洋楽アーティスト1000人のデータベース。公式サイト・ファンサイト・ブログ・掲示板・リンク集。

洋楽アーティストデータベース

1,500円以上で送料無料!
※一部大型商品を除く
カートを見る ヘルプ
デビッド・シルビアン デレリアム ダイナソーJR ドクター・フィールグッド デュラン・デュラン エコー&ザ・バニーメン  
  エルヴィス・コステロ イレイジャー ユーリズミックス エヴリシング・バット・ザ・ガール フィオナ・アップル G・ラヴ&スペシャル・ソース

洋楽データベース
無料着うたダウンロード
OnGen音楽配信
洋楽楽譜
洋楽名曲
洋楽ランキング
洋楽歌詞和訳・翻訳
特集
 イアン・デューリー
 イギー・ポップ
 インエクセス
 ガービッジ
 クーラ・シェイカー
 クラフトワーク
 グリーン・デイ
 ケイト・ブッシュ
 ゴリラズ
 ジェリーフィッシュ
 ジャパン
 ジュエル
 ジョナサン・リッチマン
 ジョン・スペンサー・ブルース・エクスプロージョン
 フーターズ
 ホットハウス・フラワーズ
 リズ・フェア
 リンプ・ビズキット
 ルー・リード
 ロス・ロボス

 

デビッド・シルビアン


戦場のメリー・クリスマス

[ CD ]
戦場のメリー・クリスマス

・坂本龍一
【ミディ】
発売日: 1993-09-21
参考価格: 2,957 円(税込)
販売価格: 2,860 円(税込)
戦場のメリー・クリスマス
- 収録曲 -
1. メリー・クリスマス・Mr.ローレ...
2. バタヴィア
3. ジャミネイション
4. ア・ハートリー・ブレックファスト
5. ビフォー・ウォー
6. ザ・シド・アンド・ザ・ソワー
7. ア・ブリーフ・エンカウンター
8. ライド・ライド・ライド
9. ザ・ファイト
10. ファーザー・クリスマス
11. ディスミスド!
12. アッセンブリー
13. ビヨンド・リーズン
14. ソーイング・ザ・シード
15. 23rd.サーム
・・・
カスタマー平均評価:  5
日本の農道を、テクノロジーで再現する。
 「戦場のメリークリスマス」がカンヌ映画祭('83年)に出品された際、大島渚監督やビートたけしらと同地に赴いた坂本は、イタリア映画の巨匠、ベルナルド・ベルトリッチと不意に出会い、これが4年後の彼からの「ラストエンペラー」('87年)音楽制作依頼のきっかけになったとも言われています。ベルトリッチが「戦メリ」を耳にし、彼の音楽性をどのように評価したのかは知る由もありませんが、こと一般人として見れば、彼がYMO時代から一貫して東洋的なメロディを奏でることや、時にナルシスティックにも映る彼のたたずまいに、彼を「あまり好きでない」理由に挙げる人もいるでしょう。  ただ、「戦メリ」が公開され、この曲が発表された当時、誰よりユニークでありたい、誰より創造的でありたいと願った人には、この曲はきっと"応援歌"だったはずです。どこかのJ-POPや美しいバラードに胸が熱くなる人がいるように、過激なロックやヒップホップがカタルシスになる人がいるように、この、旧来の和楽でもポップスでもクラシックでもない電子音楽に、励まされた人々が大勢いるはずです。  彼が残していったフィロソフィの中には、(今や懐かしささえ漂う)"ポストモダン"のエッセンスがあります。当時はずいぶんエッジが立っていたこのエッセンスも、今や無印良品やアジア家具、果てはお香などのアロマテラピーにまで入り込み、ずいぶんと市民権を得てきたなあと私は勝手に考えていますが、少し穿ち過ぎでしょうか。
情景を飛び越えた
 映像を見てからの人もそうでない人も、このアルバムのテーマ曲が、映画のシーンのひとつになってしまっていることを誰も疑わないのでは。この曲の何度も心深く響く音色が、今では、私のひとつのものの見方にまでなっているような気がするときがあります。どんなジャンルの人にも一度は耳にしているはずですが、耳だけでなく心にも触れる曲です。もちろんそれ以外の曲も、当時の坂本氏独特の音色が詰まっていてすばらしい一枚です。
青春時代の爆弾
 高校生と大学生の間には大きな違いがあると思うのは小生だけだろうか。

 高校時代は熱血であったり 青臭かったり 感傷的であったりしたものだが 大学に入った途端に クールであり スタイリッシュなものが周りを取り巻いた記憶がある。勿論 自分も含めて人間はそんなに簡単に変わるものではない。ムードだけの問題である。しかし それでも一種の現実であった。もう20年以上も前の話だ。

 大学に入学した5月に 新しく出来た友人が戦場のメリークリスマスの試写会のチケットをくれたので 見に行った。映画会社の試写室というのは小さいものであるなと感心しながら 席に座ったのを覚えている。

 映画の冒頭でこの曲が流れた瞬間に 驚愕したのを覚えている。正直 こんな映画音楽を聴いたことが無かった。爆弾が破裂したようなものである。この瞬間に 小生と坂本龍一との20年を超える「付き合い」が始まったことは確かである。そうして初めて「大学生になることは こういう文化に触れることなのだ」と思った事もよく覚えている。そんな思いが 大学4年間を良くも悪くも規定してしまったわけだが しょうがない。人間に選べるものは所詮限られているのである。

