洋楽アーティスト1000人のデータベース。公式サイト・ファンサイト・ブログ・掲示板・リンク集。

洋楽アーティストデータベース

1,500円以上で送料無料!
※一部大型商品を除く
カートを見る ヘルプ
スクリッティ・ポリッティ セルジュ・ゲンスブール セックス・ピストルズ シンプリー・レッド スパイス・ガールズ スザンヌ・ヴェガ  
  スウィング・アウト・シスター シルヴィ・バルタン T.レックス ティアーズ・フォー・フィアーズ トッド・ラングレン ユービーフォーティー

洋楽データベース
無料着うたダウンロード
OnGen音楽配信
洋楽楽譜
洋楽名曲
洋楽ランキング
洋楽歌詞和訳・翻訳
特集
 アニマルズ
 アメリカ
 アラニス・モリセット
 アラン・パーソンズ・プロジェクト
 ウエストライフ
 エアロスミス
 エイジア
 エイミー・マン
 エーシーディーシー
 オールマン・ブラザーズ・バンド
 ザ・バンド
 ザ・ビーチ・ボーイズ
 ザ・ビートルズ
 バッド・カンパニー
 ビヴァリー
 ビリー・アイドル
 ビリー・ジョエル
 ビル・ラズウェル
 ブラインド・フェイス
 ボ・ディドリー

 

オールマン・ブラザーズ・バンド


フィルモア・イースト・ライヴ

[ CD ]
フィルモア・イースト・ライヴ

・オールマン・ブラザーズ・バンド
【UNIVERSAL INTERNATIONAL(P)(M)】
発売日: 2008-08-02
参考価格: 2,800 円(税込)
販売価格: 2,800 円(税込)
フィルモア・イースト・ライヴ
- 収録曲 -
1. ステイツボロ・ブルース
2. 誰かが悪かったのさ
3. ストーミー・マンデイ
4. ユー・ドント・ラヴ・ミー
5. アトランタの暑い日
6. エリザベス・リードの追憶
7. ウィッピング・ポスト
カスタマー平均評価:  5
渋い、熱い、だけじゃなくて、本当に上手い
一言で言うと、最高のバンドの最高のライブ盤。 渋い、熱い、だけじゃなくて、本当に上手い。 そしてその上手さがあってこそ活きてくる独特のリラックスした雰囲気。 レコーディング当時のメンバーはまだ若かったはずですが、それでもこの余裕。 アメリカのポピュラーミュージックシーンの才能の豊富さが感じられます。 Whipping PostもStatesboro Bluesは言うまでもなく素晴らしい。 個人的にはStormy Mondayのギターソロのトーンの絶妙さには言葉を失います。 どういう生き方をしたら、こういうソロが弾けるんだろうなぁ。

ブラザース&シスターズ

[ CD ]
ブラザース&シスターズ

・オールマン・ブラザーズ・バンド
【ユニバーサル インターナショナル】
発売日: 2006-06-21
参考価格: 1,680 円(税込)
販売価格: 1,503 円(税込)
ブラザース&シスターズ
- 収録曲 -
1. むなしい言葉
2. ランブリン・マン
3. カム・アンド・ゴー・ブルース
4. ジェリー・ジェリー
5. サウスバウンド
6. ジェシカ
7. ポニー・ボーイ
カスタマー平均評価:  5
悲劇の後の頂上・・・秀作!
デュエイン・オールマンに続いて、ベリー・オークリーをこのアルバム録音中に失うという悲劇を乗り越え、バンドとしてのキャリアの頂点を極めたアルバム。 前作「EAT A PEACH」に片鱗の見えたディッキー・ベッツのカントリー色が表面に出て、ヒットナンバーの「RAMBLIN' MAN」を産み出す。 一方グレッグ・オールマンは「COME AND GO BLUES」でレイドバックしたヴォーカルを聞かせる。 アルバムのハイライトはインスト・ナンバーの「JESSICA」だ。メロディアスでアーシーで全員が一体になった演奏が非常に素晴らしい! まったく飽きさせない7分30秒だ。 このアルバムから加入したチャック・リーヴェルのピアノが全編にわたって効いている。 デュエイン・オールマンを上回るギタリストがいるわけはなく、ギタリストでなくピアノを入れたのは正解であった。 デュエインのいたオールマンズの音は再現され得ないが、「レイドバック」したご機嫌な「サザンロック」の形を提示したアルバムとなった。 その他各楽曲ともレベルの高い演奏だが、グレッグとディッキーの嗜好の違いがはっきりと表れ、このあとの2人のソロ活動へと展開していく。

