洋楽アーティスト1000人のデータベース。公式サイト・ファンサイト・ブログ・掲示板・リンク集。

洋楽アーティストデータベース

1,500円以上で送料無料!
※一部大型商品を除く
カートを見る ヘルプ
フリートウッド・マック フォリナー フランク・ザッパ フランキー・ゴーズ・トゥ・ハリウッド ゲイリー・ムーア ジェネシス  
  ジョージ・ソログッド グレイトフル・デッド ファビュラス・サンダーバーズ ホール&オーツ ハート ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース

洋楽データベース
無料着うたダウンロード
OnGen音楽配信
洋楽楽譜
洋楽名曲
洋楽ランキング
洋楽歌詞和訳・翻訳
特集
 J・ガイルズ・バンド
 イアン・デューリー
 イギー・ポップ
 インエクセス
 カンサス
 キッス
 キング・クリムゾン
 ザ・キンクス
 ジェフ・ベック
 ジェリー・リー・ルイス
 ジミ・ヘンドリックス
 ジュエル
 ジョー・ウォルシュ
 ジョー・コッカー
 ジョー・ジャクソン
 ジョニ・ミッチェル
 ジョン・ケイル
 ジョン・ハイアット
 ジョン・レノン
 レッド・ツェッペリン

 

キッス


地獄烈伝~ニュー・レコーディング・ベスト~(初回生産限定盤)(DVD付)

[ CD ]
地獄烈伝~ニュー・レコーディング・ベスト~(初回生産限定盤)(DVD付)

・KISS
【DefSTAR RECORDS(SME)(M)】
発売日: 2008-08-27
参考価格: 3,360 円(税込)
販売価格: 4,790 円(税込)
地獄烈伝~ニュー・レコーディング・ベスト~(初回生産限定盤)(DVD付)
- 収録曲 -
1. DEUCE
2. DETROIT ROCK CITY
3. SHOUT IT OUT LOUD
4. HOTTER THAN HELL
5. CALLING DR.LOVE
6. LOVE GUN
7. I WAS MADE FOR L...
8. HEAVEN'S ON FIRE
9. LICK IT UP
10. I LOVE IT LOUD
11. FOREVER
12. CHRISTINE SIXTEEN
13. DO YOU LOVE ME
14. BLACK DIAMOND
15. ROCK AND ROLL AL...
カスタマー平均評価:  4
懐かしかったです
KISS←中学生の時大好きでした。 初めて武道館にライブを観に行ったのも KISSの来日公演でした。 DVDを観ながらKISSに夢中だった頃を ただただ懐かしく思いました。
出す意味が、分かるような/分からないような・・・。
現在のツアーメンバーで再レコーディングしたベスト盤。 ツアーで演奏されているヒット曲中心なので云わばコンサート前に「予習しておけ!」的な内容。 オリジナルと比べるとテンポを少々落としているのでヘヴィな印象に仕上がっている。 しかし、アレンジやSE、リバーブの効いてないサウンド作りは略オリジナルに近いので、 改めて再録する必要があったか疑問だ。 アレンジを敢えて変える必要は無いと思うが、サウンド作りは、多少変えても良かったのではないだろうか? DVDの映像は、NHK『ヤングミュージックショー』で放映されたものに新たに3曲追加されているが、 ♪メイキンラヴは何故か省かれている。 当日の収録は、昼夜2公演を収められたので放映とはアングルやカットが異なる箇所もある。 画質と音質は、オフィシャルとして発売されるには値しないが、マニアとしては嬉しい。 何れ、リマスターした完全版が発売されるのを切望したい!(音源は、当初『ライブインジャパン』として発売される予定もあった) 彼らのベスト盤を買ってみようと思われるなら、DVD目当てで無ければ過去のベスト盤をお薦めする。 日本先行発売なので欧米盤は、ジャケットが変わるのかしらん?
この作品は期待に応えうるものであるのか...
わざわざ、これだけの時をあけてニューレコーディングということの意義は...ということで、予約をして購入しましたが、極めて平坦な演奏。ALIVEの、あの絶叫、盛り上がりはなし。単に「歌っている」だけという印象の楽曲。残念ながら、新しい価値を創造していく音楽家の作品ではないです。 初回特典のDVDですが、KISS好きは、既に、KISSOLOGYは3作とも購入しているのではないでしょうか。 ビジネスマンでもあるミュージシャンたるKISSですが、折角、期待をあおるニューレコーディングが、これですか...という印象。 どこの部分が、新しい価値をと意図している楽曲なのでしょうか?
KISSをまともに聴いたのは初めてです
映画デトロイトメタルシティに出てたジーン・シモンズが格好いい!と思ってKISSに興味を持ちました。 普段はロックは聴かないです・・。 いっぱいCDやDVDが出ててどれを聴いたら良いのかわからなかったので、こちらのニューレコーディングのDVD付きで事で購入しました。 DVDのライブ映像が自分の生まれ年より前でビックリ。。 かなり昔のものなので一瞬心配しましたが格好良かったです!今でも全然通用すると思います! ジーン・シモンズの火吹きも見れて満足。 CDは流石に聴いたことある曲って無いですけど、腕挙げてシャウトしたくなります。 ロックでそういうことして良いのかもよく解ってないですが(汗 一曲だけI was made forlovin'youのメロディーはキヤノンのデジカメに使われてたのでおぉ!っと思いました。その位。。 ちょっとの間はヘビロテで聴いていこうと思ってます。 あ、あー・・・ヨハネ・クラウザーII世のコメント(この時点で片腹痛い)要らない・・。 中途半端すぎてクラウザーさんでも無いし。考えたの誰ですか? デトロイトメタルシティ原作者の若杉公徳さんに漫画描いて貰った方が、まだ面白かったのでは?
DVDの特典に免じて「まいっか」ってとこかな
正直このCDの制作意図が分からない。 「KISS」として本気でアルバムをリリースしているとはとても思えないし、どんなメッセージが込められているのかを窺い知ることも出来ませんでした。 ニューアルバムの音源をラジオソースで入手していた全盛期。 あのワクワク感と興奮を感じ得ないのは、年齢を重ねたから、とは残念ながらどうしても思えません。 演奏も録音もアレンジも、2008年というこの21世紀になってこれじゃねぇ。。。 タイトル通り、初来日公演のDVDをTVの画面で見ることが出来るってのがせめてもの救いでしょうか。 ま、これもKISSなのかな。

