洋楽アーティスト1000人のデータベース。公式サイト・ファンサイト・ブログ・掲示板・リンク集。

洋楽アーティストデータベース

1,500円以上で送料無料!
※一部大型商品を除く
カートを見る ヘルプ
チープ・トリック カルト デヴィッド・リー・ロス ディープ・パープル デフ・レパード ドッケン  
  ヨーロッパ ゲイリー・ムーア ガンズ・アンド・ローゼズ アイアン・メイデン ジューダス・プリースト キッス

洋楽データベース
無料着うたダウンロード
OnGen音楽配信
洋楽楽譜
洋楽名曲
洋楽ランキング
洋楽歌詞和訳・翻訳
特集
 アーサー・クルダップ
 アート・ネヴィル
 アルバート・キング
 アルバート・コリンズ
 イングヴェイ・マルムスティーン
 ヴァン・ヘイレン
 オジー・オズボーン
 クイーン
 クワイエット・ライオット
 サミー・ヘイガー
 スキッド・ロウ
 スコーピオンズ
 テッド・ニュージェント
 ナイト・レンジャー
 ポイズン
 ホワイト・スネイク
 メタリカ
 モトリー・クルー
 レッド・ツェッペリン
 ロイヤル・ハント

 

デフ・レパード


ソングス・フロム・ザ・スパークル・ラウンジ~デラックス・エディション(初回生産限定SHM-CD仕様)(DVD付)

[ CD ]
ソングス・フロム・ザ・スパークル・ラウンジ~デラックス・エディション(初回生産限定SHM-CD仕様)(DVD付)

・デフ・レパード ・ティム・マッグロウ
【UNIVERSAL INTERNATIONAL(P)(M)】
発売日: 2008-05-21
参考価格: 3,600 円(税込)
販売価格: 2,629 円(税込)
ソングス・フロム・ザ・スパークル・ラウンジ~デラックス・エディション(初回生産限定SHM-CD仕様)(DVD付)
- 収録曲 -
1. ゴー
2. ナイン・ライヴス feat.ティ...
3. カモン・カモン
4. ラヴ
5. トゥモロー
6. クルーズ・コントロール
7. ハルシネイト
8. オンリー・ザ・グッド・ダイ・ヤング
9. バッド・アクトレス
10. カム・アンダン
11. ゴッタ・レット・イット・ゴー
12. ラヴ (アコースティック・ヴァー...
13. ナイン・ライヴス (デフ・レパー...
カスタマー平均評価:  4.5
期待はしていなかったが!
彼らの表紙が目当てで1988年10月号から某メタル誌を購入するきっかけになったほど、当時大好きだったバンド。しかし近年パワーダウンは否めなく、前作「X」は正直失望しました。そんなこともあって今回は購入見送りしようかと思っていたのですが、やはり気になって購入したのです。聞いてみると前作のように「売れたい」感じが前面に出ていなくて、いいかんじに自分達の音楽を取り戻すことに成功している好盤だと思います。
流石の一枚
これまでとの大きな違いは作曲クレジットに現れている。共作がティム・マッグロウのゲスト参加した2以外、皆目見当たらないのである。メンバー個々が持ち寄った曲?ツアー中に作られたものが多いらしいが、これらをそのままレコーディングした事で、楽曲がシンプルかつ、焦点が定まった感じに仕上がり、功を奏したと言えそう。 楽曲は実に多彩で、グラム調の3、QUEENを彷彿とさせるコーラスをフィーチャーしたドラマチックなバラード4、初期を思い出させるアップビートのロックンロール9、ダイナミックな11と新鮮さを披露しつつ、DEF LEPPARDならではのコーラス・ワークで構築されたその他の楽曲で構成された会心の一枚といえる。ハード目な1、6、10は"Slang"を思い起こさせたりもする。 ギター・プレイがフィーチャーされているのも大きな特徴で、1、9ではフィルとヴィヴィアンのギター・バトルというこれまでありそうでなかった場面も用意されている。凄いのは、これだけ聴き所を用意しながら、収録曲のほとんどが3分台でまとめられているところだろう。 唯一気になったのがJ・エリオットのヴォーカル、肝心な部分では得意のハーモニーを使っているので、そんなに気にはならないが、少し声が衰えたのは否めない。アップビートの9では、バックが元気なだけに特に気になった。 私はDVD付を買ったが、収録曲についてのコメントではヴィヴィアン・キャンベルがギターを手にとって実演してくれるなど、なかなか面白い内容になっている。
ハードロック回帰
「Pyromania」以降、常にセールスを意識した曲作りで、どのアルバムも近年は窮屈なところがあり、またハードロックからどんどん遠ざかっていく感があったが、前作「Yeah! 」が本来のロックバンドとしての姿を取り戻すきっかけになったのでは。個人的には、より完成度の高い「Retro Active 」という印象を持った。全ての曲がコンパクトにまとめられいるが、密度が濃いものなっている。特に、今回サブとヴィヴの曲が印象に残る。また、優れた2人のギタリストがいながら、今まで絡むことが少なかったが、今回は存分にフィルとヴィヴのソロが絡んだ曲もあり、まさにハードロック回帰なアルバムになっている。 もう過去のアルバム云々でなく、これからはこの路線でどんどんやってもらいたい。特典のDVDは、これも珍しく、フィルとヴィヴ(ジョーは音声だけ)二人の解説が中心で、あたりまえだが、二人とも仲がいいところが垣間見えてよかった。
過去の優良作品との比較では★★★★ですが・・・
High'n 'Dry ★★★★☆ Pyromania ★★★★☆ Hysteria  ★★★★★ Adrenalize ★★★★ ・・・という評点が頭にある小生には、当該新作の実質的評価は★★★★が妥当と思っていますが、2008年に至って、このレベルのNewAlbumが出せるLeppsに★★★★★提供したいと思います。一曲一曲を聴く限り、もう少し曲の構成を練りこめば、上記の名作群に比肩する水準のAlbumになるのりしろが残されている点が悔やまれますが、それでも駄曲がないのが何よりの高評価Point。Nine LivesにAnimalっぽいPopさを感じさせるところも嬉しい。30代後半?40代前半のLepps Fanで、同時発売紙ジャケしか購入していない諸兄ももう一度Shopに足を伸ばしてご購入をお薦めいたします。フィルもヴィヴィアンも元気なソロパートも久しぶりに聴けますしね。リックアレンもほんまに片腕なんかと疑うほどに驚きの連打のプレイを披露している。 Sound Productionは全然ダメ!最近流行りの傾向なんでしょうかね、音圧上げまくって透明感や分離感なんざまったく考慮していない。携帯機器が主戦場になってしまったが為の弊害なんでしょうか?紙ジャケCDのNon Remaster CD の方がよっぽど良いSound Productionです(20年以上前のNon Remaster音源なのにネェ)。この音源をSHM-CDにしたところで意味あるんでしょうか?SHM-CD肯定派の私ではありますが、このSound Productionには猫に小判でないかと・・・(現代的Sound Productionにするにしてもトレバーホーンプロデュースのt.A.T.u. / 200 Km/H in the Wrong Lane のようなGoodなんですけど!!)
良い。
SHM仕様とかDVD付とか売りにしなくともこの音だけで十分ではないかと聴いていて思う。 楽曲の良さはもとよりアレンジ構成が過去の傑作をもしばらく忘れさせてくれそうな作品だと感じた。 昔の作品に似た所もあるが殆どが新デフレパード作品だと言える。 全体にエネルギーに満ちていてハードロックバンドらしさを取り戻した感じだ。 少なくとも今作、私には飛ばしたい曲は皆無と言いたい。 ベストアルバムよりベストしている。 ライブのセットリストをこのアルバムから多く使っても不満などないのではないだろうか。 やはり音楽的欲求を満たしてくれるのは彼らだけ(?)なのだ。 私がやりたいこと聴きたいものは彼らがやってくれる。 素晴らしいブレンドで世界一味わい深いハードロックバンドだ。

