洋楽アーティスト1000人のデータベース。公式サイト・ファンサイト・ブログ・掲示板・リンク集。

洋楽アーティストデータベース

1,500円以上で送料無料!
※一部大型商品を除く
カートを見る ヘルプ
ロバート・クレイ ロバート・ワード ロイ・ブキャナン スコット・ヘンダーソン スクラッパー・ブラックウェル スリム・ハーポ  
  スマイリー・ルイス スヌークス・イーグリン スヌーキー・プライアー サン・シールズ サニー・ボーイ・ウィリアムソン サニー・ランドレス

洋楽データベース
無料着うたダウンロード
OnGen音楽配信
洋楽楽譜
洋楽名曲
洋楽ランキング
洋楽歌詞和訳・翻訳
特集
 T・ボーン・ウォーカー
 アニタ・ベイカー
 アリーヤ
 アル・グリーン
 アレサ・フランクリン
 ウィリー・ディクスン
 ウィリー・ネルソン
 ウィルコ・ジョンソン
 ウォルター・トラウト
 ウォルター・ホートン
 サニーランド・スリム
 スー・フォーリー
 スティーヴィー・レイ・ヴォーン
 タジ・マハール
 タンパ・レッド
 ブーツィー・コリンズ
 ブルックリン・ファンク・エッセンシャルズ
 ボ・ディドリー
 ボビー・ウーマック

 

ロイ・ブキャナン


20th Century Masters - The Millennium Collection: The Best of Roy Buchanan

[ CD ]
20th Century Masters - The Millennium Collection: The Best of Roy Buchanan

・Roy Buchanan
【Polydor】
発売日: 2002-03-26
参考価格: 1,127 円(税込)
販売価格: 783 円(税込)
20th Century Masters - The Millennium Collection: The Best of Roy Buchanan
- 収録曲 -
1. Sweet Dreams
2. Pete's Blue
3. Messiah Will Com...
4. Filthy Teddy
5. After Hours
6. Five String Blues
7. Hey Joe
8. Roy's Bluz
9. CC Ryder
10. Country Preacher
11. Wayfaring Pilgrim
12. I'm Evil [Live]
カスタマー平均評価:  5
タイトル通り20世紀の世界遺産です。
これは素晴らしいベスト盤です。選曲から言っても伝説のギタリストを知るには最適と思われます。ブキャナン先生を知らない特にロックファンの方々にぜひ聴いて頂きたい。これでだめならご縁が無かったとあたしゃーあきらめます。そのくらいおすすめ!!

Live Stock

[ CD ]
Live Stock

・Roy Buchanan
【Polydor】
発売日: 1990-10-25
参考価格: 1,127 円(税込)
販売価格: 947 円(税込)
Live Stock
- 収録曲 -
1. Reelin' and Rock...
2. Hot Cha
3. Further on up th...
4. Roy's Bluz
5. Can I Change My ...
6. I'm a Ram
7. I'm Evil
カスタマー平均評価:  5
達人のライブ!
最近になって購入しました。 なんで今までこの人を聴かなかったんだろうか?? ブルース、ソウル&ファンクなど雑多な楽曲の中を、ロイはテレキャスを気持ち良さそうに、時にはギンギンにブルージーに弾きまくってます。 まさに達人の域! ブルース・ジャズ・カントリーとルーツミュージックを全て吸収しつくしたようなギターですね。 コレを聴いて、テレキャスを弾くようになったギタリストってのも多いのでは? アルバム全体楽曲が良く、R&B的リラックスムードが溢れてます。 シンガーであるビリープライスのソウルフルなヴォーカルもGOOD(ロイのヴォーカルは素朴ですが)! 一つのソウルブルースアルバムとしても最高級品じゃないでしょうか。 さあ次は、LIVE IN JAPANを聴かねばっ!
天才は早死にする。
ジミヘンしかり、ジャニスしかり、そしてモリソンしかり。
黙ってロイのブルースを聴こう。
そして彼のソウルに触れる喜びを、神に感謝しよう。
天才は早死にする。
天才は早死にする。
ジミヘンしかり、ジャニスしかり、モリソンしかりだ。
黙ってロイのブルースを聴こう。
そして天才のソウルにふれる喜びを、神に感謝しよう。
ライブアルバムの傑作
クリームの「ライブ・クリーム」やザ・フーの「ライブ・アット・リーズ」などライブの傑作は多いが、本作も十分にその価値がある。ボーカルの音程も正確だし、リズムセクションも完璧。なんといってもロイのギタープレイが全曲にわたって冴え渡っている。こんなギタリストがいたということを、ファンは知るべきである。テレキャスター独特の、一聴ハーモニック奏法かと思わせる音も明瞭にとらえられていて、録音もバランスがよい。二曲目の「ホット・チャ」などは、ロック史に残るべき名演といえるのではないだろうか。
最近には無いブルーズ・ギター・スタイル。
 Roy Buchananは一時は通好みのギタリストとしてよく名前があがってたと思うが、最近はあまり注目されてないようだ。再評価的なものも聞かない。
 容貌もちょっと仙人じみたおじさんで、イメージだと音数の少ないシブーイ演奏スタイルを想像してしまうが、このライブ演奏ではホットで音数も多く、結構弾きまくっている。

