洋楽アーティスト1000人のデータベース。公式サイト・ファンサイト・ブログ・掲示板・リンク集。

洋楽アーティストデータベース

1,500円以上で送料無料!
※一部大型商品を除く
カートを見る ヘルプ
ボブ・ディラン ボン・ジョヴィ ボニー・レイット ボストン ブライアン・イーノ ブルース・スプリングスティーン  
  ブライアン・アダムス ブライアン・フェリー ザ・バーズ チープ・トリック チャック・ベリー クリーム

洋楽データベース
無料着うたダウンロード
OnGen音楽配信
洋楽楽譜
洋楽名曲
洋楽ランキング
洋楽歌詞和訳・翻訳
特集
 エリック・クラプトン
 エルヴィス・コステロ
 エルヴィス・プレスリー
 エルトン・ジョン
 カルト
 ザ・イーグルス
 ダイアー・ストレイツ
 ディープ・パープル
 デイヴ・マシューズ・バンド
 デヴィッド・ボウイ
 デビッド・シルビアン
 デレク・アンド・ドミノス
 ドアーズ
 ドクター・ジョン
 ドノヴァン
 ドン・ヘンリー
 ファッツ・ドミノ
 ファビュラス・サンダーバーズ
 フェイセズ

 

デイヴ・マシューズ・バンド


激突!

[ CD ]
激突!

・デイヴ・マシューズ・バンド
【BMGビクター】
発売日: 1996-06-21
参考価格: 2,548 円(税込)
販売価格: 2,547 円(税込)
激突!
- 収録曲 -
1. ソー・マッチ・トゥ・セイ
2. トゥー・ステップ
3. クラッシュ・イントゥ・ミー
4. トゥー・マッチ
5. 41
6. セイ・グッドバイ
7. ドライヴ・イン・ドライヴ・アウト
8. レット・ユー・ダウン
9. ライ・イン・アワ・グレイヴス
10. クライ・フリーダム
11. トリッピング・ビリーズ
12. プラウデスト・モンキー
カスタマー平均評価:  5
このアルバムの前半部にはただただ脱帽
トップのアコギのソロにボーカルが絡み、リズム隊が参加するころには、DMBの世界が全開。ここから6曲目までの前半部は圧倒的な完成度です。その後の彼らのキャリアの中でも名曲と位置付けられる曲がDまで怒涛のように演奏され、それらの余韻を楽しむかのようにEという少し軽めの曲が配されています。F以降も名曲のオンパレードなんですが、もうここらあたりでは感覚がマヒしたような状態です。たぶんこのアルバムから次作のBefore These Crowded Streetsあたりまでが、彼らの音楽の頂点ではないかと思います。彼らのファンだけでなく、アメリカンロックのファンなら、必ず押さえておいて欲しいアイテムです。
大人のロックを聴かせてくれる
気分が乗っている時。少し元気をほしい時。穏やかな時。メランコリーに浸っていたい時。好きな人と音楽を楽しむ時。そして恋が破れた時。このアルバムはなぜかすべての気持ちにあてはまってしまう。それがこのデイヴ・マシューズ・バンドの魅力である。ロック、ジャズ、ブルース、フォーク、レゲエ…と、あらゆるジャンルを自由に取り込むゆえの幅広さだろうか。わかりやすい破壊系音楽に未熟さを感じ、ただ消化されていく歌謡曲に飽きたら、たぶんこういうバンドにたどり着くのだろう。大人のロックを聴かせてくれる、そんな感じだ。ジャンルの幅広さはあるが波長がひどく変わるわけではなく、アルバムを通して聴くことができる。演奏はバンド以外にもゲストミュージシャンを迎えているため申し分ない。シンプルなバンド演奏を好む人はこれに抵抗を感じるのかもしれないが。ヴォーカルの声は、中間音のやや鼻がかった声。REMを知っている人ならすんなり入れる一枚。全13曲、67分26秒。
"The American Band"だ!
やや哀愁を帯びたヴォーカル、あらゆるジャンルを踏襲したリズムセクション、時にやさしく時に激しく響くサックス&バイオリン。すべてがバランスよく融合された彼らの傑作アルバムです。
特に楽曲一つ一つの展開がすばらしく、彼らのようなバリバリのテクニシャン