地獄烈伝~ニュー・レコーディング・ベスト~

[ CD ]
地獄烈伝~ニュー・レコーディング・ベスト~

・KISS
【DefSTAR RECORDS(SME)(M)】
発売日: 2008-08-27
参考価格: 2,520 円(税込)
販売価格: 2,268 円(税込)
地獄烈伝~ニュー・レコーディング・ベスト~
- 収録曲 -
1. DEUCE
2. DETROIT ROCK CITY
3. SHOUT IT OUT LOUD
4. HOTTER THAN HELL
5. CALLING DR.LOVE
6. LOVE GUN
7. I WAS MADE FOR L...
8. HEAVEN'S ON FIRE
9. LICK IT UP
10. I LOVE IT LOUD
11. FOREVER
12. CHRISTINE SIXTEEN
13. DO YOU LOVE ME
14. BLACK DIAMOND
15. ROCK AND ROLL AL...
カスタマー平均評価:  3.5
DVDだけでも買いです
1977年の武道館ライブのDVDが魅力的。NHKヤングミュージックショーでも割愛されてた曲も入っていて満点です。再録の方は、原曲に忠実なので「何も今更改めて…」といった印象です。
やってくれました
凄すぎる! 通常、カバー曲はもちろんセルフカバーもオリジナルに、近づくことさえ出来ないけれど、本作での演奏はオリジナルと肩を並べる出来だと思う。なにしろ小学生のときのキッス初来日が洋楽にのめり込むキッカケとなったくらい毎日初期のアルバムを聴いていた私だが全く違和感無く聴ける。 円熟を増したバンドがオリジナルに(なるべく)忠実に演奏するとこうなるという最高の例だと思う。下手にアレンジを加えてないからオリジナルを愛した古いファンも満足できるだろう。この数十年ライブで演奏されている(あの違和感ある)ラブガンのイントロのブレークが入るアレンジ。あれさえも本作では入れてないくらいオリジナルに忠実である。(ただし化粧を落としてからの楽曲はよく知らないので、その頃の曲はどれくらい忠実に再現してるのかは分らない) アルバムの意図が分からないという声もあるが、化粧にコスチュームに血と炎のステージ.....エンターテインメントサーカスバンドだからこそのファンを楽しませようとしたアルバムなのだろう。 「今後はオリジナル新曲を作らずに、ファンが愛した昔からのキッス楽曲を継承する」と決意したバンドだからこそ出来たアルバムだと思うし、最高のセルフカバーアルバムだと思う。「ブラックダイアモンド」がピーターの声でないにも関わらず録音されたというのも、やはり「継承」のためのアルバムなのだろう。とても意味の重いアルバムであると思う。 もちろんオリジナル曲の素晴らしさを抜くことは出来ないが、下手に新曲作ってコケるよりキッスに限ってはこれでイイのだ! でなければ96年に化粧で復活したことさえも否定することになる。 モーツアルトやベートヴェンの(当たり前だが)新曲は作られず、過去の曲が演奏され続けても観客は拍手する。その粋に入ったのかもしれない(言い過ぎか?w) ところで中期?後期のファンはどう聴いてるのだろうか?
この重圧感、確かに増してる!!
KISSのメンバーがどうであれそんなの関係ありません。大事なのはKISSとして成り立っているかです。それは、どのバンドでも言えることです。 評価は★5!! やっぱりKISSはジーン……じゃなくて、デーモンだ!! 1番カッコイイ!!楽曲の中にショック・ミーがないのは事実、あったほうがよかったですね!
選曲、演奏ともに最高
現役メンバーでの再録音、ということで発売前から賛否両論だったこのベストアルバム。 確かにファンはトミーよりもエースを求めます。ポールやジーンだって、エースがちゃんと働く人だったなら、いっしょにKISSでプレイしたいと思うでしょう。 さてこのベストアルバム。地獄列伝という邦題・・・というか名称が付いています。 日本で先行発売ということで、日本のみのリリースではありません。 ジャケットに雷神が用いられていますが、収録曲に「雷神」こと「God of thunder」はありません。 KISSの名曲を挙げると、とてもCD一枚に収まる数ではなく、これも入れて欲しかった!ということはよくあります。それでもこのベストはライヴでの定番曲、人気曲、とりあえずこれだけは必聴という名曲ばかりで構成されています。 映画「デトロイト・メタル・シティ」をきっかけに初めてKISSに触れる人がいるかもしれません。 そんな方々のKISSの入り口に、このベストは大変お役に立つでしょう。 演奏は自信に満ちており、落ち着いていて、そして安定しているので、安心して聴けます。ベテランならではの風格です。 再録音ということですが、原曲に忠実で、変わりすぎていないか心配な人でも安心してください。 逆に変化を求めていた人には物足りないかもしれません。 余談ですが、KISSは自らを「ロックの歴史の1ページ」と言っていました。 俺たちより前にもページはあって、俺たちの後にもページは出来ていく、と。 KISSはこれからどう動き、何を見せてくれるのか。 ずっと大好きなバンドでしたが、このベストを手にして、僕はますますKISSを好きになってしまいました。
我こそはKISSアーミー♪
がたがた言わずにファンなら買え!!買いたくない奴ぁ買わなくて良いから、ここに下らないレビューなんは書かない事だな♪集金結構!!集金万歳!!これがKISSなのだよ(≧∇≦)ゞ

