洋楽アーティスト1000人のデータベース。公式サイト・ファンサイト・ブログ・掲示板・リンク集。

洋楽アーティストデータベース

1,500円以上で送料無料!
※一部大型商品を除く
カートを見る ヘルプ
ソニック・ユース ソウル・アサイラム サウンドガーデン スパンダー・バレエ スポンジ スクイーズ  
  スタン・リッジウェイ ステレオフォニックス ストーン・ローゼズ ストレイ・キャッツ スウェード シュガーキューブス

洋楽データベース
無料着うたダウンロード
OnGen音楽配信
洋楽楽譜
洋楽名曲
洋楽ランキング
洋楽歌詞和訳・翻訳
特集
 ヴェルヴェット・アンダーグラウンド
 ヴェルヴェット・クラッシュ
 ウルトラボックス
 エアロスミス
 エーシーディーシー
 ザ・スタイル・カウンシル
 サード・アイ・ブラインド
 スウィング・アウト・シスター
 スザンヌ・ヴェガ
 スミス
 ゼイ・マイト・ビー・ジャイアンツ
 ティアーズ・フォー・フィアーズ
 ティル・チューズデイ
 テレビジョン
 トーキング・ヘッズ
 トーク・トーク
 バッド・カンパニー
 ブラック・サバス
 ボン・ジョヴィ
 ユーツー

 

サウンドガーデン


ベスト90’S 100

[ CD ]
ベスト90’S 100

・オムニバス ・リサ・ローブ ・ザ・クランベリーズ ・インコグニート ・ボーイズIIメン ・ビリー・マイヤーズ ・スマッシュ・マウス ・MXPX ・blink-182 ・ホール ・サウンドガーデン
【UNIVERSAL INTERNATIONAL(P)(M)】
発売日: 2008-01-16
参考価格: 3,980 円(税込)
販売価格: 3,570 円(税込)
ベスト90’S 100
- 収録曲 -
1. シェリル・クロウ / イフ・イッ...
2. カーディガンズ / カーニヴァル
3. ハンソン / キラメキ☆MMM ...
4. ボーイズIIメン / メイク・ラ...
5. スウィング・アウト・シスター /...
6. シーナ・イーストン / マイ・シ...
7. スティング / フィールズ・オブ...
8. ビョーク / プレイ・デッド
9. ヴァネッサ・ウィリアムス / セ...
10. リサ・ローブ / アイ・ドゥ
11. クランベリーズ / ドリームス
12. インコグニート / スティル・ア...
13. ボーイズIIメン / シーズンズ...
14. ビリー・マイヤーズ / キス・ザ...
15. スマッシュ・マウス / ウォーキ...
・・・
カスタマー平均評価:   0

