洋楽アーティスト1000人のデータベース。公式サイト・ファンサイト・ブログ・掲示板・リンク集。

洋楽アーティストデータベース

1,500円以上で送料無料!
※一部大型商品を除く
カートを見る ヘルプ
ソニック・ユース ソウル・アサイラム サウンドガーデン スパンダー・バレエ スポンジ スクイーズ  
  スタン・リッジウェイ ステレオフォニックス ストーン・ローゼズ ストレイ・キャッツ スウェード シュガーキューブス

洋楽データベース
無料着うたダウンロード
OnGen音楽配信
洋楽楽譜
洋楽名曲
洋楽ランキング
洋楽歌詞和訳・翻訳
特集
 ヴェルヴェット・アンダーグラウンド
 ヴェルヴェット・クラッシュ
 ウルトラボックス
 エアロスミス
 エーシーディーシー
 ザ・スタイル・カウンシル
 サード・アイ・ブラインド
 スウィング・アウト・シスター
 スザンヌ・ヴェガ
 スミス
 ゼイ・マイト・ビー・ジャイアンツ
 ティアーズ・フォー・フィアーズ
 ティル・チューズデイ
 テレビジョン
 トーキング・ヘッズ
 トーク・トーク
 バッド・カンパニー
 ブラック・サバス
 ボン・ジョヴィ
 ユーツー

 