グレイテスト・キッス〜リマスター・グレイテスト・ヒッツ

[ CD ]
グレイテスト・キッス〜リマスター・グレイテスト・ヒッツ

・キッス
【マーキュリー・ミュージックエンタテインメント】
発売日: 1996-12-09
参考価格: 2,548 円(税込)
販売価格: 2,000 円(税込)
グレイテスト・キッス〜リマスター・グレイテスト・ヒッツ
- 収録曲 -
1. デトロイト・ロック・シティ
2. ブラック・ダイヤモンド
3. ハード・ラック・ウーマン
4. シュア・ノウ・サムシング
5. ラヴ・ガン
6. ジュース
7. ゴーイン・ブラインド
8. ショック・ミー
9. ドゥ・ユー・ラヴ・ミー
10. 彼女
11. ラヴィング・ユー・ベイビー
12. 狂気の叫び
13. 雷神
14. 悪魔のドクター・ラヴ
15. ベス
・・・
カスタマー平均評価:  4.5
ロック界のエンターテイメント
デビュー以来のファンです。初期の曲が聴けるのがいい。でもちょっと・・デトロイトロック・・での幕開けは良いし正しい!でも次がブラックダイアモンドとは・・最初と最後が続けて・・というのはファンとしてはいただけない・・せめて一番最後にすべき。選曲はエースのショック ミーが聞けてうれしい、ライブでのギターからスモークがでて火が燃えてのシーンが思い出される。まあよりどりみどりって感じかな。ロクンロール オールナイトは名曲よね。
ロックをエンターテイメントにしてくれたバンドや
メロディがポップで美しい
ライブはど派手の根っからのアメリカンバンド
ライブ会場だけやなくてラスベガスのホテルのショーでもOKや
難しい顔して聴くのはロックやあらへん
極上のエンターテイメントここに極まり
できれば、ライブ盤のDVDも欲しいな
今夜もロックンロールオールナイト
メイクは奇抜でも演奏はオーソドックス
ロックンロールしています。芯が太い。
「キッス」というと「顔全面メークのちょっとえぐい4人組バンド」と思われている方もおられると思いますが、曲はオーソドックスな「ロック」です。
ロックは今では、いろいろと多岐に細分化され、いろんな路線に分かれてしまって様々な方向に行ってますけれども「KISS」は、「オーソドックスロックンロール」路線を走っていたバンドだったんだなーとつくづく思いました。
解散してしまいましたけれど、いまだファンは根強く「ロック」していますよ。
正統派のロックです
キッスは、きてれつな(むしろとてもかっこいい)メイクやパフォーマンスで世間をあっと言わせましたが、やっている音楽は誠に正統派なんだなーと思います。
プレイテクニックもしっかりしていて、曲がとても聞こえてきます。また、アルバムセールスもとてもうまかったように思います。
ベスト盤全20曲でキッスのエッセンスは抽出してあるので、当時の雰囲気を懐かしむ人やら、キッスってなんやろ?と思っている人。これ1枚で十分満足できるものと思っています。
是非買ってみてください。
これぞKISSのベストアルバム!
 1996年、KISSは初期メンバーとかつてKISSの顔自と言われたメイクを復活させ、その記念に自分達のベストアルバム「グレイテスト KISS リマスター・グレイテスト・ヒッツ」をリリースしました。

