洋楽アーティスト1000人のデータベース。公式サイト・ファンサイト・ブログ・掲示板・リンク集。

洋楽アーティストデータベース

1,500円以上で送料無料!
※一部大型商品を除く
カートを見る ヘルプ
チープ・トリック カルト デヴィッド・リー・ロス ディープ・パープル デフ・レパード ドッケン  
  ヨーロッパ ゲイリー・ムーア ガンズ・アンド・ローゼズ アイアン・メイデン ジューダス・プリースト キッス

洋楽データベース
無料着うたダウンロード
OnGen音楽配信
洋楽楽譜
洋楽名曲
洋楽ランキング
洋楽歌詞和訳・翻訳
特集
 アーサー・クルダップ
 アート・ネヴィル
 アルバート・キング
 アルバート・コリンズ
 イングヴェイ・マルムスティーン
 ヴァン・ヘイレン
 オジー・オズボーン
 クイーン
 クワイエット・ライオット
 サミー・ヘイガー
 スキッド・ロウ
 スコーピオンズ
 テッド・ニュージェント
 ナイト・レンジャー
 ポイズン
 ホワイト・スネイク
 メタリカ
 モトリー・クルー
 レッド・ツェッペリン
 ロイヤル・ハント

 

クイーン


ザ・コスモス・ロックス スペシャル・エディション【初回生産限定盤】

[ CD ]
ザ・コスモス・ロックス スペシャル・エディション【初回生産限定盤】

・ポール・ロジャース クイーン
【EMI MUSIC JAPAN(TO)(M)】
発売日: 2008-10-08
参考価格: 3,500 円(税込)
販売価格: 3,500 円(税込)
ザ・コスモス・ロックス スペシャル・エディション【初回生産限定盤】
- 収録曲 -
1. コスモス・ロッキン
2. 今が輝くとき
3. スティル・バーニン
4. スモール ~心の安らぎ
5. 戦場の少年戦士
6. アイ・ビリーヴ
7. コール・ミー
8. ヴードゥー
9. グリッター
10. C-レブリティ
11. スルー・ザ・ナイト
12. セイ・イッツ・ノット・トゥルー
13. サーフ・ザップ...スクールズ・...
14. スモール ~心の安らぎ <リプラ...
カスタマー平均評価:   0

ザ・コスモス・ロックス

[ CD ]
ザ・コスモス・ロックス

・クイーン+ポール・ロジャース
【EMI MUSIC JAPAN(TO)(M)】
発売日: 2008-09-17
参考価格: 2,500 円(税込)
販売価格: 2,500 円(税込)
ザ・コスモス・ロックス
クイーン+ポール・ロジャース
カスタマー平均評価:  4
MRT
ポール・ロジャースのファンです。クイーンについては、嫌いではないものの、テレビやラジオで流れる代表曲と呼ばれる類いのものを耳にするくらいでした。 ポールにとっては久しぶりのスタジオ録音盤ということと、クイーンの2人との合体がいかなるものかに惹かれ、アルバム(国内盤)を購入しました。 アップ・テンポでコーラスが印象的な1曲目が始まると思わずニヤリとしてしまいました。これまでのポールの作品に、モダンな味付けをしたというか、当然ながらクイーンの2人からのインプットが感じられます。この段階で既にノックアウトです。演奏や作曲能力に長けた3人の合体は本当にすごいです。 アルバム中盤あたりに少し落ちついた曲が続くので、若干だれてしまいますが、それらの曲もポールの味わい深いヴォーカルが堪能できますし、ブライアンのブルージーなギターも活躍します(これまではブライアンが、こんなブルージーなギターを弾く人とは知りませんでしたので驚きました)。 全体的にはポール色が強いので、正直なところ、クイーンの好きな人(特に代表曲のような楽曲を求めている人)には、なかなか受け入れることが難しいかもしれませんが、良い楽曲に、良いヴォーカル(12曲目は3人がヴォーカルです)、良い演奏がたっぷり入った力作です。 クイーン+ポール名義ですが、個人的には、「メイ、ロジャース、テイラー」という名の新人(?)バンドのデビュー作として受け止めています。
素晴らしいRock Album
QUEEN=フレディ・マーキュリー という図式が今も根本にあるので、 バンド(特にブライアン・メイ)もあえて勿論フレディへの追悼の意味も含め Queen+Paul Rodgersという名義にしているのでしょう。 外のレヴュアーさんもQUEEN Funの意固地なまでの拒絶に疑問を投げかけていますが、 やはりフレディの存在感のデカさは絶大なのでその辺もくみしてください。 ただアルバムも聴かず「こんなのQUEENではない!!」というQUEEN Funはどうかと思います。 色眼鏡無しでこのアルバムを聴いたら、Rock Albumとしてのクウォリティは 非常に高く批判対象にはなりません。 ポール・ロジャースのVoのパワフルさは群を抜いているし、 ブライアンのギターは相変わらず繊細かつ大胆でメロディ最高 ロジャーの演奏も安定感抜群。 この3名のケミストリーは素晴らしいと思います。
平凡プラスアルファかな。
「Queenらしさが弱まり、別の世界へと足を踏み入れた」というのが私の感想です。 それも当然です。フレディーの才能が一滴も添加されず、あくまでもプラスP.ロジャースで仕上げたアルバムなのですから。 ライナーノーツでも「これまでのクイーンらしい要素は意外に少ない」と触れています。全曲的にヴォーカルはポールで、私の印象では、ブライアンのギターリックも短く平凡で、曲のメロディーやリズムもありがち、といった感じです。 総じて言えば「スタンダードスタイルのロックが詰まった、平凡プラスαなアルバム」ということでしょうかね。もっとも、この「プラスα」が大きいんですけど。
王者復活!!
正直な話をすると最初はそんなに期待してなかったんですが、いざ聞いてみると、これはエグい!!!!!の一言しか出てきませんでした。確にフレディやジョンがいなくなって曲の感じはとても変わりました。でもやっぱりこのアルバムに入ってる曲はどれも素晴らしくドラマチックです。フレディじゃないとクイーンじゃないとかいろいろ言われていますが、このCDを出したのはクイーン+ポールロジャースです。クイーンという1つの物体の中に新たにポールロジャースという遺伝子が組み込まれ、お互いの良いところが化学反応をおこし新たなる伝説をこれから作り上げていくんだと考えれば決してそのような事は考えられないと思います。長々と下手な文章で申し訳ございませんでした。ただ僕が言いたい事は1つです。『新たなる伝説はここから始まる…』
ファンは期待している。
ポール・ロジャースが凄いのはわかる。でも、ブライアンやロジャーの色はもっと出なかったの?これがリアルタイムのQUEENなんだね。