 今聴いても素晴らしい。坂本龍一のこれからにも期待したい。勿論小生自身のこれからにも自分なりに期待するのだが。
教授が目指す無国籍音楽の原点
サントラが出た当時、テーマ曲について、教授がラジオで
こんなことを言ってたのを覚えている。
「東洋人が聴いてもエキゾチック、西洋人が聴いても
エキゾチック、そんな風に思える曲を作りたかった」と。

初めてテーマ曲を聴いたとき、確かに、遠い異国の国の
音楽のようだと思った。でも、その中に、なぜか激しい
郷愁を感じて、耳に、心に強烈に焼きついてしまった。
とにかく、衝撃的な出会いだった。

その後、ずっと教授の音楽活動を見続けているのだが、
カテゴリーにとらわれず、どんな音も文化も融合させて
新しい音楽を生み出し続けている教授の、一つの原点とも
いえる曲なのではないだろうか。

テーマ曲以外の曲も、どれをとってみても、映画の中で、
あまりにも印象的に流れている。
思わず感傷的になるメロディーの曲も、途中、あるところで
「ふっ・・・」と、一歩引いて冷めたような曲調になるところも
教授のまさに特徴的なところだ。

このサントラの「欠点」を挙げるとするならば、
すべての曲が印象的すぎて、映画を観ている時に
映像を飛び越えて、音楽が耳に入ってきてしまうこと・・
ではないだろうか。


ここに原点をみる
坂本龍一の手がけたサントラの、初期にして珠玉の作品といえる。
もっとも有名な「メリー・クリスマス・Mr.ローレンス」からつづく、滑らかな旋律は何度聴いても飽く事がない。
それは、作品全体のテーマが統一されている証ともいえる。
わたしは、映画を観ていないのだが、それでも充分満足できる作品である。


COIEDA

[ CD ]
COIEDA

・高木正勝 ・Toma Itoko ・デヴィッド・シルヴィアン
【W+K TOKYO LAB】
発売日: 2004-09-08
参考価格: 3,990 円(税込)
販売価格: 3,791 円(税込)
COIEDA
- 収録曲 -
1. PIA FLIES
2. NEW FLAT
3. MIDNIGHT
4. CRUZ
5. EXIT / DELETE fe...
6. COIEDA
7. O.P.R. featuring...
8. DOGMA
9. GIRLS
10. PRIVATE DRAWING
11. CUBA
12. BIRDLAND #3
13. CHANGE OF SEASONS
14. OPFERN
15. PRIM. featuring ...
カスタマー平均評価:  4.5
限りなく自由な音たち
「(映像で)足りなかった色を、音で足す」 とあるインタビュービデオで、ぽつりと彼が言った。 高木正勝氏、映像作家。映像に音楽を添えるのが彼のスタイル。 その音楽はCM等でちらほらと耳にすることもある。そのためか、彼の作品はCD+DVDパッケージという形で販売されることが多い。 国際的に活躍する氏に対して勇気を持って個人的な感想を言ってしまえば、それはある意味プロの音ではないように思う。音のみで聴いていると、どうしても足りないものがあると感じてしまう。 しかし、やがて気づく。 足りないものがあるからこそ、あらゆる映像を助け、あの音は さらに輝きを増すのだろうと。 心奪われたのは『girls』という映像作品。 水と光と緑のイメージ。 無邪気な少女が駆け回り、笑い、光にとける。どこか抽象的で、それでいて懐かしい雰囲気を感じさせる。 セリフも無い5分弱の映像作品に涙が出るほど感動するというのは、なかなか遭遇できない体験。 視たままの景色を心へ落とし、感じた心のままが才能を伴い、映像として、音として綴られているのではないだろうか。その感性と圧倒的な描写の前には、音楽理論を纏ったプロの音などまるで意味を持たない。 音は、自由で、人は常に、万物が発するそれを感じることができるのだ。 彼の作品は万物のありのままを伝える役割を完璧に果たしている。
DVDつきで高いなぁ、と思いきや、買わずにいられねぇ
タワレコ渋谷で視聴したんですけど即買わせていただきました
一聴しただけで、とりあえず、これ買わなきゃw って思わせます。

エレクトロニカの良心、というか わかりやすい、聴いてて安心できる
そんな感じです。David Sylvianというお方がボーカルとってるEXIT / DELETEは
すごい。声の力がすごい。枯れちゃってる。最高ですねDavid Sylvianは
かなり大御所らしく、昔から音楽やっているんですね。この人のアルバムも
買ってみようと決心しました