Songs from the Sparkle Lounge

[ CD ]
Songs from the Sparkle Lounge

・Def Leppard
【Universal Polska】
発売日: 2008-04-29
参考価格: 1,579 円(税込)
販売価格: 1,242 円(税込)
Songs from the Sparkle Lounge
- 収録曲 -
1. Go
2. Nine Lives
3. C'mon C'mon
4. Love
5. Tomorrow
6. Cruise Control
7. Hallucinate
8. Only The Good Di...
9. Bad Actress
10. Come Undone
11. Gotta Let It Go
カスタマー平均評価:  4.5
やればできる!
素晴らしい。おそらく「ヒステリア」「アドレナライズ」が好きなファンのほとんどが満足できる出来と思われる。いわゆるキラーチューン的な曲はないかもしれないが、今までのLEPSのオリジナルアルバムに必ずあった「妙に軽い曲」(私的にですよ)がなく、楽曲が粒ぞろいだ。もうちょっとポップス寄りのバラードが1ないこと、視覚的に訴えかけるものがないジャケットを除けば、「ヒステリア」レベルのアルバムと思える。とりあえず、「買い」です。
素晴らしく良い
歴史的名盤「HYSTERIA」から20年以上の歳月を経て、 Def Leppardが新しいDef Leppardに辿り着いたという感じです。 HYSTERIAを熟練の職人が作り直して、コンパクトにまとめた様なアルバムで、 HYSTERIAは全体で74分あったものが、 本作は約40分と聴きやすい長さにまとまっています。 全く期待しないで聴いたのですが、緻密で繊細なメロディの調和と、 70年代を彷彿とさせるクラシカルな魅力が相まって、 最高のアルバムに仕上がっています。お勧めです。
Leps最高!
久しぶりにLepsを聴きました。前作のカバーは「?」な感じだったので買わなかったのですが今回のオリジナルアルバムはレビューの評価が良かったので、半信半疑で買ってみたら、すごく良い!今までのアルバムは重厚なサウンドとコーラスが売りだったけど、今回はシンプルだけど楽曲の良さはそのままで、「渋い!」という感じ。そう、もうメンバーも40代後半だしね。。。来日公演行きたいけど、多分いけないなー。できれば、単独で来て欲しいんだけど 次回に期待!それまでにジョーはダイエットしてー。動画見てちょっとがっかりです。 でも、アルバムは最高です。
予想以上の出来ばえに◎
いやー、ひさびさにやられました!!やれば出来るじゃん!!皆さんLeppsは『ヒステリア』とよく言われますが、もう20年以上も前の作品との比較は止めましょう(笑)とにかく捨て曲なし!どの曲もデフレパ節炸裂!!特に4→10の流れは息の付く暇が無い!!ライブ映えする曲ばかりです!!早く武道館いきたいな?。。。祝coming soom!!
グラムロックに近い
スウィートのアクションをカヴァーした時は分厚いコーラスワークで料理してまさにデフレパ流でした。本作でもそのコーラスは健在ですが、より彼等の先輩であるスウィートやスレイドに近くなった感じがします。80年代に培ったメタリックな部分は少し影を潜めましたが、前作「X」よりはキャッチーで判りやすくなったのではないでしょうか。あとはもう少しコンスタントに作品を出して欲しいですね(笑)

