洋楽アーティスト1000人のデータベース。公式サイト・ファンサイト・ブログ・掲示板・リンク集。

洋楽アーティストデータベース

1,500円以上で送料無料!
※一部大型商品を除く
カートを見る ヘルプ
スクリッティ・ポリッティ セルジュ・ゲンスブール セックス・ピストルズ シンプリー・レッド スパイス・ガールズ スザンヌ・ヴェガ  
  スウィング・アウト・シスター シルヴィ・バルタン T.レックス ティアーズ・フォー・フィアーズ トッド・ラングレン ユービーフォーティー

洋楽データベース
無料着うたダウンロード
OnGen音楽配信
洋楽楽譜
洋楽名曲
洋楽ランキング
洋楽歌詞和訳・翻訳
特集
 アニマルズ
 アメリカ
 アラニス・モリセット
 アラン・パーソンズ・プロジェクト
 ウエストライフ
 エアロスミス
 エイジア
 エイミー・マン
 エーシーディーシー
 オールマン・ブラザーズ・バンド
 ザ・バンド
 ザ・ビーチ・ボーイズ
 ザ・ビートルズ
 バッド・カンパニー
 ビヴァリー
 ビリー・アイドル
 ビリー・ジョエル
 ビル・ラズウェル
 ブラインド・フェイス
 ボ・ディドリー

 

スクリッティ・ポリッティ


Cupid & Psyche 85

[ CD ]
Cupid & Psyche 85

・Scritti Politti
【Warner Bros.】
発売日: 1990-10-25
参考価格: 1,127 円(税込)
販売価格: 751 円(税込)
Cupid & Psyche 85
- 収録曲 -
1. Word Girl (Flesh...
2. Small Talk
3. Absolute
4. Little Knowledge
5. Don't Work That ...
6. Perfect Way
7. Lover to Fall
8. Wood Beez (Pray ...
9. Hypnotize
10. Flesh & Blood
11. Absolute [Versio...
12. Wood Beez (Pray ...
13. Hypnotize [Versi...
カスタマー平均評価:  5
80年代に誇る贅沢金持ちサウンド
このアルバムは制作費や手間暇はかなりかかっていると思います。当時としては衝撃的だった今まで聞いた事のない硬質な最新型のシンセ音が全編に渡り満載でその音にのる女性と最初は思っていたグリーンの声。その全てがうまく絡み合いかなりいろんな分野で評価され一挙に有名になりました。いまでも時々聞きますがやっぱり好きな作品です。
ガチガチの理論武装
石野卓球氏はニュー・オーダーについて「彼等の良い所はその気負いのなさ」と言っている。私も全く同意見だが、その点本作の主人公グリーンは表面上はポップだが、ガチガチに理論武装している。彼は元インテリ左翼青年で、その作品の背景には唯物史観的思想がある。「機能第一主義」というレビューがあったが、そうした印象はそこから来ている。相反したポップ感覚は、グリーンなりのカムフラージュである。何かの裏返しによる極上ポップというのは、同時期のアソシエイツやジザメリ、後のマイブラなんかにも通じるが、グリーンの場合はそれなりの思想がある分、ある意味「タチ」が悪い。なぜなら冷戦構造はとっくの昔に崩壊し、もはやイデオロギーの時代ではない。グリーンの活動の低迷期と社会主義陣営の没落が全くリンクしているというのは何とも皮肉だが、もとより今のスクリッティ・ポリッティは政治的なバンドではない。新作で復活出来るかどうかは、グリーンが武装解除し、その音楽にどれだけリアリティを与えられるか、にかかっている。
機能第一主義
短いセンテンスで音の「粒」が、鳴っては、すぐ、潔く、消えていく。切れていく。手で演奏すると必ず出る「ブレ」や、人間が醸し出してしまう「味」、アコースティック楽器の温かい残響を、一切排除している。  機能第一主義。結果主義。歌ったり、演奏している人の人間性とか生き様が表面に出て、聴き手はそれら込みで音楽を楽しむのではなく、あくまで鳴っている音がすべて。別に楽器や歌唱がうまい必要は全く無く、とにかく耳に入ってくる音が気持ちよければいい。 ストイックですね。  
とにかくリズムが活きている。80年代「ポップ」でここまで優れたリズム認識のものはそう
た当時から「すごいアルバムだ」と思っていたが、今日的視点から見てもすごい、いやむしろこのすごいアルバムをどうして85年につくりえたのだろうという気にさせられる。
何よりもリズム担当のフレッド・メイハーのこだわりに脱帽。コンピュータで打ち込みをしてるであろうに手入力基本でクオンタイズ(音符をそろえること。これをすると打ち込みくさい音になる)を極力しないとか、高音と低音を強調した音色にすれば洗練された感じに聴こえるのに、あえて中音域を前に出した音色にこだわったり(結果ストリート〜ヒップホップっぽい仕上がりのリズムトラックに仕上がっている。いまでこそサンプリングが当たり前だから常套的な手段になっているが、当時からすればかなり先鋭的なセンスと言えよう)。ちなみに、たぶんグリーン本人はそのすごさを理解していなかったのではなかったろうか(そうじゃないと次作『プロヴィジョン』で上記の要素が大幅に後退して箱庭みたいにこじんまりとまとまってしまった理由が分からない)。
今でこそポップ・ミュージックにおけるリズムの重要さは誰もが認識するところとなったが、当時そこまで尖鋭的なリズム認識を自覚し音楽制作に持ち込んでいたのはピーター・ガブリエル、アインシュトゥルツェンデ・ノイバウテン(および音色を真似したかったデペッシュ・モード)や裏方のスティーブ・リリーホワイト、ヒュー・パッジャムくらいのものだったろう。
そういう状況下で、ストリートの黒人達と同じように直感だけを頼りにここまで強く優れたリズムアプローチをメインストリーム・ポップのフィールドに持ち込んだというのは本当にすごいと思うし、もっと評価されていいはずだ。
未だに愛聴盤。
発表当時に衝撃を受け、当時から20年も経っているのを驚きつつも、未だに聴きまくっています。ホントーにカッコイイ!!リズムや旋律に黒人音楽の影響がかなりありますが、音としては渋いというよりは洗練された音という感じ。関係ないけど、グリーンはめちゃめちゃ美青年なので随分と不公平を感じたものです(笑)。スクリティはどのアルバムも好きだけど、これはダントツにいいです。超オススメ!

