洋楽アーティスト1000人のデータベース。公式サイト・ファンサイト・ブログ・掲示板・リンク集。

洋楽アーティストデータベース

1,500円以上で送料無料!
※一部大型商品を除く
カートを見る ヘルプ
ロバート・クレイ ロバート・ワード ロイ・ブキャナン スコット・ヘンダーソン スクラッパー・ブラックウェル スリム・ハーポ  
  スマイリー・ルイス スヌークス・イーグリン スヌーキー・プライアー サン・シールズ サニー・ボーイ・ウィリアムソン サニー・ランドレス

洋楽データベース
無料着うたダウンロード
OnGen音楽配信
洋楽楽譜
洋楽名曲
洋楽ランキング
洋楽歌詞和訳・翻訳
特集
 T・ボーン・ウォーカー
 アニタ・ベイカー
 アリーヤ
 アル・グリーン
 アレサ・フランクリン
 ウィリー・ディクスン
 ウィリー・ネルソン
 ウィルコ・ジョンソン
 ウォルター・トラウト
 ウォルター・ホートン
 サニーランド・スリム
 スー・フォーリー
 スティーヴィー・レイ・ヴォーン
 タジ・マハール
 タンパ・レッド
 ブーツィー・コリンズ
 ブルックリン・ファンク・エッセンシャルズ
 ボ・ディドリー
 ボビー・ウーマック

 

アレサ・フランクリン


アレサ・ライヴ・アット・フィルモア・ウェスト(デラックス・エディション)

[ CD ]
アレサ・ライヴ・アット・フィルモア・ウェスト(デラックス・エディション)

・アレサ・フランクリン ・レイ・チャールズ
【WARNER MUSIC JAPAN(WP)(M)】
発売日: 2007-11-21
参考価格: 2,980 円(税込)
販売価格: 2,831 円(税込)
アレサ・ライヴ・アット・フィルモア・ウェスト(デラックス・エディション)
- 収録曲 -
1. リスペクト
2. 愛への賛歌
3. 明日に架ける橋
4. エリナー・リグビー
5. 二人の架け橋
6. ドント・プレイ・ザット・ソング
7. ドクター・フィールグッド
8. スピリット・イン・ザ・ダーク
9. スピリット・イン・ザ・ダーク
10. リーチ・アウト・アンド・タッチ
カスタマー平均評価:  5
待っていたデラックスエディション
アレサにとってはもちろん、ソウル/R&Bのライヴ盤の金字塔として知られる本作、もともとは3日間のコンサートからのベストテイクを一枚にまとめたものだったというのは有名。 新たなDisc 1は従来のものでも最大の聞き所のひとつだった#9「Spirit in the dark(Reprise)」を長尺のノーカットバージョンに差し替えた内容。この価格なら、これを聞くためだけにでも買い直す価値ありだろう。 聞いたことの無い方なら迷わずこちらを選ぶべきなのは言わずもがな。 Disc 2が未発表曲や不採用テイクを詰め込んだものになっているがクオリティは全く見劣りしない。 従来版のライナーでも割愛されたことが触れられていたDisc 2の「Call Me」「Mixed-up Girl」なども素晴らしいし、アウトテイクでは聞きなれた演奏との違いよりもむしろアレサのパフォーマンスの高いレベルでの安定ぶりに驚かされる。
超ハイコスト・パフォーマンス!Aretha Franklinの傑作ライブの大幅エンハンス版
Rhino Handmadeから発売されたFillmore Westのライブ完全盤4枚組,"Don't Fight The Feeling"は全61曲という強烈なボリュームであったが,全世界5000セット限定という性格ゆえ,現在はオークション・サイトやマーケットプレイスでも相当の高値で取引をされており,よほどの根性がないと手が出る代物ではない。そこへ本作の登場である。2枚組で収録曲は23曲と従来版から倍増以上,同じくRhinoから再発されたKing Curtisのエンハンス盤の14曲の収録と合わせると,ほとんど同じ曲が3回収録されている完全版(3日分完全収録の弊害とも言える)にわざわざ大枚はたかなくとも,そのコアとなる演奏をはるかに安価で楽しむことができるようになっている。完全版に大枚はたいた身としては微妙であるが,これぞコレクター以外のリスナーにとってはあるべきリリースの姿であろう。Rhinoがまたしてもやり遂げた快挙である。
全くの新装版
単にオリジナルの1枚目にボーナスCDを足した2枚組ではありません。 1枚目からして別バージョンが入っています。 R.チャールズが客演した「スピリット・イン・ザ・ダーク」は 19分のロング・バージョン!その他も別の日の録音が混ざっています。 もちろん2枚目は全部ボーナス・トラック。 つまり全くの新装版と思ったほうがいいです。 「デラックス・エディション」と言いながら単に水増ししただけのブツが多い中、この値段でこの内容はスゴイ。 さすがRHINOと再認識しました。 以前ライノ・ハンド・メイドから出た4枚組の完全版まではどうも・・・ と言う方はうってつけの内容です。 この音質、値段でこの内容ですよ、迷う事ないでしょう。

