洋楽アーティスト1000人のデータベース。公式サイト・ファンサイト・ブログ・掲示板・リンク集。

洋楽アーティストデータベース

1,500円以上で送料無料!
※一部大型商品を除く
カートを見る ヘルプ
チープ・トリック カルト デヴィッド・リー・ロス ディープ・パープル デフ・レパード ドッケン  
  ヨーロッパ ゲイリー・ムーア ガンズ・アンド・ローゼズ アイアン・メイデン ジューダス・プリースト キッス

洋楽データベース
無料着うたダウンロード
OnGen音楽配信
洋楽楽譜
洋楽名曲
洋楽ランキング
洋楽歌詞和訳・翻訳
特集
 アーサー・クルダップ
 アート・ネヴィル
 アルバート・キング
 アルバート・コリンズ
 イングヴェイ・マルムスティーン
 ヴァン・ヘイレン
 オジー・オズボーン
 クイーン
 クワイエット・ライオット
 サミー・ヘイガー
 スキッド・ロウ
 スコーピオンズ
 テッド・ニュージェント
 ナイト・レンジャー
 ポイズン
 ホワイト・スネイク
 メタリカ
 モトリー・クルー
 レッド・ツェッペリン
 ロイヤル・ハント

 

オジー・オズボーン


トリビュート~ランディ・ローズに捧ぐ

[ CD ]
トリビュート~ランディ・ローズに捧ぐ

・オジー・オズボーン
【ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル】
発売日: 2002-06-19
参考価格: 1,785 円(税込)
販売価格: 1,606 円(税込)
トリビュート~ランディ・ローズに捧ぐ
- 収録曲 -
1. アイ・ドント・ノウ
2. クレイジー・トレイン
3. ビリーバー
4. ミスター・クロウリー(死の番人)
5. フライング・ハイ・アゲイン
6. レヴェレイション(天の黙示)(マ...
7. スティール・アウェイ(ザ・ナイト...
8. スーサイド・ソリューション(ギタ...
9. アイアン・マン
10. チルドレン・オブ・ザ・グレイヴ
11. パラノイド
12. グッバイ・トゥ・ロマンス
13. ノー・ボーン・ムービーズ
14. ディー(ランディ・ローズ・スタジ...
カスタマー平均評価:  5
天国からの贈り物
ランディーの死後、海賊版を買いあさっていた頃がなつかしい。 私のようなファンが世界中にあまりにも多かったことに嘆いたオジーが、 満を持して発表したのがこのLive盤。 何かにとりつかれたかのようにギターをアグレッシブかつメロディアスに弾きまくる ランディー。 あなたは今、もはや天使になってしまったのですね・・・。
HR界の至宝!メロディアスギタ?の究極
ついに日本のファンは見ることのできなかった夢のラインナップのLIVEです。 日本人のつぼをついたメロディアスなプレイで一躍ギタ?ヒ?ロ?になったランディ―の唯一のオフィシャルなライブで、 このCD以前SPEAK OF DEVILの特典で付いていたライブ音源で、その不安定さに不安を抱いていた私たちに、ガツ?ンと本物のプレイを聞かせてくれた。 このライブがベストパフォ?マンスとは言わないし、もともとリリ?スの予定の無かった音源であるためベストな音質ではありませんが、今や貴重なランディ―のギタ?に音が詰まったライブです。 当時よく、ランディ―がもし生きていれば今どんな音を出してるんだろうなと思ったものです 棺桶まで持って行きたい1枚です
どーにもこーにも・・
すんばらしいです! オジーの声と、ランディのギター・・ 今は亡き、ランディの<声>が聞けますね。 偉大な、ギタリストでした。  
聴け!!耳の肥やしジャ!!
これぞ☆5億。既にオープニングのI don't knowでのトミーのカウントを全く無視した明らかに走りすぎのリフを刻み始めた瞬間から、Deeを引き終わりギターを置いてスタジオを歩いて出て行くのがわかる皮パンの擦れる音が消えるまで、神に選ばれし天才の「魂の叫び」がここに詰まっている。特にChildren of the graveのソロはイイ。しかし圧巻は、Paranoido。ソロの最後の完全にスケールアウトしたフレーズに尽きる。単なるポジションミスではなく、これこそが彼に神が降りた瞬間のなせる技。何億回聴いても鳥肌もん。このテイクを差し替えずに出してくれたオジーこそ、まさにゴッドじゃあ!!
超絶!!感動!!ランディー最高!!
もう最高と言う他無いです。この世の全ての音楽好きな人に聞いてもらいたい。メタルやロック、クラッシク等ジャンルなどもうどうでも良くなる位に熱く感動します。ランディーのプレイは、キレイ、情熱的、そして攻撃的でもあり、それでいて誰の耳にも心地良い、とても不思議な魅力がある。絶対ある。ヘビーメタルが苦手、偏見を持っている人にもお薦め出来ます。初版が出た当時もこれを聞きまくってました。何千回聴いても全く飽きない。永遠に色褪せることが無いであろう、ランディーのプレイ。特にグッバイ・トゥ・ロマンスが好きで、聴く度に胸が熱くなります。とにかく一人でも多くの人にこのアルバムを聞いてほしいです。

