洋楽アーティスト1000人のデータベース。公式サイト・ファンサイト・ブログ・掲示板・リンク集。

洋楽アーティストデータベース

1,500円以上で送料無料!
※一部大型商品を除く
カートを見る ヘルプ
デビッド・シルビアン デレリアム ダイナソーJR ドクター・フィールグッド デュラン・デュラン エコー&ザ・バニーメン  
  エルヴィス・コステロ イレイジャー ユーリズミックス エヴリシング・バット・ザ・ガール フィオナ・アップル G・ラヴ&スペシャル・ソース

洋楽データベース
無料着うたダウンロード
OnGen音楽配信
洋楽楽譜
洋楽名曲
洋楽ランキング
洋楽歌詞和訳・翻訳
特集
 イアン・デューリー
 イギー・ポップ
 インエクセス
 ガービッジ
 クーラ・シェイカー
 クラフトワーク
 グリーン・デイ
 ケイト・ブッシュ
 ゴリラズ
 ジェリーフィッシュ
 ジャパン
 ジュエル
 ジョナサン・リッチマン
 ジョン・スペンサー・ブルース・エクスプロージョン
 フーターズ
 ホットハウス・フラワーズ
 リズ・フェア
 リンプ・ビズキット
 ルー・リード
 ロス・ロボス

 

グリーン・デイ


アメリカン・イディオット

[ CD ]
アメリカン・イディオット

・グリーン・デイ
【ワーナーミュージック・ジャパン】
発売日: 2004-09-23
参考価格: 2,520 円(税込)
販売価格: 1,969 円(税込)
アメリカン・イディオット
- 収録曲 -
1. アメリカン・イディオット
2. ジーザス・オブ・サバービア
3. ホリデイ
4. ブールヴァード・オブ・ブロークン...
5. アー・ウィー・ザ・ウェイティング
6. セイント・ジミー
7. ギヴ・ミー・ア・ノボカイン
8. シーズ・ア・レベル
9. エクストラオーディナリー・ガール
10. レターボム
11. ウェイク・ミー・アップ・ホウェン...
12. ホームカミング
13. ワッツァーネイム
14. フェイヴァリット・サン (bon...
カスタマー平均評価:  4.5
良いですね!
一曲目のAmerican Idiotを聞いて、ビビッときて買いました。アルバムの全ての曲が良いです。オススメです!
なーんか・・・
はっきり言ってBESTをきいた後だと物足りないです。 やっぱり初期の楽曲のがいいですね。 最近のは少しメロディーが練られてないきがします。 イマイチ気分がのれないです。音も軽いし。 でも、M-1のアメリカンイディオットは良作です。僕はもっとヘヴィなのが欲しいです
素晴らしい歌詞。
今までのGreen Dayと明らかに違う。 特に秀でているのは「歌詞」だ。 亡くなった父親に捧げたという「Wake Me Up When September Ends」の中の 「俺の記憶をなくしたい。でも、決して失ったものは忘れられない」という詩は心に響いてくる。 これからGreen Dayはどういう方向に進んでいくのだろう。 注目して見ていかなければならない。
ほほう
4曲目と11曲目という絶妙な間隔でバラード調ナンバーをもってくるとは…やるね!!しかも両方ともイイ。11曲目なんか泣けてくるよ、ビリー…。自分も最近父を亡くしたので感慨深いものがあるよ。
ケチのつけようがないすげーアルバム
個人的にポップパンクとかメロコアというと、能天気でおバカな人たちのひたすらハイテンションなパーティーチューンという印象がありましたが、これを聴いてそんなイメージは吹っ飛びました。私の勝手な偏見でした、ホントすいません。 そもそもこのアルバムかなり暗いです。今の“アメリカ”の現状をすごく反映していて、それに対する問題意識が強く打ち出されているからこそタフでリアルなメッセージ性を感じることができます。これこそ正に真の“パンクアティチュード”と言えるのではないでしょうか。 各楽曲のメロディーの美しさ、ポップセンスは言うまでもなく最高です。グリーン・デイの真骨頂と言えるサウンドです。 レイジ・アゲインスト・ザ・マシーンなき今、こういう政治的なメッセージを真正面から訴えられるバンドは本当に貴重だと思います。(日本にはそういうバンドは皆無です。)「アホなアメリカ人」なんてタイトルを持ってくるマイケル・ムーアばりのぎりぎりのユーモアと、そこに込められた重大な問題提起と、そこに真正面から向き合う真摯なしたたかさ。このメッセージが、私たち日本人にも他人事としてではなく、多くの人に届くことを強く願います。