Rock of Ages: The Definitive Collection

[ CD ]
Rock of Ages: The Definitive Collection

・Def Leppard
【Mercury】
発売日: 2005-05-17
参考価格: 2,256 円(税込)
販売価格: 1,415 円(税込)
Rock of Ages: The Definitive Collection
- 収録曲 -
1. Pour Some Sugar ...
2. Photograph
3. Love Bites
4. Let's Get Rocked
5. Two Steps Behind...
6. Animal
7. Heaven Is
8. Foolin'
9. Rocket (VISUALIZ...
10. When Love & Hate...
11. Armageddon It
12. Have You Ever Ne...
13. Rock Of Ages
14. Hysteria
15. Miss You In A He...
・・・
カスタマー平均評価:  4.5
やっぱレップスはいいね
最初のOn through the NightをLPで買ったのが確か16歳ごろの話。 初めてレコードに針を落とし、出てきた音にびっくりした思い出があります。 25年間にはスティーヴ・クラークの事故死あり、リック・アレン の左腕の切断ありと波乱万丈のバンドで、なかなか作品を出さない(一時は出せない)バンドです。 とにもかくにも良くまとまったベスト版でした。 初めての人、昔聞いたなぁの人、もちろんレップス大ファンの人、絶対買って損なし!だと思います。 音質的にもリマスターされているようでリック特有の切れのあるスネアの音なんかバッチリでした。 このバンドは気持ちのいいメロディーラインとフィル・コリンとヴィヴィアン・キャンベルの主張しすぎないギターライン、そしてハーモニーの調和が最高のバンドです。 それが気持ちよく聞ける音質に大満足です。 ひとつ残念なのが輸入版ということで、ライナーノートが英語でせっかくのフィルやジョーのコメントが・・・ よくわからない所がありました。 また日本でコンサートやってくれることを祈って! レップス!またね!!
懐かしい!!新鮮!!
初めて買ったCDがデフレパードなんですよ。ヒステリア大好き。もう内容の濃さにやられてます。若かりし日々がよみがえって涙こぼれますわ。デフレパードを知らない若者にも聴いてもらいたい。数々の困難にもめげずバンド活動をする彼らってすごい。たしかドラムの方は片腕を失って片手でドラムをたたいてたような・・・。
アメリカで大ヒット中!
Def Leppardの最新ベスト2枚組CDです。  81年のデビューアルバム‘On Through The Night’から新曲‘No Matter What’まで、全35曲が収録されています。

 サードアルバム‘Pyromania’あたりから「なかなかアルバムを出さないバンド」として有名ですが、出せばバカ売れ、特にアメリカでは上位チャートイン間違いなしで、これも例外になく売れています。  制作に膨大な時間を費やした作品はどれも完成度が高く、聴いてて安心だし万人受けするのも当然といった感じです。  このサウンドは中毒的な魅力があって、私は大ファンというわけではないのですが、アルバムを発表する度に思わず買っていて、気が付けば全部揃っている状況。  このアルバム1枚目のメロディアス且つキャッチーなヒット曲の数々を聴けば、それも納得です。

 新曲のBadfingerのカバー‘No Matter What’に関して言えば、カバー曲ばかり収録したニューアルバムからとのことですが、『別のバンドの曲が混ざってる?』と勘違いするぐらいのLeppsらしからぬサウンドでちょっとどうかな?というのが正直な感想。  次の曲‘Promises’が典型的なLeppsサウンドの曲なので、対照的でよけいそう思ったのでしょうが・・・。  

 ライナーノーツにメンバーが1曲ごとにコメントを出しているのと、懐かしめの写真(中にPhilの半ケツというわけのわからない写真も1枚あります)がちょこちょこあるのがベストアルバムらしいです。

 2枚組でこの値段なので、Leppsを知らない人も気軽に買って、なぜこのバンドがこれだけ成功しているか自分の耳で確認してみて下さい。  きっと納得するはずです。    
レップス最高!
 知らぬ間の発売されてた北米盤のリマスターベスト盤。カバー1曲の為に、 買ってしまうファン泣かせのレップス。(笑)ハッキリ言って音良し、選曲よし、未発表音源あり、ですのでファンは買いです!国内盤のベストより、音が向上してる感じがします。
最高!
『Best of』よりこちらの方がおすすめ!
選曲良し、新曲『No Matter What』良し、
間違いなく買いですね!!


