洋楽アーティスト1000人のデータベース。公式サイト・ファンサイト・ブログ・掲示板・リンク集。

洋楽アーティストデータベース

1,500円以上で送料無料!
※一部大型商品を除く
カートを見る ヘルプ
ソニック・ユース ソウル・アサイラム サウンドガーデン スパンダー・バレエ スポンジ スクイーズ  
  スタン・リッジウェイ ステレオフォニックス ストーン・ローゼズ ストレイ・キャッツ スウェード シュガーキューブス

洋楽データベース
無料着うたダウンロード
OnGen音楽配信
洋楽楽譜
洋楽名曲
洋楽ランキング
洋楽歌詞和訳・翻訳
特集
 ヴェルヴェット・アンダーグラウンド
 ヴェルヴェット・クラッシュ
 ウルトラボックス
 エアロスミス
 エーシーディーシー
 ザ・スタイル・カウンシル
 サード・アイ・ブラインド
 スウィング・アウト・シスター
 スザンヌ・ヴェガ
 スミス
 ゼイ・マイト・ビー・ジャイアンツ
 ティアーズ・フォー・フィアーズ
 ティル・チューズデイ
 テレビジョン
 トーキング・ヘッズ
 トーク・トーク
 バッド・カンパニー
 ブラック・サバス
 ボン・ジョヴィ
 ユーツー

 

ボン・ジョヴィ


ロスト・ハイウェイ

[ CD ]
ロスト・ハイウェイ

・ボン・ジョヴィ ・ビッグ&リッチ ・リアン・ライムス
【ユニバーサル インターナショナル】
発売日: 2007-06-13
参考価格: 2,500 円(税込)
販売価格: 1,300 円(税込)
ロスト・ハイウェイ
- 収録曲 -
1. ロスト・ハイウェイ
2. サマータイム
3. メイク・ア・メモリー
4. ホール・ロット・オブ・リーヴィン
5. ウィー・ガット・イット・ゴーイン...
6. エニィ・アザー・デイ
7. シート・ネクスト・トゥ・ユー
8. エヴリバディズ・ブロークン
9. ティル・ウィー・エイント・ストレ...
10. ザ・ラスト・ナイト
11. ワン・ステップ・クローサー
12. アイ・ラヴ・ディス・タウン
13. ロンリー(ボーナス・トラック)
14. プット・ザ・ボーイ・バック・イン...
カスタマー平均評価:  5
☆ジョン大?好き☆
カントリーミュージックの影響を受けたBON JOVIらしいソングが収録されている感じですね☆どの曲もすごく良くて、一度聴くだけで、細かい所まで慎重に作成している事が分かります。ジョンの一番お気に入りは「(you want to)make a memory」らしいですが、私的にはその曲はもちろん、今回のアルバムのタイトルにもなっている「lost highway」が一番大好きです♪聴けば元気がわいてくる気がして。。。このアルバムを聴いて、ジョンが大好きになり、コンサートのチケットまで購入しました(笑)もうコンサートが待ち切れないです☆このアルバムは、ジョンのファンにはもちろん、そうでない方にも絶対オススメです☆☆☆☆
BONJOVI史上最もカントリーミュージック色が強い作品!
 今なおロックミュージックシーンのトップクラスバンドとして君臨するBONJOVIの最新作が本作の「ロスト ハイウェイ」である。最近のBONJOVIと言えば、前作の「ハヴ ア ナイス デイ」が世界的にブレイクし、アメリカのアルバムチャートでは首位は取れなかったものの、日本のアルバム総合チャート堂々の初登場1位を記録したのが記憶に新しい。また本作の発表時点でBONJOVIのアルバムトータルセールスは1億2千万枚を超えており、まさにモンスターバンドと言うにふさわしい風格だ。  前作の商業的成功でBONJOVIは、本作で新たな試みを行っている。それはカントリーミュージックを今まで以上に取り入れ、これまでのアルバムとは違った風作を見せ付けているものの、その面で本作のリリースの直前で評論家の間で賛否両論になったのも事実だが、いざと聴いてみればカントリー色は強いものの彼等らしいサウンドに仕上がっておりかなり聴き応えもあり、時には少しハードなロックナンバーも聴けるが矢張り全体的にはカントリーとロックミュージックを融合したかのようなアルバムに仕上がっている。個人的には素晴らしい仕上がりだとは思うが、どちらかと言うと前作の方が気に入っているが、決して本作は駄作ではない。只前作みたいな風作を期待してたファンなどには賛否両論になりそうだが、BONJOVIらしさを第一に求めてるファンには納得できる内容かもしれない。本作はBONJOVIファンはもちろんのこと、ロックファン及び洋楽ファンなどは一度でもいいので聴いてみてはどうだろうか?

