洋楽アーティスト1000人のデータベース。公式サイト・ファンサイト・ブログ・掲示板・リンク集。

洋楽アーティストデータベース

1,500円以上で送料無料!
※一部大型商品を除く
カートを見る ヘルプ
デビッド・シルビアン デレリアム ダイナソーJR ドクター・フィールグッド デュラン・デュラン エコー&ザ・バニーメン  
  エルヴィス・コステロ イレイジャー ユーリズミックス エヴリシング・バット・ザ・ガール フィオナ・アップル G・ラヴ&スペシャル・ソース

洋楽データベース
無料着うたダウンロード
OnGen音楽配信
洋楽楽譜
洋楽名曲
洋楽ランキング
洋楽歌詞和訳・翻訳
特集
 イアン・デューリー
 イギー・ポップ
 インエクセス
 ガービッジ
 クーラ・シェイカー
 クラフトワーク
 グリーン・デイ
 ケイト・ブッシュ
 ゴリラズ
 ジェリーフィッシュ
 ジャパン
 ジュエル
 ジョナサン・リッチマン
 ジョン・スペンサー・ブルース・エクスプロージョン
 フーターズ
 ホットハウス・フラワーズ
 リズ・フェア
 リンプ・ビズキット
 ルー・リード
 ロス・ロボス

 

クーラ・シェイカー


ストレンジフォーク

[ CD ]
ストレンジフォーク

・クーラ・シェイカー
【ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル】
発売日: 2007-06-27
参考価格: 2,520 円(税込)
販売価格: 1,498 円(税込)
ストレンジフォーク
- 収録曲 -
1. OUT ON THE HIGHW...
2. SECOND SIGHT
3. DIE FOR LOVE
4. GREAT DICTATOR (...
5. STRANGEFOLK
6. SONG OF LOVE/NAR...
7. SHADOWLANDS
8. FOOL THAT I AM
9. HURRICANE SEASON
10. OL' JACK TAR
11. 6FT DOWN BLUES
12. DR KITT
13. SUPER CB OPERATOR
14. WANNABE FAMOUS
15. PERSEPHONE
カスタマー平均評価:  4
インド風味は薄れようとも、かっこよさは変わらない。
再結成前のインド的要素はごく一部の曲にしか見られず、すっかり影を潜めてしまったが、 そのことで逆に、クーラ・シェイカーがインド的要素にすがっていただけの只のバンドではなかったことを証明したと思う。 骨太なサイケディック・ロック、素直にカッコイイのだが、でもどこかヒネている。この辺りがいかにもクーラ・シェイカーらしい。 激しくカッコイイ「SECOND SIGHT」や「GREAT DECTATOR」、 唯一のインド風味「SONG OF LOVE」、メロが美しい「FOOL THAT I AM」がお気に入りです。
カスタマーレビュー
かなりカッコいいと思う。クオリティの高い良盤。 みなさんの言われるようにインド色は薄まっているが、 サイケで、リフもカッコいい。構成も的確だしクリスピアンはあいかわらずセクシー。 Great Dictator (Of The Free World)が重くてその割にキッチュでカッコいい。