Songs to Remember

[ CD ]
Songs to Remember

・Scritti Politti
【Virgin】
発売日: 2001-11-27
参考価格: 1,400 円(税込)
販売価格: 1,308 円(税込)
Songs to Remember
- 収録曲 -
1. Asylums in Jerus...
2. Slow Soul
3. Jacques Derrida
4. Lions After Slum...
5. Faithless
6. Sex
7. Rock-A-Boy Blue
8. Gettin', Havin' ...
9. Sweetest Girl
カスタマー平均評価:  4.5
リマスター版!
リマスターされ音圧も上がりグリーンの声・演奏が鮮明に聞こえます。キューピットの発売された当時にこのLPも日本盤で発売され買いましたが全くキューピットと音が違ったから肩すかしを食らいあまり好きになれませんでしたが、時代が一回りして今回リマスター盤を買いまして今聞くとなかなか良い作品だと思いました。この頃からもう黒人音楽やレゲエの要素はかなり入っています。スタカンやブロウモンキーズのようないわゆるブルーアイドソウルに位置付けされる作品ですね。自分は音がアレンジがどうこうよりも やはりグリーンの素晴らしいあの声が好きだったんだと再確認しました。グリーンってめちゃくちゃ歌がうまいと思います。
新しいリズムとコーラスの追及
1982年発表。ラフ・レコードから発表されたスクリッティ・ポリッティのメジャー・デビュー作。
テープの回転がアップしているかのようなグリーンの声とゴスペル風コーラスが新しいリズムの飽くなき探求を繰り広げ、アルバムの最後に行くほど鳥肌ものになっていく。ここでの試みが大傑作『Cupid & Psyche 85』に繋がることになる。
ジャケット裏のグリーン・ガートサイドは実に賢そうである。開花寸前のスクリッティ・ポリッティ、『フェイスレス』だけでも聴いて欲しい。
デビッドギャムソン=一流スタジオミュージシャン=は参加してない
ソリッドでシャープなヒップホップ=ファンク=にサウンドが変身する前のほのぼのとしたたたずまい。よほど熱心なマニアなファンでないとおすすめできませぬ。プロで一流のセンスを持つやつらがプロデュースするとどうなるのかがよ〜〜〜くわかる一枚。コマーシャルな部分は希薄。10点中6点。ポップス作曲センスは光る。
ニューウェイヴですな
 今から20年も前に発売された、1st。この時もう、グリーンの中性的ヴォイスは確立されていて、R&Bとジャズの影響のちょっと漂うニューウェイヴサウンドに良く合います。「asaylum in jerusarem」とか、このグループ特有の「変な」メロディーの曲もあり、個人的にはかなり好きです。

