洋楽アーティスト1000人のデータベース。公式サイト・ファンサイト・ブログ・掲示板・リンク集。

洋楽アーティストデータベース

1,500円以上で送料無料!
※一部大型商品を除く
カートを見る ヘルプ
チャカ・カーン クラレンス・ゲイトマウス・ブラウン クリフトン・シェニエ カーティス・メイフィールド デスティニーズ・チャイルド ディオンヌ・ワーウィック  
  ドナ・サマー アース・ウィンド&ファイアー エディ・フロイド ブラザーズ・ジョンソン コモドアーズ ジョージ・クリントン

洋楽データベース
無料着うたダウンロード
OnGen音楽配信
洋楽楽譜
洋楽名曲
洋楽ランキング
洋楽歌詞和訳・翻訳
特集
 アイザック・ヘイズ
 オーティス・レディング
 クール&ザ・ギャング
 ジェームス・ブラウン
 ジェニファー・ロペス
 ジャクソン5
 ジャッキー・ウィルソン
 ジャミロクワイ
 パーシー・スレッジ
 フィリップ・ベイリー
 プリンス
 プロフェッサー・ロングヘア
 マーヴィン・ゲイ
 マイケル・ジャクソン
 マライア・キャリー
 メイシオ・パーカー
 ラリー・グラハム
 リトル・リチャード
 ルーサー・ヴァンドロス
 ローリン・ヒル

 

ローリン・ヒル


ミスエデュケーション

[ CD ]
ミスエデュケーション

・ローリン・ヒル ・メアリー・J.ブライジ ・ディアンジェロ ・カルロス・サンタナ
【ソニーレコード】
発売日: 1998-10-21
参考価格: 2,520 円(税込)
販売価格: 876 円(税込)
ミスエデュケーション
- 収録曲 -
1. イントロ
2. ロスト・ワンズ
3. エックス-ファクター
4. トゥ・ザイオン
5. ドゥー・ワップ(フィーチャリング...
6. スーパースター
7. ファイナル・アワー
8. ウェン・イット・ハーツ・ソー・バ...
9. アイ・ユースト・トゥ・ラヴ・ヒム
10. フォーギヴ・ゼム・ファーザー
11. エヴリ・ゲットー,エヴリ・シティ
12. ナッシング・イーヴン・マターズ
13. エヴリシング・イズ・エヴリシング...
14. ミスエデュケーション ※〈CDテ...
カスタマー平均評価:  5
ローリン、ローリン。君の朝だよ
抜群のジャケット。まさに時代を代表する歌姫の顔、という感じ。 CMで使われていた曲もあり、聴きやすかったというのもあります。最初は。 でも何度も、今でも繰り返し聴いているアルバム。聴きごたえのある名盤。 英語ワカンナイから、ラップは何が言いたいのかワカンナイのよね。 元も子も無い言い方すると。 でも、その使い方がクールだし、そこから切り替わる歌自体が演歌みたいに上手い。 バカにしてるんじゃなくて、それぐらい我々にも沁み入る「歌」だという事です。 それは大好きな「EX-FACTOR」などで聴いてみて下さい。 意志も才能もある黒人女性はホント美しくてカッコイイ! この頃なら間違いなくこの人がその代表です。
グラミー賞総ナメ!!
フージーズのメンバー、ローリン・ヒルのソロデビューアルバム。リズムとメロディに言葉を語るように乗せて歌い上げるローリン節(アレステッド・ディベロップメントに似た所あるがよりR&B性が高い)と言ったところか。彼女自身がプロデュースしたアルバムはクオリティ高し。Can't take my eyes off of you のカバーもうれしい。1998GRAMMY・Album Of The Year ,Best New Artist ,Best Female R&B Vocal Performance ,Best Rhythm & Blues Song, Best R&B Album受賞作品
「伝える」強さ
FUGEES「The Score」も黄昏ていたが、この名盤も負けぬほどに夕陽に包まれていた。こころの夕焼け色の中にある思い出、彼女自身を作り上げたもの。そういうシナリーのひとつひとつを彼女は情感豊かに表現している。
例えば、女の内にある優しさも強さも、心象的な“懐かしさ”(=黄昏)と共に、せつせつと伝えられてくる。この“懐かしさ”の抽象さは文化やことばを超えた何かがあり、うたごえだけ聴いていても、こんな東洋の人間にもそれは伝わる。彼女のうたは「伝える」ということに関しては、そんじょそこらのR&Bシンガーを確実に凌駕した力がある。