 この弾きまくり方が、結構無理やり風に早弾きを小節に突っ込んだりで、わりとヤンチャな感じ。ブルーズ・ギターを自認する白人には珍しい感じかも。
 テレキャス好きは是非。


Live in Japan

[ CD ]
Live in Japan

・Roy Buchanan
【Repertoire】
発売日: 2003-11-25
参考価格: 2,482 円(税込)
販売価格: 1,378 円(税込)
Live in Japan
- 収録曲 -
1. Soul Dressing
2. Sweet Honey Dew
3. Hey Joe
4. Slow Down
5. Lonely Days Lone...
6. Blues Otani
7. My Baby Says She...
8. Sweet Dreams
カスタマー平均評価:  4.5
神の音色
ロイの奏でる音の艶っぽいこと!こんな豊潤なエレキギターが聴けるなんて奇跡です。さすがジェフ・ベックも驚嘆した鬼気迫る演奏です。間違いなく買いです!ただファンてして選曲があまりにもお馴染み。もうちょい、意外性がほしいかも。
★何個つけりゃ?いいの?コレ。
三大ギタリスト?クラプトンペイジベック・・・・ いやいや、コレ聴いたら彼らのプレイに物足りなさを感じる(つ?か、つまらなく思えた)。 ギターを速く弾けるヤツは凄い・・・・・ いやいや、コレ聴いたらンなモン無意味。 S・レイヴォーンやJ・ウィンターの凄みとはまた違う・・・・・ 聴いた事の無い人にこのプレイをどう伝える? ギターの好きな人がコレ聴いて満足しないはずはない!と、絶対に信じてる。
生き物のようなテレキャス
 間違いなく、「テレキャスの魔術師」ロイの名演が聞ける一枚。ロイの息づかいまでが聞こえてくるテレキャスターは、繊細でかつ荒々しく、まるで生き物のように、刻々と表情を変えていく。テレキャスターの表現という点で、ひとつの頂点を示している。  (3)をはじめ、ロックファンにはよく知られたカバー曲が多く入っているので、(ライブ盤ではあるが)入門盤としてもよいかも。テレキャスの有機的な変化が聞ける(1)、ジミヘンのカバー(3)がとくにおすすめ。
渋さの極み、買って損なし!
1977年6月、まさにこのアルバムの録音された日に会場の芝郵便貯金ホールにいた俺は18歳の小僧!冒頭のバンド紹介のアナウンスに続いて、ロイ御大はなんと缶ビール片手に(タバコも持ってたかな?)余裕で登場。「おっさん、もう飲んでるのか?」会場のみんなが思ったはず・・・。ところが音が出た瞬間、会場の野郎どもの多くが腰を抜かすのが伝わってきたのさ。「ああ凄すぎる、俺たちもうメロメロ」。当時ロックのライブでも客が立つなんて文化はまだそんなになくて席にすわってみんな食いつくように最後まで聴いてた記憶があります。
異常なまでの緊張感、テンションのバランスのよさがアンコールまで続いて言うことなしです。音もいいし、ジャケ写のセンスの良さが孤高の
ロイのミュージシャンスピリットをよく表現してますよ。玄人や通が聴いてため息をもらしてしまうセンスの良いアルバムです。
やっぱりこのLive Albumがいい!「Hey Joe」がいい!
当時ロイにぞっこんになり、コンサートチケットをプロモータの事務所兼住宅に押しかけ購入。憧れと畏敬の念にかられながら見るロイには身の毛のよだつような思いで息をするのも忘れるほどライブステージに固まって聞いていたことを思い出す。何としても入手したかったアルバムである。とにもかくにも「Hey Joe」を聞きたくて、聞きたくて、、。中古レコード屋さんで探しまくったりしたが、なかなか入手できなかった一枚である。CDで再発売とはかなりの衝撃であった。即購入。「Hey Joe」はあの感動を変わらずに聞かせてくれた。繰り返し、繰り返し聞けて感動で鳥肌総立ちでした。この一曲だけのために購入したとしても後悔の言葉なしのはず!!スパニッシュ、カントリーギターもこなさないとできぬ入魂のマルチフィンガーテクニックである。ああ必聴!