ソングス・フロム・ザ・スパークル・ラウンジ

[ CD ]
ソングス・フロム・ザ・スパークル・ラウンジ

・デフ・レパード ・ティム・マッグロウ
【ユニバーサル インターナショナル】
発売日: 2008-04-30
参考価格: 2,500 円(税込)
販売価格: 2,139 円(税込)
ソングス・フロム・ザ・スパークル・ラウンジ
- 収録曲 -
1. ゴー
2. ナイン・ライヴス feat.ティ...
3. カモン・カモン
4. ラヴ
5. トゥモロー
6. クルーズ・コントロール
7. ハルシネイト
8. オンリー・ザ・グッド・ダイ・ヤング
9. バッド・アクトレス
10. カム・アンダン
11. ゴッタ・レット・イット・ゴー
12. ラヴ (アコースティック・ヴァー...
13. ナイン・ライヴス (デフ・レパー...
カスタマー平均評価:  4.5
やればできる!
素晴らしい。おそらく「ヒステリア」「アドレナライズ」が好きなファンのほとんどが満足できる出来と思われる。いわゆるキラーチューン的な曲はないかもしれないが、今までのLEPSのオリジナルアルバムに必ずあった「妙に軽い曲」(私的にですよ)がなく、楽曲が粒ぞろいだ。もうちょっとポップス寄りのバラードが1ないこと、視覚的に訴えかけるものがないジャケットを除けば、「ヒステリア」レベルのアルバムと思える。とりあえず、「買い」です。
素晴らしく良い
歴史的名盤「HYSTERIA」から20年以上の歳月を経て、 Def Leppardが新しいDef Leppardに辿り着いたという感じです。 HYSTERIAを熟練の職人が作り直して、コンパクトにまとめた様なアルバムで、 HYSTERIAは全体で74分あったものが、 本作は約40分と聴きやすい長さにまとまっています。 全く期待しないで聴いたのですが、緻密で繊細なメロディの調和と、 70年代を彷彿とさせるクラシカルな魅力が相まって、 最高のアルバムに仕上がっています。お勧めです。
Leps最高!
久しぶりにLepsを聴きました。前作のカバーは「?」な感じだったので買わなかったのですが今回のオリジナルアルバムはレビューの評価が良かったので、半信半疑で買ってみたら、すごく良い!今までのアルバムは重厚なサウンドとコーラスが売りだったけど、今回はシンプルだけど楽曲の良さはそのままで、「渋い!」という感じ。そう、もうメンバーも40代後半だしね。。。来日公演行きたいけど、多分いけないなー。できれば、単独で来て欲しいんだけど 次回に期待!それまでにジョーはダイエットしてー。動画見てちょっとがっかりです。 でも、アルバムは最高です。
予想以上の出来ばえに◎
いやー、ひさびさにやられました!!やれば出来るじゃん!!皆さんLeppsは『ヒステリア』とよく言われますが、もう20年以上も前の作品との比較は止めましょう(笑)とにかく捨て曲なし!どの曲もデフレパ節炸裂!!特に4→10の流れは息の付く暇が無い!!ライブ映えする曲ばかりです!!早く武道館いきたいな?。。。祝coming soom!!
グラムロックに近い
スウィートのアクションをカヴァーした時は分厚いコーラスワークで料理してまさにデフレパ流でした。本作でもそのコーラスは健在ですが、より彼等の先輩であるスウィートやスレイドに近くなった感じがします。80年代に培ったメタリックな部分は少し影を潜めましたが、前作「X」よりはキャッチーで判りやすくなったのではないでしょうか。あとはもう少しコンスタントに作品を出して欲しいですね(笑)

Yeah!~イェーイ!

[ CD ]
Yeah!~イェーイ!