クラッシュ+LIVE FROM OSAKA

[ CD ]
クラッシュ+LIVE FROM OSAKA

・ボン・ジョヴィ
【ユニバーサル インターナショナル】
発売日: 2000-09-27
参考価格: 3,059 円(税込)
販売価格: 2,496 円(税込)
クラッシュ+LIVE FROM OSAKA
- 収録曲 -
1. イッツ・マイ・ライフ
2. セイ・イット・イズント・ソー
3. サンキュー
4. トゥー・ストーリー・タウン
5. Next 100 Years
6. ジャスト・オールダー
7. ミステリー・トレイン
8. セイヴ・ザ・ワールド
9. キャプテン・クラッシュ&ザ・ビュ...
10. シーズ・ア・ミステリー
11. アイ・ゴット・ザ・ガール
12. ワン・ワイルド・ナイト
13. リヴィング・ラヴィン・ユー
14. ニューロティカ
カスタマー平均評価:  5
迫力は無くなったが・・・
ジョンのヴォーカルがかなり衰えてしまった一作目。 ただ、時代が求めるものを常に書くことが出来る彼らの才能は凄まじい。 ライブバンドとして君臨する彼らのライブは緩急織り交ぜたジェットコースターのようなものだが、このアルバムでは1、12以外緩にあたる曲が多い。 一つ一つの曲は素晴らしくアルバムとしては最高の出来なのだが、ちょっと軽さを感じるけど星5つ。なぜってやっぱり曲が素晴らしいから。 ラナウェイのアコースティックヴァージョンをライブでやってくれた時ジョンが感極まって泣き出したのを覚えています。彼らの編曲と演奏の凄さも感じられる。
絶対おすすめ!!
とにかくイイ!!この言葉につきます!!
かなり完成度は高いと思います!10曲目のSHE'S A MYSTERYはあまり好きでは無かったのですが、何回も聴いてるうちに落ち着く曲になってきました。
他の曲はヤバイ!!いわずとしれたIT'S MY LIFE、味のあるTWO STORY TOWN、ベースが超かっこイイONE WILD NIGHTと絶対おすすめです!!(ホントは全曲の評価書きたかった(笑))

ボーナストラックも普通に入ってる曲と同じくらい素晴らしい!!
BON JOVIファンは言うまでもなく、ロックファンなら買って損はないでしょう!!
最高傑作!!
これを最高傑作といわずしてなんだ!!
名作、It's My Lifeを始めとする変化に富んだ楽曲の数々。
時代とともに移り変わるボンジョヴィサウンドの凄さを痛感できます。
ハッキリ言って、アルバムの完成度はTOKYO ROADより上。
その上ライブCDまで付いている!!
お買い得この上ないアルバムです。 


ニュージャージー(紙ジャケット仕様)

[ CD ]
ニュージャージー(紙ジャケット仕様)

・ボン・ジョヴィ
【ユニバーサル インターナショナル】
発売日: 2007-12-26
参考価格: 2,200 円(税込)
販売価格: 1,979 円(税込)
ニュージャージー(紙ジャケット仕様)
- 収録曲 -
1. レイ・ユア・ハンズ・オン・ミー
2. バッド・メディシン
3. ボーン・トゥ・ビー・マイ・ベイビー
4. リヴィング・イン・シン
5. ブラッド・オン・ブラッド
6. ホームバウンド・トレイン
7. ワイルド・イズ・ザ・ウインド
8. ライド・カウボーイ・ライド
9. スティック・トゥ・ユア・ガンズ
10. アイル・ビー・ゼア・フォー・ユー
11. 99 イン・ザ・シェイド
12. ラヴ・フォー・セール
カスタマー平均評価:  5
完成度の高い傑作
 ボンジョヴィはずっと産業ロックだと思っていて、(特に最近の彼らを見るとそう思わずにいられない。)ベスト盤くらいしか聞いていませんでした。でも今回聞いてみて考えが変わりました。  今回の2度目の紙ジャケ再発ということで、slippery when wetと7800℃fahrenheit(おまけ目的)はもともと購入予定でしたが、ジャケに触発されこのアルバムを買ってみたものの、内容や特典は圧倒的に他の二つのほうが豪華で、買わなきゃ良かったとさえ思いましたが、聞いてみて考えが変わりました。全体的になかなかいいじゃないですか。ヒット曲はslippery when wetのほうが目立ちますが、完成度はそれに十分匹敵します。ブラッド・オン・ブラッドとかキーボードが耳に馴染みナナナナーのボーン・トゥー?もかっこいいしポップです。ベスト版ではあまり聞いてませんでしたが、アルバムで聞くと全く違いますね。もう全体的にいい曲ばかりです。  紙ジャケのほうは上で残念だったといいながら、他の紙ジャケと比べたら出来は格段に上です。帯、インナー、日本版のインサート付き。(日本盤特典ってインサートだけだったんですか?)紙ジャケは基本限定なのでお早めに(前回のものもこれが出るまでは入手困難だったようです。特に人気作は注意。)

ロスト・ハイウェイ~リミテッド・エディション(DVD付)

[ CD ]
ロスト・ハイウェイ~リミテッド・エディション(DVD付)