クイーン・イン・ヴィジョン 2008~グレイテストTV&ムーヴィー・ヒッツ~

[ CD ]
クイーン・イン・ヴィジョン 2008~グレイテストTV&ムーヴィー・ヒッツ~

・クイーン
【EMIミュージック・ジャパン】
発売日: 2008-02-27
参考価格: 1,980 円(税込)
販売価格: 1,740 円(税込)
クイーン・イン・ヴィジョン 2008~グレイテストTV&ムーヴィー・ヒッツ~
- 収録曲 -
1. イッツ・ア・ビューティフル・デイ
2. ボーン・トゥ・ラヴ・ユー
3. 愛にすべてを
4. ドント・ストップ・ミー・ナウ
5. バイシクル・レース
6. キラー・クイーン
7. 手をとりあって(ハイ・ディフィニ...
8. フラッシュ~伝説のヒーロー
9. ボヘミアン・ラプソディ
10. ウィ・ウィル・ロック・ユー
11. 伝説のチャンピオン
カスタマー平均評価:  3
初心者には…
ありがたいです。何を聴けば良いか分からない人には最高。
初めての人にはGOODです
私は特にクィーンのファンでもなく、F1が好きでその番組中で多く使用されているので買ってみたのですが、どの曲もどこかで聴いたことがありました、はじめて買った私のような初心者にはこの曲もクィーンだったのか、なんて驚きもあり。 11曲がすごく短いと感じましたし、このCDをきっかけにクィーンの他の曲も聴いてみたいと思う気持ちにさせられました。
ダイジェスト的ベスト盤・・・かな。
ここ数年間にCMなどで使用された「誰もが知っているクイーン」的な曲を集めたまさに企画モノなベスト盤。 曲順がドラマッチクな印象の順序になっているのは中々だが、♪手をとりあって(High Definition Mix 2005)は最後に持って来て欲しかった。 又、即発の♪フラッシュ?伝説ヒーロー(2007 High Octane Mix)が、改めて彼らの曲が並ぶ中で聴けるのは貴重かも。 これまでの彼らのベスト盤を持ってない方には好盤だが、曲数と彼らのベスト盤が多く発売されている事から言えばさらにお安くても・・・。 このCDを切っ掛けにより多くのクイーン・ファンが増える事を願いたい。 彼らのベスト盤で『グレイテストヒッツ』を超えるベスト盤は、未だ出ていない。
ん?…
既にいくつかベストアルバムは出ているけど、ミーハーな人向けのアルバムかな。「グレイテスト・ヒッツ」全て聴いたほうがよい曲が見つかると思う。
誰が企画したんでしょう?
値段が安いのはいいけど、もうこういう商売はやめて頂きたい。 こう書くと悪いけど、正直大した企画ではありません。 既発のアルバムをお勧めします。