ジ・エッセンシャル・オジー・オズボーン

[ CD ]
ジ・エッセンシャル・オジー・オズボーン

・オジー・オズボーン ・ランディ・ローズ
【ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル】
発売日: 2003-03-05
参考価格: 3,780 円(税込)
販売価格: 3,396 円(税込)
ジ・エッセンシャル・オジー・オズボーン
- 収録曲 -
1. クレイジー・トレイン
2. ミスター・クロウリー(死の番人)
3. アイ・ドント・ノウ(ライヴ・ウィ...
4. スーサイド・ソリューション
5. グッバイ・トゥ・ロマンス
6. オーバー・ザ・マウンテン
7. フライング・ハイ・アゲイン
8. ダイアリー・オブ・ア・マッドマン
9. パラノイド(ライヴ・ウィズ・ラン...
10. 月に吠える
11. ユア・ノー・ディファレント
12. 反逆のロックン・ロール
13. クレイジー・ベイビーズ
14. ミラクル・マン
15. ファイヤー・イン・ザ・スカイ
・・・
カスタマー平均評価:  3
偉大なるメタルゴッドファーザー
オジーのソロ集大成的なアルバム!名曲パラノイドはもちろん他の代表曲ももちろん入ってます!個人的にDesireはメタル史に名を残す名曲だと思ってます。オジー初心者の人には是非聴いてみて欲しいアルバムです!
せめて「暗闇にドッキリ!」だけは…
1枚目が80年代、2枚目が90年代以降の代表曲を収録。未発表音源とかそういうのは特にありません。
ランディ・ローズ、ジェイク・E・リー、ザック・ワイルドといった花形ギタリストを擁して、
アメリカでの成功とともに「ヘヴィメタルの帝王」として君臨し続けた、オジーのソロキャリアを網羅した
集大成的な2枚組ベスト…なはずなのですが、ファンの一人からあえて言わせてもらうと、
86年の「THE ULTIMATE SIN」から不自然なほどに1曲も選曲されていないというのはやはり不満が残ります。
91年の「NO MORE TEARS」から多く選曲されていたりと今のオジーの嗜好が出ている選曲、という印象。
アルバム「THE ULTIMATE SIN」はコマーシャルに傾きすぎたとしてオジーも嫌っているらしいのですが、
楽曲の質は高く、ファンには「裏の名盤」扱いされているアルバム。
…「THE UNTIMATE SIN」以外のアルバムからの選曲に関してはツボはおさえられていると思うので、
大雑把にはオジーのソロキャリアをたどれますが、でもせめて名曲「暗闇にドッキリ!」ぐらいは入れてほしかったなぁ…
おいおいお爺さん!ウルチメイトシンは無視かいな???
いくらジェイクが嫌いでもこりゃないだろ?
せめて1曲でも入れろって。

まあオジーらしくてアリではあるけど、俺はいらんぞ。こんなの。
聞き応えがありますよ。
ディスク1は、最初から最後までハードな曲のオンパレードで
大音量で(車の中で)聞いています。
ディスク2は、落ち着いた曲が多く、しっとりと聞き入りたい
時にお勧めです。
ハードとソフトを兼ね備えたこの2枚組は、お勧めです。