そういう、イメージを伝えるちからの源は、ことごとく彼女のうたごころにあると感じている。単に歌が上手いとかそういう技術的なことを言うのではない(勿論技術があるから止揚できるレベルに彼女はある)。そのうたごころは空気感や人肌を感じさせる説得力というのか、伝えたいイメージを口から出す際にこえによってその姿を立体的に表せる業だといえる。そこにある小さな光や影、でこぼこさえも、歌い方の微妙な柔軟性と自由さで表現できてしまう。勿論その根底にあるイメージへの愛をくみ出しながらである(このイメージへの接近がなければただの技術屋に留まる)。こういうイメージの作り方が誰よりもVIVIDに出来、目の前に歌声だけで創りみせてくれること、即ち「伝える」強さこそ彼女の表現の特徴だと思い知らされた。

HIPHOPという無限の可能性ある表現媒体では、ついつい技術至上主義になってしまう場合があるが、今作では彼女のうたごころがHIPHOPという媒体力を最大限に発揮せしめている点に、他との差異を感じる。
見習え、ラッパーよ
母子家庭が多い黒人アメリカ社会にあって、ローリンは高らかにライムする。この人はラップ特有のウーフィング、キリスト教を基盤にした思想(アメリカ系黒人では当たり前かも)、コミュニティーの女性への警告、大卒、歌も歌えるという全てを兼ね備え、グラミー賞をこの作品で制覇。次作が大幅に遅れているのはプレッシャーだろう。
 土着性のあるサウンドを基盤に高らかにライムしているが、アメリカの黒人女性は辛い立場にあることがよくわかる。ここまで強い口調で言わないと、もしくは言ってもボケ―っとしたやつが多すぎることがよくわかる。とくに黒人男性が子供の面倒を見ないでフラフラしているというのも女性が強くなる原因だろう。これじゃー、マルコム]の言ったとおりの世界になっている。
 ただ、あまりにも狭い世界でのリリックなので正直言うと歌詞を読もうがよくわからない。スラム出身でもない日本人には分からないし、次作でよりスケールアップするなら、リリックをより昇華して、アンセムクラスに高めて欲しい。規模は脱アメリカを狙う曲も欲しい。
 ローリンの姿勢を見習う人が出てきてもいい(スラング以外に語彙の学習や言い回し)んだが、この頃とんと出てこないな〜。KRS-ONE、クール・モー・ディーがなつかし〜よ。今のヒップホップのリリックを変えられる力を持っているのは今、彼女だけなので期待は高まる。
アムナミさんが
「RESPECTしてま〜す」とか言ったおかげで、
そこら中のガキンチョどもまでこのアルバムを買ったことだろう。

初めてCD通して聞いた時、クレジットに無い「ビックリおまけ」
があり、なんとそれがSSJが昔ユーロビートとかで聞いていた
「君の瞳に恋してる」だった。
あの時の「ビックリ」は過去最高級だったな〜