ライヴ・イン・モントリオール’81

[ DVD ]
ライヴ・イン・モントリオール’81

・クイーン
【VIDEOARTS MUSIC( C)(D)】
発売日: 2007-11-07
参考価格: 3,360 円(税込)
販売価格: 品切れ中
ライヴ・イン・モントリオール’81
クイーン
カスタマー平均評価:  4.5
輸入盤にしました
既発のWeWillRockYouと同作品ですが、音はCDになるくらいですから ものすごく改善されました。映像もとても明るくなりましたが、まだ ちょっとザラつき感があります。でも素晴らしい。 しかしながら自分は輸入盤の通常版にしました。理由は、 1.輸入盤はリージョンフリーである。 2.ライブエイドをもっていてボーナスが入らない。 3.どうせ国内版も字幕なしである。 ボーナスのリハーサルシーンに少し後ろ髪を引かれましたが、 2000円を切る価格だったのでつい・・・ 作品としては本当に素晴らしいです。1981年の武道館を見た人は 必携でしょう。
一生聴き続けるバンド!
 まだDisc1を見終わったばかりだが感涙を禁じ得ない。70年代にロックにイカれてしまった者としてはぜひコレクションに加えたいDVDだ。  当時はZEPPやエアロの方が好みで、クイーンは女子に人気があったことから、BCRと同一視していたのだが、後から追っかけてそのかっこよさにしびれたものだ。  若い世代のためにあえて説明すると、単純なハードロックとは一線を画し、ロック、クラシックのオペラ、ソウルミュージックまで上手に取り込み独特の音楽性を確立した。4人の個性も際立ち、100年前の暖炉の木(という触れ込みだった気が)で父と自作したオリジナルのギターを操るブライアン・メイ。オペラの歌唱法も取り入れたエキゾチックなルックスのフレディ、寡黙なベースのジョン・ディーコン、ハスキーな歌も魅力の迫力のドラムス、ロジャー・テイラー。4人とも大学の学位を持つ(ブライアンはなんと最近中断していた論文を提出し物理学の博士号を取得した…パチパチパチ)知性派バンドと呼ばれ、諧謔にあふれた詞がまた英国的な香りがしたものだ。まるで演劇的なフレディのパフォーマンスは当時よく少女漫画でも似顔絵パロディとして登場していた。  このDVDは彼らが若く、勢いに乗って疾走している時間を切り取っている。ヒット曲も網羅してかなりお得な内容と思う。恐らく一生観続けるだろう。
旅への扉をひらく
メンバー4人がライヴという場で、最強のコンビネーションをみせて、場を作り上げていることが如実にわかる映像作品でした。この後サポートメンバーが加入し、さらにバンドとして邁進していきました。 クイーンというバンドの音楽はいつのときも心に翼をくれる、聴く者の側に寄り添ってくれるものでした。年月を経て、今なお強くそうあり続けています。彼らの曲は誰もが、どこかで耳にしたことがあるもの、それを映像でも楽しんでいただきたいです。さまざまなクイーンの表情をワン・パッケージで楽しめる、そんな作品になっています。この作品を入り口として広く、深いクイーンへの旅に出てみてはいかがでしょうか。是非楽しい旅を。
フレディー ベストコンディション
「ライブ・ウエンブリー」をはじめ、ほとんどのライブDVDを持っていますが、 フレディの声のコンディションがいいのに驚きました。 非常に質の高いライブだと思います。 購入した甲斐がありました。 星1つ減点の理由は、ライブ・エイドの画像がイマイチなのと日本語字幕が無い事です。 減点1ですが、クイーンファンにとっては買いの1枚だと思います。
日本語字幕なしは辛い
WE WILL ROCK YOUという名のVHSで発売されていた映像だが、今回の作品は映像も音質も格段に良くなっていて本当に嬉しい限りだ。 ブライアンとロジャーのコメントやライヴ・エイドのパフォーマンスとリハーサルの模様やインタヴューも収録されているとなれば、永年のQUEENファンにはたまらない作品だ。 しかし、肝心のインタヴューやオーディオ・コメンタリーには日本語の字幕が入っていない。(インタヴューの所だけライナー・ノーツに日本語訳が掲載されている) 何を喋っているのか全く判らない状態である…英語が堪能な方なら全く問題はないだろうが、私の様に英語が不得手な人間にはどうにもならない!見たい・聞きたい・知りたい事が解らないというのがこれ程悲しいものであることを改めて痛感した。 完成度の高いライヴなのに非常に残念である。