ブリザード・オブ・オズ~血塗られた英雄伝説

[ CD ]
ブリザード・オブ・オズ~血塗られた英雄伝説

・オジー・オズボーン
【ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル】
発売日: 2002-06-19
参考価格: 1,785 円(税込)
販売価格: 1,641 円(税込)
ブリザード・オブ・オズ~血塗られた英雄伝説
- 収録曲 -
1. アイ・ドント・ノウ
2. クレイジー・トレイン
3. グッバイ・トゥ・ロマンス
4. ディー
5. スーサイド・ソリューション
6. ミスター・クロウリー(死の番人)
7. ノー・ボーン・ムービーズ
8. レヴェレイション(天の黙示)(マ...
9. スティール・アウェイ
10. ユー・ルッキン・アット・ミー・ル...
カスタマー平均評価:  4.5
お久しぶり
18年ぶり位に買って聴き直しました。 1‘アイドントノウ‘2‘クレージートレイン‘5‘スーサイドソリューション6‘ミスタークローリー‘7‘ノーボーンムービーズ‘9‘スティールアウェイ‘等名曲ぞろい。リミックスはランディローズが前面に出てきて正解ではないでしょうか?伊藤政則氏も書いているように、20年以上前の作品とは思えないくらいの作品だし、ランディローズあってのこのアルバムと思います。ドラム、ベースは正直あまり良くも悪くもなしって感じ。‘ダイアリーオブアマッドマン‘も是非聞いて頂きたい。
オジーの記念碑的1st
サバス脱退後、オジーの記念碑的1st! オリジナル盤の発売からもう既に30年近くが経っているのに、いまだに斬新かつ衝撃的だ。 リズム隊の総入れ替えについては異論もあるようだが、私は曲の良さ、 ランディーのプレー内容ですべてカバーされているため、あまり気になりません。 オリジナル盤には収録されていなかった10. You Lookin' At Me Lookin' At Youでの ギターソロ部分は、ランディーがかつてQUIET RIOT時代に書いた “Breaking up Is a Heartache ”を上手にアレンジしたものである。 特に若い世代で、ジャケットデザインの印象のみで 聴かず嫌いになっている方々に是非聴いていただきたい。
「超」がつく名盤のリマスター。しかもリズム隊入替え。評価は難しいですね。
オジーにとってのソロ・キャリアの、そしてランディ・ローズとの蜜月は、あまりにも衝撃的なこのアルバムで幕を開けました。  ドラマティックな曲調と鋭角でありながらメロディアスなギターの合体は、日本人の美意識に完全に合致したものでした。欧米でも売れましたが、事の本質を理解できたのは、何より日本人だったのではないかと、今さらながら思えてきます。  さて、問題は「リミックス」。しかもリズム隊を録音し直して。奥方シャロン曰く「ランディのギターを最大限生かすためのリミックス」とのことですが、真相はオリジナルのリズム隊(リー・カースレイクとボブ・デイズリー)との訴訟問題のようです。  理由はさておきサウンドは、一言でいえば「今風」に様変わり。音の分離がはっきりして、低音が強調されています。肝心のギターはというと、ところどころ新たなエフェクト処理がされているようですが、余程のマニア以外、奥方の意図は汲みきれないのではないか、といった程度の変化です。  「超」がつく名盤に手を入れた。ここの評価は非常に難しいです。思い入れがあるほど受け入れがたい。「冒涜だ!」と言いたくなってしまう気持ちもわからないでもありません。  しかし私は冷静に受け入れることができました。名盤の別バージョンが聴けた。単純にそれを楽しめました。ただ、オリジナル盤が店頭から排除されてしまうのは賛成できません。オリジナル盤を誰もが手に入れることができてこそ、リミックス盤の価値があるものと考えます。  評価は、純粋に作品に対するもの。
「超」がつく名盤のリマスター。しかもリズム隊入替え。評価は難しいですね。
 オジーにとってのソロ・キャリアの、そしてランディ・ローズとの蜜月は、あまりにも衝撃的なこのアルバムで幕を開けました。  ドラマティックな曲調と鋭角でありながらメロディアスなギターの合体は、日本人の美意識に完全に合致したものでした。欧米でも売れましたが、事の本質を理解できたのは、何より日本人だったのではないかと、今さらながら思えてきます。  さて、問題は「リミックス」。しかもリズム隊を録音し直して。奥方シャロン曰く「ランディのギターを最大限生かすためのリミックス」とのことですが、真相はオリジナルのリズム隊(リー・カースレイクとボブ・デイズリー)との訴訟問題のようです。  理由はさておきサウンドは、一言でいえば「今風」に様変わり。音の分離がはっきりして、低音が強調されています。肝心のギターはというと、ところどころ新たなエフェクト処理がされているようですが、余程のマニア以外、奥方の意図は汲みきれないのではないか、といった程度の変化です。  「超」がつく名盤に手を入れた。ここの評価は非常に難しいです。思い入れがあるほど受け入れがたい。「冒涜だ!」と言いたくなってしまう気持ちもわからないでもありません。  しかし私は冷静に受け入れることができました。名盤の別バージョンが聴けた。単純にそれを楽しめました。ただ、オリジナル盤が店頭から排除されてしまうのは賛成できません。オリジナル盤を誰もが手に入れることができてこそ、リミックス盤の価値があるものと考えます。  評価は、純粋に作品に対するもの。
リマスターは要らない
ドラムがオリジナルのリーカースレイクの方がイイと思います リマスターされて音圧もクリアさもありますけどプレイがってとこですね バンドやってコピーした人には不満だと思います 2ndはもっと不満ですオリジナルのマックスノーマンがプロデュースしたヤツがどちらもドラムがしっかりしてイイです

ブリザード・オブ・オズ~血塗られた英雄伝説(紙ジャケット仕様)

[ CD ]
ブリザード・オブ・オズ~血塗られた英雄伝説(紙ジャケット仕様)

