洋楽アーティスト1000人のデータベース。公式サイト・ファンサイト・ブログ・掲示板・リンク集。

洋楽アーティストデータベース

1,500円以上で送料無料!
※一部大型商品を除く
カートを見る ヘルプ
チープ・トリック カルト デヴィッド・リー・ロス ディープ・パープル デフ・レパード ドッケン  
  ヨーロッパ ゲイリー・ムーア ガンズ・アンド・ローゼズ アイアン・メイデン ジューダス・プリースト キッス

洋楽データベース
無料着うたダウンロード
OnGen音楽配信
洋楽楽譜
洋楽名曲
洋楽ランキング
洋楽歌詞和訳・翻訳
特集
 アーサー・クルダップ
 アート・ネヴィル
 アルバート・キング
 アルバート・コリンズ
 イングヴェイ・マルムスティーン
 ヴァン・ヘイレン
 オジー・オズボーン
 クイーン
 クワイエット・ライオット
 サミー・ヘイガー
 スキッド・ロウ
 スコーピオンズ
 テッド・ニュージェント
 ナイト・レンジャー
 ポイズン
 ホワイト・スネイク
 メタリカ
 モトリー・クルー
 レッド・ツェッペリン
 ロイヤル・ハント

 

キッス


これがSHM-CDだ!2 ロック/ソウル/ブルースで聴き比べるサンプラー

[ CD ]
これがSHM-CDだ!2 ロック/ソウル/ブルースで聴き比べるサンプラー

・オムニバス ・マリアンヌ・フェイスフル ・ハウリン・ウルフ ・マディ・ウォーターズ ・トム・ウェイツ ・KISS ・フェアポート・コンヴェンション ・ザ・ジャム ・スモール・フェイセス ・スペンサー・デイヴィス・グループ ・エリック・バードン&ジ・アニマルズ
【UNIVERSAL INTERNATIONAL(P)(M)】
発売日: 2008-09-03
参考価格: 1,000 円(税込)
販売価格: 898 円(税込)
これがSHM-CDだ!2 ロック/ソウル/ブルースで聴き比べるサンプラー
- 収録曲 -
1. ステイツボロ・ブルース(ライヴ)
2. ブリング・イット・オン・ホーム
3. ユー・リアリー・ガット・ミー
4. セックス・マシーン
5. ドゥ・ライト・ウーマン
6. ジャスト・ミー(アイ・ウォナ・ビ...
7. ウーマン
8. ユー・キャント・ジャッジ・ア・ブ...
9. マイ・シェリー・アモール
10. シスター・モルヒネ
11. ロッキン・ダディ
12. ガット・マイ・モジョ・ワーキン
13. クラップ・ハンズ
14. ジュース
15. スロウス
・・・
カスタマー平均評価:  3
前作よりは良い。
前作に引き続きレヴュー。 「SHM-CDの良さを知ってもらう」ことを前提とした場合、☆2の評価になる。 前作と比較して、古い楽曲が多かったので少し違いが見えてきた。 音がクリアになり(これはリマスターされた点が大きいのか?)、音一つ一つが 聴き取りやすくなった。 オリジナルのCDと、サンプラーCDと、SHM-CDの3種類で聴いてみた結果を書く。 1.オリジナルCD(既発)と比較して、リマスターされている為、音は良くなっている。  これは、サンプルCDと比較しても同様。 2.SHM-CDとサンプルCDとの音の比較でも、前作よりはクリアになった感じ。 3.ヘッドフォンで聴いた場合、前作よりもクリアな感じ。 4.今主流のiPodに入れて聴いた場合は違いは無い。(これは前回と同様。音圧はあがっているが) 5.音楽を聴き込んでいる人(オーディオを組んでいる人)はSACDの購入を推奨。 6.この楽曲のコンピを1000円で購入できるお買い得感(☆1追加) 7.コンピレーションとしての選曲を考えると、前作より劣る。 8.SHM-CDということで価格を300?1000円上げる程の価値は感じられない。 9.SACDの音の厚みやクリア感を体験してしまっているので、正直目新しさはやはり感じられない。 参考データ(当方システム) スピーカー : JBL(1台20万代) プリメインアンプ及びSACD Player : Denon(各20万代) ヘッドフォン:BOSE ノイズキャンセル
目の覚める音の違いに驚き
うちはONKYOの5.1chのオーディオセットで、それほど高価なものじゃないので、全然音の違いが出ることなんて期待していませんでしたが、もう、全然違うのが分かりました。特に19曲目の『River Deep Mountain High』には息を飲むくらい、音の違いに感動しました。1,000円で、こんなに気持ちいい音楽が聴けて、買って良かったです。
SHMは極悪商法
SHMは読み取りエラーが多い。そのエラー補正で音が変わる。過剰に謳われた『高音質』というコピーとありえない値段による『良いはず』と思う心理を巧みに利用してます。『やけにキンキンして聞こえる』『人工的すぎる』と聴くとあら不思議、そう聞こえます。盤によって効果がまちまちなのは盤によってエラー度合いがまちまちだからそれでもいいや、という方のみお楽しみください