トーキング・ヘッズ


リメイン・イン・ライト

[ CD ]
リメイン・イン・ライト

・トーキング・ヘッズ
【ワーナーミュージック・ジャパン】
発売日: 2006-02-22
参考価格: 1,800 円(税込)
販売価格: 1,459 円(税込)
リメイン・イン・ライト
- 収録曲 -
1. ヒート・ゴーズ・オン(ボーン・ア...
2. クロスアイド・アンド・ペインレス
3. グレイト・カーヴ
4. ワンス・イン・ア・ライフタイム
5. ハウシズ・イン・モーション
6. シーン・アンド・ノット・シーン
7. リスニング・ウィンド(風は友)
8. オーヴァーロード
カスタマー平均評価:  5
28年遅いけど・・・
当時中学1年生だった私は「リメイン・イン・ライト」をリアルタイムで聞いていない。当時爆発的人気だったYMOにはまっていたのは、私だけでは無いだろう。まだ洋楽にはほとんど触れていなかった頃だが、「デビット・バーン」がTVCMでダブダブのスーツを着て踊っていたのは覚えている。「トーキングヘッズ」をまともに聴いたのは、80年代中頃、ヒットチャートを上がってくる曲を「ベストヒットUSA」でチェックする程度で、とても気になったが何故かLP(当時はCDでは無い)を買おうという気にまではならなかった。今回「レココレ25周年80年代ベスト100」でこのアルバムが1位となっていたのを機に購入。今まで聴いていなかった事を大変後悔する、素晴らしい内容に驚きを隠せない。1980年でこれは「凄い」の一言。金字塔です。痺れます。是非チェックすべし。
名作!
 「ストップ・メイキング・センス」と並ぶ彼らの最高傑作。いわゆるニュー・ウエイヴの最高傑作の一枚でもある。80年発表で、プロデュースは、ブライアン・イーノ。  前作2nd「モア・ソングス」では、まだ、「ロック」ぽかったりしていたり、若干頭でっかちなところもあったが、ここで聴かれる音楽は、もはや既に「ロック」でなくなってしまっている。流れる音楽は、全編エスニック風、アフロ風のリズムに乗せてのものである。が、あくまで「風」であって、そういった音楽でもない。そういった音楽からインスピレーションを得て彼らが新しく作り上げた音楽である。どこにもない、ここにしかない音楽である。例えば、ボーカルひとつとっても、歌っていたり、トーキングであったり、叫びであったり、つぶやきであったりとさまざまな試みがなされており、そして、その全てが成功している。そして、本作では、そういった音楽が、アタマにではなく、カラダにうったえてくるから凄い。  プロデューサーのブライアン・イーノと言えば、いわば、彼らとは反対のところにあるプログレッシブ・ロック、オールド・ウェイヴの代表的存在でもあるが、「ノー・ウェイヴ」と言うニュー・ウエイヴをあつかってもいる。そのようなイーノにプロデュースを任せたのも正解だったようで、バンドの若い革新性と幸福な化学反応を起こしている。  いつまでも色褪せない、間違いない名作である。   
1曲目からブッ飛ぶ!!!!
ウヘェ?!!こんな曲作ってたらどっかおかしくなりそうなぐらいイッてます。 ロック/ポップスとアフリカン・ビートの融合、なんていう評論も多々ありますが、要はP-FUNKの魔術にハマってしまってここまでやっちゃいました、というのが正直なところなような気がしないでもありません。特に1曲目はPARLAMENT/MOTHERSHIP CONNECTIONの1曲目とよく聞き比べてみてください。本人たちもそうした部分は当時否定していなかったように思います。 あとは、スパイス以上のプレゼンスを発揮しているADRIAN BELEW大先生のギターがこれまた強烈!!同じく1曲目のコンピュータみたいな音(今のコンピュータではこんなイメージもありませんが…)、これ彼のギターソロです。K.CRIMSONでもエレファント・トーンなんてやってましたが、こんなのどうやって出してるのか、未だに全く分かりません。という意味でもギタリストの方は一聴の価値はあると思います。 '80'Sの幕開けにふさわしい、単なる実験には終わっていないショックがあります!!!
親しみやすいアルバムです
80年発表。ニュー・ウェイブの代表格、トーキング・ヘッズの名作4thアルバム『リメイン・イン・ライト』。 アルバム制作メンバーに黒人ミュージシャンを加え、アフリカン・ビートを大胆に取り入れた作品。ニューヨークの洗練されたモダンなポップ感と、アフロ・ビートの躍動感が見事に融合した名盤です。アートなジャケットも秀逸。 サウンド自体はデジタル・ロック的な印象を受けます。本作は「ヒート・ゴーズ・オン」「グレイト・カーヴ」「ワンス・イン・ア・ライフタイム」など、リズム・ギターを主体としたアップ・テンポな曲が大部分を占めます。しかし、「リスニング・ウインド」「オーヴァー・ロード」のラスト2曲は、同時期に活躍したジョイ・ディヴィジョンのような暗く陰鬱なムードが漂い、最後は怪しげな後味を残したままフェイド・アウトします。 アフリカン・ビートとか、アフロ・ファンク・ロックとか言うとイメージが掴みにくいかもしれませんが、要は理屈抜きに踊れるロックです。躍動感溢れるリズムは一度聴いただけでもつい踊りだしたくなるような、親しみやすさがあります。本作は名盤100選等にも度々選出されるくらい評価の高い名盤ですが、そんなに肩肘張らずに誰でも気軽に聴けるアルバムなので、それほどロックに詳しくない、という方にもオススメです。
当時のキャッチコピー「知性と野生の融合」はまさに至言
1980年発表。プロデュースはブライアン・イーノ。 1枚を通し、徹底してロック的なメロディが一貫して存在しない。 ひたすらさまざまな楽器やコーラスでアフリカンなビートを打ち合い、 そこから生まれるハーモニーとテンションのみで構成される楽曲が並ぶ。 粗野な叫びとノイズの集合体が、聴き手に素晴らしい昂揚感をもたらす音楽 となって届くという独特の面白さを有している。表現される音楽は 野性的だが、シンプルかつ変拍子を多用した深い作りになっているので 実に知性的な感想を聴き手に与えるのが素晴らしい。 すっきりした全体の音の中にノイズを自由に遊ばせるイーノのプロデュースも バンドの志向に完璧に合致していてよい。多分彼の仕事の最高傑作。 ロックの手法でアフリカンな音楽のヴォリューム感とテンションを見事に 表現した革命的な一枚。非メロディ非エモ非プログレ非パンクによるロック。 多分イーノは個人でこの内容を表現するのが夢だったに違いない(笑)。

ベスト!

[ CD ]
ベスト!

