洋楽アーティスト1000人のデータベース。公式サイト・ファンサイト・ブログ・掲示板・リンク集。

洋楽アーティストデータベース

1,500円以上で送料無料!
※一部大型商品を除く
カートを見る ヘルプ
マリアンヌ・フェイスフル マッチボックス20 ミッシェル・ショックト ミッション モリッシー ニコ  
  ナイン・インチ・ネイルズ ニルヴァーナ オアシス オーシャン・カラー・シーン オインゴ・ボインゴ ニューヨーク・ドールズ

洋楽データベース
無料着うたダウンロード
OnGen音楽配信
洋楽楽譜
洋楽名曲
洋楽ランキング
洋楽歌詞和訳・翻訳
特集
 PJハーヴェイ
 アール・イー・エム
 ザ・サイケデリック・ファーズ
 ザ・プリテンダーズ
 サヴェージ・ガーデン
 シンニード・オコナー
 スクリッティ・ポリッティ
 スマッシング・パンプキンズ
 スミザリーンズ
 パール・ジャム
 パティ・スミス
 ピーター・マーフィ
 プライマル・スクリーム
 ペット・ショップ・ボーイズ
 ポール・ウェラー
 ポリス
 レッド・ホット・チリ・ペッパーズ
 レディオヘッド
 ロビン・ヒッチコック

 

パティ・スミス


トゥエルヴ

[ CD ]
トゥエルヴ

・パティ・スミス
【ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル】
発売日: 2007-04-18
参考価格: 2,520 円(税込)
販売価格: 2,258 円(税込)
トゥエルヴ
- 収録曲 -
1. アー・ユー・エクスペリエンスト?
2. ルール・ザ・ワールド
3. ヘルプレス
4. ギミー・シェルター
5. ウィズイン・ユー・ウィズアウト・...
6. ホワイト・ラビット
7. チェンジング・オブ・ザ・ガード
8. ボーイ・イン・ザ・バブル
9. ソウル・キッチン
10. スメルズ・ライク・ティーン・スピ...
11. ミッドナイト・ライダー
12. 楽園の彼方へ
カスタマー平均評価:  4.5
じわじわとよくなっていく予感
前作『トランピン』は、シンプルでパワフルな良さを取り戻した、吹っ切れた感じのアルバムでしたが、今度は全曲、ロックの名曲カバー。ストーンズ、ビートルズの作品など、抑えめなボーカルで歌っています。 ニルバーナの曲など、こんなに静かに歌うのかという意外性。どうせなら、CSNY(収録された「ヘルプレス」はアーティストはニール・ヤングの扱いでしたが)なら「ウッドストック」とか、ストーンズならもっとノリノリの曲とか、派手に遊ぶ曲が1,2あっても良かったかとも思うのですが、たぶんじわじわとよくなっていくのだろうと思います。 何と言っても曲がいいのはいいです。
これは買いでしょう
やっぱり良いものは良いというか、どの曲も聴いたことがあって、原曲もパティの歌もどちらも高めていると思わせてくれる素晴らしいと再確認させてくれるCDです。これは買いでしょう。Doorsが好きなので「Soul Kitchen」がお気に入りなのですが、他のどの曲も凄く良かった。最近買ったCDでは一番でした。
歌詞はついておらず、パティによる解説原文、解説対訳と日本語盤解説のみ
まず、歌詞はついておらず、パティによる解説原文、解説対訳と日本語盤解説のみがついています。ですから、日本盤を買っても、輸入盤を買ったときにパティの解説を英語で読む手間が省けるぐらいです。 しかし、まあ、原曲のいくつかの歌詞を呼んだときの記憶があれば、『トランピン』と同じく、〈9.11〉以降の混沌とした世界情勢に投げ入れられたパティのメッセージであることはだいたい想像がつくでしょう。 演奏に関しては、バンドメンバーは一人減ったものの、『トランピン』と同じバンドです。ですから、ほとんどのカヴァーは、『トランピン』と同じで少しブルース志向でクールなロック・アレンジ。このカヴァー・アルバムも名盤『トランピン』と同じ品質、緊張で制作された、と言えるでしょう。 『トランピン』と違って、インプロヴィゼーション(即興演奏)が炸裂する長尺の曲が1曲もないのが残念ですが、特に、最後のスティーヴィー・ワンダー「楽園の彼方に」のピアノ・アレンジによるカヴァーは秀逸。聴いたあとに、深い感動に満たされます。 数々の優れたオリジナル・アルバムを出してきたパティのカヴァー・アルバムにそれらと同等の星5つはやはりつけられないですが、実質満点の星4つです。
文句なし、参りました。
 ここ最近ずっと聞いてます。 最高です。ロックの全てがここにあります。 選曲、彼女の声、演奏するバックメンどれも最高。 パンクの女王に乾杯です!! これは、カバーとかそういう類いではありません。 是非、聴いてください。星5つじゃ足りません。
淡々としている気がします
クールで尖ったイメージを勝手に持っていたアーティストですが、歳を重ねたカバー集はどんな感じになるのだろうと思い購入。ティアーズ・フォー・フィアーズなんて意外な選曲もあり興味がありました。 全体としては抑えめで、「そーら、良い歌でしょう?」と語りかけてくるというよりもぐぐっと一人で歌っているような気がしました。パティ・スミスの人生を聞いているというか。 そういう意味ではロックな姿勢は変わらないのかな?