高木正勝さんはまだ、26歳そこそこなんですね。高木くん若い
ギター最近始めてみたらしく、EXIT / DELETEほかで生音が
がんばっています
こういうの好きです。
〜YUKIのリミックスが良かったので、気になってsailというアルバムと一緒に購入しました。
個人的にはCOIEDA、すごく良いと思いました。sailはramaが良かった。
音楽の偉大さというかクラシックを聞きたくなるような壮大な曲があってお勧めです。
大きな音量で聞きたいアルバムです。大きければ大きい程効果あり。
私はかなり真剣に聞いて、ハッとするアルバムだと〜〜思いました。
DVDの方もきっと美術館用に作っているんだと思いますが、テレビでも十分楽しめました。
girlsとprivate drawingが素敵でした。っていうか音も映像もって単純にスゴイな。〜
キャリア最高傑作!
〜デイジーワールドなどからの作品でもおなじみの高木正勝の最新作にして最高傑作!
これまでの作品にくらべエレクトロニカ度数はやや減ったものの、新たな世界へと扉を開いた開放感に包まれた素晴らしい作品に仕上がった。生楽器を多く使い、これまでの作品にありがちだった曲のぼやけた輪郭がなくなり、どの曲も印象に残る。特にデヴィッドシルヴィアン参加〜〜の曲は必聴!穏やかなアコースティックギターに導かれ、柔らかな歌声が、やさしくあなたをつつむでしょう。他にもピアノやストリングス等が非常に効果的に使われてます。これまで敬遠してた人もまだ購入をためらっている人もにも、絶対損はさせません。
DVDも勿論完璧!これからがますます楽しみになる才能ですね。〜
映像作品
映像作品は、アート・ファッションスペースで目に映るくらいでした。
お金を出してみたのは、初めてです。
変わるので、絵画よりも眺めていられて、音があるので、目を向けなくても楽しめます。
只なんとなく、流しておきます。
girlsの青色とauraの黄色が好きです。

world is so beautifulを買おうと思っています。
cdは、まだ聞いていません。


ZERO LANDMINE

[ CD ]
ZERO LANDMINE

・N.M.L.
【ワーナーミュージック・ジャパン】
発売日: 2001-04-25
参考価格: 1,470 円(税込)
販売価格: 1,000 円(税込)
ZERO LANDMINE
- 収録曲 -
1. ZERO LANDMINE
2. ZERO LANDMINE(Pi...
3. ZERO LANDMINE(Pi...
4. ZERO LANDMINE(Sh...
5. ZERO LANDMINE(Pi...
6. ZERO LANDMINE(TH...
カスタマー平均評価:  4.5
あれから もう数年
このCDのおかげでで地雷除去に関して興味を持った人がかなり多かったと思いますね。 音楽で世界を旅行してるような気持ちになります。
デビシルの歌詞が秀逸
坂本龍一を中心に、ブライアン・イーノ、クラフトワーク、細野さんや大勢のJポップのアーチストと 地雷撲滅を訴えた名曲で、ワールドミュージックとエレクトロポップの融合がうまくなされています。 地雷が埋設されている地域の民族音楽を、20分弱の1曲にまとめた秀逸な1曲で、ダライ・ラマの演説や、故ダイアナ妃の演説などのSEも織り交ぜながらの名曲です。
NEO GEOの焼き直しに成功。でも教授がやるべきことではない。
コンセプトは懐かしの「NEO GEO」です。世界中を回る音楽の旅を経てみんなで歌おう、ということでしょう。10年かかってようやく手法がこなれた感じで、サウンド的には成功しています。でも発想が焼き直しなことと、教授があれほど嫌悪していた"We are the world"を自前でやってしまったという事実を前にすると、あまり良い評価はできません。 さらに重大な問題としては、あれこれ手をかけて作ったトラックよりも、デヴィッド・シルヴィアンがたった独りで歌ったトラックの方がずっと濃密で説得力があるということ。これはシルヴィアンの実力というより、シンプルなテーマはシンプルなサウンドで提示したほうがストレートな説得力が出るという、ごくあたりまえな結果だと思います。 最後に教授に言いたい。あなたは他にやることがあります。プロデューサから様々なアドバイスを受けた結果のプロジェクトだと思いますが、もともとエゴイスティックな人がこんなことを手がけるのはかなり滑稽です。教授が最もカッコいいのは「俺が俺が」と利己的な音楽をやっている時です。この手の活動は、あなたのやるべきことではありません。
感涙モノです
皆さんがレビューで書かれている通り、このプロジェクトのメンツの豪華さと言ったらないです。まず、リズム隊が細野さん、高橋さんでYMOです(プラスex.JAPANのスティーブ・ジャンセン)。ギターがSUGIZOとTAKUROで、さらにDJ KRUSHのスクラッチが加わります。ボーカリスト陣は上に掲げられているひとたちのほかに、デビット・シルヴィアン、UA、CHARA、佐野元春、シンディ・ローパーが歌っています。この豪華なメンツの演奏に至るまでに約十四分の「音楽の旅」(アラスカ→韓国→カンボジア→インド→チベット→ボスニア→アンゴラ→モザンビーク→日本)が行われます。全く長さを感じさせないメドレーで、子どもの合唱にヨワい僕は毎回モザンビークのセッションのところで目頭が熱くなってしまいます。(このメドレーが「長い」というひとは、ショートバージョンもあるのでご安心を。)十八分二十七秒の間終始すばらしい演奏が続くのですが、強いて不満を挙げれば、歌を前面に出したミックスのおかげで、ギターがよく聴こえないことでしょうか。(SUGIZOはよく聴けばそれらしいのが聴こえるのですが、TAKUROに至ってはほとんど何を弾いているのか分かりません)とはいえ、地雷撲滅というテーマのもと、「暴力はもうたくさんだ」(詞・デビット・シルヴィアン、訳・村上龍)と歌い上げる本作がすばらしい音楽である事に変わりはありません。
平和への祈り
たしか某テレビ局で教授がでてて、映像と一緒に演奏してたような。
やっぱり日本人が平和とか反戦を語る重みってゼッタイあると最近感じるようになってきました。若い頃はただのファッションくらいにしか考えてませんでしたが。
楽曲としてもかなりしっかりしていて、多数のミュージシャンが参加している豪華なCDです。