・デフ・レパード
【ユニバーサル インターナショナル】
発売日: 2006-06-28
参考価格: 2,548 円(税込)
販売価格: 2,279 円(税込)
Yeah!~イェーイ!
- 収録曲 -
1. 20thセンチュリー・ボーイ(オ...
2. ロック・オン(オリジナル:デヴィ...
3. ハンギング・オン・ザ・テレフォン...
4. ウォータールー・サンセット(オリ...
5. ヘル・レイザー(オリジナル:スウ...
6. 10538オーヴァーチュア(オリ...
7. ストリート・ライフ(オリジナル:...
8. ドライヴ・イン・サタデイ(オリジ...
9. リトル・ビット・オブ・ラヴ(オリ...
10. ロックン・ロール黄金時代(オリジ...
11. 嵐の恋(オリジナル:バッドフィン...
12. ステップ・オン(オリジナル:ジョ...
13. 甘い言葉に気をつけろ(オリジナル...
14. ステイ・ウィズ・ミー(オリジナル...
15. アメリカン・ガール(オリジナル:...
・・・
カスタマー平均評価:  4
British Rock Musicの系譜
ロック、ポップ、ブルース・・・。たった約3分間に込められた70年代のヒットソングはどれも素晴らしい。また、それぞれの楽曲に対するJoe,Philのライナーノーツも読むに値するものである。西洋人というのは、自然科学、社会科学などの分野において、自分の仕事を系譜に沿って位置づける場合が多い。彼らの独創的なヒットソングの数々も、連綿と続く英国音楽の一部であると彼らが語っているのは興味深い。
期待以上でした
何よりメンバーが楽しんで作ってる感じが伝わってくる。 Leppsファンになってかれこれ20年。 オリジナルアルバム入れてもトップクラスの出来だと思います。 日本ではイマイチ人気の低いLeppsですが、 このアルバムから聴き始めるのもいいかもしれないです。
カヴァーであってもデフレはデフレ!
1曲目の「20th Century Boy」から、やってくれるじゃないですか!カヴァーといいつつ、はっきり言ってデフレです。ツインギターの重厚なメロディにカヴァーならではの女性コーラスも加えた演奏。次は、どうくるのか!とワクワクもんでした。グラムの世代も被っている者には、デフレの魅力と当時の”かっこいい曲”がマッチングでしたね。長くやってるバンドは、必ず一度は【原点】に戻るのは仕方のないこと。むしろ、この作品は、オリジナルに十分匹敵するデフレの持つ【メロディアスかつ重厚なギター】【見事なコーラスワーク】【攻めのロック】をかましてくれてます。これを経て、新作をどう展開してくれるのか楽しみですね!primejiveさんも書いているように、ブックレットまで”楽しんでる”ことが見えるとファンまで嬉しくなります☆彡
流石だわ…
バンドのルーツを明らかにするカヴァー曲集。主に'70年代初頭のグラム・ロック、ポップから選曲されている。私からすれば、中には「誰それ?」というアーティストもいる。 内容がまた、堂に入ったカヴァーっぷりと言うべきか、コーラスなどで見事にデフ・レパードらしさを演出しながら、多彩な楽曲をまとめてあり、オリジナル作品のように聴こえるけど、どこかで聴いた事があるような…というような仕上がりだ。こういうセンスは流石!としか言いようがない。 まぁ、まだ発売からそんなに時間が経っていないので、断言するのもあれかもしれないけど、総じてカヴァー・アルバムは数回聴いたら、オシマイってパターンが多い中、これは長い間楽しめそう。 14ではフィル・コリンがヴォーカルを担当しており、15,16は日本盤のボーナス・トラック。 インナー・スリーヴの写真にもユーモアとリスペクトの念が感じられ、大爆笑。
Rockという流れの中で
何年も前からleppsがカバーアルバムを出すという噂は流れていた。 そしてやっと出た訳で確かにオリジナルアルバムではないけど アーティストが自身のルーツを示してくれるというのは ファンにとっても新しい発見があるわけで そこから今までに聞いたこともないアーティストに興味が わいたりもしたりして。 聞いてみた感想は楽しいと思う。 ずーっと昔から続くrockの流れの中でleppsの中に 流れ込んでいるものがそこにあってまたその流れは ほかのいろんなアーティストに繋がっていく訳で そういった流れが感じられて楽しいアルバム。 つくづくleppsのファンでよかった このアルバムのツアーで来日もしそうだしそれも楽しみ

Yeah!

[ CD ]
Yeah!

・Def Leppard
【Mercury】
発売日: 2006-05-23
参考価格: 1,579 円(税込)
販売価格: 1,413 円(税込)
Yeah!
- 収録曲 -
1. 20th Century Boy
2. Rock On
3. Hanging On The T...
4. Waterloo Sunset
5. Hell Raiser
6. 10538 Overture
7. Street Life
8. Drive-In Saturday
9. Little Bit Of Lo...
10. The Golden Age O...
11. No Matter What
12. He's Gonna Step ...
13. Don't Believe A ...
14. Stay With Me
カスタマー平均評価:  4
ロック史上に輝く超大作!
これは本当にすばらしい作品です!!1曲1曲にDEF LEPPARDの曲に対する愛情が感じられます。特にBLONDIEのHANGING ON THE TELEPHONEなどは私がBLONDIEのファンということもありますが...鳥肌が立ちました!全曲オリジナルを忠実に再現しているのですがDEF LEPPARD特有のスリリングな感じと胸が熱くなる感じがしました。オリジナル盤と同じかそれ以上の大作だと思います。原曲を知らない人でも完成度が超高いので楽しめると思います。また、ブックレットとかが超楽しいです!とにかく素晴らしい作品です!タイトルのYEAH!というとうりのグレートな作品でした。
わくわくはしないが・・・・
レップスのルーツを探す旅として聞けばいいのではないでしょうか。 ワクワクはしませんがいつもの長い次へのステップでしょう。 とりあえずグラムロックが彼らに与えた影響が今日のレップスになっているわけですし。 私個人としては元気なRICKのドラムも聴けたし、PHILとVIVの掛け合いも聞けたし、満足(?)です。 このアルバムで「次はどうなるのかな?」と想像しました。 いつもと違ってお酒を飲みながらゆっくり聞きました。 こんな事するのもレップスかな(^.^)
レップスの原点
レップスのメンバーのルーツとなる全曲カバーアルバム。本当であれば数年前に発売となっていたであろうアルバムがなぜか、お蔵入りと噂されてたが、要約、発売となった。レップスは、あくまでオリジナル曲が魅力なバンドであるという事を実感したのが正直な感想である。私は、このアルバムの原曲を殆ど知らないので偉そうな事は言えないが、感動が、イマイチだった。4曲目のWATERLOO SUNSETは、2004年のベストに収録されているのに再収録されているのも疑問が沸く。ベスト盤やカバー集と、ココ数年のレップスは、曲作りの創作意欲がないのか、不安を感じてしまう。大好きなバンドだけに、現役バリバリで、頑張ってほしい。オリジナル・アルバムに期待したい。

