洋楽アーティスト1000人のデータベース。公式サイト・ファンサイト・ブログ・掲示板・リンク集。

洋楽アーティストデータベース

1,500円以上で送料無料!
※一部大型商品を除く
カートを見る ヘルプ
ボブ・ディラン ボン・ジョヴィ ボニー・レイット ボストン ブライアン・イーノ ブルース・スプリングスティーン  
  ブライアン・アダムス ブライアン・フェリー ザ・バーズ チープ・トリック チャック・ベリー クリーム

洋楽データベース
無料着うたダウンロード
OnGen音楽配信
洋楽楽譜
洋楽名曲
洋楽ランキング
洋楽歌詞和訳・翻訳
特集
 エリック・クラプトン
 エルヴィス・コステロ
 エルヴィス・プレスリー
 エルトン・ジョン
 カルト
 ザ・イーグルス
 ダイアー・ストレイツ
 ディープ・パープル
 デイヴ・マシューズ・バンド
 デヴィッド・ボウイ
 デビッド・シルビアン
 デレク・アンド・ドミノス
 ドアーズ
 ドクター・ジョン
 ドノヴァン
 ドン・ヘンリー
 ファッツ・ドミノ
 ファビュラス・サンダーバーズ
 フェイセズ

 

エルトン・ジョン


僕の歌は君の歌+3

[ CD ]
僕の歌は君の歌+3

・エルトン・ジョン
【マーキュリー・ミュージックエンタテインメント】
発売日: 1995-07-26
参考価格: 1,835 円(税込)
販売価格: 1,743 円(税込)
僕の歌は君の歌+3
- 収録曲 -
1. 僕の歌は君の歌
2. 君は護りの天使
3. パイロットにつれていって
4. ルイーズに靴紐はない
5. ハイアントンの思い出
6. 60才のとき
7. 人生の壁
8. 驚きのお話
9. 檻の中に住みたくない
10. 王は死ぬものだ
11. 悪い月
12. グレイ・シール
13. ロックン・ロール・マドンナ
カスタマー平均評価:  5
エルトン初期の、そしておそらく最高の、傑作です
コンテンポラリー・ポップの旗手、とか吟遊詩人といわれていた、70年の作品、エルトン初期の大ヒットアルバム。これでブレイクしはじめたメモラブルな1枚。 「ユア・ソング(僕の歌は君の歌)」はもちろん、「ハイアントンの思い出」「君は護りの天使」などの美しい旋律のバラードが満載。 そしてこのアルバムの重要なハイライトがふたつ。まず、米国ではユアソングよりヒットした初期の大ヒット「ボーダー・ソング(人生の壁)」はゴスペル調で、戦場での敵国兵士との遭遇と自己洞察を聖モーゼに語りかける、たましいに訴える名曲。もうひとつはエルトンのライブでの定番中の定番で、ピアノに乗って唄った明るくポップなロックナンバー「パイロットに連れて行って」。自分でもとびきりのお気に入りだったのでしょう。 バーニー・トーピンの叙情感豊かな詩と、ポール・バクマスターの雄大なオーケストレイション、そし23歳当時のエルトンの若々しくよくのびるボーカルとピアノが冴え渡る。70s最大のスーパースターが急成長しはじめるその瞬間をつかまえてしまったこのアルバムは、急速にブレイクしてゆく才人のフレッシュな躍動感と、才能が怒涛のように開花してゆくエネルギーに満ち溢れています。傑作中の傑作です。