CHASM

[ CD ]
CHASM

・坂本龍一
【ワーナーミュージックジャパン】
発売日: 2004-02-25
参考価格: 3,059 円(税込)
販売価格: 2,112 円(税込)
CHASM
- 収録曲 -
1. undercooled
2. coro (アニメ映画「アップル...
3. War & Peace
4. CHASM
5. World Citizen - ...
6. only love can co...
7. Ngo / bitmix (ne...
8. break with
9. + pantonal
10. the land song - ...
11. 20 msec.
12. lamento
13. World Citizen / ...
14. Seven Samurai - ...
カスタマー平均評価:  4
マスはマスでもマスターベーションのマス
最近は映画や映像に付ける音楽以外は今ひとつの感がぬぐえなく、もう、自らコンセプトは 作れないのではないかと思わせることを強烈に感じさせる仕上がり。若手と交流してという と聞こえはよいが、もはや、自分から生み出せるものがないので、交流によりコンセプトを 探しているという感がぬぐえない。にもかかわらず、主張したい事柄はあるようなので、そ れが、音楽に昇華せず、マスとなって聞こえる。 昔、Beautyリリース時に、とある番組で岡林信康氏が教授に関して、コンセプトが借り物で あると批判していたが、今となってはその意味が理解できるのは寂しいところ。 本人の編曲の技量に免じて星2つだが、リスナーは編曲の技法を聞きたいのではなく、これ なら、アジエンスのCMを聞いてたほうが満足感は高い。
心地よい緊張感あふれる実験的アルバム。
これまでのポップスやボサノバの要素を取り入れた アルバムとは違い、これまでできなかった実験的な試みも 聞くことができる。アルバム自体はバラエティーに跳んだ 曲作りがされていて、全体的な統一感は感じられないが 後半になるにつれて、曲同士の緊張感があり 最後のSeven Samurai - ending themeでこれまでの緊張が解き放たれる という構成になっている。 曲の印象はcoroはほとんどノイズで構成されているが、これが後編の曲のアプローチ になっている。Ngo / bitmixは1960年代のフランスフィルムノワールを感じさせる 甘い優雅なピアノ曲。このアルバムには、デヴィット。シルヴィアンが参加しており 戦場のメリークリスマス以来(?)の甘い歌声も聴ける。 このアルバムには、いろんな意見があるが聞けば聞くほど 新しい音楽への意気込みが感じられる。 やはり、日本を代表する世界的な音楽家。
Fashon & Beautiful Album
新たに出てきた音楽の制作手法を自分の作曲にさらっと溶け込ませる、という意味でファッションのような印象を持ちました。 正直に言うとずしんと来るような深い衝撃や感動は受けなかったが、全曲さすがに質の高い仕上がりである。 また随所に彼独特の甘いメロディも楽しめる。 個人的にアルバム後半が気に入っています。 2曲目のノイズチューンは、アニメ映画゛APPLE SEED゛に使われたものだが深い意図はなく、ちょっとしたインパクトを与えるつもりで作ったのでは?と思う。 彼は本物の音楽家であり目立ちたがり屋でもある。 彼の活動は近年ジョビンのカバーやアコースティクな路線が続いていた。 だからソロアルバムでは違うことをやろうと、先端を行こうとしてちょっと意気込みすぎたのかもしれない。 個人的にこのアルバムの満足感を例えるなら、値段はCDアルバム1枚の方が安いけど、洗練されたTシャツを一枚買ったようだ。
良くもなく、悪くもなく。
「世界市民」や「NGO」といったストレートな題名には違和感を感じる。 評判の分かれる二曲目も含めて好きな音ではあるが、構成的に中だるみがあることも否めない。 一曲目は新鮮でよかった。韓国語の音感は苦手だったのだが、ヒップホップとの相性を示されて驚いた。
熱しやすく冷め易い音源。
初めて聴いた時、 「UNDERCOOLED」が何語だか分かりませんでした。 でも言語の壁を越えて一瞬で引き込まれました。 歌詞もいいですよね。 やっぱり彼の言語ではわかりませんけど。 NewBalanceのCMソング「Ngo」や、 今や東京名物・六ヒルの「the Land song」等々。 有名な曲もぞろぞろ。 ゲーム主題歌「Seven Samurai」も入ってますね。 でも、 僕はどうしても「coro」が許せません。 だってノイズじゃん、ただの。 あれのせいで星3つ。 アレを理解できる日が、僕には来るとは思えません。

