洋楽アーティスト1000人のデータベース。公式サイト・ファンサイト・ブログ・掲示板・リンク集。

洋楽アーティストデータベース

1,500円以上で送料無料!
※一部大型商品を除く
カートを見る ヘルプ
アバ エービーシー アーハ バックストリート・ボーイズ バングルス ザ・ビーチ・ボーイズ  
  ビージーズ ベル・アンド・セバスチャン ベット・ミドラー ビリー・ジョエル ブロンディ ボブ・マーリー

洋楽データベース
無料着うたダウンロード
OnGen音楽配信
洋楽楽譜
洋楽名曲
洋楽ランキング
洋楽歌詞和訳・翻訳
特集
 Dエセックス
 エヴリシング・バット・ザ・ガール
 エディット・ピアフ
 エルトン・ジョン
 エンヤ
 カーディガンズ
 カーペンターズ
 クレモンティーヌ
 シェブ・ハレド
 シャルル・アズナブール
 シンディ・ローパー
 セリーヌ・ディオン
 デュラン・デュラン
 ドナ・サマー
 バート・バカラック
 バグルズ
 フェイ・ウォン
 フリートウッド・マック
 ブリトニー・スピアーズ
 ユーリズミックス

 

デュラン・デュラン


グレイテスト(3ヶ月期間限定)

[ CD ]
グレイテスト(3ヶ月期間限定)

・デュラン・デュラン
【EMIミュージック・ジャパン】
発売日: 2006-03-08
参考価格: 1,850 円(税込)
販売価格: 1,510 円(税込)
グレイテスト(3ヶ月期間限定)
- 収録曲 -
1. プリーズ・テル・ミー・ナウ
2. ザ・リフレックス
3. 007/美しき獲物たち
4. オーディナリー・ワールド<SIN...
5. セイヴ・ア・プレイヤー<US S...
6. リオ<US EDIT>
7. ハングリー・ライク・ザ・ウルフ
8. グラビアの美少女
9. プラネット・アース<SINGLE...
10. ユニオン・オブ・ザ・スネイク
11. ニュー・ムーン・オン・マンデイ
12. ワイルド・ボーイズ
13. ノトーリアス
14. アイ・ドント・ウォント・ユア・ラ...
15. オール・シー・ウォンツ・イズ<4...
・・・
カスタマー平均評価:  4.5
80’sアーティスト、デュラン・デュランを知る決定版!!
洋楽花盛り80年代をビジュアル的にリードしてきたバンドが、このデュラン・デュランなのです。 当時はミーハー好みで、ジェネシスなど正統派ロック通の男子からは敬遠されていたような。 しかし、一世風靡した独特のエレポップサウンドは誰もが認めていたと思います。 何せ、007のテーマ曲も歌ってたんですから。(そう言えばa-haも歌ってたなぁ) そんな彼らの集大成ベストヒット集がコレです!! 怒濤のごとく続く大ヒット曲の数々に、懐かしくてノックアウトですね。 今、こうして聴いてみると、当時はピンと来なかった「オーディナリー・ワールド」が意外といい曲なので驚いています。 リズム重視のズンジャカバンドではなく、聴かせる実力派でもあったことがわかります。 80’sを聴いていく上で、彼らに関しては、 オリジナルアルバムよりもこのベスト盤をコレクションすることをおすすめしますよ!! 音質もいいですからね。
捨て曲無し
ほぼデビュー当時の曲で占められている。曲調もわずかだが年々変わっているようだが、リスナーを失望させない努力が認められる。これ1枚あればDuranは語れる。
ベスト
1998年までのシングルが大体均等に収録。 全部が全部シングルバージョンではないというのも、彼ららしいといえば彼ららしい。 この一枚を聴いていけば、デュラン・デュランの曲の移り変わりが見えてくる。 時代、そしてメンバーの変換とともに、音楽性も少しずつ変わってきているのがわかるはずだ。 意外に、「Electric Barbarella」が自分は好き。
これがあればOK!
うわぁ?豪華やなー、と誰もが耳にしたことがある曲が立ち並びます。 思わずのお得感に顔が緩みますが、後半あたりはあんまり、、、 ということで、星4つ!