「僕の歌は君の歌」は70年代を代表するバラードの名曲
70年発表の2nd。1.の「僕の歌は君の歌」は彼の代表作であるとともに、70年代を代表するバラードの名曲で聴いたことのない人はいないと思う。3.もライヴでの定番のポップなロック・ナンバー。したがってこのアルバムも70年代の重要盤ということになるが、全体的にクラシックの影響が強く、重圧なアレンジが施された曲が多いため彼のアルバムとしては取っ付きにくい部類に入るものだと個人的には思う。ただ入りにくいというだけで、ある種の格式と厳格さのようなものを兼ね合わせた優れた作品であることは間違いない。ポール・バックスターの手による弦のアレンジは現代のアレンジに見られるような主張しない添えもののようなものではなく、どんどん前に出て来て迫ってくるような緊迫感を持っている。ギターの使用もクラシカルでハープの美しい響きも耳に残る。近年ではこういう作品は (エルトンを含めて) ほとんど見られない。
素顔のエルトンの最高傑作
エルトン・ジョンの最高傑作といえば、一般的にはこのアルバムか、「グッバイ・イエロー・ブリック・ロード」又は「キャプテン・ファンタステック・アンド・ザ・ブラウン・ダート・カウボーイ」が上げられることが多いと思う。 しかし、自分にもよくあるのだが、ベスト盤などから初めてそのアーチシトを知って、そこから気に入った曲や代表曲が収録されているアルバムを探していくパターンは、そのアーチシトの本質や素晴らしさを見逃してしまう危険も多い。 しかし、このアルバムに関しては、売上実績こそ前述の2つのアルバムに及ばないものの、代表曲である名曲「ユア・ソング」が気に入ってエルトン・ジョンの世界に浸りたいならば、全くもって期待を裏切ることの無い名作だ。 アルバム全体に繊細で美しく、素朴な感性が漲っている。 特に、#1、#2、#5のラブソング、#6から#8にかけてのアルバムを象徴するような雰囲気のバラードの連続は、いつ聴いても新鮮で独特。スーパースターになってしまう前のエルトンにしかない本当の魅力を知るなら絶対にはずせない名盤中の名盤だ。
あふれ出るエルトンの才能。名曲(1)を含む出世作です。
エルトン・ジョンが前年のデビュー作に続いて発表した2作目。アメリカではこれがデビュー盤になります。レコーディングはなんと1週間で行われたと言う通り、彼のあふれ出る才能をまずはぶつけたという1枚。後のエンターテイナーのイメージよりは繊細な青年のイメージで、デリケートなメロディーとアレンジで全体のイメージとしてはソフトな感触です。そしてなんといっても(1)のすばらしさ。いまだにCM等で常に耳にする後世の残る名曲です。才能ある人の乗っている時期のすごさが実感できる1枚です。
初期の傑作
イギリスで制作された4枚目まででは、個人的に一番好きなアルバム。
大ヒットした@やAでの抑え目のオーケストラ、シンプルなアレンジが気に入っています。アルバムB面にあたるE、F、Iあたりは逆に重厚なアレンジが曲の良さをさらに引き立てているという印象。曲の出来という意味では初期の傑作と呼ぶのにふさわしい内容です。