ドゥーキー

[ CD ]
ドゥーキー

・グリーン・デイ
【ダブリューイーエー・ジャパン】
発売日: 1998-03-05
参考価格: 1,785 円(税込)
販売価格: 1,340 円(税込)
ドゥーキー
- 収録曲 -
1. バーンアウト
2. ハヴィング・ア・ブラスト
3. チャンプ
4. ロングヴュー
5. ウェルカム・トゥ・ザ・パラダイス
6. プリング・ティース
7. バスケット・ケース
8. SHE
9. ササフラス・ルーツ
10. ホェン・アイ・カム・アラウンド
11. カミング・クリーン
12. エムニアス・スリーパス
13. イン・ジ・エンド
14. F.O.D.
カスタマー平均評価:  5
GREEN DAYとグレン・グールド。
GREEN DAYのこの1stALBUMはメロコアの枠を超えた歴史的名盤だけど、今日はちょっと違う視点から。 GREEN DAYのメンバーはちょっと前のインタビューでフェイバリット・アーティストの1人として、グレン・グールドを挙げていた。 実を言うと、初めてこのアルバムを聞いたとき、曲を追う毎にモノクロームの世界が少しずつ微妙に変わっていくところに、何故か自分はグールドを思い出してしまったのでこれにはまさか、という感じでビックリしてしまったのです。 しかし、注意深く聞けば音の内面の深いところで確かに影響を受けているのがわかるし、共通項も見出せると思う。音楽的にどうのこうの、というのではなくて。 パンクとグールド!? 嘘だ、ありえない、と思う人は是非、もう1回聞いてみてください。 ほら、確かにグールドの影響が感じとれるはず。 隠し味にグールドが効いているところにも実はもう1つ、このアルバムの価値があるのでは。 他ではちょっとありえない「画期的」なアルバム。グールド好きでロックも好き、という人にはたまらない、あまりにも素敵な盤。
GREEN DAY of GREEN DAY
正真正銘、現在の「GREEN DAY」を創りだしたアルバム。94年、メジャーデビューアルバムのこれがいきなり1000万枚超え。カートが死んで直後にこれが出て、アメリカ人はこじつけがうまいのでこれで元気を取り戻したらしい(笑)。何の情報もなくこれは聴くべき。そうすれば当時聴いた時の喜びに近づける。でもAMERICAN IDIOTで知った人も多いだろうから無理かな。最近、グリーンデイなんかパンクじゃないと言う人もいるが、今更そんなこと言う方がかっこわるいと思わせるくらいかっこいい。このアルバムが無かったら生まれなかった後の作品や数多くのパンクバンドのことを考えると、このアルバムはでかいです。おすすめトラックは、1、5、7、10。
傑作
僕は最初、GREEN DAYは好きではありませんでした。けど、TSUTAYAで借りて聴いた瞬間ハマりました!!個人的には5、7、10がオススメです。
永遠に語り継がれるであろう名盤
1994年に発売されたGREENDAY(グリーンデイ)のメジャーデビューアルバム。 グランジの終焉と共に訪れたパンクブームの追い風もあり、全世界で1000万枚を超える大ブームとなった。 「パンク」という定義は、いまや幅広い物であり個々人によって基準も異なる。 そういった基準から「GREENDAYはパンクバンドか?」という質問に「NO」と答える人も少なくないだろう。 しかし、僕の定義の中ではGREENDAYは「パンク」である。 で、「Dookie」だが、これは永遠に語り継がれるであろう名盤である。 ムーブメントを作ったからという単純な理由ではない。 本質的には完全にパンクバンドだというのに誰の耳にも溶け込む音作り。 ビリージョーのメロディセンスはそんじょそこらのポップスター以上だ。 GRENNDAYの曲はコード進行だけで考えれば素人ギタリストが1ヶ月もあれば弾ける程シンプルなものだ。 だからと言って誰でも作れる曲では無い。 過去にバンド活動を行い、作曲をしていた人間だからこそわかる才能の違い...。 この「Dookie」はメロディだけではない。 アレンジ面においては過去にDrのトレクールが「気が狂いそうなった」と発言したほど細部まで練りに練っている。 曲自体も大好きな曲が多いがあえて好きな曲を選ぶなら「1.Burnout」、「5.Welcome to Paradise」、「7.Basket Case」、「8.She」、「10.When I Come Around」といったところ。
歌詞もいいよ。
音はポジティヴ。歌詞はネガティヴ。

西海岸の空気をそのまま詰め込んだような、明るく湿っぽさゼロのある意味バカっぽいメロディ。その上に自分を徹底的にネガティヴな方向へ追い込む内省的な歌詞を乗っけている。でもそれはカート・コバーンのように自滅の方向へ向かうフラストレーションではなく、そこから進み目の前の壁をぶっ壊してやろういうさわやかなアティテュード。ビリー・ジョーはキャッチーなメロディーだけではなく、ちゃんとしたパンク精神を持っている。メロコアブームが過ぎ去ってもこのバンドは絶対消えていかないだろう。

他の時のことを思い出したりするか?あまりにそれで落ち込んで気が変になったと思ったか?破壊という長い道の先を行って途中で出くわすどんなくだらないものでも刈り取ってしまいたくならないか?頭の中の小さな事をどんどん積み重ねて一つのどうってことない問題に足したくなるか?

