洋楽アーティスト1000人のデータベース。公式サイト・ファンサイト・ブログ・掲示板・リンク集。

洋楽アーティストデータベース

1,500円以上で送料無料!
※一部大型商品を除く
カートを見る ヘルプ
ロバート・クレイ ロバート・ワード ロイ・ブキャナン スコット・ヘンダーソン スクラッパー・ブラックウェル スリム・ハーポ  
  スマイリー・ルイス スヌークス・イーグリン スヌーキー・プライアー サン・シールズ サニー・ボーイ・ウィリアムソン サニー・ランドレス

洋楽データベース
無料着うたダウンロード
OnGen音楽配信
洋楽楽譜
洋楽名曲
洋楽ランキング
洋楽歌詞和訳・翻訳
特集
 T・ボーン・ウォーカー
 アニタ・ベイカー
 アリーヤ
 アル・グリーン
 アレサ・フランクリン
 ウィリー・ディクスン
 ウィリー・ネルソン
 ウィルコ・ジョンソン
 ウォルター・トラウト
 ウォルター・ホートン
 サニーランド・スリム
 スー・フォーリー
 スティーヴィー・レイ・ヴォーン
 タジ・マハール
 タンパ・レッド
 ブーツィー・コリンズ
 ブルックリン・ファンク・エッセンシャルズ
 ボ・ディドリー
 ボビー・ウーマック

 

スコット・ヘンダーソン


Dog Party

[ CD ]
Dog Party

・Scott Henderson
【Mesa】
発売日: 1994-04-19
参考価格: 1,353 円(税込)
販売価格: 893 円(税込)
Dog Party
- 収録曲 -
1. Hole Diggin'
2. Fence Climbin' B...
3. Dog Party
4. Same as You
5. Milk Bone
6. Hell Bent Pup
7. Hound Dog
8. Dog Walk
9. Smelly Ol' Dog B...
10. Too Many Gittars
カスタマー平均評価:  5
スコットさんのブルースアルバム第1弾
スコットさんがブルースに挑戦したアルバムです。が、そんじょそこらの下手なブルースを聴くより遥かに優れたブルースが聴けます。ただしコアなブルースファンには抵抗があるでしょうね。非常にロック色が強く出てます。1曲目のHole Diggin'は弾きまくってるインストでスコットさんは弾けてます。なんか魔物にとりつかれたかの様です。4曲目の
Same as Youは映画のワンシーンを観ている様な気分にしてくれます。
テキサスの酒場にフラッと入ると、スコットさんのギターにゲストで歌ってるErin Mcguireさんが目に浮かびます。なかなか味のある女性ヴォーカリストです。7曲目はなんとHound Dogです。この曲のスコットさんはもう切れてます。イントロの凄いことったら。これでギターとアンプの間にディストーションを挟んだら、まんまエドワード・ヴァン・ヘイレンです。スコットさん、いっちゃってます。犬の鳴き声まで録音しちゃってほんとに好きなんですね。スコットさん流のブルースが存分に楽しめるアルバムです。
ロック育ちの天才ギタリストのブルーズアルバムはこれだ
a??a?ca??a??a?≪a??a??a? ̄a?'c??a??a??a?ca??a?Ra??a?aa?1a??a?Ra?1a?3a??a?3a?a??a?"a?aa??a?Ra??a?-a?¢a?≪a??a??a?§a??a??a?e??a??a?a? ̄a??a? ̄a??a??a?Ra3£a??a??a??a??a??a?¬a??a?,a?3a?°a??a?a??a?≪a?-a??a? ̄e?2a?!a??a?°a??a?°a??a?§a?a?¨a??a?≪a?Ra??a??a?-a??a? ̄i??a?1a?"a?aa??a??a??a?-a??a? ̄i??a?aa?"a\?a??a...¨a?"a?'e2≪a??a?a≫?a? ̄a?aa??a?1a??a?£a??a?'a?¬a??a??a??a?3a??a??a??c・?a??c??a?≪a? ̄a??a?Ra?≫a??a??a,?a?§a??a??a?a??a??a??a?≪a?e?3a\?a?'a??a??ao?a??a??a??a??a?|a??a?|a?a?,a?£a?3a?≪a?'a¨aa--a?-a?|a??a?"a??a?¨a??a??c?±a??a??a?-a??e|?a??a??a??a??a??a??a?a??a? ̄a±oa?-a?|a£2a??c・?e?3a\?i??a?3a??a??a?・a?£a?≪i??a?ae?3a\?a?'a??a??a?aa??a?Ra?§a??a??a??a?a??a?≫a?ca?Ra??a? ̄a??a??a??a?°a?a??a??a?±a?≪a?ca?3a??i??a??a??a??a?≪e?'a??c¨?a?'a??a?Ra?≪a?-a?a?¨e??c2?c\?a?¨e¨a??a??a?aa?"a?¨a??a??a??a?a??a??a? ̄a?1a??a??a?3a?≪a ̄?a?-a?|a??a?ca??a??a?≪a??e-?a?a??a?oa?-a?Rc?oe¨a?-a?|a??a?-a?a?1a?3a??a?3a? ̄a??a??a?≪a?1a??a?3a??a?≪a??a??a??a??a??a??a??a?≪a?aa?£a??a??a--a?£a??a?a??a?"a?"a??a!oo!!c?ca?aa?Ra??a?a??a?"a?aa??a?"a?"a,a?1a?aa?Ra??a?aa?1a??a?Ra??c?¬a?≪a?§a?'a??a??a??a??a??a?¢a?≪a??a??a??a?a?RaRμa??a??e?aa??a?Re£?a?£a?|a??a??c?¬a??a??a?≫a?ca\?a??a?aa?Ra??a??a??a?a?-a?≪a??a?oa\?a??a?≪a? ̄a?!a??a??a?¨a?-a??a? ̄e-?a??a...\a??a??a??a?|a??a?"a?§a?a?3a?¢a?aa?-a?≪a??a?oa??a?!a?3a?≪a? ̄a??a??a??a??a?§a??a??a??a?"a?a??ALL OVER GUITARISTa?'c?Ra??a??aooc?ca? ̄a?...a??e??a??a?1a?-a?a?"a??a? ̄c?¬a?≪a?§a?'a??a??a?¨a??a?§a??a??a?