レディ・ソウル

[ CD ]
レディ・ソウル

・アレサ・フランクリン
【ワーナーミュージック・ジャパン】
発売日: 2006-12-20
参考価格: 1,500 円(税込)
販売価格: 品切れ中
レディ・ソウル
- 収録曲 -
1. チェイン・オブ・フールズ
2. マネー・ウォント・チェンジ・ユー
3. ピープル・ゲット・レディ
4. ニキ・ホーキー
5. ナチュラル・ウーマン
6. 愛する貴方を失くして
7. グッド・トゥ・ミー
8. カム・バック・ベイビー
9. グルーヴィン
10. エイント・ノー・ウェイ
カスタマー平均評価:  5
崇高!
洋楽を聴くようになった20年以上前からこのアルバムが「名盤」って言われていたのは知っていた。 だけど「ソウル」というだけで何となく敬遠していたと思う。だけど自分の嗜好の変化に伴い このアルバムをここ最近で初めて聴いた。 たった30分しかないアルバムなのに内容がものすごく濃い。彼女の圧倒的な歌唱は 今更言うまでもなく、時代感覚、曲構成、全体を流れるグルーヴ感、 何と言っても繰り返しちゃうけどその中で燦然と輝く彼女の歌唱の凄まじさ! この時代、彼女がシーンを完全に掌握(支配、と言ってもいいでしょう)してしまったのも肯ける。 基本はカバー曲だけどそんな事は全く関係なくそのすべてを自分の歌として歌い上げる その度量と技量。ありふれた表現だけど今聴いてもそのほとんどが68年の作品で あることを忘れてしまう。今更だけど名作に逢えた喜びは大きい。 7曲目のクラプトンのクレジットにはなんと「Cream」の文字が! 当時たった23歳の彼ですがメチャメチャいい仕事っぷり! どこで弾こうが間の取り方はすでに神! ソウル・ロックファンならずともいつかはみんなに聴いて欲しい愛聴すべき1枚。 買ってよかったと心から思える1枚。 もっと早く聴いときゃよかったよ。
崇高!
洋楽を聴くようになった20年以上前からこのアルバムが「名盤」って言われていたのは知っていた。 だけど「ソウル」というだけで何となく敬遠していたと思う。だけど自分の嗜好の変化に伴い このアルバムをここ最近で初めて聴いた。 たった30分しかないアルバムなのに内容がものすごく濃い。彼女の圧倒的な歌唱は 今更言うまでもなく、時代感覚、曲構成、全体を流れるグルーヴ感、 何と言っても繰り返しちゃうけどその中で燦然と輝く彼女の歌唱の凄まじさ! この時代、彼女がシーンを完全に掌握(支配、と言ってもいいでしょう)してしまったのも肯ける。 基本はカバー曲だけどそんな事は全く関係なくそのすべてを自分の歌として歌い上げる その度量と技量。ありふれた表現だけど今聴いてもそのほとんどが68年の作品で あることを忘れてしまう。今更だけど名作に逢えた喜びは大きい。 7曲目のクラプトンのクレジットにはなんと「Cream」の文字が! 当時たった23歳の彼ですがメチャメチャいい仕事っぷり! どこで弾こうが間の取り方はすでに神! ソウル・ロックファンならずともいつかはみんなに聴いて欲しい愛聴すべき1枚。 買ってよかったと心から思える1枚。 もっと早く聴いときゃよかったよ。
至上の歌
 "Lady Soul"と高らかに宣言されたタイトルに相応しい名作。 「コクのある」としか言いようのないボーカル1、今やスタンダードと言ってもいい5、"feel so blue?"と艶やかなボーカルで女性ソウルナンバーを正に体現しているヒット曲6、ゴキゲンなジャンプナンバー8などいい曲が行進で迫ってくる。ビートルズの"While My Guitar Gently Weeps"でもゲストで素晴らしい演奏を披露していたクラプトンが、本作7でもそれに匹敵するようなオブリガート演奏でアレサを盛り上げている。クラプトンファンも必聴の作品だ。  そして"Ain’t No Way"。一般にはあまり知られていない作品だが、この曲が本作のベストテイクだ。まさに名曲中の名曲。ボーカルの引き立て役に徹した無駄のない演奏、アレサを鼓舞するバッキングボーカル、そして切々たる女心を歌った胸に突き刺さるように切ないアレサの歌、歌詞だけではない心に直に問いかける強い力をこの曲は持っています。いつ聴いても泣けてしまう......これ以上のラブソングは知らないし、見つかりそうにありません。"I Never Loved a Man the Way I Love You"と本作はぜひ聴いてみて欲しい。
ソウル女王の風格
久しぶりにソウルの超名盤が再発されました。 しかも24bitリマスターで! とにかくアトランティック時代のアレサは、 歌唱力、表現力、力強さ、リズム感どれも超一級。 手堅いバックの演奏に安心して、高らかに歌い上げています。 1曲目から、ずっしりと重いブルージィーな演奏にも動ずることなく、 風格のある歌いっぷりに、まずド肝を抜かれ、 そして3曲目のインプレッションズの名曲では、 神に感謝の気持ちを表情豊かに歌い上げる姿に思わず感涙。 5曲目は、ひとりの女性としてではなく、全女性の気持を代弁するかのように、 スケールの大きい歌で表現しています。 とにかく1曲として駄作ありません。 アレサの歌に酔い痴れ、バックの演奏に心が躍り、 あっという間の30分です。 この時代、ソウルの名盤が数多く出ましたが、 その中でもこのアルバムはひときわ輝く宝石だと思います。
ソウルパワー!
アレサフランクリンの力強い歌声は聴くものに生きる勇気を与えてくれるている。それはまるで、ソウルの持つパワーが生命力を導きだしてくれるお手本のようなもの。時代やジャンルを超えた、熱いフィーリングを感じとれる一枚。