素直に良いよ!
8曲目が素敵で素敵でたまりません! まだ前2作程聴きこんでませんがこのアルバム良いです。6曲目も癖になります。
2007年のリアルなKula Shaker
Kula Shaker(クーラ・シェイカー)の3rdアルバム。 1999年に解散をしたが2006年に再結成を発表。 その後、2枚のEPを経てこのアルバムの発売へと到った。 前作から考えれば実に8年振りとなるアルバムである。 1995年のブリットポップのど真ん中に、絶頂期のOASISを扱き下ろしながら颯爽と登場したKula Shaker。 その1stアルバム「K」は内容も素晴らしくブリットポップ終焉後に消えて行ったバンド達と一線を画していたのは事実だった。 2ndアルバム「Peasants, Pigs & Astronauts」も悪くはなかったが、1stアルバムほどのキレは無く、多少評価が下がったのは否めなかった。 それが当時の解散の一因であった事も事実であろう(メディア批判もあったが)。 再結成という最後の切り札ともいうべき非常に難しい選択肢を選ぶ事にしたクーラ。 果たして全盛期のキレを取り戻せるのか? 正直アルバム発売前の2枚のEPは多少期待はずれだった為、不安の方が大きいままこのアルバムに向き合ったのは事実だ。 アルバムを一通り聴き終わった段階で気持ちの奥からこみ上げてくる様な感動はなかった。 それはどうしても「K」というアルバムをはじめて聴いた時の衝撃と照らし合わせて聴いてしまっている自分がいる為であろうと思う。 おそらくKula Shakerというバンドを改めてフォーカスし直す必要があったのだろうと思う。 そういう視点でこのアルバムを捉えてみた時に、一つの答えが見出せた気がする。 デビュー時点から考えれば12年もの時間が経過している。 変わらない人間なんていない。 失った時間は取り戻せないのは事実だが、その場に立ち止まっていても意味がない。 そういう表現なのだ。 そう考えたら、このアルバムを素直に聴く事ができた。 これが2007年のリアルなKula Shaker。 いいではないか。 好きな曲は「Second Sight」「Great Dictator (Of The Free World)」「Song Of Love / Narayana」「Fool That I Am」「Wannabe Famous」
よりシャープに
新生クーラによる第一弾(2007年作)。 再結成以前のクーラのアルバムが好きな方々にとっては、東洋趣味が薄れたことは残念な部分かもしれないが、あえてシンプルなバンドサウンドによるグルーヴに徹したことは、むしろ清いのでないだろうか。聴いていてこれまでよりも、随分シャープになったなあという印象を持ったし、彼らの持ち味は以前よりアップしているように思えた。それは東洋的なメロディに頼らないサイケ感覚というものだろうか。初期のピンクフロイドのようにスピード感のあるロックなんだけど、しっかりサイケデリックな音像を描いている部分がこのアルバムからも感じられた。やたらと再結成が騒がれる昨今、これだけ期待を裏切らない新鮮なサウンドを提示してくれた彼らは、かなり稀有な存在だと思う。次のアルバムがもしあるなら、さらに進化しそうな充実度を感じる。