MTVでアンプラグドも見たがカッコ良かった。


MTVアンプラグド

[ CD ]
MTVアンプラグド

・ローリン・ヒル
【ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル】
発売日: 2002-05-09
参考価格: 3,150 円(税込)
販売価格: 1,477 円(税込)
MTVアンプラグド
- 収録曲 -
1. Intro
2. Mr. Intentional
3. Adam Lives In Th...
4. Interlude 1
5. Oh Jerusalem
6. Interlude 2
7. Freedom Time
8. Interlude 3
9. I Find It Hard T...
10. Just Like Water
11. Interlude 4
12. Just Want You Ar...
13. I Gotta Find Pea...
カスタマー平均評価:  4.5
苦悩や欠点をファンの前で全てさらけ出すかのような演奏と歌
MTV Unpluggedという企画に出演した多くのアーティスト達の中でも、特に異色だと思うのがこのLauryn Hillのライヴだった。"The Miseducation Of Lauryn Hill"という彼女のソロデヴューアルバムであり、世界的に大くの成功を収める事となったこの華やかな作品の後、彼女の露出は極端に減り、音源が発売される事も結局なかった。そして4年ぶりのアルバムとして発売される事となったこのMTV Unpluggedではあるが、まるで輝かしい華やかさに満ちていた前作とは趣が全く異なり、ギター一本で弾き語るというシンプルなスタイルだった。そして、ライヴでは滅多にありえない、全曲が新曲という、あまりにも大胆な方法で行われた。 小さな箱型のステージにギターを持って座るLaurynを取り囲むように、観客達が配置され、まるで小さなストリードでの光景であるかのような、こじんまりとしたステージングがされている。その彼女の徹底したシンプルなスタイルは、歌というもの本質を物語っているように思うし、あまりにも華々しいデヴューアルバムに真っ向から戦いを挑むような、とてもストイックな姿勢がそこにはあるような気がした。 僕は初めてこの作品を聴いたときに異様な空気に取り付かれ、改めて音楽が何かという事を問われているような気がしてしまった。クオリティは決して高いアルバムではない。だが、Lauryn Hillという時代の寵児とまでなった人間の、素の部分が全てこの作品に注ぎ込まれているように思う。それだけに、何処か生々しくて、聴いている側の心も、歌っている彼女の声に同調されてしまい、とても悲しくなったり、切なくなったりという感情が嫌でも生まれてしまう。 言葉を選びながら、まるで客席と親密なコミュニケーションを取るかのように、語りかけ、淡々と歌い続ける。コードもメロディーも全てシンプルだ。時には感極まってLaurynの目に涙が溢れ、声が震えて出なくなってしまう一幕もある。このアルバム1枚を通して聴くのは、とても力と勇気がいるけれど、その彼女の熱い思いを受け止める事で、何か本当に素晴らしいものが見えてくるように思う。
ソロ作だけでなく、是非この作品を。
生身のローリンの音楽性を体感できる。淡々と奏でられる彼女の中の哀愁、慕情が、ひしひしと伝わってくる。それはただのエモーションだけの音楽ではない。インテリジェンスと音を奏でる天才的感覚の凄さの両方を骨格にしている。この弾き語りは、それらの要素一つ一つが手にとれるような剥き出しで聴かせてくれているのだ。 一曲一曲いい。演奏も抜群だ。彼女はHIPHOPという媒体を使う前に、完成された音楽家なのだと改めて実感する。それは上でも触れた“音楽をきちんと奏でる”才能。下手をするとHIPHOP(特に日本)はメロのよさとライムの技術に収斂され、フロントマンが音を奏でる技術と歌心は疎かにされやすい。だが彼女はここで、歌い、奏でる。彼女の内面を美しい旋律にのせて歌い上げている。ブルースもスピリチュアルズもその声・DNAに染みこんでいるようだ。だから迫力や実感というものが、他のヒットチャートの音楽とはまるで異質のリアルさをもつ。まだ聴かれていない方は「Miseducation」だけでなく、是非今作をもきいてもらいたいと思う。
Hail Lauryn!!
涙した一枚。歌詞がとても身に染みます。
素晴らしい才能を堪能できる
まず映像で見た。まるで、ストリートミュージシャンのような格好だったけど、涙を流しながら歌っている姿は圧巻で、神々しくさえあった。
歌うために生まれてきた人がいるとしたらこの人は間違いなくその一人だ、ということを強烈に感じた。
アルバムでも、感情を吐露するような見事な歌声を堪能できる。曲の間にしゃべっている声も収録されている。

シンプルな曲が多く、メッセージ性がすごく強い。聞いて損はないと思います。
過渡期のアルバムでしょう。
彼女の感情を吐き出したアルバム。涙を流しながら歌う歌もあり、曲の合間の語りもとても興味深いし共感できる。 彼女の夫がボブマーリーの息子であることもあり、彼の歌も1曲入っているのがいい。
さて一歩はなれて冷静に見ると、メロディー等は比較的似たものが多く全曲続けて聴くとやや重い(当然ですが)。

