洋楽アーティスト1000人のデータベース。公式サイト・ファンサイト・ブログ・掲示板・リンク集。

洋楽アーティストデータベース

1,500円以上で送料無料!
※一部大型商品を除く
カートを見る ヘルプ
フランス・ギャル フランソワーズ・アルディ フランキー・ゴーズ・トゥ・ハリウッド ジョージ・マイケル ホール&オーツ ハワード・ジョーンズ  
  ヒューマン・リーグ ジェリーフィッシュ ジェニファー・ロペス ジョーン・オズボーン ジョー・コッカー ケイト・ブッシュ

洋楽データベース
無料着うたダウンロード
OnGen音楽配信
洋楽楽譜
洋楽名曲
洋楽ランキング
洋楽歌詞和訳・翻訳
特集
 オインゴ・ボインゴ
 サルバトーレ・アダモ
 シャーデー
 パット・ベネター
 フィル・コリンズ
 ペット・ショップ・ボーイズ
 ポール・マッカートニー
 ポール・ヤング
 マイケル・ジャクソン
 マドンナ
 マライア・キャリー
 マリアンヌ・フェイスフル
 ミッシェル・ポルナレフ
 メン・アット・ワーク
 モンキーズ
 リサ・ローブ
 リッキー・マーティン
 ロイ・オービソン
 ロクセット
 ロッド・スチュワート

 

ミッシェル・ポルナレフ


ポルナレフ・ベスト

[ CD ]
ポルナレフ・ベスト

・ミッシェル・ポルナレフ
【ユニバーサル インターナショナル】
発売日: 2006-01-25
参考価格: 1,980 円(税込)
販売価格: 1,480 円(税込)
ポルナレフ・ベスト
- 収録曲 -
1. シェリーに口づけ (3:...
2. 愛の願い (4:19)
3. 愛の休日 (3:19)
4. バラ色の心 (2:58)
5. 君との愛がすべて (3:...
6. ノン・ノン人形 (3:1...
7. ステキなランデブー (2...
8. 天国への道 (4:32)
9. ラース家の舞踏会 (4:...
10. 悲しきマリー (2:43)
11. ロミオとジュリエットのように ...
12. ギリシャにいるジョルジナへ ...
13. リンガディン (2:22)
14. 愛のコレクション (2:...
15. 渚の想い出 (3:27)
・・・
カスタマー平均評価:  4.5
ミッシェル・ポルナレフをご存知ですか?
彼の名前に聞き覚えがない人も「シェリーに口づけ」という曲は、聴いたことがあるはずです。♪トゥートゥー プ マシェリ マシェリ・・・♪で始まるフレンチ・ポップスのヒット曲です。日本では1971年に発売されました。 深夜放送のラジオからこの曲が流れてきました。女性かな、と思ったくらいのハイトーンで、歌詞もフランス語なので、意味は全くわかりませんでした。ただ印象的なサビのフレーズの繰り返しと、覚えやすいメロディ、軽快なテンポ、伸びやかな高音、とヒットする要素を全て含んでいました。シンガー・ソングライターとしての彼の才能を感じさせる曲ですね。ミッシェル・ポルナレフの名前を日本中に広めた代表曲でもあります。今聴いても古さは全く感じません。 個人的にはバロック音楽を彷彿とするような「忘れじのグローリア」が好きです。最初の短調の部分から長調に変化するあたりの伸びやかなメロディが印象的で、フレンチ・ポップスというオシャレなイメージにピッタリの曲ですね。 1972年に大ヒットした「Holidays(邦題 愛の休日)」も有名です。当時、テレビでこの曲を歌っていたポルナレフを見たことがあります。もじゃもじゃ頭で、大きなミラーのサングラスをかけ、金ラメの衣装を着たポルナレフは、とても変っていました。また、彼自身の裸のお尻を露出したポスターが、その頃とても評判になりました。このエピソードだけでも変った人だと思います。 リアルタイムで彼の音楽を聴いていましたので、このCDはとても懐かしいタイムカプセルのようでした。最近、CMやドラマに使われていますので、若い方にも馴染みがあると思います。まだ聴いたことのない方は是非、お聴き下さい。
新鮮で懐かしい
まったく予備知識無くなんとなく購入したのですが、どれもこれもどこかで聴いた覚えのあるしかも鮮烈な印象の名曲ばかりです。 懐かしいのに新鮮、ロマンティックでドラマティックな感覚を楽しみました。 きっとかなり奥深いポルナレフの世界。リアル世代の方にじっくりお話を伺いたくなるような、そんな1枚でした。

