洋楽アーティスト1000人のデータベース。公式サイト・ファンサイト・ブログ・掲示板・リンク集。

洋楽アーティストデータベース

1,500円以上で送料無料!
※一部大型商品を除く
カートを見る ヘルプ
デビッド・シルビアン デレリアム ダイナソーJR ドクター・フィールグッド デュラン・デュラン エコー&ザ・バニーメン  
  エルヴィス・コステロ イレイジャー ユーリズミックス エヴリシング・バット・ザ・ガール フィオナ・アップル G・ラヴ&スペシャル・ソース

洋楽データベース
無料着うたダウンロード
OnGen音楽配信
洋楽楽譜
洋楽名曲
洋楽ランキング
洋楽歌詞和訳・翻訳
特集
 イアン・デューリー
 イギー・ポップ
 インエクセス
 ガービッジ
 クーラ・シェイカー
 クラフトワーク
 グリーン・デイ
 ケイト・ブッシュ
 ゴリラズ
 ジェリーフィッシュ
 ジャパン
 ジュエル
 ジョナサン・リッチマン
 ジョン・スペンサー・ブルース・エクスプロージョン
 フーターズ
 ホットハウス・フラワーズ
 リズ・フェア
 リンプ・ビズキット
 ルー・リード
 ロス・ロボス

 

ゴリラズ


ディーモン・デイズ

[ CD ]
ディーモン・デイズ

・ゴリラズ
【EMIミュージック・ジャパン】
発売日: 2008-06-11
参考価格: 1,500 円(税込)
販売価格: 1,499 円(税込)
ディーモン・デイズ
- 収録曲 -
1. イントロ
2. ラスト・リヴィング・ソウルズ
3. キッズ・ウィズ・ガンズ
4. オー・グリーン・ワールド
5. ダーティ・ハリー
6. フィール・グッド・インク
7. エル・マニャーナ
8. エヴリ・プラネット・ウィ・リーチ...
9. ノーヴェンバー・ハズ・カム
10. オール・アローン
11. ホワイト・ライト
12. デア
13. ファイア・カミング・アウト・オブ...
14. ドント・ゲット・ロスト・イン・ヘ...
15. ディーモン・デイズ
・・・
カスタマー平均評価:   0

ディーモン・デイズ (CCCD)

[ CD ]
ディーモン・デイズ (CCCD)

