洋楽アーティスト1000人のデータベース。公式サイト・ファンサイト・ブログ・掲示板・リンク集。

洋楽アーティストデータベース

1,500円以上で送料無料!
※一部大型商品を除く
カートを見る ヘルプ
スターシップ スティーヴ・ウィンウッド スティング トッド・ラングレン トム・ペティ トム・ウェイツ  
  トラフィック ユーツー ヴァネッサ・パラディ ザ・フー ヤードバーズ Z・Z・トップ

洋楽データベース
無料着うたダウンロード
OnGen音楽配信
洋楽楽譜
洋楽名曲
洋楽ランキング
洋楽歌詞和訳・翻訳
特集
 アート・オブ・ノイズ
 アズテック・カメラ
 アナリーズ
 アラニス・モリセット
 エイミー・マン
 カーディガンズ
 カウボーイ・ジャンキーズ
 ザ・キュアー
 ザ・クラッシュ
 ザ・クランベリーズ
 デヴィッド・ボウイ
 バーナード・バトラー
 バウハウス
 ビースティ・ボーイズ
 ビョーク
 ブライアン・イーノ
 ブロンディ
 ベック
 ベル・アンド・セバスチャン
 ベン・フォールズ・ファイヴ

 

スティング


Songs for Tibet-The Art of Peace

[ CD ]
Songs for Tibet-The Art of Peace

・オムニバス ・デイヴ・マシューズ&ティム・レイノルズ ・イモージェン・ヒープ ・スティング ・アラニス・モリセット ・ジョン・メイヤー ・レジーナ・スペクター ・モービー ・ダミアン・ライス&ザ・チェシャー・プロジェクト ・ヴァネッサ・カールトン ・ダンカン・シーク
【TRAFFIC】
発売日: 2008-09-10
参考価格: 3,150 円(税込)
販売価格: 3,150 円(税込)
Songs for Tibet-The Art of Peace
- 収録曲 -
1. IMOGEN HEAP - HI...
2. STING - SEND YOU...
3. ALANIS MORISSETT...
4. JOHN MAYER - BEL...
5. REGINA SPEKTOR -...
6. MOBY - WE ARE AL...
7. D. RICE & THE CH...
8. VANESSA CARLTON ...
9. DUNCAN SHEIK - N...
10. D. MATTHEWS & T....
カスタマー平均評価:  5
平和への願い‥心癒されるサウンド
ディスク2の10曲目トゥ・ヒールが店舗内で流れていたのを聴いて本アルバムを購入した。 SF映画「サンシャイン2057」内で使われていた曲で、以前から何の曲か気になっていたからだ。 本アルバムは「普遍的な責任・地球規模の責任」というダライ・ラマの信条に基づき設立されてアート・オブ・ピース財団が中心になり作製したもの。 政治的な信条は特にはないが、北京オリンピック開幕前夜に書かれたという解説書を読みながらチベットで起こっていることを改めて知った。 これまで中国の不当な侵略により100万人以上のチベット人が命を落としているとは‥ 世界の有名アーチストが参加しているので聴いているだけで楽しいが、各曲とも平和への願いがこもった優しいサウンドでとても癒される。 特にスザンヌ・ヴェガのソング・オブ・サンドがお気に入りだ。 衝動買いであったがこうしたアルバムとの出会いは、人との出会いのようで有難い。 本アルバムを聴きながら、平和は何より大切だと感じる‥。 尚、日本版のみ難波章浩のマイ・ハート・フィールズ・ソー・フリーが収録されている。