レッド・カーペット・マサカー~美しき深紅~(初回生産限定盤)(DVD付)

[ CD ]
レッド・カーペット・マサカー~美しき深紅~(初回生産限定盤)(DVD付)

・デュラン・デュラン ・ジャスティン・ティンバーレイク ・ティンバランド
【ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル】
発売日: 2007-12-05
参考価格: 3,570 円(税込)
販売価格: 2,938 円(税込)
レッド・カーペット・マサカー~美しき深紅~(初回生産限定盤)(DVD付)
- 収録曲 -
1. ヴァリー
2. レッド・カーペット・マサカー
3. ナイト・ランナー(ft.ジャステ...
4. フォーリング・ダウン(ft.ジャ...
5. ボックス・フル・オブ・ハニー
6. スキン・ダイヴァーズ(ft.ティ...
7. テンプテッド
8. トリックト・アウト
9. ズーム・イン
10. シーズ・トゥー・マッチ
11. ダーティ・グレイト・モンスター
12. ラスト・マン・スタンディング
13. クライ・ベイビー・クライ (日本...
カスタマー平均評価:  4
アンディーがいないのは寂しい
全編を通じて、1曲目"The Valley"のような、"My Own Way"を彷彿とさせる曲調が耳に残る感じがする。その他2曲目"Red Carpet Massacre"など、"Liberty"時代のような曲もある。様々な変化を遂げてもやはり、デュランデュラン。しかし、アンディーのセンスの良い勢いのあるギターが聞けないのは寂しい。また、ロジャーのドラムもとてもおとなしい感じがする。もう少しオリジナルメンバーを生かしたアルバムを期待します。
商業的にはふるいませんでした。でも傑作!
90年代の低迷を経てのオリジナル5の復活ラインナップで話題になった前作「アストロノート」は ニューウェーヴ期の音を彷彿させるような感じ旧来のファンには嬉しい作品ではありましたが、 楽曲の質といいますか、「粒」でいうと若干物足りなかったような印象もありました。 その後、バンドからは「アンディー・テイラーの解雇」のニュース、が。 それとともに「ジャスティン・ティンバレイクとティンバーランドとのコラボレーション」のニュース、も。 この2者、最近ではマドンナともコラボレーションしているんで これで、バンドがまだまだ一線の音にこだわっている様子が窺い感じられました。 果たしてこの新作は、すごくチャレンジングに聴こえる逸品。 ある種88年発表のバンド4作目「BIG THING」のような。。。 あのときは個別ユニットの成果をレコードのサイドで分けて収録するやり方をとっていましたが 今回はそんなスピリットを漂わせつつ、アルバムでトータル感があるのが大きな特徴。 メンバー4人の思惑とプロデューサーのアイディアが非常にうまくいった好例に思えました。 セールス的に不調だったのはどうやら「フォーリング・ダウン」というバラードをシングル一発目に 持って来たチョイスミスだったようで、この曲は単体で聴くなら「セイヴ・ア・プレイヤー」並みに 味わいあるバラード路線なんですが、シングル向きとはあまりいえない感じではありました。 それよりも、攻撃的な「レッド・カーペット・マサカー」「ナイト・ランナー」 「スキン・ダイヴァーズ」といった、アルバム前半に並ぶR&Bっぽい強力チューンを押していった方が 売れたんじゃないかな、という感想はあります。 アルバム後半も無駄曲が一切ない(ということはデュランにとってはとても画期的である!)ので 一気に聴き通せてなお聴きたくなる気にさせる、近年では珍しいいいアルバムと感じます。 今風な味付けはされてはいますが、ジャケット・アートも楽曲の雰囲気も、まさにあの安っぽい欧風感ある ニック・ローズのセンスといいますか(笑)やはりこのバンド、ニックのアイディアで 動いているんだなとも思いました。
結成30周年目前の、大傑作!!
 Duran Duran(以下DD)のキャリアに関しては、今更振り返るまでも無いであろうが、小職にとっては、1986年発売の「Notorious」、1988年発売の「Big Thing」が、最もメンバーの個性が輝き、耽美的かつ前衛的、PVについても、最も「凝った」作品が多かった。当時、ギタリストのアンディ・テイラー、ドラマーのロジャー・テイラーを相次いで脱退という形で「失い」、DDもはやここまでか…と歯がみした小職に、次々にヒット・シングルを見せつけてくれた時の、残された3人(サイモン・ジョン・ニック)の気概、野心、向上心といったものには、大いに学ばされるものがあった。  本作「Red Carpet Massacre」でも、ミュージック・シーンの第一線を張り、常に先頭を疾走しようとする姿勢に変わりは無い。結成30周年も何のその、「ローリング・ストーンズ」の様になりたい、という彼らのスタンスには、脱帽する他ない。ジャスティン・ティンバーレイクとのコラボレーション・シングル「Falling Down」にしろ、ティンバランドと組んだ「Nite-Runner」「Skin Divers」にしろ、やはり彼らの代表作だ。素晴らしい。  今後も、これまで以上の野心・向上心・気概を抱き、更に上を目指して行って欲しい。世界に誇れる、雄々しいバンドだ。
昔ファンだった人聞いてみて
RED CARPET?NITE-RUNNERを最初聞いた時は???でした。サイモンが歌ってなければDURANと 気がつかないでしょう。しかし何度聞いていくうちに80年代を感じるのです。そしてFALLING DOWNへの 流れは、90年代のウエディングアルバムの頃を思い出させる。まさしくDURAN DURANです。 ずっとファンでしたが、私にとってDURANはサイモン・ニック・ジョンの3人の時のほうが最高 だったので5人にもどった前作よりずっと好きです。何度も聞いています。とても良いアルバムだと思います。 前作は5人にもどったおかげで日本でもかなりマスコミに取り上げられてたのに…残念です。
悪くはないけど、、、
前作のASTRONAUTがよかっただけに期待しすぎてしまいました。 アンディがいないのが影響しているみたいですね?。 今までの作品にはニックの色がそこかしこにあったのですが、今回の この作品にはそれがほとんど感じられません。 ジャスティンの影響と言うか、もう独壇場ですよね。 本来のデュランのカラーをもっと残して欲しかった気もします。 なんだか80年代によくあった「売れそうで売れないダンスポップ」の ような感じです。 いい曲もあるんだけど、、、、、なんか残念。