揃いのバンドにありがちな散漫になるところがなく、バンドの音としてしっかりまとまっているところがミソ(一番の聴き所は"#41"から"Say goodbye"につながるところ!!)。何回聴いても飽きることなく、聴いていると疲れも吹っ飛んで元気になっちゃう不思議なアルバムです。

一応はアメリカンロックバンドということになるのでしょうが、すべてを通り越して"The American Band"といっても過言ではないでしょう。
あーうーあういー
「あー、うー、あーうーいー」の声から始まるこのアルバム、ビッグバンドなロックが好きな人には心地よいでしょう。特徴のある美声と、面白みのあるバックはジャズのようにも聞こえ、また、「クラッシュイントゥミー」のような落ち着いた美しい曲も完成度が高いです。歌だけではなくインストゥルメンタルな曲も散りばめられ、とても楽しい音楽!という印象のアルバムです。
古きよきアメリカを思わせる
日本ではあまり知られてないけど、アメリカではけっこう有名なアーティスト。ロックなんだけど、あまりラウドしてなくて、心地よいボーカルが響きます。アメリカの郊外をドライブしているような感じのアルバムです。ノリのよいサウンドから、ちょっとひと休みできるようなインストメンタルなものまで、アメリカ好きな人にはオススメの1枚です。お気に入りは「Two Step」是非聴いてみてください。


クラウデッド・ストリート

[ CD ]
クラウデッド・ストリート

・デイヴ・マシューズ・バンド
【RCAアリオラジャパン】
発売日: 1998-05-21
参考価格: 2,548 円(税込)
販売価格: 5,097 円(税込)
クラウデッド・ストリート
- 収録曲 -
1. パンタラ・ナガ・パンパ
2. ラピュンゼル
3. ザ・ラスト・ストップ
4. ドント・ドリンク・ザ・ウォーター
5. ステイ(ウェイスティング・タイム)
6. ハロウィン
7. ザ・ストーン
8. クラッシュ
9. ザ・ドリーミング・ツリー
10. ピッグ
11. スプーン
カスタマー平均評価:  5
もっとたくさんの人に聴いて欲しいバンド
前作"Crush"で大ブレイクしたあとのアルバム。前作に比べると、やや渋いつくりに仕上がっています。しかし、2曲目の難解にして攻撃的なリズムやエスニック風の3曲目、R&B色の濃い5曲目など多種多彩な内容に、高揚感のあるグルーヴ、安らぎを与えるDaveの声と、すばらしい仕上がりのアルバムになっています。

いわゆる”ジャムバンド”というくくりにされるバンドですが、こういうバンドはどうしてもジャンルとしての的が絞りにくく(ロック?ジャズ?アコースティック?)、日本では一般的に受け入れにくいのが実情です。ヴィジュアル的にも地味な部分もあるかもしれないけれど、これだけクオリティの高い音楽が日本でも広まるといいんだけどなぁ、と、彼らのアルバムを聴くたびに思います。
ジャムバンド
日本ではこういうタイプのバンドは激しくは売れない=なぜならマーケッティング上の問題が存在する=それは彼等がジャムバンドでライブを鬼のようにこなしているバンドだから。ジャムバンドっていうのは一歩間違えると取り留めがないわけで。日本で売れるのはかなり困難。スピンドクターズなんかもジャムバンドなわけだから。日本にジャムバンドの伝統は存在しないから。アメリカ本国でライブをがんがんやっているバンドだからサウンドはタイトで演奏テクはかなり高い。
グルーブもかなり切り込んでくる。そのへんはすばらしい。唯一の弱点は楽曲が弱いことだろう。ライブをたくさんこなさないとCDが売れないわけで。売れたからといってそのバンドの質が高いとは言えない。
このバンドはその典型。10点中8点

ライブに強いジャムバンド系列。
なぜ日本では受けないのかなあ
このアルバムは私が今まで聞いた中でも、5指に入るアルバムです。
特に1〜4までの流れはまさに完璧。タイトなリズム隊にからむボーカル、バイオリン、管楽器。すべてがハイテンションでハイパワー。