ランド(1975-2002)~グレイテスト・ヒッツ

[ CD ]
ランド(1975-2002)~グレイテスト・ヒッツ

・パティ・スミス
【BMG JAPAN】
発売日: 2002-04-24
参考価格: 3,500 円(税込)
販売価格: 2,735 円(税込)
ランド(1975-2002)~グレイテスト・ヒッツ
- 収録曲 -
1. Dancing Barefoot
2. Babelogue
3. Rock 'N' Roll Ni...
4. Gloria
5. Pissing In A Riv...
6. Free Money
7. People Have The ...
8. Because The Night
9. Frederick
10. Summer Cannibals
11. Ghost Dance
12. Ain't It Strange
13. 1959
14. Beneath The Sout...
15. Glitter In Their...
・・・
カスタマー平均評価:  5
名曲「PISS FACTORY」
ニューヨークパンクの女王、ニューヨークの吟遊詩人と呼ばれた、パティスミスのベスト盤。パティスミスのオリジナルアルバムはほとんど持っていますが、個人的には「piss factory」が入っているという事で即買いでした。この曲、実質的なパティのデビュー曲で、デビュー前に自主制作で数百枚だけ(うろ覚えだが)発売した、幻の曲。当時のジャケも何も無い盤はお宝アイテムであろう。赤いジャケのパンクのコンピLP「NEW WAVE」に収録されていたが、それ以外は知らない。レアなだけじゃないぞ。物凄く名曲なのだ。個人的には女性ミュージシャンでは一番好きな人です。パティの前ではクリッシーハインドもジョーンジェットもお子ちゃまに見える。(後ろ二人も私は大ファンですけど)。とにかくファンにもパティスミスを知らないこれからの人にもお勧めの作品。というか買いなさい。
まだまだ聴かせて欲しい
パティスミスのアンソロジー2枚組が発表されると分かった時から私個人の注目はシングルの「Hey Joe」「Piss Factory」(これは収録)やシングルB面のレア曲でリマスターのボーナスから外れた「Time Is On My Side」やその他のライヴヴァージョンが収録されるかどうかだったので初期に思い入れの強い私にはちょっと期待はずれの部分もありました。近年、完全復活というか初期に勝るとも劣らぬ活躍なのでこういった選曲は妥当でしょう。ブランクがあったにも関わらず彼女のヴォーカルは以前と変わらず少し危なげでパワフルで聴き応えがあります。1枚目のベストはちょっと「イースター」びいきではありますが文句はありません。十分納得できる選曲です。アートワークを含めて今まで全く駄作が無いパティ。恵まれてるなぁ。
素晴らしい作品
a-£c?'a?≪a?,a??a??a?a?'a??a?£a?≫a?1a??a?1a?Ra?¢a?≪a??a??a?'c??e?¢c?Ra?≪e?'a??a??a?Ra? ̄a≫?a??a??a??a??a?|a?§a??a??a?a≪?a?£a?|a??a??a??a?'a?§a? ̄a?aa??a?a??a??a≫?a??a?§c,?a??a?aa??a?£a??a??a?'a?§a??a??a?a?"a??a??a?§a?≪c?\a?£a?|a??a??a?2a? ̄a??a??a?a?"a?3a??a?oa?≫a?¶a?≫a??a??a??a?a??a?'a?§a??a?£a??a??a?a?"a?Ra?2a? ̄a≫\a??a??a??a°-a?≪a...\a?£a?|a??a??a?