レア&アンリリースド・レコーディングス

[ CD ]
レア&アンリリースド・レコーディングス

・アレサ・フランクリン
【WARNER MUSIC JAPAN(WP)(M)】
発売日: 2007-11-21
参考価格: 2,980 円(税込)
販売価格: 2,700 円(税込)
レア&アンリリースド・レコーディングス
- 収録曲 -
1. 貴方だけを愛して
2. ドクター・フィールグッド
3. スウィート・ビター・ラヴ
4. イット・ワズ・ユー
5. ザ・レター
6. ソー・スーン
7. ミスター・ビッグ
8. トーク・トゥ・ミー、トーク・トゥ...
9. ザ・フール・オン・ザ・ヒル
10. プレッジング・マイ・ラヴ/ザ・ク...
11. ユア・テイキング・アップ・アナザ...
12. ユー・キープ・ミー・ハンギング・...
13. アイム・トライング・トゥ・オーヴ...
14. マイ・ウェイ
15. マイ・カップ・ラニース・オーヴァー
・・・
カスタマー平均評価:  5
アレサ絶頂期の未発表曲集に悶絶
”クイーン・オフ・ソウル”アレサ・フランクリンが、文字通り女王だったアトランテイック時代の未発表曲集。デビューアルバムの"I Never Loved A Man...",セカンドの"Aretha Arrives", 続く"Aretha Now", "Soul'69", "This Girl In Love With You", "Spirits In The Dark", "Young, Gifted And Black", "Hey Now Hey(The Other Side Of The Sky)", "Let Me In Your Life"からの選曲。歴史的なマッスルショールズスタジオミュージシャン達との邂逅から始まって、ニューヨークでのダニー・ハサウェイらとのセッション、有名なクインシー・ジョンーズとの問題のレコーデイング等が音源。曲順はクロノロジカルとなっている。あのリイシュー名請負人ライノからのリリースなので、中身は保証付きだ。 鮮烈なシャウトが眩しいデビュー作のデモから、豪華絢爛なヒットアルバムのアウトテイクやシングル盤の別テイクと、聴いていて飽きさせられない内容となっている。久しぶりに60年代のアレサを堪能させてもらった。二枚組CDだが、だれるところのない見事な編集ぶりだ。荒々しくも迫力溢れるサウンドに圧倒されるサザン・ソウル的な一枚目、より洗練されたソウルクィーンの堂々たるボーカルがニュー・ソウル・サウンドに映えるの2枚目といった感じかな。 しかし、このアルバムが天地をひっくり返す程に凄いものかと言えば、必ずしもそうではないだろう。当然ながら、この時代のオリジナルアルバムの濃密さには叶わない。残念ながら、絶好調時のソウルクィーンの余りものであることは間違いがない事実。だが、この残りものはそんじょそこらのものとは違って大変貴重だ。アレサのファンには新しい発見が色々とあるはずだ。リハーサルテイクのリラックスした雰囲気やオーバーダブ前のテープの迫力溢れるサウンド。ミックスやボーカル、演奏等の違いによる新鮮さ。目から鱗が落ちるところが多々ある。このゴスペル・クィーンをいかに上手く料理して、ソウルクィーンとして味付けたのか、その秘密のレシピが垣間見れる。 レーベルオーナー兼プロデューサーのジェリー・ウェクスラーのライナーノートも興味深い。("Let It Be"は元々ポールがアレサに送った曲で、まずアレサが録音したがお蔵入りしていた、しびれを切らしたポールが自分で録音することになったらしい。ウィルソン・ピケットとパーシー・スレッジがスタジオで殴り合い寸前の喧嘩になって、ジェリーが命がけで?止めに入ったなんてねetc.)。未発表曲だけでリリースしてくれたアトランティックとライノにも感謝したい。
鬼レア音源!
やっぱりあったアレサの未発表音源!1999年8月号レコードコレクターズで鈴木さんが触れていたので知ってはいたが、まさか出るとは…。個人的には、シングルB面のディスク1の18とラヴレターズが 染みました。
2007年度リイシュー部門 金賞受賞!