・ボン・ジョヴィ ・ビッグ&リッチ ・リアン・ライムス
【ユニバーサル インターナショナル】
発売日: 2007-06-13
参考価格: 3,000 円(税込)
販売価格: 2,340 円(税込)
ロスト・ハイウェイ~リミテッド・エディション(DVD付)
- 収録曲 -
1. ロスト・ハイウェイ
2. サマータイム
3. メイク・ア・メモリー
4. ホール・ロット・オブ・リーヴィン
5. ウィー・ガット・イット・ゴーイン...
6. エニィ・アザー・デイ
7. シート・ネクスト・トゥ・ユー
8. エヴリバディズ・ブロークン
9. ティル・ウィー・エイント・ストレ...
10. ザ・ラスト・ナイト
11. ワン・ステップ・クローサー
12. アイ・ラヴ・ディス・タウン
13. ロンリー(ボーナス・トラック)
14. プット・ザ・ボーイ・バック・イン...
カスタマー平均評価:  4.5
さすがに貫禄がある!
DVDはレコーダーが壊れてしまってまだ観ていませんが、 アルバムの出来は最高だと思います。 ここのところアコースティックだったり、オリジナルでも 重い感じがしましたが、ノリもよく、それでいてスローな曲も いい!文句はありません。 デビュー当時からのファンでずっとアルバムを買ってきましたが、 いい音がだせるようになったし、曲もいいし、貫禄があります。 いいBANDに成長したなという感じです。 BON JOVIにしか出せない音、曲、全体的な雰囲気が出来上がって これからも楽しみにしたいです。
全曲良い!
カントリー要素が入ったものの、今回もまたBON JOVI臭い(良い意味で)です。 ぷんぷんしています。 この曲はちょっと・・・というものが全く無く、全曲とてもいいです。 ドライブに合います。 歌詞がちょっと切ない、悲しいものもありますが、どれも前向き。 今のBON JOVIの勢いが感じられます。
新曲とリアン・ライムス
ワールドツアーに先駆けて、ヨーロッパでの新曲「Till we aint strangers anymore」の ミュージッククリップを見ました。すごくセクシーなジョンと、妖艶なリアンの絶妙なコラボ。国内盤の発売となったリアン・ライムスのアルバムにもこの曲を収録しているけれど、 リアンのアルバムも同じダン・ハフのプロデュースなので(国内盤のボーナストラックのヒットシングル3曲を除く)ロスト・ハイウェイのファンは、きっと気に入る内容だと思います。
アダルトティックな作品
今回のアルバムは20代後半、30代、40代には 聴きやすいアルバムになってる。 もはやNEW JERSEYのころのようにやんちゃなロック(いい意味でね) ではなく、もう彼らもそれなりの年齢に来て こういうカントリーでアダルトな楽曲になってしまった。 でもさすがはBON JOVIだと思う。 こういう今まで違った路線とは違うアルバムでも「このバンドの曲はいいなあ?」 て本気で感じる。 まあ、ボクもそれなりの年齢にまでなってるので このアルバムがすごく気にいってるが、若い10代の子なんかが 聴くのは厳しいかもしれない。 BON JOVIは幅広い年齢層が受け入れられる楽曲である。 デビューしたころからのファンも当然、それなりに年齢を重ねてるから このアルバムは気にいってると思う。 若い子には今回のアルバムの受け入れは難しいかもしれない。 (BOUNCEも厳しいと思うが) でも、今の若い子も時間が経てば年齢も重なるし 年をとれば楽曲の聴き方も変わるだろう。 そして今回のアルバムのいいところは何回聴いても飽きない。 そして聞くたびにいろんな発見があること。 そしてなにより時間が短いから 聴きやすい。これはAVRIL LAVIGNEの「THE BEST DAMN THING」もそうだが 時間が短いとリピートして聞きやすいのである。 変にベストでもないのに長いと何回も聴きたいて言う気になれない。 (DREAM THEATERは別として) そして国内盤の最後の締めくくりのボートラ「PUT THE BOY BACK IN COWBOY」 は、アメリカでもこれを最後の締めくくりにすればいいのに て思う。これが最後だからこそ 「やっぱりBon Joviってロックバンドなんだな?」て 思うのは私だけでしょうか? ほんとに素晴らしいアルバムです。 若い子には難しいかもしれませんけど、是非何回も聴いて今回のアルバムを 楽しんでください。
Bon Jovi is the best band in the world!!!!
"今までとは一味違うBon Joviの良さを実感できるアルバム。確かにカントリーロックっぽいけれども、その中にBon Joviらしさを出すのは流石としか言いようがない。お勧めは1,3,5。まぁ、全部いいんだけどね笑  昔からのファンの人は変に思うかもしれないけど、これまでだって紆余曲折があったんだし、それが今のBon Joviを作っているんだから、このCDも1つのBon Joviの形。"