・トーキング・ヘッズ
【ワーナーミュージック・ジャパン】
発売日: 2004-12-08
参考価格: 2,520 円(税込)
販売価格: 2,141 円(税込)
ベスト!
- 収録曲 -
1. ラヴ→ビルディング・オン・ファイア
2. サイコ・キラー
3. ラヴ・カムズ・トゥ・タウン
4. テイク・ミー・トゥ・ザ・リヴァー
5. ファウンド・ア・ジョブ
6. ライフ
7. ヘヴン
8. メモリーズ
9. ワンス・イン・ア・ライフタイム
10. ハウシズ・イン・モーション
11. ジス・マスト・ビー・ザ・プレイス
12. ガールフレンド・イズ・ベター
13. バーニング・ダウン・ザ・ハウス
14. ロード・トゥ・ノーホエア
15. アンド・シー・ワズ
・・・
カスタマー平均評価:  4
遊び心
僕はフランツ・フェルディナンドのファンでその影響でトーキング・ヘッズのことを知りました。 今回このベストアルバムを聴いてみて、非常におもしろい音楽性をしているなと思いました。 簡単に言うと「遊び心がある」といえばよいのでしょうか? 音楽的には非常に高いクオリティを保ちながら「真剣に遊んでいる」という感じです。 これからおそらく僕のようにトーキング・ヘッズをリアルタイムで経験していない人間から、 トーキング・ヘッズは再評価されるバンドだと思います。 このベストアルバムは、間違いなくそのきっかけになるアルバムだと思いました。
トーキング・ヘッズをお忘れなく!!
80’sコンピを編集するみなさん、トーキング・ヘッズを忘れていませんか!? 確かに、割とマイナーで通好みなアーティストですが、 カッコイイ曲がたくさんあるのですゾ!! せめて名曲”ロード・トゥ・ノーホエア”は、コンピ集に入れてくださ?い!! サイコ・キラーは最高にイケてるし、 ナッシング・バット・フラワーズはとても美しい名曲です。 次回編集のコンピには、トーキング・ヘッズをよろしく!! ところで、”ブラインド”を聴いていると、 「ぶらん、ぶらん、ぶらんぶらんぶらんぶらんぶらん!!」 と、何かにぶら下がるネイキッドジャケットのチンパンジーを想像しちゃうのは、 わたしだけ?
おとなしすぎ?
トーキングヘッズは、”ストップ・メーキング・ザ・センス”から入ったので、このアルバムの<2>,<4>,<12>を聴いた時には、デビット・バーンにしてはおとなしすぎて物足りなさを感じました。やっぱしライブと比較しちゃだめですか?何はともわれ”ロード・トゥー・ノーホェア”は名曲だと思います。
2枚組のでかいCDケースが嫌いな人用のベスト盤
talking headsの全オリジナルアルバムからのベスト盤。選曲は無難で良いと思う。

以前EMIから2枚組ベストが出ていたが、どうせコンパクトに聴くためのベストなので2枚組より1枚もの今作のほうが良いと個人的には思われる。

解説はYo La TengoやMoby等のミュージシャンがお気に入り曲にコメントを寄せたものの日本語訳(+歌詞日本語訳)。

余談だが最近このCDを発売してるメーカーはなかなか国内盤をださないなぁ...(以前は変わったものでもバンバン国内盤を出してたのに)


ベスト・オブ・トーキング・ヘッズ

[ CD ]
ベスト・オブ・トーキング・ヘッズ

・トーキング・ヘッズ
【EMIミュージック・ジャパン】
発売日: 2000-04-26
参考価格: 3,670 円(税込)
販売価格: 3,392 円(税込)
ベスト・オブ・トーキング・ヘッズ
- 収録曲 -
1. シュガー・オン・マイ・タング
2. アイ・ウォント・トゥ・リヴ
3. ラヴ→ビルディング・オン・ファイ...
4. アイ・ウィッシュ・ユー・ウドゥン...
5. サイコ・キラー
6. 心配無用のカヴァメント
7. ノー・コンパッション
8. 警告
9. ビッグ・カントリー
10. テイク・ミー・トゥ・ザ・リヴァー
11. ヘヴン
12. メモリーズ
13. イ・ズィンブラ
14. ワンス・イン・ア・ライフタイム
15. クロスアイド・アンド・ペインレス
・・・
カスタマー平均評価:   0