そこのあなた!、迷わずこれをカートに入れてチェックアウトしなさい。 考えられる限り史上最高の低価格&良質&完全未発表満載2枚組CDが、ここに堂々誕生。 私はこれ聴いて、2週間ほど出血が止まらん。 Disc 1 : 1-3. 誰も聴いたことがない、ジェリー・ウェクスラー(当年91歳!)に送られたデモ。そう、ボーカルは楽器なのだ!まるでアレサの歌入れを覗き見してるかのような、マスターの保存状態の良さ。早くもこの2枚組のハイライトにして目玉が炸裂、その後のアトランティック黄金期を決定づけたというこの3曲を堪能あれ。こんなの送られてきたら、誰でも即契約するわ。ちなみに3はコロンビアでの録音と聴き比べが可能。 4-18. アトランティック・デビュー盤 aretha arrives からyoung gifted and black までの存在すら知られていなかった珠玉ボツテイクの数々。やや強引なシナトラのmy way 、かなりイケてるビートルズのthe fool on the hill 、驚き想定内のJBのit was you 、意外な爆弾you keep me hangin' on (デュアン・オールマン入り!)などカバー曲攻撃が凄い1枚目。シングルBサイドのみ10.18の2曲の出来が、改めていいと確認。 Disc 2 : 1. このrock steadyだけでも買い、バーナード・パーディーのドラムも凄いが、この曲の核になっているのは、ダニー・ハーザウェイのオルガン。曲は彼の作ったフレーズを発展させた(ライナーより)1-3までは、ほぼフィルモアライブのメンバーで究極のセッションワークを堪能出来る。 2-11. young gifted and black からhey now hey までのボツテイク。つまりクインシー・ジョンズとのhey now hey は、2枚組のボリュームの録音があったことが判明。10のレナード・コーエンのsuzanne に仰け反る。2.3なども、アルバムに入らなかったのが不思議なくらいクオリティーが高いプロダクション・ワーク。 12. デューク・エリントンをレイ・チャールズと。CBSテレビの企画ものだが、今回初めて聴いた。時期的に、エリントン特別番組の可能性も。 13-16. 後半はアルバム let me in your life からの4曲。ボビー・ウォマックの16が渋い! 17. 70年代初期のデモテイク。詳細が不明だけに、この最後の謎は深まる・・・。 無意味な箱にするでもなく、小出しにするでもない、ただ未発表の良質なテイクを厳選したライノレーベルの最高の仕事がここにある。ブックレットも写真とオイシイ逸話がたんまりだ。 ライノよ、お前を離さない! ライノ入魂 アレサ・フィリーの72年ライブも慌てて注文しました。
60年代後半から70年代前半のAretha Franklin の凄いこと…
デモのセッションが入っているのでお蔵入り(それでも当時の彼女は素晴らしいので,ある程度の水準は期待していたが)セッションの寄せ集めだろうぐらいに思ってお気楽に聞き始めたが、驚いた!Disc1の1,2、3は確かにデモではあるがこのほとばしるsoulful singing!!!ノックアウトだ。そしてDisc2のRock Steadyのリズムの素晴らしさ!夢のようなリズムセクション!このミックスで名作アルバムYoung ,Gifted and Blackのリニューアル盤をぜひ聞いてみたい(かなわぬ夢か…)。まあとにかくsoul music fanには素晴らしいプレゼントだ。さあ頑張って英語のライナーノート(写真も素敵)を読もうっと。Must buy!!
たっのしみい?
初めて彼女のアルバムに出会ったのは、一番低迷していたかもしれない81年発売のLove All the Hurt Away で、購入して家で聞いてみたらあまりの迫力にびっくりした。とにかく声が凄いし、音もいいし。ところがこれはほとんど売れなくて、どうして売れないのかさっぱりわからなかった。その後のアルバムのほうがよく売れてうれしかったけれど、このあまり売れなかった今は亡きアリフ・マーディンプロデュースのアルバムは今聞いても聞き所が多い。 彼女の声は、その時期その時期で味わいが違うけれど、最近のアルバムも充分大御所の貫禄たっぷり、かつクラシカルで素晴らしかった。 その彼女の第一次絶世期のこんな蔵出しアルバムは、どれだけ素晴らしいかゾクゾクしてしまう。 縁あってニューヨークのラジオシティホールでの彼女のライブを観ることができたけれど、その時はちょっと手抜きでした。 いくつでも名録音があるこの時期の誰も知らない知らないアリサに出会えるということは、またライブを観るとき以上のウキウキ度だ。

