多く収録されているので、
万人受けしやすい曲なんじゃじゃないかなーと思います。
私は、結構聞きやすいCDだと思います。
むちゃくちゃ素敵
ジェニファー・ロペスのアルバムはラテンフレーバーが色濃いのですが、その情報を元に聴くのをためらっていると損をします。実際は現代風のアレンジが聴いたダンサブルなポップチューンの中に、ラテンフレーバーが効いた曲がところどころ織り交ぜてあるというところではないでしょうか。そのラテンフレーバーな曲が捨て曲ではなくてむちゃくちゃ素敵なところがマルチ才女ジェニファー・ロペスの凄いところです。本格的なラテンミュージックを聴きたい方にはお薦めしませんが、普通に他人に薦めることができる素晴らしいアルバムだと思います。
ジェニファーのアルバムのなかで一番好き
ジェニファーがシンガーとして有名になったアルバム。
ライナーノーツには二人のライターの記事があり、一人はプロデューサーや関係者、ジェニファーの背景などが、もう一人はジェニファーについてエッセイ風に書いてある。プロデューサーの話などはしっかり書かれて日本語版を買う意味があると思った。

アルバムの内容はラテン色が全般にちりばめられているがアレンジが今風で聴き易いし、しっかり作りこまれているのでじっくりも聴ける。後半にはスペイン語?バージョンも数曲入っている。個人的にマーク・アンソニーとのデュエットが好き。日本語版ボーナスで入っているカバー曲のDoYouKnow…?はマライヤのアルバム「One」の一番最後にも入っているので聞き比べてみると面白いと思う。


ジェイ・トゥ・ザ・エル・オー!ザ・リミックス

[ CD ]
ジェイ・トゥ・ザ・エル・オー!ザ・リミックス

・ジェニファー・ロペス ・ファット・ジョー ・50セント ・ヤ・ルール ・P.ディディ&G.デップ
【ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル】
発売日: 2002-02-20
参考価格: 2,520 円(税込)
販売価格: 1,087 円(税込)
ジェイ・トゥ・ザ・エル・オー!ザ・リミックス
- 収録曲 -
1. LOVE DON’T COST ...
2. AIN’T IT FUNNY(M...
3. I’M GONNA BE ALR...
4. I’M REAL(MURDER ...
5. WALKING ON SUNSH...
6. IF YOU HAD MY LO...
7. FEELIN’ SO GOOD(...
8. LET’S GET LOUD(P...
9. PLAY(SACK INTERN...
10. WAITING FOR TONI...
11. ALIVE
カスタマー平均評価:  4
新たな魅力発見!!
個人的にはジェニファーは女優としての存在の方が 大きかったので歌手としてのジェニファーはあまり 興味なかったのですが、今回このリミックスアルバム を聴いてその思いが払拭されました。 とにかくいい!!最高潮です!! コラボ曲もあるし声量のある歌声といい 掴み所のない曲ばかりで購入して良かったです。
リミックスなんていわなくていいほど!
リミックスというとつい買うのをためらう方も多いでしょうが、このアルバムは違います★

特にマーダーインクの手がけたリミックスは極上★プロモにはジャルールも出てますし原曲とは全く違う、R&Bに近い曲となっています。

アシャンティを今のスターにまでそだてたマーダーインクやNASなども協力しているアルバムです。リミックスなどといわずに新曲と考えて購入してもOK!
ジェイ・トゥ・ザ・エル・オー!ザ・リミックス
最近の旅行の時ノリノリになれる
音楽のオススメNo1です
ジェニファー絶好調!!
過去2枚のアルバムの中の曲をリミックスバージョンにしたものとの触れ込みから、実はあまり期待しないで買ったんです。
ただ彼女が好きだから、ジャケットも可愛いし・・といった感じで。
ところがこれが非常にいいノリ!特にリミックスとはいえ、まったく別の曲として素晴らしい仕上がりになった2曲目の『AIN'T IT FUNNY』や『I'M REAL』、そして元夫クリス・ジャッドとの共作であるバラード『ALIVE』は
幸せな気分を運んでくれます。
全体的にノリが良いので、ドライブ中に聴く一枚としてもおすすめ。
かっこいい!
あの独特のリズムは、かかる度に思わずノリノリになってしまう程。
もう、再生ボタンを押してしまったら、その後はただリズムに合わせて
ノるだけ!といった感じです。

歌唱力も演技力も持ち合わせているし、その上美貌も!!
ただ、出せば売れる的存在になってしまったので、すでにある曲を

リミックスしまくって売っているという感じがイマイチ物足りないです。
また、バリバリのダンスサウンドでキレのいい踊りが見たいです。


ブレイヴ

[ CD ]
ブレイヴ

・ジェニファー・ロペス
【ソニーミュージックエンタテインメント】
発売日: 2007-10-10
参考価格: 2,520 円(税込)
販売価格: 2,259 円(税込)
ブレイヴ
- 収録曲 -
1. ステイ・トゥギャザー
2. フォーエヴァー
3. ホールド・イット ドント・ドロッ...
4. ドゥ・イット・ウェル
5. ガッタ・ビー・ゼア
6. ネヴァー・ゴナ・ギヴ・アップ
7. マイル・イン・ディーズ・シューズ
8. ザ・ウェイ・イト・イズ
9. ビー・マイン
10. アイ・ニード・ラブ
11. ロング・ホウェン・ユア・ゴーン
12. ブレイヴ
13. ドゥ・イット・ウェル feat....
カスタマー平均評価:   0

Queen’s~a woman touch 2~

[ CD ]
Queen’s~a woman touch 2~

・オムニバス ・アナスタシア ・セリーヌ・ディオン ・デスティニーズ・チャイルド ・ジェニファー・ロペス ・メイシー・グレイ ・ザ・コアーズ ・ブリトニー・スピアーズ ・アトミック・キトゥン ・ケイト・ウィンスレット ・アシャンティ
【エス・トゥ・エス】
発売日: 2003-01-29
参考価格: 2,940 円(税込)
販売価格: 785 円(税込)
Queen’s~a woman touch 2~
オムニバス
アナスタシア
セリーヌ・ディオン
デスティニーズ・チャイルド
ジェニファー・ロペス
メイシー・グレイ
ザ・コアーズ
ブリトニー・スピアーズ
アトミック・キトゥン
ケイト・ウィンスレット
アシャンティ
カスタマー平均評価:  5
めちゃめちゃかっこいいですヾ(≧∇≦)〃ヾ(≧∇≦)〃バタ
どの曲も一度は聴いたことがあるような曲ばかりです☆彡本当にかっこよくて、車で聴くのもいいし。。。部屋で聴くのもいいしヽ('▽`)ノ聴いてたら凄く元気出てくる様な一枚ですヾ(≧∇≦)ノ"



Copyright © 2008 洋楽アーティストデータベース. All rights reserved.    Program by 簡単アマゾンサイト作成ツール ver.3.96

 更新日 2008年10月11日   ※ 表示価格は更新時のものです!      メール      相互リンク