最高にかっこいい歌詞だ。英語だとわかりにくいので
是非対訳付きの日本版を買おう。
弱点はやはり同じようなビート、メロディーラインの曲が多いこと。アルバムを重ねるごとにその傾向は強くなっている気がする。そういう意味でこのアルバムが一番オススメ。


インターナショナル・スーパーヒッツ

[ CD ]
インターナショナル・スーパーヒッツ

・グリーン・デイ
【ワーナーミュージック・ジャパン】
発売日: 2001-11-07
参考価格: 2,520 円(税込)
販売価格: 1,369 円(税込)
インターナショナル・スーパーヒッツ
- 収録曲 -
1. Maria
2. Poprocks & Coke
3. Longview
4. Welcome To Parad...
5. Basket Case
6. When I Come Arou...
7. She
8. J.A.R. (Jason An...
9. Geek Stink Breath
10. Brain Stew
11. Jaded
12. Walking Contradi...
13. Stuck With Me
14. Hitchin' a Ride
15. Good Riddance (T...
・・・
カスタマー平均評価:  4.5
ノリが良い!
アルバムのAmerican Idiotを買って、とても良かったのでこちらも買いました。感想ですが、全体的にノリの良い曲が多くて、聞きやすいです。洋楽はあまり聞かないって人にもオススメです。
名曲の群れ
「アメリカンイディオット」を聴いたので、、、、「バスケットケース」と「マイノリティ」が聴ければいいや!と思ってこのCDを購入しました。いやいや、全く心構えが足りませんでした。これも名曲、あれも名曲。気が付いてみると、八割くらいが一回聴いただけで自分の心に刻まれていました。なんちゅうメロディセンス!憎たらしいくらいのポップ感。でもポップ100%ではない。やはり歌詞はパンク。ゆったりと心地よいナンバーから疾走感爆発のモノまで、彼らの幅広い能力が伺えます。GREEN DAY初心者、それ以上にパンクや洋楽初心者にもオススメです。「もしかしたら、あなたの生涯数少ない名盤になるかもしれないのに、聴いてみなくていいのですか?」
Greatest Hits
個人的にはDookieが出た94年当時から全部聴いてるんだけど、でもこのベストも買ってしまったという人もけっこう多いんじゃないか?ほぼ「知ってる曲しか入ってない」のにだ。彼らを1回も聴いたことがない人(そんな人がいるのかどうかはわからないが)は、今までの全部を買うのがめんどくさいならこれ1枚と、後はAMERICAN IDIOT買えば済む。ぐらいのヒット曲ばかりがこのベストには入っている。個人的には、各アルバムで他に思い入れのある曲はたくさんあるが。。つうか彼らを聴いたことがない人はまず「Basket case」だけを聴こう。それではまらない人は100%いない。
GREEN DAYの入門にオススメ!!
このベストは「アメリカン・イディオット」が発売される前のベスト盤だけど、入門にオススメな一枚かな。これで興味をもった人は「ドゥーキー」から聴いてみるのはどうかな?
GREEN DAY初心者にはコレ!
グリーン・デイに興味のある方であれば、間違いなくこのベストアルバムをお勧めします。 私はグリーン・デイにそれほど興味があったわけではなく、「売れてるバンドだからベスト盤くらい買っとくか。」ぐらいの軽い気持ちで買ったのですが、買って聴いてみたところ、「これはお買い得。」。ポップでキャッチーな楽曲が全部で21曲も収録されてますからね。 特にM5『Basket Case』,M18『Minority』はお勧めです。耳障りが良くてそれでいて聴いた後も耳に残るメロディに彼らのセンスが窺えます。メッセージ性の強い歌詞も個人的には◎。 「売れてるから聴かないっ!」という方もいるかもしれませんが、一度聴いてみれば何故多くの人に指示されるかわかりますよ。お勧め。