こんなすごいバンドなのに、なぜか日本では知名度低すぎ。エアロスミスあたりがあれほど日本で人気があることと比較するとどうしても納得いかないというのが本音です。
コンサートみたいけどアメリカに行くしか方法ないのかなあ、、。
大声で笑え、デイヴ・マシューズ・バンド!
デイヴ・マシューズ・バンドのアルバムの中でもかなり実験的な位置にあると思われる一枚。いつものようにドラマチックで起伏に激しいメロディーラインにはさらに拍車がかかり、使われている音楽のジャンルも前作までによくみられたロック、ジャズ、クラシックにくわえ、よりいっそう多種多様なものが使われている。あまりにも激しく変化する曲調の変化は、時に曲の中に劇的な効果をうむが、時には痛々しくすらも感じる。彼ら5人の編成が最大限に活かされたアルバムであり、同時に彼らの特徴がもっともよく現れているアルバムであるとも言える。アルバムの中に挟まれた何曲かのインストは、意外なほど(確信犯的と思われる)曲と対照的な曲が使われ、このアルバムの特異性を際立たせている。デイヴを愛する人間!!にはぜひ聞きこんでもらいたい。


エヴリデイ

[ CD ]
エヴリデイ

・デイヴ・マシューズ・バンド
【アリスタジャパン】
発売日: 2001-02-28
参考価格: 2,548 円(税込)
販売価格: 1,699 円(税込)
エヴリデイ
- 収録曲 -
1. アイ・ディド・イット
2. 世界が終る時
3. 僕と君のあいだに
4. 父の夢,僕の夢
5. ソー・ライト
6. もしもすべてが
7. 本当の僕
8. エンジェル
9. フール・トゥ・シンク
10. 夢で逢えたら
11. マザー・ファーザー
12. エヴリデイ
カスタマー平均評価:  3.5
一番彼ららしくない作品
'99年から2000年にかけて行われたスティーブ・リリーホワイトとのセッションの成果にイマイチ満足が出来ず、新たにグレン・バラードとのコラボを試みたところ、その場で意気投合し、2人で一気に書き上げた曲を、バンドで録音したアルバム。今までのセッションで練り上げていくという制作課程を省いたため、こじんまりと4分前後にまとまった曲が12曲。後のメンバーの証言によると、言われたとおりに演奏したアルバムであるとか、このままデイブさんが独立してしまうのではと思わせるようなセッション風景だったとか、このアルバムの性格を如実に示すような話が、公式に出ています。曲のレベルは高いものの、このアルバムは決して彼らの代表作ではなく、一番彼ららしくないアルバムです。
ポリスみたい?
ローリングストーンズのライブDVD「BRIDGES TO BABYLON」にゲスト出演していたことで、デイブマシューズを知りました。ミックと名曲Wild Horsesを歌うデイブにしびれてこのアルバムを買ってみましたが。「If I had it all」の鼻にかかったデイブの声は素敵ですが、私にはちょっと全体がおしゃれすぎて。。変にキャッチーなアルバムというのが感想です。ビッグバンド編成のポリスみたいですね。
大御所シンガー
久しぶりのアルバムを発表。全米大ヒットの"I did it"を含む数々のヒット曲を収録。今までの"crash""under the table and dreaming"などとは少し違った曲風でリリース。ロック、ポップス、ジャズなど全てのカテゴーリーを風味したdave matthews band。今回もバイオリンやサックスサウンドが炸裂!

リスナー・サポーテッド

[ CD ]
リスナー・サポーテッド

・デイヴ・マシューズ・バンド
【アリスタジャパン】
発売日: 2000-01-21
参考価格: 3,680 円(税込)
販売価格: 品切れ中
リスナー・サポーテッド
- 収録曲 -
1. イントロ
2. パンタラ・ナガ・パンパ
3. ラピュンゼル
4. ライム&リーズン
5. ザ・ストーン
6. 41
7. クラッシュ・イントゥ・ミー
8. ジミ・シング
9. 36
10. ウェアハウス
カスタマー平均評価:   0