・オジー・オズボーン
【ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル】
発売日: 2007-06-20
参考価格: 1,890 円(税込)
販売価格: 1,699 円(税込)
ブリザード・オブ・オズ~血塗られた英雄伝説(紙ジャケット仕様)
- 収録曲 -
1. アイ・ドント・ノウ
2. クレイジー・トレイン
3. グッバイ・トゥ・ロマンス
4. ディー
5. スーサイド・ソリューション
6. ミスター・クロウリー<死の番人>
7. ノー・ボーン・ムービース
8. レヴェレイション<天の黙示>(マ...
9. スティール・アウェイ
10. ユー・ルッキン・アット・ミー・ル...
カスタマー平均評価:  4.5
紛い物となんらかわりない
自分は完全に後追いで聞き始めたのですが、 その時買った再発CD(ジャケット写真が小さくされていたやつ)はごく普通のリマスタ盤でリズム隊差し替えという馬鹿げた状態にはなっていませんでした。(2ndもオリジナルをごく普通にリマスタしたものだった)そのCDを聴きまくっていたので、今回の再発シリーズには違和感を覚えます。新録のリズム隊(特にベース)とオリジナルの音源とが水と油のように反発しているように聴こえました。リズム隊差し替えなんて名作に泥を塗るようなことをやらずにオリジナルのミックスのもにただ最新リマスタを施しただけのものを出して欲しいと思っています。まぁ、この先出るのはあり得ないかもしれませんがね…。
リマスターで音が太くなりました。但しドラムとベースは差し替えバージョンです。
この作品はオジーがブラックサバスを脱退(クビともいう・・)後、1980年ソロ最初に製作されたアルバムです。当時失意のどん底にいたオジー。そんな中、ギタリストのオーディションを催し、そこで選ばれたのが当時クワイエットライオットにいたランディローズでした。このアルバムはクワイエットライオットでやりたい事がやれずくすぶっていたランディの鬱憤を爆発させるが如く、非常にクオリティが高い、傑作曲だらけのアルバム、というよりも歴史に残るアルバムです。特にクラシックを意識した複雑なコード展開なのに、ヘヴィーでキャッチーかつ泣きの入ったメロディの織り成す唯一無二の世界は何度聴いても飽きない完成度の高さです。特にギターソロは同テイクを3回全く同じに弾いて音の厚みをつけるという、オジーが「狂ってるもうやめてくれ」と懇願したという逸話も残すぐらいです。現に今だにオジーのライブで演奏される曲はこのアルバムの曲が一番多いことからも完成度の高さが伺えます。さて肝心のリマスター具合は、バランスを重視したリマスター具合となっています。そしてオリジナルでは聞き取りにくかったギターの細かい音までよく聞こえるようにリマスターされています。またドラムとベースは当初のメンバーボブディズリー(ベース)とリーカースレイク(ドラム)が金をもらっていないと裁判をおこした為、憤慨したオジーサイドがロバートトゥールジロ(ベース)マイケルボーディン(ドラム)に差し替えたバージョンになっています。しかしこの2人、ベースは少し音が硬くドラムは若干手数が多いぐらいで、殆どオリジナルと分からないぐらい見事にコピーしきっています。これには感心させられました。でもやっぱりオリジナル盤の柔らかいベースとドラムの音が好きですね。もしオリジナル盤を持っておられたらそれも残しておくべきだと思います。※この紙ジャケは2002年のプラケースリマスターと全く同じなので、もし持っているなら紙ジャケマニア以外買わなくていいと思いますよ。
「超」がつく名盤のリマスター。しかもリズム隊入替え。評価は難しいですね。
オジーにとってのソロ・キャリアの、そしてランディ・ローズとの蜜月は、あまりにも衝撃的なこのアルバムで幕を開けました。  ドラマティックな曲調と鋭角でありながらメロディアスなギターの合体は、日本人の美意識に完全に合致したものでした。欧米でも売れましたが、事の本質を理解できたのは、何より日本人だったのではないかと、今さらながら思えてきます。  さて、問題は「リミックス」。しかもリズム隊を録音し直して。奥方シャロン曰く「ランディのギターを最大限生かすためのリミックス」とのことですが、真相はオリジナルのリズム隊(リー・カースレイクとボブ・デイズリー)との訴訟問題のようです。  理由はさておきサウンドは、一言でいえば「今風」に様変わり。音の分離がはっきりして、低音が強調されています。肝心のギターはというと、ところどころ新たなエフェクト処理がされているようですが、余程のマニア以外、奥方の意図は汲みきれないのではないか、といった程度の変化です。  「超」がつく名盤に手を入れた。ここの評価は非常に難しいです。思い入れがあるほど受け入れがたい。「冒涜だ!」と言いたくなってしまう気持ちもわからないでもありません。  しかし私は冷静に受け入れることができました。名盤の別バージョンが聴けた。単純にそれを楽しめました。ただ、オリジナル盤が店頭から排除されてしまうのは賛成できません。オリジナル盤を誰もが手に入れることができてこそ、リミックス盤の価値があるものと考えます。  評価は、純粋に作品に対するもの。
オジーの記念碑的1st
サバス脱退後、オジーの記念碑的1st! オリジナル盤の発売からもう既に30年近くが経っているのに、いまだに斬新かつ衝撃的だ。 リズム隊の総入れ替えについては異論もあるようですが、 私は曲の良さ、ランディーのプレー内容ですべてカバーされているため、あまり気になりません。 特に若い世代で、ジャケットデザインの印象のみで聴かず嫌いになっている方々に是非聴いていただきたい。
オリジナルなら星∞
初めてこのALBUMを聴く人は何も感じないのかもしれない、 でもこれが本当にこの時代を記録した音源では無いと言う事実が どれだけこのALBUMの素晴らしさをスポイルしているのかは 昔からのFANであれば承知の事だと思います。 リズムトラックは金で揉め、当時のトラックは使われていません。 あの、どん底まで落ちたオジーが、ランディという天才と出会い、 カースレイク、デイズリーと4人で新人BANDのごとく 駆け上がろうと夢見たあの素晴らしい時代をこの音源では 垣間見る事はできません。 ジャケットをいくら当時の仕様で再現しようとも、どれだけ 音質を改善しようとも、2002年以降のこの音源は まがい物にすぎません。 ランディのギターだけがこの音源の全てです。 天国の彼はどう感じているのでしょうか? ギターだけで星5つです。 このALBUMとダイアリーオブマッドマンの2枚が オリジナルに戻る事を切に願います。