a??a?|a?a≫?a??a?1a??a?1a?Ra?¢a?≪a??a??a?'e2・a?£a??a?Ra?≪a? ̄a?aooc??a?ac??c"±a??a??a??a?a?≫a??8a??9a-\a?≪c§?a? ̄a??a?≪a?aa?3a?§a??a\3a?Ra?ca??a?'a?'e|?a??a?aμ?c?3a,aμ?a?Re?3a\?aR¶a?§a??a??a?¨a??a??a?°e±!a? ̄e-?a§?c?'a??a?≪a??a??a??a??a?a?ca??a?'a?Ra,-c??a?§a??a\3a? ̄a?a≫?a-\a? ̄c?1a?\a?aa-\a?§a??a??a?a??a??a? ̄e?・a'?a?≪a??c??a??a??a,?a??a??a??a-\a??a??a??a??a?c§?a? ̄e?・a'?a?≪a,a?2a?§a?'a??a??a?a?¨a?¢a??a?|a?3a?1a?-a-?a?£a??i??a?!a?aa??a?≪a?ca??a?'a?≪a? ̄a??a\3a?Ra? ̄a-?a??a?Ra??a?aa?1a??a?¨a?-a?|a??a??a?-a?|a??a??i??a?a??a?3a??a?¨a??a??i??a?ca??a?'a?¨a??a??a≫\e??a?a?-a??a? ̄a??e...°a??a?'a?≪a??a?£a??a?"a?¨a?'c§?a? ̄a,!,a!...a??a??a?|a??a??a?Ra?§a??a??a??a?a?¢a?!a?aa?≪aooa?Ra?1a??a?1a??a?"a?Ra??a??a?≪a??a?≪a?aa?3a?§e?・a'?a?≪a?2a?'a?§a?'a??a?"a?¨a?Ra??a'3a? ̄a\μa??a?|a?§a??a??a?£a??a?¨a?a??a?-a?a??a?Ra?'a?≪a±...a??a??a??a??a?"a?¨a?'aR?a?≪a1,c|?a?≪a??a??a??a?

a≫?a?§a??a??a?£a?|a??a??a?Ra??a?ca??a??c?\a??a?aa??a??a?a,a??a??a??a?≪a??a??a?¨a-\a?¬a?§a??a?3a??a??e??a??a?£a?|a13a'?a?'e¨'a??a??a??a??a?aa??a??a?3a??a??e!?a??a??a?|a??a??a?"a?¨a?'e¨?a?¶a?-a?|a??a??a?a?-a??a?-a?"a?Ra-\a?¬a?Ra??a?3a??e?"a? ̄a,a?"a??a??e¨a??a??a??a?£a??a?Ra??a??a??a??i??a??c??a?'e??a?¨a?-a??a?¢a?!a?aa?≪a?≪a ̄?a??a??a?"a?|a≫?a?'a?aa?Ra??a??a??a??i??e?'a1'a?Ra,≫a?μa?Ra§?a?aa?"a?¨a?'e??a?£a?§e!?a??a?"a?¨a?Re??a?aa??a?'c§?a? ̄a≪?a?aa??a??a??a?Ra?§a??a??a?