モア・ソングス

[ CD ]
モア・ソングス

・トーキング・ヘッズ
【ワーナーミュージック・ジャパン】
発売日: 2006-02-22
参考価格: 1,800 円(税込)
販売価格: 1,709 円(税込)
モア・ソングス
- 収録曲 -
1. 天使をありがとう
2. ウィズ・アワ・ラヴ
3. グッド・シング
4. 警告
5. 女の子は女の子に
6. ファウンド・ア・ジョブ
7. アーティスト・オンリー
8. アイム・ノット・イン・ラヴ
9. ステイ・ハングリー
10. テイク・ミー・トゥ・ザ・リヴァー
11. ビッグ・カントリー
カスタマー平均評価:  5
今のNWにはむしろこの作品の方が貢献度は高いかもしれない
本作は今聴いても全然特異さが失われていない。 ロックと言うにはメロディは存在せず、パンクと言うには リズムアプローチがエスニック要素が強すぎてなじめず・・・。 生楽器によるプログレとパンクの融合というか、ノイジーな音の羅列で 作り手聴き手ともに全く想像のつかない完成品を作ろうとしているかの ようなアート性が前面に出過ぎるくらいに出まくっている、若さゆえの 可愛げみたいなところが感じられるのが特徴的である。この頃のスタイル のフォロワーであるNWバンドも多いのもそのためか。 プロデュースはブライアン・イーノ。早くも相性ばっちり。 イーノ主導のロキシー・ミュージックの未来系の仮想モデルのひとつとして 聴くのも面白い。

ストップ・メイキング・センス<完全版>

[ CD ]
ストップ・メイキング・センス<完全版>

・トーキング・ヘッズ
【EMIミュージック・ジャパン】
発売日: 2000-04-26
参考価格: 2,548 円(税込)
販売価格: 2,375 円(税込)
ストップ・メイキング・センス<完全版>
- 収録曲 -
1. サイコ・キラー
2. ヘヴン
3. 天使をありがとう
4. ファウンド・ア・ジョブ
5. スリッペリー・ピープル
6. バーニング・ダウン・ザ・ハウス
7. ライフ・デュアリング・ウォータイム
8. メイキング・フリッピー・フロッピー
9. スワンプ
10. ホワット・ア・デイ・ザット・ワズ
11. ジス・マスト・ビー・ア・プレイス
12. ワンス・イン・ア・ライフタイム
13. ジニアス・オブ・ラヴ(トム・トム...
14. ガールフレンド・イズ・ベター
15. テイク・ミー・トゥ・ザ・リヴァー
・・・
カスタマー平均評価:  4.5
完全判ではない
演奏の良さは折り紙付き。ロック好きで、これを聞いたことがないという人に対しては、 まだあなたにそのような機会があることが羨ましい、というところか。 ただし、この判でも完成判とはならないです。DVDの収録曲と見比べていただければ わかります。また、この演奏のすごさ(加えてデビッド・バーンのキッチュとしか言い ようのない姿)はDVDでないとわかりません。 残念ながらDVDだと、iPod等に納めることができないため、その意味で、このCDを 購入する価値があるのでしょう。
トーキングヘッズの全盛期を捕らえたライブアルバムです
奇才デヴィッドバーン率いるトーキングヘッズの全盛期のライブを捕らえた84年制作の映画のCDを2000年に再発したものですが、再発時には、リマスターされると共に、収録曲数も7曲増え、ライブのほぼ全貌をよりクリアな音で収録することに成功しています。
トーキングヘッズといえば、都会的なセンスと、アフリカのフレイバーを感じさせる無国籍なリズムでもって独特のサウンドを作り出したグループですが、そこにライブならではのグルーブ感も手伝って、抜群に格好いいアルバムになっています。制作されてから20年を経ても、尚、古さを感じさせないリズム感溢れるトーキングヘッズ独特のサウンドを楽しめる格好いいアルバムです。
輝いていた
ここでは完全版を紹介する形になっているけど、これは2000年になって再発されたアルバム。曲数も本作より7曲も多い16曲になっている。

私が紹介したいのは1984発売のアルバム。絶頂期のTALKING HEADSをとらえたサントラ(ライブアルバム)なのです。映像もDVDで出ているので見ていただきたいですが、それよりまずこのアルバムを聴くべし。David Byeneの奇才ぶりが十分に発揮されています。最初から最後まで息をつかせないほど凄みがあります。

80年代半ば、彼らはとってもおしゃれな都会派でした。当時のディスコ(私は高校生)ではヘビーローテされたよ。
過去の遺産にしてしまうのがもったいない一品。
いつも間違い無い幸せをくれる一枚
映画も素晴らしいですが、CDも相当のものです。都会のセンスとアフリカンリズムのコラボレーションがトーキングヘッズの源泉ですが、このCDはコンサート会場でリズムにドンドン乗せられ、「どこまでoverdriveするのか」という心地いいノリとセンスあふれる都会趣味が見事な塩梅でバランスしている。