Amazing Grace: The Complete Recordings

[ CD ]
Amazing Grace: The Complete Recordings

・Aretha Franklin
【Rhino】
発売日: 1999-05-11
参考価格: 2,256 円(税込)
販売価格: 1,601 円(税込)
Amazing Grace: The Complete Recordings
- 収録曲 -
1. Organ Introducti...
2. Opening Remarks
3. On Our Way
4. Aretha's Introdu...
5. Wholy Holy
6. You'll Never Wal...
7. What a Friend We...
8. Precious Memories
9. How I Got Over
10. Precious Lord (T...
11. You've Got a Fri...
12. Climbing Higher ...
13. Amazing Grace
14. My Sweet Lord [I...
15. Give Yourself to...
カスタマー平均評価:  5
ディープ・ソウル
私は通常盤でこのアルバムを聴いてきました。アリーサの歌唱力のもの凄さに取り憑かれ、以来深く彼女をアーティストとして愛するようになりました。ただ、この完全盤を聴いて、このアルバムについての印象がずいぶんと変わりました。通常盤はアリーサの歌を中心に編集されていましたが、この完全盤は実際の教会でのパフォーマンスを最初から最後まで収録しているところに凄さがあります。通常盤でもアリーサと聴衆とのやりとりの生々しさに驚きましたが、完全盤ではそれ以上です。しかも収録は2日にわたり、CD1枚目が1日目、2枚目が2日目にあてられています。J.クリーヴランド牧師の信徒たち(ただの「聴衆」ではないのです)とのおしゃべりから始まって、合唱団紹介があってから、「これは最初のアリーサの教会ライヴです。皆さんとのやりとりを生で伝えたいということでライヴ録音です。なにかあったらまた最初から録らなきゃいけなくなるよ」という牧師の味わい深いシャベクリ、アリーサのパフォーマンス(マーヴィン・ゲイの"Wholy Holy"から)、最後のオルガン演奏"My Sweet Lord"まで全く飽きさせません。まるで教会の集会の現場に今いるかのようです。「明日のほうがもっとスゴイから見逃しちゃダメよ」という牧師の言葉で1日目が終わります。2日目の圧巻はアリーサの御父様C.L.フランクリン牧師が登場し、娘の小さい頃一緒に教会で歌ったこと、娘とヨーロッパ公演に行ったときの思い出などを語るところ。アリーサのみならず、牧師、御父様、合唱団、信徒たちの言葉と歌が一つになって、こうして一つのアルバムになっています。イージーに聞き流すのでもなく、批評的に構えるのでもなく、頭から"Spirit"に浸らされて踊らされてしまう、そんなアルバムです。アリーサの歌はもとより、クリーヴランド牧師のシャベクリと信徒たちの反応に、ものすごくディープな「ソウル」を感じました。まさしく「神への捧げもの」です。超オススメ。
神の声・・・
 ゴスペルということで、本来は神を称える歌なのですが、アレサ・フランクリンの声自体がもはや神の声といっても過言では無い様に思えます。CDに付いている解説書には、「もし神が女性ソウル・シンガーであったなら、その声はアレサ・フランクリンの声と全く同じだったに違いない」と書いてありますが、まさにそう思わせるほどにこのCDに録音されているアレサ・フランクリンのパフォーマンスは素晴らしいです。
 中でも素晴らしいのは、やはり月並みですが一枚目に収録されている、Amazing Graceでしょう。全部で十分を越える仕上がりになっているのですが、もうこれが本当に「素晴らしい!!」の一言に尽きます!普通、短い曲をあまり長く歌うと何となく中だるみするのですが、このAmazing Graceにはそれがありません。最初から最後まできっちり聴かせてくれます。
 それから、個人的に気になったのは、二枚目に収録されているOld Landmarkです。この曲は映画『ブルース・ブラザーズ』でジェームス・ブラウンがものすごくソウルフルに歌っているので、ソウルの王様とソウルの女王の二人を聞き比べてみるのも面白いです。個人的には、このOld Landmarkに関してはジェームス・ブラウンの方が勝っているかなぁ、という気がするのですが・・・
 音源がライブなので、ゴスペルコンサートの臨場感もそのままに味わえる素晴らしい作品だと思います。
Jaspella.com 2000年10月推薦盤
意外かもしれないが、アレサ・フランクリンら、女性ソウル・R&Bアーティスト達の多くはゴスペル出身である。教会で賛美をしていてスカウトされたというケースも少なくない。このアルバムはフランクリンが60年代に「ソウルの女王」として一世を風靡した後に作られたもの。「ゴスペル音楽の王」と呼ばれるジェームス・クリーヴランド師の率いるクワイアとの共演は、現在でもフランクリンのアルバムの中で最も人気がある一つである。「Amazing Grace (驚くばかりの)」や「What A Friend We Have In Jesus(いつくしみふかき)」などの有名な賛美歌の数々に加え、キャロル・キングの「You've Got A Friend (君の友達)」の替え歌にトーマス・ドーセイの「Precious Lord (慕いまつる主なるイエスよ)」をミックスさせたバージョンも収録されてある。