スーパーアンノウン

[ CD ]
スーパーアンノウン

・サウンドガーデン
【ポリドール】
発売日: 1994-03-07
参考価格: 2,548 円(税込)
販売価格: 968 円(税込)
スーパーアンノウン
- 収録曲 -
1. レット・ミー・ドラウン
2. マイ・ウェイヴ
3. フェル・オン・ブラック・デイズ
4. メイルマン
5. スーパーアンノウン
6. ヘッド・ダウン
7. ブラック・ホール・サン
8. スプーンマン
9. リモ・レック
10. ザ・デイ・アイ・トライド・トゥ・...
11. キックスタンド
12. フレッシュ・テンドラルズ
13. 7月4日
14. ハーフ
15. ライク・スーサイド
・・・
カスタマー平均評価:  5
SOUNDGARDENの代表作
NIRVANA,PEARL JAM,ALICE IN CHAINSとともにシアトル・グランジ四天王と称されるSOUNDGARDENの代表作。 グランジらしい暗さがありながらもグルーヴ感溢れるヘヴィロックに仕上がっており、グランジの枠に収まりきらない楽曲が数多く揃っています。楽曲がバラエティに富んでいるため、アルバム1枚通して聴いても「お腹いっぱい」になることもありません。捨て曲なしの名盤です。 特に、M7『Black Hole Sun』は、目を閉じて聴いていると「曲に包みこまれる」程の名曲です。 リリース当時(というか今でも)、日本ではほとんど評価されなかったバンドですが、多くの人に聴いてもらいたい一枚です。
未だ消えない残響、最高峰のみが放つ色彩
最高傑作とは言われるが、90年代音楽の中でも完成度の高さではこれ以上は無いのではないかと思われる作品。 ロックであることにポップであることは無用だとの意見がある。そんなことはどうでも良いと考えさせられる作品。オリジナリティが無ければならないとは言われるがオリジナリティを追求することが何なのかは具体的にはかなり困難だ。このバンドはこれらを実現している。 アルバム発表当時、バンドは、へヴィ至上主義的な発言をしている。発言のとおり重量級の曲が多いが、一方で楽曲は鮮やかな色彩を放つ。これは時折突き抜けるような感覚の楽曲が存在するからだ。 楽曲中、天才的な曲としては、アルバム標題曲だ。鳥肌が立つほど好く出来ている。どうやって考えたか分からないぐらいだ。偶然性に全てを任せてこのような曲が生まれるとは思えない。 試聴者としては出会えて良かったと、心より思える最高峰のロックが全編につづく。よく言われるとおり、ロックファンなら10年は聴ける作品。\10,000出しても購入して後悔しない。すばらしい芸術的価値を感じる。
なぜもっと売れなかったんだろう…
シアトル出身の90年代オルタナを代表するバンド、サウンドガーデンの最高傑作とされるアルバム。過去のアルバムに比べてノイズやラウドな感じが減った感があるが、捨て曲無しの素晴らしい作品であることは確か。ほとんどの曲の作詞・作曲をVo&Guのクリスが行っており、彼の歌唱力も申し分ない説得力をもっている。じっくり聴いて味わえる、正にスルメアルバムだろう。
ブラック・ホール・サンを聴こう
収録曲の一曲、ブラック・ホール・サンは名曲といっても過言でないかも知れない。どこかせつない音ながら、しっかりと芯の通ったロックは聴く者の背筋を伸ばさせる。

スーパーアンノウン

[ CD ]
スーパーアンノウン

・サウンドガーデン
【ユニバーサル インターナショナル】
発売日: 2006-05-17
参考価格: 1,680 円(税込)
販売価格: 1,596 円(税込)
スーパーアンノウン
- 収録曲 -
1. レット・ミー・ドラウン
2. マイ・ウェイヴ
3. フェル・オン・ブラック・デイズ
4. メイルマン
5. スーパーアンノウン
6. ヘッド・ダウン
7. ブラック・ホール・サン
8. スプーンマン
9. リモ・レック
10. ザ・デイ・アイ・トライド・トゥ・...
11. キックスタンド
12. フレッシュ・テンドラルズ
13. 38902
14. ハーフ
15. ライク・スーサイド
・・・
カスタマー平均評価:  5
最高峰バンドの最高傑作
グランジバンドの大御所、サウンドガーデンの(結果的に)最高傑作。ラウドで走り続けたバンドだったからこそ、ラウドを捨てたとき何が出来るのか?そんなリスナーの疑問を真っ正面から答えてくれたアルバム。単なるグランジ中毒向けではなく、一般のリスナーにもアピール出来る幅広いキャッチーな楽曲は、クリスとキムのセンスがグランジという、いちジャンルにとどまらないことを証明している。何故、日本でこのアルバムが重要視されないのか不思議でたまらない。曲の事はあまり説明したくない。皆さん騙されと思って購入してみてください。ヘヴィローテで聴くこと間違いなし。