Greatest Hits, Vols. 1 & 2

[ CD ]
Greatest Hits, Vols. 1 & 2

・Queen
【Hollywood Records】
発売日: 1995-11-14
参考価格: 2,256 円(税込)
販売価格: 2,368 円(税込)
Greatest Hits, Vols. 1 & 2
- 収録曲 -
1. Bohemian Rhapsody
2. Another One Bite...
3. Killer Queen
4. Fat Bottomed Gir...
5. Bicycle Race
6. You're My Best F...
7. Don't Stop Me Now
8. Save Me
9. Crazy Little Thi...
10. Somebody to Love
11. Now I'm Here
12. Good Old-Fashion...
13. Play the Game
14. Flash
15. Seven Seas of Rh...
・・・
カスタマー平均評価:  4.5
まさにグレーテスト!!!
クイーンのグレイテストヒット集を二枚組にしたお買い得盤です。 クイーンのその長い歴史の上において外せない曲ばかりが収録されています。 絶対のお買い得盤なので、まだ持ってない方はぜひ聴いてください。 でもクイーンはヒット曲だけのバンドではありません。傑作アルバムも多数 ありますので、私としてはオリジナルアルバムこそ聴いてみてもらいたいです。
良いんじゃない?
QUEENクラスの超一流のバンドともなるとBEST盤の選曲が難しい。 このBESTも、あれ?と思うような曲が入ってなかったりするけど、 それなりの考えで選曲されてるようで納得がいく。 これはいろいろあるQUEENのBEST盤の中でもお勧めのものです。 最低限聞いて欲しい曲は一通り網羅されてるようです。 でも、これを買ってしまうと、ここに入ってない名曲を探したくなるんでしょうねえ。 QUEEN SECOND、オペラ座の夜、JAZZ・・・・・ オリジナルアルバムとして推薦したいものが沢山あります。 それらを揃えるのは、個人個人の趣味ですね。 どこまで深くのめり込むか?ですから。
決定版?
 亡きフレディー=マーキュリーのヴォーカルは、この世のものとは思われない(と、書くと大げさだが)、迫力があった。  このCD2枚組はずいぶん前から持っていて、ただ、私のレビューの傾向に合わないような気がしたので、放っておいたが、最近、DVDを立て続けに入手したので、「原本」に触れないわけにはいかないと思った。  CMのせいかヴォーカルを変えての「再結成」のせいか知らないけど、彼らに脚光が浴びることは喜ばしい。しかし、こんなこと行ったら起こられるかもしれないけど、この2枚組CDが決定版で、それ以外は「商魂たくましい」方々の著作物と思う。  違うかな?
是非若い世代にも
Queenは当然この二枚組みのベストだけで語れるようなバンドではないのですが、やはりこの 値段でこれだけ素晴らしい曲をまとめて聴けるので若い世代でQueenを聴いたことない人に是非おすすめします。そして気に入ったらオリジナルを一枚目から集めっていってさらに感動してほしいです。
最高
僕が初めて好きに なったアルバムです。小学校高学年の頃に兄貴に  教えてもらってから今にいたるまで聞き続けてます。当時は、エアロス ミスとクイーンとディープパープルしかしりませんでしたが、その中でも       クイーンは一番気に入っていたバンドです。フレディ・マーキュリーの声、  ブライアン・メイのギター ロジャー・テイラーのドラムとジョン・ディーコ ンのベースが絡みあう唯一無二のサウンドに今も虜にされています。 特に頭から離れなかったのが2曲目のAnother One Bites the Dustです。           イントロのベースラインとドラムはかなり衝撃的でした。そのリズムを キープしたままブライアンのカッティングギターとフレディのハイトーン が重なってくるところはもう小学生の僕でも踊ってました。あとやっぱり Bohemian Rhapsodyは世紀の名曲だと思います。20世紀の名曲に イマジン、イエスタデイについで選ばれているのも納得できる曲です。   「オペラ座の夜」ではアルバムの締めとしてふさわしい役割を果たして ますが、このアルバムの 頭からBohemian Rhapsodyというのもかなり いい役を買ってでてます。 全曲がクイーンらしいすばらしい曲で 僕が 音楽を好きになるきっかけをくれた思い入れのあるアルバムです。

グレイテスト・ヒッツ

[ CD ]
グレイテスト・ヒッツ

・クイーン
【EMIミュージック・ジャパン】
発売日: 1994-06-22
参考価格: 2,548 円(税込)
販売価格: 品切れ中
グレイテスト・ヒッツ
- 収録曲 -
1. ボヘミアン・ラプソディー
2. 地獄へ道づれ
3. キラー・クイーン
4. ファット・ボトムド・ガールズ
5. バイシクル・レース
6. マイ・ベスト・フレンド
7. ドント・ストップ・ミー・ナウ
8. セーブ・ミー
9. 愛という名の欲望
10. 愛にすべてを
11. ナウ・アイム・ヒア
12. 懐かしのラヴァー・ボーイ
13. プレイ・ザ・ゲーム
14. フラッシュ・ゴードンのテーマ
15. 輝ける7つの海
・・・
カスタマー平均評価:  4.5
超・鉄板BESTアルバム
…とにかく世の中には星の数ほどの『ベスト盤』がリリースされているものです。…私も学生時分、『より、最高のロックアーティスト』を求め、様々な『洋楽ロック アルバム』をむさぼり聞いて来たモノです。(90年代初頭)…当アルバムは数ある『ベスト盤』の中でも3本に入る充実と完成度の高さを誇ります。…つい先日も「洋楽を知らないがお勧めは…」と尋ねた学生に貸したところ、ここにコアな『クィーン・ファン』が誕生したのである。(08年)…ま、ヘビィ や ハード な路線ではないが、オトナもコドモもオネーサンも『100%万人受けする』『はずさない、鉄板のロックベスト盤』なのである。…ベテランレビュアーよりも、まず、「生まれて一度も洋楽CDを買ったことがない。」「洋楽、聴いてみたいけど何を始めていいかすら解らない」そんな人にこそ、読んで頂きたかった。…そんな人ほど、このアルバムは強く心に響いてくれるハズだと思い、レビューします。
クィーン入門に最適
そういう私もクィーンはこれしかもってないのですが、流石ベスト。買って損はないと思います。フレディー・マーキュリーの最高の歌声を味わって下さい。
初期のクイーン
初期の電子音をほとんど使っていない頃のもの。 曲がすばらしい。 当時ボヘミアンラプソディを聴いたときは、鳥肌が立ちました。 いまだにこのような名曲には出会っていません。
最強の一枚。ジュエルズよりオススメ!
今までたくさんのアーティストのグレイテスト・ヒッツを聴いてきましたが、ここまでハズレのないベストアルバムはないです!名曲中の名曲といわれる『BOHEMIAN RHAPSODY』、KIRINの炭酸飲料のCMで知名度が数千倍になった『DON'T STOP ME NOW』、多分100年後も残っているだろう『WE AER THE CHAMPIONS』などなど、有名な曲がてんこ盛りです。このアルバムが初心者に最適というのは、「有名な曲がたくさん入っているから」ということだけではありません。クイーンの特徴である、あまりにも完成度の高いコーラスワークやギターの多重録音(ギター・オーケストレーション)をキッチリと聴くことができるのも良い点の一つですね。また、冒頭に「本作のリスナーの大半は、クイーン・ワールドの入門者ではなかろうか。」と書かれていることからもわかるように「クイーン初体験」という方でも大変分かりやすい解説書。これも良い!「初歩的な知識だけ」と言いつつ、メンバーの紹介からクイーンの音楽の移り変わりに伴う変化の様子までサラリと書かれています。一曲一曲の解説もとても分かりやすく、この解説書をじっくり読んでからアルバムを聴くと、さらにクイーンの良さが分かるはずです。そしてこのアルバムは、クイーンの音楽の多様性も非常によく感じ取ることができるのでますますオススメ!アルバム内を見ただけでも、オペラ、ブラックコンテンポラリー、ポップス、ロックンロール、バラード、ロカビリー、ハードロック、ゴスペルなど様々なジャンルの曲がちりばめられており、圧巻の一言です。このように本当に素晴らしいアルバムで私としては無人島や棺桶の中にも持って行きたいぐらいなのですが、これで興味を持たれた方は是非、オリジナルアルバムも聴いてみてください。そして、クイーンワールドにどっぷりと浸かっていただければと思います。
美しきクイーンの世界へ
CMの女王といえば、最近では上戸彩や仲間由紀江、さらには長澤まさみあたりの名前が挙げられると思うのですが、CMソングの女王とくれば、間違いなく、その名もズバリ、この「QUEEN」になると思います。 誰もが一度はテレビなどで耳にした「キラー・クイーン」に「ウィ・ウィル・ロック・ユー」、そして「伝説のチャンピオン」。 そんな彼らが何故、これほどまでに私たちに愛され続け、数多くのTVCMやドラマの主題歌に起用されるかが、このアルバムを聴けばわかるはずです。 今までTVでしか彼らの音楽を聴いていなかった皆さん、是非このアルバムで、美しきクイーンワールドをご堪能あれ。