・ゴリラズ ・ルーツ・マヌーヴァ ・ショーン・ライダー ・デニス・ホッパー ・ロンドン・コミュニティ・ゴスペル・クワイア ・ネナ・チェリー ・ブーテイー・ブラウン ・デ・ラ・ソウル ・MFドゥーム
【EMIミュージック・ジャパン】
発売日: 2005-05-11
参考価格: 2,548 円(税込)
販売価格: 975 円(税込)
ディーモン・デイズ (CCCD)
- 収録曲 -
1. イントロ
2. ラスト・リヴィング・ソウルズ
3. キッズ・ウィズ・ガンズ
4. オー・グリーン・ワールド
5. ダーティー・ハリー
6. フィール・グッド・インク
7. エル・マナーナ
8. エヴリー・プラネット・ウィー・リ...
9. ノーヴェンバー・ハズ・カム
10. オール・アローン
11. ホワイト・ライト
12. デア
13. ファイア・カミング・アウト・オブ...
14. ドント・ゲット・ロスト・イン・ヘ...
15. ディーモン・デイズ
・・・
カスタマー平均評価:  4.5
デーモンは天才
CCCDは欠点ですがボーナストラックの「68ステイト」がとてもかっこいいです。 68とは68年のこと言ってるのでしょうか。それらしき音のするインストナンバーです。 他にも色々エディションがありますが、ボーナストラックはそれぞれ違います。 「68ステイト」を是非、聴いてほしーなぁ。
Hip-Hopからブラジル音楽まで―多彩なサウンドの内に秘められた余りにもシリアスなメッセージの数々
 ストリート・ロック特有の直線的な怒りも,へヴィ・メタルのような激しさも,KORNのようなおどろおどろしさもない。淡々としていたり,妙に明るかったり。それでいて背筋が凍りつくような戦慄さえ感じる。それは絶望にも似た現実に対するあきらめと,そこから来る自己中心的な刹那主義,すなわち閉塞的な現代社会で生きる若者の病巣が克明に描かれているからか。不満をぶちまけ,怒りを爆発させることはたやすいが,冷静に現実と対峙することは容易ではない。それだけに聴く者に与えるインパクトも大きい。  闇夜に蠢く魑魅魍魎を想起させるイントロ,かったるいトラックとは裏腹に恐ろしい現実を歌い上げる「Kids With Guns」,ブラジル音楽を下敷きにアグレッシブなラップなども交えた「Dirty Harry」等々,冒頭から一癖も二癖もあるナンバーばかり。特に中盤以降が素晴しい。薄気味悪い笑い声で幕を開ける「Feel Good Inc.」はマイナー調のメロディアスなアップテンポ。憂いを帯びた「El Manana」はシリアスなナンバー(PVは非常に衝撃的な内容らしい)。淡々とした展開が絶望感にも似た深い悲しみを感じさせる「Every Planet We Reach Is Dead」は,ジャジーなピアノとヘヴィーなギターによるエンディングのインストゥルメンタルが見事。大国主義を皮肉った「Fire Coming Out Of The Monkey’s Head」は,ニヒルで重厚なスキャットが印象的。白昼夢のように幻想的なメロディーのスロー「Don’t Get Lost In Heaven」?「Deamon Days」は退廃的な美しさをたたえている。 ジェイミー・ヒューレットの描くキャラクターの斜に構えた,この上なくダークな雰囲気もいい。目も背けたくなるほどシリアスで奥の深い傑作である。
CCCDでさえなければ
グラミーにもノミネートされたGorillazの2ndアルバム。 曲はもちろん最高なのだが、CCCDなのが惜しい! UKの輸入盤(DVDつき)を買ったほうが良いかもしれない。 だけど、とてもいい曲ばかり(特にFeel Good Inc.)なので、星4つ。
もう少し歌物があればなぁー...。
GORILLAZ(ゴリラズ)2ndアルバム。
前作から4年経てまさかの復活(個人的には一時的なプロジェクトだと思っていたので意外だった)。
今回のプロデューサーは、ジェイZの『ブラック・アルバム』とビートルズの『ホワイト・アルバム』をドッキングさせた噂のDJデンジャー・マウス。
で、率直な感想を言いますと、今回のアルバムはあまり好きじゃないかな...。
先行シングルの「Feel Good Inc」を聞いた時点ではかなり良さそうだと思ったんですが、アルバムを聞いてみると「Feel Good Inc」以外はパッとしない...。
これは個人的な趣味の問題だとは思うのですが、アルバム全体がHipHop寄り過ぎる。
GORILLAZの良さはHIPHOPベースにデーモンが持つPOP性を加えた絶妙なバランス感にあると思うので、今回はそのバランスが僕の好みではない方向にぶれてしまった。
アルバムを通して聞いて個々のレベルで印象に残る曲がない...。
でも「Feel Good Inc」は本当にいいです!!
これの他にも、もう少し歌物があればなぁー...。
白でもない。黒でもない。
このアルバムをiTunesに入れる時、ジャンル分けに困った。

 ロックでもあり、ポップでもあり、ヒップホップ的でもある。なんせ
プロデューサーはビートルズの「ホワイト・アルバム」とJAY-Zの
「ブラック・アルバム」を混ぜて「グレイ・アルバム」という傑作を
作ってしまった鬼才である、そもそもの発想力がとび抜けている。
 ビートルズの時代から連綿と受け継がれてきたブリティッシュ・ロッ
クの実験精神とヒップホップ的なクールさが混ざり合った、
まさに「灰色」なポップ・ミュージックです。