 このアルバムの収録曲は、S以外はKISSの初期メンバー時に発表した曲ばかりです。まずKISSの名曲中の名曲の@やNをはじめ、KISSの最大ヒットアルバムのタイトルナンバーでもあるDや、今ではライヴのラストに飾ることが多いKISSの初のシングルヒットしたPなどが収録されており、またKはこのアルバムでしか聴けないライヴヴァージョンなのでKISSファンの方は一度聴いてみてはいかがだろうか?

 自分的に唯一の不満は初期のKISSの名曲の一つでもある[I WANT YOU」や「COLD GIN」などが収録されていないことぐらいですが、初期のKISSの名曲中の名曲といえる曲はほとんど収録されているので大きなマイナスというほどではありません。ただ長年のKISSのファンの方には不満な点があると思いますが、初期のKISSの代表曲がたくさん聴けるのでKISSの入門者の方にはおすすめできます。自分的に言うとこのアルバムは今まで発表されたKISSのアルバム、もしくはベストアルバムの中では最高のアルバムだと思うのでKISSファンの方はもちろうんHR/HMファンの方にもおすすめ出来るベストアルバムだと思います。


KISS・ゴールド

[ CD ]
KISS・ゴールド

・KISS ・ポール・スタンレー ・エース・フレーリー ・ジーン・シモンズ ・ピーター・クリス
【USMジャパン】
発売日: 2008-06-25
参考価格: 3,500 円(税込)
販売価格: 3,300 円(税込)
KISS・ゴールド
- 収録曲 -
1. ストラッター
2. ナッシン・トゥ・ルーズ
3. ファイアーハウス
4. ジュース
5. ブラック・ダイヤモンド
6. ゴット・トゥ・チューズ
7. パラサイト
8. ホッター・ザン・ヘル
9. 激しい愛を
10. 彼女
11. あの娘のために
12. ロック・ボトム(ライヴ)
13. コールド・ジン(ライヴ)
14. ロックン・ロール・オール・ナイト...
15. レット・ミー・ゴー・ロックンロー...
・・・
カスタマー平均評価:  4.5
最高☆
俺はキッスのgのヤングミュージックショウでキッスをしり まだキッスのベスト盤を聞いたことがなかったので買いました。内容はとてもよくてとくに気に入ったのはメンバー全員のソロアルバムからの一曲で一番良かったのはエースのニューヨークグループです
初心者の方もファンの方もオススメです。
2005年発売の2枚組みベスト。輸入盤には
歌詞カードは付いていませんが、その代わり
スリーブケース仕様で、ディスクもゴールドディスク
となっており、非常に豪華な作りとなっています。

もちろん内容も素晴らしく、リマスターもされてますし
選曲も良いと思います。初めてKISSに触れようと考えて
いらっしゃる方も、往年のファンの方もオススメの一枚です。
数ある彼らのベスト盤の中でも最高の選曲
これを見つけたときは思わず部屋の中で小躍りしそうになりました。彼らのベスト盤はいろいろ出ていて、どれも似たような選曲という感じですが、この盤は凄いです。全盛期の楽曲を中心に押さえるところはしっかり押さえてある上にリリース順に並べられているし、4人が同時に出したあの4枚のソロ・アルバムからも一人一曲ずつ計4曲入っています。聴いていて涙が出そうになりました。輸入版にしてはブックレットも非常にしっかり作ってあり、写真も豊富です。もちろん各曲の作曲者などのデータがしっかり載っています。そのソロの曲のページは、4曲分が見開き2ページに収まっていて、データの下には当時のLPジャケットに使われた4人のあの顔が、ポールの曲の下にはポールの顔が、ピーターの曲の下にはピーターの顔が、4人揃って載っているのを見た時、「このアルバムを作った人はほんとにKISSが好きなんだな」と思いました。輸入版ですが、歌詞はネットで簡単に拾えます。全曲リマスターされて音は驚くほど綺麗になっています。特に初期の楽曲では音の回り込みがなくなっていてそれぞれのパートがくっきりと立っていて感動しました。もちろんCCCDではありません。
KISSを聴いたことが無い人に
KISSとしては数枚目のベスト盤ですが、まだKISSを聴いたことが無い人にはKISS登場〜全盛期までを簡単に知ってもらうには良いアルバムだと思います。値段も手ごろですし。
歌詞カードは付いていませんが、ブックレットに各曲についての説明が載っているので気に入った曲があれば、そこから各アルバムを買っていけば良いと思います。
ファンにとっては・・・
なかなかよい内容なのではないでしょうか?それ以外の方々に喜ばれるのかどうか・・・