ウォーニング

[ CD ]
ウォーニング

・グリーン・デイ
【ワーナーミュージック・ジャパン】
発売日: 2000-09-20
参考価格: 2,520 円(税込)
販売価格: 1,500 円(税込)
ウォーニング
- 収録曲 -
1. ウォーニング
2. ブラッド・セックス・アンド・ブーズ
3. チャーチ・オン・サンデイ
4. ファッション・ヴィクティム
5. キャスタウェイ
6. ミザリー
7. デッドビート・ホリデー
8. ホールド・オン
9. ジャックアス
10. ウェイテイング
11. マイノリティ
12. メイシーズ・デイ・パレード
13. ブラット
14. 86
カスタマー平均評価:  4.5
いいんです
メロコア好きの後輩はイマイチと言っていましたが、そんなことはありません。スローテンポな曲が多いですが、いい曲が多いと思います。マイノリティはgreen dayを代表するライブでは欠かせない名曲です。ビリー・ジョー最高!
ノリの良さがいい感じ。
『Minority』1曲の為に買うだけの価値があります。 バンド名は知らなくても、この曲を聴いた事がある方は 多いと思います。 全体的に聴きやすい曲が多いので、この1曲をメインに 他の楽曲も一緒に楽しむといいかと。 少し前のアルバムですが、今聴いてもとても楽しめる内容です。 パンクを聴いた事がない、もしくは苦手な方でも 聴きやすいと思いますよ。
ビートルズだっていつまでもロックンロールをやっていた訳ではない
3rdアルバム「ニムロッド」から3年を経て発売されたGREENDAYの4枚目のアルバム。 何が凄いってこの時期のビリー(Vo)の太りっぷり(笑) 音楽が落ち着くのはいいとしてスタイルまでそんなに一気にオッサンにならんでも!!と思ったものだ。 アルバムは表題曲でもある「Warning」ではじまり、全体的に疾走感は抑えぎみで、一曲一曲をアレンジ面も含めて作りこんでいる。 代表曲は誰しもが一度は耳にしている可能性が高い「Minority」。 一度聞くと確実に耳に残る名曲。 疾走感がない分、ビリーのメロディや声は一段と伝わってくる。 ビリーのメロディメーカーとしての才能がふんだんに発揮されたアルバムだと思う。 ただし、これまた前作同様、古くからのGREENDAYファンには受け入れられない人も少なくない。 アルバム作成の面では完全に別のステージに上がったといわざるを得ない。 でもビートルズだっていつまでもロックンロールをやっていた訳ではない。 どのバンドでも必ず通過するターニングポイントだ。 そこで沈まなかった事こそがGREENDAYの凄さなのではないだろうか?
パンクとは言えないけれど
日本以外の国ではあんまりウケなかったこのアルバム。どうしてしまったんだい、と文句の一つも言いたくなるほどのポップさがアダとなったのか。まあ、パンクスは今のグリーン・デイを批判するけれど、これはこれでいいと思う。ビリー・ジョーは自分のレーベルからFleshiesなどのパンク・バンドをリリースしているのだから。グリーン・デイは今も、地元のパンク・バンドをサポートしている。だから彼らは自分たちのポップ・センスを追求していく。そしてそれは、とてもすばらしいことなのだ。
現在進行形ロックンロール
曲がいいです、とても。バンド史上屈指だと思います。
冒頭から、例えば『ジギー・スターダスト』のD・ボウイや、『ギヤ・ブルース』のミッシェル・ガン・エレファントや、『アクトン・ベイビー』のU2とか、最前線に立って地平を切り拓く、最高峰に達したアーティストが持ち得る巨大なテンション、強度、時代を味方につけたポップネスが爆発しています。息を呑む凄さ。
世界最高のロックバンドの一つだと思います。

アメリカン・イディオット+爆発ライヴ!~TOKYO篇

[ CD ]
アメリカン・イディオット+爆発ライヴ!~TOKYO篇

・グリーン・デイ
【ワーナーミュージック・ジャパン】
発売日: 2005-05-25
参考価格: 2,980 円(税込)
販売価格: 1,959 円(税込)
アメリカン・イディオット+爆発ライヴ!~TOKYO篇
- 収録曲 -
1. アメリカン・イディオット
2. ジーザス・オブ・サバービア/I ...
3. ホリデイ
4. ブールヴァード・オブ・ブロークン...
5. アー・ウィー・ザ・ウェイティング
6. セイント・ジミー
7. ギヴ・ミー・ア・ノボカイン
8. シーズ・ア・レベル
9. エクストラオーディナリー・ガール
10. レターボム
11. ウェイク・ミー・アップ・ホウェン...
12. ホームカミング/I ザ・デス・オ...
13. ワッツァーネイム
14. フェイヴァリット・サン
カスタマー平均評価:  4
BIABよりも臨場感がある意味あります
このCDには日本公演の映像がくっついているのですが、ブレットインアバイブルよりも、こちらの映像の方が見やすいです。 BIABは変な色になったり、モノクロになったりするので、そのままのステージを見たいのにっっと言うある種のイライラを生じさせますが、こちらは特に映像の加工もなく、彼らのステージが良くわかりますよ。 BIABには出てこないビリーの真っ赤な衣装も見ることが出来ます。 メッセージカードにはメンバー3人のメッセージと一緒にBillie書いた漢字がかわいくて笑えます^^
長くなりました
いやぁ、まさかグリーン・デイがこんなにすばらしいアルバムを出すとは思いませんでした。自分はベスト版から聞き始めたのですが、そのときは正直良さは分かりませんでした。なんというか、メッセージ性が薄い軽いバンドとしかイメージがありませんでした。それ以来敬遠していました。