貴方だけを愛して+3

[ CD ]
貴方だけを愛して+3

・アレサ・フランクリン
【Warner Music Japan =music=】
発売日: 2008-09-24
参考価格: 1,800 円(税込)
販売価格: 1,800 円(税込)
貴方だけを愛して+3
- 収録曲 -
1. リスペクト
2. 涙に濡れて
3. 貴方だけを愛して
4. ソウル・セレナーデ
5. 夢をさまさないで
6. ベイビー・ベイビー・ベイビー
7. ドクター・フィールグッド
8. グッド・タイムズ
9. 恋のおしえ
10. セイヴ・ミー
11. ア・チャンジ・イズ・ゴンア・ゴナ...
12. リスペクト(ステレオ・ヴァージョ...
13. 貴方だけを愛して(ステレオ・ヴァ...
14. 恋のおしえ(ステレオ・ヴァージョ...
カスタマー平均評価:   0

フリー・ソウル : クラシック・オブ・アレサ・フランクリン

[ CD ]
フリー・ソウル : クラシック・オブ・アレサ・フランクリン

・アレサ・フランクリン
【イーストウエスト・ジャパン】
発売日: 2000-04-19
参考価格: 2,520 円(税込)
販売価格: 1,998 円(税込)
フリー・ソウル : クラシック・オブ・アレサ・フランクリン
- 収録曲 -
1. アンティル・ユー・カム・バック・...
2. デイ・ドリーミング
3. アイ・セイ・ア・リトル・プレイヤー
4. アイ・キャント・シー・マイセルフ...
5. フックト・オン・ユア・ラヴ
6. トラックス・オブ・マイ・ティアーズ
7. ドント・レット・ミー・ルーズ・デ...
8. シンス・ユーヴ・ビーン・ゴーン
9. ハウ・アイ・ガット・オーヴァー
10. メイク・イット・ウィズ・ユー
11. スパークル
12. ラヴ・ザ・ワン・ユーアー・ウィズ
13. スパニッシュ・ハーレム
14. ロック・ステディー
15. エイプリル・フールズ
・・・
カスタマー平均評価:  4.5
気軽に心地良く聴くAretha Franklin
橋本徹氏監修のFree SoulコンピレーションシリーズのAretha Franklin版。ゴスペルをバックグラウンドとした重厚なサザンソウルシンガーだけに、Free Soulのコンセプトとしては、いささか重過ぎるのではないか?と最初は訝っていたけれど、聴いてみると確かにコンセプトに合った、気軽に心地良く聴ける選曲がなされている。逆にこういう聴き方もあるんだと、僕自身思わぬ発見でもあった。 中でも特に気持ちよいのがBreadの名曲のカバー"Make It With You"から、Curtis Mayfieldプロデュースの名曲"Sparkle"の流れ。"Make It With You"をカバーしていたのは、このコンピで初めて知ったんだけれど、Arethaの声で聴くこの曲は甘く切ないだけのラヴソングではなく、もっと神聖で大きな愛というものを与えてくれるような気がする。"Sparkle"は個人的に大好きで、この曲はもっと知られていいように思う。 Aretha Franklinを聴くのが初めての人にはこのコンピはうってつけだと思う。これをきっかけに、"Queen Of Soul"と呼ばれる彼女の素晴らしい歌の世界に少しでも触れて欲しいように思う。
晴れた日の休日の朝。
アレサ・フランクリンをタイムリーに聴いていた世代ではありませんが、「懐かしい」感じがします。彼女の声はパワフルですが、繊細さも兼ね備えていて普段はささやく感じの曲を好き好んで聴く私でもすんなり聴けました。

晴れた日の休日の朝なんかにいかがでしょうか。


レディ・ソウル+4

[ CD ]
レディ・ソウル+4

・アレサ・フランクリン
【Warner Music Japan =music=】
発売日: 2008-09-24
参考価格: 1,800 円(税込)
販売価格: 1,800 円(税込)
レディ・ソウル+4
- 収録曲 -
1. チェイン・オブ・フールズ
2. マネー・ウォント・チェンジ・ミー
3. ピープル・ゲット・レディ
4. ニキー・ホーキー
5. ナチュラル・ウーマン
6. 愛する貴方を失くして
7. グッド・トゥ・ミー
8. カム・バック・ベイビー
9. グルーヴィン
10. エイント・ノー・ウェイ
11. チェイン・オブ・フールズ(未編集...
12. ナチュラル・ウーマン(モノ・シン...
13. 愛する貴方を失くして(モノ・シン...
14. エイント・ノー・ウェイ(モノ・シ...
カスタマー平均評価:   0

30 グレイテスト・ヒッツ

[ CD ]
30 グレイテスト・ヒッツ

・アレサ・フランクリン
【イーストウエスト・ジャパン】
発売日: 1997-02-25
参考価格: 3,568 円(税込)
販売価格: 3,228 円(税込)
30 グレイテスト・ヒッツ
- 収録曲 -
1. アイ・ネヴァー・ラヴド・ア・マン
2. リスペクト
3. ドゥ・ライト・ウーマン,ドゥ・ラ...
4. ドクター・フィールグッド
5. セイヴ・ミー
6. ベイビー・アイ・ラヴ・ユー
7. ナチュラル・ウーマン
8. チェイン・オブ・フールズ
9. シンス・ユーヴ・ビーン・ゴーン
10. エイント・ノー・ウェイ
11. シンク
12. 小さな願い
13. ザ・ハウス・ザット・ジャック・ビ...
14. シー・ソー
15. ザ・ウェイト
・・・
カスタマー平均評価:  5
泣ける
ジャンルを超越して、いいものはいいと実感させてくれる一枚です。
騙されたと思って一度聞いてください。