クロス・ロード/ザ・ベスト・オブ BON JOVI

[ CD ]
クロス・ロード/ザ・ベスト・オブ BON JOVI

・ボン・ジョヴィ
【ユニバーサル インターナショナル】
発売日: 2006-01-25
参考価格: 1,980 円(税込)
販売価格: 1,680 円(税込)
クロス・ロード/ザ・ベスト・オブ BON JOVI
- 収録曲 -
1. リヴィン・オン・ア・プレイヤー ...
2. キープ・ザ・フェイス (...
3. サムデイ・アイル・ビー・サタデイ...
4. オールウェイズ (5:5...
5. ウォンテッド・デッド・オア・アラ...
6. レイ・ユア・ハンズ・オン・ミー ...
7. 禁じられた愛 (3:44)
8. ベッド・オブ・ローゼズ ...
9. ブレイズ・オブ・グローリー ...
10. TOKYO ロード (5...
11. バッド・メディシン (5...
12. アイル・ビー・ゼア・フォー・ユー...
13. 恋の切り札 (4:27)
14. 夜明けのランナウェイ (...
15. ネヴァー・セイ・グッドバイ ...
カスタマー平均評価:  5
名曲揃い☆☆☆☆☆
近年、ボンジョビを聴かなくなって久しい。しかし今日、懐かしくなって、このCDを聴いてみた。やはり超名曲 Livin' On A Prayerをはじめ良い曲ばかりだ。個人的には前述の Livin' On Prayer、発表当時、ボンジョビには珍しく社会的メッセージを歌った Keep The Faith、Blaze Of Glory、ノリノリな Bad Medicineがお気に入りです。このアルバムが最初に発売されて十数年たつ今も輝きを放つ楽曲群です。
私のBon Jovi歴の原点
Bon Joviにハマったきっかけになったアルバム。ベストアルバムという何に恥じない収録内容で、ライブでもおなじみの曲ばかりです。Livin on a prayer, you give love a bad nameはもはやアンセム的にまで昇華されていて、keep the faithはライブのクライマックスで盛り上がる曲で、Someday I'll be Saturday nightとAlwaysは当時の新曲でSomedayはカントリーチックですがとてもノリの良い曲。Alwaysは数あるBon Joviのバラードの中でも1,2を争うラブソング。歌詞が良すぎます!Wanted dead or aliveはRichieとの掛け合いが最高!Lay your hands on meはライブで観客がめっちゃ盛り上がれる曲でBed of Rosesはこれまたラブソング。Blaze of gloryはJohnのソロアルバムからの曲で、壮大さが感じられます。I'll be there for youはラブソングで、Johnのシャウトがカッコいい!In and out of loveは評価の低い2ndアルバムからのからですが、私的にはカッコいいと思います。Runawayは言わずと知れたデビュー曲!Never say goodbyeはロックとバラードが見事に調和しています! 私からの意見としてはI'll sleep when I'm dead,Dry county,Love for sale,Born to be my babyも入れといて欲しかった・・・ 注意が必要なのは、収録曲が若干変わることです。日本版のはTokyo Road。日本のファンへ贈る曲だそうで、日本好きが分かります。International版はIn these arms、アメリカ版はPrayer '94となっています。Prayer '94以外はオリジナルアルバムに収録されてるので、アメリカ版を選択するのが良いかとは思います。対訳や歌詞はつかないですが・・・
デヴューからKFまでのベスト
このアルバムは[Best Album ブーム]を作ったといっても過言ではないほど 全世界で売れに売れたアルバムだ。 とにかく、Bon Joviの第1・第2全盛期をモーラしている作品である。 今も色褪せる事無く光り輝く珠玉の楽曲+永遠の名バラード"Always"が収録されている。 本当は"Cross Road + B-Side + Live From London"の2CD&DVDの3枚パックの限定版を強く お奨めするが、初回限定作品だったので中古で見つけたら手に入れるべき。 最近BJのFunなった人なら1000%気に入ると保障します!!
まさにベストオブベスト!
初期ボンジョヴィのベストアルバムです。ボンジョヴィが成功してからというもの彼等の後追いバンドが多数登場しましたが、何者も彼等の地位を脅かすことは出来ませんでした。キャッチーなメロディー、適度にハードでポップなそのスタイルは後にボンジョヴィスタイルと呼ばれるようになりました。アルバム収録曲は、どれもボンジョヴィファンならずとも一度は聴いたことのある曲ばかりだと思います。まさに一家に一枚的な名作なのが、本ベストアルバムです。
まさにBON JOVIの超名盤のベストアルバム!
 全世界アルバムトータルセールス1億枚を越えるモンスターロックバンドのBON JOVI。そのBON JOVIの初のベストアルバムが1994年にリリースされた本作の「クロス ロード」である。本作は全世界で約1800万枚の売り上げ記録し、アメリカのアルバムチャート上ではいまいちだったものの、日英の両国ではアルバムたチャート1位を記録した大ヒット作だ。  本作に収録されている曲を全体的に見ると黄金期のBON JOVIの名曲が数多く収録されていることが分かる。デビューシングルのMや彼らのシングルといては最大ヒットした@をはじめ、F J Nなどといった彼らの代表曲も数多く収録されている。個人的に言うと本作の選曲は良いとは思うが贅沢な話、二枚組みにしてもう少し名曲やLIVEで良くプレイする曲などを入れてほしかった気もするが初心者にはお勧めできるアルバムだということは確かだろう。それにBON JOVIはどちらかというとハードロック系アーティストでもあるがハードロック系アーティストとは思えぬほどポップな曲を数多く世に送り出していることから、ロックの入門者や洋楽の入門者にもお勧めできるアルバムといえるかもしれない。  

ザ・プレミア・コレクション ~100,000,000 BON JOVI FANS CAN'T BE WRONG (DVD付初回限定盤)