VTT2: Vital Tech Tones, Vol. 2

[ CD ]
VTT2: Vital Tech Tones, Vol. 2

・Scott Henderson ・Steve Smith ・Victor Wooten
【Tone Center】
発売日: 2000-05-23
参考価格: 1,917 円(税込)
販売価格: 1,462 円(税込)
VTT2: Vital Tech Tones, Vol. 2
- 収録曲 -
1. VTT
2. Subzero
3. Litigants
4. Puhtainin' Thu...
5. Drums Stop, No G...
6. Catch Me If U Can
7. Nairobe Express
8. Who Knew?
9. Time Tunnel
10. Chakmool-Ti
カスタマー平均評価:  5
超絶トリオ、再び!
当代のジャズフュージョン界の中でスリートップを形成するスコット・ヘンダーソン(ギター)、スティーヴ・スミス(ドラム)、ヴィクター・ウッテン(ベース)によるスペシャル・プロジェクト「Vital Techtones」の第2弾です。2000年発売。 前作「Vital Techtones」では超ド級の超絶技巧の限りを見せつけてくれた3人。スーパープロジェクトの常として、第2弾は前作の出来を上回ることは至難のワザであることは歴史がことごとく証明してきました。ところが、歴史にも例外というものが存在することをまざまざと見せつけてくれたのがこのアルバムです。前作で感じられた窒息寸前の張りつめた緊張感こそやや薄らいだものの、呆れるほどのボルテージの高さ、最後まで全力で疾走するドライブ感、そしてプロジェクトの「肝」である3者の超絶技巧の嵐と、聴く者の期待感を大きく上回る出来ばえです。 前作では初期「トライヴァル・テク」を思わせる近未来的なジャズ/フュージョンという感じでしたが、この作品ではややファンク色が強まったように感じます。これはウッテンの発言力が増したためでしょうか。でも、そんな些細なことは超ド級のプレイの前を前にしては、まったく無意味でしょう。ただ、ひたすら意識を無にしてスーパープレイに身を任せましょう。
感激!
とりわけ、1曲目のVTT、ビクターウッテンのベースソロは 圧巻。全曲に渡ってベースの重みを感じるアルバム。 GHS3のフランクギャンバレのギターフロント的なアルバムと対比できて 面白いです!
強力かつ重量感のある超絶プレイが楽しめるアルバムです
gのスコットヘンダーソン、drのスティーブスミス、bのヴィクターウッテンという各々のバンドを持つ超絶技巧メンバーによるセッションアルバムの第2弾です。サウンド的には、1stを踏襲し、強力なリズムセクションをバックに、破壊力あるgを展開する硬派なフュージョンになりますが、1st以上に、強力(凶暴?)かつ重量感のあるb、drが楽しめるのが特徴でしょうか。何といっても、セッションアルバムであるにもかかわらず、アルバム冒頭は、無茶苦茶格好いいベースソロから始まりますので。
1st同様、決して、コマーシャルではありませんが、超絶技巧が楽しめる聴き応えのあるアルバムであり、硬派フュージョンが好きな方にお奨めのアルバムです。
確かに素晴らしい
確かに素晴らしい。
が、手癖というわけではないが、もう少し個性があっても良いような気がしました。
さらに、疾走感もあればと思いました。
1998年の第一弾VTTとの違いがすごい!
第一弾VTTとの違いは3人が完全に対等に勝負ししかも互角にわたりあっているところ。しいていえば、スコヘンがやや押され気味か。bとdsががっちりと土台を築き、その上にスコヘン気持ちよく乗っかりたいところだが、bとds、そうはさせじと時々揺さぶりをかけてくるので、そのときばかりはスコヘン必死でしがみつく、そんな、調和と緊張の連続がキキドコロ。ロブストでクリスピーな路線はさらに過激になり、3人の一体感はやや希薄になって、その分、真剣勝負っぽいところが増えた。充実したスタイル感が前作より完成度を高めており、多分ジャズ側からはいってくるリスナーの耳に心地よいと思う。もっとも違った意味で前作にも星5つあげるんだけど。