イート・ア・ピーチ

[ CD ]
イート・ア・ピーチ

・オールマン・ブラザーズ・バンド
【ユニバーサル インターナショナル】
発売日: 2006-06-21
参考価格: 1,680 円(税込)
販売価格: 1,510 円(税込)
イート・ア・ピーチ
- 収録曲 -
1. 時はもう無駄に出来ない
2. レ・ブレル・イン・Aマイナー
3. メリサ
4. マウンテン・ジャム
5. ワン・ウェイ・アウト
6. トラブル・ノー・モア
7. スタンド・バック
8. ブルー・スカイ
9. リトル・マーサ
カスタマー平均評価:   0

フィルモア・イースト・ライヴ

[ CD ]
フィルモア・イースト・ライヴ

・オールマン・ブラザーズ・バンド
【ユニバーサル インターナショナル】
発売日: 2006-06-21
参考価格: 1,680 円(税込)
販売価格: 1,150 円(税込)
フィルモア・イースト・ライヴ
- 収録曲 -
1. ステイツボロ・ブルース
2. 誰かが悪かったのさ
3. ストーミー・マンデイ
4. ユー・ドント・ラヴ・ミー
5. アトランタの暑い日
6. エリザベス・リードの追憶
7. ウィッピング・ポスト
カスタマー平均評価:  5
デュアンとジミヘン
もし二人が生きていたらクラプトン・ベック・ペイジの三大ギタリストなんて形容詞は陳腐なモノになっていたかも知れない。ジミヘンもだが、デュアンがギターを弾けばその空間に強烈な磁場が生まれるのだ。デュアン抜きのライヴ『熱風』と聴き比べると判るが、他のメンバーのテンションやプレイの密度が明らかに違う。デュアンのギターに煽られ、ディッキーをはじめとするメンバー全員がスタジオ盤の何倍もの迫力で最高の演奏を聴かせてくれる。デュアンの放つオーラが全開となったこのライヴの評価の高い理由は、決してデュアンのギターだけでなく、そこにこそあると思われる。
慣れ親しんだ曲順
やっぱりアナログと同じ曲順、曲数がしっくりきますね。 コンプリート盤は長すぎるので オールマン初心者はまずこれをよく聴いたほうがいいです。 LP時代におこづかいを貯めて2枚組アナログを買ったことを思うと 今はいい時代ですね。 これと「いとしのレイラ」のCDを一緒に買っても3,000円ちょっとですからね・・
デュアンオールマンのスライドギターをライブで!
1曲目の「ステイツボロ・ブルース」、 気持ちよいほどのスライドギターが炸裂します。 2曲目は、ちょっと渋めのブルースのスタンダード 「ストーミー・マンデイ」など、泥臭いブルース演奏、いいですね。しかし美しい曲も演奏しています。「エリザベス・リードの追憶 」や「ホットアトランタ」では、デュアンオールマンとディッキーベッツのツインリードで、非常に美しく絡みます。どの曲も長い演奏ですが、ライブですから聴き応え十分です。ディッキーベッツとデュアンオールマンのツインギターだけでなく、グレッグオールマンのキーボードもギターに負けずがんばっています。初心者は、何度も聴くとだんだん病みつきになってくるでしょう。
完璧なライブ盤
エルモア・ジェイムス、T.ボーン・ウォーカーらのカバー曲を含む全7トラック計78分。通して聴くには根性が必要だ。1曲めからスライド・ギタリストとしてのデュアンの魅力を凝縮している。また、泥臭いブルースナンバーが多い中で、メロウな「ストーミー・マンデイ」も聴き所。だが、この盤の1番の魅力は、やはり「ウイッピング・ポスト」。スタジオ盤ではコンパクトにまとめられているが、ここでは20分にも及ぶ。これがこの曲の本来あるべき姿なのだろう。名曲が、ライブにより新たな命を吹き込まれた瞬間。他のライブテイクも追加収録したCD2枚組の改訂盤も出ているが、思い入れではこれ。この作品の前では、名盤という言葉すら陳腐である。
神がかり的なテクを持つバンドの全容
ライブ録音ですがスタジオ盤よりも音質・迫力が遥かに上回っていると言う点では、パープルのメイドイン?やクリームのウィールズ?と同じです。 当時、神がかり的なテクを持つバンドとしての全容はこの「フィルモア?」に詰まってます。まずButch Trucks、Jai Johanny Johanson ドラムスの2人のダブルドラムスはお互い違ったリズムをキープしながら精巧なギアが絡みつくように、重ね合わさってきます。Berry Oakleyのベースはプロペラ機の爆音のようにドラムスをあおり、そこへDuane Allman 、Dickie Betts のツインリードギターがリズミカルなインプロソロを長々ととっていきますが、Duane のスライド聴いてすぐわかりますが、スライドの特徴な音色をはずすと、Dickieかどちらか判りません。Dickieもそれだけすごいソロをとっています。まるっきり黒人声のグレッグのヴォーカルもかっこいいです。 メンバー間で相当な練習量をとらないとこの音はでないはず。仮にロックテクニックオリンピックみたいなものがあるとすればこのアルバム完全に金メダルですね。

