洋楽アーティスト1000人のデータベース。公式サイト・ファンサイト・ブログ・掲示板・リンク集。

洋楽アーティストデータベース

1,500円以上で送料無料!
※一部大型商品を除く
カートを見る ヘルプ
ソニック・ユース ソウル・アサイラム サウンドガーデン スパンダー・バレエ スポンジ スクイーズ  
  スタン・リッジウェイ ステレオフォニックス ストーン・ローゼズ ストレイ・キャッツ スウェード シュガーキューブス

洋楽データベース
無料着うたダウンロード
OnGen音楽配信
洋楽楽譜
洋楽名曲
洋楽ランキング
洋楽歌詞和訳・翻訳
特集
 ヴェルヴェット・アンダーグラウンド
 ヴェルヴェット・クラッシュ
 ウルトラボックス
 エアロスミス
 エーシーディーシー
 ザ・スタイル・カウンシル
 サード・アイ・ブラインド
 スウィング・アウト・シスター
 スザンヌ・ヴェガ
 スミス
 ゼイ・マイト・ビー・ジャイアンツ
 ティアーズ・フォー・フィアーズ
 ティル・チューズデイ
 テレビジョン
 トーキング・ヘッズ
 トーク・トーク
 バッド・カンパニー
 ブラック・サバス
 ボン・ジョヴィ
 ユーツー

 

ヴェルヴェット・アンダーグラウンド


ホワイト・ライト/ホワイト・ヒート

[ CD ]
ホワイト・ライト/ホワイト・ヒート

・ヴェルヴェット・アンダーグラウンド
【ユニバーサル インターナショナル】
発売日: 2006-06-21
参考価格: 1,680 円(税込)
販売価格: 1,511 円(税込)
ホワイト・ライト/ホワイト・ヒート
- 収録曲 -
1. ホワイト・ライト/ホワイト・ヒート
2. ザ・ギフト
3. レディ・ゴダイヴァズ・オペレイシ...
4. ヒア・シー・カムズ・ナウ
5. アイ・ハード・ハー・コール・マイ...
6. シスター・レイ
カスタマー平均評価:  5
衝撃の音楽。
ヴェルヴェット・アンダーグラウンドと言ったらファースト‘バナナ’が有名だが、その後のロックに与えた影響力、衝撃度の大きさは間違いなくコレが一番。 どの曲も鳥肌モノであるが、その中でもシスター・レイの破壊力は凄まじい。 フィードバックノイズを撒き散らす、調和、妥協することを知らない2本のギター、へヴィに歪む暴力的なオルガン、そしてルー・リードの今にも襲い掛かってきそうな唯一無比のニヒルなボーカル・・・・ そしてその音の洪水の中吐き出されるように歌われるのは乱交パーティの情景・・・・   戦慄を覚える驚愕の17分である。 まさにロックというフィールドでしか創造し得ない芸術がここにある。 40年たった今でも全くスリルが失われていない。 オルタナティヴ・ロックの源流というべき孤高のアルバムだ。         
最高の作品
当時チャートの底辺をうろうろしていたヴェルヴェット が今まで残っているのはこれが「作品」だから。 バッハやヴェートーヴェンが時を越えたように

III

[ CD ]
III

・ヴェルヴェット・アンダーグラウンド
【ユニバーサル インターナショナル】
発売日: 2006-06-21
参考価格: 1,680 円(税込)
販売価格: 1,511 円(税込)
III
- 収録曲 -
1. キャンディ・セッズ
2. ホワット・ゴーズ・オン
3. サム・カインダ・ラブ
4. ペイル・ブルー・アイズ
5. ジーザス
6. ビギニング・トゥ・シー・ザ・ライト
7. アイム・セット・フリー
8. ザッツ・ザ・ストーリー・オブ・マ...
9. 殺人ミステリー
10. アフター・アワーズ
カスタマー平均評価:   0