[ CD ]
ザ・プレミア・コレクション ~100,000,000 BON JOVI FANS CAN'T BE WRONG (DVD付初回限定盤)

・ボン・ジョヴィ
【ユニバーサルミュージック】
発売日: 2004-11-21
参考価格: 9,450 円(税込)
販売価格: 12,052 円(税込)
ザ・プレミア・コレクション ~100,000,000 BON JOVI FANS CAN'T BE WRONG (DVD付初回限定盤)
- 収録曲 -
1. ホワイ・アーント・ユー・デッド?
2. ザ・ラジオ・セイヴト・マイ・ライ...
3. テイキング・イット・バック
4. サムデイ・アイル・ビー・サタデー...
5. ミス・フォース・オブ・ジュライ
6. オープン・オール・ナイト
7. ディーズ・アームズ・アー・オープ...
8. アイ・ゲット・ア・ラッシュ
9. サムデイ・ジャスト・マイト・ビー...
10. シーフ・オブ・ハーツ
11. ラスト・マン・スタンディング
12. アイ・ジャスト・ワント・トゥ・ビ...
カスタマー平均評価:  4.5
未発表の良い曲の多さに驚く
いつだったかジョンが「いい曲だろうが一枚のアルバムを作った段階でその時のストックは全て捨てていく」と語っていたが、こんな形で聴けるなんて最高だ。 驚くのは、一曲に対して全く違った多彩なアプローチをしているんだなってこと。確かにライブごとに一曲の構成を変えたり編曲しなおしていて、凄いなぁと感じていたが、こんな風にいつもアルバムを作っているのならそんなこと彼らには朝飯前なんだろうな。 曲は当然玉石混合だが、いい曲は滅多やたらに良い!radio saved my life tonightなんてなんでアルバムに入らないのか理解できない。他にも、個人的に凄く良いと思える曲だけで、一枚素晴らしいアルバムができそうなほどだ。 才能のある人達の作業の過程が感じられる一枚です。
良作ぞろい…か
未発表中心にデモ等も交えて物凄い曲数である。ただ出来た順に並べただけではなく、構成を考えて配置されているところからも単なる企画作品ではなく、一つの作品と意識されているところがうれしい。 さすがに全て良作というわけにはいかないが発表されたものよりいいのではないかと思われるデモなども何曲かある。BON JOVIの歴史を詳しく知りたいひとは必携。そうでない人は聴いて単純にBON JOVIの素晴らしさに酔うべき。
期待以上!
 レビューとしては他の人ともかぶってしまう部分も多いが、やはり自分がこの限定BOXを見て最初に驚いたのは、それに負けない値段もそうだが、さらにその値段が高いと思わせていた概念をふっ飛ばしてしまうほどの期待以上のボリュームだった。
 ベスト盤、特に初回限定盤と言われているものによくある現象だが、これまでの既存のシングル、アルバムからただ単に引っ張り出してきただけで聴いたことの無い曲はせいぜい2,3曲程度、あとは通常盤には無い気持ち程度の「おまけ」が付いてくる程度だったりする。BON JOVI以外、ほとんどは自分の場合、通常盤を買うようにしている。
 合計5DISCと規模は大きいものの、未発表曲をこれだけ一度に出した者は今までに例を見ないと思う。逆の意味で少し安めの輸入盤、または通常盤を買っても十分に楽しめるだろう。単なるそこら辺の寄せ集めのBEST盤とはわけが違うと言い切ってもいいだろう。

  
素晴らしき作品群
本当にすばらしいBOXセットです。 特にDISK4のRivers Run Dry、Always(DEMO)、Kidnap An Angelという三曲立て続けのバラードにはただ感激です。 埋もれたままにならなくて本当に良かった。 歌詞は掲載されていません。でもBon Joviのオフィシャルサイトで見ることができます。 DVDの対訳が付いていません。でもユニバーサルミュージックのホームページで見ることができます。 値は張りますが、聴かないのは本当にもったいないです。
名曲ぞろい。
BON JOVIの20年間を濃縮したような、まさにBON JOVI20年の結晶。
単なるベスト盤ではなく、今までリリースしていない曲が多いので、新しい気持ちで聴けます!
昔からのファンはもちろん、初心者の方にもオススメ。
この機に新しいファンが増えたら、いいですね。
個人的には、DVDに対訳が付いていなかったのが残念だったかな。
ちなみにブックレットの方は対訳が付いているので買うなら絶対
日本盤をオススメします!!