 でも、本当にこいつら(というか、グリーン)って知的なやつらだな。超難解な歌詞も含めて、超頭良くなきゃこんな曲作れないよ。すげえっす。あと、頼むから近日中に「anomie〜」に続くニューアルバム出してくれ。(無理だな…)
 やっと再発、嬉しいです。
 廃盤になって以来ずっと日の目を見る事のなかったスクリッティのデビューアルバムが待望の再発。噂されていた8曲のボーナストラック(このアルバム発売以前の未CD化音源)が未収録なのは残念ですが、本当に嬉しいです。

 アルバム自体の出来は、テクノ色が薄く、さすがに「キューピッド&サイケ〜」に比べると拙い部分も目立ちますが、グリーンの非凡なセンスは「FAITHLESS」や「THE SWEETEST GIRL」といった曲に既に現れています。スクリッティファンでまだ耳にした事ない方は、ゲットして後悔する事はないと思いますよ。


キューピッド&サイケ85

[ CD ]
キューピッド&サイケ85

・スクリッティ・ポリッティ
【EMIミュージック・ジャパン】
発売日: 1996-07-24
参考価格: 1,784 円(税込)
販売価格: 品切れ中
キューピッド&サイケ85
- 収録曲 -
1. ザ・ワード・ガール
2. スモール・トーク
3. アブソルート
4. ア・リトル・ノウリッジ
5. ドント・ワーク・ザット・ハード
6. パーフェクト・ウェイ
7. ラヴァー・トゥ・フォール
8. ウッド・ビーズ(アレサ・フランク...
9. ヒプノタイズ
10. フレッシュ&ブラッド
11. アブソルート(12インチ・ヴァー...
12. ウッド・ビーズ(同)
13. ヒプノタイズ(同)
カスタマー平均評価:  5
初めて聴いた時、とても耳に残りました。
ここに収められている「Perfect way」を初めて聴いた時、当時の楽曲の中では斬新なリズムアレンジとコンピューターサウンドの音使いのセンスで、さらに黒っぽくてクールなフレーズなのに歌ってるのは白人のそれも女性みたいなボーカルでとても衝撃的な出会いだったと思います。それ以来あまり触れる機会がありませんでしたが、ある店で流れてきたのが誰かがカバーしたこのナンバーで、その時はどこかで聞いたことある曲なんだけど思い出せずで、しばらく時は流れ・・ある日VTRの整理中、昔やってたSONY MTVのVTRを見ていた時、突然流れてきて「おおっ!これだ!」と言うことで最近入手しました。アルバムを通して聴くのは初めてでしたがさすが今聴いても斬新な作品だなと感じました。少しシンセサウンドが20年以上前の古臭さはありますが、聴いて損はないと私は思います。リズムアレンジは絶品。
何年経っても聴ける貴重な音楽
20年以上も経っているのにこのセンスの良さ。以前も好きでしたが、今でもやはりこのアルバムはベストです。グリーンの感性に☆5つ
80年代革新的アルバム
発売された当時まだまだ電子楽器は発展途上の時代でした。この頃のいわゆるテクノロジーの面では最新機材を使い今まで聞いた事のない音が満載でかなり衝撃的なアルバムだった様に思います。またグリーンの甲高い声との相性もよかったです。また歌詞やメロディも一筋縄ではない作り。グリーンのルックスでヤオイ系のファンにも注目されていたなぁ。私自身このアルバム聞いた以降音楽の聞き方が変わったのは言うまでもありません。
その時代の音
今迄で、一番聴いたアルバムである事は間違いない。が、そのせいなのか何なのか、時代を経るにつれて年々その限界性が明確になってくる様な気がする。今の音を聴いた後では、特にその感を強くする。決して「20年先を行っていた」わけでも「今聴いてちょうどいい未来派ポップ」でも無い。その時代の音だ。この作品に関しては、当時色々な発見もあったし、作品の存在意義はそれなりにはあると思う。しかしニューウェイヴ・リバイバルの昨今、ニュー・オーダー、ア・サーティン・レイシオ、23スキドゥーといったバンドが再評価されても、スクリッティ・ポリッティはそうならない。時代は明らかに変化した。ファンクでも、ハウスでも、テクノでもよりcoolな音が評価され、注目される。アンディ・ウェザオールのニューウェイヴ・コンピnine o'clock dropでも、スクリッティ・タイプのそれはバッサリ切られている。シーン自体にもスクリッティ・ポリッティを評価する気配は、残念ながら全く無い様に思える。
あらためてあのときの衝撃を想い出す
やっぱりこのアルバムはすごい。
20年前、坂本龍一が紹介したのだったか、なぜこのバンドをチェックしたのかを想い出せないのだけど、確か当時業界関係者で一大ブームが起きているとかで、初めて聴いたときの衝撃は忘れられない。