ヴェルヴェット・アンダーグラウンド・アンド・ニコ

[ CD ]
ヴェルヴェット・アンダーグラウンド・アンド・ニコ

・ヴェルヴェット・アンダーグラウンド
【UNIVERSAL INTERNATIONAL(P)(M)】
発売日: 2008-08-02
参考価格: 2,800 円(税込)
販売価格: 2,798 円(税込)
ヴェルヴェット・アンダーグラウンド・アンド・ニコ
- 収録曲 -
1. 日曜の朝
2. 僕は待ち人
3. 宿命の女
4. 毛皮のヴィーナス
5. ラン・ラン・ラン
6. オール・トゥモローズ・パーティーズ
7. ヘロイン
8. もう一度彼女が行くところ
9. ユア・ミラー
10. 黒い天使の死の歌
11. ヨーロピアン・サン
カスタマー平均評価:   0

The Velvet Underground & Nico

[ CD ]
The Velvet Underground & Nico

・The Velvet Underground
【A&M】
発売日: 1996-05-07
参考価格: 1,127 円(税込)
販売価格: 774 円(税込)
The Velvet Underground & Nico
- 収録曲 -
1. Sunday Morning
2. I'm Waiting for ...
3. Femme Fatale
4. Venus in Furs
5. Run Run Run
6. All Tomorrow's P...
7. Heroin
8. There She Goes A...
9. I'll Be Your Mir...
10. Black Angel's De...
11. European Son
カスタマー平均評価:  4.5
残酷なほど正直
音楽でここまで引き込まれると思わなかった。LOU_REEDの声を聞いた時は鳥肌立ったよ…。‘SMにドラッグ、ヘロイン、芸術、死’と歌う内容も強烈…ヒッピーとは違って黒ずくめの服装に大きめのサングラス。アンディ・ウォーホルによると‘とても大きな心の傷がPunkrockの根源だ’ってなんかで聞いたのをメモしている。このアルバムは音はパンクじゃないけど歌詞や考え方がパンクだと思う。 自分的にはVENUS IN FURSが一番好きです。このアルバムは美しい。芸術だね。
★★聴く人を選ぶかもしれませんが★★
 1967年というと、ロック史上最も激変の時期であり、また時代の最先端を走っていたビートルズとビーチ・ボーイズがそれぞれ「サージェント・ペパーズ」と「スマイル」というキャリアの頂点となるアルバムを作っていた時期です。そんな年の3月12日、前66年4月に録音されたこのアルバムが漸くこの世に出ました(一部は5月・11月に録音)。バンドがウォーホールと関係があったためアルバムもいくらか評価されましたが、結果的には当時このアルバムは殆ど注目されませんでした。しかしご存じの通り、数十年を経た今、このアルバムは60年代で最も偉大なアルバムと称されることになりました。  「いま」という時代の中で改めて聴くと、ビートルズの音楽が(本当に素晴らしいとは思いますが)「どこか現実離れしている」と感じさせられるのに対し、このアルバムは今でも圧倒的な存在感を保ち続けています。純粋に音楽として聴くと、チューニングが外れリズムは乱れるなど素人にも指摘できるほど荒削りで、とても「音楽」と言えないような代物です。しかしそれでいて退廃的で、危険で、妖しく美しい・・・そんな現代の「人間」のなまなましい姿が、ルー・リードの取り入れたノイズと卓越した作曲能力、ジョン・ケイルの現代音楽の素養、そうしたものが織りなすバランスの上に鮮やかに浮かび上がってきます。  聴くに堪えない音楽だと感じる人も大勢いるでしょう。僕も20年前に初めて聴いた時には、戸惑い、受け入れることができなかった音楽世界でした。でも今では僕にとって5000枚を超えるコレクションの中でも最も重要な作品のひとつです。
『バナナ』とその評価について
 まず、コレに興味があるならば、購入して間違いないと思う(仮に嫌いだったとしても、それが解る価値がある)。だいたい色々説明してもらって聴くような音楽じゃない。  なので、やばそうなロック名盤?くらいの知識で聴いてみるのも結構だが、それは跳ね返されるかもしれない。事実、私もそうだった(笑)。ソニック・ユースやニルヴァーナが広く知られた現在なら、このザラザラヒリヒリした無愛想な音楽を受け入れる下地は簡単にできるかもしれないが、私の原体験はもっと昔なので、かなりショックだった。何かいけないモノを見てしまったような感じ、小学生なのにいきなり性行為の現場を見てしまったような(失敬)。だが、どうにも気になって聞き返す内にだんだん嵌まり、「Goo」や「Nevermind」が発売された頃にはとっくにバイブルだった。  VUのオリジナル・スタジオ盤は全部で4枚だが、まずは本作から聴けば良いと思う。聴きやすい1曲目やニコの歌う美しい曲が好みなら「III」、"Heroin"や"European Sun"に取り憑かれるなら「White Light White Heat」。ポップ過ぎるとされる「Loaded」も佳曲が多いので見逃せないと思う。
改めて聴くと60年代?
ってぐらいグランジな音楽ですよね。アンディ・ウォーホルは先進的な音楽 だと見抜いたらしいですが、その先見性に感服です。全曲通して聴き応えが ありますが、僕はJ.ケイルのやりたい事とか、ルー・リードやニコの ヴォーカルとか、S.モリソンのギターより一番好きなのはモーリン・タッカー の洗濯物を叩くかのごとくのドラミングなんだなぁ。Velvet Undergroundの 不思議な陶酔感はやっぱこのドラミングが大きいんじゃないかなー。間違っても こんな叩き方する人はそうそういないからなぁwまだ聴いたことない人是非 この不思議な陶酔感に浸ってみて!
薬物的音楽。
 言わずもがなのny rockの名盤、the velvet undergroundの1st album。  andy warholのプロデュースでも有名。  ロック史が語られる際に必ずと言ってイイ程「当時は売れなかったが今は永遠の名盤である」という謳い文句が付けられるアルバムです。  確かにr&rなのだけど、今風の解釈をすればny punkの上流でもあるし、new wave、avantの先駆けである気もしてきます。  いずれにしてもそれらのジャンルに共通してキーワードである「初期衝動」に満ちたアルバムだと言えます。  バタバタしたdr.にザラザラしたgt.とヒステリックに鳴り続けるビオラ、lou reedによる荒々しいvo。  ba.が一番まともに曲の骨組みを構成しているけれども、他のパートはどれも暴走気味でとてもヒットチャートには馴染まなそう。  そしてandy warholのジャケットがこれまた上手いとこサイケデリックを誘引してくれるのです。  nicoの歌はオマケっぽい感じがしちゃうのだけど、他の曲はどれも中毒性高し。