バステッド・スタッフ

[ CD ]
バステッド・スタッフ

・デイヴ・マシューズ・バンド
【BMG JAPAN】
発売日: 2002-07-24
参考価格: 2,548 円(税込)
販売価格: 品切れ中
バステッド・スタッフ
- 収録曲 -
1. Busted Stuff
2. Grey Street
3. Diggin’ A Bitch
4. Sweet Up And Down
5. JTR
6. Big Eyed Fish
7. Grace Is Gone
8. Captain
9. Bartender
10. Monkey Man
11. Kit Kit Jam
12. Raven
13. Where are you go...
カスタマー平均評価:   0

アンダー・ザ・テーブル・アンド・ドリーミング

[ CD ]
アンダー・ザ・テーブル・アンド・ドリーミング

・デイヴ・マシューズ・バンド
【BMGビクター】
発売日: 1994-11-23
参考価格: 2,548 円(税込)
販売価格: 品切れ中
アンダー・ザ・テーブル・アンド・ドリーミング
- 収録曲 -
1. ホワッツ・アラウンド
2. ホワット・ウッド・ユー・セイ
3. サテライト
4. リズム&リーズン
5. ティピカル・シチュエイション
6. ダンシング・ナンシーズ
7. アンツ・マーチング
8. ラヴァー・レイ・ダウン
9. ジミ・シング
10. ウェアハウス
11. ペイ・フォー・ホワット・ユー・ゲ...
12. 34
13. アイル・バック・ユー・アップ
カスタマー平均評価:  5
このアルバムの前半部にはただただ脱帽
トップのアコギのソロにボーカルが絡み、リズム隊が参加するころには、DMBの世界が全開。ここから6曲目までの前半部は圧倒的な完成度です。その後の彼らのキャリアの中でも名曲と位置付けられる曲がDまで怒涛のように演奏され、それらの余韻を楽しむかのようにEという少し軽めの曲が配されています。F以降も名曲のオンパレードなんですが、もうここらあたりでは感覚がマヒしたような状態です。たぶんこのアルバムから次作のBefore These Crowded Streetsあたりまでが、彼らの音楽の頂点ではないかと思います。彼らのファンだけでなく、アメリカンロックのファンなら、必ず押さえておいて欲しいアイテムです。
大人のロックを聴かせてくれる
気分が乗っている時。少し元気をほしい時。穏やかな時。メランコリーに浸っていたい時。好きな人と音楽を楽しむ時。そして恋が破れた時。このアルバムはなぜかすべての気持ちにあてはまってしまう。それがこのデイヴ・マシューズ・バンドの魅力である。ロック、ジャズ、ブルース、フォーク、レゲエ…と、あらゆるジャンルを自由に取り込むゆえの幅広さだろうか。わかりやすい破壊系音楽に未熟さを感じ、ただ消化されていく歌謡曲に飽きたら、たぶんこういうバンドにたどり着くのだろう。大人のロックを聴かせてくれる、そんな感じだ。ジャンルの幅広さはあるが波長がひどく変わるわけではなく、アルバムを通して聴くことができる。演奏はバンド以外にもゲストミュージシャンを迎えているため申し分ない。シンプルなバンド演奏を好む人はこれに抵抗を感じるのかもしれないが。ヴォーカルの声は、中間音のやや鼻がかった声。REMを知っている人ならすんなり入れる一枚。全13曲、67分26秒。
"The American Band"だ!
やや哀愁を帯びたヴォーカル、あらゆるジャンルを踏襲したリズムセクション、時にやさしく時に激しく響くサックス&バイオリン。すべてがバランスよく融合された彼らの傑作アルバムです。
特に楽曲一つ一つの展開がすばらしく、彼らのようなバリバリのテクニシャン

揃いのバンドにありがちな散漫になるところがなく、バンドの音としてしっかりまとまっているところがミソ(一番の聴き所は"#41"から"Say goodbye"につながるところ!!)。何回聴いても飽きることなく、聴いていると疲れも吹っ飛んで元気になっちゃう不思議なアルバムです。