アライヴ!~地獄の狂獣

[ CD ]
アライヴ!~地獄の狂獣

・キッス
【ユニバーサル インターナショナル】
発売日: 2006-12-20
参考価格: 2,780 円(税込)
販売価格: 2,292 円(税込)
アライヴ!~地獄の狂獣
- 収録曲 -
1. ジュース
2. ストラッター
3. ゴット・トゥ・チューズ
4. ホッター・ザン・ヘル
5. ファイアーハウス
6. ナッシン・トゥ・ルーズ
7. 激しい愛を
8. パラサイト
9. 彼女
カスタマー平均評価:  5
まさにKISSの最高傑作の一枚!
 今なお高い人気を誇るハードロックバンドKISSの最高傑作といえば通算4作目の「地獄の軍団」と一般的に言われているが、KISSのライブアルバム第一弾でもある本作の「ALIVE」もKISSの最高傑作視するファンも多いのも事実だ。そう本作もKISSのアルバムの中では最も高い評価を得てるアルバムの一つだ。ちなみに本作は1975年9月にリリースし全米アルバムチャート9位を記録し、KISSの初のヒット作になった作品でも有名で、本作なしでは、恐らくKISSは成功を収めなかったと言うわれるほど、KISSにとっては重要性が高いアルバムだ。  一般的にライヴアルバムと言えば、スタジオ盤と比較すると音質が悪い印象があるが、ライブパフォーマンスの評価が極めて高いKISSの場合、KISSの魅力を実感するにはライヴアルバムが最適と言われているほど、KISSのライヴアルバムの評価が絶大的と言ってもいいだろう。さらに本作に収録されている曲は、スタジオヴァージョンの曲よりもエネルギッシュ且つダイナミックな仕上をしている上、これまでのスタジオヴァージョンよりも本作のライヴヴァージョンのほうが評価の高い曲も少なくない。特にKISSの名曲中の名曲としても名高いDISC2(6)はスタジオヴァージョンの曲よりも圧倒的な評価を得ており、シングルカットされシングルチャート12位を記録し、本作の中では最も高い評価を得てる曲の一つだ。特にDISC2の大半の曲はスタジオヴァージョンよりも高い評価を得てるらしい。とにかくライヴアルバムの割には全体的に聴き応えがあり、本作に収録されている全ての曲が、スタジオヴァージョンよりも聴き応えがあルカのような印象を受けるので、本作をKISSの最高傑作視するファンの気持ちが嫌と言うほど伝わってくるような気もする。そう本作がKISSの最高傑作の一枚だと言うことは確かで、これを聴かずにKISSを語ろうなんて不可能と言えるほど、本作はKISSのアルバムの中では最も優れたアルバムだと言うことは決して過言ではない!そう本作こそKISSの運命を決定付けた作品なのだから!

キッス〜帰り道のラブソング〜 (初回限定盤)(DVD付)

[ CD ]
キッス〜帰り道のラブソング〜 (初回限定盤)(DVD付)

・テゴマス
【ジャニーズ・エンタテイメント】
発売日: 2007-05-16
参考価格: 1,400 円(税込)
販売価格: 2,700 円(税込)
キッス〜帰り道のラブソング〜 (初回限定盤)(DVD付)
- 収録曲 -
1. キッス~帰り道のラブソング~
2. キミ+ボク=LOVE?
3. マルイチカラ
カスタマー平均評価:  4.5
凄くお勧めです!
メロディー・歌詞ともに、心うたれるものがあります。懐かしさや 甘く ちょっと切なくもあり、聞いていると 恋っていいな?と思わせてくれる曲だと思います。また、PVもテゴマスお二人の笑顔や仕草にかなり癒されます!かなりお勧めです!
ジャニーズが苦手な人でも聞ける曲
歌詞をよく確認すれば、ジャニーズの王道の純愛路線なのですが 曲の速さがゆっくりなのと、歌が割と上手なので 全体的にジャニーズっぽくない雰囲気です。 とてもさわやかな、聞きやすい曲です。 10代の頃の懐かしい気持ちがよみがえってきました。 とても癒されました
いいよぉ?
良いです!歌うまいしね!2人の声のバランスも絶妙?お母さんほどの私でもちょっと「キュン」となるぐらいです。歌が大好きな2人が心をこめて丁寧に歌っているのが伝わってきます。私はお勧めです!
せつない??
いい声ですね???? 切ない声 若い声^^ とっても いいです おばさんが聞いても でもなんで 発売日ずらせなかったのかな? かわいそう???いい曲なのに 
穏やかな
特にファンでもナイので注目した事なかったんですが(。。) TVで偶然見掛けて 暖かな歌詞とチョットせつない曲に 凄く惹かれました(ノ∀`*) しかも予想に反して歌が上手いっ 大事に大事に唄ってる歌い方も カナリ良かったです。 何度も聴きたいので買わなきゃ と思い、ミソスープもチャンと聴いてみたいな と思いました。