The Fillmore Concerts

[ CD ]
The Fillmore Concerts

・The Allman Brothers Band
【Polydor】
発売日: 1992-10-20
参考価格: 3,385 円(税込)
販売価格: 2,388 円(税込)
The Fillmore Concerts
- 収録曲 -
1. Statesboro Blues
2. Trouble No More
3. Don't Keep Me Wo...
4. In Memory of Eli...
5. One Way Out
6. Done Somebody Wr...
7. Stormy Monday
8. You Don't Love Me
カスタマー平均評価:  5
いつ聴いても最高!
わりとにぎやかで、真夏にビールでも飲みながら野外で聴きたくなるCD。 1枚目は、スライドギターが小気味良くラインを走る。 そして、何と言ってもベースが素晴らしい! ぜひとも低音をきかせた音響で聴きたいもの。 instrumental(楽器オンリー)が好きな私としては、2枚目の1曲目が特に好き。 グルーブ感にゾクゾクする。 2枚目の2曲目は、聴いたことがある人も多いかもしれない。 好き嫌いはあるかもしれない。 B.B.Kingなど、にぎやか系のブルースが好きだったら、間違いなくAllmanもいけるはず。 私としては素晴らしいCDなので、★5つ。
全ロックミュージックの最高ライブアルバム!
オールマンブラザースというバンドの奇跡の名盤。 これを聴かないことはロックミュージックの最高峰を聴かない事です。 それは聴く耳を持っている全ての人が認めている事実。 1971年3月12・13日フィルモア・イーストでライヴ録音。 ツインギターにツインドラムス、オルガンを配したブルースロックバンドだがそのテイストはジャズにも通じます。 若くしてこの世を去った譜面の読めなかった奇跡のギタリスト、デュアン・オールマンはこのライヴの前にエリック・クラプトンとあの『レイラ』をレコーディングしていて、このライヴの後にオートバイ事故で事故死してしまう。 とうことでこれはライヴ盤の歴史の中でもあらゆる意味で絶頂期の一瞬を収めたライヴ。 自由に流れていく完璧なインプロビゼーションと最高のギタートーン。 唸りまくるベースと重戦車のような白人と黒人のツインドラム。 jam rockの最高峰でもある。 デジタルリマスターで再販されたこの音質の良さは本当に30年以上前の音源とは思えない。 好き嫌いはあるにせよ、この音楽は頂点にあるものの一つです。 たぶん未来永劫このライブを抜くライブアルバムは僕の中にはありません。 多分あなたの中のロックが中心から覆されるであろう一つのアルバム。 僕のレビューはまずこれを上げずしてってことになる。
すごいライブです
誰もが認める史上最高ライブです。3日間のコンサートの曲をほぼ網羅したのもすごいですが、この音質の良さにはびっくりしてしまいます。本当に30年以上前の音源とは思えません。レビューにも書いてるように、このアルバムは3日間の音源のいいとこ取りで、何曲かは編集されてオリジナルの演奏とは違った姿になっています。(例:1-Cでは、プロデューサーのトム・ダウドの気に入ったソロパートを編集でくっつけています。)全く違和感はないんですが、聞き込んだ人にとっては「あれ?」と思うところはあるかも知れません。そういう意味では、このアルバムと、オリジナル版、さらには最近出たデラックス・エディション版すべて持って、聞き比べるといいかもしれないですね。今の一番の期待は、このライブの映像版が発掘されないかなということですね。ひょっとしたら、ジョージア州じゅう探せば、どっかから出てくるかも知れませんよ。
ふざけんな!!何処の床屋だ!!
ジョージア州メイコンに在る床屋からマスターテープが発見されたらしい・・・もうちょっとマシな嘘つけ!!(笑)が、このアルバムは涙無くしては聴けないです。全国の皆さんはCD聴いてて「吸い込まれる」っていう感じ理解出来ますかね?既存のフィルモア版とは全くの別物で、トム・ダウド氏を中心に丁寧に作られてます。ホント、フィルモアに居る感じで爆音必死!!全曲に渡り曜日違い等が発生していますが、トムの編集の力作でたっぷり楽しめます。最近のリイシュー盤の目玉ですね・・・クロニクル・シリーズ、侮れない。
裏の名盤登場
フィルモアの更に曲数増し、ソロの抜粋もダウド氏じきじきのこれぞ強烈な裏フィルモア。プレーヤーに乗せたときから最後まで席を立てない凄い音厚、音圧、やってくれました。特にベリーのベース。なんてこった、なんで今まできこえなかったの、この重低音。クラシックのコントラバスのようですな。ああ、言葉より聴いて!絶対損なし。しばらくハマりまっせ、これ。星10個!