しかし、ベスト版が出て約3年。このCDが出たとき自分は、試聴もせずきっと似たようなアルバムだろうと買う気も起こりませんでした。そのうちにベストヒットUSAという番組でブールヴァード・オブ・ブロークン・ドリームスが上位にランクインするようになりました。でもまだ買う気は起こりませんでした。ところが数週間するとホリデイがランクインしました。ごく普通の曲なのですが、今までの曲よりも明らかにメッセージ性があるように感じました。ここでようやく買うことを決意しました。ホント遅すぎです。

結果からして、買うの遅くてよかったと思います。ちょうどいい時期にライブ版が出てるとは予想外でした。アルバム全体を聴いて、どの曲も素直で、捨て曲がなかったことをうれしく思っています。
最高!
幕張に見に行ってめちゃくちゃ感動したので、即買いました!聞いた時は、ライブの感動がよみがえってきて泣いちゃいました。映像も見れる様になっているので、すでにアルバムを買ってしまった人でも買う価値ありです☆また会いたいなぁ〜
CDエクストラ仕様では、グリーン・デイのかっこいいステージングが楽しめる
『アメリカン・イディオット』は、音楽的には、ブラック・ミュージック(黒人音楽)からの影響のない、そして白人ハード・ロックともちがう、白人ポップ・パンクと言えるでしょう。ずっとノリノリではなく、トラック11のバラードがアルバムのフローにいいメリハリを作っています。
歌詞に関しては、トラック1で「まぬけなアメリカ人(=おそらく、ブッシュのこと)にはなりたくない」と歌ったり、あるいは成功よりも挫折、死、孤独、痛み、帰郷を歌ったりします。暗い時代性に真正面から向き合おうとした野心的な歌詞だと言えるでしょう。
日本盤ボーナス・トラックは、そもそもは、パンク・アーティストによるブッシュこき下ろしコンピレーション(日本盤未発売)『Rock Against Bush No.1』のトラック1に未発表曲として提供したもの。この日本盤では、終わり数秒のコメント、アナウンスがカットされていますが、歌詞はしっかりついています。演奏時間2分ちょっとの単純明快なポップ・パンクで、ぼくはこの曲がいちばん好きです。
そのほか、この企画盤のために、日本のファンに向けた直筆メッセージ・カード封入(対訳なし)。
ディスク2のライヴ録音はもちろんいいです。CDエクストラ仕様のライヴ映像のほうは、もちろん音は同じときのものですが、グリーン・デイのステージングが楽しめます。映像は、ステージ中心の撮影で、モノクロ、着色などの小細工はあまりなく、たまに、メンバー三人をそれぞれ別のカメラで映した映像が画面に一挙に並びます。かっこいいですね。
買う価値ありですよ!
大阪のライブの興奮をもう一度味わいたいと思い買いました。
映像を見るたびライブの興奮が蘇ってきます。
ボーナストラックの「フェイヴァリット・サン」も最高です!!


ブレット・イン・ア・バイブル(通常盤)

[ CD ]
ブレット・イン・ア・バイブル(通常盤)