X

[ CD ]
X

・デフ・レパード
【ユニバーサル インターナショナル】
発売日: 2002-07-24
参考価格: 2,548 円(税込)
販売価格: 1,561 円(税込)
X
- 収録曲 -
1. Now
2. Unbelievable
3. You're So Beauti...
4. Everyday
5. Long Long Way To...
6. Four Letter Word
7. Torn To Shreds
8. Love Don't Lie
9. Gravity
10. Cry
11. Girl Like You
12. Let Me Be The One
13. Scar
14. KISS THE DAY (Ja...
15. LONG, LONG WAY T...
カスタマー平均評価:  4
ハードロック風味のPOPS
‘Pyromania’がハードロック作品としては熱く最高だけど、リラックスしたい時に聴くならコレ!
各曲のメロディーの充実度は、彼らの今までの作品中一番だと僕は思います。「まず楽曲ありき」という姿勢が感じられるシンプルな演奏にも好感。
このアルバムを購入してから数年経つが、聴けば聴くほど益々愛着が深まっています。
迷いが感じられない力作
これだけのキャリアを誇るバンドに対して言いたいことではないが、このアルバムで
彼ら自身方向性に確信が持てたのではないかと一聴して思った。
良質で練り込まれたメロディや正確無比なコーラスといった彼らの大きな財産が全編に、
自信たっぷりに散りばめられている。
何より13曲目の「SCAR」、この曲で締めくくったという事に個人的に大変感激した。
「HYSTERIA」時代を彷彿とさせるこの曲を今、これほど堂々と聴かせるとは。
本当に腰を落ち着けて作ったのだなあと心からリラックスしてデフレパード節を楽しむことが出来た。
とりあえず当初予想していたよりは遥かに満足度が高かった。

ちなみにバラードを除いても、あまりテンポの早い曲はない。
これを残念に思う人もいるようだが、しかし個人的にはこれこそ望むところ。
遅いのにカッコイイ、これこそ私が彼らの曲に感じる最大の個性だったりする。
自然体
確かに前作「EUPHORIA」は良い作品だったと思います。
しかし、「ファンの望むデフレパード像」にバンド側が合わせよう
としたような感覚もあり、全体的には明るい音の割にはどこか後ろ
向きな雰囲気も感じました。

対して本作ではバンド側が自分達のやりたかったことをストレート
に出してきたと思います。半ばハードロックバンドであることを放
棄したかのような音像はある種の潔さも感じられ好感を持ちました。

あの「SLANG」以上の問題作だと思いますが、楽曲は粒ぞろい。
私は好きです。
愛ゆえに・・・
a?"a?a?-a--a?Ra?3a?§ea°a??a??e¨a?£a?|a??a?£a?'a?

a ̄"e??c??a?3a?3a?1a??a?3a??a?≪a?¢a?≪a??a??a?'a?oa??a??a??a?≪a?aa?£a??a?¨a??a??a??a??a??a?Ra?-a...ca?a?a??a?≪e¨a?£a?|a??a??a??c§?a??a??a??a??a?aa??a?≪a??a??a?'e?'a??a??a??a?≪a?aa?£a??a?Ra? ̄HISTERIAa??a??a?§a??a??a?a?-a??a??a??a?£a??a?'a? ̄a°'a1'a?,a?£a?3a?-a?≪e£e??a??a??a?|a??a??a?≪c"≫a?Ra??a?1a??a??a??a?≪a??a?3a??a??a??a??a?£a??a??a??a?§a??a??a?a...¨c±3a?§1500a,?a??a??a£2a??a?|a??a??a??a?Ra?¨a? ̄a...¨a??c?\a??a?aa??a?£a??a?a??a?-a?|a??a??a?£a??a?a≫?a?§a? ̄a??a??a?Ra?¬a?3a??a??a?≫i?£i??a? ̄a...¨e?¨a?§100a??a≫\a,?a??a??a?a??a?-a?|a?≫a1'a...ca? ̄a?aa?aa??a?1a??a??a?a?\a-\a??a?-a??a?a?ca??a?'a?§a? ̄a'?a'¢a'?a?'a?"a?£a?|a??a??a??a?a?"a??a??a??a?RaR?c?aa?≪a?aa??a?¨a? ̄a?a??a?aa??a?£a??a?a?1a?"a?aa??a??a??a??a??a??a??a?aa??a?Ra??a?a??a??a? ̄a??a?Ra?aa?1a?Ra??a?3a??a??a?a??a?Ra?aa?1a?RHM/HRa??a?3a??a?≪a? ̄e-?a?'a?"a??a?|a??a?£a?|a??a??a??a??a??a?a?-a??a?-a??a??a?Rc??a??a??a??a?±a??a??a??a??a??a?±a??a??a??a?'a?≪e?£a?-a??a??e!!?a??a?¨a? ̄a?a??a??a?≫a?≫a?≫a?a\?a?2a? ̄a?aa??a?aa??a?a'!a'?a?aa?ca? ̄a??a??a?Ra??a?ca??a??a??a??a≫£a??e??a??a?°a?"a?≪a??a??a??a?Re??c?1a?≪a??e?¨a?§a??a??a??a??a?3a?・a?£a?≪a?'c§?a??a?|a??a??a?¨a??a??a??a??a?|a??a??a??a?e??a?≫a?i?-aooc?Ra?Ra?!a?3a??a??a?¨a??a?°a??a??c"・a??a??a??a?a?\a,-c??a?§a'≫eo?a??a??a?|a??a??a??a??a??a??a?a??a??a?≫a?£a?|a??a??a? ̄ao?a...a?≪e-?a'3a?≪a?aa?£a?|a??a?|a??a??a?¨a?a??a?a?-a¬§aooa??a??a?2a?'a??a??a??a?Ra??a??a??a??a?a?-a?¬a??a?3a?¨a?aa??a?-a?-a??a?\a??a?μa??a?Ra-?a?¨a??a?80a1'a≫£a?≪a??a??a?'a,-c??c??a?≪ea?c?\a??a??a??a-?a?¨a?≪a?-a??a?"a?¨a?'a?a??a?oa?-a?|a?≫a?-a??a?a?"a?"a?aa?"a?¨a?'a?,a??a?|a??a?|a??c§?a? ̄a?"a??a??a??a??a??a??a?Ra??a"?a?'e2・a?£a?|a??a??a??a??a??a?a??a??a??a?≪a?≫a?≫a?≫a?
野暮ったい・・・
オープニングを聴いた瞬間、「SLANGに逆戻りかよ!?」と悪寒が走ったが、あのアルバム程、酷くはない。しかし、ポップ路線に拘り過ぎたせいか、アメリカンロックのような野暮ったさを感じる。無名の新人バンドでこのサウンドなら逸品と評価するがQUEEN同様、安易に真似出来ないサウンドをモットーとしていた事を考えると普通のバンドになってしまたんだな・・・と思えてならない。