「MONSTER」オリジナルサウンドトラック

[ CD ]
「MONSTER」オリジナルサウンドトラック

・TVサントラ ・David Sylvian ・配島邦明
【バップ】
発売日: 2004-06-23
参考価格: 2,940 円(税込)
販売価格: 品切れ中
「MONSTER」オリジナルサウンドトラック
- 収録曲 -
1. For The Love Of ...
2. Grain (Opening T...
3. Drift Mind
4. Part
5. Float Flower
6. Collage Man
7. Sweet Home
8. Gingerly
9. Nacht Tour
10. Xenia
11. Room
12. Idler Wheel
13. Bush
14. Drift
15. Medium Shot
・・・
カスタマー平均評価:  3
助けて!僕はMONSTERに変身しそうだ!
 初代エンディング・テーマ(第1話?第32話まで) 1.「for the love of life」(David Sylvian)、オープニング・テーマ 2.「GRAIN」、次回予告で流れる 3.「Drift Mind」 のスタートから3曲が特に良い。ストーリー中心の「サスペンス」ということもあり、他の曲は静かなBGMに終始しているが、頭3曲は非常にクオリティが高い。物語の世界観を見事に表現したオープニング曲 2. は特に印象的。聖歌のように始まり、これに重く無機質なビートが加わる。カオスを感じさせる一種異様なメロディーだ。  そして、当作品最大のセールス・ポイントは元JAPAN:デヴィッド・シルヴィアンの参加 1. であろう。漂うようなシンセのみのバッキングに、独特の「引っかかり」を持つ彼の低音が響く。シルヴィアンが実際に「MONSTER」見て書き下ろしており、主人公の苦悩を綴った秀逸な詞になっている。穏やかなメロディーが、逆に恐怖を引き立たせる…。  次回予告のバックで流れる 3. も良い。チェンバロ風のシンセがヨーロッパの沈んだ町並みに良く合っている。  「助けて!僕はMONSTERに変身しそうだ!」とまでは行かないが、聴いていると深淵に引き込まれそうな、癖になるサウンドである。  物語を知ったのがごく最近であったため、既にサウンドトラック1(本作)は廃盤になっていた。しかしどうしても欲しかったので、ウィッシュリストに登録。ここAmazonにて出品された中古盤を8,200円(送料別)で購入したのである!  ヨーロッパで生活していたこともある「国際派」配島邦明が、その飄々としたキャラクターで実現させた David Sylvian との共演だが、権利関係的には難しい面があったようで、プレスは初回分のみ。現在、バップは権利を保有していないそうである。追加プレスは極めて難しくなったと言わざるを得ない。どうにかならないのだろうか…。
デヴィット
デヴィット・シルヴィアンが聴きたいがために購入しました。
デヴィット・シルヴィアンの歌声は、いつまでたっても色褪せませんね。

他の曲はアニメの質上、ダークでミステリアスな曲が多いです。
BGMで聴いてると、なにやらアンニュイな気持ちになります。
悪くはないです。
本編をジャマしない静かなダーク・サウンド
海の底に深く沈みこむようなOP・EDに加え、これから始まる惨劇を物語るかのようにBGMさえも極めて静かに鳴り響く。全体的にサスペンス・ホラー要素を含んだ曲が多い。逆を言えばかなり地味でインパクトのある曲は皆無と言ってもいい。アニメを深く観ていない人にとっては、このサントラはレンタルで十分かもしれない。

とは言ったものの、全70話を超える長編アニメーションのまだまだ“序章の音楽”。
これからに期待したいところだ。
david sylvian が歌っている主題歌、シングルカット望む!
アニメ作品そのものに、関心はあまり無いのですが、david sylvian が歌っている主題歌、シングルカット望む!。レーベルの担当の方、その方がきっと「売れますよ〜」。でも、きっと私は、これ買っちゃうな〜。


ヤッラー!ヤッラー!

[ CD ]
ヤッラー!ヤッラー!

・オムニバス ・ダニア ・カゼム・アル・サヒール ・ヌスラット・ファテ・アリ・ハーン ・テリー・ホール ・メルジャン・デデ ・テンプル・オブ・サウンド ・デヴィッド・シルヴィアン ・ジョイ ・パンジャビMC ・ナターシャ・アトラス
【EMIミュージック・ジャパン】
発売日: 2004-05-19
参考価格: 2,548 円(税込)
販売価格: 2,284 円(税込)
ヤッラー!ヤッラー!
- 収録曲 -
1. エイジアン・ヴァイブス(インスト...
2. ジョギ(パンジャビMC)
3. ミシュ・ファディラク(ナターシャ...
4. エル・アレム・アラー(アムル・デ...
5. 愛してる(クラブ・ミックス)(マ...
6. ガリ・ヤ・ブイ(インストゥルメン...
7. アントンズ・ドリーム(インストゥ...
8. アルマ・アフム(オリエンテイショ...
9. フェラジェ(ブルハン・オチャル&...
10. レイリ(トランスグローバル・アン...
11. メニーン・アンタ(カゼム・アル・...
12. マスト・マスト(マッシヴ・アタッ...
13. ゼイ・ガッタ・クイット・キッキン...
14. ナール・イ・ネイ(インストゥルメ...
15. ピープルズ・コロニーNo.1(イ...
・・・
カスタマー平均評価:  4.5
民族衣装を着て何かを叩いて踊りたくなる!
あくまで現地の持ち味を残しながらもクラブシーンでかかるような現代のリズムに乗ったダンサブルなポップミュージックなので、とても聞きやすかったです。 国としてはインド、パキスタン、エジプト、トルコ、レバノン、イラク・・・とそれぞれの持ち味が残されているみたい。凄く興味深いです。独特の旋律、こぶし回し、民族楽器の音色など、聞いていて飽きることがありません。中にはジプシー音楽の独特の変拍子の曲もあり凄く新鮮でしたね。このリズムはジプシーという設定のあの”カルメン”も踊ったかもしれないと想像するのも楽しく、一緒に手拍子足拍子を打っているうちになんとも言われぬ高揚感が感じられます。 相変わらず痒いところに手が届くような詳しい解説(NOW ARABIAと同じ筆者)も楽しく読めて良かったです。
ヤッラー!ヤッラー!
最近インド音楽に興味をもちはじめたのですが、どのアーティストがいいかわからないので、オムニバスで自分のお気に入りを見つけようと思いヤッラー!ヤッラー!を購入しました☆クラブでよく流れるパンジャビMCも入っているので、初心者の方にはとても聴きやすい商品だと思います
夏に向かってヤッラ〜!
中東やインド周辺へ大きな注目が集まる中、現在進行形のオリエンタルなワールド・ミュージックを一同に集めたコンピレーションアルバムが出ました!監修選曲は、よろずエキゾライターのサラーム海上氏。(ちなみに氏は「TV.Bros」で音楽コラムを書いてますが、そちらのコラムも秀逸です。)