シェリーに口づけ~ベスト・オブ・ミッシェル・ポルナレフ

[ CD ]
シェリーに口づけ~ベスト・オブ・ミッシェル・ポルナレフ

・ミッシェル・ポルナレフ
【USMジャパン】
発売日: 2008-09-03
参考価格: 2,500 円(税込)
販売価格: 2,500 円(税込)
シェリーに口づけ~ベスト・オブ・ミッシェル・ポルナレフ
- 収録曲 -
1. シェリーに口づけ
2. ステキなランデヴー
3. 愛の願い
4. 君との愛がすべて
5. ノン・ノン人形
6. バラ色の心
7. ラース家の舞踏会
8. 偉大な道徳観
9. 悲しきマリー
10. ギリシャにいるジョルジナへ
11. ロミオとジュリエットのように
12. 想い出のシンフォニー
13. 夜の鳥と一緒に
14. 君の幸福と僕の悔恨
15. 僕はアイスクリームの中から生まれた
・・・
カスタマー平均評価:   0

シェリーに口づけ〜ベスト

[ CD ]
シェリーに口づけ〜ベスト

・ミッシェル・ポルナレフ
【ポリドール】
発売日: 2000-04-26
参考価格: 2,548 円(税込)
販売価格: 2,207 円(税込)
シェリーに口づけ〜ベスト
- 収録曲 -
1. シェリーに口づけ
2. ステキなランデブー
3. 愛の願い
4. 君との愛がすべて
5. ノン・ノン人形
6. バラ色の心
7. ラース家の舞踏会
8. 偉大な道徳観
9. 悲しきマリー
10. ギリシャにいるジョルジナへ
11. ロミオとジュリエットのように
12. 想い出のシンフォニー
13. 夜の鳥と一緒に
14. 君の幸福と僕の悔恨
15. 僕はアイスクリームの中から生まれた
・・・
カスタマー平均評価:  5
いままでCDで聴くことができなかっただけに意味があります
60年代後半から70年代にかけて一世を風靡したフレンチポップスの旗手ミッシェル・ポルナレフのベスト盤です。このベストアルバムが世に出るまでは、ポルナレフの初期の作品をCDで聴くには輸入盤を購入するしか方法がなく、またいずれも全世界的に品薄状態だっただけに、事実上不可能な状況でした。そんな状況の中でのふってわいたような「リバイバルブーム」、そしてベスト盤の発売と、ファンにとってはまさにエポックメイキングな僥倖でした。なんせたぐい稀な歌唱力と見事な作曲能力、そしてパリのオリンピアで行われたコンサート告知ポスターでは、何と「尻出し」状態で登場して世間の大ひんしゅくを買う反逆児ぶりなど(いまでこそ大したことではありませんが、当時、そんなことをしたのは彼が初めてでした)、さまざまな意味で当時のポップシーンでは群を抜いた存在でした。 個人的な思いとしてはまったくリアルタイムで聴いていた「愛の休日」や「悲しきマリー」などが、いまになってCDで聴くことができるようになって感慨深いものがあります。若い方にはピンと来ないと思いますが、当時のラジオの音楽番組は「電話リクエスト」によってランキングを決める手法が盛んで、「愛の休日」がリリースされた当時はせっせとラジオ局に電話したことを思い出します。おそらく私と同様なことをした方も多いのではないでしょうか。 選曲としては初期のポルナレフのアルバムから、代表的な曲が満遍なく選曲されていて、まさに「ベスト」と言えるでしょう。これは余談ですが「シェリーに口づけ」「愛の願い」「ノンノン人形」が収められているデビューアルバムの制作には、予算の関係もあって無名のミュージシャンも起用されましたが、そこには何とジミー・ペイジとジョン・ポール・ジョーンズもイギリスからバックミュージシャンとして参加しています。このことはクレジットにも記載されていないのでほとんど知られていないのですが、のちにヤードバーズ、レッド・ツェッペリンを結成してブリティッシュハードロックの雄となる彼らが、「ノンノン人形」のレコーディングで小銭を稼いでいたことは、驚くべきことです。また、彼の作品の中でジャズ色が強いということで地味な存在に甘んじている「ポルナレフV」から「僕はアイスクリームの中から生まれた」がチョイスされているあたりは大変ナイスです。 このように素晴しいの一語に尽きるこのベスト盤ですが、唯一の難点は名曲「忘れじのグローリア」が漏れていることでしょう。比較的最近の曲は省いても、この曲は入れてほしかったな?というのが正直な感想です。そんなガッカリ感を見事に解消してくれているのが、昨年の2004年に発売された「ポルナレフ・ベスト」です。こちらにはシッカリと収まっています。くーっ!こちらも買わないと!
映画「ボレロ」の歌手のモチーフはポルナレフだった
映画「ボレロ」の女の歌手はカーペンターズ、では男の歌手のモチーフは?断言できる人は少なかったとおもいますが、これを聴くと挿入歌が出てきますので、「ポルナレフだったのかー」と納得できます。ベスト盤て、とかく安売りに考えられがちですが、ヒットしたLPに入らなかった、マイナーながら重要な曲も入っているので貴重だとおもいます。
若者よ、ポルナレフを聴け!!
60〜70年代に世界的にヒット曲をとばしていたミッシェル・ポルナレフ。