ペザンツ、ピッグス&アストロノウツ

[ CD ]
ペザンツ、ピッグス&アストロノウツ

・クーラ・シェイカー
【エピックレコードジャパン】
発売日: 1999-02-27
参考価格: 2,520 円(税込)
販売価格: 889 円(税込)
ペザンツ、ピッグス&アストロノウツ
- 収録曲 -
1. GREAT HOSANNAH
2. MYSTICAL MACHINE...
3. S.O.S.
4. RADHE RADHE
5. I’M STILL HERE
6. SHOWER YOUR LOVE
7. 108BATTLES(OF TH...
8. SOUND OF DRUMS
9. TIMEWORM
10. LAST FAREWELL
11. GOLDEN AVATAR
12. NAMAMI NANDA-NAN...
カスタマー平均評価:  5
売れ行きは悪かったらしいが・・・
バンドが解散に負い込まれたぐらい売れ行きは悪かったらしいが 僕は一枚目よりこっちのアルバムの方がかなり好きである たぶん 一枚目にあったようなノリ一発の分かり易い曲がなくなって よりインド色、70年代的な音、サイケさが増してマニアックな感じになったところが 売上げ的な敗因だと思うが 一枚目よりこっちの方が、僕にとっては数倍面白いし魅力的 しかも全曲手抜きなくよくできてる (ベストに収録されているのは2.6.7.だけなんだけど他も負けず劣らずいい曲ばかりなのです) ノリノリな曲は少ないけど、だらーっと聴くととても気持ち良くなってくる曲多数 全体的にただのロック好きな人より ちょっと毛色の変わったものや民族音楽的なアプローチが好きな人向け 3.とかは70年代ストレートなハードロックで パープルとかサバスとか好きなだけでいけそうだけど
Neo-psychedelia
プロデューサーをジョンレッキーからボブエズリンに変更してしまい、長時間をレコーディングに費やしたアルバム。コマーシャルアピールはだいぶ後退している。ボブエズリンといえばピンクフロイドなわけで、やや作りこみすぎかなという印象。雄大で細部にまでこだわったつくりは評価してよいと思う。が賞味期限が長いかと聴かれれば、それは短いと思う。サイケデリック&ヒッピー&ポップでキャッチーなサウンドは姿を消して変わりにやや実験色を導入したのが敗因か。「K」でのずばぬけたバランスの取れたプロダクションはここにはない。袋小路にはまったといえばいいだろうか。プロデューサーの人選は本当に難しいということの最適なサンプル。楽曲がややいまいちか。(5)
破産したクリスピアン
 クリスピアンは、このセカンドアルバムのために、バンドを解散させなくてはいけないほどの借金を背負ってしまったというとです。  なぜなら、完璧をもとめすぎ、プロモも演奏も何度もやり直したからだそうです。  もっとも、音楽家の「破産」の程度は、庶民の私には、わかりませんが・・。   「完璧」なんて言葉は、世の中にはない幻を指す言葉なのに・・。  それをめざしてしまったクリスピアンは、間違いなく、どうしようもない「ロックスター」なのです。  前作『K』とは全く違う作風に仕上がっているこのセカンドアルバム。  パリコレでも流されていましたが、そのかっこよさはスーパーモデルの美貌まで、もかすむかも・・というくらいの、「音の力」を魅せつけてくれていました。  「完璧」という言葉は、幻の言葉といいましたが、このアルバムには幻の言葉「完璧」を捧げます。
今でも聴きたいのはこっちです。
自分を含め1stではまった人には待ち遠しかったはずのセカンドアルバム。なのにバンドはリリース後解散、アルバムの評判も1stに比べるといまひとつだったのが残念でならない。

しかし、バンドの魅力である直線的なロックンロールと瞑想的なインド音楽のどちらも2ndは1stをはるかに凌いでいる。1stがギター主体なのに対して、2ndはベースドラムの存在感が増している。

シンプルなリズムの生み出すグルーブを前面に出したSound of Drumsや5拍子のS.O.Sなどいずれも1stより深みのある曲ばかり。

クリスピアンのソロバンドも1st回帰で本作の魅力はこれ1枚で途絶えている。だからこそ、この作品はkula shakerの最高傑作であり、今もなお聴きたいアクチュアルな1枚だ。
コンセプト・アルバム
UK出身ロックバンド、クーラ・シェイカーの2ND。はっきり言って、このアルバムはすごい。一種のコンセプト・アルバムであるが、その一貫した姿勢、統一感(カヴァー・ワークも含めて)が素晴らしい。サイケデリック、インド音楽というキーワードが浮かんでくるが、安易に理解できないかもしれない。ただアルバムを通して聞いていると、なんらかの世界が、聞く手によってイメージされる。音楽的には、民族楽器の導入や、ホーンの導入、サイケデリックなコーラスワーク、効果音など、一つ一つの音を緻密に練り上げて行く。よくぞここまでこだわり、作り上げたという感じ。この後、解散してしまうのだが、作品の完成度を考えると、妙に納得してしまう。