買ってみて、やっぱりこのアルバムのすごさを感じました。
エレクトロポップの教科書のような、ある意味金字塔のようなアルバムだったんだなぁと思いますね。

もちろん、懐かしむだけじゃなく、今聴いても楽しい音作りですよ。


Anomie & Bonhomie

[ CD ]
Anomie & Bonhomie

・Scritti Politti
【Virgin】
発売日: 2000-01-25
参考価格: 1,353 円(税込)
販売価格: 1,693 円(税込)
Anomie & Bonhomie
- 収録曲 -
1. Umm
2. Tinsel Town to t...
3. First Goodbye
4. Die Alone
5. Mystic Handyman
6. Smith 'N' Slappy
7. Born to Be
8. World You Unders...
9. Here Come July
10. Prince Among Men
11. Brushed With Oil...
カスタマー平均評価:  4.5
グリーンの声が好き
でこのアルバムは神経症的なインディーの頃の雰囲気も、Synth-pop-funk masterpieceな雰囲気も持ち合わせていない不思議なアルバム。多少、ほんの少しHip Hop的なアプローチ。ほんの少しディストーションを効かせたギター。Rap、R&B寄りのコーラス、サンプリング。 でも、そんなアルバムを支配する雰囲気からは多少浮いてる部分もあるけど、リムショットとアコースティックギターのシンプルなバラッド、First Goodbyeの淡い雰囲気がやっぱり好きだなぁ。そうは云っても。やっぱり声が好きだけれど、その声をウマく活かしてるトラックが好き。最後にやっぱりゆったりと聴かせる大作、Brushed With Oil, Dusted with Powderはこの人の全作品の中でもかなりチカラの入った作品のひとつという気がする。重ねたヴォーカルがキレイに7thを響かせたりさり気なくグリーンらしさを見せつつ、次第に入り込んでくるストリングス、一つのテーマを微妙に変化させて、メジャーコード、マイナーコード、キレイに使い分ける。中盤の盛り上がりを経て、淡々とエンディングに向かう様子は物凄い自信を感じる。圧倒的な曲。
天才グリーン11年ぶりの新作
1999年6月発表。スクリッティ・ポリッテイ11年ぶりの新作。
アノミーは『無秩序状態』、ボノミーは『人柄の良さ』の意味。天才グリーン・ガートサイドの帰還をまず喜ぶべきだろう。
あの『キューピッド&サイケ'85』の天才的な音作りを味わったものにとっては待ちに待った帰還だ。セカンド・アルバムだった『キューピッド&サイケ'85』ではあのマーカス・ミラーやザ・システムのデヴィット・フランクも参加していた。3作目の『プロヴィジョン』に至ってはあのマイルスまで参加、しかし11年間グリーンは沈黙する。
最初の『Umm』に代表されるように音色やリズムは大分変わっている。でも奥底には11年前のグリーンを感じ取ることができる。そのためか聴くたびに味が出てくるアルバムだ。
シンセを使わないScritti Polittiもいいです。
実質上4枚目にあたる今作は、前の2作と途中のカバーシングルとは違い、シンセを使っていないので好き・嫌いがはっきりするアルバムでした。中にはScritti Polittiはもう終わりだ、と思った人も多いはずです。でもグリーンの中性的な声は健在だし、アレンジよりも曲で勝負、というのがひしひしと感じられる作品です。歌詞は相変わらず哲学的な、というか分かりにくいですが、そこはメロディでカバーしています。しかし11年待たされるこっちの身にもなれよ、と思うし、生きている内にScritti Polittiがアルバムを出してくれたとも思いました。盟友デビッド・ギャムソンもプログラミングで参加しているので、ただのギターバンドとは全く違い、ディストーションすら使っていないサウンドですがアルバムがしまっていると感じました。しかしScritti Polittiにかかわると死ぬ人多いですね、マイルスしかりロジャー・トラウトマンしかり。モスデフとか大丈夫かな、なんて余計な心配をしてしまいました。