フレンチらしい独特の感触を持った楽曲。
近年もテレビCMなどで曲が使われたので意外と耳なじみがある。
作曲の腕も一流なら、ピアノの腕も一流。
良心的ベスト!
もともとLPの作品だがCD化にあたり収録曲数はなんと20曲!
こんな良心的なベスト盤は絶対買い!
最高!!!当時の彼を知らない人たちにも聞いて欲しい!
私のように、当時のミッシェル・ポルナレフを全く知らなくても「この曲聞いた事ある」とか「この曲知ってる」とか思う曲がいくつも入っていて、全体的にどこか懐かしく、とても安心して聞ける曲ばかり。
「シェリーに口づけ」はその代表的な曲なのでは?
何気なく聞いてみても、思い切って買ってみても、絶対大丈夫♪

個人的には3曲目の「愛の願い」がお気に入り。情熱的にしっとりと歌い上げる彼の声に、もうメロメロv


ポルナレフ・ベスト

[ CD ]
ポルナレフ・ベスト

・ミッシェル・ポルナレフ
【ユニバーサル インターナショナル】
発売日: 2004-05-21
参考価格: 2,600 円(税込)
販売価格: 1,756 円(税込)
ポルナレフ・ベスト
- 収録曲 -
1. シェリーに口づけ
2. 愛の願い
3. 愛の休日
4. 忘れじのグローリア
5. バラ色の心
6. 想い出のシンフォニー
7. ステキなランデヴー
8. 哀しみの終わるとき
9. 渚の想い出
10. 悲しきマリー
11. ラース家の
12. ロミオとジュリエットのように
13. ノン・ノン人形
14. 愛のコレクション
15. 君との愛がすべて
・・・
カスタマー平均評価:  5
懐かしさが込み上げてくる名曲の宝庫
 「ミッシェル・ポルナレフ」と聞いて、懐かしがっておられる方は、今や働き盛り世代ではないでしょうか。数年前テレビCMで「シェリーに口づけ」が流れた時、画面から目が離れませんでした。それほど、インパクトがあり、懐かしさを覚えた曲です。
 ポルナレフは、年齢的には60歳を超えていますが、今でも現役ということを聞いています。「シェリーに口づけ」は、最初「可愛いシェリーのために」というタイトルで発売されるですが、全く売れませんでした。その後、「シェリーに口づけ」で発売され、爆発的なヒットとなりました。中学時代、知りもしないフランス語で、メロディにのせてこの曲を歌っていたことを思い出します。
 その後、「愛の休日」や「愛の願い」などが立て続けにヒットするのですが、車の窓からお尻を出すなどスキャンダルを振りまきながら、いつのまにか忘れられてしまいました。
 このCDには、ヒットした曲だけでなく、「ラース家の舞踏会」や「ロミオとジュリエットのように」などが収録されており、ポルナレフの哀愁をかきたてる曲にも触れることができます。
 また、カトリーヌ・ドヌーブ主演の「哀しみの終るとき」のタイトル曲は、映画にマッチした切なさが伝わってくる名曲です。
このCDはとても懐かしいタイムカプセルのようでした
ミッシェル・ポルナレフの名前に聞き覚えがない人も「シェリーに口づけ」という曲を一度は、聴いたことがあるはずです。♪トゥートゥー プ マシェリ マシェリ・・・♪で始まるフレンチ・ポップスのヒット曲です。調べて見ましたら、日本では本国に2年遅れて、1971年発売にされました。