クイーンII (紙ジャケット仕様)

[ CD ]
クイーンII (紙ジャケット仕様)

・クイーン
【EMIミュージック・ジャパン】
発売日: 2004-02-11
参考価格: 2,600 円(税込)
販売価格: 2,405 円(税込)
クイーンII (紙ジャケット仕様)
- 収録曲 -
1. プロセッション
2. 父より子へ
3. ホワイト・クイーン
4. サム・デイ・ワン・デイ
5. ルーザー・イン・ジ・エンド
6. オウガ・バトル
7. フェアリー・フェラーの神技
8. ネヴァー・モア
9. マーチ・オブ・ブラック・クイーン
10. ファニー・ハウ・ラヴ・イズ
11. 輝ける7つの海
カスタマー平均評価:  4.5
White Side
B面がABBEY ROADと並ぶブリティッシュロック最高峰の傑作B面として知られる大名盤。B面の素晴らしさは言わずもがなってことでA面に目を向けるとSome Day One Dayが隠れた名曲で絶品。
これがクイーンの最強アルバム
LPでは1曲目から5曲目までをホワイトサイド。 6曲目からラストまではブラックサイドと分けられていた。 いまはCDで聴くことが多くなって、そのまま続けて聴いているが、 昔は、LPでもカセットテープでも A面でメロディアスな曲でしびれ、 レコードをひっくり返して、またはカセットをひっくり返して、 B面に立ち向かったものである。 このひっくり返すという作業を経ないで いきなりB面を聴くのは心臓に悪い気がした。 B面はロック色の強い曲で最後まで一気に流れ、 ただただフレディの才能に圧倒されたもんである。 ベスト盤には入っていない曲が多いが、 これがクイーンの最強アルバムだと思う。 フレディがいないクイーンなんて認めんぞ!
今からでも遅くはない!真のベスト・オブ・クィーン!
ドラマのヒットにより、クイーンと言えば 『I was born to love you』と思っている人が多いでしょう。 しかし、真にクイーンの真髄を知るならこのセカンド・アルバムです。 計算し尽された完璧な音の流れに まるで1本の映画を見終わった時のような感動さえあります。 ベストアルバムの聞きなれた曲だけで クィーンを知ったつもりでは本当にもったいないです。 発売から30年以上。 今でも聞くたびに、その素晴らしさに鳥肌ものです。 ここから始めてクイーンにのめり込んでみませんか? 一生のお宝になること間違いナシです。今からでも遅くはないですよ! できることなら、ぜひヘッドホンで聴いてください。
クイーンのエッセンスが凝縮されている
このアルバムには、クイーンのすべての魅力が凝縮されているといってもいいかもしれない。 個々の曲は決してベストアルバムにはのることのないものだが、それらがうまい具合にバランスを保っている。前半のブライアンの曲でリラックスした後、後半はフレディの強烈な世界にどっぷり浸かる・・。そこには、無駄な流れが一切ない。すべてが調和し、そこにクイーンという美しい世界がある。実に、計算されつくした素晴らしいアルバムだ。
若気の至り
クイーンのディスコグラフィーの中では異質な感触の1枚と言えるかもしれない。まさにフレディーがそれまでアタマの中でモヤモヤしていたものを一気に放出したという感じの音の洪水のオンパレードで、当時なかなかレコードの発売にこぎつけられずフラストレーションがたまっていたであろう彼らの状況を表しているような感じである。その後の自分たちの音楽に対する彼らの姿勢からするとあまりにも一方的かつ性急な表現衝動といった内容でこれからクイーンを体験しようという人が買う最初の1枚としてはシアーハートアタックやオペラ座の夜の方がバンドの魅力を堪能する上ではるかにお勧め。 真のクイーンファンを自認するコアな人々をひきつける魔力をもった作品ではあるがバンドが真に目指していたものにはまだ到達できていない過渡期の1枚。