地獄烈伝~ニュー・レコーディング・ベスト~(初回生産限定盤)(DVD付)

[ CD ]
地獄烈伝~ニュー・レコーディング・ベスト~(初回生産限定盤)(DVD付)

・KISS
【DefSTAR RECORDS(SME)(M)】
発売日: 2008-08-27
参考価格: 3,360 円(税込)
販売価格: 4,790 円(税込)
地獄烈伝~ニュー・レコーディング・ベスト~(初回生産限定盤)(DVD付)
- 収録曲 -
1. DEUCE
2. DETROIT ROCK CITY
3. SHOUT IT OUT LOUD
4. HOTTER THAN HELL
5. CALLING DR.LOVE
6. LOVE GUN
7. I WAS MADE FOR L...
8. HEAVEN'S ON FIRE
9. LICK IT UP
10. I LOVE IT LOUD
11. FOREVER
12. CHRISTINE SIXTEEN
13. DO YOU LOVE ME
14. BLACK DIAMOND
15. ROCK AND ROLL AL...
カスタマー平均評価:  4
懐かしかったです
KISS←中学生の時大好きでした。 初めて武道館にライブを観に行ったのも KISSの来日公演でした。 DVDを観ながらKISSに夢中だった頃を ただただ懐かしく思いました。
出す意味が、分かるような/分からないような・・・。
現在のツアーメンバーで再レコーディングしたベスト盤。 ツアーで演奏されているヒット曲中心なので云わばコンサート前に「予習しておけ!」的な内容。 オリジナルと比べるとテンポを少々落としているのでヘヴィな印象に仕上がっている。 しかし、アレンジやSE、リバーブの効いてないサウンド作りは略オリジナルに近いので、 改めて再録する必要があったか疑問だ。 アレンジを敢えて変える必要は無いと思うが、サウンド作りは、多少変えても良かったのではないだろうか? DVDの映像は、NHK『ヤングミュージックショー』で放映されたものに新たに3曲追加されているが、 ♪メイキンラヴは何故か省かれている。 当日の収録は、昼夜2公演を収められたので放映とはアングルやカットが異なる箇所もある。 画質と音質は、オフィシャルとして発売されるには値しないが、マニアとしては嬉しい。 何れ、リマスターした完全版が発売されるのを切望したい!(音源は、当初『ライブインジャパン』として発売される予定もあった) 彼らのベスト盤を買ってみようと思われるなら、DVD目当てで無ければ過去のベスト盤をお薦めする。 日本先行発売なので欧米盤は、ジャケットが変わるのかしらん?
この作品は期待に応えうるものであるのか...
わざわざ、これだけの時をあけてニューレコーディングということの意義は...ということで、予約をして購入しましたが、極めて平坦な演奏。ALIVEの、あの絶叫、盛り上がりはなし。単に「歌っている」だけという印象の楽曲。残念ながら、新しい価値を創造していく音楽家の作品ではないです。 初回特典のDVDですが、KISS好きは、既に、KISSOLOGYは3作とも購入しているのではないでしょうか。 ビジネスマンでもあるミュージシャンたるKISSですが、折角、期待をあおるニューレコーディングが、これですか...という印象。 どこの部分が、新しい価値をと意図している楽曲なのでしょうか?
KISSをまともに聴いたのは初めてです
映画デトロイトメタルシティに出てたジーン・シモンズが格好いい!と思ってKISSに興味を持ちました。 普段はロックは聴かないです・・。 いっぱいCDやDVDが出ててどれを聴いたら良いのかわからなかったので、こちらのニューレコーディングのDVD付きで事で購入しました。 DVDのライブ映像が自分の生まれ年より前でビックリ。。 かなり昔のものなので一瞬心配しましたが格好良かったです!今でも全然通用すると思います! ジーン・シモンズの火吹きも見れて満足。 CDは流石に聴いたことある曲って無いですけど、腕挙げてシャウトしたくなります。 ロックでそういうことして良いのかもよく解ってないですが(汗 一曲だけI was made forlovin'youのメロディーはキヤノンのデジカメに使われてたのでおぉ!っと思いました。その位。。 ちょっとの間はヘビロテで聴いていこうと思ってます。 あ、あー・・・ヨハネ・クラウザーII世のコメント(この時点で片腹痛い)要らない・・。 中途半端すぎてクラウザーさんでも無いし。考えたの誰ですか? デトロイトメタルシティ原作者の若杉公徳さんに漫画描いて貰った方が、まだ面白かったのでは?
DVDの特典に免じて「まいっか」ってとこかな
正直このCDの制作意図が分からない。 「KISS」として本気でアルバムをリリースしているとはとても思えないし、どんなメッセージが込められているのかを窺い知ることも出来ませんでした。 ニューアルバムの音源をラジオソースで入手していた全盛期。 あのワクワク感と興奮を感じ得ないのは、年齢を重ねたから、とは残念ながらどうしても思えません。 演奏も録音もアレンジも、2008年というこの21世紀になってこれじゃねぇ。。。 タイトル通り、初来日公演のDVDをTVの画面で見ることが出来るってのがせめてもの救いでしょうか。 ま、これもKISSなのかな。