Vital Tech Tones

[ CD ]
Vital Tech Tones

・Scott Henderson ・Steve Smith ・Victor Wooten
【Tone Center】
発売日: 1998-06-09
参考価格: 1,917 円(税込)
販売価格: 1,385 円(税込)
Vital Tech Tones
- 収録曲 -
1. Crash Course
2. Snake Soda
3. Dr. Hee
4. Everglades
5. Two for One
6. King Twang
7. Captors
8. Giant Steps
9. Lie Detector
カスタマー平均評価:  5
超強力トリオによる凄絶な超絶技巧
スコット・ヘンダーソン(ギター)、スティーヴ・スミス(ドラム)、ヴィクター・ウッテン(ベース)という現在のジャズ/フュージョン界を代表する超絶技巧の名手3人によるスーパーセッションアルバムです。1998年発売。 いまさら説明不要の名手たちだけに、内容に関してはもう何も言うことがありません。躍動する強力リズム隊をバックに、スコヘンのギターが自由奔放に暴れまくっています。オープニングからラストまで、一切の手抜きなしに全速力で疾走を続ける音の嵐にただ唖然とするばかり。ギターファンならずとも、ハードフュージョンが好きな人にとっては必須アイテムであると断言します。 スコヘン自身のプロジェクト「Tribal Tech」は年々ブルース色を強めていますが、原点に戻ったかのようなハードで近未来的なぶっ飛びギターは健在です。ややセッション色が強まった「Vital Tech Tones vol2」ももちろん強力推薦です。
超強力トリオによる凄絶な超絶技巧
スコット・ヘンダーソン(ギター)、スティーヴ・スミス(ドラム)、ヴィクター・ウッテン(ベース)という現在のジャズ/フュージョン界を代表する超絶技巧の名手3人によるスーパーセッションアルバムです。1998年発売。 いまさら説明不要の名手たちだけに、内容に関してはもう何も言うことがありません。躍動する強力リズム隊をバックに、スコヘンのギターが自由奔放に暴れまくっています。オープニングからラストまで、一切の手抜きなしに全速力で疾走を続ける音の嵐にただ唖然とするばかり。ギターファンならずとも、ハードフュージョンが好きな人にとっては必須アイテムであると断言します。 スコヘン自身のプロジェクト「Tribal Tech」は年々ブルース色を強めていますが、原点に戻ったかのようなハードで近未来的なぶっ飛びギターは健在です。ややセッション色が強まった「Vital Tech Tones vol2」ももちろん強力推薦です。
超絶プレイの応酬が堪能できるセッションアルバムです
gのスコットヘンダーソン、bのヴィクタ−ウッテン、そしてdrのスティーブスミスという、それぞれのバンドを有する超絶技巧のメンバーたちが集まったセッションアルバムです。サウンド的にはブルーズのフレイバーも漂わせたジャズロックになっており、Gではジョンコルトレーンの名曲をリアレンジしてカバーしています。この手のセッションということになると、強力なリズムセクションをバックに、gが暴れまくるということになるかと思いますが、b、drともにツワモノだけに、b、drの持ち場も充分用意され、超絶プレイを披露していますので、3人のファンはもちろん、超絶技巧ファンにもお奨めのアルバムです。ただし、アルバム内容は、キャッチ−ではなく、硬派なジャズロックになりますので、その点は注意された方が良いと思います。
できればこのバンドで一度でいいから来日して欲しいんだよね。
a?1a?3a??a??a??a?3a?i?°a??a?3a??a?"a?Ra?a-¬a??a??a?a?c?'a£?a??a?'a??a?£a??a?a?Ra??a??a?Re?3e?2a?'e?'a??a?|a?|a??a??a??a?¶cμ¶a??a??a?Ra?§a??a??a?a?"a?Ra?¢a?≪a??a??a?≪a??a??a?-a?|a??a??c'?a?'a??a?-a??a?¢a??a??a?1a??e?"a?¨a?Ra?3a?ca??a?¬a??a?・a?§a?3a?§a??a??a??a?Re?3a\?a?Ra1...a??a,a±?ao?a??a?£a?|e??a?"a??a?|a??a??a??a?

a,?aooa?Ri??a?1a??a?£a??a?'a?1a??a?1i??a?'a?!a??a??a?≪a??a?3a??a?ca?!a??a?・a?§a?3a?Re|aa??i??a?'a?£a? ̄a??a??a?|a??a??a?3i??a??a?ca??a?¬a??a? ̄a??a?3a??a?Ra,-a??a?!a?3a??a??i??a?1a?3a??a??a??a?3a?a??a??a?3i??a??a?ca??a??a?≪a??a??a? ̄a?Re|aa??i??a≫?a??a?§a?Ra'≫a??a??a??e??a??a??a?¢a??a??a?1a??a??a?!a?¨a?Re??a??a?-a??a-'a?|a?Re≫?e・!a??e|?a??a?|a??a??a??a??a?aa\\a?Ra・±i??i??i??i??i??i??i??i??i??i??i??i??i??i??i??i??i??i??i??a??a,a??a??a?¨a?a??a??a??a?

a?1a??a?£a??a?'a??a?"a?¨a?1a?3a??a??a??a?"a? ̄a≫\a??a?≪a?a?-a?¬a??a??a??a?oa?a?¨a??a??a??a?3a??a?§a...±a?"a?-a?|a??a?-a??a?a?oa??a?"a??a?≪i?¬i?°a?§e2・a??a??a?-a??a?a≫?a?§a? ̄c§?a?RaR?a?§a??a?

a?'!a?!!£a? ̄a??a??a??a?"a?≪e-¢a?-a?|a? ̄a??a?Ra?a?ca??a?-a?¢a?≪a??a??a?a?'e?'a??a??a?-a??a??a?a??a??a≫?c??a?¨a?a??a??a?≪a?1a??a?ca??a?a??a??a??e??a?a?§e?3a\?a§a??a??a??a??a?|a?"e≫?a?aa?ca??a??a??a?・a?1a??a?§a??a??a?"a?¨a??a?"a??a?'e?'a??a?¨a??i??i??a??a??a??a??a??a??a?

e??a?£a?Ra?・a?"a?¢a?aa?a?,a?£a?oa?-a??a? ̄a?a??a?!a?3a?Ra??a??a?≪a??a?2a?¨a??a??a??a??a??a?§a??

aaaaaaaaaaaaaaa
aaaaaaaaaaaaaaaaa?"a?¢a??
このメンバーでの一作目、にしては抜群の安定感!
Tribal Tech と違い、このパーソネルの方向感はテクニカルな水準の高さを駆使した即興演奏のなかに現出する瞬間美および均整にある。gの抜群のドライブ感は、超高速かつ超安定で突き進むbとdsに支えられ、全体として見事なバランスを見せる。ハラハラドキドキ感と信頼感が並存する予定調和がキキドコロ。これがこの後VTT2へと続くのはきわめて説得的。ジャズの世界がおいでおいでをしているよ、ロック小僧のキミタチ!