ハヴ・ア・ナイス・デイ(初回限定盤)(DVD付)

[ CD ]
ハヴ・ア・ナイス・デイ(初回限定盤)(DVD付)

・ボン・ジョヴィ
【ユニバーサルインターナショナル】
発売日: 2005-09-14
参考価格: 3,300 円(税込)
販売価格: 2,150 円(税込)
ハヴ・ア・ナイス・デイ(初回限定盤)(DVD付)
- 収録曲 -
1. ハヴ・ア・ナイス・デイ
2. アイ・ウァナ・ビー・ラヴド
3. ウェルカム・トゥ・ウェアエヴァー...
4. フー・セズ・ユー・キャント・ゴー...
5. ラスト・マン・スタンディング
6. ベルズ・オブ・フリーダム
7. ワイルドフラワー
8. ラスト・シガレット
9. アイ・アム
10. コンプリケイテッド
11. ノヴォケイン
12. ストーリー・オブ・マイ・ライフ
13. ダーティー・リトル・シークレット
14. アンブレイカブル
15. ジーズ・オープン・アームズ
カスタマー平均評価:  4
やっぱり買っちゃう。
国内初回盤を持っていながらも、DVD見たさについ買ってしまいました。 アルバムも新規ボーナストラックが入っているのでお得と言えばお得ですが、 個人的には最初のボーナストラック3曲を含めた全15曲で一つのアルバムだと 思える位に流れも完璧、捨て曲なしのアルバムなので、出来ればライブ音源は 別のディスクに入れて同梱してほしかったなぁ、と思います。
Say "Have A Nice Day!!!!"
ヤバイです。Have A Nice Dayは初期のBon Joviを彷彿させる名曲。I wanna be lovedとWelcome wherever you are、Bells of freedomはBon Joviお得意のバラード!Who says you cant go homeは新作「Lost Highway」へのきっかけになっただろう作品で、Last man standin'はライブでも最初に持ってきて、みんながノリノリになっていた曲。I amは歌詞が良い!Complicatedは激しくて、リズムも良い!Story of my lifeはポップロックの典型ですが、やっぱり良いんだな・・・ その他にも全てが良い曲で、構成もさすが!ドライブの時に聞いても最適です♪
うーん
タイトルチューンはたしかにBON JOVI健在を示すのに十分なものであると 思うけど、全体が正直何か物足りないというか・・。 なんか、全部同じに聴こえてしまった。毒がないというか、棘がないというか・・。 ものすごく丸くなっている気がします。それはBON JOVIというバンドが到達した 新しい境地なのかもしれないけど、個人的には昔の音の方が好きです。 ロックに刺激を求める人には、少し退屈かもしれないですね。 でも純粋に音楽として聴けば、いい作品だとは思います。
これで3個目
これで我が家には[Have A Nice Day]が3個目だ(汗) 日本初回盤、USデュアル・ディスク盤、そしてこの作品だ。 お奨めは日本盤ではないが「デュアル・ディスク」盤だ。 5.1chサウンドのHANDを体感できる。 ただ、字幕は無いのでこの日本編集版を購入するのも良いだろう。 とにかく、[Crush-Bounse-HAND-Lost Highway]の流れはあまりにも 上手く(リリースのタイミング含め)、第3期黄金期を迎えている 彼らに敵はもはや居ないのではないかと錯覚さえする。
流石スーパースター!
前作「BOUNCE」から3年ぶりに発表されたスタジオ9作目。 前作が盛り上げる曲とクールダウンさせる曲の役割分担がきっちりしていて、 綿密に練り上げられた構成だったのに対して、 今作はでっかい花火をドッカンドッカンと打ち上げるかのごとく素晴らしい曲のオンパレードである。 特に"Have A Nice Day"は"Livin' On A Prayer"や"It's My Life"に続くロックアンセムとして 一際輝いている。 このアルバムに伴うツアーでもこの曲に対する歓声が一番大きかったのもうなずけるというもの。 ボーナストラックが3曲と多いが、どの曲もアルバムの質を下げるどころか魅力を増幅するばかりなのも凄い。 とにかくスーパースター・BON JOVI、ここにあり!を見せつけた出来栄えは圧巻であり、 全てのロックファンに迷わずお勧めしたい。 それにしても初回限定盤やら来日記念盤やらで同じCDを何枚も買わす売り方には毎度のことながら辟易してしまう。 魅力的な音楽を損ねるような商魂は謹んで頂きたい限り。