どの曲をとっても、すぐに踊れてしまうような、暑くてノリのよい曲ばかり!特によかったのは、バングラビートのパンジャビMC、21拍子のテリー・ホール&ムシュタク、初めて聴いたカッワーリーも荘厳さとグルーブ感も最高です!!


Blemish

[ CD ]
Blemish

・David Sylvian
【UM3】
発売日: 2006-01-02
参考価格: 1,841 円(税込)
販売価格: 1,380 円(税込)
Blemish
- 収録曲 -
1. Blemish
2. The Good Son
3. The Only Daughter
4. The Heart Knows ...
5. She Is Not
6. Late Night Shopp...
7. How Little We Ne...
8. A Fire in the Fo...
カスタマー平均評価:  5
素晴らしいの一言
彼の作品で自分が初めて買った作品です。聴いた瞬間彼の作り出す音や声に引き込まれました。美しく、そして力強い彼の声と詩、音の世界は素晴らしいの一言です。捨て曲無しの完璧な作品です。個人的にはThe Only Daughterが大好き
Like blemishes upon the skin, truth sets in...
 この作品を理解するためのキーワードはやはりアルバムタイトルの「Blemish」だろう。「汚れ、しみ、傷」という意味だ。  例えば、SKETCH SHOWの試みが、様々なノイズを集めて音楽を形作るというものであるのならば、このアルバムのデイヴィッド・シルヴィアンは空中に‘傷‘をつけるように音を作り出していると言えるのではないか。それに加えて‘傷’を孕んだ詞が彼のヴォーカルでもって絶妙にマッチしている。  ポップな作品ではないから彼のファン以外の人に薦めることはしないが、ポップソングの新たな可能性を示したということで評価されるべき作品であろう。
ここちよい現代音楽ロック
あー。ホルガーチュウカイ、シュトックハウゼン、ロバートフィリップ
だ。そこにSYLVIANの声が入ってすばらしい。みごとに融合洗練されていて全体の音色もいい。イーノができなかったボーカルとの融合がある。
しばらく聞き入って歌詞内容も確認したい。
それにしてもすばらしい歌だ。
わが道をいく
Derek Baileyの即興ギターとSylvianのヴォーカル
こちらは馴染むまでには少し時間がかかりました.

Christian FenneszとSylvianのヴォーカルは一曲だけです.
これはすんなり聴けて歌詞が
There is always sunshine
above the grey sky
I will try to find it
yes I will try
と始まります.前作よりもPositiveでStableな印象を受けました.
かといって押し出がましいわけでもなく,

よく言われる「タルコフスキーのような」という印象も以前のまま.
前作(DeadBeesOnACake)よりも(SecretsOfBeehive)に
音の感触は近いと感じました.

本当にやりたいことを突き詰めたらこうなったと
聴いてて感じられます.

このCDとも長い付き合いになりそうです.
冬に聞きたい、最高のボーカルアルバム!
デビシルにデレク・ベイリー参加!この英国人であるという以外何の接点のないとんでもない組み合わせの凄さ(よく考えてみりゃホルチューとも共演してたか)に大騒ぎしてしまった自分が恥ずかしいほど、この
アルバムの持つ繊細かつ静寂で豊かなエモーションには心が洗われた。

いままでベイリーのギターといえば前衛舞踏のような窒息引き攣り状態しかイメージできなかったのに、デビシルのボーカルと共に聞かれる彼の音を聞き、実は優しく温かく、そして美しい透明感と生命力に満ちているものであるのを再認識。素晴らしい!ぜひ二人で来日して欲しい!