GORILLAZ

[ CD ]
GORILLAZ

・ゴリラズ ・デル ・イブライム・フェレール
【EMIミュージック・ジャパン】
発売日: 2001-04-11
参考価格: 2,548 円(税込)
販売価格: 1,770 円(税込)
GORILLAZ
- 収録曲 -
1. リハッシュ
2. [5//4]
3. トゥモロウ・カムズ・トゥデイ
4. ニュー・ジニアス(ブラザー)
5. クリント・イーストウッド
6. マン・リサーチ(クラッパー)
7. パンク
8. サウンド・チェック(グラヴィティ)
9. ダブル・ベース
10. ロック・ザ・ハウス
11. 19-2000
12. ラテン・シモーネ
13. スターシャイン
14. スロウ・カントリー
15. M1A1 ※〈CDエクストラ〉
カスタマー平均評価:  4.5
凄い
このおかしなマスコットキャラクターの絵の裏に隠されていたのは 悪ふざけの遊びでもなんでも無かった。 ひたすら豊潤で懐の深い英国天才ミュージシャン、デーモン・アルバーンの才能の刀だった。 HIP HOPをフューチャーして、アメリカでも大ウケだったが(狙ってたのかどうかは定かではない) ブラーは知らないけどゴリラズは知ってると言うアメリカの若者も多いらしい。 英国の現在のシーンを見渡すと デーモン・アルバーンがやって来た事の二番煎じをいくらでも発見出来る それほどなのだ。最先端でブレがまったく無くしかもカッコイイ こんな事が出来るのはデーモンだけだ
デーモン流HIPHOP
僕はヒップホップはあんまり興味なくて聴いたことがなかったのですが、このアルバムはイイ!! ヒップホップな音楽性を持ちながら、ヒップホップ独特の汗臭さが感じられません。 普段ロックを聴いていて、ヒップホップになかなか手を出せないでいた、そんな人にお勧めのアルバムです。 ロックとヒップホップ、水と油のようなこの二つのジャンルを旨く混ぜて調理したセンスがすごいです。 デーモンの才能を改めて実感しました。 逆にヒップホップだけを普段聴きまくっている人にはもしかするとピンとこないかもしれませんが。 星四つ止まりなのは次作がさらによい(スルメ盤!!)からです。聴きやすいのはこっちですが。
これは良い
ロック、パンク、ヒップホップ、ダブ、 様々なジャンルの橋渡し的な存在として、 これ程適任なアルバムを僕は他に知らない。 どんなに奇を衒ったトラックでも、一度デーモン・アルバーンの ヴォーカルが吹き込まれると、途端にポップに聴こえてしまう マジック。いやー、いい声してるなぁ。見直しました。 他にも、やたらとクオリティーが高く格好良いPV。 アニメに投身されたキャラクターがインタビューに応じ、 某国へのきつい皮肉をユーモアたっぷりに語ってみせる姿勢等々、 様々な分野でみせる独自のセンスも魅力の一つ。 世界で1000万枚近く売れたのも納得の、意義あるポップアルバム。
こういうの、俺好み
疲れたときにGORILLAZを聴くとかなり癒される。
あんまりHIP-HOPには興味無かったがGORILLAZを
知ってからニューウェーヴの次に好きなジャンルになった。
GORILLAZに感謝。
このアルバムを聞いてデーモン・アルバーンの見方が少し変わりました
GORILLAZ(ゴリラズ)の1stアルバム。
メンバーは全て二次元から飛び出したアニメ・キャラ達という設定になっているが、ブラーのデーモンと、ダン・ジ・オートメーター等が参加した覆面プロジェクト。
凄く個人的な話をするとBlur(ブラー)はそんなに好きな方ではありません(とはいっても全てのアルバムを聞いてますし、ベストアルバムも持ってます。嫌いではありません。)
しかし、このアルバムを聞いてデーモン・アルバーンの見方が少し変わりました。
デーモンは元々、音楽的な柔軟性、幅広さには定評があります(それ故に浅く広く、言い換えれば安かろう悪かろう的な部分が大好きになれない部分)。
GORILLAZは、そんなデーモンのBlurでは消化しきれないHIPHOP的な一面を深く追求している内容でありながら、デーモンが持つ高いPOP性が失われてないという意味で、稀有なバランスを持った素晴らしいアルバムです。
出た当時はかなり聞きまくっていました(この頃、自分的にも音楽の幅を広げようと思っていた時期だった為。そういうマインドとリンクしたというのも一因)。
誰しもが内情をわかっていながら、当人達は最後までキャラクターになりきっていたというのも滑稽でしたねw

D-SIDES~コング・スタジオの秘密~

[ CD ]
D-SIDES~コング・スタジオの秘密~

・ゴリラズ
【EMIミュージック・ジャパン】
発売日: 2007-12-19
参考価格: 2,800 円(税込)
販売価格: 2,513 円(税込)
D-SIDES~コング・スタジオの秘密~
- 収録曲 -
1. 68ステイト
2. ピープル
3. ホンコンゲイトン
4. ウィー・アー・ハッピー・ランドフ...
5. ホンコン
6. ハイウェイ(アンダー・コンストラ...
7. ロックイット
8. ビル・マーレイ
9. ザ・スワガ
10. マードック・イズ・ゴッド
11. スピッティング・アウト・ザ・ディ...
12. ドント・ゲット・ロスト・イン・ヘ...
13. ストップ・ザ・ダムズ
14. サンバ・アット・13 【日本盤の...
15. フィルム・トレイラー・ミュージッ...
・・・
カスタマー平均評価:   0