オールマン・ブラザーズ・バンド

[ CD ]
オールマン・ブラザーズ・バンド

・オールマン・ブラザーズ・バンド
【ユニバーサル インターナショナル】
発売日: 2006-06-21
参考価格: 1,680 円(税込)
販売価格: 1,510 円(税込)
オールマン・ブラザーズ・バンド
- 収録曲 -
1. ドント・ウォント・ユー・ノー・モア
2. ノット・マイ・クロス
3. 腹黒い女
4. トラブル・ノー・モア
5. ハングリ・ウーマン
6. 夢
7. ウィッピング・ポスト
カスタマー平均評価:   0

オールマン・ブラザーズ・バンド・ゴールド

[ CD ]
オールマン・ブラザーズ・バンド・ゴールド

・オールマン・ブラザーズ・バンド ・ジ・オールマン・ブラザーズ・バンド
【ユニバーサル インターナショナル】
発売日: 2006-08-16
参考価格: 2,980 円(税込)
販売価格: 2,681 円(税込)
オールマン・ブラザーズ・バンド・ゴールド
- 収録曲 -
1. もう欲しくない
2. イッツ・マイ・クロス
3. 腹黒い女
4. トラブル・ノー・モア
5. 夢
6. ウィッピング・ポスト
7. リヴァイヴァル
8. ミッドナイト・ライダー
9. ドント・キープ・ミー・ワンダリン
10. フーチー・クーチー・マン
11. ステイツボロ・ブルース(ライヴ)
12. ストーミー・マンデイ(ライヴ)
13. アトランタの暑い日(ライヴ)
14. エリザベス・リードの追憶(ライヴ)
カスタマー平均評価:   0

フィルモア・イースト・ライヴ+6(デラックス・エディション)

[ CD ]
フィルモア・イースト・ライヴ+6(デラックス・エディション)