・グリーン・デイ
【ワーナーミュージック・ジャパン】
発売日: 2005-11-16
参考価格: 3,280 円(税込)
販売価格: 2,891 円(税込)
ブレット・イン・ア・バイブル(通常盤)
- 収録曲 -
1. アメリカン・イディオット
2. ジーザス・オブ・サバービア~シテ...
3. ホリデイ
4. アー・ウィー・ザ・ウェイティング
5. セイント・ジミー
6. ロングヴュー
7. ヒッチン・ア・ライド
8. ブレイン・シチュー
9. バスケット・ケース
10. キング・フォー・ア・デイ/シャウト
11. ウェイク・ミー・アップ・ホウェン...
12. マイノリティ
13. ブールヴァード・オブ・ブロークン...
14. グッド・リダンス(タイム・オブ・...
カスタマー平均評価:  5
ライブの臨場感
グリーンデイ初心者の感想です。 いいですねこれ。ポップのようなロックのようなパンクのような感じで、声&メロディーが聞きやすくて万人におすすめできそう。 ライブCDということで、臨場感があって大音量で聴くとそこに自分がいるかのように感じる(大袈裟?)特にHolidayとMinorityがいいです。 大音量で、車の中で聞きながら走ると思わずスピードを出してしまいます。 爽やかに、メロディックに、ストレス発散に、みなさんも大音量で車でかけて走りましょう。(事故らないように気をつけながら・・)
本当に凄いです!!!!
GDを好きになってまだ1年も経ってないド素人な私でも このライブがどれだけ素晴らしいかが分かるくらい凄いです! 言葉では言い表せないくらいの興奮とGDが私達に伝えたいことが 一挙にわかる作品だとおもいます。
GREEN DAY 好きなら買っとけ。
American IdiotでGREEN DAYが嫌いになった人もいっぱいいました。 このライブビデオの作り方がどっかのアイドルグループみたいだと、昔からのファンで文句言う人もいっぱいいました。 でも私はやっぱりGREEN DAYが大好きです。 曲と曲の間で彼らのインタビューが入ってます。 まじめなやつも、ふざけたやつも。。そしてこのDVDのタイトルになった博物館での映像も。 日本人なら思わず思い出しちゃうあの音。 原爆記念日に鳴る平和の鐘の音。 その音だと思ったら、爆弾を拳で叩いてるビリーの音。 そのビリーの顔。たぶん見たら忘れないと思う。 でも、ライブのDVDなんで、ちゃんとライプ映像も楽しめて、あの汗で流れないアイラインて一体どんなの??とか、もう大人なんだからおしりは出さないで?なステージでのパフォーマンスまで。おうちでGREED DAYライブをたのしんめるんで、GREEN DAY好きなら絶対買いの一本です。
半端じゃないです。。
このDVDでなにを見れるか・・・ それは他でもない音楽界に残るであろう歴史です。 彼らの16年間に及ぶバンド活動の集大成といえるLIVEのDVDです。 内容はドキュメンタリー風にメンバーのインタビューや舞台裏などの出来事を曲のあいまにおりまぜています。 これはこれで偉大な作品としてロック界に永遠に残るでしょう。 なぜこれほどまでにこのLIVEDVDがすごいかというと、イングランドでのワールドツアーで二日間で約16万人という驚異的な観客数だったからです。 パフォーマンスも今までで最高だったのではないでしょうか? 本人も興奮して思わず声を詰まらせてしまうほどの会場の雰囲気。 最強に鳥肌物ですw アメリカンイディオットからグリーンデイがどれほど偉大なバンドになったかを改めて認識できる作品です。 買おうか迷っている方は今すぐに買うことをオススメします。 ちなみにCDはおまけのようなものです。DVDを先に見て下さい。
買いました。
とっても良かったです!個人的にはGreen Dayのアルバムの中で好きな部類に入りました!買って損はないと思われます。DVDも刺激的でよかったです。

American Idiot

[ CD ]
American Idiot

・Green Day
【Reprise】
発売日: 2004-09-21
参考価格: 2,143 円(税込)
販売価格: 1,222 円(税込)
American Idiot
- 収録曲 -
1. American Idiot
2. Jesus of Suburbia
3. City Of The Damn...
4. I Don't Care
5. Dearly Beloved
6. Tales Of Another...
7. Holiday
8. Boulevard Of Bro...
9. Are We Waiting
10. St. Jimmy
11. Give Me Novacaine
12. She's a Rebel
13. Extraordinary Gi...
14. Letterbomb
15. Wake Me Up When ...
・・・
カスタマー平均評価:  5
心地よい名盤
邦楽好きの自分はこの作品に洋楽の素晴らしさ,良さを教えてもらい, また洋楽漬けへと導いて貰いました。 ビリー氏の声,前面に押し出したギターが相まってとても心地よいです。 アルバム序盤のキャッチーさもさることながら中盤の曲のつなげ方がとても 巧妙でこれまた心地よい。 バラードもあり絶妙なポジションに収録されており極めつけは9分越えの壮大な 組曲が2曲と,聴き応え抜群な1枚。 作中どこかで『もうお腹イッパイ。』では無く最後まで聴かないと気が済まない。  いつもipod内全シャッフルでこのアルバム内の曲が来た時にはシャッフルを終了して American Idiotからスタートしてしまいます。 そういう意味では文頭に書いた事に加えてもう一つ大事な 『アルバムは通して聴くもんだ』と教わったのもこの作品かもしれません。 パンク界広しと言えどこの作品がパンク界(もしくは音楽界)に置いて重要部に位置 し名盤として語り継がれることは間違いないと思います。 ずっと浸っていたい57分間。未聴の方は是非!
1曲1曲が過去の曲を超えた
難しい演奏などは皆無だけど絶対にgreen dayしか出せない音があった。「特徴」が凄くあるのに他のバンドよりつかみやすい。ギターもストラトからレスポールに変わり,音が変わったと思った。でも根本的には変わらない。そこが良いと思った。
新たな確立
このアルバムは永久に語り継がれると思われる名盤だと思う。 ドゥーキー、インソムニアなど過去の作品に比べるとパンクさが感じられないが 音楽、曲の構成は凄すぎるの一言。 誰にでも聞きやすく誰もが好きになれるという要素をもっている 新たなジャンル『Green Day』を確立したのであろう
私にはイマイチ・・・
評価が高いようですが、私には理解出来ません。私はgreen dayが大好きで、ドゥーキーを初めて聞いた衝撃は忘れられません。ウォーニングまでは最高でしたが、本作はどの曲もあまり印象には残りませんでした。
聴いてからでずるいですが
僕はこのアルバムが一万円でも買います。パンクは詞が重く、共感できるので好きでしたが、これらの曲はメロディが作り込まれています。詞も、今まで聴いてきたパンクと桁違い。簡単なメロディなのに、どんどん飲み込まれます。名曲に出会いたい音楽という手段でお腹いっぱいになりたいという人は一度聴いてみてください。多分、一度では終わらないと思いますが。