当時よく聴いていた深夜放送のラジオから「シェリーに口づけ」が流れてきました。女性かな、と思ったくらいのハイトーンで、歌詞もフランス語なので、意味は全くわかりませんでした。ただ、♪トゥートゥー プ マシェリ マシェリ・・・♪の印象的なフレーズの繰り返しと、覚えやすいメロディ、軽快なテンポ、伸びやかな高音、とヒットする要素を全て含んでいた曲でした。シンガー・ソングライターとしての彼の才能を感じさせる曲ですね。ミッシェル・ポルナレフの名前を日本中に広めた代表曲でもあります。今聴いても古さは全く感じません。

個人的にはバロック音楽を彷彿とするような「忘れじのグローリア」が好きです。最初の短調の部分から長調に変化するあたりの伸びやかなメロディが印象的で、フレンチ・ポップスというオシャレなイメージにピッタリの曲ですね。

1972年に大ヒットした、「Holidays(邦題 愛の休日)」も有名ですね。当時、テレビでこの曲を歌っていたポルナレフを見たことがあります。もじゃもじゃ頭で、大きなミラーのサングラスをかけ、金ラメの衣装を着たポルナレフは、とても変っていました。また、ポルナレフ自身の裸のお尻を露出したポスターが、その頃とても評判になりました。このエピソードだけでも変った人だと思いますね。
そして彼が歌う「Holidays」の「H」の発音がよく聞こえなかったので、フランス人は、やはり「H」の言葉は発音しにくいのだなあ、と妙に納得したものです。

リアルタイムで彼の音楽を聴いていましたので、このCDはとても懐かしいタイムカプセルのようでした。1曲1曲聴くうちに、当時の様々な思い出までが蘇って来ました。
最近、CMやドラマに使われていますので、若い方にも馴染みがあると思います。まだ聴いたことのない方は是非、お聴き下さい。
とにかくポルナレフ
「カーマ・スートラ」のCDも見つけ、十何年も前からCDを探し回る日々。
輸入盤も数多く購入。
今では全タイトルが日本発売。すでに輸入盤を購入済みのため日本版を購入せず。でも、中の解説書が読みたい。
しかし、「ポルナレフ・ア・トーキョー」がない。
「熱狂のオリンピア」が輸入盤しかない。
「ポルナレフ革命」のジャケットが日本版LPと違う。
すでに持っている曲なのに。このアルバムも購入。
「今夜の列車」このタイトルだけ知りませんでした。
唯一無二「ポルナレフ」の世界へようこそ(^^)
「唯一無二」。ポルナレフを語る時にはこの言葉がよく似合うと思う。「奇才」
と言えるほどの痛いほどの鋭い感性を持ち、「天才」と呼ばれる極めて美しいロ
マンチシズム。全てのアーティストがそうであるが、ここで敢えて言いたい。彼
に代われる人は世界中誰もいない、と。何故なら彼自身が既に唯一無二の「ポル
ナレフ」という一つの音楽ジャンルなのだ。

内容的には先回のベストに間に合わなかった作品も入って、こちらのベストの方
がお勧めです。さすがに時代を感じさせる作品もありますが、ずっと残って行く
であろう永遠の名曲が沢山あります。ポピュラー音楽史の永遠の宝物「ミッシェ
ル・ポルナレフ」に出逢えた人は幸せですヨ・・・・


ポルナレフ・ナウ

[ CD ]
ポルナレフ・ナウ

・ミッシェル・ポルナレフ
【ユニバーサル インターナショナル】
発売日: 2001-02-21
参考価格: 2,548 円(税込)
販売価格: 2,079 円(税込)
ポルナレフ・ナウ
- 収録曲 -
1. 愛のコレクション
2. 愛の休日
3. 忘れじのグローリア
4. ロミオとジュリエットのように
5. 僕は男なんだよ
6. 哀しみの終るとき
7. 渚の想い出
8. 素的なランデブー
9. 想い出のシンフォニー
10. 愛はあの人の胸に
11. ギリシャにいるジョルジナへ
12. 哀しみの終るとき(インストゥルメ...
カスタマー平均評価:  5
日本だけのベストだったんだ?
中学生の頃このアルバム浴びるほど聴きました。
捨て曲なしの名盤だと思っていたら…ベストだとは知りませんでした!!
「シェリーにくちづけ」入っていないのはなぜなのでしょう?
フランス語には憧れなかったけれど
「シェリーに口づけ」を頻繁に耳にする時に「愛の休日」を初めて聴きました。衝撃的に・・・心に染み入り、そして「哀しみの終わるとき」・・・言葉はわからなくっても、20数年間のときが流れても、心に響きわたる感性は変わらないんですね。心を充たしてくれる1枚です。