地獄烈伝~ニュー・レコーディング・ベスト~

[ CD ]
地獄烈伝~ニュー・レコーディング・ベスト~

・KISS
【DefSTAR RECORDS(SME)(M)】
発売日: 2008-08-27
参考価格: 2,520 円(税込)
販売価格: 2,268 円(税込)
地獄烈伝~ニュー・レコーディング・ベスト~
- 収録曲 -
1. DEUCE
2. DETROIT ROCK CITY
3. SHOUT IT OUT LOUD
4. HOTTER THAN HELL
5. CALLING DR.LOVE
6. LOVE GUN
7. I WAS MADE FOR L...
8. HEAVEN'S ON FIRE
9. LICK IT UP
10. I LOVE IT LOUD
11. FOREVER
12. CHRISTINE SIXTEEN
13. DO YOU LOVE ME
14. BLACK DIAMOND
15. ROCK AND ROLL AL...
カスタマー平均評価:  3.5
DVDだけでも買いです
1977年の武道館ライブのDVDが魅力的。NHKヤングミュージックショーでも割愛されてた曲も入っていて満点です。再録の方は、原曲に忠実なので「何も今更改めて…」といった印象です。
やってくれました
凄すぎる! 通常、カバー曲はもちろんセルフカバーもオリジナルに、近づくことさえ出来ないけれど、本作での演奏はオリジナルと肩を並べる出来だと思う。なにしろ小学生のときのキッス初来日が洋楽にのめり込むキッカケとなったくらい毎日初期のアルバムを聴いていた私だが全く違和感無く聴ける。 円熟を増したバンドがオリジナルに(なるべく)忠実に演奏するとこうなるという最高の例だと思う。下手にアレンジを加えてないからオリジナルを愛した古いファンも満足できるだろう。この数十年ライブで演奏されている(あの違和感ある)ラブガンのイントロのブレークが入るアレンジ。あれさえも本作では入れてないくらいオリジナルに忠実である。(ただし化粧を落としてからの楽曲はよく知らないので、その頃の曲はどれくらい忠実に再現してるのかは分らない) アルバムの意図が分からないという声もあるが、化粧にコスチュームに血と炎のステージ.....エンターテインメントサーカスバンドだからこそのファンを楽しませようとしたアルバムなのだろう。 「今後はオリジナル新曲を作らずに、ファンが愛した昔からのキッス楽曲を継承する」と決意したバンドだからこそ出来たアルバムだと思うし、最高のセルフカバーアルバムだと思う。「ブラックダイアモンド」がピーターの声でないにも関わらず録音されたというのも、やはり「継承」のためのアルバムなのだろう。とても意味の重いアルバムであると思う。 もちろんオリジナル曲の素晴らしさを抜くことは出来ないが、下手に新曲作ってコケるよりキッスに限ってはこれでイイのだ! でなければ96年に化粧で復活したことさえも否定することになる。 モーツアルトやベートヴェンの(当たり前だが)新曲は作られず、過去の曲が演奏され続けても観客は拍手する。その粋に入ったのかもしれない(言い過ぎか?w) ところで中期?後期のファンはどう聴いてるのだろうか?
この重圧感、確かに増してる!!
KISSのメンバーがどうであれそんなの関係ありません。大事なのはKISSとして成り立っているかです。それは、どのバンドでも言えることです。 評価は★5!! やっぱりKISSはジーン……じゃなくて、デーモンだ!! 1番カッコイイ!!楽曲の中にショック・ミーがないのは事実、あったほうがよかったですね!
選曲、演奏ともに最高
現役メンバーでの再録音、ということで発売前から賛否両論だったこのベストアルバム。 確かにファンはトミーよりもエースを求めます。ポールやジーンだって、エースがちゃんと働く人だったなら、いっしょにKISSでプレイしたいと思うでしょう。 さてこのベストアルバム。地獄列伝という邦題・・・というか名称が付いています。 日本で先行発売ということで、日本のみのリリースではありません。 ジャケットに雷神が用いられていますが、収録曲に「雷神」こと「God of thunder」はありません。 KISSの名曲を挙げると、とてもCD一枚に収まる数ではなく、これも入れて欲しかった!ということはよくあります。それでもこのベストはライヴでの定番曲、人気曲、とりあえずこれだけは必聴という名曲ばかりで構成されています。 映画「デトロイト・メタル・シティ」をきっかけに初めてKISSに触れる人がいるかもしれません。 そんな方々のKISSの入り口に、このベストは大変お役に立つでしょう。 演奏は自信に満ちており、落ち着いていて、そして安定しているので、安心して聴けます。ベテランならではの風格です。 再録音ということですが、原曲に忠実で、変わりすぎていないか心配な人でも安心してください。 逆に変化を求めていた人には物足りないかもしれません。 余談ですが、KISSは自らを「ロックの歴史の1ページ」と言っていました。 俺たちより前にもページはあって、俺たちの後にもページは出来ていく、と。 KISSはこれからどう動き、何を見せてくれるのか。 ずっと大好きなバンドでしたが、このベストを手にして、僕はますますKISSを好きになってしまいました。
我こそはKISSアーミー♪
がたがた言わずにファンなら買え!!買いたくない奴ぁ買わなくて良いから、ここに下らないレビューなんは書かない事だな♪集金結構!!集金万歳!!これがKISSなのだよ(≧∇≦)ゞ