グレイテスト・ヒッツ~オズマン・コメス~

[ CD ]
グレイテスト・ヒッツ~オズマン・コメス~

・オジー・オズボーン
【ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル】
発売日: 2002-09-19
参考価格: 1,785 円(税込)
販売価格: 1,600 円(税込)
グレイテスト・ヒッツ~オズマン・コメス~
- 収録曲 -
1. 黒い安息日
2. ウォー・ピッグス
3. グッバイ・トゥ・ロマンス
4. クレイジー・トレイン
5. ミスター・クロウリー(死の番人)
6. オーバー・ザ・マウンテン
7. パラノイド(ライヴ・ウィズ・ラン...
8. 月に吠える
9. ミラクル・マン
10. クレイジー・ベイビーズ
11. ノー・モア・ティアーズ(エディッ...
12. ママ,アイム・カミング・ホーム
13. アイ・ドント・ウォント・トゥ・チ...
14. アイ・ジャスト・ウォント・ユー
15. バック・オン・アース
カスタマー平均評価:  4
初心者にはもってこいですよ
オジーの代表曲を集めたグレイテストヒッツ集。判りやすい選曲だし、初心者にももってこいだと思います。「ミラクルマン」を入れてくれたのは嬉しい(改定前はこの曲が入っていなかったので)。その他内容もリニューアルされていて、しかもデジタルリマスター。やはり、前のを持ってる人も「買い」でしょうね。

ブラック・レイン

[ CD ]
ブラック・レイン

・オジー・オズボーン
【ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル】
発売日: 2007-05-23
参考価格: 2,520 円(税込)
販売価格: 2,070 円(税込)
ブラック・レイン
- 収録曲 -
1. ノット・ゴーイング・アウェイ
2. アイ・ドント・ワナ・ストップ
3. ブラック・レイン
4. レイ・ユア・ワールド・オン・ミー
5. ジ・オールマイティー・ダラー
6. 11 シルヴァー
7. シヴィライズ・ザ・ユニヴァース
8. ヒア・フォー・ユー
9. カウントダウンズ・ビガン
10. トラップ・ドア
11. アイ・キャント・セイヴ・ユー (...
12. ナイトメア (日本盤のみのボーナ...
カスタマー平均評価:  4
2曲目が良かった
オジーの買ったのは「オズモシス」以来。 今作聴いたら… う?ん、、似通った曲ばかりだなぁ。。 「ノー・モア・ティアーズ」を今風に仕上げたって感じ。 ザックは、風貌も変わり、プレイも変わったみたい。 終始スラッシーで、アーミングを多用してるのに違和感を覚えた。 前作で、外部のソングライターを使った意味が、解ったような気がします。
やっぱり良い
久々オジーのアルバムを買いましたが、聞き込むほどに良さが滲みでてくる感じです。 私は4がお気に入り。 重黒く立ちこめた雲と凍えるような空気感が漂うイントロ。 しかしそこに僅かにこぼれる陽光の温もりの中に優しさと希望が見える中盤。 そしてドラマティックな終盤。。。 オジーの曲は、重さの中に愛があるから好きです。
重い、そして最高
 非の打ち所がない見事なアルバムだ。 オジーは外に怒りを向けるのではなく自己に怒りをぶちまける。 他者を怒ろうにも他者を知らねば怒りようがない。 むしろ途方に暮れているような無様さだ。 その姿こそが私にとって真摯な態度であり感銘さえ受ける。 原爆が炸裂した後に、降りしきる黒い雨。 雨雲の下、真っ黒な雨を受け止める心境は きっと本作を聴いた後のようなものかもしれない。 重くそして暗い。
快心の一撃!
現代随一のリフマスターのザックとオジーのメロディセンスのケミストリー炸裂の一枚2は特にいい。ライヴでの熱狂が目に浮かぶ。10もハイテンションでかっこいいバラードもオジーらしい切なさが染みる過去の超名盤と比べるとはるかに劣るものの、現役ヘヴィメタルアーティストとして健在ぶりを知らしめるには十分満足いく作品だ。繰り返しCDトレイの中で回り続けてる。
罰と罪・・・
 オジー自身が一番恐れているのは、もしかしたら「マンネリ」なのかもしれない。そして、彼自身それを防ぐ為にバンドメンバーを変えて乗り越えてきた。確かに、アクシデントはあったにせよ「継続」しないメンバーは数知れず・・・これは、彼にとって己を誇示する為の彼自身への「罰」なのであろう。    余談ではあるが、私の父親とオジーは同級である(笑)。が、これだけ「キッズ」受けする「親爺」は世界中探しても「早々」いないはずである。だからオジーは、キッズと同じ目線に立てる「カリスマ」なのであろう。その答えは、彼を育てたバーミンガムが知っているかもしれない・・・それに比べ日本の親爺たちときたら・・・    キッズのカリスマはメンバーチェンジで注目を集める。特に、ギターパートで。このアルバム最大の「罪」は、そのギターパートを「再雇用」してしまった事ではないか?良くも悪くも、ここで決まる「音」がオジーへの評価につながるのだから。しかし、へヴィーな音だ。メタルというより、ラウド系(笑)な音ではないか・・・が、私は「好き」だ。そして、変形ギターを持ち出してまで演奏するザックは「最高」だ。    もう、オジー自身の年齢を考えると「現役」は短い。残念だが、現実的に後1、2枚のアルバムが限度だと思う。「止まらない?!!」と、唄ったのだから責任を取って、後1人発掘して欲しい・・・(笑)。できれば、ザックがオジーのバンドに入りたての頃の「髪型」をした、「ダイヤの原石」を・・・解説じゃねぇ・・・申し訳ない。