ラビリンス

[ CD ]
ラビリンス

・スティング
【ユニバーサル ミュージック クラシック】
発売日: 2006-09-27
参考価格: 2,500 円(税込)
販売価格: 2,124 円(税込)
ラビリンス
- 収録曲 -
1. ウォルシンガム
2. あのひとは言い訳できるのか
3. 「公正なる閣下……」
4. 流れよ、わが涙(ラクリメ)
5. あなたは見たのか、輝く百合を
6. 「……かつてジョンソン氏が亡くな...
7. いと高貴で偉大なるデンマーク王ク...
8. 一番低い木にも梢はある
9. 「……私が望んだように……」
10. ご婦人用の見事な細工物
11. 「……そこから私はヘッセン方伯の...
12. ファンタジア
13. 来たれ、重い眠り
14. 失われた希望のファンシー
15. 「……またそこから私はイタリアを...
・・・
カスタマー平均評価:  4.5
スティングの世界観とはかなり近い作曲家の曲を演奏した佳作
スティングはロックミュージシャンですが、ジャズ方面との相性がよいことは ソロアルバムを聴かれることはご存じでしょう。でも実はクラシックとも関係 が深いのです。彼は、ロック、ポップスミュージシャンが参加するクラシック 曲のプロジェクトで、クルトワイルに関する作品集及びストラヴィンスキーの 「兵士の物語」のプロジェクトに参加しております。なので、ダウランドを演 奏すると言っても、へ?という感はありますが、意外感はありませんでした。 ダウランドもスティングも両方とも聞き込んでいる筆者にとっては、声の美し さ等で比べると、そりゃ分が悪いよね?、というところでしょうか。ただし、 ダウランドの曲自体は当時の流行歌であるイギリス風演歌でありまして、ごく 普通の人が酒場とかで歌っていても不思議はなく、そのような吟遊詩人の歌と とらえれば違和感はないでしょう。 特筆すべきはダウランド歌曲の詩の世界でありまして、報われない恋の痛み、 悲しみ、残酷さ等々の歌詞の世界は、まんま、スティングのラブソングじゃな いかと思わせること必至。逆にEvery Breath you takeの歌詞など、ダウラン ドが曲を付けても違和感はないでしょう。詩が大変痛い世界なので、日本版を 買う方が、歌詞の対訳もあり、その世界観がわかるはずです。スティングの "Fragile","We work the black Seam"や"They dance alone"のタイプの曲 が好きな方はほぼビンゴでしょう。 これを気に入ったら、次買うべきは、エマ・カークビー&アンソニー・ルーリ ーのダウランド歌曲集です。この盤でダウランド好きが増えることを期待しま す。
シェイクスピアの時代
ポリス再結成ツアーも記憶に新しい英歌手スティングによる、ルネサンスの時代の音楽アルバムです。 スティングがこのようなアルバムを製作していたことは全く知らず、偶然ラジオで耳にしてびっくりしました。 本アルバムは、イングランドのエリザベス一世・ジェームズ一世時代に活躍したいわば「シンガーソングライター」である、 ジョン・ダウランドの楽曲をスティングが歌っています。リュートもわずかに披露しているものの、 ほぼ全ての演奏はエディン・カラマーゾフ氏に任されています。そもそも、一体なぜスティングがルネサンスの、 リュートの音楽をやることになったかについては、ブックレットに詳細に記されています。その文章もまた、味わい深い。 Flow My Tears、In Darkness Let Me Dwellのように少々暗め、哀しげな曲もあれば、インストゥルメンタルでリュートの音色が 堪能できるThe Battle Galliardのような物もあり、半音が印象的で現代のロックにも通ずるような所もあるForlorn Hope Fancy(インスト)、 爽やかなCome Again、明るいFine Knacks for Ladiesといった曲もあります。哀愁と爽やかさが同居した、癒される一枚。 クリスマスソングを思わせるようなハーモニーを聴くことのできる曲も少々あります。 展覧会のBGMのような雰囲気で、リュートの素敵な音色とスティング独特の声に浸れるアルバムです。ダラウンドの書簡の朗読も収録。 音色は多少リバーブがかかりすぎている気もしましたが、その分教会で奏でられているかのようで雰囲気が出ているともいえます。
私はSTINGの声があまり好きではありませんでした。
だからアルバムを買う事なんて絶対ないと思っていました。 しかし試聴してひっくり返りました。 STINGがリュート弾いててビックリ!! ベーシストですよね??? そして私が普段リコーダーサークルで重点的に演奏しているジョン・ダウランドの曲を歌っているのです!! これクラシックのシンガーだったら絶対出来ないアルバムだなと思いました。 素朴な歌い方と抑えても出るこぶしが吟遊詩人っぽく聞こえます。 ダウランドが宗教音楽家でなく世俗曲が主なのも相性が良い理由だと思います。 今回ばかりはSTINGのなまり具合が良い感じです。 いつもと違って情感たっぷりの歌い方も良い。 (一応クラシックの唱法の助言を受けているそうです) 長く聴けるアルバムだと思います。 ロック&ポップスのミュージシャンが取り組むクラシックって別物感が拭えませんが これは真正面から真面目に取り組んでいて良いと思いました。 こう言う融合もあるんだなと目からウロコです。 特に「Come again」が高揚感があって良いですね。
祈りのアルパム
スティングさんはお名前は知っていたのですが、今回アルパムを初めて聴きました。 哀感が漂うギターの旋律は、私が昔から好きだったバロック調です。 スティングさんの歌声はとても深く穏やかでした。 途中で鳥のさえずりとともに語られる静かな朗読は、祈りのような感じがしました。 とても不思議な感覚のアルパムで、少し不安がある時や、心を安らげたい時に聴くとよいと思います。
音楽のジャンルを易々と越えるスティングに脱帽
スティングがルネッサンス時代の曲をリュートをバックにして歌い(2曲では自分でアーチリュートを演奏している)、クラシックの名門レーベルであるグラモフォンから作品を出すとはびっくりしました。そして、このチャレンジが見事に成功しているのにはもう一度びっくり。まさにCDの帯の宣伝文句通り「400年の時空を越えて、安らぎをもたらす」作品です。私は静かな落ち着いた気分にひたりたいときにクラシック・ギター、それもルネッサンスやバロック時代の作品を愛聴しますが、この度スティングのヴォーカルによる本作が愛聴盤に加わったのは嬉しい限りです。本作にはスティング自身の解説文が含まれていますが、スティングの声とリュートの相性の良さを見抜いた人は慧眼の持ち主としか言いようがありません。本作のほとんどをジョン・ダウランドの曲がしめていますが、本作でルネッサンス時代の曲を気に入った人は、11弦ギターによるイョラン・イエシェルの「ルネサンス・リュート曲集」あるいは「イレブン・ストリング・バロック」を聴いてみてはいかがでしょうか。特に前者ではダウランドの曲が数曲含まれています。この時代の作品を現代に見事によみがえらせていますよ。ピアノなら何と言ってもグレン・グールドの「エリザベス朝のヴァージナル音楽名曲選」がお薦め。本作に惹かれた人は必ずやこれらの作品にも魅了されるでしょう。