ヒステリア+15<デラックス・エディション>

[ CD ]
ヒステリア+15<デラックス・エディション>

・デフ・レパード
【ユニバーサル インターナショナル】
発売日: 2006-12-06
参考価格: 3,670 円(税込)
販売価格: 3,370 円(税込)
ヒステリア+15<デラックス・エディション>
- 収録曲 -
1. ウィメン
2. ロケット
3. アニマル
4. ラヴ・バイツ
5. シュガー・オン・ミー
6. アーマゲドン
7. ゴッズ・オブ・ウォー
8. ショット・ガン
9. ラン・ライオット
10. ヒステリア
11. エクサイタブル
12. ラヴ・アンド・アフェクション
13. テア・イット・ダウン
14. ライド・イントゥ・ザ・サン(19...
15. アイ・ウォナ・ビー・ユア・ヒーロー
・・・
カスタマー平均評価:  4.5
2枚目の構成に疑問
 デフレパードの4thアルバム。(’87年発表) 純粋にアルバムの内容としては素晴らしいし、当時アメリカで1600万枚売っただけのことはあると実感。 中でもバラード「LOVE BITES」は珠玉の名曲であり、私がこのアルバムの中で最も好きな曲だ。 他にも外せない曲がゴロゴロと転がっており、デフレパードファンなら必携アイテムだろう。  ただ、ディスク2の6?10曲目のリミックスバージョンは、はっきり言って駄作。 しかも、せっかくの名曲がすべて中途半端な出来になってしまっているのが残念。 こんな中途半端なことをするなら、ディスク2丸ごと当時のライブ音源を収録してほしかった。  ’08年の10月にはホワイトスネイクと共に来日が決定したデフレパード。 それに伴い、新作も発表されているので、ライブに行こうと思っている方は彼らの新作も聞いておくと良いだろう。 いずれにせよ、「HYSTERIA」がロック史上に残る歴史的名盤であることに疑いの余地はない。
☆5以上
はっきり言います いや言わせていただきます ヒステリア ロック史上いやポップスも含めて全ての音楽史上で最高の音源です これぞ音楽 すべての音楽の到達点であり スタートだと思います 今はやりの何々 もろ ヒステリア じゃないですか リマスタリング 危険です 元々 音は良かったのに 危ない スピーカーがぶっ飛びそうだ 最高です 
星10あげたい
1989年に買ってからというもの、何千回ぐらいは聞いてます。 初めて10のHYETERIAを聞いた時、 優しげなメロディとギターの中に隠されている熱いロック魂に心から感動し、 自分のHR/HMライフが決定されました。 徹底的に凝りぬいた音作りだからでしょうか、 最初全体を通して聞くと?ですが、後からまた無性に聞きたくなります。 個人的にはボンジョヴィのNEW JERSEYと本作が人生の最重要アルバム。
リマスターには弱い。
言うまでも無く、彼らの最高傑作。 リマスターによって、かなり音の方がクリアーになってます。 リズム隊、特にドラムがパワフルになってるように思います。 ボーナストラックも、ライヴやリミックスと盛りだくさんである。 disc2のM-8のリミックスは強烈。見方によれば、冗長ともいえるが。。。。 音の面でもボーナストラックの面でも、買う価値はあるかと思います。
完全網羅するものはまだありそうだが
私は日本版(輸入版日本仕様)を購入。ライナー全文の邦訳と歌詞対訳付き。このライナーが非常に興味深かった。ご存知の通り製作に4年、プロデューサーはこの間3名も代わっているのだが、そこに隠された彼らの思いや製作の過酷さが、読みやすいストーリー仕立てで楽しく理解できる。メンバーが納得いかないテイクを安易にOKするジム・スタインマンを解雇し、待ちに待ったマット・ラングを迎え入れての入魂のレコーディングの気迫が凄まじい。「スリラーを超えなくて良いのか!」(前作「炎のターゲットはマイケル・ジャクソンのこのアルバムにトップを阻まれたのだ)を合言葉にリック・アレンの事故さえも結束力に変え(更にいうと本作の音質の鍵となったエレクトリック・ドラムの大胆導入にもつなげ)ていったあたり、素晴らしいと感じた。50?60の音源をミックスして作ったというエレクトリック・ドラムの音ひとつとっても、小節単位で作り上げた音の一つ一つに魅力あるのには理由があったのだ。 内容については輸入版と変わらないが、個人的には、12インチ・バージョンにはあまり関心がなかった。本編+Bサイドの構成は良かったので、出来れば製作過程のテイクや、スタインマンと作ったテイクなども聴きたかった気がする。また、DVD「クラシック・アルバム」でも本作は60分のドキュメンタリーが製作されているので、それも網羅して完全盤として欲しかったなど、贅沢な事も思ったので、星は1つ減らしておく。