Street Called Straight

[ CD ]
Street Called Straight

・Roy Buchanan
【Wounded Bird Records】
発売日: 2002-05-07
参考価格: 2,030 円(税込)
販売価格: 1,088 円(税込)
Street Called Straight
- 収録曲 -
1. Running Out
2. Keep What You Got
3. Man On The Floor
4. Good God Have Me...
5. Okay
6. Caruso
7. My Friend Jeff
8. If Six Was Nine
9. Guitar Cadenza
10. The Messiah Will...
11. I Still Think Ab...
カスタマー平均評価:  5
Roy Buchanan のキャリアを象徴する作品
Atlantic 移籍第一作目。1976年作。「世界最高の無名ギタリスト」と賞賛され、むしろ同業者に圧倒的な人気があった彼だが、本作品で本格的に一般リスナー向けに紹介されるようになった。事実、初期の作品ではモノラル録音のトラックがあるなどほとんどインディーズ並の制作状況だったのだが、このアルバムは録音も良くサウンドもリッチ、さらにジャケットもなかなかのセンスに仕上がっていて、レコード会社もよくサポートしたのではないかと思われる。もともとブルースギタリストとしてキャリアをスタートしたが、自らのギターテクニックに引きずられるかのごとく、カントリー、ジャズ、ソウルなど次々とジャンルを越境し、統合的なギターミュージックを確立した。このアルバムはそうした彼のキャリアの縮図のような作品。ギターミュージック、ギターテクニックの博覧会である。ヴォリュームコントロールとオーバートーン奏法を自由自在に組み合わせて、変幻自在の音色とリズムを生み出す奏法は相変わらず健在だが、ここではさらにアコースティックギターの導入やブライアン・メイばりにエコープレックスを駆使した前衛的な曲が見られるなど、変化に富んだかなり面白い作品集。でも、本当は Roy Buchannan の偉大さは技巧にあるのではなく、音楽に秘められた圧倒的なソウルにあると思う。音楽を愛するすべての人におすすめしたい一枚。

When a Guitar Plays the Blues

[ CD ]
When a Guitar Plays the Blues

・Roy Buchanan
【Alligator】
発売日: 1990-10-25
参考価格: 2,030 円(税込)
販売価格: 1,594 円(税込)
When a Guitar Plays the Blues
- 収録曲 -
1. When a Guitar Pl...
2. Chicago Smokeshop
3. Mrs. Pressure
4. Nickel and a Nail
5. Short Fuse
6. Why Don't You Wa...
7. Country Boy
8. Sneaking Godzill...
9. Hawaiian Punch
カスタマー平均評価:  5
Roy自らがベストとしたBlues guitarの傑作
'80年代半ば、RoyがChicagoブルースの専門インディレーベルAlligator Recordsに移籍してリリースしたブルース感覚たっぷりの傑作です。