ナッシング・ライク・ザ・サン

[ CD ]
ナッシング・ライク・ザ・サン

・スティング
【UNIVERSAL INTERNATIONAL(P)(M)】
発売日: 2008-08-02
参考価格: 2,800 円(税込)
販売価格: 2,800 円(税込)
ナッシング・ライク・ザ・サン
- 収録曲 -
1. ザ・ラザラス・ハート
2. ビー・スティル・マイ・ビーティン...
3. イングリッシュマン・イン・ニュー...
4. 歴史はくり返す
5. 孤独なダンス
6. フラジャイル
7. ウイル・ビー・トゥゲザー
8. ストレート・トゥ・マイ・ハート
9. ロック・ステディー
10. シスター・ムーン
11. リトル・ウィング
12. シークレット・マリッジ
カスタマー平均評価:  4.5
SHM-CDかは別として
このアルバムは、リアルタイムでCDを購入して以来、 このSHM-CD版が2回目になります。 個人的には、捨て曲無しのロック、ジャズ、ブルース、ワールドと 何でもありの静的ミクスチャーの名盤だと思ってます。 かなり好きな作品ですので、最近でもちょくちょく聞いてましたが、 だいぶ傷んできたので、買いなおしてもいいかな?と 消極的な理由で買い換えました。 しかし再生してビックリです。 音の分離が良くなっており、物凄く生々しい音になってます。 感激のあまり、一瞬”SHM-CD買占めしようかな”と思いましたが 元々、音の良いCDとはいえ、約20年前の作品ですし、 リマスターの効果も大きいでしょうし、 SACDや、DVD-Aでも出来、不出来があったので、 ”SHM-CDが素晴らしい”とは、一概に言えませんが ナッシング・ライク・ザ・サンに関しては買い換え推奨いたします。
目からウロコ
今回リリースされたのは、新しい規格のCDである、「スーパー・ハイ・マテリアル(SHM)CD」版なのですが、そんなことは全く把握せずに購入しました。 本作は、スティング自身、初のフル・デジタルマスターで、約20年前の発表当時からその音質に定評があったものです。 当然、過去にリリースされたものも購入しておりましたので、早速聞き比べてみましたが、結果は歴然の違い。 新盤は音像の定位が素晴らしく、2スピーカーでもまるで5.1chサラウンドのよう。高音の伸びも実にいい。 これがSHMCDへのスウィッチのみで得られたとするなら、正に革命。今後、さまざまなタイトルが再販されると思いますが、これはSHMCDへの買い替えをお勧めします。