ディーモン・デイズ プレミアム・エディション

[ CD ]
ディーモン・デイズ プレミアム・エディション

・ゴリラズ
【EMIミュージック・ジャパン】
発売日: 2006-03-08
参考価格: 2,548 円(税込)
販売価格: 2,375 円(税込)
ディーモン・デイズ プレミアム・エディション
- 収録曲 -
1. イントロ
2. ラスト・リビング・ソウルズ
3. キッズ・ウィズ・ガンズ
4. オー・グリーン・ワールド
5. ダーティー・ハリー
6. フィール・グッド・インク(Alb...
7. エル・マナーナ
8. エヴリ・プラネット・ウイ・リーチ...
9. ノーヴェンバー・ハズ・カム
10. オール・アローン
11. ホワイト・ライト
12. デア
13. ファイア・カミング・アウト・オブ...
14. ドント・ゲット・ロスト・イン・ヘ...
15. ディーモン・デイズ
・・・
カスタマー平均評価:  4.5
デーモンは天才
CCCDは欠点ですがボーナストラックの「68ステイト」がとてもかっこいいです。 68とは68年のこと言ってるのでしょうか。それらしき音のするインストナンバーです。 他にも色々エディションがありますが、ボーナストラックはそれぞれ違います。 「68ステイト」を是非、聴いてほしーなぁ。
Hip-Hopからブラジル音楽まで―多彩なサウンドの内に秘められた余りにもシリアスなメッセージの数々
 ストリート・ロック特有の直線的な怒りも,へヴィ・メタルのような激しさも,KORNのようなおどろおどろしさもない。淡々としていたり,妙に明るかったり。それでいて背筋が凍りつくような戦慄さえ感じる。それは絶望にも似た現実に対するあきらめと,そこから来る自己中心的な刹那主義,すなわち閉塞的な現代社会で生きる若者の病巣が克明に描かれているからか。不満をぶちまけ,怒りを爆発させることはたやすいが,冷静に現実と対峙することは容易ではない。それだけに聴く者に与えるインパクトも大きい。  闇夜に蠢く魑魅魍魎を想起させるイントロ,かったるいトラックとは裏腹に恐ろしい現実を歌い上げる「Kids With Guns」,ブラジル音楽を下敷きにアグレッシブなラップなども交えた「Dirty Harry」等々,冒頭から一癖も二癖もあるナンバーばかり。特に中盤以降が素晴しい。薄気味悪い笑い声で幕を開ける「Feel Good Inc.」はマイナー調のメロディアスなアップテンポ。憂いを帯びた「El Manana」はシリアスなナンバー(PVは非常に衝撃的な内容らしい)。淡々とした展開が絶望感にも似た深い悲しみを感じさせる「Every Planet We Reach Is Dead」は,ジャジーなピアノとヘヴィーなギターによるエンディングのインストゥルメンタルが見事。大国主義を皮肉った「Fire Coming Out Of The Monkey’s Head」は,ニヒルで重厚なスキャットが印象的。白昼夢のように幻想的なメロディーのスロー「Don’t Get Lost In Heaven」?「Deamon Days」は退廃的な美しさをたたえている。 ジェイミー・ヒューレットの描くキャラクターの斜に構えた,この上なくダークな雰囲気もいい。目も背けたくなるほどシリアスで奥の深い傑作である。
CCCDでさえなければ
グラミーにもノミネートされたGorillazの2ndアルバム。 曲はもちろん最高なのだが、CCCDなのが惜しい! UKの輸入盤(DVDつき)を買ったほうが良いかもしれない。 だけど、とてもいい曲ばかり(特にFeel Good Inc.)なので、星4つ。
もう少し歌物があればなぁー...。
GORILLAZ(ゴリラズ)2ndアルバム。
前作から4年経てまさかの復活(個人的には一時的なプロジェクトだと思っていたので意外だった)。
今回のプロデューサーは、ジェイZの『ブラック・アルバム』とビートルズの『ホワイト・アルバム』をドッキングさせた噂のDJデンジャー・マウス。
で、率直な感想を言いますと、今回のアルバムはあまり好きじゃないかな...。
先行シングルの「Feel Good Inc」を聞いた時点ではかなり良さそうだと思ったんですが、アルバムを聞いてみると「Feel Good Inc」以外はパッとしない...。
これは個人的な趣味の問題だとは思うのですが、アルバム全体がHipHop寄り過ぎる。
GORILLAZの良さはHIPHOPベースにデーモンが持つPOP性を加えた絶妙なバランス感にあると思うので、今回はそのバランスが僕の好みではない方向にぶれてしまった。
アルバムを通して聞いて個々のレベルで印象に残る曲がない...。
でも「Feel Good Inc」は本当にいいです!!
これの他にも、もう少し歌物があればなぁー...。
白でもない。黒でもない。
このアルバムをiTunesに入れる時、ジャンル分けに困った。