・オールマン・ブラザーズ・バンド
【ユニバーサル インターナショナル】
発売日: 2003-10-08
参考価格: 3,670 円(税込)
販売価格: 4,588 円(税込)
フィルモア・イースト・ライヴ+6(デラックス・エディション)
- 収録曲 -
1. ステイツボロ・ブルース
2. トラブル・ノーモア
3. キープ・ミー・ワンダリン
4. 誰かが悪かったのさ
5. ストーミー・マンデー
6. ワン・ウェイ・アウト
7. エリザベス・リードの追憶
8. ユー・ドント・ラヴ・ミー
9. ミッドナイト・ライダー
10. アトランタの暑い日
11. ウィッピング・ポスト
12. マウンテン・ジャム
13. ドランクン・ハーテッド・ボーイ
カスタマー平均評価:  5
本当の名作は時代を越える。
私は平成生まれの高校生です。まさか自分の生まれる20年近く前の作品に、他のどんな作品よりも震いたたされるとは思ってもみなかったです。 毎日聴き、毎日鳥肌をたたされています…彼等には自分の好きな音楽を根本から変えられたました。
素晴らしいの一言
CDではありませんがレコードの発売と同時に買い、聞きすぎて予備を買い足しました。リミックスされ音質も向上されている事と思います。コンサートで聞くECのレイラも彼がいればどんなに.....。オールマンの他のCDが無くても彼らの魅力が凝縮されている事がわかる一枚です。Forever Skydog
素晴らしいの一言
CDではありませんがレコードの発売と同時に買い、聞きすぎて予備を買い足しました。音質も向上され,追加曲があるなんていい時代です。
コンサートで聞くECのレイラも彼がいればどんなに.....。オールマンの他のCDが無くても彼らの魅力が凝縮されている事がわかる一枚です。Forever Skydog
ライブの中のライブ
数々名盤と呼ばれるライブ盤はありますが、私の心の中のランキングではトップにいたときが一番長いような気がしております。まあ、その理由としてはデユアン・オールマンがこのあと亡くなっているという心情的な側面も否定しませんが、それを考慮して冷静に評価してもトップではないかと思います。一曲目からぶっ飛びます。出だしの音だけで聞き手を虜にしてしまいます。その後、ダレません。ぐんぐん引き込んでいきます。「ホット・アトランタ」「エリザーベトの追憶」(この曲のネーミングも南部的ですね)・・・もう最高です。そしてレコードの時代では、「イート・ア・ピーチ」にかけなおさねばならなかった「マウンテン・ジャム」もそのまま聞けます。いい時代になりました。そして、ジャケットがいいです。単なる白黒写真ですが、背景、ロゴ、写っているメンバーの表情、全てが最高の出来です。
E.Cも嫉妬した?
デュアンのこのスライドの音は、何物にも変えがたい。こんなすごい人が、割とソングライティングでは、ありゃりゃだったりするのが、いいんだなこれが。俺は80歳になってもこれを聴く。子々孫々に伝えたい1枚。

ザ・ベスト

[ CD ]
ザ・ベスト

・オールマン・ブラザース・バンド ・オールマン・ブラザーズ・バンド
【ユニバーサル インターナショナル】
発売日: 2007-01-17
参考価格: 1,680 円(税込)
販売価格: 1,499 円(税込)
ザ・ベスト
- 収録曲 -
1. ランブリン・マン
2. ペガサス
3. リヴァイヴァル
4. ミッドナイト・ライダー
5. メリサ
6. ドント・ウォント・ユー・ノー・モア
7. ノット・マイ・クロス
8. ステイツボロ・ブルース(ライヴ)
9. ジェシカ
10. フーチー・クーチー・マン
11. ウィッピング・ポスト
12. エリザベス・リード・の追憶
13. ブルー・スカイ
14. クレイジー・ラヴ
15. サウスバウンド
・・・
カスタマー平均評価:   0

アイドルワイルド・サウス

[ CD ]
アイドルワイルド・サウス

・オールマン・ブラザーズ・バンド
【ユニバーサル インターナショナル】
発売日: 2006-06-21
参考価格: 1,680 円(税込)
販売価格: 1,510 円(税込)
アイドルワイルド・サウス
- 収録曲 -
1. リヴァイヴァル
2. キープ・ミー・ワンダリン
3. ミッドナイト・ライダー
4. エリザベス・リードの追憶
5. フーチー・クーチー・マン
6. プリーズ・コール・ホーム
7. アイ・ブルース・アット・ホーム
カスタマー平均評価:  5
余裕が出た2枚目のアルバム
硬質なブルーズ・ロック色の濃かったファースト・アルバムに比べ、いろいろな曲調を含むセカンド。 1枚目にあった硬さは取れ、後年のレイドバックした雰囲気の原型がある。 ディッキー・ベッツの曲はこのアルバムから演奏されるようになった。 このあとお決まりとなったアルバム毎の長尺インストナンバーもここから始まったわけだが、「エリザベス・リードの追憶」は、まさにオールマンズの幅広い音楽性を示す名曲である。



Copyright © 2008 洋楽アーティストデータベース. All rights reserved.    Program by 簡単アマゾンサイト作成ツール ver.3.96

 更新日 2008年10月11日   ※ 表示価格は更新時のものです!      メール      相互リンク