a??a?|a?a?¢a?≪a??a??a?Ra?...aR1a?§a??a??a??a?a≫?a??a?"a?Ra??a"?a?'e?a?-a?|e?'a??a?|a??a?|e?3a\?a§a?Re≪?a??a?≪a??a??a?-a??a?c§?a? ̄a?oa?¬c??a?≪a? ̄a?¢a?!a?aa?≪a?3a?-a??a? ̄a? ̄a??a??a??a\?a??a?aa??a??a?a??a\3a?Ra?'a??a?a??a?Re?3a\?a§a?≪a?・a??a??a??e??a??a??a?|e!?a??e?a!a?!?a?'c?oe|?a?-ec?a??a??a?a?1a??a?1a?'e?'a??c¶?a?'a?|a??a??a?aa?1a??a??a?≪a?¨a?£a?|a? ̄a?"a?Ra??a"?a? ̄a?¬a?¢a?≫a??a?ca??a? ̄a?1a≫\a?-a? ̄c?1a?\a?aa??a'3a?'a??a??a?aa??a?Ra??a??a?-a??a?aa??a??a?c§?a?Ra§?a?aa??a??e...a?≪a?¨a?£a?|a? ̄a?a?"a?Ra??a?1a??c??a? ̄aR?a?≪c'?a?'a??a?-a??a??a"?a?§a??a?£a??a?¨e¨a??a??a?
e?3a\?a§a?¨a??e?c2?c\?a?'a??a?£a??e?3a\?aR¶a??cμ¶a≫...a?-a??a??a??a??a,-a?a≫?a??a??a3¨c?Ra?-a?|a??a??a??a??a?¨a?a?£a??a?
急遽、出費が必要になるかも
 いままでパティスミスに関しては「まぁまぁ好き」という程度だった、だからベストを買えばそれでいいかなという軽い気持ちだったが、彼女の魅力にノックアウトされてしまった。

 なんたって彼女はカッコよすぎる、彼女こそがロック、それがたった2枚のCDで、しかも音だけでそれが伝わってくるんだからいかに凄いかがわかってくれると思います、ロックファンを自称する人にとっては絶対買い!!
 私にいたっては過去の彼女のアルバム全部集めないと気が済まなくなりました。
いつまでも女王様でいてください
NYパンクの女王と冠される、パティ・スミスのベストアルバム。Disc1は
耳になじみのよい曲が選曲されているので、入門編と言えるだろう。もち
ろん名曲ぞろいでっす。プリンスのカバー、Doves Cryはすばらしいの
一言。Disc2はレア音源満載なので、コアなファンも満足できる2枚組と
思われる。彼女は今もバリバリの現役です。