これがSHM-CDだ!ロックで聴き比べる体験サンプラー

[ CD ]
これがSHM-CDだ!ロックで聴き比べる体験サンプラー

・オムニバス ・ムーディー・ブルース ・KISS ・スリー・ドッグ・ナイト ・レインボー ・エルヴィス・コステロ ・ザ・スタイル・カウンシル ・シェリル・クロウ ・エクストリーム ・ヴェルヴェット・アンダーグラウンド ・ロッド・スチュワート
【UNIVERSAL INTERNATIONAL(P)(M)】
発売日: 2008-05-28
参考価格: 1,000 円(税込)
販売価格: 2,400 円(税込)
これがSHM-CDだ!ロックで聴き比べる体験サンプラー
- 収録曲 -
1. 日曜の朝 / ヴェルヴェット・ア...
2. マギー・メイ / ロッド・スチュ...
3. ハイダウェイ / ジョン・メイオ...
4. ヴィクトリア / ザ・キンクス
5. 時の流れを誰が知る / フェアポ...
6. スウィート・ホーム・アラバマ /...
7. オール・ライト・ナウ / フリー
8. ジョン・バーレイコーン / トラ...
9. ライト・フライト / ペンタングル
10. サテンの夜 / ムーディー・ブル...
11. デトロイト・ロック・シティ / ...
12. ジョイ・トゥ・ザ・ワールド / ...
13. シンス・ユー・ビーン・ゴーン /...
14. アリソン / エルヴィス・コステロ
15. シャウト・トゥ・ザ・トップ / ...
・・・
カスタマー平均評価:  3.5
次世代音楽ディスクの普及を願う者として
HDCDの20bit再生及びDVD-audio対応プレーヤーと、DTS-ES & ドルビーデジタルEX対応AVアンプを買ったのが五、六年前の事である。 SACDプレーヤーも欲しかったが、如何せん当時は日本橋の大手家電店でもハイエンドオーディオのコーナーにしか置いてなかったし、何より高かった。DVD-audioとSACDのユニバーサルプレーヤーも安くて五、六万はしたと思う。 時は流れて・・・ GENESISのSACD & DVDダブルディスク仕様リイシュー盤リリースと、ユニバーサルプレーヤーの低価格化により、私は一気に環境を整えた。プレーヤーはユニバーサルとしては恐らく最も低価格の部類であろう、パイオニアのDV-600AVだ。 既にレビューを書かれている方々に比べれば貧弱なシステムである。六本のSPとウーファは一万から二万、真空管プリメインアンプなんて代物も無い。しかし二つの次世代ディスクを聴くには十分なシステムと自分では思っている。 実際多くのソフトを聴いて、従来はステレオ音源だった作品をサラウンドで聴いた時の衝撃と言ったら言葉では表せない。 SHM-CDサンプラーのレビューで次世代ディスクの話を延々と書いたのは何故か。 理由は簡単、SHM-CDはどう頑張っても次世代ディスクを上回る事は出来ないと思ったからである。 前述の様にユニバーサルプレーヤーの低価格化、ソフトも市場が拡大する気配は見えないとは言え存在する。 そして次世代ディスクはどちらもマルチチャンネル記録が可能な為、制作の過程でリマスターがまず避けられない。従って音質自体の向上もそれに伴う(サラウンドトラックでのバランスの調整が難題ではあるが)。 一方SHM-CDは材質をどんなに向上させても、元のマスター次第で聞こえ方は大きく変わる。 SHM-CDを買い進めて行く位なら、そこに上乗せされる金額を思い切ってユニバーサルプレーヤーに投じてみては如何だろう。 当サンプラー以外にもレインボーやホワイトスネイクのSHM-CD盤を購入したが、TOTOの「聖なる剣」やジェネシスのSACD、マイルス・デイヴィスやマイク・オールドフィールド、イエスのDVD-audioを聴いたときの衝撃には遠く及ばなかった。 マスターの音質を高める作業は私の想像を絶するのだろうとは思うが、その工程無しに優れたマテリアルは完成しない。そしてそれを経た作品こそが名盤足りうるのだ。 材質を改良してもCDDAと言う枠の中にいる限り、大きな変化は望めまい・・・ もしこの駄文を読んだ方で興味を持たれた方は、家電店のオーディオコーナー等で次世代ディスクを体感して欲しい。 SHM-CDどころじゃなくなる事請け合いだ。
SHM-CDは必要か否か。
このコンピレーションの意味は 「SHM-CDの良さを知ってもらう」 ことを前提とした場合、☆1の評価になる。 悪い言葉で書けば「安いコンポで聞き比べれば音の違いがわかる」程度。 ある程度お金をかけてセパレートタイプのオーディオを組んでいる人にはあまり違いがわからない。 というか、SHM-CDより音の良いSACDを体験してしまっている人間にとっては必要ないと思う。 (SACDと比較という意味ではなく、SACDの音を体験してしまった後では、という意味で。) ヘッドフォンを直接オーディオにつないで聴いた場合。 確かにCD ターゲットが判らない
聞き比べて既存のCDより音がいいのは判ります。 でも我々にはSACDというフォーマットがある訳ですよね 従来の機材で再生可能な事がセールスポイントの様ですが、通常のCDに+1000円払ってまで良い音を聞きたい人に対して魅力があるのか正直疑問ではないでしょうか 特に音質に興味が無い人は従来のCDの方が価格的に魅力でしょうし、こだわりを持つ人にはSACDが既にある訳です  正直誰に売りたいのか今ひとつ不明瞭であいまいな商品だと思います あまりひねくれた物言いはしたくは無いのですが、このCDのアオリのあまりにも無責任で調子のいい文章には辟易しました  「SHM-CDを聞くと、既存のCDを廃棄したくなります。 SHM-CDの開発者にノーベル賞を!」----編集者、音楽雑記家、DJ 酒井康 「CDの音が限界を超えて新たなる次元に足を踏み入れた。」----AUDIO BASIC編集長 金城稔  ただし、メーカーの1000円と言う良心的な値段でなんとか消費者の関心を引こうとする営業努力は評価に値する事だと思います
価格としては申し分なし
 SHM-CDってなんだ?と思いながらも主要アーティストのSHM-CDをコレクションとして買い漁った。リマスター盤が多い昨今、違いを見つけるのは結構難しかったという印象が私個人としては大きいし、大人買いが出来る年齢だからこそ比較対照が出来たわけだ。まあ、アナログ時代の国内盤とオリジナル輸入盤の驚愕な違いこそは無いが。まだまだ聴き比べ状態な今、パッケージを売る手段としては若いリスナーを置いていってしまっている感が否めない。でもベスト盤を多く発売するのはとりあえずとっかかりが必要との判断なんだろう。今回のサンプラーも然り。 また、売り文句として今までと変わらないハードで高音質が楽しめると言ってはいるが、違いを見つける為にハードに拘る指向も出てしまっているようでならない。だから、売り文句の手軽さはパッケージを売るための常套手段的宣伝コピーにしか思えなくなってきてしまう。ハードに拘りの少ないであろうPCや携帯・ipod等で音楽を聴いている人口がどれほどいることか。  気になる値段の違いは透明な素材もさることながら工場で通常盤と同じ釜でポリカーボネート樹脂を使用している為にいちいち洗浄する手間が価格に反映しているそうだ。紙ジャケはさらにジャケの制作費も加算されているのではないだろうか。  まだまだ走り出した状態、イニシャルコスト回収状態。しかしながら多種多様ののリリース情報を見ると焦げ茶色のポリカーボネート樹脂の使用は無くなりそうな雰囲気でもある。  今回のサンプラーはこの手の種類の(サンプラーという)ジャンルでは異例のオリコン上位に食い込む売上らしいが興味はあるが・・・が低価格という魅力とマッチしたチャート反映だろう。仮に(サンプラーだからあり得ないが)2,500円くらいだったらどうだっただろうか?  さて、内容としては古い録音ほど違いを感じた。大人買いしなくてもこの価格で通常盤が付いているので聴き比べは可能だ。しかしながら今回のサンプラーにはないクラッシック系のような音の密度が高い方が分かり安いかもしれない。  蛇足だが、かつてMFSL盤を製造していた優れた技術をもつビクターだからSHM-CDに24K素材を使用した盤なんて登場するかもしれないなあ。なにせガラス製CDも作っちゃうんだから。(笑)  再び蛇足ながら私の家の近所のビクター工場でSHM-CDを一生懸命制作しているらしい。(笑)
i podではどうなるんでしょう
私も買って聴いてみたら、確かに違いは分りました。 でも、i pod に落とした時は理論的に言って違いはなくなるんですよね? 試してみたんですが、なんとなく違う気がしました。 気のせいでしょうか。