ポルナレフ革命

[ CD ]
ポルナレフ革命

・ミッシェル・ポルナレフ
【ダブリューイーエー・ジャパン】
発売日: 1999-03-25
参考価格: 2,520 円(税込)
販売価格: 3,500 円(税込)
ポルナレフ革命
- 収録曲 -
1. ファンクラブの皆様へ
2. 囚われのプリンス
3. ロージーからの手紙
4. 悲しみのロマンス
5. ファンクラブの皆様へ (インスト...
6. サーカスへの誘い
7. 素敵な欲望
8. 愛の伝説
9. ポルナレフ革命 (インストゥルメ...
10. 僕はロックンローラー
11. ガラスの涙
カスタマー平均評価:  5
「愛の伝説」にはハマリました!
1973年の作品です。当時、日本でも「愛の伝説」が大ヒットしまして、ラジオからひっきりなしに流れていたことを思い出します。なにを隠そうイントロのギターが気に入ってしまい、レコードに合わせて毎日弾いていた妙な少年時代を思い出します。この「愛の伝説」や「ガラスの涙」などのお得意の甘くてせつないバラードから、「僕はロックンローラー」などのポップな味付けまで、すでに成熟した音楽性を完成させています。個人的には「僕はロックンローラー」のイントロでの飛び跳ねるようなギターに合わせて、ポルナレフが「チュワ、チュワ…」と実に気持ち良さそうにスキャットインしてくるあたりの絶妙なアレンジが大好きです。 CDでは何だかやたらとマッチョなイメージのジャケットですが(昔、ポルナレフのドキュメンタリー番組を見たら、どこかの海岸で空手をやっている映像がありました。あまりにも痩せていた自分の肉体にコンプレックスがあった彼は格闘技に目覚めたとか。まるで三島由紀夫と同じ発想ですね)、日本で発売されたオリジナルLPは実にメランコリックで素敵なデザインだったと思いますが。
まさに・・・まさに・・・『ポルナレフ革命』
「愛の伝説」・・・アイラヴュ〜ビコ〜〜ズと繰り返す大ヒットから
「僕はロックンローラー」や「悲しみのロマンス」等のスマッシュヒット曲・・・素敵なメロディーのパレードが展開されます。
⇒⇒⇒ムーグシンセを使用しての「ポルナレフ革命」は、今聴いても
**何か素敵なことがこの先に待っている**という気持ちが湧き起こる
不思議な作品です。〜〜〜「ファンクラブの皆様へ」なんて・・・・・
当時は小遣いも少なく実現しなかった『ファンクラブ入会』への想いを
思い出してしまいます。
*************************************************************
★因みに当時の日本盤ジャケットの方が、圧倒的なオーラを醸し出していて、CDは購入したけど・・・
・・・LP盤は宝物として大切にしています・・・(^−^)。
*************************************************************
チビリビリッワ
'73 年のスタジオ4作目(たぶん)です。
とにかくポップでポップで甘い [2][4][8] は言うまでも無いのですが、チビリビリッワのスキャットが有名な [10]、R&R の [7]、コーラスがソウルっぽい [1] など、良い曲が目白押しです。
[5] は単なる [1] のインストということではなく、キーボードもいっぱい入っています。アウトテイク入れたのとは全然違います。