ヴェルヴェット・アンダーグラウンド&ニコ

[ CD ]
ヴェルヴェット・アンダーグラウンド&ニコ

・ヴェルヴェット・アンダーグラウンド
【ユニバーサル インターナショナル】
発売日: 2006-06-21
参考価格: 1,680 円(税込)
販売価格: 1,510 円(税込)
ヴェルヴェット・アンダーグラウンド&ニコ
- 収録曲 -
1. 日曜の朝
2. 僕は待ち人
3. 宿命の女
4. 毛皮のヴィーナス
5. ラン・ラン・ラン
6. オール・トゥモローズ・パーティーズ
7. ヘロイン
8. もう一度彼女が行くところ
9. ユア・ミラー
10. 黒い天使の死の歌
11. ヨーロピアン・サン
カスタマー平均評価:  5
耽美と退廃
とにかく作品全体に漂う退廃的な空気にその魅力は尽きる。優しささえ感じるメロディから始まるこの作品は、時として暴力的で押さえきれない欲望の顔をのぞかせる。この「バナナ」の完成したときこそまさに60年代のロック、いや音楽の歴史そのものに深く刻まれる瞬間であったと僕は思えてならない。
輝きを失うことのない、永遠の名盤
67年発表、ヴェルヴェット・アンダーグラウンドのデビュー作にしてロック史上に残る名盤。 このバンドはルー・リードが在籍していたバンドとして有名で、本作はドイツ人女性のニコを迎えて作られた作品です。荒々しさと穏やかさを兼ね備えた退廃的なサウンドは60年代後半という時代を強く感じさせます。バナナのジャケットは世界で最も有名なジャケットの一つです。 意表をついた美しい名曲「日曜の朝」にはじまり、続くのは後のパンクを想わせるシンプルで攻撃的なロック・ナンバー「僕は待ち人」です。ジョン・ケイルの弾くヴィオラの音色がオリエンタルな雰囲気を醸し出す「毛皮のヴィーナス」「黒い天使の死の歌」も秀逸。また、ニコのハスキー・ボイスが意外な程いい味を出している「宿命の女」「ユア・ミラー」も注目です。「オール・トゥモローズ・パーティーズ」もニコがリード・ボーカルを取る曲で、A面のエンディング的な曲です。本作はA面とB面で違った色合いがあるので、意識して聴くことをお薦めします。「ヘロイン」からがB面です。 ヴェルヴェットが他のバンドとは明らかに異なることを感じさせるのは、ノイズを利用した「ヘロイン」と「ヨーロピアン・サン」です。はたして名曲と呼んでいいのか、問題作と呼ぶべきなのか。どちらにせよこの2曲の後のバンドに与えた影響は計り知れないものがあります。 また、本作は歌詞も物議を醸すなど、いろんな意味で見所の多い作品です。永遠の名盤であると同時に、わりと聴きやすい作品でもあるので、詳しく内容を知らずにジャケットに惹かれて買っても全く損はありません。最近の音楽しか聴いたことのない方は初めはちょっと戸惑いを覚えるかもしれませんが、これが普遍的な魅力を放つ“時代の音”です。ロックを語る上で、避けては通れない作品です。