Face First

[ CD ]
Face First

・Scott Henderson ・Gary Willis ・Tribal Tech
【Mesa】
発売日: 1993-07-20
参考価格: 1,380 円(税込)
販売価格: 1,367 円(税込)
Face First
- 収録曲 -
1. Face First
2. Canine
3. After Hours
4. Revenge Stew
5. Salt Lick
6. Uh...Yeah Ok
7. Crawling Horror
8. Boiler Room
9. Boat Gig
10. Precipice
11. Wounded
カスタマー平均評価:  5
豪快なスコヘンのプレイを堪能してください
スコット・ヘンダーソンとゲイリー・ウィリスの2人が中心になって構成するバカテク・フュージョン集団トライバルテックによる痛快な作品です。他にもゲイリー・ウィルスと共にBrett Garsedとの共演で知られるスコット・キンゼイ(key)もいて、今のフュージョン界を代表する面々のハイテクプレイの応酬には、ただため息が出るだけです。すべてのフュージョンファンにとっては必携の音源です。1993年発表。

チック・コリアのエレクトリックバンドで一躍スターダムにのし上がった、スコヘンですが、一応はフュージョン界に身を置きながらも、ブルースを多く取り入れることによって、他のギタリストとはまた違った味わいを出しています。ただ、あまりにブルース色が強くなってしまうと、ハイテク・ブルースギタリストになってしまう嫌いがあります。ここら辺は個人の好みなのでしょうが、私としては、ジャズ、ロック、ブルースの3要素がほどよくブレンドされているこのアルバムが一番お勧めです。

それにしても冒頭のFace Firstのソロは、実に大胆不敵というか、豪快の一語です。キメのトレモロなんてホント格好いいです。
スコヘンを始め、ツワモノたちのぶつかりあいが楽しめるアルバムです
スコットヘンダーソン率いるトライバルテックの93年発表のアルバムです。サウンド的には、ジャズ、ブルーズの要素を多分に含んだフュージョンということになるでしょうが、gにスコットヘンダーソン、bにゲアリーウィルス、keyにスコットキンゼー、drにカークコヴィントンというツワモノ揃いのメンツだけに、耳に心地よいいわゆるフュージョンアルバムではなく、各メンバーのぶつかりあいを楽しむフュージョンアルバムになっています。b、key、drももちろん素晴らしいプレイを聞かせてくれるのですが、やはりそれらに影響されたスコヘンのギターが聴き所でしょうか。決してガンガン弾きまくっているわけでありませんが、渋くて格好いいフレーズを聴かせてくれます。
ただ、決してコマーシャルな内容ではありませんので、楽器のぶつかりあいが好きな方にお奨めのアルバムです。
他を寄せつけない圧倒的な音楽性と演奏能力を見せつけるアルバム
スコットヘンダーソンさんの正確無比で気狂いみたいに火を吹くギターの音色は聴いてて悶絶するのですが、このアルバムに参加している素晴らしいアーチスト達との見事なコラボレーションでまたトライバルテックの音楽の幅が一層広がって聞こえます。

このアルバムはスコットヘンダーさんの活動の『頂点』であると同時に今までの活動や音楽に対する『自己研鑽の発露』にもなっています。

5)『ソルトリック』を聴けばいかにこのバンドの音楽性が並外れて高いかが納得していただけると思います。

9)『ボートギグ』がこのアルバムのベストですが、『スティーヴレイボーン』さんに捧げられています。

この曲でのスコットヘンダーソンさんの意気込みとテンションは『ま
じ』です。

スコットヘンダーさんの『ブルーズ音楽』に対する尽きぬ熱情とリスペクトがこれでもかと伝わってくる『真剣勝負』な『がちんこ』アルバムなのです。

            


ザ・チック・コリア・エレクトリック・バンド

[ CD ]
ザ・チック・コリア・エレクトリック・バンド

・チック・コリア
【ユニバーサル ミュージック クラシック】
発売日: 2003-11-21
参考価格: 1,995 円(税込)
販売価格: 1,857 円(税込)
ザ・チック・コリア・エレクトリック・バンド
- 収録曲 -
1. シティ・ゲイト
2. ランブル
3. サイド・ウォーク
4. クール・ウィーゼル・ブギ
5. ゴット・ア・マッチ?
6. エレクトリック・シティ
7. ノー・ゾーン
8. キング・コックローチ
9. インディア・タウン
10. オール・ラヴ
11. シルヴァー・テンプル
カスタマー平均評価:  4
上手いんでしょうね?
トータル的なイメージは散漫・・な感じ 上手いんでしょうね?と拍手しますが、聴き手はちょっと退屈 まぁまぁかな・・ やっぱりRTFの「浪漫の騎士」の方がいいな 少なくとも「これいいよー 損しないから・・」とはいえねぇーアルバム
テクとヴォリュームには圧倒されるんだが
この内容ならアル・ディメオラ在籍期のRTFでも良かったんじゃないかと思ったりもする。確かにテクも凄いし曲もサウンドもアルバムタイトルのレタリングのようなキンキラキンな分厚さがある。しかし何かしら夜の街のネオンが辺りを照らしまくるような下世話な感じがしてしょうがない。 出た時期が80年代のフュージョン全盛期だから、「俺たちこそ本家だと教えてやるためにもとにかく目立ちまくってやろうぜ」とでも考えたのだろうか?「浪漫の騎士」のような上品さをもっと前面に出したアルバムのほうが、チック自身のテンションの凄さを上手に伝えることが出来ると思うのだが・・・
コレヲキコウ
 チック・コリアは41年の生まれ。トランペッターである父親の影響でピアノを始める。60年代に活動を開始し、ブルー・ミッチェル、ハービー、マン、スタン・ゲッツなどのバンドで脚光を浴びる。68年に電化されたマイルス・デイビスのバンドにローズピアノ(電子ピアノ)で加入し、「In a Silent Way」「Bitches Brew」のセッションで話題を集める。マイルスバンドを脱退後、72年にリターン・トゥ・フォーエヴァーを結成し、フュージョン音楽の基礎を築く。それと並行してアコースティック・ジャズにも取り組み、ラテン音楽を積極的に取り入れ、「FRIENDS」「The Mad Hatter」といった秀作を発表する。80年代に入るとクラシック音楽にも挑戦するなど、幅広い活動を続ける。ガッド、ゴメス、ブレッカーとの名盤「THREE QUARTETS」は81年の発表だ。  そして85年、超電化ハイテクバンド、チック・コリア・エレクトリック・バンドを結成、フュージョン界に多大な影響を与える。さらに、チック・コリア・アコースティック・バンドを派生させ、2つのグループを中心に約10年間活動する。  このバンドは素晴らしいリズム体を有している。デイブ・ウェックルの奔放なドラムとジョン・パティトゥッチの緻密なベース。すっかりウェックル・フリークになってしまった。そんなやつが当時はいっぱいいたのだ。  曲もかっこよく、オープニングの「City Gate?Rumble」から「Silver Temple」まで隙がない。エリック・マリエンサルが加わる前のちょっと薄いカンジもこれはこれでなかなかよい。  比較的音楽仲間には受けの悪い「THE CHICK COREA ELEKTRIC BAND」ではあるが、ぜひコレクションに加えて欲しい。
エレクトリックバンドの最高傑作は1枚目!
エレクトリックバンドの最高傑作は1枚目!、なんて書くと、その後のは、なんじゃい、と言われてしまうかもsれないけど、このアルバムが凄いのは、かのRTFがクロスオーバーの走りとして始まりながら、途中、相当エレクトリックロック化しながらも、結局ミュージックマジックあたりから、その方向性を分散させていったチック(あれもこれもやりたいひとだからねえ)によって、完成形を見なかったRTFジャズロックを完全に結晶させたのが実は、このエレクトリックバンドであり、それは、その処女アルバムにつまっているのよ。これを聞いて、ジャズファンもロックファンも退屈と言う人はいないと思うわ。