ノー・レスト・フォー・ザ・ウィケッド

[ CD ]
ノー・レスト・フォー・ザ・ウィケッド

・オジー・オズボーン
【ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル】
発売日: 2002-09-19
参考価格: 1,785 円(税込)
販売価格: 1,500 円(税込)
ノー・レスト・フォー・ザ・ウィケッド
- 収録曲 -
1. ミラクル・マン
2. デビルス・ドーター
3. クレイジー・ベイビーズ
4. ブレイキング・オール・ザ・ルールズ
5. ブラッドバス・イン・パラダイス
6. ファイヤー・イン・ザ・スカイ
7. タトゥード・ダンサー
8. デーモン・アルコール
9. ヒーロー
10. ザ・ライアー
11. ミラクル・マン
カスタマー平均評価:  4.5
ザック ワイルドのデビュー作!
 1988年にリリースされたオジー オズボーンの通算7枚目にあたるアルバムの「ノー レスト フォー ザ ウィケット」はオジー オズボーンのヒット作の一枚だが注目点はギターリストをシェイク E リーから当時まだ10代だった若手のギターリストのザック ワイルドへとメンバーチェンジしたことだ。また本作はザック ワイルドのデビュー作でもあることは興味深い。

 本作の内容を簡単に言うと、オジーのヴォーカルよりザックのギタープレイが印象的だ。最も注目したい曲はザックのギタープレイが印象的で個性も豊かな名曲の@だが、そのほかも曲もなかなかのものだ。ザックのギタープレイは凄いがそもそもよくザックのような凄腕のギターリストを発掘したオジーも凄いではないかと思う。個人的に本作はオジー オズボーンとザック ワイルドの才能が見事結集したアルバムだともうが、何故か本作はザックのほうが目立ちがちのような気がするが、それほどザックは優れたギターリストだといえることだと思う。

 本作はオジーオズボーンのファンはもちろん、ザック ワイルドファンにはお勧めの一枚だということは確かだ。
サークルペイントとEMGマイク・・・
 最近、個人的事情から聴きなおす機会があった。前出のレヴューにもあるが、1曲目には脱帽するしかないのだ。何故なら、ド頭のリフはバレーコード夜露死苦とばかりに、E弦から一気にといった感じで、とても斬新なリフに感じたからだ。

 このアルバム発売当時は良かった・・・深夜だけど何本か所謂、洋楽専門番組があって、眠たい目をコスっては見ていた記憶がある。ギタリストのザックもパーマネントな髪型で、もろにマネージメントの戦略にハメられたヒヨっ子だった(笑)。

 ザックがタダモノではないと気付くのに、そう時間が掛からなかった。しかも、体がデカイ!!私も一般的な軍手はキツイほうだが、彼の手はもっと・・・それで、アノ演奏は反則である。例のペイントにEMGマイク、バッファー入れたワウペダルにコーラスペダルとエコーペダル、最後はリージャクソンカスタムアンプリファイア!!・・・

 やはり、オジーの歴史は彼とギタリストの歴史でもあると強く感じたアルバムだった。トニー・ランディー・ブラット・ジョージ・ジェイク・・・ツワモノばかりだ。ザック演奏のアルバムでは、このアルバムが個人的に一押しになる。余談だが、ギタータブとかメタルタブのミラクルマンのソロは、イタダケナイのである。真面目に採譜しろと言いたい・・・解説じゃねぇ・・・申し訳ない。
ザックワイルドが主役
ギタリストがザックワイルドに変わってからの最初のアルバム。

とにかくこのアルバムではザックが目立ちまくっている。中でもミラクルマンのギターソロは素人が聴いたとしてもその凄さは一目瞭然であろう。ビブラートを聴いただけでそれと分かるザックのプレイ。単純に「格好良い」としか形容できないほど格好良い。

しかし、ザックワイルドの印象が強過ぎるあまりフロントマンのオジーの印象がかすれてしまっているような気がしてならない。
凄い奴!
歴代オジーギタリストの中でもっともパワフル&ワイルド、ブルージーだ。ザック・ワイルドは。
はじめてミラクルマンのビデオを観てぶっ飛んだ。ザックの格好良さに。年は自分とそう変わらない人間がどうしてここまで髪の毛振り乱してゴリゴリのハードロックをやれるのか・・・スタイルが完成してしまっているじゃないか!
オジー&ザックのアルバムではこれが一番じゃないか?
ザック・ワイルド炸裂!
〜ギタリストをザック・ワイルドに変えての最初のアルバムです。
楽曲がまだLAメタルっぽいですね。
とにかくザックのギター・プレイだけが目立っています。
名前通りワイルドなプレイですが、ギター・ソロなんかめちゃくちゃ
上手くて、聴いていて興奮してしまいます。
楽曲は少し弱いようで、ザックのプレイだから成り立っているようです。
〜〜
何故かオジーの印象は薄く、ジャケットの写真しか思い浮かびません。〜


罪と罰(紙ジャケット仕様)

[ CD ]
罪と罰(紙ジャケット仕様)