ウェイヴ

[ CD ]
ウェイヴ

・パティ・スミス・グループ
【アリスタジャパン】
発売日: 1997-11-01
参考価格: 1,835 円(税込)
販売価格: 1,744 円(税込)
ウェイヴ
- 収録曲 -
1. フレデリック
2. ダンシング・ベアフット
3. ロックン・ロール・スター
4. ヒム
5. リヴェンジ
6. シチズン・シップ
7. セヴン・ウェイズ・オブ・ゴーイング
8. ブロークン・フラッグ
9. ウェイヴ
10. ファイヤー・オブ・アンノウン・オ...
11. 5-4-3-2-1~ウェイヴ
カスタマー平均評価:  5
パティ流のさよなら
かなりポップ。これはパンクというよりポップスといってもいいかも。ロックの人だけどポップセンスが凄いと思う。ご存知の通りこれを最後にパティは一旦音楽活動をやめて家庭に入ってしまうのですが、それを踏まえて聞くと、なんとなく確かにお別れを言われてる気になります。ちょぅと感傷的な気分にもなります。Broken Flag葬式の時に流してほしい。ジャケはギョロッとした目が怖いウエディングドレス姿のパティ。このころは幸せ一杯だったんでしょうねえ。プロデュースはあのトッドラングレンです。これはクレジットみなくても一発でわかりますね。音が独特なんで
甘美ですらある終末感
たくさんのレコードを聴く中でたくさんの解説に出会ったが、その中でも印象深かったひとつが鳥井賀句氏のこのアルバムの解説。「明日、世界が破滅するとしてそれまでに幾枚かのアルバムを聴く事が許されるとしたら」として、ストーンズの『レット・イット・ブリード』やディランの『ブロンド・オン・ブロンド』と並んでこのアルバムを夜通し聴く、といった内容。このアルバムを最後にパティ・スミスは一度引退するのだが、その思いはレコーディング時にすでに十分あったのだろう、どこか充足感、そして終わりのムードに満たされている気がする。終末感。それも絶望的ではなくどこか甘美ですらあるような。例えばGなど、黙示録にある世界の終末、“世界の終わる時、エルサレムの岩のドームの門が開け放たれ天使たちがラッパを吹く”ような情景のBGMのようで、この曲を聴くたびに真っ赤に燃え上がった空を天使が舞うような光景が目に浮かぶのだ。ジャケットのパティもどこか、天使のようないでたちで、しかしそのギョロっと見開いた目はまるで地獄の使者のようでもあって。
鳥井氏同様、世界が明日終るとしたら、泣き叫んだりせずに、こんな甘い終末感に浸りながらただ淡々と迎えたい。
パティ流ウエディング・アルバム
 79年リリースの本作は3作目の『イースター』をも上回る大ヒットアルバムであり、傑作でもあるが、このアルバムを最後にパティは突如引退して家庭におさまることとなる。このアルバムの最初の曲「フレデリック」は夫フレッド・スミス(MC5のギタリスト)へのラブソングである。

 全ての作品の中で一番ポップであるし、一番女性を感じさせる作品である。女性であることを常に恨み続けたパティが、恋はここまで変えさせるのかと驚くほどの変貌を見せている。なによりジャケットでの白いスカート姿のパティ自体滅多に見れないし、裏ジャケには、これまた珍しいパティの初めて見せるこぼれんばかりの笑顔の写真が載っていた。


ホーセス

[ CD ]
ホーセス

・パティ・スミス
【アリスタジャパン】
発売日: 1997-11-01
参考価格: 1,835 円(税込)
販売価格: 1,927 円(税込)
ホーセス
- 収録曲 -
1. グローリア
2. レドンド・ビーチ
3. バードランド
4. フリー・マネー
5. キンバリー
6. ブレイク・イット・アップ
7. ランド
8. エレジー
9. マイ・ジェネレーション
カスタマー平均評価:  5
凍てついた世界に響き渡るパティのシャウト
「ジーザスが磔にされたのは誰かの罪のせい、でもあたしのせいじゃない。あたしもずいぶん罰あたりだけど、それはあたしのせい、それはあたしだけの罪」・・・ヴァン・モリソン(THEM)のカヴァーである原曲にはない@の冒頭のこのつぶやき、ここにパティのかっこよさ、いさぎよさが凝縮されている。スロウな導入部からぐいぐいとスピードアップしていくリズムに乗せて、金切り声を上げるレニー・ケイの引き攣ったギター、時に無機質に、時に絶望的に、時にせつなく、時にセクシーに、凍てついたニューヨークに響き渡るパティのシャウト。そのまま一気にエンディングになだれ込み、スロウダウンした後最後に爆発してイッテシマウ。

ロバート・ジョンソン以来、ストーンズが受け継いだバトンを確実に受け取った“負の表現が一気に圧倒的なエネルギーを持つ”という音楽のパラドックス。ロックンロールという表現形式のひとつのピークだといえる。
間違いなく、「カッコイイ女」の代名詞である1人
低く絶妙に掠れた、まさにカリスマティックな声の持ち主。
この声は天性のものというか、もう歌わずにいてはいけない声って感じです。
聴く者の耳をはなしません。