Alligator移籍によって水を得た魚の如く、大好きなブルースを伸びやかに奏でる様が浮かんでくる作品。当時Roy自らがベストと語り、グラミーにもノミネートされた本作ですが、そのものズバリのタイトル曲に代表されるように、Royの内面から湧き上がる心の叫び、ブルースがギターを通してストレートに伝わってきます。
このほか、デリケートな仕上がりの"Mrs. Pressure"、ゲストに迎えたOtis Clayのソウルフルな歌声との相性もいい"A nickel and a nail"、スライドを織り混ぜながら軽快にRoyのギターが舞う"Hawaiian punch"など聴かせどころも多く、リラックスした環境で存分にギターを歌わせる感じが本作の最大の魅力でしょう。

Alligator移籍後は'70年代に比べてよりリラックスしたブルース色の濃い作品を3枚残している彼ですが、自らが望んだ音を奏でる安堵感がストレートに感じられる本作がやはりベストと感じています。


Roy Buchanan

[ CD ]
Roy Buchanan

・Roy Buchanan
【Polydor】
発売日: 1990-10-25
参考価格: 1,127 円(税込)
販売価格: 842 円(税込)
Roy Buchanan
- 収録曲 -
1. Sweet Dreams
2. I Am a Lonesome ...
3. Cajun
4. John's Blues
5. Haunted House
6. Pete's Blues
7. Messiah Will Com...
8. Hey, Good Lookin'
カスタマー平均評価:  4
ギターは最高
彼のファーストアルバムです。Roy が唄っているのは、7.だけです。
1St アルバムのためいろんなジャンルをいれたものと思われます。
1.この音が Roy です。真にギターが唄っているようです。
2.カントリーぽい曲、Roy のギターはカントリー系なのでギターを覚  えた頃はカントリーを演奏していたのかも
3.南部(メキシコに近い方)の音楽を Cajun と言います。踊るのに  適した曲が多い
4.個人的に好きな曲です。このアルバム中、最も Blues ぽい曲
5.2と3を足したような曲ギターの代わりにフェドロ(バイオリン)  を入れればカントリーです。
6.4の続編のような曲。単純なバックの演奏と Roy のギターの対比  がいい。殆ど1コードの曲です。
7.1と並んでハイライトの曲です。後半のギターに酔いましょう。
8.Elvin Bishop もカバーしているカントリーの名曲です。

Hot Wires

[ CD ]
Hot Wires

・Roy Buchanan
【Alligator】
発売日: 1990-10-25
参考価格: 1,353 円(税込)
販売価格: 1,126 円(税込)
Hot Wires
- 収録曲 -
1. High Wire
2. Rhat Did It
3. Goose Grease
4. Sunset Over Broa...
5. Ain't No Business
6. Flash Chordin'
7. 25 Miles
8. These Arms Of Mi...
9. Country Boogie
10. Blues Lover
カスタマー平均評価:  4
不世出のBlues guitarist、Royのラスト・アルバム
フィーリング、センス、テクニックとも孤高の域にあったRoyが'87年に残した最後の作品、Chicago Bluesのインディレーベル"Alligator"に移籍して3作目にあたります。

ゲストの実力派ブルース・ヴォーカリストとの共演も含んでRoyのブルースをたっぷり聴ける好盤です。Polydor当時のリリカルなプレイは若干控え目となり、切れのいいエッジの効いたブルースプレイがより全面に出ているように思います(これはAlligatorでの3作に共通する点でもありますが)。

俗に言うテクノ、パンクなど激しく揺れ動いていたロックシーンに流されることもなく、徹底して自らのブルースをプレイしたRoyが不幸な最期を遂げたのが'89年、今も惜しまれてならない他界ですが、彼の残した作品が今も輝き続け、人を惹き付けてやまないのはその頑固なまでのこだわりとブルースへの真摯な姿勢なのかもしれません。