Dのシンセサイザーの使い方には若干時代を感じますが、やはりこのアルバムなくしてエルトン・ジョンを語ることは不可能です。


グレイテスト・ヒッツ 1970-2002

[ CD ]
グレイテスト・ヒッツ 1970-2002

・エルトン・ジョン ・キキ・ディー ・リアン・ライムス ・アレッサンドロ・サフィナ
【ユニバーサルミュージック】
発売日: 2003-02-05
参考価格: 3,400 円(税込)
販売価格: 2,499 円(税込)
グレイテスト・ヒッツ 1970-2002
- 収録曲 -
1. YOUR SONG (僕の歌は君...
2. 可愛いダンサー (マキシンに捧ぐ)
3. ホンキー・キャット
4. ロケット・マン
5. クロコダイル・ロック
6. ダニエル
7. 土曜の夜は僕の生きがい
8. グッバイ・イエロー・ブリック・ロ...
9. キャンドル・イン・ザ・ウィンド ...
10. ベニーとジェッツ
11. 僕の瞳に小さな太陽
12. あばずれさんのお帰り
13. フィラデルフィア・フリーダム
14. 僕を救ったプリマドンナ
15. アイランド・ガール
・・・
カスタマー平均評価:  4.5
今でも良い曲☆
2枚組みで34曲も聞けて嬉しいです。昔はLPでしたから時代もあってなぜかCDでは 手元になかったのですが最近、秋に来日するというCMを見て急に聴きたくなり購入。 ジャケットがいまいち好きになれないのですが・・・どうしてコレなの?感が残ります。 でも中身は名曲がたくさんで満足?隠れた名曲もあると思いますが とりあえずコレを聴きこみそう? 今聴いてもいいなあ・・・と素直に思いました。 やはりメロディがいいものは好きです。
エルトン・ジョンの名曲ばかり。
DISC.1には『YOUR SONG』、『Goodbye Yellow Brick Road』、『Island Girl』など初期の作品が凝縮され、DISC.2には『Blue Eyes』、『The One』など80年代?現在の曲を収録されている。しかし、DISC.2は凝縮しすぎて肝心な曲が抜けてしまっているのが残念。デイズ・オブ・サンダーという映画の主題歌だったシングル曲などなど、せめて3枚組で売って欲しかった。ダイアナ妃に捧げたあの名曲も収録!!
ヒット曲のすべてと称していますが。。。実は厳密にはちがうのです。
エルトンジョンのヒット曲を集めるには充分すぎるほどのできたベスト盤です、基本的にはおすすめですが。。。 実は、映画「フレンズ」の主題歌「フレンズ」がぬけています。1971年のキャッシュボックスでもチャートののぼったヒット曲で、これがはいっていないので1970?2002の”すべてをカバーする”と称することはできません。広告のコピーの製作者が悪意なくおそらくは不勉強で、まちがっているのだとおもいます。ぼくはうっかりかっちゃって失望しました。 逆に本来1960年代に製作され、本国英国などでリリースされた(日本では1971年の初来日の直前に単発でヒット)「Its me that you need(邦題「イエス・イッツ・ミー」が挿入されていることは極めて良心的とおもいました。 個人的にはそのついでに「スカイライン・ピジョン」(デビューアルバムにはいっていた名曲中の名曲でのちのライブにもはいっている)もいれてほしかったが、これはたしかに60年代だから文句はいえねえなあ。。。
エルトン・ジョンの素晴らしい歌の数々 
エルトン・ジョンは、本当に素晴らしい歌を沢山この世に紹介してくれたと思います。 特に、彼の『僕の歌は君の歌』は、とても好きな歌でした。 1970年の発売ですから35年前の曲となりましたが、今でも耳にする機会があるということは「永遠の名曲」ということでしょうか。 エルトン・ジョンは、最高のメロディ・メイカーでした。まだ「シンガー・ソングライター」という言葉が市民権を得ていない1970年代のイギリスを代表するミュージシャンでした。 当時は、ビートルズの音楽が『アビ-ロード』のアルバムをラストに少しずつ、翳りを見せ、ブリティッシュ・ロックと言われる音楽が台頭してきた時代でした。 プログレ系のロック・バンドのキング・クリムゾンのオーディションにエルトン・ジョンが落とされたという逸話が残っている時代の頃です。 「僕の歌は君の歌」は、彼の最初のヒット・ナンバーで最高のラヴ・ソングです。 その音楽は限りなく美しく、歌詞はとても優しさに溢れています。彼のピアノ前奏も印象的ですが、その後に続くとてもソフトなヴォーカルは、癒しの力を秘めています。今聴いても、古さを感じさせません。「永遠のポップス」の名に恥じない名曲です。 ジョン・レノンは、彼の歌声を聴いて「彼の『僕の歌は君の歌』をきいた時、エルトンをビートルズ出現以来の最も新鮮な出来事」と評していることから、その実力が伺えると思います。 先見の明という諺を思い浮かべました。
最高
このアルバムは最高!
70年代UK POP がつまっている
やっぱり ユアソング クロコダイルロック がとてもいいです
あなたも輝かしい70年代を思い出してはみませんか?