彼女は歌手というより詩人なんだと思います。
実際、静かなBGに載せてただ詩の朗読をしているトラックもあります。

濃密で官能的な彼女の人生がそのまま凝縮されたような1枚となっています。
抽象的な表現になってしまいますが、人生が強烈な閃光を放つ一瞬が収められている感じです。
どこか奇跡的な匂いすら漂わせている必聴盤。
ニューヨーク・パンクの女王のデビュー作品
 自分の虚弱な身体と胸の膨らみを呪いながら、16歳でランボーを読み漁りフランス文学に目覚めた少女は、やがてストーンズに出会い、ジム・モリソンに衝撃を受け、ロックの虜となる。

 19歳で自らの子供を里子に出し、自分が何者かを見つけるため、僅か16ドルを握りしめNYへやってきたパティは、同い年だった写真家・ロバート・メイプルソープとほどなく恋に落ち同棲を始めた。

 チェルシーホテルに居を移したことから様々な出会いを経験し、やがてポエトリー・リーディングを始めることとなる。彼女は詩を朗読するバックにロックを演奏することを選んだ。

 NYで高い評価を獲得したパティは様々なレコード会社からの誘いがあったのだが、詩人がロックのレコードを出すことに慎重だったパティの考えからなかなか実現せず、結局社長自ら口説き落としたアリスタから遅咲きの29歳でのデビューとなった。

 古い友人だったジョン・ケイルがプロデュースを担当し、前の恋人だったアラン・レイニアーや当時同棲していたトム・ヴァーレインなどもギターで参加し、ジャケットには メイプルソープが撮影したポートレートが使用された。当時アリスタはモノクロのジャケットには反対だったそうだが、結局このジャケットは『ローリング・ストーン』誌のベストカヴァー26位に選出された。
 存在感のある艶やかなアルトヴォイスと感情を込めたその歌は今聴いても、十分に心を揺さぶられるほどのオーラを保っている。
Fantastic!
この「HORSES」は75年の衝撃のデビューアルバム。
全曲カッコいいが、1曲目の「Gloria」最高!最後の「My


ホーセス[レガシー・エディション]

[ CD ]
ホーセス[レガシー・エディション]

・パティ・スミス
【BMG JAPAN】
発売日: 2005-12-21
参考価格: 3,990 円(税込)
販売価格: 3,391 円(税込)
ホーセス[レガシー・エディション]
- 収録曲 -
1. グローリア
2. レドンド・ビーチ
3. バードランド
4. フリー・マネー
5. キンバリー
6. ブレイク・イット・アップ
7. ランド:ホーセス~ランド・オブ・...
8. エレジー
9. マイ・ジェネレーション
カスタマー平均評価:  5
トラウマ。
「キリストは他の誰かの罪で死んだ。でも、それは私の罪じゃない」僕の母はいつも歩く速度が速かった。「盗人達の坩堝に溶け込んだ私には密かな切り札がある。図太く冷静な心。私の罪は私自身」だから、まだ幼かった頃、僕は母とどこかに出掛ける時はいつも必死で彼女を追いかけなければいけなかった。置いてけぼりは迷子になってしまうから。パティ・スミス「Gloria」この冒頭の歌詞が当時の人類と音楽史に衝撃を与えた威力は計り知れない。それは、今作に付属のDisc2の2005年のライブバージョンでも変わっていないとたしかに確認できる。「ふと窓の外に目をやると、若くて可愛い女の子が見える。パーキングメータの上に背を屈めている、パーキングメーターに寄りかかっている。あぁ、なんて素敵な子。あぁ、なんて可愛い子」ヴェルベット・アンダーグラウンド「Heroin」のようにどんどん加速していく曲のリズム。人波を掻き分け、後ろも振り替えずどんどん加速していく母の足取り「狂おしい気持ちになってくる、あの子を物をせずにいられない」母は僕の物ではなかった「私が魔法をかけると彼女がやってくる。あの道を歩いて彼女がやってくる」どんどん加速していく曲と母のリズム「玄関のドアを入って彼女がやってくる。素敵な赤のドレスを身に纏い、這うようにゆっくりと階段を昇って、ワルツを踊るように廊下を歩いて、彼女がやってくる」物語は終わらない、彼女の名前はグロリア。G-L-O-R-I-A。それは僕の母の名前。だから、僕はこの曲を何度も何度も何度も聴き繰り返しては、彼女を忘れる。
Horses レビュー
パティ・スミスは今からおよそ30年前にデビューした。この「Horses」はそのデビューアルバムである。私はパティスミスのライブをニューヨークで三回見た(05年の年越しライブにも行った)が、彼女の凄さは現役ばりばりである。彼女は、男女の性別や歌手や芸術家などといったあらゆる社会的区分けを取っ払ってしまう、「人間として」のエネルギーに満ちている。このHorsesはそんなパティのデビュー作であり、代表作で、30年経った今、レッチリのベーシスト:フリーを加えたライブ演奏バージョンとの二枚組で“再発売”された。彼女はパンクの女王と謳われて入るが、彼女の歌をパンクと考えるにはあまりにも精巧で繊細すぎる。彼女はまた作家であり詩人、写真家であるがためその歌詞は文学的で、その点、知識人層にファンが数多くいる。彼女の歌い方も、まるで詩の朗読のような、映画俳優の独白のような雰囲気があるのだ。が、なんといっても最大の魅力は、そんなうんちくを軽く吹き飛ばしてしまうほどの、魂のこもったパフォーマンスである。見る者全ての心の底に、否応無しに強烈なエネルギーの塊を打ち付ける、彼女の歌は、30年経った今、素直に凄まじい。「Horses」お勧めです。