K

[ CD ]
K

・クーラ・シェイカー
【エピックレコードジャパン】
発売日: 1996-09-11
参考価格: 2,345 円(税込)
販売価格: 1,169 円(税込)
K
- 収録曲 -
1. ヘイ・デュード
2. ナイト・オン・ザ・タウン
3. テンプル・オブ・エヴァーラスティ...
4. ゴヴィンダ
5. スマート・ドッグス
6. マジック・シアトル
7. イントゥ・ザ・ディープ
8. スリーピング・ジャイヴァ
9. TATTVA
10. グレイトフル・ホェン・ユーアー・...
11. 303
12. スタート・オール・オーヴァー
13. ハロウ・マン・パーツ1&2
14. レジー・ワン
カスタマー平均評価:  5
王様の魔法
インドの王様の名を冠したバンドの96年リリースの1stアルバム。ブルースとサイケをベースに、シタールやマントラを使ったミステリアスで妖しげな雰囲気が聴くものを引き付ける。この異端な音楽が、当時ブリットポップ全盛のUKシーンにおいても素晴らしい評価を得ていた事に驚きだ。これでもか、というくらいグルーヴィーな東洋趣味的サウンドにヘタウマ系のボーカルが非常にマッチしている。「ヘイ・デュード」、「グレイトフル・ホエン・ユー・アー・デッド」は特に素晴らしい楽曲。癖があるメロディーには魔法をかけられたかのようなトリップ感がある。60?70年代のサイケデリック精神を90年代に蘇えらせた、今なお輝き続ける作品。
マントラとか。
 94年にlondonで結成された四人組による、acid/psychedelic/british rock band、kula shakerの1st album。  インドの皇帝の名前をバンド名にしたり、マントラの曲があったり、grateful deadへのオマージュのような曲があったり、ジャケのデザインにも現れてる通り、india文化大好きなイギリスの四人組。  british rockの流れを汲みながらサイケ文化の衝動を消化して90年代にoutputしています。  大富豪の息子がsoulfulに歌いまわし、ギタがワウワウしてて、ベスの力強いうねりの効いたグルーブも凄まじく、ドラムもどっしり安定した音を鳴らしているし、キーボも冴えてて曲にイイ装飾をしている。  単にノリのイイrockじゃん!と思わせながら、マントラを唱えたりシタールが鳴ってしまう辺りが只者じゃないなぁと思わせますよね。  まぁ間違いなく名盤ですよ。  british rockの歴史を語る上で必要不可欠な接続詞。
まさにKULA SHAKERの原点
  ボーカルクリスピアンの思想が大いに反映されているらしく、歌詞、曲調ともにインド風。  エアロスミスの『NINE LIVES』の『TASTE OF INDIA』とは、全く違う味付け。  エアロスミスは「夢のINNDIAロック調」なのに対し、KULAのインド調は「精神的インド思想ロック調」です。  アルバム『K』は、精神的インドを求めつつ、全曲違った感じに仕上がっているのが不思議な一枚です。  

声はジョン・レノンに似ていて、曲はインド調。
インド調というところが曲者で、かなり印象的なメロディーの曲が多いです。
クーラ・シェイカーのなかでも評価が高いアルバムで(二枚しかありませんが・・)たしかに1曲目「HEY DUDE」などはかなりの名曲です。

中心だったクリスピアンは現在Jeevas(ジーヴァズ)というバンドを組んでいます。フジロックにも来たようです。興味があればこちらもぜひ。
灼熱のグルーヴ
UKバンドには珍しく、超グルーヴィーな作品。
1曲目"HEY DUDE"でおそらくノックダウンだと思います。
ほんと、稀に見るかっこいいバンドだった。
4人が生み出す魅惑的な熱いグルーヴは唯一無二のもの。
即効性があり、最高にハッピーなアルバムです。
これ聴いてストラトが欲しくなったのを覚えています。
ロックにヤラれたい人、必聴です。


ザ・ベスト・オブ・クーラ・シェイカー (初回生産限定盤)

[ CD ]
ザ・ベスト・オブ・クーラ・シェイカー (初回生産限定盤)