ディスコ・チャンピオン

[ CD ]
ディスコ・チャンピオン

・オムニバス ・ホット・ブラッド ・バカラ ・バンザイ ・ボーイズ・タウン・ギャング ・ヴィレッジ・ピープル ・キッス ・クインシー・ジョーンズ ・サンタ・エスメラルダ ・アース・ウインド&ファイアー
【ビクターエンタテインメント】
発売日: 2006-09-16
参考価格: 1,995 円(税込)
販売価格: 1,709 円(税込)
ディスコ・チャンピオン
- 収録曲 -
1. 宇宙のファンタジー / アース・...
2. ザッツ・ザ・ウエイ / KC&ザ...
3. プレイ・ザット・ファンキー・ミュ...
4. ピック・アップ・ザ・ピーセズ /...
5. クラップ・ユア・ハンド / ファ...
6. 愛がすべて / スタイリスティッ...
7. ザ・ハッスル / ヴァン・マッコ...
8. ハロー・ミスター・モンキー / ...
9. ジンギスカン / ジンギスカン
10. ソウル・ドラキュラ / ホット・...
11. チャイニーズ・カンフー / バン...
12. 誘惑のブギー / バカラ
13. セクシー・バス・ストップ SE...
14. ビバ・アメリカ / バンザイ
15. 君の瞳に恋してる / ボーイズ・...
・・・
カスタマー平均評価:  5
ソウルドラキュラ聞けてうれしー(^^)ゴリエのミッキー入りです。
朝CDが届いてすぐかけたらディスコに通ったあの頃に脳が若返り体がリズムをとっていました。十分なエクセサイズになりますよ。
空耳?にでますね。
愛のコリーダが聴きたくてこのCDを買いました。 検索したらこのCDを見つけました。 何処かで聴いたことのある曲ばかりです。 アースウインド&ファイアのファンタジー。 ザッツザウェイ、ソウルドラキュラ、愛のコリーダなど、 名曲揃いです。タモリ倶楽部の空耳アワーにもよくでますね。 ディスコがはやってたころは生まれてませんがこの曲達を聴くと、 なんだか身体がフリフリしてしまいます。 CMでもよく聴く曲も多いので親しみやすいCDだと思います。