アコースティックギター一本で導入する「サイコキラー」、聴かせる「ヘブン」、そこから一気にリズムの爆発が始まり、6曲目の「バーニングダウンザハウス」あたりでは上半身リズムを取りまくり、「バーニングダウンザハウス!!」とサビは思わず叫んでしまうこと請け合い。

アフリカンリズムたっぷりの「ジニアス・オブ・ラブ」は最高の一曲の一つで最高潮に達し、「テイクミー・トゥ・ザリバー」あたりでクールダウン。クロスデイアンドペインレスを聞き終わるころにはリズム漬けになって幸せな気持ちになっている。 そして また聞きなおすのだ。 
1曲目でイケる。
数あるTalking Headsのアルバムの中でも最高傑作として良い作品。
乗りに乗ってる時代のライブレコーディングアルバム。

1曲目の「サイコ・キラー」でDvaid Byrneの天才ぶりがよく窺えます。
かつてCDが技術的に63分しか録音できなかった時代にこのアルバムはリリースされましたが、当時は9曲のみの収録でした。

技術革新の進んだ現在にデジタルリマスター盤として、ライブのほぼ全曲が収録され再リリースされたのは、
ファンとして真に喜ばしいかぎり。

同名映画の映像も素晴らしいけれど、仕事中や運転中にはやはりこちらがオススメです。


サイコ・キラー’77

[ CD ]
サイコ・キラー’77

・トーキング・ヘッズ
【ワーナーミュージック・ジャパン】
発売日: 2006-02-22
参考価格: 1,800 円(税込)
販売価格: 1,619 円(税込)
サイコ・キラー’77
- 収録曲 -
1. ラヴ・カムズ・トゥ・タウン
2. ニュー・フィーリング
3. テンタティヴ・デシジョンズ
4. ハッピー・デイ
5. フー・イズ・イット?
6. ノー・コンパッション
7. この本について
8. 心配無用のガヴァメント
9. ファースト・ウィーク/ラスト・ウ...
10. サイコ・キラー
11. プルド・アップ
カスタマー平均評価:   0

ストップ・メイキング・センス

[ CD ]
ストップ・メイキング・センス

・トーキング・ヘッズ
【EMIミュージック・ジャパン】
発売日: 2006-11-15
参考価格: 1,500 円(税込)
販売価格: 1,500 円(税込)
ストップ・メイキング・センス
- 収録曲 -
1. サイコ・キラー
2. ヘヴン
3. 天使をありがとう
4. ファウンド・ア・ジョブ
5. スリッペリー・ピープル
6. バーニング・ダウン・ザ・ハウス
7. ライフ・デュアリング・ウォータイム
8. メイキング・フリッピー・フロッピー
9. スワンプ
10. ホワット・ア・デイ・ザット・ワズ
11. ジス・マスト・ビー・ザ・プレイス
12. ワンス・イン・ア・ライフタイム
13. ジニアス・オブ・ラヴ(トム・トム...
14. ガールフレンド・イズ・ベター
15. テイク・ミー・トゥ・ザ・リバー
・・・
カスタマー平均評価:  4.5
旧盤が不満だった人に
昔聴いた本作の旧盤CDには映画のハイライトとなった This Must Be the Place やGenius of Love が収録されていなかった。これをカットするってこのアルバムの製作者はどういうセンスしてんのよ?と激怒してしまったが、今回めでたく曲が追加され、映画本来の感動を追体験できるようなった。最初からこの仕様で出しとけよな、まったく。
リミックス+リマスター+曲追加
映画公開15周年の1999年に内容を大幅に改良して再発されたのがこの「完全盤」。旧盤との違いはリマスター、リミックス、7曲が追加されたことだが、旧盤の「Psyco killer」のような大胆なリミックスは直されて、一枚のライヴアルバムとしてのドキュメント性が向上している。が、おそらく収録時間の関係で「Cities」「Big Business」「I Zimbra」は未収なので厳密に言えば、完全盤ではない。
映画がよいので
今となっては同名のDVDがリリースされているので星は4つです。しかし、ライブの出来は素晴らしく当時の彼らのキャリアの(中間点での)集大成とも言うべき内容です。アフロを取り入れたアプローチには賛否両論がありましたが、このライブでは模倣ではなくトーキングヘッズの音楽として成立させていたと思います。デヴィッド・バーンの弾き語りから始まって、次第にメンバーが増えていく構成も新鮮でした。途中のティナ率いる(?)トムトムクラブのナンバーもキュート。80年代を代表するロック映画であり、80年代を代表する良いバンドでした。オシャレだったし。