VU

[ CD ]
VU

・ヴェルヴェット・アンダーグラウンド
【ユニバーサル インターナショナル】
発売日: 2002-08-21
参考価格: 1,835 円(税込)
販売価格: 1,744 円(税込)
VU
- 収録曲 -
1. キャント・スタンド・イット
2. ステファニー・セッズ
3. シーズ・マイ・ベスト・フレンド
4. リサ・セッズ
5. オーシャン
6. フォギー・ノーション
7. インサイド・ユア・ハート
8. ワン・オブ・ジーズ・デイズ
9. アンディーズ・チェスト
10. アイム・スティッキング・ウィズ・...
カスタマー平均評価:  5
「未発表作品集」の廉価版
私はヴェルヴェット・アンダーグラウンド(以下VU)好きで、特にルー・リード(以下LOU)が大好きです。去年(おととし?)はLOU本人のライブにも行きました。

LOU個人はソロになってから多くのアルバムを出しているので、「ベルリン」以前のソロアルバムはいいかげんにしか聞いていないのですが、VUのアルバムは枚数が少ない事もあり、かなり聞き込んでおりました。(学生時代)

ってな状況で、たまたま見つけた「未発表作品集」がこれです。

SHE'S MY BEST FRIEND(3曲目)
I'M STICKING WITH YOU(10曲目)
が特に好きです。

ちなみに、10曲目は、「VU再結成ライブ(公式盤2枚組)」でも聞けて、「メンバー各自がそれぞれのパートを歌う」ところもちゃんと再現しているのですが、LOU以外のメンバーの歌は正直聴けたものではありません。
トリのLOUが必死になって「正しいコード」に戻しています。(笑

さらに余談ですが、今持っているCDは2代目で、初代はあまりにしょっちゅう聞きておきながら、手荒に扱っていたため、「1曲目がイントロで飛ぶ」という状態になってしまいました。まぁ、研磨すればいいのですが。


ヴェルヴェット・アンダーグラウンド・アンド・ニコ(紙ジャケット仕様)

[ CD ]
ヴェルヴェット・アンダーグラウンド・アンド・ニコ(紙ジャケット仕様)