Loading Zone

[ CD ]
Loading Zone

・Roy Buchanan
【Wounded Bird】
発売日: 2003-08-19
参考価格: 2,030 円(税込)
販売価格: 1,211 円(税込)
Loading Zone
- 収録曲 -
1. Heat of the Batt...
2. Hidden
3. Circle
4. Adventures of Br...
5. Ramon's Blues
6. Green Onions
7. Judy
8. Done Your Daddy ...
9. Your Love
カスタマー平均評価:  4
少しテクニックに走り過ぎたかな?
発表当時はフュージョンが流行し、猫も杓子もギターはテクニック至上主義に陥っていたものでした。スティブ・クロッパーが参加していると言うことで購入しましたが、ロイにはもっと自然なサウンドを期待しておりました。 グリーン・オニオンも曲そのものは非常に良いのですが、ちょっとテクニックを意識し過ぎではないか・と感じました。 ロイに合うのは個人的な思いですが、土の香りを期待してしまいます。この後に発表されるアルバムでは、レスポールを取り上げたりして、ますますロイの混迷が深まって行くようになりました。 最後には悲しい結果になりますが、振り返ると、このアルバムを発表したあたりから、何かボタンを掛け違ったのか、歯車が狂ってきたように思えます。

ロイ・ブキャナン

[ CD ]
ロイ・ブキャナン

・ロイ・ブキャナンとザ・スネイクストレッチ
【ポリドール】
発売日: 1992-11-01
参考価格: 2,039 円(税込)
販売価格: 1,937 円(税込)
ロイ・ブキャナン
- 収録曲 -
1. スウィート・ドリーム
2. 逃亡者
3. ケイジュン
4. ジョンズ・ブルース
5. 幽霊屋敷
6. ピートズ・ブルー
7. メシアが再び
8. ヘイ・グッド・ルッキン
カスタマー平均評価:  4.5
結構スゴイ
ロイブキャナン、カントリーをベースにした地味なテクニシャン、くらいに想像していたが、ぶっとんだ。確かにカントリーやブルースの影響は大だと思うが、えらくアグレッシブなプレイにたまげた。これならジェフベックもハマる訳もわかる。テレキャスター=カントリー、テレキャスター=キース、ロックンロール、というような既成概念を超えたサウンドを聞かせてくれる。
世界で最高の無名なギタリスト
ロイ・ブキャナンのファーストアルバム。テレキャスターの硬質な音色が炸裂しているが、カントリーやブルースなどシブめの曲が多いので、聴く人を選ぶかも知れません。とはいえ、エモーショナルな音色は絶品。ピーター・グリーンにカントリー風味を加え、ウェス・モンゴメリーを隠し味にしたような感じでしょうか? ロイは、エリック・クラプトンやミック・ジャガーらが信奉してやまないギタリストとして知られている。ジェフ・ベックの「哀しみの恋人達」という名曲のクレジットに「この曲をロイ・ブキャナンに捧げる」との記述もあります。タイトルの「世界で最高の無名なギタリスト」は彼を題材にした米国のテレビドキュメンタリーのタイトルで、彼が脚光を浴びるきっかけともなったのであります。

Dancing on the Edge

[ CD ]
Dancing on the Edge

・Roy Buchanan
【Alligator】
発売日: 1990-10-25
参考価格: 2,072 円(税込)
販売価格: 1,627 円(税込)
Dancing on the Edge
- 収録曲 -
1. Peter Gunn
2. Chokin' Kind
3. Jungle Gym
4. Drowning on Dry ...
5. Petal to the Met...
6. You Can't Judge ...
7. Cream of the Crop
8. Beer Drinking Wo...
9. Whiplash
10. Baby, Baby, Baby
11. Matthew
カスタマー平均評価:  5
Blues rock
破壊力のあるブルーズギターを聞かせる、繊細なプレーが満載。
      10点中10点
Profile number106
はじけギターのピーターガンでスタート。ブルーズギターがうなるうなる、チョーキングがぎゅいんぎゅいん決まる。ひきまくっているロイ。いきなり飛ばし過ぎだ。やややけくそ気味。他はややレイドバックした歌ものが入っております。なんだか本領を発揮し切れていないような印象。コアなファンなら買いでしょうが。はじめて聴いてみたい人にはすすめられません。ロイのギターは一応泣いております。マテリアルの充実がもうすこし欲しかったですねええ。10点中6点
                



Copyright © 2008 洋楽アーティストデータベース. All rights reserved.    Program by 簡単アマゾンサイト作成ツール ver.3.96

 更新日 2008年10月11日   ※ 表示価格は更新時のものです!      メール      相互リンク