初期の「シェリーに〜」などが気に入った方、ぜひこの時期のものも聞いてみてください。

国内盤に歌詞は付いているのですが、訳詞はありません。フランス語全然わから〜ん。


美しきロマンの復活

[ CD ]
美しきロマンの復活

・ミッシェル・ポルナレフ
【ユニバーサル インターナショナル】
発売日: 2001-11-07
参考価格: 2,141 円(税込)
販売価格: 2,032 円(税込)
美しきロマンの復活
- 収録曲 -
1. マジック・マン
2. 葉巻型UFOの夢
3. 愛のシンフォニー
4. ただひとりの貴方へ
5. ジャンボジェットのごろつき
6. パリは我が街
7. 嘆きの物語
8. 天使の遺言
9. 美しき帰還
10. フランスへの手紙
カスタマー平均評価:  5
シンガーズソング
歌手あるいはシンガーソングライターが一度は歌いたい歌、歌う為に運命付けられている、「歌」の為の歌、シンガーズソング
過去様々な楽曲があるが、エルトン・ジョンの「僕の歌は君の歌」に匹敵する名曲「愛のシンフォニー」が納められているアルバム。

それは、シャンソンの歴史であり、「歌」とは何ものであるかを問いかける。「歌」はただ「歌」でしかないが、「歌」であるために、喜びも哀しみをも包み込む。
そんな「歌」の原点を思い出させてくれる一曲。


ポルナレフの世界

[ CD ]
ポルナレフの世界

・ミッシェル・ポルナレフ
【ユニバーサル インターナショナル】
発売日: 2000-06-16
参考価格: 2,548 円(税込)
販売価格: 品切れ中
ポルナレフの世界
- 収録曲 -
1. 愛の旅人達
2. 僕はアイスクリームの中から生れた
3. 限りなき愛を君に
4. コンピュータの夢
5. 不信という砂漠の中で
6. 愛の物語
7. しかし,まだ旅は続く
8. 愛のコレクション
9. 神父さまの結婚式
10. 愛の来訪者
11. 真夜中の出来事
カスタマー平均評価:  5
SQ4チャンネルサウンドが甦る「一つの小さな記念碑」
フランス本国で「一つの小さな記念碑」と評された、日本発売の三枚目です。 ポルナレフの本質的な音楽を聴くことができる唯一のアルバム。 「シェリーに口づけ」に代表される、”商業的なポルナレフ”しか知らない人には是非聴いて欲しいアルバムです。 どこにも明記されていませんが、スタジオ録音盤の中でこのLP(アナログレコード)だけCBSとSONYが 共同開発したSQ4チャンネル・ステレオレコードとしてプレスされており、本CDはそのサウンドを2チャンネル ・ステレオで再現しているため、SQ4チャンネル・ステレオサウンドを疑似体験できる貴重盤です。 このため、再生音場は通常のステレオと異なり、サラウンドのような拡がりがあり、レコードの2チャンネル ステレオ再生(通常のステレオ再生装置)では出なかった音を聴くことができます。
真夜中の出来事
このアルバムのラスト、11曲目に収められている、邦題「真夜中の出来事」は、圧巻の素晴らしい傑作だ。 静かに始まるイントロ、歌い出しは、まさに邦題からイメージされる厳かで静寂な夜そのままだが、ラストクライマックスのサビになって突然昼に場面が変わり、同時に主旋律はそのまま音階をかけあがり、曲調がガラッと明るく展開する。こんな日常的な夜と昼をドラマティックに、そしてロマンティックに表現し、歌い上げるポルナレフは、本当に天才だ。 ちなみにラストの部分の歌詞は、「子供たちがベッドに入るとき、うんざりする。」といった内容だ。 ロマンのかけらも無いだけに、メロディー、歌唱とのコントラストも興味深い。
実験的なアルバム
ポルナレフは天才です。彼の多数のアルバムを思い起こすと、このアルバムが一番印象的でした。ポルナレフも少し落ち着いて実験的なものに挑戦したかったのでしょう。 デビュー、セカンド共にプレンチポップスとヒッピー文化を合わせた音楽でしたが、この3枚目は他のアルバムとコンセプトが異なっています。JAZZの要素を取り入れており非常に新鮮です。 この後、世界的なヒット作となる4枚目をリリースするのですが、その準備期間でバネをぐんと縮めて、次の飛躍をしようとしていると感じます。
3枚目はジャズ的なアプローチも
ミッシェル・ポルナレフによる1971年発表の3枚目のアルバムです。特に日本では「シェリーに口づけ」などの印象が強く、何だかよくわからない甘ったるいフレンチポップス、という先入観をもたれがちですが、このアルバムはそんな風評に対する強烈なアンチテーゼにも感じられます。 それは2曲目の「僕はアイスクリームの中から生れた」でのジャズ的なアプローチに如実に表れているような気がします。優れた歌手であるとともに、優れたコンポーザーであることをこの1曲で証明したのではないでしょうか。 フレンチポップスを土台に、ジャズのみならず、クラシックやロックなどの要素を貪欲に取り入れたこの作品は、ミッシェル・ポルナレフがアーティスティックな方向に進み始めた初めての作品だと思います。
幼い頃・・・勇気とか希望を感じさせてくれた愛聴盤
A LONG TIME AGO・・・・・。
まだ子供だった僕のアイドルはカッコいいサングラスをかけたポルナレフだった。
このアルバムを聴くと、僕の心はタイムトリップして子供のような心持になり、
「僕はアイスクリームの中から生れた」や「しかし,まだ旅は続く」などで勇気をもらい、
「コンピュータの夢」や「神父さまの結婚式」で夢を見る。
あ〜、ポルナレフの素晴らしい世界・・・手放しで飛び込もう!