ザ・ベスト~僕の歌は君の歌

[ CD ]
ザ・ベスト~僕の歌は君の歌

・エルトン・ジョン
【USMジャパン】
発売日: 2008-05-28
参考価格: 2,500 円(税込)
販売価格: 2,500 円(税込)
ザ・ベスト~僕の歌は君の歌
- 収録曲 -
1. ユア・ソング(僕の歌は君の歌)
2. キャンドル・イン・ザ・ウィンド(...
3. グッバイ・イエロー・ブリック・ロ...
4. イエス・イッツ・ミー
5. フレンズ
6. ダニエル
7. 土曜の夜は僕の生きがい
8. クロコダイル・ロック
9. ロケット・マン
10. ブルースはお好き?
11. 可愛いダンサー(マキシンに捧ぐ)
12. 僕の瞳に小さな太陽
13. ルーシー・イン・ザ・スカイ・ウィ...
14. アイランド・ガール
15. 愛を感じて
・・・
カスタマー平均評価:   0

ベリー・ベスト・オブ・エルトン・ジョン

[ CD ]
ベリー・ベスト・オブ・エルトン・ジョン

・エルトン・ジョン
【ユニバーサル インターナショナル】
発売日: 2002-06-21
参考価格: 3,262 円(税込)
販売価格: 3,100 円(税込)
ベリー・ベスト・オブ・エルトン・ジョン
- 収録曲 -
1. 僕の歌は君の歌
2. ロケット・マン
3. ホンキー・キャット
4. クロコダイル・ロック
5. ダニエル
6. グッバイ・イエロー・ブリック・ロ...
7. 土曜の夜は僕の生きがい
8. 風の中の火のように(キャンドル・...
9. 僕の瞳に小さな太陽
10. ルーシー・イン・ザ・スカイ・ウィ...
11. フィラデルフィア・フリーダム
12. 僕を救ったプリマドンナ
13. ピンボールの魔術師
14. あばずれさんのお帰り
カスタマー平均評価:  5
こちらのベストもおすすめ
ベストアルバムとして「グッバイ・イエロー・ブリック・ロード」が一番かもしれないが もっと欲張りなあなた。こちらの2枚組みベストをおすすめします。 年代順に選曲されているのでよくエルトンの歴史の流れがわかりますよ。 特にディスク1は圧巻です。 「グッバイ・イエロー・ブリック・ロード」よりも魅力な部分があるとすれば 二つのカヴァー曲「ルーシー・イン・ザ・スカイ・ウィズ・ダイアモンズ」(ジョンレノン) 「ピンボールの魔術師」(ザフー)が収録されていることです。 単なるヒットメーカーではなく、彼の血に流れているロック精神が伺えますね。 さすが落選したが、キングクリムゾンのヴォーカリストオーディションを受けただけのことはある。