世界に捧ぐ (紙ジャケット仕様)

[ CD ]
世界に捧ぐ (紙ジャケット仕様)

・クイーン
【EMIミュージック・ジャパン】
発売日: 2004-02-11
参考価格: 2,600 円(税込)
販売価格: 2,080 円(税込)
世界に捧ぐ (紙ジャケット仕様)
- 収録曲 -
1. ウィ・ウィル・ロック・ユー
2. 伝説のチャンピオン
3. シアー・ハート・アタック
4. オール・デッド
5. 永遠の翼
6. 秘めたる炎
7. ゲット・ダウン・メイク・ラヴ
8. うつろな人生
9. 恋のゆくえ
10. イッツ・レイト
11. マイ・メランコリー・ブルース
カスタマー平均評価:  5
バラエティに富んだサウンドが楽しめるアルバムです
77年発表のクイーン6枚目のアルバムです。「世界に捧ぐ」といえば、スポーツアンセムとして名高い、T1、2があまりにも有名になってしまいましたが、これまでのアルバムの派手さがいくぶんナリを潜めたとはいえ、クイーンらしいギターオーケストレーション、コーラス、そしてドラマティックな曲作りは健在です。また、とりわけこのアルバムでは、パンクムーブベントが吹き荒れる中、クイーン流パンクともいうべきT3を始め、ハードバラード、ジャズ、ブルース、そしてハードロックナンバー等々、サウンドがバラエティに富んでいるもの特徴でしょうか。 初期の派手さと、中期に繋がるポップさを併せ持った、楽しくて聞きやすいアルバムです。
攻撃性。
QUEENは前期、中期、後期の3つに振り分けることができます。 前期はギターを前面に打ち出したハードロックの楽曲が並ぶ時期。 中期はシンセサイザーを導入しポップロックに路線を変更した時期。 後期はもう一度原点に戻りハードロックと中期のポップ路線を組み合わせた時期。 この「News Of The World」は前期の最後のアルバムになります。 あまりにも有名でスポーツ、格闘技などで頻繁に使われる「We Will Rock You」「We Are The Champions」 が目を引きますが、このアルバムは決してそれだけではありません。 パンクの影響をもろに受けた「Sheer Heart Attack」 ハードなバラード「It's Late」など佳作な楽曲が並びます。 個人的に前期のQUEENが好きなので、このアルバムを最後に ポップ路線に移行するのが「もったいない」気がしてなりません。 まさに前期のQUEEN「最後」の傑作だと思います。
気高く、美しい「本気さ」
極寒のロケーションで凍えるメンバーの中ただひとり、エルトン眼鏡のフレディだけが寒さを意にも介しない力強い様子で歌い上げる。これはプロモーションビデオでの姿が感動的な「永遠の翼」。勿論映像なしでもその限界的な熱唱を耳にすると、クイーンからは遠く離れてしまった今でさえ心の底がぷるぷる震えるような感じがしてしまう。当時周囲からは茶化されることが多かった彼のパフォーマンスだが、今となって彼のあの「本気さ」はあまりにも気高く、美しい。また「マイメランコリーブルース」はキャンプのクイーン、'ライザ'フレディの芸術のひとつの到達点である。この方向で1枚アルバムを作って欲しかった。
誰が何と言おうが「QUEENの最高傑作!」
私は、それまでのQUEENが大いなる拘りを持って非使用としていた「シンセサイザー」を安直なオモチャのように使い始めた「THE GAME」以降の作品を勝手に「後期の別物」と定義して敬遠している古くて頭の硬いファンなので、この「世界に捧ぐ」は実質上「QUEEN最後の名作」という事になる(「JAZZ」も佳作だが)。中でもLIVE一発録りのような「うつろな人生」から、QUEENが本物のハードロックバンド(表現古いか?)である事を証明する「IT'S LATE」までの流れが凄い。特に後者では、LIVEでは再現不能だった「フレディの鬼気迫る人間離れしたハイトーンVo」が堪能出来る。私は、後期作品やLIVEでのフレディは好きではなかったが、この一曲があるからこそ彼を「最高のヴォーカリスト」と認識している。もちろんジョンの「永遠の翼」も名曲。他の作品と比べて明らかに毛色が違うためか、一般的な評価は高くない。が、先入観として世間に定着しているような「美麗な装飾」を剥いだ「素」の生々しいQUEENがここにあるように思う。現在巷で流行っている「QUEEN」のイメージが欲しい人にはお勧めしないが、アーティスト名に左右されず「優れたROCKアルバム」が聴きたい人には◎。TPOが許す限りの大きな音で聴いて欲しい。私は運転中に大音量で聴いてその迫力に酔っていたが、危険なので最近は控えている。真似しないように。(笑)
最高に好きなアルバムです!
オープニングの「ウイ・ウィル・ロック・ユー」と「伝説のチャンピオン」は特に有名で、勇気が湧いてくる曲なのですごく好きです。が、なんと言ってもその曲間の間(ま)が最高です!是非2曲セットで聴いてください。
 その他、私のお勧めの曲は、「オール・デッド」「永遠の翼」「恋のゆくえ」「イッツ・レイト」。