Well to the Bone

[ CD ]
Well to the Bone

・Scott Henderson
【JVC Japan】
発売日: 2002-09-03
参考価格: 1,917 円(税込)
販売価格: 1,393 円(税込)
Well to the Bone
- 収録曲 -
1. Lady P
2. Hillbilly in the...
3. Devil Boy
4. Lola Fay
5. Well to the Bone
6. Ashes
7. Sultan's Boogie
8. Dat's Da Way It ...
9. That Hurts
10. Rituals
カスタマー平均評価:  5
スコットヘンダーソンソロブルーズアルバム第3弾・・・これは凄いですね!!
2002年リリースの「ドッグパーティ」「トアダウンハウス」に続くハイテクブルーズアルバム3作目・・・とにかく一筋縄ではいかない、超絶技巧炸裂の内容です!!ブルーズといってもスコットヘンダーソンのオリジナリティ溢れる曲ばかりで、心地良い奇妙さ(笑)を堪能出来るものばかり(ストレートじゃないんですね)・・・巧すぎます!!メンバーは、スコットヘンダーソン(G)・カークコヴィントン(Ds)・ジョンハンフリィ(B)のトリオ・・・テルマヒューストン(Vo)・ウエイドダーハム(Vo)が参加してます。(またクレジットには、盟友スコットキンゼイがエレクトリックパーカッションで載ってます、笑)1曲目ウエイドがボーカルの「LADY P」のなんともいえない「変」さにもう!痺れました・・・結構歌うの難しかったと思います。5曲目テルマの歌うブギーっぽいタイトルトラックは、個人的にベストチューン・・・これだけのギターが弾ければ、さぞかし気持ちいいだろうなあ(笑)。続く6曲目はスローで色気のある彼の変態的ギターが聴けるナンバーですが、後半に進むにつれての弾きまくりが圧巻の1曲!!このアルバム全然飽きません・・・大傑作、名盤!!!!
なんだか実験的なブルーズだわね〜〜〜〜ハイパーブルーズ
いや〜〜〜〜、かなりかっとんでていいすよ。ひきまくってますね。持てる力をすべてこのアルバムにぶちこんだ感じだね。

ちょいとねじれたブルーズなんよね。評価にこまるけれどもさ。やっぱ、いま本家トライバルテックがかなり実験的で先鋭的なバンドと化しているんで、こういうダウントゥアースなやつが必要なのだと思います。精神衛生上ね。

やはりスコットが今いちばんかっとんでて、勢いがあるジャンルレスなスーパーギタリストであることはこのアルバムから聞き取れます。
ハイテンションなブルーズロックなのです。

トライバルテックで得たものをここに持ち込んでいると言うのが正直な感想です。だからこれはやばいくらいにすごいです。
現在ナンバーワンギタリストすね。
スコヘンのブルースはどんどん進化しています
Scott endersonの活動は、この「ブルースバンド」と「トライバル・テック」と「ヴァイタル・テック・トーン」の3つのバンドを中心に行われています。このCDは、このうち「ブルースバンド」によるもので、前作「Tore Down House」の続くものです。

ブルースと言えば、伝統的なスタイルの曲や演奏を踏襲したイメージが強いですが、スコヘンのブルースはどんどん進化しています。はっきり言って普通じゃなく、スゴイです。正直、どうやって演奏しているか、目で確かめたいです。
スコヘン好きはもちろんのこと、(超絶)ロックやプルース・ギターの好きな方は是非聴いておきたい1枚です。
スコヘンのブルースはまた一歩進化しています
ブルースと言えば、伝統的なスタイルの曲や演奏を踏襲したイメージが強いですが、スコヘンのブルースはどんどん進化しています。はっきり言って普通じゃなく、スゴイです。正直、どうやって演奏しているか、目で確かめたいです。
スコヘン好きはもちろんのこと、(超絶)ロックやプルース・ギターの好きな方は是非聴いておきたい1枚です。
スコヘンのブルースはまた一歩進化しています
ブルースと言えば、伝統的なスタイルの曲や演奏を踏襲したイメージが強いですが、スコヘンのブルースはどんどん進化しています。はっきり言って普通じゃなく、スゴイです。正直、どうやって演奏しているか、目で確かめたいです。
スコヘン好きはもちろんのこと、(超絶)ロックやプルース・ギターの好きな方は是非聴いておきたい1枚です。