黄昏のレンガ路

[ CD ]
黄昏のレンガ路

・エルトン・ジョン
【マーキュリー・ミュージックエンタテインメント】
発売日: 1995-07-26
参考価格: 1,835 円(税込)
販売価格: 1,570 円(税込)
黄昏のレンガ路
- 収録曲 -
1. 葬送~血まみれの恋はおしまい
2. 風の中の火のように(孤独な歌手,...
3. ベニーとジェッツ(やつらの演奏は...
4. グッバイ・イエローブリック・ロード
5. こんな歌にタイトルはいらない
6. グレイ・シール
7. 碧の海ジャマイカにおいで
8. 僕もあの映画をみいてる
9. スウィート・ペインテッド・レディ
10. ダニー・ベイリーのバラード(ケン...
11. ダーティ・リトル・ガール
12. 女の子,みんなアリスに首ったけ
13. ツイストは踊れない
14. 土曜の夜は僕の生きがい
15. 歌うカウボーイ,ロイ・ロジャース
・・・
カスタマー平均評価:  4.5
間違いなく70年代ポップの最高傑作!
1973年の作品です。それまでも「Your Song」などで彼の存在は知ってはいましたが、ジャケットに映るやたら神経質そうな顔を見て、なぜか敬遠していました。で、そこで聴こえてきた「Goodbye Yellow Brick Road」の透徹された素晴らしいメロディー。一発で魅了されてしまった私は、当時としては大冒険のLP2枚組みを購入するという行動に出ました。そして、一気呵成に聴き通してしまい、これまで抱いていたElton Johnへの認識が180度変わってしまいました。何という素晴らしいメロディーメーカーなのでしょう。ビートルズ解散後、音楽的には大きな支柱を失ってしまった当時の状況の中、新しいポップスターの誕生を直感しました。表題曲はもちろん、14曲目の「Saturday Night's Alright for Fighting」での激しいピアノと咆哮のあまりの格好良さに痺れまくりました。 「同性愛」という意味がよくわからず(いまもわかりませんが)、子ども心に何となく変な人だな?と感じつつ(やたら男同士のことを詩にする人などは生まれて初めて会いました)、でも音楽は別物ということを初めて認識した作品でもあります。
「劇的大作で始まり永遠のラブソング“HARMONY”で終わる」
“歌”があふれだしてしまう時がある。B・スプリングスティーンの『ザ・リバー』などもそうだが、ミュージシャンの中で泉のように名曲があふれだして、2枚組の大作アルバムにまとめられる。E・ジョンの場合がこれだ。壮麗なシンセサイザーで幕を開ける1曲目は、プログレバンド顔負けの曲展開と、バンドアンサンブルと、ロックの推進力がある(プログレファンは必聴です)。アルバム後半の「ALL THE GIRLS LOVE ALICE」から始まるアップテンポの3曲メドレーはめちゃめちゃかっこいい。そして最後をしめくくるのは、あの「ハーモニー」です。世にラブソングはたくさんあるけれど、このエルトン・ジョンのラブソングは、自分の中ではトップクラスの1曲です。そしてこのアルバムの特徴は2つあって、まず「THE ELTON JOHN BAND」的なバンドアンサンブルの素晴らしさ。エルトンを含む男4人のバンドサウンドのまとまりが、ホントかっこいいんだよね。特にハーモニーがきれい。ドラムスやギターの切れ味もいいし、それぞれがよく分離していてはっきりと聴き取れるのもいい。もうひとつは、可憐なジャケットワーク。全曲カラー文字でイラスト入り。それぞれがうまく曲の魅力を表現している。そういう意味でもトータルアルバム(コンセプトアルバム)として完成度が高い。ロックポップスともいうべきエルトンの世界が結晶した名作です。
エルトン・ジョン、ひとつの完成形
発表当時、あのビートルズでさえも成功と称される事の無かったレコード二枚組みアルバムにおいて、初めて成功を収めたとの評価を得た作品。メロディ・ラインはもちろん、ファルセットの使い方といい、コーラスの入れ方といい、エルトン・ジョンのスタイル(当時の)がここに確立した感がある。その充実ぶりは作品全体に及び、ヒット曲の間を埋める一曲一曲も味わい深い。後に#2がリメイクされてダイアナ妃に捧げられたのもその表れと言えよう。アルバム・タイトル曲「グッバイ・イエローブリック・ロード」は彼なりの絶頂期を迎えながらも、歌詞や曲に織り込んだ陰影が素晴らしい名曲。また、早まわしっぽい節回しが面白い#13のエンディングに間髪入れず始まる#14は独立した曲として聴くよりも断然良く、思わずうまいと唸ってしまう。こんなアルバムならではの工夫と磐石のエルトン・ジョン・スタイルが合体した傑作をぜひとも聴いて欲しい。
エルトンの最高傑作の一つ
最高傑作の一つというのも変な言い方かも知れませんが、彼の場合、このアルバム、「ピアニストを撃つな」「キャプテン・ファンタステッィク」の3枚は同じくらい傑作です。@のメドレーのシンセの音に若干時代を感じるくらいで、収録曲はほとんどがハイレベル(それも最高に近いレベル)。初期のオーケストラを使用した曲はほとんどなく、わずかにGにその片鱗を見る程度です。(アレンジャーは、キャット・スティーブンス一派のデル・ニューマン)元々、ストーンズの「山羊の頭のスープ」に習って、ジャマイカでのレコーディングを試みたんですが、ピアノの音が気に入らず、前作同様フランスで制作されています。Fはその置き土産。Lから始まるLP4面目ではさすがに、ちょっと手詰まりのところは見受けられ!ますが、他の2枚組のように、同じようなパターンが繰り返されることもないですし、最も完成した2枚組と言う宣伝文句も十分うなずける内容です。
燦然と輝く一枚
アナログ・レコードだったら擦り切れてしまったであろう
ほどに聴いたアルバム。
Sweet Painted Ladyは海の男を相手にする港の娼婦を
描いた歌で、社会の裏に生きる人間への共感が滲む。
Roy Rogersは妻や子供が寝静まった夜中テレビでRoy
Rogersを見る普通の男を歌ったもの。「お父ちゃん」はどこ
の国でも同じだなあという気がして、美しいメロディーと