「オール・デッド」のボーカルはギターのブライアン・メイですが、「39」に次ぐ名曲ですね。 「永遠の翼」は最もクイーンらしい曲で隠れた名曲。 「恋のゆくえ」の優しいギターの音色からと続く「イッツ・レイト」はとてもハードですごくかっこいい曲です。
是非とも聴いてみてください!


ジャズ   (紙ジャケット仕様)

[ CD ]
ジャズ (紙ジャケット仕様)

・クイーン
【EMIミュージック・ジャパン】
発売日: 2004-02-11
参考価格: 2,600 円(税込)
販売価格: 2,399 円(税込)
ジャズ   (紙ジャケット仕様)
- 収録曲 -
1. ムスターファ
2. ファット・ボトムド・ガールズ
3. ジェラシー
4. バイシクル・レース
5. うちひしがれて
6. レット・ミーエンターテイン・ユー
7. デッド・オン・タイム
8. セヴン・デイズ
9. ドリーマーズ・ボール
10. ファン・イット
11. 去りがたき家
12. ドント・ストップ・ミー・ナウ
13. モア・オブ・ザット・ジャズ
カスタマー平均評価:  5
QUEEN史上最高のアルバム!
 このアルバムは’78年に発表された「JAZZ」という作品であり、プロデューサーに初期QUEENのアルバムを手がけたロイ・トーマス・ベイカーが起用されている。 個人的にはQUEEN史上最高のアルバムだと考えるし、’70年代のロックアルバムを代表する一枚だと言えよう。  「MUSTAPHA」はフレディがアラビア語で歌っているため、何を言っているのか分からない。 (歌詞も掲載されていない。) しかし、メロディーはいかにも中近東のロックンロールという感じで、のっけから聞く者を捕らえて離さない。 「JEALOUSY」は「LOVE OF MY LIFE」を髣髴させるような壮大なラブバラードである。 ライブではあまり演奏されなかったため認知度がいまひとつだが、私自身は大のお気に入りである。 もっと評価されていい曲ではなかろうか。  「IF YOU CAN'T BEAT THEM」は、QUEENの王道を行く爽やかでキャッチーなロックンロール。 ライブにはもってこいの曲だ。 「LET ME ENTERTAIN YOU」は一転して少し怪しげで小悪魔的なロックンロール。 イントロの重低音だけでも、聞いていてある種の緊張感を抱いてしまう。 「DREAMERS BALL」はすごく懐かしい感じがする。 ’50年代を髣髴させ、古びた狭い部屋で、若者たちがビリヤードを楽しんでいる姿が、私の目には浮かんでくる。 この曲がある意味「JAZZ」のハイライトである。  「FAT BOTTOMED GIRLS」、「BICYCLE RACE」、「DON'T STOP ME NOW」の3曲に関しては、もはや詳しく語る必要はないだろう。 いずれもQUEEN史上に残る屈指の名曲である。 このアルバムには捨て曲が全くなく、文句なしで五つ星をあげられる内容である。 これからQUEENを聞いてみようと思う人は、ぜひ手に取って聞いてほしいアルバムである。
音楽性の幅の広さをどれだけ許容できるか
「幅広い音楽性と言っても広げ過ぎ」 と言ってしまえばそれまでだし、 「様式美のQUEENが好きだったのに」 という人からは猛反発を食らうこと必至だが、私はこのアルバムが大好きなのである。 ヘブライ語(?)の(1)、コミックソング風の(4)、ハードドライビングチューンの(7)、ブルージーな(9)・・・バリエーション豊富な一方で、美しいバラード(3)、叙情性溢れる(11)も配してあり、バランス感覚も抜群。 本当に各曲バラエティーに富んでいて、飽きさせることなく最後まで進んでいく。 このエンターテイメント性がQUEENというバンドの真髄なのだろう。 おそらく本作に収録された曲の中で最も有名な(12)。 CMにも使われて有名になったが、実は5小節で1フレーズを構成しているという大変珍しい曲なのである。
バラエティに富んだサウンドが魅力的なアルバムです
前作「世界に捧ぐ」は、全米チャートを意識し、これまでのクイーンらしい重厚さを封印し、シンプル路線になり、今でも人気曲の「伝説のチャンピオン」「ウィウィルロックユー」といったヒット曲が生まれました。 で、このアルバムですが、前々作までの重厚路線と前作のシンプル路線を折衷した、バラエティある内容となっています。重厚路線といえば、やはり、tr1。数多いクイーンのドギモを抜く曲の中でも、トップに位置するものではないでしょうか。何といっても、アラビア語と英語が混じった歌詞で、対訳不可能と書かれた曲ですから。シンプル路線といえば、これまた人気曲の「ドントストップミー」に代表されるメロディの美しい曲も収録されています。 バラエティがあるということは、ある意味、ごった煮感もありますが、クイーンの様々な魅力を楽しめる妙に愛着あるアルバムです。 ちなみに、例の美女ポスターは、小さくなりましたが、しっかり付いています。
お勧めです
1曲目のムスターファは歌詞カードにも判別不能の為省略と書いてあり
中近東風の曲です、インド生まれのフレディならではの楽曲なのかもしれませんね
りぼんたーいむ、りぼんたーいむ
最近、自分の周りでQUEENを聞く人が多くなった。
それの影響ではないけど、久しぶりにQUEENのアルバムを『戦慄の王女』から順番に車と家で聞くようになった。