キューピッド&サイケ’85

[ CD ]
キューピッド&サイケ’85

・スクリッティ・ポリッティ
【EMIミュージック・ジャパン】
発売日: 2006-09-06
参考価格: 1,500 円(税込)
販売価格: 2,990 円(税込)
キューピッド&サイケ’85
- 収録曲 -
1. ザ・ワード・ガール
2. スモール・トーク
3. アブソルート
4. ア・リトル・ノリッジ
5. ドント・ワーク・ザット・ハード
6. パーフェクト・ウェイ
7. ラヴァー・トゥ・フォール
8. ウッド・ビーズ(アレサ・フランク...
9. ヒプノタイズ
10. フレッシュ&ブラッド
11. アブソルート (12インチ・ヴァ...
12. ウッド・ビーズ(12インチ・ヴァ...
13. ヒプノタイズ(12インチ・ヴァー...
カスタマー平均評価:   0

フーズ・ザット・ガール(サントラ)

[ CD ]
フーズ・ザット・ガール(サントラ)

・サントラ ・マドンナ ・ダンカン・フォーレイ ・クラブ・ヌーヴォー ・マイケル・デイヴィッドソン ・スクリッティ・ポリッティ ・コーティ・マンディ
【ダブリューイーエー・ジャパン】
発売日: 1995-05-25
参考価格: 1,835 円(税込)
販売価格: 品切れ中
フーズ・ザット・ガール(サントラ)
- 収録曲 -
1. フーズ・ザット・ガール(マドンナ)
2. コモーション(同)
3. ルック・オブ・ラヴ(同)
4. 24アワーズ(ダンカン・フォーレ...
5. ステップ・バイ・ステップ(クラブ...
6. ターン・イット・アップ(マイケル...
7. ベスト・シング・エヴァー(スクリ...
8. キャント・ストップ(マドンナ)
9. エル・ココ・ロコ(コーティ・マン...
カスタマー平均評価:  5
美しいアルバム
マドンナのイメージチェンジ後の作ですが曲調も大人の女の魅力が
出ている、胸をうつ曲になっています。
せつなさ、思い、心境、色々なものがあらわれたアルバムでしょうか。
映画にはおちゃめでかっこよく個性的なマドンナが見れます。
マドンナの映画では1番演技のGOODで、このサントラが映像とうまく
おり込まれているなあと思います

Cupid & Psyche 85

[ CD ]
Cupid & Psyche 85

・Scritti Politti
【Virgin】
発売日: 1985-06-10
参考価格: 1,400 円(税込)
販売価格: 1,503 円(税込)
Cupid & Psyche 85
- 収録曲 -
1. Word Girl (Flesh...
2. Small Talk
3. Absolute
4. Little Knowledge
5. Don't Work That ...
6. Perfect Way
7. Lover to Fall
8. Wood Beez (Pray ...
9. Hypnotize
10. Flesh & Blood
11. Absolute [Versio...
12. Wood Beez (Pray ...
13. Hypnotize [Versi...
カスタマー平均評価:   0

フーズ・ザット・ガール(サントラ)

[ CD ]
フーズ・ザット・ガール(サントラ)

・サントラ ・マドンナ ・ダンカン・フォーレイ ・クラブ・ヌーヴォー ・マイケル・デイヴィッドソン ・スクリッティ・ポリッティ ・コーティ・マンディ
【ワーナーミュージック・ジャパン】
発売日: 2005-11-23
参考価格: 1,800 円(税込)
販売価格: 1,460 円(税込)
フーズ・ザット・ガール(サントラ)
- 収録曲 -
1. フーズ・ザット・ガール
2. コモーション
3. ルック・オブ・ラヴ
4. 24アワーズ/ダンカン・フォーレイ
5. ステップ・バイ・ステップ/クラブ...
6. ターン・イット・アップ/マイケル...
7. ベスト・シング・エヴァー/スクリ...
8. キャント・ストップ
9. エル・ココ・ロコ/コーティ・マン...
カスタマー平均評価:  4
良いです
元々、マドンナのタイトル曲が目当てで、 他の曲についてはどんな感じなのか? と、あまり予備知識も無いままに購入し、聴いてみたのですが 思っていたよりもずっと良かった、というのが正直な感想です。 他のアーティストの曲を軽やかな曲が多く、気軽に聴けるものばかりです。 POPでノリのいい曲が好きなら、是非、聴いてみてはいかがでしょうか。