地獄の軍団(紙ジャケット仕様)

[ CD ]
地獄の軍団(紙ジャケット仕様)

・キッス
【ユニバーサル インターナショナル】
発売日: 2006-07-12
参考価格: 2,141 円(税込)
販売価格: 2,034 円(税込)
地獄の軍団(紙ジャケット仕様)
- 収録曲 -
1. デトロイト・ロック・シティ
2. 暗黒の帝王
3. 雷神
4. 地獄の遺産
5. 燃えたぎる血気
6. スウィート・ペイン
7. 狂気の叫び
8. ベス
9. ドゥ・ユー・ラヴ・ミー
カスタマー平均評価:  4.5
コレヲキコウ
キッスはご存じの通り、メイクとコスチュームで有名なロックンロール・バンドである。70年代中盤に「キッス・アライブ」(全米9位)でブレイクし、本アルバム「地獄の軍団」(全米11位)が爆発的に売れた。「地獄のロックファイアー」はその次作である。これら3作がキッスの絶頂期だ。その後、ディスコナンバー「I Was Made for Lovin' You」にみられるように、どポップ路線に方針転換する。また、メンバー内の確執からエースとピーターが脱退すると、メンバーを補充しさらにメイクを落として活動を続ける。それでも当時のメタルブームのおかげでそこそこ売れていて、「リベンジ」は全米6位を記録しているようだ。しかーし、この辺は全然聞いていない。 初期のキッスの曲って、よくできてる。コピーしてみるとわかるんだけど、こんな単純なリフでよくこんなかっこいい曲が出来るなと思う。それと、リフづくりのパターンが各曲とも似てるのね。でも、それを感じさせない。ポール・スタンレーって才能あるな。では、ロックンロール・オールナイトを弾いてみましょう。次にブラック・ダイアモンド。はい、ファイアー・ハウス。ね、ちゃららららららが一緒でしょ。 コピーがラクってのもギター・キッズたちにはいい。とっつきやすくて、バンドも組みやすい。こういうバンドが売れればギターも売れるのになと、某楽器店長も言っていた。イングヴェイじゃ弾けないもんね。 「キッス・アライブ」「地獄の軍団」「地獄のロックファイアー」の3枚を聞いてくれ。
彼等を知らない若い世代へ
キッスのスタジオ盤ではよく雑誌でも名作として取り扱われる本作はライブでの扱いも破格で殆どの楽曲が演奏されている。 当時としては下世話な歌詩にキャッチーなメロディがメイク・ド派手なライブパフォーマンスとあいまって、ブリティシュはおろか自国アメリカのバンドにも存在しないオリジナリティーとカリスマを発散していた。前作より洗練された音作りは後々のLAメタルにも影響を与えたのではないだろうか。個人的にはそろそろ新規リマスターを望みたい。未だに96年仕様のマスタリングなのは如何なものか?
KISSブレイク後の名盤
 前作「アライブ!」で成功を収めたKISSの、その翌年である’76年に発表されたアルバムである。 個人的には「デトロイトロックシティ」が一番のお気に入りですね。 ライブでも必ずと言っていいほど、このナンバーはやりますね。 「SHOUT IT OUT LOUD」もメロディアスで大好きです。 サビの部分の観客との声の掛け合いもいいですね。 こんなにいい曲揃いなのに、全米ではナンバーワンになってないんですね。 いや、ナンバーワンを取ってもおかしくないくらい、完成度の高いアルバムですけどね。 私はこのアルバムからKISSを聞き始めたので、入門編にはもってこいのアルバムなのかもしれません。
予定調和の完成
このアルバム「地獄の軍団」から「地獄のロックファイヤー」「ラヴガン」「アライヴU」までをキッスの黄金期とみてほぼ間違いない。この頃に初来日して武道館でのライヴはNHKのヤングミュージックショウで放映された。現在も色あせない代表曲「デトロイトロックシティー」はイントロのリフからポールスタンレーの甘い絶叫ヴォーカル間奏のブレイクからエースのリードソロから最後はツインリードになる曲の構成はこれでもかという予定調和でありながら見事な完成形であり、期待を裏切らない王道のハードロックである。
オーヴァードライヴがかっこいい
 最後の曲 Do you love me?をアナログ盤で擦り切れるほど聴いていました。当時、住宅事情が悪くヘッドフォンつけて大音量で聴いては、ドラムと中間部分のツインギターに鳥肌立てていたんです。懐かしい。  もちろんエアボ、エアギターは当たり前・・・(笑) エアロほどのすごいバンドではないけれど、ほんとにツボを得たメロディが頭に焼きつく・・・そんなバンドです。今でも無性に聴きたくなるときがあります。