 ロックでもあり、ポップでもあり、ヒップホップ的でもある。なんせ
プロデューサーはビートルズの「ホワイト・アルバム」とJAY-Zの
「ブラック・アルバム」を混ぜて「グレイ・アルバム」という傑作を
作ってしまった鬼才である、そもそもの発想力がとび抜けている。
 ビートルズの時代から連綿と受け継がれてきたブリティッシュ・ロッ
クの実験精神とヒップホップ的なクールさが混ざり合った、
まさに「灰色」なポップ・ミュージックです。


ゴリラズ

[ CD ]
ゴリラズ

・ゴリラズ
【EMIミュージック・ジャパン】
発売日: 2008-06-11
参考価格: 1,500 円(税込)
販売価格: 1,387 円(税込)
ゴリラズ
- 収録曲 -
1. リハッシュ
2. 5/4
3. トゥモロウ・カムズ・トゥデイ
4. ニュー・ジニアス(ブラザー)
5. クリント・イーストウッド
6. マン・リサーチ(クラッパー)
7. パンク
8. サウンド・チェック(グラヴィティ)
9. ダブル・ベース
10. ロック・ザ・ハウス
11. 19-2000
12. ラテン・シモーネ
13. スターシャイン
14. スロウ・カントリー
15. M1 A1
カスタマー平均評価:  5
とてもクセになる☆
ヒップホップ、ロック、ダブなどジャンルミックスミュージックとでも言うのでしょうか。ただデーモン・アルバーンの手によって、聴きやすいけどとても味わいがいのある「含みの多いポップミュージック」に仕上がっている作品です。また食傷しないポップ加減というのかバランス感がいいです。彼のこういう才能をより世間に印象付けたアルバムとも言えるかもしれません。 スタイリッシュで抜け感が心地良いサウンドに引っかかりのある色付けや独特のムードが施されていて、ついついクセになってしまうんですよね。ツボを押されます。 ゴリラズのオリジナルアルバムは二枚発表されていますが、こちらのアルバムのほうが個人的には気に入ってます。ありそうであまりない音楽なのでハマる人にはたまらないんじゃないでしょうか。
ユル?いbut奥が深?い
ポップなデ-モンのヴォーカルに、HIPHOPのノリと民族音楽のエキゾチズムが絶妙のバランスで融合した、脱力系とも癒し系とも違う何ともいえない味つけになっている。陽気さとダークさを併せ持つ独特の世界が奥深い。全体的にノリはユルいので、天気のいい日に散歩しながら聴くのにピッタリなアルバムだ。

G-SIDES

[ CD ]
G-SIDES

・ゴリラズ ・デル・ザ・ファンキー・ホモサピエン ・フィ・ライフ・サイファー
【EMIミュージック・ジャパン】
発売日: 2008-06-11
参考価格: 1,500 円(税込)
販売価格: 1,343 円(税込)
G-SIDES
- 収録曲 -
1. 19-2000(ソウルチャイルド...
2. ドラキュラ
3. ロック・ザ・ハウス(ラジオ・エデ...
4. ザ・サウンダー(エディット)
5. ファウスト
6. クリント・イーストウッド(フィ・...
7. 幽霊列車
8. ヒップ・アルバトロス
9. レフト・ハンド・スズキ・メソッド
10. 12D3
カスタマー平均評価:   0