・クーラ・シェイカー
【ソニーレコード】
発売日: 2003-03-05
参考価格: 2,940 円(税込)
販売価格: 2,346 円(税込)
ザ・ベスト・オブ・クーラ・シェイカー (初回生産限定盤)
- 収録曲 -
1. Sound Of Drums
2. Into The Deep
3. Greatful When Yo...
4. 108 Battles
5. Start All Over
6. Hey Dude
7. Drop in the sea
8. Shower Your Love
9. Hush
10. Tattva
11. 303
12. Light Of The Day
13. Mystical Machine...
14. Ballad Of A Thin...
15. Dance In Your Sh...
・・・
カスタマー平均評価:  3.5
ベスト盤の意味は?
そもそもクーラ・シェイカー自体、アルバム2枚をリリースしたのみで解散してしまっているので、このベスト盤の意味には疑問を感じます。敢えてこのアルバムの”目玉”を挙げるならば、初回盤のみに付いてくるボーナスDVDでしょう。その分値段も少々高くはなりますが、なんといっても7曲分の映像が見られるのは魅力的です。やはり初回盤が「買い」でしょう。個人的には、クリスピアン・ミルズの少々胡散臭い(失礼!)インド音楽趣味が苦手なのですが、選曲自体は可もなく不可もなく・・・といった印象を受けます。2枚のアルバムおよびシングル群からのかなり無理矢理(?)な選曲の割にはまあまあ、それなりにまとまっている気がします。
待ちくたびれたぜ。
 ついにというか、やっとでました、クーラ・シェイカーのベスト国内盤。 しかもDVDつきで。 待った甲斐があるってもんです。 内容はというと、やっぱりポピュラーなヒット曲中心で、クーラ・シェイカーを知らない人にとっては、よき入門盤となってくれそうな内容。 BEJなんかの、ジミヘンを思わせるギターリフ炸裂ロックナンバーから、AGKといった、良質のポップソング、@、DILOというような、クーラ・シェイカー最大の魅力のサイケナンバーまで、クーラ・シェイカーの魅力を充分に堪能できる内容だと思います。 個人的に、Lは名曲です。最高です。Oも。 未発表曲も魅力的。 ただ、惜しむらくは、良いバンドには、素晴らしい出来のB面曲がたくさんあるということで、もちろん彼らにも...。 あと、ベスト盤にカヴァー曲が入ってるってのも、いかがなものか。 まあ、良曲揃いであることには変わりないので、聴いたことのない方には、お勧めです。(DVDも、ライヴだったらもっとよかったのにね。)←これは言わない約束。