アドレナライズ(紙ジャケット仕様)

[ CD ]
アドレナライズ(紙ジャケット仕様)

・デフ・レパード
【USMジャパン】
発売日: 2008-04-30
参考価格: 2,800 円(税込)
販売価格: 2,450 円(税込)
アドレナライズ(紙ジャケット仕様)
- 収録曲 -
1. レッツ・ゲット・ロック
2. ヘヴン・イズ
3. メイク・ラヴ・ライク・ア・マン
4. トゥナイト
5. ホワイト・ライトニング
6. スタンド・アップ(キック・ラヴ・...
7. パーソナル・プロパティ
8. ハヴ・ユー・エヴァー・ニーディッ...
9. アイ・ウォナ・タッチ・ユー
10. ティアー・イット・ダウン
11. ミス・ユー・イン・ア・ハートビート
12. シーズ・トゥー・タフ
カスタマー平均評価:  4.5
う?ん
もともとが非常に音圧も高く各パートの分離がはっきりしていた高音質アルバムの印象だったので変化が見られない感じ。そういわれればちょっとだけイイオトかな、っていうぐらいでしょうか。アルバムとしては個人的にデフレパの中では最高傑作で、ヒステリアよりもよく聴くので星4つで。
期待外れ(SHM-CD)
元々デジタルレコーディングされて音の良かったアルバムなので、音質の大きな差はなかった。リマスターされていないのでSHM-CD(高音質)としての価値は自分にはなかった。聴き比べれば音の見通しが良くなり、各々の楽器がクリアに聞こえるが2800円出して買い増しする程ではなかった。リマスターされていないSHM-CDは買い増しする必要はないと思った。
素晴らしい!
元々非常に音が良く録音レベルも高いアルバムなので、今回のリイシュー盤はまるでリマスター盤であるかのように聴こえる。アルバムの内容は文句なしの名盤!入門にも良いかも…

彼らの前作、前々作はバカ売れしてしまって (前作に至っては、それ一枚がベスト版みたいに ヒット連発状態だったような気が。。。) 今となっては、少々陰の薄い感じの印象の作品かも 知れませんけれども、発売された当時は とてつもなく売れていて、出すシングルはどれもチャートイン という、このアルバムも前作に負けないほどの完成度と共に 手が付けられないほどの人気を誇っていたと記憶しています。 前作「ヒステリア」の良いところを引き継いだ感じで 「アーマーゲドン・イット」みたいな2曲目 「ヒステリア」とか「アニマル」みたいな6曲目 「ラブ・バイツ」とか「フーリン」みたいな4曲目などなど 元気良くスタートするオープニングトラックも含めて 美味しい曲が凝縮されている作品だと思います。 初めてデフ・レパード聞く方々には とても優しい内容の作品であると思います。
トラブルを乗り越えて完成した三部作最終章
 「ポップよりの」ハードロックバンドの良質なロックアルバム。 前作では、ドラマーの事故で、アルバムの完成が遅れたが、今度は、ギタリストのスティーブが酒のため命を落とした。  このバンドのすごいのは、トラブルにもめげず、徹底してデフレパードサウンドを作り上げるところにある。吟味されたメロディラインとコーラスの重なり、演奏力。すべてが、凄まじい気迫の上に練りこまれている。相変わらずバラードのメロディラインは美しいし、ギターの重なり方、曲を支えるベースライン、片手とは思えないドラミング、曲に命を吹き込むボーカル。イギリス人らしいこだわりで、またもや、すばらしいアルバムをつくりあげた。  世界にその名を知らしめたデフレパードの三部作の最終章。最後をかざるにふさわしいアルバムを彼らは、いつものように妥協することなく作り上げた。

C'mon C'mon [12 inch Analog]

[ LP Record ]
C'mon C'mon [12 inch Analog]

・Def Leppard
【Mercury UK】
発売日: 2008-07-22
参考価格: 2,072 円(税込)
販売価格: 2,247 円(税込)
C'mon C'mon [12 inch Analog]
Def Leppard
カスタマー平均評価:   0



Copyright © 2008 洋楽アーティストデータベース. All rights reserved.    Program by 簡単アマゾンサイト作成ツール ver.3.96

 更新日 2008年10月11日   ※ 表示価格は更新時のものです!      メール      相互リンク