至上の愛 〜チャーチ・コンサート 〜<完全版>

[ CD ]
至上の愛 〜チャーチ・コンサート 〜<完全版>

・アレサ・フランクリン
【イーストウエスト・ジャパン】
発売日: 1999-06-23
参考価格: 3,675 円(税込)
販売価格: 品切れ中
至上の愛 〜チャーチ・コンサート 〜<完全版>
- 収録曲 -
1. オルガン・イントロダクション(オ...
2. オープニング・リマークス
3. オン・アワ・ウェイ
4. アレサズ・イントロダクション
5. ホーリー・ホリー
6. 淋しくはないはず
7. いつくしみ深き友なるイエス
8. 尊きおもいで
9. ハウ・アイ・ガット・オーヴァー
10. 尊き主よ我が手を~きみの友だち
11. 高き山に登らん
12. 至上の愛(アメイジング・グレイス)
13. マイ・スウィート・ロード(インス...
14. イエスに我がすべてを
カスタマー平均評価:  3.5
歌詞、対訳なし
もちろん、CDの内容そのものは、クイーン・オブ・ソウルの名・ゴスペル・ライヴ盤なんでしょう。でも、ライナーとライナーの対訳のみで、歌詞も対訳もついていない、この日本盤はいただけません。日本盤を注文する意味がない。
Jaspella.com 2000年10月推薦盤
意外かもしれないが、アレサ・フランクリンら、女性ソウル・R&Bアーティスト達の多くはゴスペル出身である。教会で賛美をしていてスカウトされたというケースも少なくない。このアルバムはフランクリンが60年代に「ソウルの女王」として一世を風靡した後に作られたもの。「ゴスペル音楽の王」と呼ばれるジェームス・クリーヴランド師の率いるクワイアとの共演は、現在でもフランクリンのアルバムの中で最も人気がある一つである。「Amazing Grace (驚くばかりの)」や「What A Friend We Have In Jesus(いつくしみふかき)」などの有名な賛美歌の数々に加え、キャロル・キングの「You've Got A Friend (君の友達)」の替え歌にトーマス・ドーセイの「Precious Lord (慕いまつる主なるイエスよ)」をミックスさせたバージョンも収録されてある。
レディ・ソウルの原点。。。
クィ−ン・オブ・ソウルの名前を欲しいままにしているアレサ・フランクリン。。。実は元々はゴスペル出身だったと言う事を若い方はご存知ないかも知れません。。ロック歌って良し、ソウル歌って良し、バラ−ド歌って良しの彼女ですが、ここでは原点に帰ってゴスペルを歌っています。。