G SIDES

[ CD ]
G SIDES

・ゴリラズ ・デル・ザ・ファンキー・ホモサピエン ・フィ・ライフ・サイファー
【EMIミュージック・ジャパン】
発売日: 2001-12-12
参考価格: 2,000 円(税込)
販売価格: 691 円(税込)
G SIDES
- 収録曲 -
1. 19-2000 (SOULCHI...
2. DRACULA
3. ROCK THE HOUSE
4. THE SOUNDER
5. FAUST
6. CLINT EASTWOOD (...
7. GHOST TRAIN
8. HIP ALBATROSS
9. LEFT HAND SUZUKI...
10. 12D3
11. CLINT EASTWOOD (...
12. ROCK THE HOUSE (...
カスタマー平均評価:  5
めっちゃおとくです!
日本のほうがさきに発売された「G-SIDES」ぼくはアメリカ版を買って弟が日本版をもっています。なんとアメリカ版では曲が半分ぐらいぬかれています!(しかもプロモーションビデオもついてない!)そのかわりアメリカ版には「19-2000」のリミックスがもう一曲はいってますがかくじつに日本版がお買い得です!!
Rock da CD
イギリスの漫画バンド、ゴリラズ。彼らは日本市場でのステイタスを確固たるものにすべく、B面の曲などを集め、日本独占発売という形でこのディスクを発表した。ところがどうだ、あまりのデキの良さに海外からの要望が殺到し、遂にUK版、US版G-sidesも発表されることとなった。逆輸入とも言うべきだろうか。それだけ、このディスクが評価されている証拠だろう。そのアツイ1枚を、日本人は実に先取りしたのである。内容も豪華で、パソコンで再生できるプロモ−ションビデオが2つもついている。とくにRock the houseのビデオを始めて見る人は、マー様のボ-ルを打つ過激な姿に驚きを覚えるだろう。イラストレ−タ−、ジェイミ−ヒュ−レットの個性が爆発、といった感じだ。また、彼のイラスト・ブックレットが手に入るのもこのCDならでは。曲目もB面集とは思えないほどの充実振りで、ぜひとも一聴してほしい作品だ。
Rock da CD
イギリスのバ−チャルバンド、ゴリラズ。それが日本市場での出世を狙って特別にリリ−スしたのがこのCD。でもデキがよすぎて、海外のファンからの要望で今、このCDは逆輸入されてるところなんですよ!海外での発売は2002年3月。日本人、かなり先取りじゃないですか。嬉しいな!それよりもこのCDの見所は、Rock the houseのプロモじゃないかと思う。初めてこのCDをパソコンで立ち上げたとき表示されたマ−様の過激な姿がかなり衝撃でした。さすがイラストレ−タ−、ジェイミ−・ヒュ−レットの実力は違う!そして彼のかわいいイラストブックがついてるのも、CDならでは。オススメです。

ライカ犬、宇宙からの帰還

[ CD ]
ライカ犬、宇宙からの帰還

・スペース・モンキーズvsゴリラズ
【EMIミュージック・ジャパン】
発売日: 2002-07-03
参考価格: 2,000 円(税込)
販売価格: 976 円(税込)
ライカ犬、宇宙からの帰還
- 収録曲 -
1. ジャングル・フレッシュ
2. ストリクトリー・ラバダブ
3. バニャーナ・ベイビー
4. モンキー・ラケット
5. ディ-パンクド
6. P45
7. DUB09
8. ねじまがりダブ
9. ミュータント・ジーニアス
10. カム・アゲイン
11. ピーナッツ
12. リル・ダブ・シェフィン ※〈CD...
カスタマー平均評価:  3
宇宙のサルはゴリラに勝てるか?
Gorillazの現曲を好きな人には痒いところに手が届かない感じになってしまうかも・・・。
デーモンの挑戦が好きな人は新たな一面が見えるので買いだとは思うけど。
私は普通(この場合何を普通とするかは個人差あり。)のGorillazが好きだな。

ディーモン・デイズ 限定盤スペシャル・パッケージ(CCCD)

[ CD ]
ディーモン・デイズ 限定盤スペシャル・パッケージ(CCCD)