Illicit

[ CD ]
Illicit

・Scott Henderson & Tribal Tech
【Mesa】
発売日: 1992-08-04
参考価格: 1,353 円(税込)
販売価格: 1,057 円(税込)
Illicit
- 収録曲 -
1. Big Wave
2. Stoopid
3. Black Cherry
4. Torque
5. Slidin' Into Cha...
6. Root Food
7. Riot
8. Paha Sapa
9. Babylon
10. Aftermath
カスタマー平均評価:  5
やられたらやり返せ!
gのスコットヘンダーソン、bのゲアリーウィルス率いるトライバルテックの92年発表のアルバムです。他のメンツは、トライバルにはおなじみの、keyのスコットキンゼー、drのカークコヴィントンです。サウンド的には、ハイパーフュージョンとでも呼ぶべき物。ごきげんなぶっ飛びナンバーから、メロディアスなバラードまで、バラエティに富んでいるのが特徴でしょうか。とはいえ、このバンドの最大の売りは、やはり、メンツのソロプレイ。ブンブン唸るb、力強いdr、ジャジーでメロディアスなkey、そして、エッジの効いたgのソロパートが殆ど全ての曲で聞けるのが最大の魅力かと。 硬派のフュージョン好きな方、ギター好きな方にはお奨めのアルバムです。但し、決してキャッチーなアルバムではありませんので、その点はご注意を!
スコヘン暴れまくり!
1992年発売のTribal Tech名義の作品です。メンバーはゲイリー・ウィリス(ベース)、スコット・キンゼイ(キーボード)、カーク・コヴィントン(ドラム)というお馴染みの固定メンバーです。ギターエンジニアとして、両手タップの魔術師T.J.ヘルメリッチの名前が見られます。 最近でこそブルース色が強まっているスコット・ヘンダーソンですが、この作品では宇宙的なフュージョンサウンドとブルースフィーリングとがほどよくブレンドされていて、アクロバティックなスコヘンのギターが縦横無尽に暴れまくっています。80年代後半のTribal Tech初期の頃はバンド全体のアンサンブルを意識したプレイが多かったスコヘンですが、90年代に入ってからは自我を剥き出しにしたプレイに転換。トレモロアームを多用した派手なウラメロとウネウネフレーズは、ギター好きにとってはまさにご馳走のテンコ盛りという感じです。
いやー、熱いバトルだな、この4人
ギターが好きで、ギタリストが好きで、その中でも特に個性のあるギタリストを聴きたくなったら、スコヘンさんにたどりついてしまったのであります。ゲイリーさんのベースがブンブン唸り、スコキンさんのキーボードがファンファン奏で、カークさんのドラムがズンドコドコドコ叩きまくりの上からスコヘンさんがウネウネクネクネ変態フレーズを被せてきはる。まじでこの4人喧嘩してはるんちゃうのてな具合のバトルバトル。お前には負けへんでーてな意気込みが熱い熱い。3曲目のBlack Cherryが面白い。スコヘンさんが書いた曲です。暫くはスコヘンさんのへヴィーリスナーになりそうであります。
ただただゴージャス。
 スコット・ヘンダーソンを筆頭に恐ろしいまでの
技量に裏打ちされたゴージャスな音楽である。

 ゴージャスというのはこのアルバムには非常な
統一性が各曲に持たされており、聴いているだけで
たとえ周りが壁に囲まれていようと渋滞中の車の中であろうと
気分だけはシーニックになるというくらい凄いのだ。

 時間を忘れさせてくれるには持って来いだし、
キッズが聴けば立ち直れないくらいの衝撃を受けることは
必至の一枚。
腐り切ったスムーズジャズに鉄拳を打ち込むアルバム!!
a?1a?3a??a??a??a?3a?a??a??a?3a??a?"a?Ra?・a?£a??a?-a?§a??a??c??a?aa?Ra??a??a?Re?3e?2a? ̄e?'a??a?|a?|a?¶cμ¶a??a??a?-a??a??a??a?a?"a?Ra?¢a?≪a??a??a?≪a??a??a?-a?|a??a??c'?a?'a??a?-a??a?¢a??a??a?1a??e?"i??a?1a?3a??a??a?-a?3a??a??i??e?μc??i??a?≪a??a? ̄a?3a?'a?£a?3a??a?3i??a??a?ca??i??a?¨a?Ra?3a?ca??a?¬a??a?・a?§a?3a?§a??a?ca??a??a?≪a??a??a? ̄a?Re?3a\?a?Ra1...a??a,a±?ao?a??a?£a?|e??a?"a??a?|a??a??a??a?a?a?・a?Ra??a?3a??a?!a?3a??a??a?Ra?ca??a?3a??a??a?-a??a??a??a?£a??a?¢a?≪a??a??a?§a??a??a??a??a?

a?1a?3a??a??a??a?"a? ̄a,-e-"a§?a?Re...?a??a??a?£a??a??a?¬a?3a??a?aa?ca??a?£a??a??e-¢a??a?aa??a?a・±a?Ra?!a??a??e?3a\?a?'ea?aR?a?≪a≫?a??a??a?"a\?a?-a?|a??a??a??a?-a??a?

a??a?Ra??a??a°-a?¨c"?a??a?-a??a?≪a??a??a??a??a?-a??a?-a??a?

a??a?3a??a?!a?3a??a??a?a...a?Ra?e¶...aooa?a?a?¨a?a??a??a??a??a?|a?¨a?¶a??a?aa??a??a??a?Re?-a??a?≪a??a??a?£a??c・?e?≪a??a?a??a??a??a?≪a'3a??a??a??e!?a??a??a??a?aa?¢a?≪a??a??a?§a??a??a??a??a?

a??a?3a??a?'a?aa??a?£a?|a??a??a??a??a? ̄a?≪a? ̄i?"i??a?a??a?≪!a?!! ̄a?a??a?a??a?£a?"a??a??a?°a?≪a??a?'a?Ra??a?-a??a??a?a?'a??a?1a??a??a??a??cμ¶a\?a?Ra?μa?3a?-a?≪a?≪a?aa??a? ̄a??a?§a??a?

aaaaaaaaaaaa?"a?¢a??