リオ(紙ジャケット仕様)

[ CD ]
リオ(紙ジャケット仕様)

・デュラン・デュラン
【EMIミュージック・ジャパン】
発売日: 2008-05-28
参考価格: 2,600 円(税込)
販売価格: 2,250 円(税込)
リオ(紙ジャケット仕様)
- 収録曲 -
1. リオ
2. マイ・オウン・ウェイ
3. 悪夢の中の孤独
4. ハングリー・ライク・ザ・ウルフ
5. ホールド・バック・ザ・レイン
6. ニュー・レリジョン
7. ラスト・チャンス・オン・ザ・ステ...
8. セイヴ・ア・プレイヤー
9. ザ・ショーファー
10. (エンハンスド)「リオ」「ハング...
カスタマー平均評価:  4.5
デュランデュランの80’sの大傑作アルバム!!
デュランデュランが、80年代、単なるビジュアル系バンドではなかったことがこのリオを聴くとわかります。 全9曲、まったく捨て曲なしの名曲のオンパレードですね。 次作Seven and the Ragged Tigerよりもアルバムとしての出来は優れていると思います。 ライバル、カルチャー・クラブでいえば、カラー・バイ・ナンバーズ。 スパンダー・バレエならトゥルー。 これらに匹敵する豪華さだと実感しますね。 特にSave A Prayerは、後のオーディナリー・ワールドと並ぶ傑作哀愁バラードです。 80’sファン必携、必聴の名盤をこの紙ジャケ盤でぜひ手に入れておきましょう。 PC用ボーナス映像としてRio、Hungry Like the Wolf、Save a Prayer3曲のビデオも収録されていてお得ですよ!!
2001年デジタル・リマスター盤の再発盤です!
2001年発売当時は見開きジャケットだったのに、シングル・ジャケットにグレード・ダウン。速攻返品しました。もちろん作品自体は星5つ!!!!!