Louder Than Love

[ CD ]
Louder Than Love

・Soundgarden
【A&M】
発売日: 1989-08-24
参考価格: 1,127 円(税込)
販売価格: 839 円(税込)
Louder Than Love
- 収録曲 -
1. Ugly Truth
2. Hands All Over
3. Gun
4. Power Trip
5. Get on the Snake
6. Full on Kevin's ...
7. Loud Love
8. I Awake
9. No Wrong, No Rig...
10. Uncovered
11. Big Dumb Sex
12. Full On (Reprise)
カスタマー平均評価:  5
メジャー・デビュー作。クリス・コーネルの超高音を聴け!!
 「Sub Pop」レーベル・コンピレイションへの参加、EP 「Screaming Life」のリリースで、シアトル・シーンの基礎を築いた SOUNDGARDEN。既にメジャーからの誘いはあったものの、「今はまだ自由にやりたい」との思いからインディーズよりフル・アルバム「ウルトラメガ OK」をリリースした彼ら。これで一気に名を上げ、本作で待望のメジャー・デビューとなった。  低音で吐き捨てるようなヴォーカルが多いグランジ系。しかしこのバンドは違う。クリス・コーネルはコブシを回す荒々しい歌い上げが特徴。男性では滅多にいない超高音で、ツェッペリンの「Communication Breakdown」を、更に高い別のメロディーに変えて歌うほど。それでいて、低音を叩きつける曲でも十分な声量がある。グランジ随一のシンガーと言っていい。  BLACK SABBATHのヘヴィネスと、LED ZEPPELINのグルーヴを、現代に再現したとも言われ、この系列の音楽としては正統派である。そのサウンドの核は、日本人ベーシスト:ヒロ・ヤマモトその人だ。大学での修士号取得のため、本作が最後の作品となってしまう。しかし彼が去った後、グルーヴの質が、ワールド・ミュージック的なものに変化。初期のうねりまくる荒々しさはかなり失われてしまう。  また、高音で徹底的に歌い上げていたのも、本作が最後で、以後はラフに歌う低音の曲が増えていく。鬱積したアメリカの若者らしい荒涼感。一方で伝統的な音も素直に受け継いだ本作は、バランスという意味で、彼らの代表作であると思う。  タイトル曲的な「Loud Love」、艶のある高音の節回しが鮮烈な「Hands All Over」など、印象的な曲が目白押しだ。「爆発する音が欲しい」と歌いながら、意外にピュアな詞もまた魅力。
もっともSOUNDGARDENらしい
前のULTRAMEGA-OKは音楽史的には有名で、SUPERUNKOWNを凌ぐほどだ。
だが、BAD MOTORFINGERを聴いたあとでも、本作は最高傑作であるという見方をする。
クオリティが高く飽きない。LedZeppelinやBlackSabbathの影響を受けているのは確かだ。只、当時のSoundGirdenはシアトルで事実上No.1バンドでありもっとも完成されていたと思われる。あのカートコバーンもオーディションを受けたがったというほどだ。(実際、NIRVANA『BLEACH』で参加していたギタリストジェイソンエバーマンはSoundGirdenに在籍したこともあった。)
陰鬱なやりばのない若者達の雰囲気、世界観などが鮮やかな音楽によって表現されている。SOUNDGARDENが色鮮やかな音楽であるとすると、もっとも鮮やかなのは紛れも無くSUPERUNKOWNだと思うが、本作は深いグレーといったところか。晴れ晴れしない気分の時に聴くと、和まされる作品であると同時に個人的には90年代ロックNo.1と言って良いものだと考える(10年、20年経っても聴くに耐えうる傑作)。
Grunge
御案内させていただきます。次のアルバムバッドモーターフィンガーで大ばけするわけだが、その前段階のアルバム2枚目。かちっとしたアルバムではなく、ブレイクする予兆を感じさせるやや散漫なアルバム。サバスやツエッペリンのイディオムをうまく取り込みグランジの波にのったバンド。よくも悪くもブレイク前夜のアルバム。(6点)

バスケットボール・ダイアリーズ

[ CD ]
バスケットボール・ダイアリーズ

・サントラ ・ポッシーズ ・マッシブ・インターナショナル ・ザ・カルト ・グレアム・レベル ・フレア ・サウンドガーデン ・ジム・キャロル ・PJハーヴェイ ・ロッカーズHi-Fi ・ドアーズ
【マーキュリー・ミュージックエンタテインメント】
発売日: 1995-09-30
参考価格: 2,548 円(税込)
販売価格: 2,548 円(税込)
バスケットボール・ダイアリーズ
- 収録曲 -
1. カソリック・ボーイ(ジム・キャロ...
2. デヴィルズ・トイ(グラーム・レヴ...
3. ダウン・バイ・ザ・ウォーター(P...
4. ホワット・ア・ライフ(ロッカーズ...
5. アイ・アム・アローン(グラーム・...
6. ピープル・フー・ダイド(ジム・キ...
7. ライダーズ・オン・ザ・ストーム(...
8. ディジィー(グリーン・アップル・...
9. イッツ・ビーン・ハード(グラーム...
10. カミング・ライト・アロング(ポジ...
11. ストロベリー・ワイン(マッシヴ・...
12. スター(ザ・カルト)
13. ドリーム・マサカー(グラーム・レ...
14. アイヴ・ビーン・ダウン(フレア)
15. ブラインド・ドッグス(サウンドガ...
カスタマー平均評価:   0