Dead Bees on a Cake

[ CD ]
Dead Bees on a Cake

・David Sylvian
【Virgin】
発売日: 1999-03-30
参考価格: 1,400 円(税込)
販売価格: 987 円(税込)
Dead Bees on a Cake
- 収録曲 -
1. I Surrender
2. Dobro #1
3. Midnight Sun
4. Thalheim
5. Godman
6. Alphabet Angel
7. Krishna Blue
8. Shining of Things
9. Cafe Europa
10. Pollen Path
11. All of My Mother...
12. Wanderlust
13. Praise
14. Darkest Dreaming
カスタマー平均評価:  5
傑作
一曲目はトランペットがすばらしい。エルビス・コステロの♪Shipbuildingを彷彿とさせる。

ちょっとジャズっぽくなったけどいいものはいい。
さすらい人、ついに自分を肯定する。
長い年月をかけて制作したアルバムということで、ボリュームもすごいですがそれ以上に完成度の高さに驚かされます。ただ一部の隙もなく構築されてしまった感がなきにしもあらずで、音楽の勢いや熱っぽさなどはあまり感じられません。あとAOR風のアレンジが多いので、以前よりサウンドが軽くなった印象です(好き嫌いの分かれるところでしょう)。
聞くところによると、結婚したり、子供が生まれたりして、生活環境が大きく変わったようです。「あのデヴィッド・シルヴィアンが父親になるなんて!」と驚いた人も多いと思いますが、このアルバムにもそういった私生活の充実振りが反映して、前向きというか肯定的な詞が増えました。ですから以前のモラトリアム的な世界が好きだった人には少々物足りないかもしれません(笑)。
あと"Wanderlust"はこの人ならではの説得力を持った世界だと思います。西欧文化は歴史的に放浪(ドイツ語のWandern)に対するロマンティックな憧憬を持つ人が多く、Davidもまさにそんな人生だと思うのです。この曲で彼は自分の過去を肯定しています。「今の自分は好きじゃないけど、昔の自分はもっと嫌い。」という感じで過去の自分を全否定していた頃から比べると、とんでもない違いだと思います。
漂う幸福感
最初の「アイ・サレンダー」から、違っていた。
聴き手を包み込む、この幸福感は、なんだろう。
寄せては返す、波のような、穏やかなメロディーの繰り返し。

コクトー、神秘思想、神話と聖書。
それらに影響を受けた今までの作品は、もちろん好きだ。
静かに火花が散るような、ロックへ戻ったレイン・トゥリー・クロウ、シルヴィアン・フリップ。

様々な十年をえて、ソロで作り出した世界は、よく寝かされた葡萄酒のよう。
インド、オリエントの香りを漂わせ、また別の世界へ踏み出した。(彼はヒンドゥーのグルに師事しているらしい。)
ライナーに映る、デヴィッドと妻のイングリッド・シャベイズ。愛しあう、どこにでもいるような中年の夫婦だ。
彼の精神世界を覗くような、至福の音楽集。
新たなる傑作
デビッド自身が最高傑作と呼ぶ1987年の作品「SECRET OF THE BEEHIVE」から実に12年ぶりのソロ。この長い年月の間暖め続けた音楽がこの1枚に凝縮されている。これまでの彼の作品にはなかった、ほんのり明るく、希望に満ちたような音楽がここにはある。また、ニューヨークジャズのような要素が取り込まれていたり、インドチックな要素が取り込まれていたりと、音楽性の広がった彼の成長ぶりに脱帽。さらにこれまでのキリスト教的な作品からオリエント世界へと誘うような作風に変化している。私的には、これぞ、前最高傑作を凌ぐ新たな最高傑作といえる。これもこの12年間の彼の経験と成長の証がこの1枚に凝縮されているからだろう。
圧倒的な美しさ...地味だけれど(^_^;)
aa...?a?,a?£a?'a?3a?Ri??a?¨a??a??a??a?,a??a? ̄a??a??a,?e|?a?aa?Ra??a??a?-a??a??a??a?"a?-i??a??a?'a?£a??a??a?≫a?・a?≪a?'a?£a?¢a?3a?Ra?¢a?≪a??a??a?§a??a?a?μa?|a?3a??c??a?≪a? ̄a?°a'3a?§a??a?a?ca?!a??a??a?¨a??a??a?°a? ̄a?ca??a?μa?|a?3a??a??a??a?-a??a??a??a?"a?a?-a??a?-a?aa??a??i??a??a?Rc??a?-a??a? ̄a?§a'c??a?aa??a?Ra??a??a??a??a??a?a?aa?≪a??a??a??c'?a?'a??a?-a??a?Ra??a??e?aeo≪a?Ra-?a£°a?§a??a?a±oa?-a?|a£°e??a??a??a??a??a?'a?§a??e?3a??a??ao?a??a??a?'a?§a??a??a??a??a??a?"a??i??a,ao|a??a?Ra,-a?≪a...\a??e??a?"a??a??a??a?Ra,c?aa\\ao?a??a?§e?"a?-a?|a?-a??a??i??a??a?"a?ae-...a??a?'a??a?£a?|a??a??a?Ra?§a??a?a??a??i??a...?a?≪a?μa?|a?3a??a? ̄a?°a'3a?§a??a??a?¨a?,a??a??a?-a??a??i??a?"a??a??e? ̄a??e?'a??a?¨a?,a?£a?oa??a??a°'a-?e?3a\?a??a?§a1...ao?a??e?3a\?a§a?'a??a?£a??aR?a?≪a?≫a?3a?1a?Re? ̄a??a?μa?|a?3a??a?§a??a??a?"a?¨a??a??a??a??a??a??a?a?1a??a?aa?3a?°a?1a?≫a?¢a?¬a?3a?,a??a?"a?¢a??a\?e...a?¨a?-a?|i??a-§a??a?Ra??a?¬e??a,a??a??a??i??a??a?Ra≫-a...?a?,a?£a?'a?3a?Ra?!a?3a??a??a??a??a??a?-a?|a!??a??a??a?