星空のステージ

[ CD ]
星空のステージ

・ミッシェル・ポルナレフ
【ユニバーサル インターナショナル】
発売日: 2001-11-07
参考価格: 2,141 円(税込)
販売価格: 2,034 円(税込)
星空のステージ
- 収録曲 -
1. 星空のステージ
2. 火遊びはやめて
3. 失われたロマンス
4. 愛の旅人
5. 僕のレディ・ブルー
6. 雨の日のラヴソング
7. 僕は恋の救世主
8. 青春の傷あと
9. 君を夢見て
カスタマー平均評価:  5
全米ツア?していればチャートイン
デビュ?当時からアメリカの歌手にとりあげられた曲や、またはレイモン・ルフェーブルに演奏された”バラ色の心”などは全米インストルメントロングチャートイン! この作品の直後の”リップステイック”サントラは全米ディスコチャート一位だったはず このアルバムの万華鏡のような音はUSAのバンドには絶対出来ないものである。 難があるとすれば、ポルナレフのフランス訛りくらいか・・・ このアルバムではじめてポルナレフのピアニスト・作曲家・アレンジャ?・プロデューサ?の力量に応えられるメンバ?に出逢ったといえる。 まだ無名だったリー・リトナーの才能を見抜きソロをカットしなかったのもその証 このアルバムが同時期のフリートウッド・マックの”ファンタステック・マック”や”噂”と同じ評価を得ても良かったと思う。 やはり全米ツアーをしてあのファルセットトランペットを全米の聴衆に叩き込むべきだったと 思う。 ただ本人はこのアルバムでUSAなんてこんなもんだったんだ・・・たいしたことないじゃんと達観したのかも 商業的成功はなくても、全米の業界には充分その才能は知れ渡っていたと思う。
ポルナレフ meets リーリトナー!
収録された各曲の出来の良さは、言わずもがな。 また、ちょおと、邪道な聴き方ですが、豪華なバックミュージシャンの演奏も一聴の価値”大”です。 特に、当時未だ駆け出しのリーリトナーによる、32小節に及ぶ「愛の旅人」アウトロ・ソロは歴史的名演と云って良いでしょう。 当時のインタビューでポルナレフが「若い坊やの様なギタリストが弾いたソロが、あまりに素晴らしいのでカットできなかった云々」と語ってましたね。 30年前、擦り切れるほど聴いた事を思い出します・・・。
♪フェ〜ム・ア・ラ・モ〜ド!
アメリカに進出した我がヒーロー=ポルナレフが伸び伸〜びと
英語で唄ってくれたアルバム。
1曲目の「星空のステージ」は勇気湧くメロディが軽やかに進み、
曲のエンディングでの(ポルナレフ節ィ!)ボイス・トランペットが
高らかに鳴り響くあたり・・・このアルバムの導入部として華やかです。
☆エレガントな美声と良質なメロディライン☆
何処を聴いても万華鏡のように、音楽好きの心を奪うマジックに溢れる
素敵な1枚であります。
〜☆〜Let Me Be Your Jesus For Tonite〜☆〜もしも、僕を信じてくれるなら・・・。
ポルナレフinUSA
オリジナル発売時はこんな邦題のアルバムだったと思う。いろんなゴタゴタから逃れて、新天地アメリカの西海岸でポルナレフが製作した傑作。
フランス語に違和感がある人も大丈夫!全曲英語による歌唱です。
ポルナレフ独特のロマン感や甘ったるさが弱まり、ウエストコーストのドライな雰囲気が、各曲をより洗練している印象のアルバム。
製作参加者も当時の西海岸を代表するアレンジャーやミュージシャンばかりで、音楽史的にも聴いてみる価値はあります。お勧めの一枚。
スケールの大きさ 、メロディラインの美しさ
まずはハートにささっているヘッドフォンがささっているジャケットに注目。「ともかく、このアルバムを聴いてくれ」という率直なポルナレフの気持ちが表現されている。今聞いても決して古くささは感じられないし、違和感もない。特に、「青春の傷あと」のスケールの大きさ 、メロディラインの美しさは圧巻である。30年近く前の私自身の青春時代と重なり合い、いい意味での甘酸っぱさやノスタルジーを思い起こさせてくれる超オススメの作品。どうして当時売れなかったんだろう?