A-Sides

[ CD ]
A-Sides

・Soundgarden
【A&M】
発売日: 1997-11-04
参考価格: 1,579 円(税込)
販売価格: 1,058 円(税込)
A-Sides
- 収録曲 -
1. Nothing to Say
2. Flower
3. Loud Love
4. Hands All Over
5. Get on the Snake
6. Jesus Christ Pose
7. Outshined
8. Rusty Cage
9. Spoonman
10. Day I Tried to L...
11. Black Hole Sun
12. Fell on Black Da...
13. Pretty Noose
14. Burden in My Hand
15. Blow up the Outs...
・・・
カスタマー平均評価:  4.5
SOUNDGARDENベスト
このバンドは唯一無二の存在だ。 うねりまくってネチネチネチネチする ベースライン、それを複雑怪奇な動きで演奏するベン君。 切れ味鋭い中にも、どこか甘ったるい印象を与える キム君の不思議なリフ。ツボを心得てるというか 的をえてるマット君のドラミング。そして全てを薙ぎ倒す クリスの高音シャウト。個性のぶつかりあいから生まれる サウンドはまさに唯一無二のSOUNDGARDENワールドだ。 周りとは一線を引く孤高の存在だ。
ベスト
 うねるようなグルーヴ感が持ち味のサウンドガーデンのベスト盤
です。ジャンルとしては一応グランジ/オルタナに位置しています
が、ニルヴァーナというよりは、アリス・イン・チェインズ(ココ
までメタルの影響は感じませんが。)に近く、レイジ・アゲインス
ト・ザ・マシーンに影響を与えたように、へヴィなグルーヴを聞か
せてくれます。かなりカッコいいです。

 現在は解散しています。ヴォーカルのクリス・コーネルは、後に
レイジのメンバーと一緒にオーディオスレイヴを結成。活躍してい
ます。


Superunknown

[ CD ]
Superunknown

・Soundgarden
【A&M】
発売日: 1994-03-08
参考価格: 1,579 円(税込)
販売価格: 1,280 円(税込)
Superunknown
- 収録曲 -
1. Let Me Drown
2. My Wave
3. Fell on Black Da...
4. Mailman
5. Superunknown
6. Head Down
7. Black Hole Sun
8. Spoonman
9. Limo Wreck
10. Day I Tried to L...
11. Kickstand
12. Fresh Tendrils
13. 4th of July
14. Half
15. Like Suicide
カスタマー平均評価:  5
グランジの枠を越えたロック史でも稀に見る完成度
素晴らしい。冒頭から最後まで無駄なサウンドは一切無く、また曲毎の個性が強くそれでいてアルバム全体の印象は決して散漫にならず上手く統一されている。アルバム一枚の中で多くのアプローチに挑みすぎて纏まりを失ってしまったモノも多々あるが、このアルバムはその種ではない。個人的にガーデンはグランジ期のバンドの中でも極めて安定し、優れたバンドだと考える。その理由として、ボーカルの声に安定感がある、楽曲の独創性とアプローチが幅広い、演奏のレベルが高い、ということ。クリスの声は高音・ファルセット時に素晴らしい伸びを聴かせ、それでいて音域に関係無くメロディにブレが無い。カートもエディもペリーも越えた真のボーカリストとしてのクリスがそこにはいる(次点でアリスのレインも素晴らしい)。独創性にしても、特にこのSuperunknownに於いては中東?東南アジア系のサウンドからサバス直系、パンク要素強いモノからサイケまで、とても幅広いサウンドメイキングに挑み、かつそれらが上手くガーデンのモノになっている。これほどの振り幅を見せたバンドは同時期のグランジにはまずいない。そしてそれらのサウンドを支える卓越した演奏技術。早いテンポでかつ複雑なリズム展開をするトラックでも、ドラムは一分の乱れも無く叩きこなし、聴いていても非常に安定感を得る(この点ではアリスのドラマーなどは決して上手いとは言えない)。ベースもメロディラインからリズム重視な部分までドラムと一体化しサウンドを腰の座ったモノへと昇華させている。そしてそのリズム隊に乗っかりメタルなリフから奇想天外なサウンドまでを複雑に掻き鳴らすギター。ガーデンを聴いていて独特のノリ・グルーブを感じるのは確固とした技術に支えられた彼等にしかないリズムがあるからだ。アリスのある種の終末感から初期パールの勢い・ニルバーナのポップさ…言わばグランジの全ての要素がこのアルバムには詰まっている。
まさに最高傑作!!
文句無くSoundGardenの最高傑作のアルバムだ。このアルバムを聞いた時あまりの衝撃に全身が震えた。ブラックサバスを源流としたまったりどっしりしたベースラインの上に新しい試みがちりばめられ、これらの脳神経回路の如く複雑な結合が全体として一つのベクトルに収斂している。クリスコーネルのボーカルは圧倒的だが主張ではなく完全に曲に同化している。