・ヴェルヴェット・アンダー・グラウンド&ニコ
【ユニバーサル インターナショナル】
発売日: 2001-10-31
参考価格: 2,141 円(税込)
販売価格: 9,500 円(税込)
ヴェルヴェット・アンダーグラウンド・アンド・ニコ(紙ジャケット仕様)
- 収録曲 -
1. 日曜の朝
2. 僕は待ち人
3. 宿命の女
4. 毛皮のヴィーナス
5. ラン・ラン・ラン
6. オール・トゥモローズ・パーティーズ
7. ヘロイン
8. もう一度彼女が行くところ
9. ユア・ミラー
10. 黒い天使の死の歌
11. ヨーロピアン・サン
カスタマー平均評価:  5
早すぎた人達
ベルベッツの1stで67年の作品。当時は考えられなかったノイズや不協和音を鳴らすパフォーマンスや、ドラッグやSMについて歌うという全く新しい手法で登場したアルバム。発表された当時はチャートの100位にも入らなかったみたいです。その音楽に対する姿勢は今でも多大な影響力を及ぼしてます。パンク、オルタナの始祖じゃないでしょうか。または元祖シューゲイザー。あのアンディ・ウォーホルが手掛けたジャケットもいい感じじゃないですか。

ヴェルヴェット・アンダーグラウンド&ニコ

[ CD ]
ヴェルヴェット・アンダーグラウンド&ニコ

・ヴェルヴェット・アンダーグラウンド&ニコ
【ポリドール】
発売日: 1996-06-26
参考価格: 1,835 円(税込)
販売価格: 1,835 円(税込)
ヴェルヴェット・アンダーグラウンド&ニコ
- 収録曲 -
1. 日曜の朝
2. 僕は待ち人
3. 宿命の女
4. 毛皮のヴィーナス
5. ラン・ラン・ラン
6. オール・トゥモローズ・パーティーズ
7. ヘロイン
8. もう一度彼女が行くところ
9. ユア・ミラー
10. 黒い天使の死の歌
11. ヨーロピアン・サン
カスタマー平均評価:  5
万人受けしないけれど、それでもいい、と思う。
退廃的で、やる気のなさそうな歌い方のルー・リード(本人は消してそんなことはないと思うんですが・・!)ニコの絶望と悲壮感漂う声。
溢れるノイズ、騒々しく、けれど鋭く美しい。

一曲目、「日曜の朝」ルー・リードの優しい声がなんとも素敵でうっとりします。いつまでもうっとりしていたら二曲目が始まってしまいます。

そんなアルバムです。(どんなだ・・)
聴いているこちらに切々と訴える何かがあります。
どうやったらウケルか、売れるか、そんな計算からはほど遠く、自分達のありったけを注いだのだろうと思わせるものがあります。
決して明るくもないし、素敵な気分になるわけでもない。何かをしながら聴いていたら、それがはかどらない。いけない、いけない。。。

だけどまた聴きたくなる、そんな一枚。
THE VELVET UNDERGROUND & NICO (1967)
 バナナがはがれるというこのジャケットを手がけたのがかのアンディー・ウォーホルであるとか,発売当時は商業的には完全に失敗していたとか,そんなことは今となってはどうでもいい。重要なのはここに収められている11曲がいずれも信じがたいほどの輝きを放っていて,その輝きは今でもまったく衰えることがないということだ。「ヘロイン」を聴いてみるといい。背中がぞくぞくするような,まさにパンクへとつながる「あの」感じを味わうことができるだろう。これは誰もがそのよさを理解できるというたぐいの作品ではない。けれども世の中には,これがなくては生きてゆけないという人もいる。そういうものだよ,坊や。
ロック史上に残る名盤
ベルベット・アンダーグラウンドの衝撃的デビュー・アルバム。1曲目の「日曜の朝」以外の全曲のプロデュースとカバー・デザインをポップ・アートの巨匠、アンディ・ウォーホルが担当した点でも異色。当時のニューヨークの前衛の香りがプンプンである。

ベルベット・アンダーグラウンドだけでは弱い、との判断からゲスト・ヴォーカルにニコを迎えたが、これは大正解。本作での彼女の退廃的な歌声はすべて名唄といってまちがいない。

なお、LP初版ではジャケットのバナナがステッカーになっていて皮がむけるという、ちょっとそそられる趣向になっていた。アンディの最も有名な作品のひとつといえよう。その後この「バナナ」は本作を離れ、Tシャツにプリントされるなど、一人歩きするようになる。