ここで感情をはきだした彼女の次のアルバムは期待できるでしょう。


The Miseducation of Lauryn Hill

[ CD ]
The Miseducation of Lauryn Hill

・Lauryn Hill
【Sony Mid-Price】
発売日: 1998-08-27
参考価格: 1,579 円(税込)
販売価格: 931 円(税込)
The Miseducation of Lauryn Hill
- 収録曲 -
1. Intro
2. Lost Ones
3. Ex-Factor
4. To Zion - (featu...
5. Doo Wop (That Th...
6. Superstar
7. Final Hour
8. When It Hurts So...
9. I Used To Love H...
10. Forgive Them Fat...
11. Every Ghetto, Ev...
12. Nothing Even Mat...
13. Everything Is Ev...
14. Miseducation Of ...
カスタマー平均評価:  4.5
平凡で退屈
自分は、大量にR&Bを聞き込みホームページで紹介したりしていますが(ネームがアドレスになっています。)、どうしてこのアルバムが高評価されるのか分かりません。自分にとっては平凡で退屈なものでした。
ここ20年で最高の洋楽アルバム
これが出た9年前は,「ここ10年で最高の洋楽アルバム」だった。 今でもこれを越えるものは出ていないと思っている。 多分これからも出る可能性はほとんど無いと思う。 なぜこれだけ聞き込んでも飽いたりすることがないのか, 自分でも良く分からない。 詩のスピリチュアルさと,メアリー・Jのコラボレーションの華麗さと サンタナのギターのソウルフルさと, 人生のあらゆるエモーションのかなりの部分を,この一枚は表現し尽くして しまっている。 価値とは何か? 音楽とは? 多分国籍とか民族性とか思想とか宗教とか,そういうものをこのアルバムは 超えていると思う。
ZION
―深衝撃。 生命の忘れ去られた第6感を刺激される作品。 パーカッションが僕を別の次元に連れて行ってくれる。 魂のボーカルがここにある。
一家に一枚、必需品です!
このCDを聴くと鼻腔に沈丁花や淡いプアゾンの香りが漂って来る。優れた音楽は嗅覚を刺激するのだ。毅然としたラップと自然なヴォーカルのバランスが絶妙。もし、ラップがこのバランスで入っていなかったらここまで印象が引き締まりはしなかったであろう。冬の日だまり、春の宵、真夏の夜、秋の午後など四季の折々にフィットするはずだ。聴いていると元気づけられるし、不思議に落ち着く。このひと月、毎日通勤時に車の中で聴いているが、全く飽きることがない。滅多に無い完璧な作品。2003年の時点で1200万枚以上売れていると聞くが、一家に一枚常備して欲しいアルバムと言いたい。絶対に買って損はしないと断言できる。
「伝える」強さ
FUGEES「The Score」も黄昏ていたが、この名盤も負けぬほどに夕陽に包まれていた。こころの夕焼け色の中にある思い出、彼女自身を作り上げたもの。そういうシナリーのひとつひとつを彼女は情感豊かに表現している。
例えば、女の内にある優しさも強さも、心象的な“懐かしさ”(=黄昏)と共に、せつせつと伝えられてくる。この“懐かしさ”の抽象さは文化やことばを超えた何かがあり、うたごえだけ聴いていても、こんな東洋の人間にもそれは伝わる。彼女のうたは「伝える」ということに関しては、そんじょそこらのR&Bシンガーを確実に凌駕している力があるのだ。

そういう、イメージを伝えるちからの源は、ことごとく彼女のうたごころにある。単に歌が上手いとかそういう技術的なことを言うのではない(勿論技術があるから止揚できるレベルに彼女はある)。そのうたごころは空気感や人肌を感じさせる説得力というのか、伝えたいイメージを口から出す際にこえによってその姿を立体的に表せる業だといえる。そこにある小さな光や影、でこぼこさえも、歌い方の微妙な柔軟性と自由さで表現できてしまう。勿論その根底にあるイメージへの愛をくみ出しながらである(このイメージへの接近がなければただの技術屋に留まる)。こういうイメージの作り方が誰よりもVIVIDに出来、目の前に歌声だけで創りみせてくれること、即ち「伝える」強さこそ彼女の表現の特徴だと思い知らされた。