リリースよりもう10年経つがその存在感は全く色あせない。解散してしまったのがとにかく残念。しかしこのアルバムは残っている。グランジの枠を超え、いつまでもロックの「原器」として受け継がれていくだろう。
90年代を代表する歴史的名盤!!!
NIRVANA、PERL JAMと共にグランジ三羽烏と並び称されるシアトル出身のオルタナティヴ・バンド「SOUNDGARDEN」の通算5作目となるスタジオ録音アルバム。90年代USロック・シーンに旋風を巻き起こしたグランジ・ロックの元祖(※SOUNDGARDENは一番最初にメジャー契約を取り付けたグランジ・バンドである)にとって初の全米No.1ヒット作となった本作であるが、それもそのはず、最初から最後まで耳が離せない充実度120%の内容に仕上がっており、まさしく90年代を代表する歴史的名盤と言っても過言ではない。特に先日、元RAGE AGAINST THE MACHINEのメンバー3人とのプロジェクト「CIVILIAN」が空中分解したことが伝えられたばかりのクリス・コーネルの変幻自在なヴォーカル・テクニックは特筆に値する。低音時に聴かれる力強く野太い声はエモーショナルなエディ・ヴェダー(PEARL JAM)のヴォーカルを彷彿とさせるが、高音パートになるとこれが一変、絶叫型シャウトも含めてサミー・ヘイガー(ex. VAN HALEN)のようにメタリックになるのは驚きだ。LED ZEPPELIN、BLACK SABBATHといった70's HR/HM系バンドからの影響がより強く伺えるサウンドの核である、ハード・エッジなキム・サイールのギターも一聴の価値アリ。ちなみにドラムは現PEARL JAMのマット・キャメロン。


Badmotorfinger

[ CD ]
Badmotorfinger

・Soundgarden
【A&M】
発売日: 2008-09-16
参考価格: 1,127 円(税込)
販売価格: 889 円(税込)
Badmotorfinger
- 収録曲 -
1. Rusty Cage
2. Outshined
3. Slaves & Bulldoz...
4. Jesus Christ Pose
5. Face Pollution
6. Somewhere
7. Searching With M...
8. Room a Thousand ...
9. Mind Riot
10. Drawing Flies
11. Holy Water
12. New Damage
カスタマー平均評価:   0

Ultramega OK

[ CD ]
Ultramega OK

・Soundgarden
【SST】
発売日: 1990-10-25
参考価格: 1,917 円(税込)
販売価格: 1,347 円(税込)
Ultramega OK
- 収録曲 -
1. Flower
2. All Your Lies
3. 665
4. Beyond the Wheel
5. 667
6. Mood for Trouble
7. Circle of Power
8. He Didn't
9. Smokestack Light...
10. Nazi Driver
11. Head Injury
12. Incessant Mace
13. One Minute of Si...
カスタマー平均評価:  3
良く採り上げられる歴史上、有名な作品。
レーベルSSTは有名だ。他にBlack Flagなんかも所属していた。どちらかというとパンキッシュで当たり障りのある主張が多いバンドが多く所属するレベルとの印象を受ける。だからこそ、レーベル発の音楽は本物のロックが多く重宝されるのだが。それにしても音質が悪かった。Flowerなどの名曲は、楽曲としては良いのだが。マスタテープからのリマスタリングが待たれる。グランジロックの確信的なファンは必聴だ。ただし、アルバム名、そのものの内容ではなく、音としてはメタルのそれに近い。楽曲はパンキッシュなものも多く含まれる。