 Stone Roses、Kula Shakerときたら、もう次はThe Verveしかないでしょう!!Bestでないかなー。


リヴェンジ・オヴ・ザ・キング

[ CD ]
リヴェンジ・オヴ・ザ・キング

・クーラ・シェイカー
【ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル】
発売日: 2006-07-26
参考価格: 1,575 円(税込)
販売価格: 1,099 円(税込)
リヴェンジ・オヴ・ザ・キング
- 収録曲 -
1. リヴェンジ・オヴ・ザ・キング
2. ディクテイター・オヴ・ザ・フリー...
3. トルバドール
4. シックス・フィート・ダウン
5. ゴヴィンダ(ライヴ・セッション)
カスタマー平均評価:  4.5
正にタイトル通り!!
ドキドキ少し不安ながらに聴いた。すぐに答えは出た。タイトル通りだ。 全編単純だが重厚なリフによるタイトル曲。いつのまにかエモーショナルなギターソロが炸裂する!! す、すごい。ものがちがうのだ!他のバンドと。。。もういいとか悪いとかの次元の問題ではない。 タイトルに負けないだけの存在感。王者の復活だ。この説得力は何だ! というわけでみなさん安心してください。クーラが帰ってきました。 これだけ褒めて何だが、実は2曲目からの方が優れているのだ(笑 #2心配された新キーボードの60年代風のプレイも聴けるユニークな曲で #3なじみやすいキャッチーな曲、 #4かっちょえーリフとブルージーな雰囲気が見事にマッチ。1stアルバム2曲目のベースラインをパロッたかの様なギターソロ。これがまたかっちょえー。 #5ご存知!インドロックの名曲ライブ盤。ギターがやっぱえーね。インド精神忘れてりゃせんね。 ほんと盛だくさん!解説には年内にニューアルバムとあったが、今だにその気配なし。 しかし、クーラゆっくりでもいい。どうせ7年も待ったのだから。 だから確実に届けてほしい。最高のニューアルバムを。。。待ってるよ!!
本当に帰ってきた!
遂にクーラが七年振りに復活、そして来日前にこの五曲入りのシングルが発売されます。 日本のオリジナル企画盤らしく、CDとなり店頭に並ぶのは日本だけ。それだけで期待が高まります。 肝心の音ですが、クリスピアンでもなく、The Jeevasでもなく、まさにタイトルの『王者の逆襲』に相応しいクーラの全員音楽(残念ながら、キーボーディストのジェイはいません。でもOASISのツアーメンバーで活躍中)。独特のアジアンテイスト、エスニックな雰囲気は過去二作のアルバムと比べ遜色がなく、さらに巧みになった演奏力と表現力でグイグイとクーラの創る世界に引き込まれます。 そこらを探してもそうそう居ないバンドなので、是非この機会に初めての人も聴いてみてはいかがでしょうか? 最後を飾るGovindaのライヴヴァージョンの美しさにも感動。
リターン・オブ・ザ・キング
帰ってきました!復活です!クーラ・シェイカー。 インドオリエンタルなロックで、他に類をみないバンドは彼らの後に登場したでしょうか?本国イギリスで散々叩かれ、ボコボコになって解散した彼ら…さぁ!反撃に出ましょう!少しは反省して、大人になったかな?このCDは日本オリジナルなので是非聴いてみたいです!

ハッシュ

[ CD ]
ハッシュ

・クーラ・シェイカー
【エピックレコードジャパン】
発売日: 1997-03-26
参考価格: 1,835 円(税込)
販売価格: 1,446 円(税込)
ハッシュ
- 収録曲 -
1. ハッシュ
2. ゴクーラ
3. ザ・リーク
4. ヘイ・デュード(ライヴ・アット・...
5. ナイト・オン・ザ・タウン(同)
6. スマート・ドッグス(同)
カスタマー平均評価:  5
カヴァーのお手本
DEEP PURPLEの名曲 "Hush" のカヴァー。元々DEEP PURPLEの楽曲と似たところがあった彼等だが、これが本家真っ青のかっこよさ!機敏でサイケなサウンドはクーラの曲の中でも最高峰の出来の良さといえるだろう。

他人の曲なのにクリスピアンらしさ全開っていうのもおかしな話だが、完全にHushを自分のものにしていると考えれば納得。カヴァーとはただ真似するだけでも、そこにちょっと自分らしさを加えるってだけでもダメ。他人の曲をやるからには、そこから新しい自分だけのヴァイヴを見出すべきなのだ。

このHushではそれができている。今まで様々なカヴァー曲を聴いてきたが、その中でも屈指の一枚だと言える。アルバム未収録曲。4,5,6はライヴテイク。


ザ・ベスト・オブ・クーラ・シェイカー (通常盤)

[ CD ]
ザ・ベスト・オブ・クーラ・シェイカー (通常盤)