HIPHOPという無限の可能性ある表現媒体では、ついつい技術至上主義になってしまう場合があるが、今作では彼女のうたごころがHIPHOPという媒体力を最大限に発揮せしめている点に、他との差異を感じる。


THE SCORE

[ CD ]
THE SCORE

・フージーズ
【ソニーレコード】
発売日: 1996-04-11
参考価格: 2,345 円(税込)
販売価格: 1,479 円(税込)
THE SCORE
- 収録曲 -
1. レッド・イントロ
2. ハウ・メニー・マイクス
3. レディ・オア・ノット
4. ゼロッツ
5. ザ・ビースト
6. FU-GEE-LA
7. ファミリー・ビジネス
8. キリング・ミー・ソフトリー
9. ザ・スコア
10. ザ・マスク
11. カウボーイズ
12. ノー・ウーマン,ノー・クライ
13. マニフェスト/アウトロ
14. FU-GEE-LA(レフュージー...
15. 同(スライ&ロビー・ミックス)
・・・
カスタマー平均評価:  4.5
最新作と言ってもよいほど
色々な意味で復活して欲しいバンドだ。 このアルバムは一体何度聴いたか分からないぐらいよく聴いた。 今も少しも古くなってない。 とくに「フージーラ」という曲が好きだった。 この曲はスタジオ収録版もよいが、それ以上にグラミー賞の受賞式典のライブ演奏が凄くよかった。舞台の上から太い綱で降りるステージ演出のあの時の演奏だ。もう10年になるとは、とても信じられない。
あのー、ノイズじゃないんですけど。。
ノイズは無いのでご安心を(これをノイズと思ったらブージーズが気の毒です)。音づくりがすごく緻密で、さながら映画のようです。ヒップホップでは最高にグルーヴィーなアルバムのひとつだと思います。CDの全曲がつながっているので、大きなひとつの曲を聴いてるようでもあります。
ノイズはわざとですよ(笑)
このCDはハマーのCD張りに売れ、第二の世界的ヒップホップアルバムとなったと言っていい。第3期はとうとう白人のエミネムくんになりました(ビースティー・ボーイズもいました)。
 このアルバムは名盤だろうと思う。ハマーと違うのはハマーはアメリカでラッパーたちから笑われる率が高いのに比べ、このアルバムは評価が高い。ハマーは「表面的」なラップと踊りで制覇したと考えられ、このアルバムは曲調も沈んだ、ギャングスター隆盛の時代に則ったスタイルでのヒットであった為に他のラッパーも見習いやすかったと言うのがあるだろう。
 ただ、ギャングスター・ラップ自体リリックはどう考えてもいいとはいえないので、ハマーをこけおどしても数の論理で勝っているだけか五十歩百歩、内容のなさではハマーが悪いとは全く思わないが・・・(ハマーは余談でした)。
 さて、フージーズだが、これ以降解散して、ソロ転向しましたが、ワイクリフもローリンも大成功。ヒップホップにとってこれは金字塔と言う言葉がぴったりのアルバムだ。特に6番目FU-GEE-LAが大ヒット!
とにかく最高☆
この手のジャンルの中で本当にサイコーのアルバムだと思います。その後の活動がないのが残念ですが、いつまでも色あせずに聞けるカッコイイ音です♪
カリブの雰囲気がたまらない!
レゲエとヒップホップを掛け合わせたかのような素晴らしいアルバム。ローリン・ヒルもいい味出してます。全体的にまったりした感じですが、飽きることなく最後まで聴けてしまいます。まだ未体験の方にはぜひお薦めです。

エックス‐ファクター

[ CD ]
エックス‐ファクター

・ローリン・ヒル
【ソニーレコード】
発売日: 1998-12-23
参考価格: 1,260 円(税込)
販売価格: 品切れ中
エックス‐ファクター
- 収録曲 -
1. エックス-ファクター
2. エックス-ファクター(Remix)
3. ロスト・ワンズ(Remix)
カスタマー平均評価:   0