グレイテスト・ヒッツ

[ CD ]
グレイテスト・ヒッツ

・サウンドガーデン
【ポリドール】
発売日: 1997-11-19
参考価格: 2,548 円(税込)
販売価格: 1,750 円(税込)
グレイテスト・ヒッツ
- 収録曲 -
1. ナッシング・トゥ・セイ
2. フラワー
3. ラウド・ラヴ
4. ハンズ・オール・オーヴァー
5. ゲット・オン・ザ・スネーク
6. ジーザス・クライスト・ポーズ
7. アウトシャインド
8. ラスティ・ケージ
9. スプーンマン
10. ザ・デイ・アイ・トライド・トゥ・...
11. ブラック・ホール・サン
12. フェル・オン・ブラック・デイズ
13. プリティ・ヌース
14. バーデン・イン・アイ・ハンド
15. ブロウ・アップ・ジ・アウトサイド...
・・・
カスタマー平均評価:  4.5
うねるヘヴィ・リフと、超高音ヴォーカルの絶唱。
どちらかと言うと正統派のシンガーが好きな人間である。ニルヴァーナの吐き捨てる様なヴォーカルや、パール・ジャムの低い歌メロが、どうもピンと来なかった。「グランジは自分には合わないんだろう…」と思い、それっきり聴かなかった。ところが、当時公開していた自分のサイトに、「サウンドガーデンはZEPとSABBATHを足して2で割った感じのバンド」という書き込みがあり、「えっ!?」となったのである。 ツェッペリンもサバスも、ヘヴィなバッキングを軽々と越えていく「高音の」ヴォーカルである。足して2で割っても高いはずなので、「それならば…」とネットでサンプルを探してみた。既にバンドは解散し、「A-SIDES」(=この作品)というベスト盤が出た所だった。その1曲目「Nothing To Say」のサンプルを聴いて、ぶっ飛んだ。 「何だ、この高さは?!」 突き放したような曲調は、いかにも90年代らしいが、バックのグルーヴを突き抜けて来るのは、稀に見る超高音ヴォーカルであった。しかも、上手い。高音の伸びも凄いが、低音でもバックに負けないパワーがあり、強烈にコブシを回す歌唱は迫力十分。 どの雑誌を見ても、「高音シンガー」とは何処にも書いていなかったので、てっきりニルヴァーナみたいなシンガーだと思ってしまったのだ。「それを早く言ってくれよ!」(笑)。その後、グランジへの扉が(自分的には)開かれ、今では殆どのバンドを一通り聴くようになったが:クリス・コーネル、この人が一番上手いと思う。しかし日本では殆どの盤が廃盤。本国との温度差は決定的だ。 80年代にメタル系を聴いたリスナーでも、すんなり入れそうなサウンドで、メロディーも良い。フロントマンも上手いしエキゾチック顔で男前。日本で人気がでなかったのは何でなんだろう? ちなみに自分は「Nothing To Say」、「Loud Love」、「Pretty Noose」、「Flower」あたりが特に気に入っている。
シアトル・ロックの雄
サウンドガーデンの最初で最後のベスト盤。特に初期の曲がドロドロでグランジっぽくてかなりかっこいい!しかし、後期はオーディオス・レイヴとかなり重なって聞こえるのは自分だけだろうか?哀愁ただよう音楽に変化しているバンドの動きが見てとれる、偉大なバンドの足跡。
涙がこぼれるよ〜
アルバム至上主義の彼らは、解散するまでBEST盤をリリースしなかった。
シングル中心に、ライヴで欠かせない曲ばかりの選曲。
グレイテスト・ヒッツ?

偉大な彼らの足跡。




Copyright © 2008 洋楽アーティストデータベース. All rights reserved.    Program by 簡単アマゾンサイト作成ツール ver.3.96

 更新日 2008年10月11日   ※ 表示価格は更新時のものです!      メール      相互リンク