Money for All

[ CD ]
Money for All

・Nine Horses ・Stina Nordenstam
【Samadhisound】
発売日: 2007-01-30
参考価格: 1,353 円(税込)
販売価格: 1,019 円(税込)
Money for All
- 収録曲 -
1. Money for All
2. Get the Hell Out
3. Banality of Evil...
4. Wonderful World ...
5. Birds Sing for T...
6. Serotonin [Burnt...
7. Money for All [V...
8. Get the Hell Out...
カスタマー平均評価:  5
本アルバムより良い
これは買いです。基の「スノー・ボーン・ソロー」は、前作(個人名義の)[ブレミッシュ」からの期待が大きかっただけに、少しすかされた印象を受けましたが、リミックスによってダレた感が消えています。スティーナは1曲だけの参加で、他はまた別の女性ヴォーカル(コーラス)ですが、気になりません。ブレミッシュのときは、リミックス集「ジ・オンリー・ドーター」は、原作の持つ密室性・閉塞感を壊してしまい、大失敗だったのですが... 今回は逆にリミックスによって、原作にない躍動感が生じて、聴いていてダレがなくなったようです。
至福の音世界
 ナイン・ホーセスの、実質上のセカンド・シングルとなるだろうミニ・アルバム。  シングル曲と呼んで構わないだろう「マネー・フォー・オール」と「ゲット・ザ・ヘル・アウト」を筆頭に、輸入盤でアルバム『スノー・ボーン・ソロウ』を買っていた人には嬉しい、日本盤ボーナス・トラックだった「バーズ・シングス・ゼア・ライヴス」と、4曲のバーント・フリードマンによるリミックス、表題曲の別ヴァージョンとで構成されている。  シングル曲は2曲ともアップ・テンポで、小気味良い傑作曲。「マネー・フォー・オール」は女声コーラスが、「ゲット・ザ・ヘル・アウト」は挿入される弦楽器の調べが美しい。ともに、ライヴでの演奏も期待される。  リミックス(と別ヴァージョン)は、よくありがちなギッチンギッチンの浪費テクノ・リミックスなんかじゃあなく、楽曲の素質を活かした――デヴィッド・シルヴィアンの『オンリー・ドーター』を思い出すといい――聴きごたえのあるリミックス。荒げたギターの音色が付加されていたり、弦楽器が加わっていたりなどするが、どれも透明でしっとりとしており、根底に響く「歌」を破壊していない。寧ろやわらかく包んでくれている。  筆者はこれを、睡眠の友としている。心地好いリラックス感が得られる、至福の音世界だ。

バベル-オリジナル・サウンドトラック

[ CD ]
バベル-オリジナル・サウンドトラック

・サントラ ・グスタボ・サンタオラージャ ・エル・チャポ・デ・シナロア ・ロス・トゥカネス・デ・ティファナ ・チャベラ・バルガス ・アース・ウィンド&ファイアー ・小山田圭吾 ・コントロール・マチェテ ・リップ・スライム
【ユニバーサル ミュージック クラシック】
発売日: 2007-04-11
参考価格: 3,200 円(税込)
販売価格: 2,543 円(税込)
バベル-オリジナル・サウンドトラック
- 収録曲 -
1. タザリン
2. トゥ・メ・アコストゥンブラステ
3. メドレー
4. メドレー
5. ワールド・シチズン
6. クンビア・ソブレ・エル・リオ
7. ハイディング・イット
8. マスターピース
9. デザート・バス・ライド
10. メドレー
11. トライバル
12. パラ・ケ・レグレセス
13. バベル
14. アメリア・デザート・モーニング
15. フーゴ・ア・ラ・ヴィーダ
・・・
カスタマー平均評価:  5
不寛容から起こる断絶を何とか再生しようとする思い
モロッコやメキシコ国境の砂漠のシーンのスコアは映像とストーリーに見事にはまる。 映画のテーマである、ちょっとした不寛容から起こる断絶を何とか再生しようとする思いが、 アコースティック・ギターによって雄弁に語られている。 エンディングのタイトルロールまで心に残るスコアです。 ここ最近のサントラとしてはベストスコアといっていいのでは。 日本を代表するグラミー受賞アーティスト=坂本龍一も好調。 そしてアース・ウィンド&ファイアー。 ここに超定番「セプテンバー」を持ってくるあたりがどうなのかな?とちょっと思いますが、 社会問題にもなっているクラブの点滅シーンなので、ちょっと緊張感が緩んだおかげで 具合悪くならなかったので、まあ良しとしましょう。しかし、とても印象的なシーンです。



Copyright © 2008 洋楽アーティストデータベース. All rights reserved.    Program by 簡単アマゾンサイト作成ツール ver.3.96

 更新日 2008年10月11日   ※ 表示価格は更新時のものです!      メール      相互リンク