・クーラ・シェイカー
【ソニーレコード】
発売日: 2003-03-05
参考価格: 1,890 円(税込)
販売価格: 1,279 円(税込)
ザ・ベスト・オブ・クーラ・シェイカー (通常盤)
- 収録曲 -
1. サウンド・オブ・ドラムス
2. イントゥ・ザ・ディープ
3. グレイトフル・ホエン・ユーアー・...
4. 108バトルス(オフ・ザ・マイン...
5. スタート・オール・オーヴァー
6. ヘイ・デュード
7. ドロップ・イン・ザ・シー
8. シャワー・ユア・ラヴ
9. ハッシュ
10. タットヴァ
11. 303
12. ライト・オブ・ザ・デイ
13. ミスティカル・マシン・ガン
14. やせっぽちのバラッド
15. ダンス・イン・ユア・シャドウ
・・・
カスタマー平均評価:  5
アルバムを2枚しか出していないので
クーラシェイカーはアルバムを2枚しか出していないので このベストでかなり代表曲を網羅できるうえ シングルのみの曲 未発表曲 も収録されているので、かなりデキのいいベストといえる 特に「HUSH」などはカバーとは言え、彼らの重要曲であるのにアルバムには収録されていないので とりあえず クーラシェイカーの全アルバム(シングルを含む)を集めようとい最初から決めているツワモノ以外はこのベストをまず購入してよいのではないかと思う 気に入れば他のものも揃えればいい ただ、 16曲目は最悪・・・空白が10分もあってやっと曲の続きが始まるのだ 10分あったら、あと2.3曲収録できたのに・・・ また、売れ行きが悪かったとはいえ2枚目のアルバムからの収録が少ないこともちょっと悲しい 個人的には2枚目のアルバムには一枚目より全体的にデキのいい曲が多いと思うのだが・・・
オアシスなんて目じゃないぜ!!
主要メンバーが既に別のバンドで活動している中で、唐突に発売されたベストアルバム。
クーラシェイカーといえば「オアシスなんて目じゃないぜ!!」なんて言いいながら、その圧倒的なグループ感で一時代を築いたバンド。
セカンドアルバムで評価を落として(悪くはないけどファーストに比べると弱い)解散という経緯だったな。
個人的にはインド色以外は大好きなバンドでした。
このベスト版はシングルのカップリング・ナンバーや未発表曲も収められていて、ファンであってもファンでない方の入門編としても充分な内容だと思う。
改めて聞いてみて、ファーストアルバム時期の音は本当に凄い。
解散しないで欲しかったバンドだな。
満足はしなかったが、悪くない
このベストアルバムは15曲中11曲を『K』と『ペザンツ、ピッグス&アストロノウツ』からの曲となっている。アルバム2枚しか残さなかった彼等なので、ある程度予想できたが、もうちょっと未収録曲を入れてくれてもよかった。
アルバム未収録曲の中でも「Dance In Your Shadow」は彼等がいかに素晴らしいバンドであったかを教えてくれる。そして未発表曲でボブデュランのカヴァーでもある「やせっぽちのバラッド」は、ディープパープルのカヴァー曲である「ハッシュ」よりも完成度の高いものにできあがっている。

彼等はアルバムこそ2枚しか出していないが、シングルはめちゃくちゃ残している(そのほとんどは日本での入手不可に近いが)。このアルバムにも3曲アルバム未収録曲が収録されている。これらの曲を聴くと、ますます他のアルバム未収録曲を聴きたくなった。個人的な希望では、このベストアルバムには収録できなかったアルバム未収録曲だけを集めたアルバムを出して欲しいです。
見事なベスト盤である
簡単に曲目を紹介すると、2、3、5、6、10、11、16が『K』の、4、6、8、13が『ペザンツ、ピッグス&アストロノウツ』の収録曲であり、14は未発表曲、残りはアルバム未収録曲ということになる。

二枚のアルバム収録曲に関して見てみても、時系列順に収められているわけではないのであるが、不思議な統一感があり聴いていて非常に心地よい。そして改めて彼らのインド音楽に対する愛着や、サイケデリック的サウンドへの拘りの強さが良く理解できた。傑作と言えよう。

基本的に私の場合、アメリカン・ロックよりもブリティッシュ・ロックを好む傾向がある。最初にロックに入ったのがBeatlesだったことも大きいだろうが、どうもアメリカのバンドというものは一部の例外を除いてひねりが効いておらず面白くないのである!。