一応はアメリカンロックバンドということになるのでしょうが、すべてを通り越して"The American Band"といっても過言ではないでしょう。
あーうーあういー
「あー、うー、あーうーいー」の声から始まるこのアルバム、ビッグバンドなロックが好きな人には心地よいでしょう。特徴のある美声と、面白みのあるバックはジャズのようにも聞こえ、また、「クラッシュイントゥミー」のような落ち着いた美しい曲も完成度が高いです。歌だけではなくインストゥルメンタルな曲も散りばめられ、とても楽しい音楽!という印象のアルバムです。
古きよきアメリカを思わせる
日本ではあまり知られてないけど、アメリカではけっこう有名なアーティスト。ロックなんだけど、あまりラウドしてなくて、心地よいボーカルが響きます。アメリカの郊外をドライブしているような感じのアルバムです。ノリのよいサウンドから、ちょっとひと休みできるようなインストメンタルなものまで、アメリカ好きな人にはオススメの1枚です。お気に入りは「Two Step」是非聴いてみてください。


フィードバック

[ CD ]
フィードバック

・ジュラシック5 ・ブリック&レイス ・デイヴ・マシューズ・バンド
【ユニバーサル インターナショナル】
発売日: 2006-07-19
参考価格: 2,200 円(税込)
販売価格: 1,400 円(税込)
フィードバック
- 収録曲 -
1. バック・4・ユー
2. レイディオ
3. ブラウン・ガール feat.ブリ...
4. ガッタ・アンダスタンド
5. イン・ザ・ハウス
6. ベイビー・プリーズ
7. ワーク・イット・アウト feat...
8. ホエア・ウィ・アット
9. ゲット・イット・トゥゲザー
10. フューチャー・サウンド
11. J・リジュメ(スキット)
12. レッド・ホット
13. ターン・イット・アウト
14. エンド・アップ・ライク・ディス
15. カント・デ・オッサーニャ
・・・
カスタマー平均評価:  4.5
相変わらず☆
いいやん☆ハードコアぶってサグだのギャングだのばっかりのアホな奴らの今のシーンは情けない!!ありのままの自分を出せるのがヒップホップだろうが!!ってことでタイトなマイクリレー炸裂だし文句なし☆☆カットケミストがいないけどビートも聞きやすくて(マスに媚びを売ってるという意味でなく)いい☆★ アルバム一枚で聞けるCDは久しぶりやな☆
飽きないhip-hop
アキル、チャーリー・ツナ、マーク7、ザーキルの4MCと、カット・ケミスト、ヌー・マークの2人のDJからなるL.A.のヒップホップ・グループ。 オムニバスによく入っているhip-hopはhip-hopじゃない! と思っている人は買うしかないでしょ? まぁ大体お金目的で日本に売り出しているhip-hopなんか腐ってます。 有名な人をフューチャーしたら売れるとか、、本当にくだらない。 こうゆう人たちは黒人には嫌われるそうです。 オレンジレンジが沖縄から嫌われているようにw(なんて分かり易いw) でもやっぱJurassic5違いますね!フューチャーしている人もmos defとかだしなんて素敵なコラボって感じですね。 カット・ケミストは抜けたわけではなくただ不参加なだけみたいなので お間違いなく。 以前のアルバムを聞けばカット・ケミストがいるのといないのでは 全然違うというのがよくわかるはず!それではpeace!!!yo!
ついに・・・
ついに5人になっちゃいましたね(つ_;) ジャケットも少し寂しくなるかな?? でも中身はやっぱり聞きやすい♪そして渋い!! 中学のころから無知のまま聞いてきたけど(恥)J5は聞きやすい音使いで好きです(*>∀<)
なんかうきうきする
衝撃的なデビューを飾ったLPから数えて4作目となるJ5の新作。もはやシーンにしっかりと定着した彼らだが、今作はCut Chemistの脱退も影響してか、すこし以前とは調子をかえてポップ路線に。「ポップ」とは言っても、Bounceでのインタビューで語られていたとおり、流行に便乗してセールスを狙うという意味ではなく、例えばオールドスクール調に仕上げた曲や女性コーラスを入れた曲を盛り込むなどして、メジャーとアングラの垣根をこえていろいろな角度から広く受容されるような仕上がりになっている。もちろん、あたかもひとつの生命体のように有機的に絡みあうマイクリレーは健在。
J5のアルバムはすべて5です
ついに発売のジュラシック5の4年ぶりの新作。 早速買ってきて聞いた。 なんか、楽曲が多彩になった感じだが、 ビートの太さはやや後退気味だと思う。 これは、カット・ケミストの不参加の影響があるのだろう。 その代わりに、ファンキーさが高めになっていると思う。 まあ、なんだかんだ言っても、すばらしいことには変わりないけど。