アニメ・ホット・ウェーブ3

[ CD ]
アニメ・ホット・ウェーブ3

・アニメ・サントラ ・結城めぐみ ・杉山清貴 ・佐野量子 ・野澤恵 ・富沢聖子 ・KISS ME QUICK ・G-GRIP ・小比類巻かほる ・中原めいこ ・ソニア・ローザ
【バップ】
発売日: 1992-08-21
参考価格: 2,548 円(税込)
販売価格: 2,421 円(税込)
アニメ・ホット・ウェーブ3
- 収録曲 -
1. アイル・カム(新世紀GPXサイバ...
2. シティ・ハンター~愛よ消えないで
3. 宇宙恋愛~スペースファンタジー(...
4. フェアリー・ナイト(ルパン三世パ...
5. はちゃめちゃ姫(つる姫じゃ~っ!)
6. ドリーミー・マイ・ラヴ(ゴッドマ...
7. 銀河に一人(六神合体ゴッドマーズ)
8. ストップ!うそつき少年(魔法のア...
9. パジャマのままで(魔法の天使クリ...
10. トゥー・オブ・アス(美味しんぼ)
11. ミス・ドリーマー(三国志2 天翔...
12. 雲のように風のように
13. てなもんだ人生(からくり剣豪伝ム...
14. 5分だけのわがまま(蒼き流星SP...
15. ミッドナイト・ブルー(機動警察パ...
カスタマー平均評価:  4
「つる姫じゃ?っ!」や「ムサシロード」はかなり貴重ですよ。
これはどうやら挿入歌も入れてきたようですね、「7」が「六神合体ゴッドマーズ」の挿入歌の1つ、「8」は「魔法のアイドル・パステルユーミ」ですね。まあ、4つ全部揃うと、「OP・ED」の組が多くできてくるのですが、やはりバラバラにして組みなおしたのがちょっと…ですね。 そして、佐野量子さんの「12」が、「佐野量子ゴールデン・ベスト」に収録されていなかったと言うのはなんともはや…。「11・12」の2つは特番アニメの関連曲です。 他に「3」が既に「中原めいこツイン・ベスト」に、「9」は「太田貴子ゴールデン・ベスト」や「アニメージュ・魔法少女・コレクション」に収録されましたね。「輝け!週刊少年アニメ王80's」には、「2」が収録されました。 このCDでとりわけ貴重なのは、「1(サイバーフォーミュラ)・5(つる姫じゃ?っ!)・13(ムサシロード)」の3曲でしょう。「13」は、「ホットウェーブ4」に、対となるOP曲もありますよ。
やっと見つけた
12曲目の佐野量子さんが歌っている、雲のように風のようにのテーマ曲が、17年ぶりに見つけました。聞いてすごく感動しています。いい曲は何年たって聞いてもいいです。
全4作揃えれば星5つ。
VAPから発売された、アニメソングのオムニバスCD(全4作)。本作はその第3弾。このシリーズの最大のポイントは、楽曲がレコード会社の枠を完全に越えて収録されていることである。しかし、同一アニメの複数の楽曲が各CDにバラけて収録されているので、単体ではあまり意味が無い。4作全てをレンタル屋で借りるのが手っ取り早い。そうすれば太田貴子・岡本舞子・小幡洋子・志賀真理子・中村由真・結城めぐみ等が歌うOP&ED2曲が揃い、完璧だ。ただ、富沢聖子の歌う「蒼き流星SPTレイズナー」の新ED「LA・ROSE・ROUGE」が未収録なのが惜しい。 第3弾の個人的なお勧めは富沢聖子「5分だけのわがまま」と結城めぐみ「TWO OF US」である。