ストップ・ドロップ・アンド・ロール

[ CD ]
ストップ・ドロップ・アンド・ロール

・フォックスボロ・ホットタブス
【Warner Music Japan =music=】
発売日: 2008-06-25
参考価格: 2,580 円(税込)
販売価格: 2,319 円(税込)
ストップ・ドロップ・アンド・ロール
- 収録曲 -
1. ストップ・ドロップ・アンド・ロール
2. マザー・メアリー
3. ルビー・ルーム
4. レッド・タイド
5. ブロードウェイ
6. シーズ・ア・セイント・ノット・ア...
7. サリー
8. アリゲーター
9. ザ・ペデストリアン
10. 27THアヴェニュー・シャッフル
11. ダーク・サイド・オブ・ナイト
12. ピーシズ・オブ・トゥルース
カスタマー平均評価:  3
ニヤニヤしながら聴きましょう
音を聴けば一発でわかる通り、正体は「Green Day(グリーンデイ)」の覆面バンドである。 (正確にはGreen Dayの3人にジェイソン・フリースとジェイソン・ホワイトを加えた5人組) 現在、新作が待たれているGreen Dayではあるが、前作でパンクロックの枠を大幅に越える超大作「American Idiot」に到達してしまった。 1stアルバムからリアルタイムでGreen Dayを聴いてきた僕としては「American Idiot」の域にまで到達したGreen Dayの進化に感服するばかりだった。 だが、それは逆説的に言えば後戻りができない場所に到達してしまったとも言える。 引き受けるものが大きくなりすぎてしまったGreen Dayがその呪縛から逃れつつ音楽を発表するにはこういった覆面形式を取るしかなかったのだろう。 今作は肩肘を張らずに単にならしたい音を楽しんで鳴らしているGreen Dayの姿が印象的である。 先人達のアイデアを拝借しつつGreen Day的な解釈をしたガレージロック。 Green Dayが楽しんでる姿を想像しつつ、ニヤニヤしながら聴きましょう。 でも、まぁGreen Dayという特殊要素を抜きにすれば並のアルバムだと思いますけど...。 好きな曲は「Stop Drop And Roll!!!」、「Mother Mary」、「Pieces Of Truth」

爆発ライヴ3!《日本列島篇》

[ CD ]
爆発ライヴ3!《日本列島篇》

・グリーン・デイ
【ワーナーミュージック・ジャパン】
発売日: 2001-08-22
参考価格: 1,680 円(税込)
販売価格: 885 円(税込)
爆発ライヴ3!《日本列島篇》
- 収録曲 -
1. チャーチ・オン・サンデイ
2. キャスタウェイ
3. ブラッド・セックス・アンド・ブーズ
4. キング・フォー・ア・デイ
5. ウェイティング
6. マイノリティ
7. メイシーズ・デイ・パレード
カスタマー平均評価:  5
今となっては貴重なライブ音源!
懐かしい?!と思ってしまう曲もあってちょっと前のGREEN DAYのライブが楽しめる一枚です。『センダイ?!』『ドウモアリガトー!』のBillieを楽しんでください。American Idiotのライブにも収録されている『King For A Day』も1.5倍速でやってくれます(笑) 最近ではライブで聞けない曲もあるのでこの一枚は貴重だと思いますよ!
ライブの醍醐味を味わえる一枚
グリーンデイはライブでみるとその良さが際立つ、これはよく言われていることだけど、その雰囲気を自宅で味わえる一枚。
2001年のwarningツアーの日本公演の音源から収録されているが、この中のminorityとwaiting以外は、もはやライブで聴く事はほとんどできない。そういう意味でも貴重な一枚。ビリーのMCも楽しい。
グリーンデイのライブってどんなのだろう?と思っている人はぜひ聴いてみて!
ライブに行きたくなった!!
大音量で聴いた時の迫力が凄まじい!!鳥肌がたってきます!!アルバムのとは速さなどが違うからこの曲のアルバムを持っている人もそうでない人もぜひ買ってほしい一枚!!グリーンデイのライヴ系アルバムの中でも一番じゃないかな?!