Songs from the Labyrinth

[ CD ]
Songs from the Labyrinth

・Sting
【Deutsche Grammophon】
発売日: 2006-10-09
参考価格: 2,804 円(税込)
販売価格: 2,003 円(税込)
Songs from the Labyrinth
- 収録曲 -
1. Walsingham
2. Can She Excuse M...
3. "Ryght honorable...
4. Flow My Tears
5. Have You Seen Th...
6. "...then in time...
7. The Most High an...
8. The Lowest Trees...
9. "...and accordin...
10. Fine Knacks For ...
11. "...from thence ...
12. Fantasy
13. Come, Heavy Sleep
14. Forlorn Hope Fan...
15. "...and from the...
・・・
カスタマー平均評価:  5
「音楽家」としてのSting
なんと、スティングによるルネッサンス後期のリュート奏者John Dowlandの曲集。一応サポートとしてリューテニストが一人参加しているが、スティング自身もArch Lute(ルネサンス/バロック時代のリュート)を携え、1曲目から本職顔負けのリュートプレイを炸裂させている。John Dowlandのリュート曲は通常、女性ボイスにリュート伴奏で演奏される事がほとんどだが、スティングがやると、不思議にハマっている。 スティングの音楽性の幅広さは有名だが、原点に戻り、日本で言うと民謡にも当たる英国のLute Air(歌付きリュート曲)をやってしまったのには驚いた。に加え、セレブリティの趣味でハンパにカバーしているのではなく、ドイツグラモフォンから発表している事からも分かるように、「本気」でクラシックに挑戦し、他の同曲集に比べ異端的ではあるが、立派にひとつのクラシック作品を作ってしまった。スティングをある意味ふつうのロックスターと認識していた私は、本作品を聴いて、彼は祖国の原点に戻った本物の「音楽家」なのだということを知った。スティングファン、クラシックファンのみならず、皆に一度は聴いて、そして彼の魂に触れてみて欲しい作品である。

Ten Summoner's Tales

[ CD ]
Ten Summoner's Tales

・Sting
【Universal】
発売日: 1993-03-09
参考価格: 1,579 円(税込)
販売価格: 1,284 円(税込)
Ten Summoner's Tales
- 収録曲 -
1. If I Ever Lose M...
2. Love Is Stronger...
3. Fields of Gold
4. Heavy Cloud (No ...
5. She's Too Good f...
6. Seven Days
7. Saint Augustine ...
8. It's Probably Me
9. Shape of My Heart
10. Something the Bo...
11. Epilogue (Nothin...
カスタマー平均評価:  4.5
歌詞も気にしてみてください
正直すべての曲が素晴らしいとは言えませんが、スティングの代表曲がいくつかあり、とても気に入っているアルバムです。特に3曲目は最高です。彼の歌はやはりメッセージ(歌詞)がとても大切だと思います。10年前は理解できなかった自分が、最近聞いて「ああ、なるほどね・・・」なんてこともよくあります。心が落ち着く1枚です。
思い出いっぱい
この作品には とても感謝しています。なぜかというと演奏する巧さとセンスの両立を勉強できたからです。 詩の意味にも物語があって、ぐいぐいこの世界に引き込まれSTING氏の想いを僕なりに理解できた作品です。  1.2.3と続く名曲ROADはBACKの優れた演奏家の最高な演奏も聞き所ではないでしょうか?
お世話になった一枚
この変態的な演奏をライブでは楽しそうにプレイしていた。 彼らにスタンディング・オべーション。 飽きるほど、お世話になった一枚。 それでも、スティング自身は、Nothing bout me、 と、言っていたイヤミな奴である。
曲目リスト、1曲抜けてます。
 9曲目は、「EVERYBODY LAUGHED BUT YOU」だと思います。そうすれば、アルバム紹介でのレオンの挿入歌が10曲目であることとつじつまが合います。
不思議な感じ
SHAPE OF MY HEARTは最高です。   他の曲も聴けば聴くほど良くて、とても不思議な気分になります。 ☆☆☆  