ザ・コーラル・シー

[ CD ]
ザ・コーラル・シー

・パティ・スミス&ケヴィン・シールズ
【Pヴァイン・レコード】
発売日: 2008-07-18
参考価格: 3,150 円(税込)
販売価格: 3,150 円(税込)
ザ・コーラル・シー
- 収録曲 -
1. TRACK #1
2. TRACK #2
3. TRACK #3
4. TRACK #4
5. TRACK #5
6. TRACK #6
カスタマー平均評価:   0

ホーセス

[ CD ]
ホーセス

・パティ・スミス
【BMG JAPAN】
発売日: 2006-11-22
参考価格: 1,890 円(税込)
販売価格: 1,693 円(税込)
ホーセス
- 収録曲 -
1. グローリア~イン・エクセルシス・...
2. レドンド・ビーチ
3. バードランド
4. フリー・マネー
5. キンバリー
6. ブレイク・イット・アップ
7. ランド~ホーセス~ランド・オブ・...
8. エレジー
9. マイ・ジェネレーション(ボーナス...
カスタマー平均評価:   0

イースター

[ CD ]
イースター

・パティ・スミス・グループ
【アリスタジャパン】
発売日: 1997-11-01
参考価格: 1,835 円(税込)
販売価格: 1,833 円(税込)
イースター
- 収録曲 -
1. ティル・ヴィクトリー
2. スペース・モンキー
3. ビコーズ・ザ・ナイト
4. ゴースト・ダンス
5. ベイブローグ
6. ロックン・ロール・ニガー
7. プリヴィレッジ
8. ウィ・スリー
9. 25階
10. ハイ・オン・リベリオン
11. イースター
12. ゴッドスピード
カスタマー平均評価:  5
名曲のオンパレード
腋毛ジャケとか、製作中にオナニーしたとかいう痛い発言はおいといてパティはやっぱすごい。このアルバムは一番ポップで聞きやすい。ライブアルバムでUAがカバーしたBecause the Nightは名曲。(スプリングスティーンは好きじゃないが) しかしこの人フェニミストっていう話と自分が女だということを憎んでたっていう話聞いたけどどっちが本当なんですかね?これだけパンクをものにできるなら女とか男とか関係ない気もするけど。ほんとに腹から声でてるよなあ。名曲のオンパレードで、ロックっていいなって心からいえるアルバム。
空前のヒット曲を含むロック史に残る名作
 日本のUAなどもカヴァーした全米トップ10ヒット、ブルース・スプリングスティーンとの共作「ビコーズ・ザ・ナイト」を含む3作目のアルバムである。幾分ポップ色が強まり、聴きやすさを増したこの作品は多くの指示を集め、パティの人気を決定的なものとした。
 ボブ・ディランを始めとするアメリカの著名人たちもこぞって彼女は天才だと誉めたたえた。