蛇足ながら、このあまりにも有名な「バナナ・ジャケット」は後にアンジーや名古屋のインディーズ・オムニバス・レコードなどでパロディされる。


ヴェルヴェット・アンダーグラウンド・ゴールド

[ CD ]
ヴェルヴェット・アンダーグラウンド・ゴールド

・ヴェルヴェット・アンダーグラウンド ・ニコ
【USMジャパン】
発売日: 2008-05-28
参考価格: 3,500 円(税込)
販売価格: 3,500 円(税込)
ヴェルヴェット・アンダーグラウンド・ゴールド
- 収録曲 -
1. 僕は待ち人
2. 宿命の女
3. 毛皮のヴィーナス
4. ラン・ラン・ラン
5. オール・トゥモローズ・パーティーズ
6. ヘロイン
7. もう一度彼女が行くところ
8. ユア・ミラー
9. 日曜の朝
10. チェルシー・ガールズ
11. イット・ウォズ・ア・プレジャー・...
12. ホワイト・ライト/ホワイト・ヒート
13. アイ・ハード・ハー・コール・マイ...
14. シスター・レイ
カスタマー平均評価:  4
SHMCD盤! 2曲の未発表ヴァージョン
2005年発表のベスト。 これまでこのCDの存在は知っていたのだが、未聴だったので、いきなり2枚目から聞いて、未発表ヴァージョンが2曲続いていて驚いた。 その他は、ほぼ現行マスタリングヴァージョンで、目新しさはない。 ヴェルベッツなら何でも無条件に星5つにしたいところなのだが、幾らなんでも曲順に工夫が 無さ過ぎる。(アルバム順の並び)故に通して聴く用のベストとしては、×。「ローデッド」からは一曲も入っていないのはUniversal盤だからなのか? これを買う人は、当然SHMCDの音質に期待して買う人が殆どだと思うので、その点に触れると、確かに3rdの曲(Closet Mixではない)などでは、中低音に張りのある豊かな音が聴けるが、正直1stの曲などは、あの"Mobile Fidelity Sound Lab"の高音質盤のようなインパクトはなかった。

ローテッド〜スペシャル・ヴァージョン

[ CD ]
ローテッド〜スペシャル・ヴァージョン

・ヴェルヴェット・アンダーグラウンド
【イーストウエスト・ジャパン】
発売日: 1997-04-10
参考価格: 3,059 円(税込)
販売価格: 品切れ中
ローテッド〜スペシャル・ヴァージョン
- 収録曲 -
1. フー・ラヴズ・ザ・サン
2. スウィート・ジェーン(フル・レン...
3. ロックン・ロール(同)
4. クール・イット・ダウン
5. ニュー・エイジ(ロング・ヴァージ...
6. ヘッド・ヘルド・ハイ
7. ロンサム・カウボーイ・ビル
8. アイ・ファウンド・ア・リーズン
9. トレイン・ラウンド・ザ・ベンド
10. オー・スウィート・ナッシン
11. ライド・イントゥ・ザ・サン(デモ)
12. オーシャン(アウトテイク)
13. アイム・スティッキング・ウィズ・...
14. アイ・ラヴ・ユー(デモ)
15. ロックン・ロール(オルタネイト・...
・・・
カスタマー平均評価:  4
ロックンロール!
VUの4枚目にして最後になるアルバム<ローテッド>のスペシャルバージョンです。ブート音源を数多く残したVUだけに、僕らのようにこのバンドをリアルタイムでは聴けなかった世代にとってこのCDのようなボーナストラック付(未発表曲多数収録)ヴァージョンというのはほんとオイシイ代物ですよね。音のほうはと言うと1,2,3枚目のアルバムにも引けを取らない名曲揃いで、また"ポップさ"という観点から見るとすべての中でナンバー1ではないでしょうか。ここ数年パンクやロックというジャンルも非常に細かく細分化してきていますが、すべてのルーツはここにあり!というくらい重要なバンド"ベルベットアンダーグラウンド"。必聴です!!



Copyright © 2008 洋楽アーティストデータベース. All rights reserved.    Program by 簡単アマゾンサイト作成ツール ver.3.96

 更新日 2008年10月11日   ※ 表示価格は更新時のものです!      メール      相互リンク