ともに気に入っている。


グッバイ・イエロー・ブリック・ロード・〜エルトン・ジョン・グレイテスト・ヒッツ

[ CD ]
グッバイ・イエロー・ブリック・ロード・〜エルトン・ジョン・グレイテスト・ヒッツ

・エルトン・ジョン ・キキ・ディー
【マーキュリー・ミュージックエンタテインメント】
発売日: 1996-05-25
参考価格: 2,548 円(税込)
販売価格: 939 円(税込)
グッバイ・イエロー・ブリック・ロード・〜エルトン・ジョン・グレイテスト・ヒッツ
- 収録曲 -
1. ユア・ソング
2. スカイライン・ピジョン
3. ダニエル
4. クロコダイル・ロック
5. グッバイ・イエロー・ブリック・ロ...
6. パイロットにつれていって
7. ロックン・ロール・マドンナ
8. 風の中の火のように
9. 恋のデュエット(ウィズ・キキ・デ...
10. ホンキー・キャット
11. 土曜の夜は僕の生きがい
12. ロケット・マン
13. 僕の瞳に小さな太陽
14. 人生の壁
15. イエス・イッツ・ミー
カスタマー平均評価:  4.5
才能
僕は今まで、エルトン・ジョンという名前は知っていたのですが、 エルトン・ジョンの曲はほとんど聞いたことはありませんでした。 僕は音楽のジャンルでは、ロック(特にハードロック)が好きなのでなかなかエルトン・ジョンと出会えませんでした。 今回初めてこのエルトン・ジョンの「グッバイ・イエロー・ブリック・ロード・?エルトン・ジョン・グレイテスト・ヒッツ」のCDを買って聞きました。 まず聞いた感想は、聴く音楽がロック一辺倒だった僕でも聞いたことのある曲が多いなというものでした。 それと同時に一曲一曲のクオリティが非常に高いという感想を持ちました。エルトン・ジョンのミュージシャンとしての才能を感じました。 このアルバムは僕のように今まで、エルトン・ジョンを聞いたことがない方々に特にお勧めしたいです。 きっと彼の才能に驚くと思います。
ずいぶんと曲が変わりました。
久々にこのジャケットのアルバム見ましたが、かなり曲が変わってますね、。
この第一集と第二集のCD化の際に「ベニー&ジェッツ」が重なってたので、第二集の方は「リーヴォン」に指し変わったんですが、今回は編集では外れています。初期の曲中心かと思いきや、カリブに収録されていたLがあったりとかなり幅広い(というか場当たり的な)選曲です。

40〜50代の人にはNの収録はうれしいところですが、もう少し例えばアメリカ進出前までとか、バラード集にするとか、商品の性格をはっきりして欲しかったと思います。
それでいて星4つなのは、彼の曲はいい曲ばかりなので、どんな形で寄せ集めても最高に近い水準が維持できるからです。何も知らずに買っても十分満足できます。それだけは請合いま!す。
最高の音楽とジャケット。奇跡の70年代。
エルトンのベストと言えばこのジャケット以外にはない。
70年代の香りとわくわくするような正にポップな感じが伝わってくる。

オリジナルのLPより曲が増えているが、これが絶妙で、しばしばこういうサービスはムードや流れをかえってぶち壊すのだが、「分ってる」人が選んだのであろう同時代の隠れた名曲!。後ろに付け足すのではなく途中にうまくはさんで新しい流れを出している。

特に2曲目に入った素晴らしいバラッド「スカイライン・ピジョン」は最初の4曲の流れをより叙情性とノスタルジーに満ちたものにしている。往年のファンは「クロコダイル・ロック」が始まる瞬間はたまらんでしょう(笑)。

この時代のエルトンはビートルズのある時期と同様に、音楽の神様が舞い降りて奇跡を起こしている。!聞いたことの無い人が万が一いらっしゃるならこれを!!