The Very Best of Kiss

[ CD ]
The Very Best of Kiss

・Kiss
【Island / Mercury】
発売日: 2002-08-27
参考価格: 1,579 円(税込)
販売価格: 1,049 円(税込)
The Very Best of Kiss
- 収録曲 -
1. Strutter
2. Deuce
3. Got To Choose
4. Hotter Than Hell
5. C'Mon And Love Me
6. Rock And Roll Al...
7. Detroit Rock City
8. Shout It Out Loud
9. Beth
10. I Want You
11. Calling Dr. Love
12. Hard Luck Woman
13. I Stole Your Love
14. Christine Sixteen
15. Love Gun
・・・
カスタマー平均評価:  4
ファンの意見が別れるベスト
既にベストアルバムはたくさん出ているが、これは今までの古い音源をそのまま収録しているので初心者にはオススメなベストである。
なぜ今さら・・・・・
KISSは過去に何枚ものベストアルバムを出しているが、過去に発売したべストとほとんど変わっていない。
昔の古い音源をそのまま寄せ集めただけで、せめて再レコーディングしてから発売してほしい。
音源が古いから迫力なんてまったく無し!音が軽くて、ドラムがスカスカ、KISS最高傑作のLOVEGUN、デトロイト・ロック・シティも音がスカスカ・・・。しかも以前に何度もベストアルバムに収録されている音源だから、余計に腹立たしい。こりゃダメだ・・・
KISSの代表曲が一通り聴けるベストアルバム
 2004年、KISSの来日記念盤としてリリースされたのがこのアルバムでもある「地獄の宝石、ヴぇリー・ベスト・オブ・KISS」です。KISSファンの方は知ってるかと思いますが、アメリカでは02年8月にリリースされ、日本でも輸入版としてこのアルバムのリリースされるだいぶ前に販売されていました。

 このアルバムの収録曲の21曲中16曲は初期メンバー時に発表された曲で、また初期メンバー時に発表された7枚の曲が一通り聴けます。またEはKISSの大ヒットライヴアルバムの「ALIVE」に収録されている曲で、またOはエース・フレイリーのソロアルバムに収録されている曲です。

 ただ自分的にはKISSの名曲の一つでもある「BLACK DIAMOND」や「DO YOU LOVE ME」や「SHOCK ME」などが収録されていないことが残念です。しかし以前にリリースされたKISSのベストアルバム「グレイテスト KISS リマスター・グレイテスト・ヒッツ」に収録されていなかった曲が数多く聴けるので良しとします。またこのアルバムはKISSの代表曲が一通り聞けるのでKISSの入門者の方は「まずこれを聴け!」というぐらいにおすすめできますが、やはり長年のKISSファンの方には不満な点が多いと思いますが、KISSファンの方は買って損はないでしょう。自分的に言ってしまえばこのアルバムはまるでKISSの入門書みたいなベストアルバムだと思います。
アメリカンハードロックの神様
KISS、このインパクトのある人たちは、アメリカ、日本でもかなりの人気のあるバンドで、テレビとかで聞いたことのある曲もあるかと思います。僕としては、デトロイト・ロック・シティなんかがお気に入り。代表的な曲は全部入ってるんで、かって損はないですよ。


やけっぱちロック~やさぐれ歌謡最前線 ビクター編

[ CD ]
やけっぱちロック~やさぐれ歌謡最前線 ビクター編

・オムニバス ・安西マリア ・安田南 ・池玲子 ・杉本美樹 ・中村晃子 ・中原まゆみ ・日吉ミミ ・あゆ朱美 ・フラワー・キッス ・森本和子
【ウルトラ・ヴァイヴ】
発売日: 2006-07-22
参考価格: 2,520 円(税込)
販売価格: 2,419 円(税込)
やけっぱちロック~やさぐれ歌謡最前線 ビクター編
- 収録曲 -
1. 変身(池玲子)
2. 女の赤い血がさわぐ(池玲子)
3. 新宿カルメン(杉本美樹)
4. 女番長流れ者(杉本美樹)
5. やけっぱちロック(安西マリア)
6. 裸足のブルース(中村晃子)
7. ひとりぼっち(内藤やす子)
8. テイク・テン(中原まゆみ)
9. たかが人生じゃないの(日吉ミミ)
10. 一七のえれじい(あゆ朱美)
11. 浮気なスー(フラワー・キッス)
12. 流れ者ブルース(沢たまき)
13. 二杯目のコーヒー(森本和子)
14. 酔いどれ女の流れ歌(森本和子)
15. ケリ(山川ユキ)
・・・
カスタマー平均評価:  5
やさぐれ歌謡!
70年代歌謡を「やさぐれ」という視点から新たに捉え直した編集盤で、様々な(ビクター在籍)女性歌手のシングルのA面或いはB面を収録。表ジャケには池玲子のシングル「変身」のジャケを使用。 ポイントは、池玲子「変身」・杉本美樹「女番長流れ者」・安田南「アイアンサイド」の3枚のシングルに関してはAB面共に収録されていることであり、これらを聴くためだけでも本作購入の価値はある。 全20曲、いずれも歌詞だけ読むとやさぐれ感に溢れているが、楽曲として聴くと当時から30年以上経った今となっては特にやさぐれ感が強いというわけでもなく、むしろ大変聴きやすい。また楽曲の構成がしっかりしていて捨て曲が無いので、最初から最後まで一気に聴ける。70年代歌謡曲を満喫したい方にお勧め。