マイ・ファ二ー・ヴァレンタイン ~スティング・アット・ザ・ムーヴィーズ

[ CD ]
マイ・ファ二ー・ヴァレンタイン ~スティング・アット・ザ・ムーヴィーズ

・スティング ・ブライアン・アダムス ・ロッド・スチュワート
【ユニバーサルミュージック】
発売日: 2005-03-23
参考価格: 2,548 円(税込)
販売価格: 2,166 円(税込)
マイ・ファ二ー・ヴァレンタイン ~スティング・アット・ザ・ムーヴィーズ
- 収録曲 -
1. マイ・ファニー・ヴァレンタイン ...
2. イングリッシュマン・イン・ニュー...
3. シェイプ・オブ・マイ・ハート /...
4. 風のささやき / 『トーマス・ク...
5. マイ・ファニー・フレンド・アンド...
6. ザ・マイティー (リミックス・ヴ...
7. アンティル… / 『ニューヨーク...
8. オール・フォー・ラヴ(w/ブライ...
9. シークレット・マリッジ / 『フ...
10. サムワン・トゥ・ウォッチ・オーヴ...
11. イッツ・プロバブリー・ミー (w...
12. エンジェル・アイズ / 『リービ...
13. ムーンライト / 『サブリナ』 ...
14. マイ・ワン・アンド・オンリー・ラ...
15. フラジャイル / 『ザ・リヴィン...
・・・
カスタマー平均評価:  5
男も濡れるスティングの歌声
私はスティングFanと人に胸をはっていえる人間ではありませんが、 スティングがラジオやBGMで流れていると手を止めて聞き入ってしまう そんな種類のかくれFanです。 全てのアルバムを持っているわけではありませんが これはかなりのお気に入りのアルバムです。 「Shape of my Heart」がその中でも一番のお気に入りです。 映画のナンバーとしてあまりにも有名ですが、 これをBGMにして彼女と深夜のドライブをするとかなり雰囲気がでます♪ 男子の皆さん是非ご活用くださいませ。 スティングを色恋に使ってしまうこんな私をFanのみなさまお許しください・・・ 余談ですが、近所のスポーツジムのヨガでは 「Murder by Numbers」が必ずかかってました。 「かくれ」としてはちと嬉しい。
これは、STINGが最高だし凄く得した感じ!!
Sting の歌い方が若き頃もいいが、歳を経るにしたがって凄く渋く良いのだ。此れを買ったのは曲目リストに1. マイ・ファニー・ヴァレンタイン フィーチャリング・ハービー・ハンコック / 『阿修羅城の瞳』。3.SHAPE OF MY HEART ,4.WINDMILLS OF YOUR MIND(風のささやき) が一緒に聴けるからです。1.は映画『阿修羅城の瞳』のエンディング・テーマ 「マイ・ファニー・ヴァレンタイン」 をスティングが歌い下ろし!(共演はハービー・ハンコック)3.は映画「レオン」の最後に流れる曲で、英語も簡単だし意味も良いのだ。一方、4.の風のささやきは、これも映画、スティーブ・マックイーン主演「華麗なる賭け(The Thoms Crown Affair)1968」で使われた曲で、Stingの 歌はリメーク版映画「トーマス・クラウン・アフェア」で歌われたものです。この曲はあの巨匠Michel Legrand(ミシェル・ルグラン)によるもので、歌詞の意味難解ですが多くの歌手に歌われましたが、Stingが 最高です。 それにしても、Sting が歌う映画音楽は良いね!!このCDお得で良いね18曲全部GOOD。Sting がグループ「ポリス」を組んでた頃からのファンオジサンお薦め!Dr.ω
やたら心地いい歌声とメロディー
 彼のメロディーは快いし、案外日本的です。どこか洋楽っぽくない。声がイイ。この中の「イングリッシュマン・イン・ニューヨーク」と「デモリッションマン」と映画「レオン」の主題歌は特にいい。これらは皆の耳に一度は入った事が有るはず。とっとも心地良いメロディーです。是非聴いてみて下さい。
Best Buy !
This must have been you waited! 1曲目は、宮沢りえ主演の阿修羅城の瞳の主題歌で ハービー・ハンコックがフィーチャーされている。 また、メグ・ライアン主演の”Kate and Leopold” の主題歌”Until”ラストトラックの"Demolition Man" は、スティングがこれまでの常識を打ちやぶり、 トランス系にチャレンジしている。まさに、Best buy!
ジャズ・フュージョン、ピアノ・ナンバー、バラードが多い
どの程度レア・トラックが含まれているのか。どのように曲が、提供された映画と関わっているのか。提供された映画は名作、もしくはヒット作なのか。これらの問いを別にして、この映画テーマ集を、ベスト盤と同じコンピレーション盤として聴いたときに、音楽的な特徴として思い浮かぶのは、ジャズ・フュージョン、ピアノ・ナンバーが多いということでしょう。 もちろん、「デモリション・マン」のセルフ(正確にはポリス)・カヴァーのように、近未来SF映画に提供したがゆえに、ポリス時代を思わせるロック・ナンバーも終盤に含まれています。でも、やはり、冒頭のトラック1でスティングは名ジャズ・ピアニスト、ハービー・ハンコックと共演していることも示すように、ほかのオリジナル盤、ベスト盤と比べても、このコンピレーション盤では、ジャジーで、とくにピアノが響くバラードが圧倒的に印象に残ります。スティングのジャジーなヴォーカルをたっぷり聴けました。とにかく、極上のメロウネス(=円熟、穏健)がいいですね。 とくにメロウなスティングをたっぷりと楽しみたいかたがたにとっては、ベスト盤のほうよりも、こっちのほうがオススメです。