スピーキング・イン・タングズ

[ CD ]
スピーキング・イン・タングズ

・トーキング・ヘッズ
【ワーナーミュージック・ジャパン】
発売日: 2006-02-22
参考価格: 1,800 円(税込)
販売価格: 1,650 円(税込)
スピーキング・イン・タングズ
- 収録曲 -
1. バーニング・ダウン・ザ・ハウス
2. メイキング・フリッピー・フラッピー
3. ガールフレンド・イズ・ベター
4. スリッパリー・ピープル
5. アイ・ゲット・ワイルド/ワイルド...
6. スワンプ
7. ムーン・ロックス
8. プル・アップ・ザ・ルーツ
9. ジス・マスト・ビー・ザ・プレイス
カスタマー平均評価:  5
グラミー賞の,「最優秀アルバム・パッケージ」受賞アルバム
グラミー賞の数ある部門賞の中で,特に異色といえるのが, 最も優れたアルバム・ジャケットに贈られる「最優秀アルバム・パッケージ賞」_。 本アルバムは,第26回(1983年度)の「(同賞)」の栄冠に輝いています。 _デザイナーは,ロバート・ローシェンバーグ(Robert Rauschenberg)。 ぜひとも「紙ジャケット仕様」で,再発を望みます! 全米ヒットチャート(ビルボード誌)成績は,アルバムチャートでは,(これまでリリース した全アルバムの中で最も上位の)最高位15位を記録。 シングルチャートでも,トラック1「Burning Down The House」が,(これまたキャリア上 唯一のTOP10ヒットである)最高位9位を記録しています。

フィア・オブ・ミュージック

[ CD ]
フィア・オブ・ミュージック

・トーキング・ヘッズ
【ワーナーミュージック・ジャパン】
発売日: 2006-02-22
参考価格: 1,800 円(税込)
販売価格: 1,359 円(税込)
フィア・オブ・ミュージック
- 収録曲 -
1. イ・ズィンブラ
2. マインド
3. ペイパー
4. シティーズ
5. ライフ
6. メモリーズ
7. エアー
8. ヘヴン
9. アニマルズ
10. エレクトリック・ギター
11. ドラッグス
カスタマー平均評価:   0

ネイキッド

[ CD ]
ネイキッド

・トーキング・ヘッズ
【EMIミュージック・ジャパン】
発売日: 2000-04-26
参考価格: 1,800 円(税込)
販売価格: 品切れ中
ネイキッド
- 収録曲 -
1. ブラインド
2. Mr.ジョーンズ
3. トータリー・ヌード
4. ルビー・ディア
5. ナッシング・バット・フラワーズ
6. デモクラティック・サーカス
7. ファクツ・オブ・ライフ
8. マミー・ダディ・ユー・アンド・アイ
9. ビッグ・ダディ
10. ビル
11. クール・ウォーター
カスタマー平均評価:  5
クールで格好いいです
トーキングヘッズのこともあまり知らず、奇妙な猿のジャケットに魅かれて買ったアルバムです。
音楽も同様で、最初に聞いたときは、ファンクのようなアフリカンのようなレゲエのような奇妙な音楽でした。でも、聞き込むうちに、そのクールな格好良さにノックアウトされてしまいました。この他に似ているものの無い音こそが「トーキングへッズ」なのです。

今聴いても、全く古さを感じるどころか、まだ時代がトーキングヘッズに追いついていないことがわかります。
未聴の方は、是非、一度、その世界に触れてみてください。




Copyright © 2008 洋楽アーティストデータベース. All rights reserved.    Program by 簡単アマゾンサイト作成ツール ver.3.96

 更新日 2008年10月11日   ※ 表示価格は更新時のものです!      メール      相互リンク