アーリー~シングルス

[ CD ]
アーリー~シングルス

・スクリッティ・ポリッティ
【インペリアルレコード】
発売日: 2006-12-20
参考価格: 2,300 円(税込)
販売価格: 2,185 円(税込)
アーリー~シングルス
- 収録曲 -
1. Skank Bloc Bolog...
2. Is and Ought the...
3. 28/8/78
4. Scritlocks Door
5. OPEC-Immac
6. Messthetics
7. Hegemony
8. Bibbly-O-Tek
9. Doubt Beat
10. Confidence
11. P.A.s
12. The Sweetest Girl
13. Lions After Slum...
カスタマー平均評価:   0

アノミー&ボノミー

[ CD ]
アノミー&ボノミー

・スクリッティ・ポリッティ
【EMIミュージック・ジャパン】
発売日: 1999-06-30
参考価格: 2,548 円(税込)
販売価格: 2,380 円(税込)
アノミー&ボノミー
- 収録曲 -
1. UMM
2. ティンゼルタウン・トゥ・ザ・ブギ...
3. ファースト・グッバイ
4. ダイ・アローン
5. ミスティック・ハンディマン
6. スミス’N’スラッピー
7. ボーン・トゥ・ビー
8. ワールド・ユー・アンダースタンド
9. ヒア・カム・ジュライ
10. プリンス・アマング・メン
11. ブラッシュト・ウィズ・オイル,ダ...
12. デッド・サータンティ
カスタマー平均評価:  4
天才グリーン11年ぶりの新作
アノミーは『無秩序状態』、ボノミーは『人柄の良さ』の意味。天才グリーン・ガートサイドの帰還をまず喜ぶべきだろう。
あの『キューピッド&サイケ'85』の天才的な音作りを味わったものにとっては待ちに待った帰還だ。セカンド・アルバムだった『キューピッド&サイケ'85』ではあのマーカス・ミラーやザ・システムのデヴィット・フランクも参加していた。3作目の『プロヴィジョン』に至ってはあのマイルスまで参加、しかし11年間グリーンは沈黙する。
最初の『Umm』に代表されるように音色やリズムは大分変わっている。でも奥底には11年前のグリーンを感じ取ることができる。そのためか聴くたびに味が出てくるアルバムだ。
何回も聞いて楽しめる
不運なことに発売された時から4年以上の今頃、新作を出していたことに気づきました。宣伝が弱かったのですか?って思うくらい、今まで逃したのが悲しい。

今作、最初は、なに??スクリッティがちょっとジェネシスやミスチルみたいな音楽をやってるよ。。。。と驚きと困惑の連続でした。しかしあいかわらず聴く度に、新鮮な感覚がもらえるし、発見がある。おしゃれできらきらした感性はあいかわらずです。前、前作の作品ではエレクトロ・ポップな音でやっていましたが、音は代われど、なんとも涼しいロマンチックな気分に浸れるメロディーラインは健在です。
完璧主義なスクリッティ・ポリッティらしいクオリティーの高さ。グリーンは神経症?らしいのですが、私はそんなグリーンの才能のおかげで精神を落ち着かせていただいてます。今作では前作のような曲より1、9、6,10曲目のような曲が私の好みです。中世的な声もいいけど歌唱力もすごいと思います。

それで、次の作品はいつ出るんでしょうか。
コクもあるしキレもある
前作のアルバム以降、2枚のシングルを出して10年余り沈黙し、突然復活したアルバム。本当に期待して聴いたが

予想外の生の音にビックリ。でも、音作りのセンスとグリーンのヴォーカルの個性はさすがです。以前よりヴォーカルが際立っているような気がします。個人的には相容れない音楽性ですが、ブランクを感じさせない「コクもあるしキレもある」音楽構成で、星4つあげちゃいます。
何度も聴くと、なかなかいい。
前作から11年ぶりのアルバムは、誰も予想できないような変化とともに突然やってきました。シンセも打ち込みもほとんど姿を消している!ギターがいっぱい!ゲストのラッパーが大活躍!

始めのうちはちょっとびっくりしたけど、グリーンが曲を書いて歌えば、やっぱりスクリッティになるんだね。で、よーく考えれば、スクリッティはデヴューの頃から常に変化してきたというか、そのときのグリーンの興味が如実にサウンドに現れているんだよね。このことは、このアルバムで改めて気づきました。

アルバム全体のできは、まあまあいいのではないでしょうか?おかえりなさいという感じで、ちょっとおまけして、星は4っつにします。




Copyright © 2008 洋楽アーティストデータベース. All rights reserved.    Program by 簡単アマゾンサイト作成ツール ver.3.96

 更新日 2008年10月11日   ※ 表示価格は更新時のものです!      メール      相互リンク