・オジー・オズボーン
【ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル】
発売日: 2007-06-20
参考価格: 1,890 円(税込)
販売価格: 1,796 円(税込)
罪と罰(紙ジャケット仕様)
- 収録曲 -
1. 罪と罰
2. シークレット・ルーザー
3. ネバー・ノウ・ホワイ
4. サンク・ゴッド
5. ネバー
6. ライトニング・ストライクス
7. キラー・オブ・ジャイアンツ
8. フール・ライク・ユー
9. 暗闇にドッキリ!
カスタマー平均評価:  4.5
キャッチー・シンプル・気持ちいいメタル
1曲目のドラムの導入部分からわかると思いますが このアルバムは あまり小細工がなく、シンプルに、 重いノリを楽しめる曲が揃っているのかな、と思います。 ギターの、広がりのある音がまたいい、、、 ジャケットはともかく、 オジー・オズボーンのアルバムの中でも とびきりキャッチーで 異彩を放っているアルバムなのかな、と思います。
華やかなるOZZY!
ジェイク・E・リー主導で作られた楽曲に加え、プロデューサーにブライトな音作りを得意とするロン・ネヴィソンを起用した事で、アメリカナイズされた、当時のLAメタルを思わせる作品に仕上げられた。 メンバーもオジーとジェイク以外が一新され、音に合わせたかのように華やかな衣装に身を包んだバンド・ショットなどから、「売れ筋に走った」と当時は賛否割れたような記憶がある。結果としてアルバムはバンド最大のヒットを記録し、批判的な意見はフェイドアウトしていったわけだが。 丁度この頃はJUDAS PRIESTが"TURBO"をリリースするなど、大物バンドが洗練された音作りを目指した作品をリリースしており、よりハードな音を求めたリスナーはスラッシュ・メタルに走ったという事で、世代交代を推進させる結果になったとも言える。 ただ、音が洗練された事は確かだが、楽曲の質はさすがに高い。アメリカナイズされた楽曲が大半を占める中、7のような劇的な楽曲もしっかり収録されているし、2を筆頭にジェイクのトリッキーなギター・プレイだけでも実にスリリングだ。
傑作
オジーとしては四枚目にあたる本作はジェイクのヘビーでテクニカルなギターに加え、全体的に全曲キャッチーにも聞こえる、とても聞きやすいアルバムとなっている。私がオジーの中でもとても気に入っているアルバムの一つである。シングルカットされた、ショットインザダーク(暗闇にドッキリ)などはその最たる曲で、何百回と聞いたと思うが、ある意味ポップであるが、非常にヘビーでもある曲で、この時期のオジーのバンドとしての完成度を物語っている。ジェイクのギターは完璧。楽曲群も素晴らしい。ただ最初ランディカスティロのドラムプレイがややくどい感じがしたが、聞き慣れると心地良くも感じられる。しかし、このアルバムを期に脱退する事になるジェイクのプレイが、悔やまれる。
進化したジェイク
オジーは本当に名ギタリスト発掘の天才だ。 彼独特の生命力の充実感を感じることができるのは、 このアルバムあたりまでか?とすら感じさせる。 前作でもそのテクニックとセンスをいかんなく発揮したジェイクが、ここでもさらに進化した。 アーム無しなのに、ここまで弾けちゃうの?って驚きます。 脱退後、その活動があまりパッとしないのは無念である。
LAメタルの要素を加えた逸品です
長らく廃盤状態が続いていたこのアルバムが再発されるのは喜ばしい。 たしかに時代に迎合したサウンドと言われても仕方ないポップさではありますが、当時爆発していたLAメタルの要素をかなり採り入れたサウンドは親しみやすく、ジェイクの切れのよいギタ?が花を添えている。 このころのメンバ?はビジュアル的にもかっこよく、是非DVDも見てください。

トリビュート~ランディ・ローズに捧ぐ(紙ジャケット仕様)

[ CD ]
トリビュート~ランディ・ローズに捧ぐ(紙ジャケット仕様)