アライヴII

[ CD ]
アライヴII

・キッス
【ユニバーサル インターナショナル】
発売日: 2006-12-20
参考価格: 2,780 円(税込)
販売価格: 2,620 円(税込)
アライヴII
- 収録曲 -
1. デトロイト・ロック・シティ
2. 暗黒の帝王
3. 熱きレディズ・ルーム
4. 果てしなきロック・ファイヤー
5. ラヴ・ガン
6. 悪魔のドクター・ラヴ
7. クリスティーン・シックスティーン
8. ショック・ミー
9. ハード・ラック・ウーマン
10. トゥモロー・アンド・トゥナイト
カスタマー平均評価:  5
KISSの傑作ライヴアルバム第二弾
 今なお高い人気を誇るべテランロックバンドの一つでもあるKISS!そもそもKISSといえばライヴに関しては最も高い評価を得てるバンドの一つでも有名だ。そして本作がKISSの人気ピーク時の1977年にリリースされ、ライヴアルバムとしては第二作目となる「ALIVE2」である。そして本作は全米アルバムチャート7位を記録し、これまでに300万枚以上のセールスを記録するなど、KISSのベストセラーアルバムの一つでもある。  一般的にライヴアルバムと言えば、スタジオ盤と比べたら音質が悪いと言う印象があるが、KISSの場合、ライヴに関しては絶大な評価を得てるためか、KISSの魅力を実感するにはライヴアルバムが最適だと言われているようだ。無論本作もKISSらしいライヴの魅力を詰め込んだようなアルバムと言えよう。そもそも本作に収録されている曲は4th?6thアルバムに収録されていたライヴヴァージョンが収録されているが、DISC2(6)?(10)スタジオで録音された曲であり、事実上はボーナストラックではないようだが、厳密に言ってしまえばボーナストラック同然であろう。本作を一通り聴けば分かるだろうが、どれだけKISSのライブアルバムが高い評価を得てるのかが分かるほどエネルギッシュなライヴサウンドが響く。またDISC1(4)とDISC2(3)はスタジオヴァージョンより高い評価を得ているのだが、スタジオヴァージョンと本作のライヴヴァージョンと聴き比べればライヴヴァージョンの方がエネルギッシュ且つダイナミックな仕上がりをしてるのかが分かる。でも総合的にスタジオ盤の方が聴き応えがある曲が多いが、全体的にKISSらしいライブサウンドを味わうことが出来るのKISSの入門書にもお勧めできるライブアルバムだが、総合的に本作よりもKISSのライヴアルバム第一弾でもある「ALIVE」の方が評価が高いようである。個人的に言えば本作を聴かずにKISSを語ることは出来ないと言っても過言ではないのでKISSファンだったら絶対に聴くべきかもしれない

エース・フレーリー

[ CD ]
エース・フレーリー

・キッス
【ユニバーサル インターナショナル】
発売日: 2005-06-09
参考価格: 1,750 円(税込)
販売価格: 1,600 円(税込)
エース・フレーリー
- 収録曲 -
1. リップ・イット・アウト
2. バック・トゥ・マイ・ベイビー
3. スノウ・ブラインド
4. オゾン
5. ホワッツ・オン・ユア・マインド
6. ニューヨーク・グルーヴ
7. アイム・イン・ニード・オブ・ラヴ
8. ワイプド-アウト
9. フラクチャード・ミラー
カスタマー平均評価:  5
スペース・エースの魅力爆発!
キッス活動停止時に各メンバーが同時にソロアルバムを出しました。その内の一枚が本作品です。ファンの興味は誰のアルバムが一番売れるかだったのですが、大方の予想を裏切ってエースのアルバムが最も売れたのでした。各メンバーとも、キッスであることにとらわれずアルバムを制作したのですが、エースのアルバムが一番ファンの考える姿に近かったからではないでしょうか。すなわち、ロケットライドやショックミーを期待するファンを満足させることができたロックンロールアルバムであったということでしょう。もちろん、キッスでやっていることをそのままソロアルバムでもやっているということではなく、エース自身がやりたいことをやりたいようにやった結果がこのアルバムなのです。フラクチャードミラーなんてキッスじゃ絶対やらせてもらえないだろうしね。他にもリップイットアウトやスノウブラインド、アイムインニードオブラブなどは、いかにもエースのロックンロールといった感じの曲でかっこよく素晴らしいことはいうまでもないことです。