ミスター・ディーズ オリジナル・サウンドトラック

[ CD ]
ミスター・ディーズ オリジナル・サウンドトラック

・サントラ ・ベン・クウェラー ・カウンティング・クロウズ ・イエス ・デイヴ・マシューズ・バンド ・トラヴィス ・ピート・タウンゼント ・U2 ・ナタリー・インブルーリア ・LIT ・ウィーザー
【BMG JAPAN】
発売日: 2003-02-26
参考価格: 2,548 円(税込)
販売価格: 2,421 円(税込)
ミスター・ディーズ オリジナル・サウンドトラック
- 収録曲 -
1. ホエア・アー・ユー・ゴーイング(...
2. シング(トラヴィス)
3. レット・マイ・ラヴ・オープン・ザ...
4. スウィーテスト・シング(U2)
5. ロング・インプレッション(ラジオ...
6. ハッピー・イン・ザ・ミーンタイム...
7. アイランド・イン・ザ・サン(ウィ...
8. フレンズ・アンド・ファミリー(ト...
9. スペース・オディティ(デヴィッド...
10. フォーリング(ベン・クウェラー)
11. ゴーイン・ダウン・トゥ・ニューヨ...
12. アイヴ・シーン・オール・グッド・...
カスタマー平均評価:   0

Live at Red Rocks 8.15.95

[ CD ]
Live at Red Rocks 8.15.95

・Dave Matthews Band
【Bama Rags/RCA】
発売日: 1997-10-28
参考価格: 2,482 円(税込)
販売価格: 989 円(税込)
Live at Red Rocks 8.15.95
- 収録曲 -
1. Seek Up
2. Proudest Monkey
3. Satellite
4. Two Step
5. Best of What's A...
6. Recently
7. Lie in Our Graves
8. Dancing Nancies
9. Warehouse
カスタマー平均評価:  5
すさまじい盛り上がり
今やアメリカでは人気絶頂のデイブ・マシューズ・バンドの初の公式ライブアルバム。インディーズ時代の作品とメジャーデビュー後の2作からの選曲だが、ライブの時期を考えると、2作目に関しては、レコーディング中の素材で完成途上あるいは、完成後さらにインプロビゼイションに自由度を持たせた仕上がりです。彼らの原点となるライブの良さを十分に味わえる作品で、古い音源だからといって、演奏に未熟さは全くなく、現在の彼らそのまま、熱い演奏が約140分。彼らのファンであれば誰もが満足できる内容です。あまり崩しようがないEverydayからの曲が含まれる最近のセットに比べると、非常に自由度、開放度が高いアルバムです。
ジャムバンド
ブートレッグに相当悩まされていたらしい。なので、このバンドはライブ盤が多い。フィッシュなどもライブ盤たくさん出してた。本質はジャムバンドらしくかなりのインプロビゼーション大会をやらかす。だからソロが長い。プライマス/グレイトフルデッドなどもソロ、ジャムが長い。

レスクレイプールバンドもウエインヘインズ=ギター=をゲストにソロひきまくってた。スタジオ盤しか知らない人は面喰らう可能性あり。
ライブではエネルギッシュに精神を解放の方向みたい。
このバンドはフィッシュやグレイトフルデッドほどカリスマではなく、狂信的なファンは少ないと思われる。