 完成度でいうなら随一の名作であり、どの曲もとてもメロディがハッキリした良作が並んでいる。印象的なジャケットも見事だ。


ゴーン・アゲイン

[ CD ]
ゴーン・アゲイン

・パティ・スミス ・ジョン・ケイル ・トム・ヴァーレイン ・ジェフ・バックリィ
【BMGビクター】
発売日: 1996-07-24
参考価格: 2,548 円(税込)
販売価格: 1,568 円(税込)
ゴーン・アゲイン
- 収録曲 -
1. ゴーン・アゲイン
2. 南十字星の下で
3. アバウト・ア・ボーイ
4. マイ・マドリガル
5. サマー・カニバル
6. デッド・トゥ・ザ・ワールド
7. ウィング
8. 烏
9. ウィキッド・メッセンジャー
10. ファイアーフライズ
11. フェアウェル・リール
カスタマー平均評価:  4
悲しみの中にも希望は生まれる
愛する人を失った悲しみはどんなに大きくつらいだろう。このアルバムを聴いてると、その悲しみが痛いほど伝わってくる。でも、その中にも希望は生まれ出る。絶望のままでじっとしていられない、人の力ってすごい。特にパティ・スミスはとても強い人だ。希望を生まない歌はない。人は希望を胸に秘めてるから歌うのだ。

ラジオ・エチオピア

[ CD ]
ラジオ・エチオピア

・パティ・スミス・グループ
【アリスタジャパン】
発売日: 1997-11-01
参考価格: 1,835 円(税込)
販売価格: 1,740 円(税込)
ラジオ・エチオピア
- 収録曲 -
1. アスク・ジ・エンジェルス
2. エイント・イット・ストレンジ
3. ポピーズ
4. ピッシング・イン・ア・リヴァー
5. パンピング
6. ディスタント・フィンガース
7. ラジオ・エチオピア
8. アビシニア
9. チクレッツ
カスタマー平均評価:  5
ロックン・ロールは車の中にも存在するのよ
商業的にも結構な成功を収め、今でも名作といわれる前作だったが、パティは車のカーラジオで聴いた自分のアルバムの音のひ弱さにがく然となったという。「ロックン・ロールの一部は車の中にも存在するのよ」と考えたパティはプロデュースにエアロスミスなどで知られるジャック・ダグラスを起用し、よりストレートでアグレッシブな音を目指した。バンド名も個人名よりパティ・スミス・グループとグループ名義とし、よりロック的イメージを高めた。本作も素晴らしいアルバムとなったが、確かにそういった試みも成功しているように思われる。基本的に前作を継承した楽曲であるが、ジャック・ダグラスのプロデュースが功を奏しているのかジョンよりはオーソドックスな音づくりとなったが、メリハリの効いたアルバムになっている。ピアノの弾き語りで歌われる「Pissing In A River」は涙ものの名曲であるし、6曲め「Distant Fingers」などの可愛らしい曲も特筆である。そして実験色も感じられる「Abyssinia」が、このアルバムを普通なものでは終わらないものにしていると思う。ボーナス曲の「Chiklets」が、これまたしびれるような名曲である。



Copyright © 2008 洋楽アーティストデータベース. All rights reserved.    Program by 簡単アマゾンサイト作成ツール ver.3.96

 更新日 2008年10月11日   ※ 表示価格は更新時のものです!      メール      相互リンク