マイ・ファニー・ヴァレンタイン-アット・ザ・ムーヴィーズ

[ CD ]
マイ・ファニー・ヴァレンタイン-アット・ザ・ムーヴィーズ

・スティング ・エリック・クラプトン ・ブライアン・アダムス ・ロッド・スチュワート
【USMジャパン】
発売日: 2008-09-03
参考価格: 2,500 円(税込)
販売価格: 2,500 円(税込)
マイ・ファニー・ヴァレンタイン-アット・ザ・ムーヴィーズ
- 収録曲 -
1. 阿修羅城の瞳::マイ・ファニー・...
2. イングリッシュマンinニューヨー...
3. レオン/スリー・オブ・ハーツ::...
4. トーマス・クラウン・アフェアー:...
5. ラマになった王様::マイ・ファニ...
6. マイ・フレンド・メモリー::ザ・...
7. ニューヨークの恋人::アンティル...
8. 三銃士::オール・フォー・ラヴ ...
9. フォー・ウェディング::シークレ...
10. 誰かに見られてる::サムワン・ト...
11. リーサル・ウェポン3::イッツ・...
12. リービング・ラスベガス::エンジ...
13. サブリナ::ムーンライト
14. リービング・ラスベガス::マイ・...
15. ザ・リヴィング・シー::フラジャ...
・・・
カスタマー平均評価:   0