エルトン・ジョン3 +13<デラックス・エディション>(紙ジャケット仕様)

[ CD ]
エルトン・ジョン3 +13<デラックス・エディション>(紙ジャケット仕様)

・エルトン・ジョン
【USMジャパン】
発売日: 2008-09-24
参考価格: 3,800 円(税込)
販売価格: 3,800 円(税込)
エルトン・ジョン3 +13<デラックス・エディション>(紙ジャケット仕様)
- 収録曲 -
1. 名高き盗賊の伝説
2. 遅れないでいらっしゃい
3. 故郷は心の慰め
4. 君は君の親父の息子
5. 父の銃
6. 聖ペテロよ、私はこれから何処へ
7. 愛の歌
8. 過ぎし日のアモリーナ
9. 老兵の話し
10. 布教本部を焼き落とせ
カスタマー平均評価:   0

キャプテン・ファンタスティック+16<デラックス・エディション>(紙ジャケット仕様)

[ CD ]
キャプテン・ファンタスティック+16<デラックス・エディション>(紙ジャケット仕様)

・エルトン・ジョン
【ユニバーサルインターナショナル】
発売日: 2008-09-24
参考価格: 3,800 円(税込)
販売価格: 3,800 円(税込)
キャプテン・ファンタスティック+16<デラックス・エディション>(紙ジャケット仕様)
- 収録曲 -
1. キャプテン・ファンタスティックと...
2. バベルの塔
3. 苦しみの指先
4. 汽笛が鳴ったらおしえて
5. 僕を救ったプリマドンナ
6. ミール・チケット
7. 僕に迫る自殺の誘惑
8. ライティング(歓びの歌をつくる時)
9. 幼き恋の日々
10. ベールの中の遠い想い出
11. ルーシー・イン・ザ・スカイ・ウィ...
12. ワン・デイ
13. フィラデルフィア・フリーダム
14. ハウス・オブ・カーズ
カスタマー平均評価:   0

キャプテン・ファンタスティック+16<デラックス・エディション>

[ CD ]
キャプテン・ファンタスティック+16<デラックス・エディション>

・エルトン・ジョン
【ユニバーサル インターナショナル】
発売日: 2005-12-07
参考価格: 3,670 円(税込)
販売価格: 3,326 円(税込)
キャプテン・ファンタスティック+16<デラックス・エディション>
- 収録曲 -
1. キャプテン・ファンタスティックと...
2. バベルの塔
3. 苦しみの指先
4. 汽笛が鳴ったらおしえて
5. 僕を救ったプリマドンナ
6. ミール・チケット
7. 僕に迫る自殺の誘惑
8. ライティング(歓びの歌をつくる時)
9. 幼き恋の日々
10. ベールの中の遠い想い出
11. ルーシー・イン・ザ・スカイ・ウィ...
12. ワン・デイ
13. フィラデルフィア・フリーダム
14. ハウス・オブ・カーズ
カスタマー平均評価:  5
アルバムまるごと時空を超えてライブで復活!
30年前にこんな貴重な音源が、しかもアルバムの曲順で全曲、別バージョンのライブアルバムとして残っていたなんて、感激もひとしおである。 ビルボード史上最初の初登場No.1を獲得した際に、予約の段階で最も前評判の高かった#3「苦しみの指先」が個人的にも非常に気に入っており、レコードが磨り減るほど聴いたが、ライブなど別バージョンで聴くことが出来ず、まさに待ち望んでいた音源に出会えた。

ザ・ベスト~僕の歌は君の歌

[ CD ]
ザ・ベスト~僕の歌は君の歌

・エルトン・ジョン
【ユニバーサル インターナショナル】
発売日: 2007-11-07
参考価格: 2,500 円(税込)
販売価格: 2,150 円(税込)
ザ・ベスト~僕の歌は君の歌
エルトン・ジョン
カスタマー平均評価:   0



Copyright © 2008 洋楽アーティストデータベース. All rights reserved.    Program by 簡単アマゾンサイト作成ツール ver.3.96

 更新日 2008年10月11日   ※ 表示価格は更新時のものです!      メール      相互リンク