愛と青春のトルバドゥール

[ CD ]
愛と青春のトルバドゥール

・ミッシェル・ポルナレフ
【ユニバーサル インターナショナル】
発売日: 2000-06-16
参考価格: 2,548 円(税込)
販売価格: 2,059 円(税込)
愛と青春のトルバドゥール
- 収録曲 -
1. 愛の願い
2. 人生は星の流れ
3. 愛の証しを
4. 恋人に捧ぐバラッド
5. 夜の鳥と一緒に
6. シェリーに口づけ
7. 初めての愛
8. 青春に捧ぐバラッド
9. 僕の心にいつまでも
10. 君との愛がすべて
11. ノン・ノン人形
カスタマー平均評価:  5
記念すべきファーストは愛の世界で一杯!
1966年に発表されたミッシェル・ポルナレフのファーストです。 確か中学生のときに初めて聴きましたが、いきなり「愛の願い」での切なくしかも強烈な印象を残すボーカルに圧倒されたのを思い出します。 曲としては「シェリーに口づけ」、そして「ノンノン人形」が有名なのでしょうが、 個人的にはあまりにも切ない「愛の願い」に尽きます。 これはあまり知られていない話ですが、後にレッド・ツェッペリンを結成するジミー・ペイジとジョン・ポール・ジョーンズがアコースティックギターで参加しています。 2人が参加した経緯はわかりませんが、後のビッグネームがクレジットもされず、ひっそりとドーバー海峡を渡ってきたと思うと、とても興味深く思えます。
やっぱり大好き!
中学生時代 嵌りに嵌ったポルナレフの音楽。
日本で販売されたLPのみならずフランスに留学していた知人にも現地のものを購入し送ってもらいました。
レコードプレーヤーを手放した折にLPも全て処分し、彼の音楽への思いを「所詮、青春の感傷」と割り切ったつもりでしたが・・・先日アマゾン(fr)で試聴したら、もう止まらない!
高校2年生の娘も嵌り、結局CDを購入・・・このCDの中では「人生は星の流れ」が一番好きです。
ヘッドホンの左右を行来するアコースティックギターの響きと共に流れる、ポルナレフの透明感ある伸びやかな歌声。一挙に30年前の揺れる思いに身を置いていた自分と出会いました。
懐古的気分だけでは無く 今の自分そして現代っ子の娘をも魅了してくれる彼の音楽との再会。とても幸せです。
やっぱり、いい!
 ベストアルバムの中で、「愛の願い」と「君との愛がすべて」が特に気に入ったので、彼の初期の曲を聞いてみたくて、また、彼の素顔を見たくて、このCDを買いました。
 ベストアルバムのような派手さ・華麗さはありませんが、そのシンプルさにかえって好感が持てました。
 このCDの中では、「人生は星の流れ」が特に気に入りました。
アコースティック・ロック
 ポルナレフのデビューアルバムで、日本盤には“シェリーに口づけ”が収録されています。CD化の際にもフランス盤には収録されなかったので、この日本盤の価値は今も昔も高いと思います。

 まさにフォークロック、というかアコースティック・ギターによるロックとも言える内容です。ポルナレフの大ヒット作とは趣が違いますが、しばらくぶりに聴いてみてみると、耳に心地よく、再評価したいと思います。
 その観点からすると、アルバムコンセプトに“シェリーに口づけ”がなかったのは、当然なのかもしれません。




Copyright © 2008 洋楽アーティストデータベース. All rights reserved.    Program by 簡単アマゾンサイト作成ツール ver.3.96

 更新日 2008年10月11日   ※ 表示価格は更新時のものです!      メール      相互リンク