これはジャムバンドの本領を露呈したエネルギッシュなライブ盤。
10点中8点


マトリックス リローデッド

[ CD ]
マトリックス リローデッド

・サントラ ・デイヴ・マシューズ・バンド ・マリリン・マンソン ・ロブ・ゾンビ ・デフトーンズ ・P.O.D.
【ワーナーミュージック・ジャパン】
発売日: 2003-05-21
参考価格: 3,129 円(税込)
販売価格: 2,582 円(税込)
マトリックス リローデッド
- 収録曲 -
1. セッション- Linkin Pa...
2. ディス・イズ・ザ・ニュー・シット...
3. リロード - Rob Zombie
4. フューリアス・エンジェルズ(イン...
5. ラッキー・ユー - Deftone
6. ザ・パスポータル - Team ...
7. スリーピング・アウェイク - P...
8. ブルーゼズ - Unloco
9. カーム・ライク・ア・ボム - R...
10. ドレッド・ロック - Oaken...
11. Zion - Fluke
12. ホエン・ザ・ワールド・エンズ(オ...
カスタマー平均評価:  4.5
買って損はしないアルバムです。
このアルバムは2枚組でディスク1にはマリリンマンソン、リンキンパーク、P・O・D、レイジアゲインストザマシーンなど熱いミュージシャンが楽曲提供をしているへヴィーロック満載な1枚に仕上がっています。ディスク2はインストだけですが、本編のファイトシーンやカーチェイスシーンなど印象に残る名場面を支えたクールなサウンドが収録されています。個人的にはネオが大量のエージェントスミスと大乱闘が繰り広げた場面の迫力感あるBGMでディスク2の6曲目がおすすめです!
無題
基本的には前作のテイストを踏襲したアルバムです。2、3、7、8あたりがヘヴィ/ラウドロック、1、4、6が弦楽器やシンセをフィーチャーしたブレイクビーツ、ラウドとヒップホップの融合の9(ビースティーボーイズっぽい)、ドライヴ感にあふれ、シンセのリフが耳に残るテクノ/ハウスの10、プリミティヴ&パーカッシヴなトランス/ハウスの11(ザイオンで人々が踊り狂い、ネオとトリニティがからんでた時の曲)など。ディスク2はスコア盤でインストのみ。サントラの大御所ドン・デイヴィスの緊迫感あるトラックや、ゴア・トランスの重鎮ジュノ・リアクターとドンの共作が収録されている。
2作目の常なのか……
最初に断っておきます。評価は星5つですからね。

第1作の斬新さに比べると数段落ちるアルバムです。
1作目のデジタルとアンチな匂いが薄まり、逆にアニミズムへの回帰というかそういう意図の下で音楽が作られていますが、正直成功したとはいいにくい気がします。

土の匂いのするリズムを取り入れながらも、それがトランス状態を彷彿させてしまうなら作品のストーリー性に抵触する気がしたんですね。
だから映画でザイオン地下で踊っているシーンを見た時かなり醒めてしまいましたね。

しかし、それはあくまで映画へ個人的な意見であり、映画音楽としての質や映画の製作者の意図を非難するものではないです。

1作目の作風を踏襲しつつ、センシティブにするところはするし、世界観が既にわかっているためのゆとりで多様性も出てきました。

サントラとしてはもちろん買いの1枚です。
3作目の集大成をどのように飾るのかを期待しながら、聴き込みたいものですね。
☆豪華HR/HMサントラ☆
DISC1はLINKINの『SESSION』から始まり、Manson、ROBZOMBIE、P.O.DらHR/HMの有名バンドが一挙に聞けてしまうという豪華な内容。
しかもMansonの収録曲は新曲『This Is The New Shit』。
それに加えて、DISC2にかけて収録されているデジタルでクールな映画のBGM。
絶対に買って損はないサントラです。
曲について
一枚目には歌詞つきの映画の挿入歌が入ってます。
映画館では洋楽なので何を言っているのかぜんぜん分かりませんが、
訳が書いてありますので当たり前ですが分かります。
日本語訳を読んでいるとなんと映画版のマトリックスのなぞとなる部分が
あります。Sleeping Awakeというエンディングのときの曲がありますが、

実は映画にかかわるとてつもない意味深なことを言っています。
「なるほど!ということはザイオンは」って感じになる歌詞でした。

二枚目には普通の映画のサントラです。聞いていれば戦うシーンや
高速道路のシーンが頭に浮かんでくるといった感じになります。

おまけとして二枚目にはパソコンに入れるとメイキングなどの特典映像が見れるようになっています。
それと、ステッカーもついてきます。

そんな感じでマトリックスFANにはたまらないものですね。僕は即買ってしまいました。これを買ってDVDが出る10月14日まで楽しんで下さい。
失礼します。




Copyright © 2008 洋楽アーティストデータベース. All rights reserved.    Program by 簡単アマゾンサイト作成ツール ver.3.96

 更新日 2008年10月11日   ※ 表示価格は更新時のものです!      メール      相互リンク