ロスト・ハイウェイ~ジャパン・ツアー・エディション

[ CD ]
ロスト・ハイウェイ~ジャパン・ツアー・エディション

・ボン・ジョヴィ ・ビッグ&リッチ ・リアン・ライムス
【ユニバーサル インターナショナル】
発売日: 2007-12-31
参考価格: 2,800 円(税込)
販売価格: 2,310 円(税込)
ロスト・ハイウェイ~ジャパン・ツアー・エディション
- 収録曲 -
1. ロスト・ハイウェイ
2. サマータイム
3. メイク・ア・メモリー
4. ホール・ロット・オブ・リーヴィン
5. ウィー・ガット・イット・ゴーイン...
6. エニィ・アザー・デイ
7. シート・ネクスト・トゥ・ユー
8. エヴリバディズ・ブロークン
9. ティル・ウィー・エイント・ストレ...
10. ザ・ラスト・ナイト
11. ワン・ステップ・クローサー
12. アイ・ラヴ・ディス・タウン
13. ロンリー (ボーナス・トラック)
14. プット・ザ・ボーイ・バック・イン...
カスタマー平均評価:  4.5
あだると
日本で生活してると、前作のWho Says You Can't Go Homeの成功ってのがいかほどのものかわかりにくいんだけどね。その成功によって導かれた今作。こんなにイイとは正直びっくり。捨て曲の少なさは過去最高じゃないですか。オレは6曲目大好き(2ndシングルになるらしい)。LeAnn Rimesをフィーチャーした曲も最高。歌詞もイイなあ、すごく。アートワークの写真もイイし、メンバーの表情もイイし。いいこと尽くめの傑作ですね。 バンドが歳を取ればリスナーも歳を取るわけだ。歳取るってのも悪いことばかりではないな。
さすがだ?!BONJOVI☆
個人的にとてもサイコーです。 まずなんといっても!イントロの伴奏からぐっっときちゃいますよ?特に[Summertime]なんかは、軽快なドラムとリズムギターに続く・・・ジョンの声におもはず"笑"でした。(カッコよすぎて・・・) [We Got It Going On]は、BIG&RICHとのコラボ。これは、ちょっとロックが入った曲です。 でもすごいRICHのソロが、もう動かずにはいられないほどです。 [I Love This Town]ドストレートなカントリーで。これが最後だともう一度はじめから聞きたくなりますね。RICHのレフがすごくいい雰囲気を作ってくれます。 USA盤は、あとで価値が上がるので持っていても損はないと思います。(アマゾンで見ると) ほんとに好きな人は、日本盤も買っちゃえばいいかな?ってかんじですね。
ナイスミドルエイジになったね!
ジョンと同じ世代の私。 80年代のShe don't know me.を聴いてからのBon Joviファンです。 この10年ほど忙しくアルバムを聴くこともありませんでしたが、ようやくファンとして復活! Crush,Bounce,Have a nice dayと続けざまに聴いてみました。 心の琴線に触れる曲が何曲もありました(涙)Bon Joviは相変わらずいい! でも最後に聴いたこのLost Highwayはちょっと感じが違いましたね。 カントリー調?なんですかね。 今までのBon Joviと違う!という印象を受けました。 本当のところ、ガンガンのロックが好きじゃない私にはすご?く聴きやすいです。 Youtubeで現在の彼らの映像を見ていると年齢相応、自然で素敵だって思います!
あとは1月を待つだけ!!
かっこいい「おっさんバンド」になりましたな? 唯一、かみさんと一緒にライブへ行くバンドでありますが、私たちの年齢の重ね方に 合わさるような形で進化しているように感じて嬉しく思っています。 カントリーテイスト、、、chicksを愛する私のようなおやじにはもうたまりまへん。 だからこそ5曲目の「we got it going on」はこのアルバムにあるとピッカピカに 光っています。1?5曲の流れは、かゆいところに手が届きすぎ(笑) スプリングスティーン、イーグルスの新譜もとても良いですが、 やはり同年代のバンドは、音楽と音楽以外の部分の両方に心魅かれるものがあり、 コンポにはいつもこのアルバムが。 チケットと新しいDVDの予約完了!あとは一月を待つだけ!!
ひたれる。
Gary Moore,Great White,Cinderella,多くの楽團が HardRockを捨てBlues路線に移行するが Bluesなんてまったく魅力ない音だしわたしはだいきらい。 しかし合州國でわBluesを演奏する人たちこそ 音樂を理解していると誤認風潮がふきあれている。 どうせならCountryMusicに変遷してくれたほうが よい。 Bon joviは昔の音をすてたがラジオから聽こえてくる 1980年のような味のある音樂を製作した。Lost Highwayの 動画も曲の氛圍気をじょうずに表現している。 つまらない商業用歌謡曲に心を売るならこのような 音でまったくわたしはかまわない。 とても味がある作品!

ディス・レフト・フィールズ・ライト ~ バック・アット・ザ・クロス・ロード (限定盤)

[ CD ]
ディス・レフト・フィールズ・ライト ~ バック・アット・ザ・クロス・ロード (限定盤)

・ボン・ジョヴィ
【ユニバーサルミュージック】
発売日: 2003-10-29
参考価格: 3,360 円(税込)
販売価格: 3,191 円(税込)
ディス・レフト・フィールズ・ライト ~ バック・アット・ザ・クロス・ロード (限定盤)
- 収録曲 -
1. ウォンテッド・デッド・オア・アラ...
2. リヴィン・オン・ア・プレイヤー
3. バッド・メディシン
4. イッツ・マイ・ライフ
5. レイ・ユア・ハンズ・オン・ミー
6. 禁じられた愛
7. ベッド・オブ・ローゼズ
8. エヴリデイ
9. ボーン・トゥ・ビー・マイ・ベイビー
10. キープ・ザ・フェイス
11. アイル・ビー・ゼア・フォー・ユー
12. オールウェイズ
13. ザ・ディスタンス
14. ハヴ・ア・リトル・フェイス・イン...
15. ジョーイ  ※〈DVD付〉
カスタマー平均評価:  3.5
流石のアレンジ
このアルバムは確か2週間程度でレコーディングを終えたとの事。いかに普段から一曲に対する引き出しが多いかがわかる。曲そのものはオリジナルを超えられる訳も無く違う曲として聴いたほうがいいかもわからない。ドラマチックな演出は流石。 DVDを観るために買ってもいいと思う。アコースティックな演奏をそつなくこなし、ハーモニーもきれいに聴ける。someday T'll be saturday nightやblood on blood は絶品。横浜ライブのin these armsも素晴らしい。 
最高だね!
ひとりで酒を飲む時なんかこのCDはかかせない。雰囲気がやっぱ自分はすごく好きかな。BGMとして聴くのも悪くないし、何か作業する時なんかに流しとくのいいですよ!落ち着いた、癒しなんかを求める人に聴いてもらいたい一枚!
アイディアは最高です
今までの曲をアコースティックで…この発想にはファンとしてたまらない という感じです。ただ、わざわざこの曲をバラードにアレンジする必要は なかったのではないか?と思うわせる曲が何曲かあって、非常に気持ちの悪い アレンジになってしまっている。そんな無理やりなことはしないでね。 ノリのいい曲はノリノリそのままでいいと思うから。
新鮮
どの曲も大胆にアレンジされていて、新鮮な驚きと楽しさを与えてくれます。
メンバーが音楽を楽しもうとする気持ちが伝わってきました。
大人なBON JOVI
実は私、このCDを聴く以前、”BOUNCE”しか聴いたことのない
BON JOVI超ド素人でした。