Tore Down House

[ CD ]
Tore Down House

・Scott Henderson & Thelma Houston
【Mesa】
発売日: 1997-04-08
参考価格: 1,353 円(税込)
販売価格: 929 円(税込)
Tore Down House
- 収録曲 -
1. Dolemite
2. Tore Down House
3. Metermaid
4. I Hate You
5. Gittar School
6. Xanax
7. Continuum
8. You Get off on Me
9. Mocha
10. Harpoon
11. Same as You
カスタマー平均評価:  4.5
スコットさんのブルースアルバム第2弾
スコットさんはやはりロックギタリスト、それも音楽性、独創性、楽曲制作性、勿論ギタリストとしての資質も世界最高レベルの人だと確認できるアルバムでした。加えて2曲目の「Tore Down House」、9曲目の
「Mocha」でのフレーズは凄くプログレッシブで、なんと懐の広いギタリストなんだとビックリしました。TRIBAL TECH では出来ない事を、いい意味でのストレス発散をしている様で、気持ちはよく分かります。思いきり弾きまくってる気持ちいいアルバムに仕上がってます。
スコヘンのブルーズプロジェクト
ソウルフルな女性ボーカリスト=テルマヒューストンと歌入りのブルーズアルバムを製作。彼独自のハイパーブルーズを展開。押しもひきもわきまえた繊細なギタープレーがうれしい。ロックパワーなブルーズの代表作品。シャープなギターが聴くものの耳をえぐります
10点中10点
ブルージーな中にも光る音使いが素晴らしい!
このアルバムはブルースアルバムですが、ブルースの雰囲気をたっぷり味わえるのはいうまでもなく、SCOTTならではの音使い、リズムがふんだんに漏りこまれており、バリエーション豊富な演奏であきさせないものになっています。特にギター好きにはたまらいはず。さすがSCOTTといった感じです。

グレッグ・ビソネット

[ CD ]
グレッグ・ビソネット

・グレッグ・ビソネット ・ジョージ・バーンハート ・ダグ・ボッシ
【ビクターエンタテインメント】
発売日: 1998-11-21
参考価格: 2,520 円(税込)
販売価格: 3,000 円(税込)
グレッグ・ビソネット
- 収録曲 -
1. コモン・ロード(ウィズ・スティー...
2. ティーンエイジ・イミグラント(ウ...
3. ドクター・トゥーラク(タイ・テイ...
4. フランケンシュタイン(ウィズ・ジ...
5. ワイルドウッド(ウィズ・アンディ...
6. トリビュート・トゥ・トニー(ウィ...
7. ユー・キル・ミー(ウィズ・スコッ...
8. フライブレイン(ウィズ・スティー...
9. 1920・シャディ・ドライヴ(ウ...
10. ノー・マター・ホワット(ウィズ・...
カスタマー平均評価:  4
とにかく参加しているギタリストが凄い・・・スコットヘンダーソンがいいですねえ!!
1998年リリースの元デイヴリーロスバンドのドラマー・グレッグビソネットのソロアルバム・・・彼の兄弟マット(B)とリズムセクションを固め、それぞれの曲にギタリストを迎えるという内容になっています。スティーヴヴァイ・スコットヘンダーソン・マイクミラー・ポールギルバート・アンディサマーズ・スティーヴルカサー・タイテイバー等豪華なメンバーが参加しています・・・元々フュージョン畑出身と言う事で、スコットやマイクの参加があったのでしょう。面子を見ただけで、もうこのアルバムは買いです!!それぞれのギタリストの個性を生かした曲作りがされており、マットのソングライティングも見事!!個人的にはスコットヘンダーソンが最高でした!!