Destroyer

[ CD ]
Destroyer

・Kiss
【Universal Japan】
発売日: 1997-08-12
参考価格: 1,127 円(税込)
販売価格: 797 円(税込)
Destroyer
- 収録曲 -
1. Detroit Rock City
2. King of the Nigh...
3. God of Thunder
4. Great Expectatio...
5. Flaming Youth
6. Sweet Pain
7. Shout It Out Loud
8. Beth
9. Do You Love Me
カスタマー平均評価:  4.5
コレヲキコウ
キッスはご存じの通り、メイクとコスチュームで有名なロックンロール・バンドである。70年代中盤に「キッス・アライブ」(全米9位)でブレイクし、本アルバム「地獄の軍団」(全米11位)が爆発的に売れた。「地獄のロックファイアー」はその次作である。これら3作がキッスの絶頂期だ。その後、ディスコナンバー「I Was Made for Lovin' You」にみられるように、どポップ路線に方針転換する。また、メンバー内の確執からエースとピーターが脱退すると、メンバーを補充しさらにメイクを落として活動を続ける。それでも当時のメタルブームのおかげでそこそこ売れていて、「リベンジ」は全米6位を記録しているようだ。しかーし、この辺は全然聞いていない。 初期のキッスの曲って、よくできてる。コピーしてみるとわかるんだけど、こんな単純なリフでよくこんなかっこいい曲が出来るなと思う。それと、リフづくりのパターンが各曲とも似てるのね。でも、それを感じさせない。ポール・スタンレーって才能あるな。では、ロックンロール・オールナイトを弾いてみましょう。次にブラック・ダイアモンド。はい、ファイアー・ハウス。ね、ちゃららららららが一緒でしょ。 コピーがラクってのもギター・キッズたちにはいい。とっつきやすくて、バンドも組みやすい。こういうバンドが売れればギターも売れるのになと、某楽器店長も言っていた。イングヴェイじゃ弾けないもんね。 「キッス・アライブ」「地獄の軍団」「地獄のロックファイアー」の3枚を聞いてくれ。
彼等を知らない若い世代へ
キッスのスタジオ盤ではよく雑誌でも名作として取り扱われる本作はライブでの扱いも破格で殆どの楽曲が演奏されている。 当時としては下世話な歌詩にキャッチーなメロディがメイク・ド派手なライブパフォーマンスとあいまって、ブリティシュはおろか自国アメリカのバンドにも存在しないオリジナリティーとカリスマを発散していた。前作より洗練された音作りは後々のLAメタルにも影響を与えたのではないだろうか。個人的にはそろそろ新規リマスターを望みたい。未だに96年仕様のマスタリングなのは如何なものか?
KISSブレイク後の名盤
 前作「アライブ!」で成功を収めたKISSの、その翌年である’76年に発表されたアルバムである。 個人的には「デトロイトロックシティ」が一番のお気に入りですね。 ライブでも必ずと言っていいほど、このナンバーはやりますね。 「SHOUT IT OUT LOUD」もメロディアスで大好きです。 サビの部分の観客との声の掛け合いもいいですね。 こんなにいい曲揃いなのに、全米ではナンバーワンになってないんですね。 いや、ナンバーワンを取ってもおかしくないくらい、完成度の高いアルバムですけどね。 私はこのアルバムからKISSを聞き始めたので、入門編にはもってこいのアルバムなのかもしれません。
予定調和の完成
このアルバム「地獄の軍団」から「地獄のロックファイヤー」「ラヴガン」「アライヴU」までをキッスの黄金期とみてほぼ間違いない。この頃に初来日して武道館でのライヴはNHKのヤングミュージックショウで放映された。現在も色あせない代表曲「デトロイトロックシティー」はイントロのリフからポールスタンレーの甘い絶叫ヴォーカル間奏のブレイクからエースのリードソロから最後はツインリードになる曲の構成はこれでもかという予定調和でありながら見事な完成形であり、期待を裏切らない王道のハードロックである。
オーヴァードライヴがかっこいい
 最後の曲 Do you love me?をアナログ盤で擦り切れるほど聴いていました。当時、住宅事情が悪くヘッドフォンつけて大音量で聴いては、ドラムと中間部分のツインギターに鳥肌立てていたんです。懐かしい。  もちろんエアボ、エアギターは当たり前・・・(笑) エアロほどのすごいバンドではないけれど、ほんとにツボを得たメロディが頭に焼きつく・・・そんなバンドです。今でも無性に聴きたくなるときがあります。

Playlist Plus

[ CD ]
Playlist Plus

・Kiss
【Island/Mercury】
発売日: 2008-04-29
参考価格: 3,385 円(税込)
販売価格: 2,537 円(税込)
Playlist Plus
- 収録曲 -
1. Strutter
2. Deuce
3. Hotter Than Hell
4. C'mon And Love Me
5. Rock And Roll Al...
6. Detroit Rock City
7. Beth
8. Hard Luck Woman
9. Calling Dr. Love
10. Love Gun
11. Christeen Sixteen
12. I Was Made For L...
カスタマー平均評価:   0



Copyright © 2008 洋楽アーティストデータベース. All rights reserved.    Program by 簡単アマゾンサイト作成ツール ver.3.96

 更新日 2008年10月11日   ※ 表示価格は更新時のものです!      メール      相互リンク