ミスエデュケーション

[ CD ]
ミスエデュケーション

・ローリン・ヒル
【ソニーレコード】
発売日: 1999-03-10
参考価格: 1,260 円(税込)
販売価格: 1,193 円(税込)
ミスエデュケーション
- 収録曲 -
1. ミスエデュケーション
2. ミスエデュケーション(インストゥ...
3. ミスエデュケーション(a cap...
4. Special Message
カスタマー平均評価:   0

SHE(2)

[ CD ]
SHE(2)

・オムニバス ・デズリー ・シャーデー ・ローリン・ヒル ・ジル・スコット ・メラニー・C・フィーチャリング・リサ“レフト・アイ”ロペス ・ヴォンダ・シェパード ・スザンヌ・ヴェガ ・グロリア・エステファン ・セリーヌ・ディオン ・シェリル・クロウ
【エス・トゥ・エス】
発売日: 2002-08-21
参考価格: 2,625 円(税込)
販売価格: 2,494 円(税込)
SHE(2)
- 収録曲 -
1. Say My Name(Dest...
2. Body 2 Body(Sama...
3. I Try(Macy Gray)
4. I’m Like A Bird(...
5. In Demand(Texas)
6. How Could An Ang...
7. Theme From Mahob...
8. Wherever You Go(...
9. That’s Don’t Imp...
10. You Gotta Be(Des...
11. No Ordinary Love...
12. Ex-Factor(Simple...
13. Getting In The W...
14. Never Be The Sam...
15. Hooked On A Feel...
・・・
カスタマー平均評価:   0

This is me then:the best of common(初回生産限定盤)(DVD付)

[ CD ]
This is me then:the best of common(初回生産限定盤)(DVD付)

・コモン ・ローリン・ヒル ・シャンティ・サヴェージ ・エリカ・バドゥ ・シー・ロー
【ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル】
発売日: 2008-04-02
参考価格: 2,730 円(税込)
販売価格: 2,457 円(税込)
This is me then:the best of common(初回生産限定盤)(DVD付)
- 収録曲 -
1. Take It EZ
2. Breaker 1/9
3. Soul By The Pound
4. Charms Alarm
5. Heidi Hoe
6. I Used To Love H...
7. Book Of Life
8. Resurrection
9. Thisisme
10. Retrospect For L...
11. Reminding Me (Of...
12. All Night Long (...
13. G.O.D. (Gaining ...
14. Stolen Moments P...
15. High Expectations
カスタマー平均評価:   0

ターン・ユア・ライツ・ダウン・ロウ

[ CD ]
ターン・ユア・ライツ・ダウン・ロウ

・ボブ・マーリー・フィーチャリング・ローリンヒル ・ボブ・マーリー ・ローリン・ヒル
【ソニーレコード】
発売日: 1999-11-20
参考価格: 1,260 円(税込)
販売価格: 品切れ中
ターン・ユア・ライツ・ダウン・ロウ
- 収録曲 -
1. ターン・ユア・ライツ・ダウン・ロ...
2. ターン・ユア・ライツ・ダウン・ロ...
3. エヴリシング・イズ・エヴリシング...
カスタマー平均評価:   0