地獄のロック・ファイアー(紙ジャケット仕様)

[ CD ]
地獄のロック・ファイアー(紙ジャケット仕様)

・キッス
【ユニバーサル インターナショナル】
発売日: 2006-07-12
参考価格: 2,141 円(税込)
販売価格: 1,990 円(税込)
地獄のロック・ファイアー(紙ジャケット仕様)
- 収録曲 -
1. いかすぜあの娘
2. 燃える欲望
3. 悪魔のドクター・ラヴ
4. 熱きレディズ・ルーム
5. 激烈!ベイビー・ドライヴァー
6. 愛の絶叫
7. 情炎!ミスター・スピード
8. 悪夢の出来事
9. ハード・ラック・ウーマン
10. 果てしなきロック・ファイヤー
カスタマー平均評価:  5
もっと評価されてもよいのでは
 とてもよい曲が揃っていると思うが、世間の評価は今ひとつのアルバム。パワフルな楽曲はないが、「Hard luck woman」「Beth」だけをとってもこのアルバムを買って損はない。  個人的にはKISSの作品では5本の指に入る名盤。
はじめて買ったLPレコード
まったく個人的なことであるがこの「地獄のロックファイヤー」は自分で買った最初のLPレコードである。未だに最初に針を落とした瞬間にギターのアルペジオにあわせてポールスタンレーの囁くように唄うパートから展開して激しいロックになる瞬間の衝撃は言いようのないものであった。アルバムとしてはメンバーのいろんな側面が盛り込まれて、ピーターがうたうロッカバラード「ハードラックウーマン」やジーンの得意とするエロ歌詞の「レディスルーム」など名曲が揃う。
いかにもキッスらしいアルバム
このアルバムは、キッスと言えばこのサウンドというくらいキッスらしいアルバムです。前作のヒットで自信がついたのでしょうか、余裕のようなものさえうかがえます。その象徴とも言えるのが、ハードラックウーマンでしょう。キッス初のアコースティックナンバーで、ピータークリスのしわがれ声が実によくマッチしたポールスタンレーの名曲です。また、アルバムトップのいかすぜあの娘もポールの夢みるような甘いヴォーカルとワイルドなヴォーカルが両方楽しめるキッスの代表曲とも言える名曲です。他にも燃える欲望、悪魔のドクターラヴ、熱きレディズルーム、果てしなきロックファイアーなどがいかにもキッスらしい代表曲と言えるでしょう。なおアルバムプロデューサーは、かのエディークレイマーです。
本来のスピード感あるスカっとしたロックンロールに。
泣く子も黙るKISSの6作目となる作品。前作ではロマンチック路線で物議をかもした彼らですが、本作では本来のスピード感あるシンプルなロックンロールに回帰しています。バラード風の曲もHで単にメロウなだけでなく、キャッチーなメロディーに軽快なリズム、ピーター・クリスの渋いヴォーカルで名曲といえるすばらしい出来です。音のレンジは広くありませんが、音質よりもスピード感で楽しむ作品です。
KISSらしいロック&ロールアルバム
 1976年、KISSは通算5枚目のスタジオアルバムの「地獄のロックファイアー」をリリースさせました。このアルバムはKISSの傑作アルバムの「地獄の軍団」と「ラヴ ガン」に挟まれてリリースされたためか少々影が薄い作品のような気がします。

 この作品の曲調はといいますと「まさにKISS!」という感じで、とにかくKISSらしいロック&ロールナンバーがたくさん収録されています。このアルバムにはKISSの名曲の一つでもある@やBなどが収録されており、またHはピーター クリスが歌うバラードナンバーで個人的にはハードロックバンドの曲とは思えないような美しいバラードだと思います。またFはKISSの隠れた名曲で、Aは名曲ではないものの聴けばKISSの曲だとすぐわかるような素晴らしいIロックナンバーです。

 このアルバムはKISSらしいロックナンバーがたくさん収録されているのでKISSの傑作アルバムにふさわしいアルバムだと思います。またこの作品はKISSの入門者の方にはおすすめできるアルバムの一つです。




Copyright © 2008 洋楽アーティストデータベース. All rights reserved.    Program by 簡単アマゾンサイト作成ツール ver.3.96

 更新日 2008年10月11日   ※ 表示価格は更新時のものです!      メール      相互リンク