・ゴリラズ
【EMIミュージック・ジャパン】
発売日: 2005-05-25
参考価格: 3,500 円(税込)
販売価格: 3,499 円(税込)
ディーモン・デイズ 限定盤スペシャル・パッケージ(CCCD)
- 収録曲 -
1. イントロ
2. ラスト・リヴィング・ソウルズ
3. キッズ・ウィズ・ガンズ
4. オー・グリーン・ワールド
5. ダーティー・ハリー
6. フィール・グッド・インク
7. エル・マナーナ
8. エヴリー・プラネット・ウィー・リ...
9. ノーヴェンバー・ハズ・カム
10. オール・アローン
11. ホワイト・ライト
12. デア
13. ファイア・カミング・アウト・オブ...
14. ドント・ゲット・ロスト・イン・ヘ...
カスタマー平均評価:  3.5
僕はブラーファン、でも・・・・
まずCCCDであることは皆さん触れているので僕はこのアルバム&DVDの本質のレビューをしますCD:ゴリラズはこの2ndを初めて買い聴きました。印象はブラーとは全く違うということ。今では完全にデーモンありきのブラーだが、ゴリラズもやはりデーモン(2D)ありきだろう。ただ別ユニットでここまで違うのは興味深い。『マリ・ミュージック』でも見せたその幅広い資質は全てポップミュージックという形で集約してるから驚く。曲の方はそれぞれシングルカットがかなりされてるみたいだが、やはり「Feel Good Inc.」に尽きる。DVD:3500円はDVDの内容の薄さにしては高い…今はCDのみがロープライスで出てるのでそちらをお勧めするパッケージ:ブックレットは絵本みたいにこだわりがあり、良い。ファンのコレクションには良い。ただゴリラズに初めて触れたりする人は通常盤などをお勧めする
頑張ったデンジャーマウスには悪いけど・・・
 どうしても、1st超えってのは難しいんですよね。この作品、基本的な構造は前作とそれほど変わらないんですが、全体をダーク・メロウで統一しているというのが前作との大きな違いでしょう。しかしそのせいで、彼らの変幻自在で自由奔放な音楽が存分に発揮できていないという印象があります。
 また、一曲一曲がパンチ不足で、フロント・ソングであるフィールグッドインクくらいしか、単体で聴くに堪える曲ってのがないんですよね・・・まあ、まだシングルカットもPV化も前述の一曲のみだからということもあるのでしょうが・・・
 それでも、全体としての評価は高いです。BGMとして聴くべきでしょうね。CMで起用されたからってIpodで聴くのは情報操作に惑わされてるだけなので注意。アップルもひどい事するよね。前作同様夜のドライブとも相性ぴったり。部屋暗めにして酒のお供にしたりとかもいいかもね。

 最後、限定版特典について。ジャケットは限定版の宿命でどうしてもCDの出し入れに手間取る。でも面白い仕掛けあり。DVDは2Dのいかれた動きもバッチリチェックできる納得の画質。ブックレットは超豪華ってのは全くのデタラメ。butしかし、超絶キュートなヌードルのイラスト有り。必見。駆け足にて御免。
内容は最高。
アルバムの内容は最高でした。
プロディジー以上かも・・・。\(◎o◎)/!
おまけにipodのcf曲でありながら未だにcccdって・・・。
いい加減にしろCCCD
iPodのCMに使われているのにCCCDです。東芝EMIはなぜかCCCDに固執しています。しかも、映画のDVDが¥1500程度で買える時代にこの価格。輸入盤はこの6割程度の価格で買えますしDVDも日本のプレーヤーで再生できますので日本盤を買う理由はありません。ちなみに「Feel Good Inc.」は前の曲と曲間がつながっているのであまりiPod向きではありません。アルバム全体としてもベックより劣ると思います。
デーモン節(?)、満開!
デーモンにとってはthink tank以来のアルバムですが、どこまでもポップで、小躍りしたくなるようなノリの良いメロディ、そしてそれに絶妙にマッチしているラップと、楽しさ満載の素晴らしいアルバムです!

デーモンの音楽の幅の広さにはただただ驚かされるばかりです。ブリットポップ時代のブラーが好きな人にとっては、このアルバムの方がデーモンっぽく感じるのではないでしょうか?
特に6曲目のフィール・グッド・インクは「これ!」と言える最高にノレる曲です!

DVDもついてこの値段ですから、こっちを買わない理由はありません!
オススメの一枚です!




Copyright © 2008 洋楽アーティストデータベース. All rights reserved.    Program by 簡単アマゾンサイト作成ツール ver.3.96

 更新日 2008年10月11日   ※ 表示価格は更新時のものです!      メール      相互リンク