Reality Check

[ CD ]
Reality Check

・Tribal Tech
【Mesa】
発売日: 1995-05-02
参考価格: 1,353 円(税込)
販売価格: 1,042 円(税込)
Reality Check
- 収録曲 -
1. Stella by Starli...
2. Stella by Infra-...
3. Nite Club
4. Speak
5. Worlds Waiting
6. Susie's Dingsbums
7. Jakarta
8. Hole in the Head
9. Foreign Affairs
10. Premonition
11. Reality Check
カスタマー平均評価:  5
「Tribal Tech」の第4弾目!
スコット・ヘンダーソンとゲイリー・ウィルスの双頭バンド「Tribal Tech」が1995年に発売したバンド名義としては4作目にあたる作品です。メンバーはScott Kinsey(キーボード)、Kirk Covington(ドラム)という不動の布陣。 前々作「Illicit」(1992年)、前作「Face First」(1993年)あたりでグループとしてのスタイルを確立させた彼らですが、この作品では過去の作風をしっかりと継承しつつ、さらに重厚感を増した仕上がりになっています。いきなりオープニングの「Stella by Starlight」で「おや?」と思わせておいて、続く「Stella by Infra-red High Particle Neutron Beam」での重戦車のようなギターソロでド肝を抜く展開はいつ聴いても鳥肌が立ちます。「Tribal Tech」以降、基本的にはハイパーなジャズフュージョンというカラーを保ちながらも、必ず1箇所はいい意味での「遊び的要素」を残すのが彼らの特徴だと思いますが、この作品では一切の息抜きを許さない超ド級の超絶技巧で聴く者を圧倒しつづけます。特にラストの「Reality Check」では壊れてしまうのではないかと思えるほど、全員が切れに切れまくっています。とにかく有無を言わせない破壊力満点のプレイには、ただ驚くばかりです。90年代ジャズフュージョンの諸作品の中でも、間違いなくNO1の傑作です。
新生Tribal Techの最高傑作
本作品は、Scott HendersonとGary WillisによるユニットTribal Techでは、ベスト・アル バム「Primal Tracks」を除くと7thアルバムとなる作品です。 メンバーは、5thアルバム「Illicit」、6thアルバム「Face First」と同じくScott Henderson (g.)、Gary Willis (b.)、Scott Kinsey (key.)、Kirk Covington (Dr.)という最強の布陣。 Scott Hendersonのギターは、前年に自身初となるソロ・アルバム「Dog Party」で、強烈 なハイブリット・ブルース・アルバムを発表したこともあり、さらにフレーズとトーンが洗 練されています。 「Stella by Infra-red High Particle」、「Nite Club」、「World Waiting」でのScott HendersonのBlues Rock的なアプローチは、ギターを勉強している人には最高の教材です。 Gary Willisをフューチャーした美しいベースラインが印象的な「Nite Club」、「Speak」、 特にギターレスの「Speak」は、Garyのファンには嬉しいスーパーテク満載の曲です。 「Speak」、「Jakarta」等の、Tribal Techの代表曲を収録しています。
伝統にしがみついている『ジャズ』にケリをくれる痛快無比なアル
a?"a?Ra?¢a?≪a??a??a? ̄a?a??cμ±a?≪a??a?'a?-a??a??a??a??a?|a??a??a?,a?£a?oe£a,-a?≪a?e??a?3a?'a...\a??a??i??i?'i??a?Ra?c??a??a??a??a?3a?¢a??a?3a?1a??a??a?3a??a??a??a??a?1a??a??a??a??a??a?

a??c-?a,aμ?a?Ra??a??a??a?|a??a?¢a?¢a?¨c?Re??a??a?3a?-a?3a?-a?¨a??a??a??a??a?3a??a??a??a?

a?Ra??a?aa?1a??a?Ra?1a?3a??a??a??a?3a?a??a??a?3a??a?"a? ̄a?,a?£a?oa?¨a??a??a?¢a??e?aa?"a?≪a? ̄a??a?£a??a??e??a'3a? ̄a?aa??a?a??a??a?,a?£a?oa?Ra??a??a?£a?aa??a?¨a?1a?"a?aa??a??a?≪a? ̄a?1ao?c??a?≪a?"a??a??a??i??e?aa??a?≪a?3a?-a??i??a?Ra??a?aa?1a??a?aa?Ra??a?

a?"a?Ra?,a?"a??a??a\-c??a?≪a? ̄e2ca£2a?|c?\a??c≪?a?|a?≪a??a??c?1a?§a??a??a?¨a??a?a??a?a??

a??a?"a?aa?"a??i??i??i??i??i??i??i??i??i??i??i??i??i??i??i??a?"a?£a?±a??a??a?"a?≪a?aa??a??a??a??a?"a\?a??a??a??a?"a?§e-¢a??a?-i??i??i??a??a?

a≫?a??a?Ra??a?1a??a? ̄i?"i??a?a??a??a??a? ̄a?ca?-a?a?§a??a??a??a??a?a?2a?¢a?aa??a?|a??a?aa?1a??a?"a?Ra??a??a?1a??a?aa?"a??a?a??a?"a??a?¬a??a?≪a?a?≪a??a?£a?!a??a?£a?|a??a??a??a?a??a??a??a??a?a??a??a?!a?!!§a??a?

a?"a?"a?§a?Ra?1a?3a??a??a??a?3a?a??a??a?"a?Ra?-a?¬a??a? ̄a??a??a?≪a?e¬?a?a?§a??a?

a?Ra??a??a?'a?c? ̄a?-a?|a?a??a??a??a?

i??i??a? ̄a?1a?3a??a??a?-a?3a??a??a??a?"a?Ra?a?!a?-a??a?£a??a?!a??a?≪a??a?a?¨a?-a?|a?Re3?e3aa??e?2a??a??a?oa??c'?a?'a??a?-a??a??a?Ra?§a??a?a?a?|a?¨a?¶a??a?aa??a??a??a?a?'e¶?a??a??a?2a?¨a?-a?|c§?a?aooa? ̄ec?a?!a?-a?|a??a??a??a?a??a?2a?§a??a?

i?'i??i??a?"a??a??a?a??a?ca??a??a?≪a??a??a? ̄a?a?aa?Ra?§a??a??a?a??a??a??a?Ra?-a??a??a??a?aa??a??a?\a??a?,a?§a?3a??a?3a??a?¨a,c・?a?'e??a??a?"a?¨a?'e¨?a??a??a??a??a?3a??a??a?§a??a?

a?¶c?¶a?aa?Ra?§a??a??a?μa??a?"a??a?'a?£a?±a?aa?-a?≪a?-a?|a??a??a?a?ca?,a?aa?a??a??a?a??a?ca??a??a?≪a??a??a? ̄a?a?Ra??a?3a??a??a??i?'a?2e£c¶?a?§a??a??a??a??a?-a??a?a?¶c?¶a?¨a? ̄a?≫a?"a?¨a??a??a?-a??a??a?Ra?§a??a?

a??a?£a?¨a?ca?,a?aa?RcR!c??e...a??a?a??a?ca??a??a?≪a??a??a? ̄a?a?Rc?±c??c??a?aa??a?!a?3a?aa?Ra?§a?-a??a??a?-i??i??i??i??i??a?

aaaaaaaaaaaaaa?"a?¢a??




Copyright © 2008 洋楽アーティストデータベース. All rights reserved.    Program by 簡単アマゾンサイト作成ツール ver.3.96

 更新日 2008年10月11日   ※ 表示価格は更新時のものです!      メール      相互リンク