Get Lifted Limited Edition

[ CD ]
Get Lifted Limited Edition

・ジョン・レジェンド ・ザ・スティーブンス・ファミリー ・ミリ・ベン=アリ ・ローリン・ヒル ・カニエ・ウェスト ・スヌープ・ドッグ
【ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル】
発売日: 2005-11-02
参考価格: 2,730 円(税込)
販売価格: 2,730 円(税込)
Get Lifted Limited Edition
- 収録曲 -
1. プレリュード
2. レッツ・ゲット・リフテッド
3. ユーズド・トゥ・ラブ・ユー
4. オールライト
5. シー・ドント・ハフ・トゥ・ノウ
6. ナンバー・ワン[フィーチャリング...
7. アイ・キャン・チェンジ[フィーチ...
8. オーディナリー・ピープル
9. ステイ・ウィズ・ユー
10. レッツ・ゲット・リフテッド・アゲ...
11. ソー・ハイ
12. リフュージュ[ホエン・イッツ・コ...
13. イット・ドント・ハフ・トゥ・チェ...
14. リブ・イット・アップ[フィーチャ...
15. ソー・ハイ[クラウド・9・リミッ...
・・・
カスタマー平均評価:  4.5
渋くていい感じ!・・・でも、新しい。
某ラジオで聞いて、なんとなく購入してみました。 うん、大人だ!っていう音楽です。 居心地のいい、インテリアでくつろげるお洒落なバーにいるような、まさにそんな雰囲気にもひたれます。
すばらしいR&B+ゴスペル+ヒップホップ
前からほしかったのですが、迷って買いあぐねているうちに、DVDとボーナス・トラックつきの完全生産限定盤が出たので、今度は迷わずに買いました。 音楽的には、ゴスペル・クワイア(合唱団)に所属していたことのあるジョンらしく、アンソニー・ハミルトンのR&B/ソウルよりも、ゴスペル色が濃いですね。そして、ジョンは、ダニー・ハサウェイ、スティーヴィー・ワンダー、アリシア・キーズと同じで、ピアニスト/ソウル・シンガーです。でも、プロデューサー、カニエ・ウェストのヒップホップ色が、アリシア・キーズのR&B/ソウルよりも色濃いです。そして、打ち込み時代の弊害なのか、ダニーやスティーヴィーのR&B/ソウルよりも、あまりソウルフルな絶唱が聞けませんね。ジョンの音楽をソウル/ソウルフルと呼ぶには、ぼくには違和感があります。ゴスペル、ヒップホップに影響されたR&B、と呼びたいですね。 DVDの内容は、まず、ライヴ・パフォーマンス、ミュージック・ヴィデオ、インタヴューをフィーチャーした舞台裏ドキュメンタリーです。ここではソウルフルな絶唱/ピアノ弾き語りが聞けます。見たほうが“ジョン・レジェンドとはいったい何者なのか”がよくわかるので、CDを聴くうえで、有益でしょう。ブックレットに日本語対訳を印刷するようなことはなく、日本語自幕がちゃんとついています。次に、トラック2、8、6、11のミュージック・ヴィデオです。扮装に凝ったものから、簡素な弾き語りを映したものまでさまざま。メイン・メニュー画面で「ミュージック・ヴィデオ」として一括されているので、ちょっと不便です。合計約39分、音声はリニアPCM。 日本盤のリイシューとしては、レコード会社はいい仕事をしてくれたほうでしょう。満足しました。
また買っちゃった!!
すでに輸入盤でそのすばらしさを堪能していたのですが、RemixやPV付きのこちらも購入してしまいました。こういうおまけの後付で再販売商法ははっきり言ってあまり好ましくありませんが、輸入盤に収録されていないBonusトラックやRemix、CMで使用されているWhat A Wonderful World、PVなどが収録された特典DVDがどうしても見たくて…、我慢できませんでした。 収録曲は1st singleで、ヘビーローテーションとなったUsed to love U、ピアノと彼の声のみで構成されたバラードOrdinary People、3rd single Number one、4th single So Highを含む全20曲、やはりスティービーワンダーなどのSoul R&BにHip-Hopなどを織り交ぜた少し大人なR&B作品になっています。近いアーティストとしてはプロデューサー繋がりでAlcia Keys、特に彼女の2ndアルバムに近い感覚を覚えます。 楽曲はどれもすばらしく期待通りでしたが、特に気に入ったのは今回収録されたRemix。少し聞き飽きた感があった楽曲達が見事に生まれ変わっていて、新たな感動が湧いてきます。また、特典DVDにはPVの他にインタビューなどが付いています。So Highはまだあまりオンエアーされていなにのですが、美しい映像になっています。ただ、DVDのメニュー画面でPVを選択することが出来ないのでいちいち全曲を通すことになります。普通のプレイヤーならいいけど、PS2などで見る場合はリモコンがないとちょっときついです(自分がPS2で見ているもので)。



Copyright © 2008 洋楽アーティストデータベース. All rights reserved.    Program by 簡単アマゾンサイト作成ツール ver.3.96

 更新日 2008年10月11日   ※ 表示価格は更新時のものです!      メール      相互リンク