・オジー・オズボーン
【ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル】
発売日: 2007-06-20
参考価格: 1,890 円(税込)
販売価格: 1,738 円(税込)
トリビュート~ランディ・ローズに捧ぐ(紙ジャケット仕様)
- 収録曲 -
1. アイ・ドント・ノウ
2. クレイジー・トレイン
3. ビリーバー
4. ミスター・クロウリー<死の番人>
5. フライング・ハイ・アゲイン
6. レヴェレイション<天の黙示>(マ...
7. スティール・アウェイ(ザ・ナイト...
8. スーサイド・ソリューション(ギタ...
9. アイアン・マン
10. チルドレン・オブ・ザ・グレイヴ
11. パラノイド
12. グッバイ・トゥ・ロマンス
13. ノー・ボーン・ムービーズ
14. ディー(ランディ・ローズ・スタジ...
カスタマー平均評価:  5
天国からの贈り物
ランディーの死後、海賊版を買いあさっていた頃がなつかしい。 私のようなファンが世界中にあまりにも多かったことに嘆いたオジーが、 満を持して発表したのがこのLive盤。 何かにとりつかれたかのようにギターをアグレッシブかつメロディアスに弾きまくる ランディー。 あなたは今、もはや天使になってしまったのですね・・・。
HR界の至宝!メロディアスギタ?の究極
ついに日本のファンは見ることのできなかった夢のラインナップのLIVEです。 日本人のつぼをついたメロディアスなプレイで一躍ギタ?ヒ?ロ?になったランディ―の唯一のオフィシャルなライブで、 このCD以前SPEAK OF DEVILの特典で付いていたライブ音源で、その不安定さに不安を抱いていた私たちに、ガツ?ンと本物のプレイを聞かせてくれた。 このライブがベストパフォ?マンスとは言わないし、もともとリリ?スの予定の無かった音源であるためベストな音質ではありませんが、今や貴重なランディ―のギタ?に音が詰まったライブです。 当時よく、ランディ―がもし生きていれば今どんな音を出してるんだろうなと思ったものです 棺桶まで持って行きたい1枚です
どーにもこーにも・・
すんばらしいです! オジーの声と、ランディのギター・・ 今は亡き、ランディの<声>が聞けますね。 偉大な、ギタリストでした。  
聴け!!耳の肥やしジャ!!
これぞ☆5億。既にオープニングのI don't knowでのトミーのカウントを全く無視した明らかに走りすぎのリフを刻み始めた瞬間から、Deeを引き終わりギターを置いてスタジオを歩いて出て行くのがわかる皮パンの擦れる音が消えるまで、神に選ばれし天才の「魂の叫び」がここに詰まっている。特にChildren of the graveのソロはイイ。しかし圧巻は、Paranoido。ソロの最後の完全にスケールアウトしたフレーズに尽きる。単なるポジションミスではなく、これこそが彼に神が降りた瞬間のなせる技。何億回聴いても鳥肌もん。このテイクを差し替えずに出してくれたオジーこそ、まさにゴッドじゃあ!!
超絶!!感動!!ランディー最高!!
もう最高と言う他無いです。この世の全ての音楽好きな人に聞いてもらいたい。メタルやロック、クラッシク等ジャンルなどもうどうでも良くなる位に熱く感動します。ランディーのプレイは、キレイ、情熱的、そして攻撃的でもあり、それでいて誰の耳にも心地良い、とても不思議な魅力がある。絶対ある。ヘビーメタルが苦手、偏見を持っている人にもお薦め出来ます。初版が出た当時もこれを聞きまくってました。何千回聴いても全く飽きない。永遠に色褪せることが無いであろう、ランディーのプレイ。特にグッバイ・トゥ・ロマンスが好きで、聴く度に胸が熱くなります。とにかく一人でも多くの人にこのアルバムを聞いてほしいです。

月に吠える(紙ジャケット仕様)

[ CD ]
月に吠える(紙ジャケット仕様)

・オジー・オズボーン
【ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル】
発売日: 2007-06-20
参考価格: 1,890 円(税込)
販売価格: 1,796 円(税込)
月に吠える(紙ジャケット仕様)
- 収録曲 -
1. 月に吠える
2. ユア・ノー・ディファレント
3. ナウ・ユー・シー・イット
4. 反逆のロックン・ロール
5. センター・オヴ・イターニティ
6. ソー・タイアード
7. スロー・ダウン
8. 暗闇の帝王
9. スパイダーズ (Bonus Tr...
10. ワン・アップ・ザ・“B”サイド ...
カスタマー平均評価:  5
楽曲のクオリティーを極めた傑作。ジェイクのフラッシーなプレイも◎。
 ランディ・ローズ亡き後、オジーを救ったのは日系2世の無名ギタリスト、ジェイク・E・リーだった!  ランディを失いアルバムの出来に一抹の不安を抱きながらレコードに針を落としたあの日を思い出します。  果たして、オープニング曲のリフはどうだろう。これで頭を振らない輩はいないだろう。そしてギター・ソロ。アーミングをふんだんに使ったフラッシーなプレイは、若々しさと躍動感を感じさせます。  特筆すべきは楽曲の良さでしょう。柔硬早遅織り交ぜた佳曲揃いで1枚通して飽きさせません。首振ナンバーの「BARK AT THE MOON」、名曲「MR.CRAWLY」へのオマージュとも取れる「CENTER OF ETERNITY」、美しすぎる「SO TIRED」など、捨て曲ナシで全曲高水準です。  キーボードのドン・エイリーの活躍も見逃せません。楽曲に、アルバムに、荘厳な雰囲気を醸し出すことに寄与しています。  オジーといえばランディー。そんな対句が出来上がっていますが、1stや2nd引けを取らない傑作です。未体験の方、是非。
ランディーの立派な後継者
ランディー亡き後、オジーに発掘され、その穴を立派に埋めたジェイク。 このアルバムはジャケットデザインこそ…ですが、 そんなジェイクの作曲能力・プレーセンスが随所にちりばめられています。 キーボードのドン・エイリーの荘厳で奥行きのある味付けぶりも際立っており、 影の立役者としての力量が発揮されています。
最高です
今のOZZYは単なるヘビーな曲をやるおっさん(泣) ブラックサバスの再評価にあぐらをかいてるわけじゃないだろうけど、曲がよくない。このアルバムはとにかく曲がいいですよ。特にB面の流れは単なるHMじゃないよ!!! SO TIREDは泣きます・・・・



Copyright © 2008 洋楽アーティストデータベース. All rights reserved.    Program by 簡単アマゾンサイト作成ツール ver.3.96

 更新日 2008年10月11日   ※ 表示価格は更新時のものです!      メール      相互リンク