ザ・ヴェリー・ベスト・オブ・スティング&ポリス

[ CD ]
ザ・ヴェリー・ベスト・オブ・スティング&ポリス

・スティング&ポリス ・ポリス ・スティング
【ユニバーサル インターナショナル】
発売日: 2002-08-07
参考価格: 2,548 円(税込)
販売価格: 1,859 円(税込)
ザ・ヴェリー・ベスト・オブ・スティング&ポリス
- 収録曲 -
1. 孤独のメッセージ
2. キャント・スタンド・ルージング・...
3. イングリッシュマン・イン・ニュー...
4. 見つめていたい
5. セヴン・デイズ
6. ウォーキング・オン・ザ・ムーン
7. フィールズ・オブ・ゴールド
8. フラジャイル
9. マジック
10. ドゥドゥドゥ・デ・ダダダ
11. セット・ゼム・フリー
12. ブラン・ニュー・デイ
13. デザート・ローズ
14. ルーズ・マイ・フェイス・イン・ユー
15. ホエン・ウィー・ダンス(エディッ...
・・・
カスタマー平均評価:  5
まだまだ足りない
もっといい曲あるよ。って思ってしまう。 ポリス時代の曲なら、ソー・ロンリーははずせないし、キング・オブ・ペインも絶対に入れて欲しいし、個人的にはブリング・オン・ザ・ナイトも名曲なので入れて欲しかった。 あと、ティー・イン・ザ・サハラも好きだなぁ。 STING時代の曲ではシェイプ・オブ・マイ・ハートが抜けているのはつらい。この曲は歌詞もめちゃくちゃ渋くて情景が浮かんでくるほど。ホワイ・シュッド・クライ・フォ・ユーも すごい、いい曲なんで入れて欲しい。 あれもこれも入れていたらきりがなくなっちゃうのはわかるんだけど。 それにしてもSTINGさん、いい曲作りすぎです!
スタンダード
曲はstingとpoliceが半々で収録され、「見つめていたい」等のヒット曲で彼に興味を持った人への入門用として最適である。特に3曲目の「イングリッシュマン・イン・ニューヨーク」はジャジーな雰囲気の中インテンポで淡々と歌われる名品。このアルバムを聴くとstingは「見つめていたい」だけの一発屋ではなく、確かな音楽性に裏づけられた一流のミュージシャンであることがよくわかる。
大人の色気を感じるstingの魅力
男の僕から見てもstingにはEric Claptonと同じような大人の色気を感じます。 特にPolice時代に大ヒットした「Every Breath You Take(見つめていたい)」からはムンムン感じます。 世界中の女性が彼の虜になったのもうなずけます。 僕はソロになってからのstingしか知らないので、 Police時代の名曲とソロになってからの曲を一緒に聞けるこのアルバムはとてもお得だと感じます。
スティングという完成されたジャンルの入門アルバム
ポリスとスティングのソロを集めた点で、非常に楽しめます。 ポリス時代のちょっとクレイジーな感じの曲と、 ジャジーな、メロディアスなソロ時代の曲とが 違和感なく同居していることがよく感じられるアルバムです。 ポリス時代のころ、私は彼らの音楽が好きだったので、ポリスのアルバムは いくつか手元にありますが、ソロになってからは、あまりロックを聴いたりすることもなくなり、映画の主題歌等で活躍を知っている程度でしたが、今回、改めてスティングの音楽が好きになりました。彼らの音楽は、何かに集中している間に流していても、邪魔にならないですね。
ビギナーはこの2002年新編集盤を、もっとハードなリスナーは1997年盤のほうを
1997年発売の同名ベスト盤から数曲をカット、その代わりに、グラミー賞2部門を受賞した『ブラン・ニュー・デイ』からの曲を入れ替えての再発盤。なので、現時点でのスティングのべスト盤としてはどの時期についても最も網羅的です。このアイテム/2002年再発の日本盤が、スティングのキャリアを紹介するにあたって誤解を招く恐れのないという意味で、最も適切で総合的なヴェリー・ベスト盤とも言えるでしょう。輸入盤は歌詞が印刷されていませんが、日本盤は歌詞も対訳もついています。そういう点で、選曲、編集方針は五つ星です。
ただ、あとは、ビギナーよりハードなリスナーにとって興味深い曲があるかどうかということです。1997年盤、とくに日本盤と比べると、“ほとんどここでしか聴けない”というレア音源がこの日本盤からはまったくなくなりました。つまり、1997年盤でしか聴けなかった「ロクサーヌ ‘97(パフ・ダディ・ミックス)」――ただし、このミックスはヒップホップ・テイストなので、「ロクサーヌ」オリジナルの崩壊を感じ、拒否反応を示すファンもいらっしゃることでしょう――がこの2002年盤ではカット。1997年の日本盤だけにおまけでついていたCDシングル「ドゥドゥドゥ・デ・ダダダ(日本語ヴァージョン)」もついていません。
ですから、2002年盤は、1997年盤から少しリマスタリングが進歩しているかもしれませんが、その後、1997年日本盤と曲目リストをくらべたときに、2002年盤はレア音源がなくて損した、と感じることもあることかと思いますので、よくお考えになって、自分はスティングにそれほどのめりこみそうにないが、でも、ポリス時代を含めたスティングのできるだけ総合的なベスト盤を一枚だけ手に入れたいならば、まちがいなくこのアイテムです。