最近やたらと日本でもゴスペルがブ−ムの様ですが、本当のゴスペルとは何なのか皆さん肌で感じて下さい。。。


ゴスペル・ライヴ

[ CD ]
ゴスペル・ライヴ

・アレサ・フランクリン ・ザ・フランクリン・シスターズ ・メイビス・ステイプルズ
【BMGビクター】
発売日: 1994-04-21
参考価格: 2,548 円(税込)
販売価格: 2,292 円(税込)
ゴスペル・ライヴ
- 収録曲 -
1. ウォーク・イン・ザ・ライト
2. 祈り(セシル・フランクリン師)
3. イントロダクション:アレサ&ザ・...
4. ジーザス・ヒアーズ・エブリ・プレ...
5. シュアリー・ゴッド・イズ・エイブル
6. 主の祈り
7. イントロダクション:アレサ&メイ...
8. オー・ハッピー・デイ
9. ウィ・ニード・パワー
10. アヴェ・マリア
11. イントロダクション・トゥ・ハイア...
12. ハイアー・グラウンド
13. アイヴ・ビーン・イン・ザ・ストー...
14. パッキング・アップ,ゲッティング...
カスタマー平均評価:  5
水を得た魚のような会心作
アレサのゴスペル作品と言えば『Amazing Grace』が歴史的名盤との評価が固まっており、本作はすっかり過去の人になりつつある印象もあった時期にリリースされて、さほど期待もせずに手にした記憶があるが、どっこいレディ・ソウルは健在であったと再認識させられたのであった。 彼女のヴォーカルのソウルフルさは誰もが認めるところであるが、それだけにテクノロジカルなコンテンポラリー風サウンドとは決して相性が良くはないというのが敗因の一つだったと思うが、ここではR&B調の演奏と大編成のクワイアを従えて素晴らしい歌声が堪能できる。 ゲスト陣のいずれ劣らぬ熱唱も悶絶ものだ。いくつかの説教は好みの分かれるところらしいが、見事な盛り上げ方が目に見えるようで、(信仰はないけれど)私は好きだ。 70年代前半までの作品群に敬意を表して★ひとつ減とするが、選曲も良く演奏のメリハリもしっかりしていて、荘厳さではともかく親しみやすさでは『Amazing Grace』に伍しうる内容だ。
川の流れの様に
オリジナルは1987年 結婚のお祝いに、プレゼントされたのを思い出す。披露宴にOh Happy Daysを流しました。個人的なこと書きすぎでスイマセン。 大統領候補のうわさもあったジェシージャクソン師の声も聴けるぜ。さあ、あなたもクワイヤーになって神の啓示をいただこう。天使にラブソング、ブルースブラザースが好きな映画ファンの方、ぜひ聴いてくれ。これが本物なのだ。 そう、アレサはアメリカの美空ひばりである。 (ちなみにダイアナロスは都はるみである)
ゴズペル教会の熱気が伝わってくる
a??e!?a? ̄"ONE LOAD,ONE FAITH,ONE BAPTISM"a?a??a??a?-a??a??a?Ra??a?-a??a?£a?1a??a??a??a?§e!?a??a??a??a?ca??a?-a?§a??a?a?¢a?aa?μa?Ra?'a?1a??a?≪a?ca??a?-a?¨a??a??a?¨a?¢a??a?ca?3a??a?£a??a? ̄a?Ra?e?3a,?a?Ra??a?a??a?a??a?£a??a??a?≪a?a??a?oa??a??a??a??a??a?a?"a?!a??a?Ra?≫a??a??a??a??a?Rc?±a°-a??a??a??a??a??a?£a?|a??a??a??a?a??a?ca??a? ̄a,e|§a?'e|?a??a?¨a?a?-a?aa??a??a?£a??a?Ra?-a??a?1a??a??e?ae-"a??a?¨a?a??a??a??a??a??a?-a??a??a??a?"a??a?a?"a??a??a??a??e? ̄a??a?e≫?a?±a?§a?aa??a?¢a?≪a?≫a?°a?aa??a?3a?'a?a??a?oa?-a?|a??a??a??a?¨e? ̄a??a??a?¨a?a??a??a??a??a?a,aμ?a?Ra?-a?aa??a??a?£a??a?≪a? ̄a,aμ?a?Ra??a?|a?≪a?・a?3a?¬a??a?Ra??a??a?aa?c?±a??a??a?|a?≪a??a??a??a??a??a??a??a?a??a?ca?3a? ̄a?aa?3a?・a?1a??a??a?oa??a?a?§aooa?°a?Ra? ̄a? ̄a??a??a??a?'a??a?£a?μa??a??a??a?aa?¢a?aa?μa?Rc?±a"±a??a?a??a??a??a??a??a?-a??e£?a?"a?§a??a??a??a??a?§a??a??a?aR¢a?"a?Ra?!a??a?'a?£a?1a?≫a?1a??a??a?-a?≪a?a??a??a??a?£a? ̄a?ca?|a?oa?≫a?aa?-a?≫a?,a?§a??a?Ra?,a?§a??a?≫a?aa?'a??a?3a?¨a??a?£a??aooa??a?!a?¨a?Ra?≪a?ca??a??a?a??a?Ra!??!!a??a?a?!a??a?'a?£a?1a?Ra?3a??a?3a??a...・a??a?e!cR!a??a??a??a??a?aa?,a?§a??a?≫a?aa?'a??a?3a?Ra?・a?£a?|a??a?≫a?・a?£a?|a??a?≫a?・a?£a?|a??a?a??a?≪a? ̄a??a?≪a?≪a??a?≪a??a??a??a?≪a??a??a?a?¢a?aa?μa?a3¢a?Ra??a??a?≪a??a?-a??a??a??a? ̄a? ̄a??a??a??a?c??a?'a?§e?'a??a??a??a-≫a?¬a?"a??a??a?aa??a??a?¨a?a??a??a?≫a?ca?Ra?a?¨a?"a?§a??a?aa??c?±a??a?§a??a?a??a?|a?≪a??a?!a?3a??a?'a?1a??a?≪a??a?!a?3a??a?a?"a??a?'e?'a??a??a?≪a-≫a?"a?§a? ̄a??a?'a??a??a?"a?i?-
これぞ本物!!
クィ−ン・オブ・ソウルの名前で知られているアレサ・フランクリンだが、元々はゴスペル出身。。。小さい頃から父親とツア−を組んで教会で歌っていた。。。最近、日本でもやたらとゴスペルがブ−ムな様だが、本物のゴスペルを聴いてみたい。。。と言われる方にはこのアルバムをお勧めします。。。

14歳でゴスペル・アルバムを出したと言う彼女の実力が伺い知れる。。。




Copyright © 2008 洋楽アーティストデータベース. All rights reserved.    Program by 簡単アマゾンサイト作成ツール ver.3.96

 更新日 2008年10月11日   ※ 表示価格は更新時のものです!      メール      相互リンク