インソムニアック

[ CD ]
インソムニアック

・グリーン・デイ
【ダブリューイーエー・ジャパン】
発売日: 1998-03-05
参考価格: 1,785 円(税込)
販売価格: 1,038 円(税込)
インソムニアック
- 収録曲 -
1. アルマタージュ・シャンクス
2. ブラット
3. スタック・ウィズ・ミー
4. ギークはパンク・ロッカー
5. ノー・プライド
6. バブス・ウヴラ・フー?
7. 86
8. パニック・ソング
9. スチュアート・アンド・ジ・アヴェ...
10. ブレイン・シチュー
11. ジェイディッド
12. ウェストバウンド・サイン
13. タイト・ワド・ヒル
14. ウォーキング・コントラディクション
カスタマー平均評価:  4.5
ドゥーキーとあわせて買いたい
個人的には一番好きかも知れない。3曲目はなまら最高!
とりあえず突っ走れ
Dookieの大ヒットによってスターのように扱われる一方、生真面目なパンクスにはとても嫌われてしまい、 色々ストレスがたまりにたまって一種のパニック状態に陥ってしまった頃の彼らが作った「Insomniac」 他の方も言ってますが意味は「不眠症」です 「それいけ!俺たちは死ぬんだ 祝福されて絶滅していくんだ」というJadedの歌詞が、この頃の彼らの全てを表していると思う。 皮肉と自嘲と怒りに満ちたネガティブな歌詞ばかりですがそれを乗せているメロディは勢いがあって爽快。 Brain StewとJadedの繋ぎ方は本当にかっこいいですし、他にもArmatage Shanks、Stuck With Me、Geek Stink Breathなど良い曲がそろってます。 30分間有無を言わせずとにかく爆走、絶望的な気分だけど、だからこそとりあえず突っ走れ!みたいな雰囲気は本当にGREEN DAYらしいと思う。 「プライドなんて呑みこんじまったほうがいいぜ さもないとそいつで窒息しちまう 価値観なんて消化したほうがいいぜ どうせクソになるんだから」 と歌うNo Pride、GREEN DAYなりのプライド。 おすすめです。GREEN DAYの中で最も激しくてどん詰まりな気分の時最高の友達になってくれるアルバム。本国じゃ酷評されたこのアルバムですが、彼らを好きならばぜひ聴いてみてほしい。
Bab's Uvula Who?
コレ! 昔のHMVで試聴してフムフム。この曲一曲の為に買った。ダメ? ドゥーキー持ってない、 ニムロッド持ってる、 ウォーニング持ってるけど開けてない、 ちっともグリーンデイファンでもない、怠惰な40台半ばロックオヤジ。Tシャツは持ってる。ほっといて!   俺の好きなニューウェイヴ(死語)が容赦なく消えて、明らかに違う音どもがそこらじゅうで鳴り出した、Sキューブスとローゼスだけが辛うじてがけっぷちで俺と時代を繋いでいた、ハウスでマンチェでナンチャラな90年代。スウェード?オアシス?・・・違?う!馴染めな?い!そんな中、コレとスーパーグラスだけで必死に俺は現役ヅラを試みた。
同じような曲ばっかだけど、
持ってても悪くないです。この疾走感はグリーンデイのほかのアルバムより全然強い。 車の中にいつも入れとくCDって感じです。ドライブ中とかすーごい気持ちいい。 ただずっと早い曲ばっかなので落ち着いて聴きたいときには向かないかも。 geek stink breathとか、始まるとつい体が動いちゃいます。 異色はBrain Stew。ビリージョーお得意の頽廃感たっぷりの歌詞とザクザクのギターが気持ちいい。 ベースの低音が効いた、ライブ映えする曲。 それ以外のお勧めはStuck with meとWalking contradiction。
不眠症
1stアルバム「ドゥーキー」が売れ続けている中で発売されたGREENDAY(グリーンデイ)の2ndアルバム。 アルバムタイトルを和訳すると「不眠症」である。 1stアルバム「ドゥーキー」はGREENDAYの想像をはるかに超えるセールスを記録した。 その為、GREENDAYを取り囲む環境は一変した。 要するに気が狂ってもおかしくない日常が続いた。 このアルバムはそういったフラストレーションが吐き出された内容の曲が多い。 「ドゥーキー」に比べると、アレンジ面はシンプルになり、突進性が増した。 しかし、そんな中でもこの段階では異色といえる「Brain Stew」という曲もある。 (「Brain Stew」⇒「Jaded」の繋ぎ部分は何度聞いても爽快) 「ドゥーキー」と比べると評価は低いのかもしれないが、個人的には好きなアルバム。 むしゃくしゃした時に聞きたくなる一枚。



Copyright © 2008 洋楽アーティストデータベース. All rights reserved.    Program by 簡単アマゾンサイト作成ツール ver.3.96

 更新日 2008年10月11日   ※ 表示価格は更新時のものです!      メール      相互リンク