クーラ・シェイカーの場合、「ハッシュ」のカヴァーでその存在を知ったのであるが、まさか「ハッシュ」をカヴァーするバンドが出て来るとは思っていなかったのでびっくりし、またレトロと現在を見事に両立させた彼らの解釈に脱帽し、その後興味を持ち始めた次第である。わずか2枚のアルバムで解散させてしまうには惜しいバンドであり、今後のメンバーの活躍に期待している。

いくつか批判を加えておくと、DVD付きのヴァージョンに関しては、価格差が大き過ぎる。DVDの内容は彼らの全ビデオ・クリップが収録されているので価値は高いが、価格差を持たせるためにはライヴ映像なども詰め込むべきであったと思う。しかしZWANのそれの様な「景品」的な物ではなくきちんとした作品であることだけは保証する。
次にCDであるが、16曲目が終わった後延々と無音状態が続き、その後も曲が収められているのであるが、こういうつまらない遊びは止めてもらいたい。鬱陶しいだけだ。


シャワー・ユア・ラヴ

[ CD ]
シャワー・ユア・ラヴ

・クーラ・シェイカー
【エピックレコードジャパン】
発売日: 1999-05-19
参考価格: 1,575 円(税込)
販売価格: 9,980 円(税込)
シャワー・ユア・ラヴ
- 収録曲 -
1. シャワー・ユア・ラヴ
2. グッドバイ・ティン・テリーズ
3. サウンド・オブ・ドラムス(ライヴ...
4. ザ・ダンシング・フレア
5. ライト・オブ・ザ・デイ
カスタマー平均評価:   0

ヘイ・デュード

[ CD ]
ヘイ・デュード

・クーラ・シェイカー
【エピックレコードジャパン】
発売日: 1996-11-13
参考価格: 1,529 円(税込)
販売価格: 品切れ中
ヘイ・デュード
- 収録曲 -
1. ヘイ・デュード
2. タットヴァ(BBCスタジオ・ライ...
3. ドロップ・イン・ザ・シー
4. レッド・バルーン
5. クリスピアン・リーディング・フロ...
カスタマー平均評価:   0

ミスティカル・マシンガン

[ CD ]
ミスティカル・マシンガン

・クーラ・シェイカー
【エピックレコードジャパン】
発売日: 1999-02-24
参考価格: 1,575 円(税込)
販売価格: 1,198 円(税込)
ミスティカル・マシンガン
- 収録曲 -
1. Mystical Machine...
2. Guitar Man
3. Avalonia
4. Prancing Bride
5. Holy River
カスタマー平均評価:  3.5
ちょっとした曲にもセンスが光る
1曲目はアルバムヴァージョンよりかっこいいのではないでしょうか
シングルのためか前後の曲との繋ぎを考えてない分1曲完結と言う感じで
完成されています。イントロの迫力が違います。
2曲目は歌詞は軽い内容っぽいですがリフが相変わらずセンス抜群!
音が結構重たいのでハードロックっぽいです。
Kulaは曲の終わり方もこだわってますよね、意外性があってかっこいい。
3曲目は軽いアコギフォークソング、
4曲目は繋ぎのインストで5曲目はインドのガンジス川の曲。
歌詞内容は神秘的な感じですが曲は2曲目のような重たさがあります、泥臭いと言うのでしょうか、シャウトしまくってます。最後の方の電子オルガンが印象的でした。
シングルバージョン?
ミスティカル・マシンガンはアルバムバージョンと違うようでカッコいいです。
他の曲はイマイチインパクトに欠けましたが・・・。
ベスト買っちゃった?
じゃぁ、ついでにシングルも集めちゃおうか(笑
ベストにも未収録の曲が4曲入ってますよ



Copyright © 2008 洋楽アーティストデータベース. All rights reserved.    Program by 簡単アマゾンサイト作成ツール ver.3.96

 更新日 2008年10月11日   ※ 表示価格は更新時のものです!      メール      相互リンク