順番に聞いてて思ったのが、この『ジャズ』。最高にいい。
@の曲なんか、もうワケワカンナイ(笑)
でもすごくいい。何度も聞いてしまいたくなります。
ほんとどの曲も好き。特に好きなのがF

間奏が最高にカッコイイ。車で聞くと思わずスピードUP
してしまいます。

この『ジャズ』は順番に聞いてても、
『ザ・ゲーム』にいく前にもう1度回してしまいます。
星5つじゃ足りません。


クイーン・ジュエルズ(CCCD)

[ CD ]
クイーン・ジュエルズ(CCCD)

・クイーン
【EMIミュージック・ジャパン】
発売日: 2004-01-28
参考価格: 2,548 円(税込)
販売価格: 1,869 円(税込)
クイーン・ジュエルズ(CCCD)
- 収録曲 -
1. ボーン・トゥ・ラブ・ユー
2. ウイ・ウィル・ロック・ユー
3. 伝説のチャンピオン
4. ドント・ストップ・ミー・ナウ
5. トゥー・マッチ・ラブ・ウィル・キ...
6. レット・ミー・リブ
7. マイ・ベスト・フレンド
8. アンダー・プレッシャー
9. RADIO GA GA
10. 愛にすべてを
11. キラー・クイーン
12. 地獄へ道づれ
13. 愛という名の欲望
14. フラッシュのテーマ
15. ショー・マスト・ゴー・オン
・・・
カスタマー平均評価:  3
Queenファンになったきっかけのアルバム
4年前、某番組の主題歌を聞き、まずはシングルCD「I WAS BORN TO LOVE YOU」を購入。 で、その後これを購入→Queenというバンドがどんなものなのかを知りました。 このアルバムを何十回と聞き続けるうちに、どんどんQUEENというバンドにはまっていき、大学4年間かけて全てのアルバムを購入。この4年間で最も影響を受けました。 で、このアルバムなんですが、全ての曲を聴いた今となっては「まだまだかな?」って感じてます。他の方も書かれていますが所詮CCCDですから。本当にQUEENについて知りたければ他のアルバムを全て聞くことをお奨めします。 とはいえ、私の先導役となってくれたのは間違いなくこれなのでその点を評価して星3つ。
CCCDって何?
CCCDっていう存在を初めて聞きました… えっ それって良くないの!!? と、Queenリスナーのレビューを見てとっさにパソコンに収録したジュエルズを聴きました。 あたしはgreatest hitsの1?3 全て持っているのでv(でも何故かJewels2は思わず買った) なんか… フレディの歌唱力もとい美声(神)を永遠のものにしたいです。 CDじゃなかったのか…'・ω・` Queenの知名度は衰えを知らないです。そしてやっぱり日本で愛される伝説のロックバンドだから。 だから… 汚さないで、大切にしていきたいと思ってます。 これからはレーベルさん…本物をお願いしますよ。歌は本物です。どれをとっても、本物です・・・! 星5は 楽曲の評価です、もち。
CCCDって・・・・
よくCMで使われている曲が多くQUEENが初めてな自分も面白く聞けました。 でもって歌詞カードもついていてとてもいいです。 ただCCCDってのをはじめて買ったんですがパソコンで聞く際にはWMPでは無理で東芝EMIから提供されているソフトでしか聴けないわ、1曲をリピートで聴けないわ、携帯に入れられないわ・・・・とても実用的とは思えませんでした。 DCとしては4点ですが2点減点して星2としました。
入門にオススメ!
QUEENを知りたい人はオススメだけど、CCCDがついてるので星一つ減点!あと個人的には選曲をもう少し多くして欲しかったのでもう一つ減点かな。
感動
『I WAS BORN TO LOVE YOU』の歌詞を見て理解したとき、感動しました。他の曲もなかなか良い曲がありましたが・・・CCCDなのが非常に残念!!なので星4つ



Copyright © 2008 洋楽アーティストデータベース. All rights reserved.    Program by 簡単アマゾンサイト作成ツール ver.3.96

 更新日 2008年10月11日   ※ 表示価格は更新時のものです!      メール      相互リンク