モンキー・ビジネス

[ CD ]
モンキー・ビジネス

・ブラック・アイド・ピーズ ・ジェイムス・ブラウン ・スティング ・ジャスティン・ティンバーレイク ・Qティップ ・ダンテ・サンティアゴ ・ジャック・ジョンソン ・タリブ・クウェリ ・シー・ロー ・ジョン・レジェンド
【ユニバーサル インターナショナル】
発売日: 2007-05-23
参考価格: 1,980 円(税込)
販売価格: 1,680 円(税込)
モンキー・ビジネス
- 収録曲 -
1. パンプ・イット
2. ドント・ファンク・ウィズ・マイ・...
3. マイ・スタイル feat.ジャス...
4. ドント・ライ
5. マイ・ハンプス
6. ライク・ザット feat.Q-テ...
7. ダム・ディドリー feat.ダン...
8. フィール・イット
9. ゴーン・ゴーイング feat.ジ...
10. ゼイ・ドント・ウォント・ミュージ...
11. ディスコ・クラブ
12. ベボー
13. バ・バンプ
14. オーディオ・ディライト・アット・...
15. ユニオン feat.スティング
・・・
カスタマー平均評価:  5
Monkey Business
1. Pump It 2. Don't Phunk with My Heart 3. My Style 4. Don't Lie 5. My Humps 6. Like That 7. Dum Diddly 8. Feel It 9. Gone Going 10. They Don't Want Music 11. Disco Club 12. Bebot 13. Ba Bump 14. Audio Delite at Low Fidelity 15. Union 16. Do What You Want 17. If You Want Love 18. Make Them Hear You

フィールズ・オブ・ゴールド~ベスト・オブ・スティング 1984-1994

[ CD ]
フィールズ・オブ・ゴールド~ベスト・オブ・スティング 1984-1994

・スティング ・エリック・クラプトン
【USMジャパン】
発売日: 2008-05-28
参考価格: 2,500 円(税込)
販売価格: 2,500 円(税込)
フィールズ・オブ・ゴールド~ベスト・オブ・スティング 1984-1994
- 収録曲 -
1. ホエン・ウィー・ダンス
2. セット・ゼム・フリー
3. フィールズ・オブ・ゴールド
4. オール・ディス・タイム
5. イングリッシュマン・イン・ニュー...
6. マッド・アバウト・ユー
7. イッツ・プロバブリー・ミー
8. 孤独なダンス
9. ルーズ・マイ・フェイス・イン・ユー
10. フラジャイル
11. ウィル・ビー・トゥゲザー
12. バーボン・ストリートの月
13. ラヴ・イズ・ザ・セブンス・ウェイヴ
14. ラシアンズ
15. ホワイ・シュッド・アイ・クライ・...
・・・
カスタマー平均評価:  5
内容も音質も(^o^)/
SHM-CD(Super High Material CD)。従来のCDで使われているポリカーボネイトより透過性に優れた液晶パネル用ポリカーボネイトを採用することによって、CDのデータを以前より忠実に読み取り、クオリティをはかった高音質CDです。SA-CD(Super Audio CD)は専用再生機でないと高音質を体験できませんでしたが、従来のCD Playerでも高音質を体験できるので中堅オーディオマニアには朗報です。 体験してみて... SONY BDZ-V9のような複合機では大して向上したなと感じるまでの域までは達していませんでした。言われれば違うかなというレベルです。 昔、高級機でCDを聴くと以前聞こえなかった楽器の音や演奏者の吐息などが聞こえると言われましたが、中堅以上のCD Playerをお持ちの方は音の広がりや今まで聞こえなかった新しい発見が体験できると思います。あと、楽器の輝きが増したかなと感じるところでしょう。中堅以上のCD Playerをお持ちの方は通常版より少し高価ですが、こちらを買う価値はあると思います。 残念なのはあまりにも音がはっきりし綺麗すぎているのでいかにもデジタルの音だなと感じてしまいました。(クリアになりました。)高級機を使うともっと違うのかも知れませんが.... しかし、このような技術はどんどん普及させて、今後、販売される国内版CDはすべてSHM-CDにしても良いのではないでしょうか?互換性はあるのだし、音は向上しているのですからね。ただでさえ国内版は高い(曲の訳や解説をつけるとしょうがないと思うのですが....)と言われているのだから... 内容ですが、スティングのベスト盤なので買って失敗はありません。スティング入門編といった感じです。 個人的には 15.Why Should I Cry For You? ← この曲が気に入っています。 SONY BDZ-V9 or DENON DCD-1650AE DENON PMA-SA11 & JBL Control Monitor



Copyright © 2008 洋楽アーティストデータベース. All rights reserved.    Program by 簡単アマゾンサイト作成ツール ver.3.96

 更新日 2008年10月11日   ※ 表示価格は更新時のものです!      メール      相互リンク