そんな状態で最初にこれを聴いた感想は、「まぁまぁ」。
特にガツンとくる楽曲もなく、EverydayとかThe Distanceとか
元曲のほうが全然いいじゃん!と少しがっかりしたんです。
で、他の元曲も聴きたくなり、CROSS ROADを購入。

びっくりしましたね〜本当に。

特にLivin'〜はこのCDでは原型がみえないほどアレンジ
されてますから。衝撃的でした。以前からのファンの方も、
きっとこのCDを聴くと少々複雑な心境になるのではないかと
ちょっと大きすぎるチャレンジに心配になったりしました。

でもこのCDは、いろんな困難を乗り越えてきて、すっかり
大人になったBON JOVIだからこそ作れた結果なのかもしれないと

思ったりしました。何度も聴くと、だんだん味がでてくるというか、
静かに過ごしたいときはいいかもしれません。

個人的にはWanted〜はこのアレンジのほうが好きだったりします。
かっこよく仕上がってます。

あと、みなさんが言われているようにDVDは最高ですね。
特に横浜ライブの2曲はいい!!In These Armsは、歌詞の

内容にあったJONの切ない歌い方に心を打たれました。

成熟した、BON JOVIの新たな一面を発見できます!!


クロス・ロード/ザ・ベスト・オブ・BONJOVI

[ CD ]
クロス・ロード/ザ・ベスト・オブ・BONJOVI

・ボン・ジョヴィ
【USMジャパン】
発売日: 2008-06-25
参考価格: 2,500 円(税込)
販売価格: 2,500 円(税込)
クロス・ロード/ザ・ベスト・オブ・BONJOVI
- 収録曲 -
1. リヴィン・オン・ア・プレイヤー
2. キープ・ザ・フェイス
3. サムデイ・アイル・ビー・サタデイ...
4. オールウェイズ
5. ウォンテッド・デッド・オア・アラ...
6. レイ・ユア・ハンズ・オン・ミー
7. 禁じられた愛
8. ベッド・オブ・ローゼズ
9. ブレイズ・オブ・グローリー
10. TOKYO ロード (ボーナス・...
11. バッド・メディシン
12. アイル・ビー・ゼア・フォー・ユー
13. 恋の切り札
14. 夜明けのランナウェイ
15. ネヴァー・セイ・グッドバイ (ボ...
カスタマー平均評価:  4
SHM-CDで5枚目・・。
1994年デビュー10周年を記念して発売されたベストアルバム。 それをSHM-CDにしたそうです。価格は2500円。 既にセパレートタイプの割りと高価なシステムを組んでいる オーディオマニアにはSHM-CDは意味が無いです。(別のSHM-CDで体感済) 言い方が悪いですが、安いコンポなんかで聴くとだいぶ違います。 ・・・・というか何枚このアルバムだすのだろうか・・・・。 個人的に、このアルバム既に4枚持っているんですよね。 下に書きます3枚と、3枚組のBest盤。 そして、おそらく買ってしまうであろうこれで5枚目(汗 この『Cross Road』からシングル『Always』が大ヒット。 ここ最近のライブでは久々にオリジナルバージョンの『Always』が演奏されていて、 日本でなんでやらないんだぁ!! ・・・と嘆きの声が聞こえます。実際、私もその一人ですから。 また、このアルバムにはアメリカ版、日本版、インターナショナル版の3種類があって、 アメリカ版:Prayer '94 日本版:TOKYO ROAD インターナショナル版:In these arms と収録曲が1曲だけ異なるんですよね。 残念なことにこのアルバム(SHM-CD)には 日本版の「Tokyo Road」を収録していることです。 せめて、「Prayer’94」を入れて欲しかったなぁ。 また、年内に出ると噂のあるBest Albumの話もあるので、 アルバム自体はすっごくお奨めなので☆5なのですが、 レーベルの体質が気に入らないので☆4つ♪



Copyright © 2008 洋楽アーティストデータベース. All rights reserved.    Program by 簡単アマゾンサイト作成ツール ver.3.96

 更新日 2008年10月11日   ※ 表示価格は更新時のものです!      メール      相互リンク