ザ・グレイテスト 来日記念限定パッケージ

[ CD ]
ザ・グレイテスト 来日記念限定パッケージ

・デュラン・デュラン
【EMIミュージック・ジャパン】
発売日: 2003-07-02
参考価格: 2,548 円(税込)
販売価格: 1,679 円(税込)
ザ・グレイテスト 来日記念限定パッケージ
- 収録曲 -
1. プリーズ・テル・ミー・ナウ
2. ザ・リフレックス
3. 007/美しき獲物たち
4. オーディナリー・ワールド(Sin...
5. セイヴ・ア・プレイヤー(US S...
6. リオ(US Edit)
7. ハングリー・ライク・ザ・ウルフ
8. グラビアの美少女
9. プラネット・アース(Single...
10. ユニオン・オブ・ザ・スネイク
11. ニュー・ムーン・オン・マンデイ
12. ワイルド・ボーイズ
13. ノトーリアス
14. アイ・ドント・ウォント・ユア・ラ...
15. オール・シー・ウォンツ・イズ(4...
・・・
カスタマー平均評価:  4
超スーパーロックアイドル
人気全盛期当時は中学生、私の下敷きにはベースを弾くジョン・テイラーが微笑んでいた。♪RIOが大好きで大好きで☆創刊された『RIO』という雑誌に載ってた来日追っかけ日記を読みまくった。後に自分もベース弾くことになっちゃって(笑)洋楽番組で放送されたPVが本当にカッコ良かった☆♪Reflexのライブシーンなんてテレビの前で失神!♪Planet Earthも大好き☆キラキラで眩しかったね?o(≧∇≦o)
GREATESTそのもの
テレビでたまたまデュランのミュージックビデオをみて、購入しました。久しぶりにセクシー&ミステリアスなデュランビートを堪能できました。表紙等をもう少し工夫をこらしてもいいのではないのでしょうか。とりあえず秀作です。
Duran入門には最適!
DuranのCDが欲しいけど、どれを買えば良いのかわからない人や、迷っている人、代表的な曲だけ聴きたい人には是非、おすすめですね。 私は、レコード世代なので、やはりこの一枚がCD集めのきっかけになりました。 Duranをこれから知りたい方、懐かしく思っている方、持っていた方が良いですよ。
あ〜、やっぱりいいですねぇ〜
遡る事20年前、ザ・リフレックスからファンになりましたが、当時小学生だった私はアルバムを買う余裕はなく、FMをまめにチェックして彼らの曲を集めテープに録りためたものです。自然に積極的には聴かなくなり、音楽情報にもすっかり疎くなっていましたが、今回この来日記念盤パッケージが出ることを知り即予約購入しました。何度も何度も聴いています。同じ内容のベスト盤が既に出ていたということで、継続したファンの方には憤りがあるかと思いますが、来日記念ということがきっかけになって購入する私のような再燃ファンもおりますので、売り方を怒らないであげて下さい(笑) もし初めてDURAN DURANのCD購入をお考えの方がいれば、是非本品をお勧めします♪
まだ持っていない人にとっては○かも。
このアルバムの収録曲は、これまでに発売されているベストアルバムと同様でジャケットが異なるだけです。今回の来日公演で改めてファンになる方も多いと思いますので、まだベストアルバムを持っていない方や、欲しいなと思っている方には○です。但し「翻訳歌詞カード不要」で「価格重視」という方には、輸入盤のベストアルバムがお薦めです。

デュラン・デュラン

[ CD ]
デュラン・デュラン

・デュラン・デュラン
【EMIミュージック・ジャパン】
発売日: 2005-08-03
参考価格: 1,500 円(税込)
販売価格: 品切れ中
デュラン・デュラン
- 収録曲 -
1. グラビアの美少女
2. プラネット・アース
3. 誰かがそこにいる
4. トゥ・ザ・ショア
5. ケアレス・メモリーズ
6. ナイト・ボート
7. 雷鳴
8. フレンズ・オブ・マイン
9. TEL-AVIV
カスタマー平均評価:  5
繰り返し聞きましょう。Duran Duranの最高傑作!
80年代 New Waveの最高傑作で、今でもDDの中で一番好きなアルバム。 この頃はPost Punkと言われてて正直20年以上前に1番最初に聞いたときは暗くて分けわからなかった。 当人達はPunkとFunkとGarage Rockを混ぜ合わせた音楽を作りたかったそうな。 1981年にこんな音楽を作ってたって時代の最先端を行き過ぎてたバンド。 2003年12月のSydeny Enmore TheaterでのOpeningは"Friends of Mine" 暗闇でこの曲のイントロが流れたときは鳥肌モン。 その他にホラー映画のテーマ曲ばりの"Night Boat" ヒット曲の"Planet Earth,"Girls on Film" ボーカルド迫力の "Careless Memories"など、 live18曲中5曲もファーストアルバムから披露とはさすがDD!! 最近出たWemblyのLive DVDでもこのアルバムから4曲入ってる。 全体的にNickのKeyboardがうるさすぎなくて、Andyのセンスの良いギターとの絡みが最高! この16分音符のリズム隊は滅茶苦茶カッコいいだけじゃなくて高度な技術を要す。 サイモンの緊張感あって尖がってたボーカルと謎めいたリリック。 ちょっと暗くてミステリアスそしてキャッチーで名曲揃いの捨て曲無し! 青春時代のノスタルジアに浸ってるわけでなく、今聞いても最高傑作!!
私的には星5つですっっ!!
ファーストアルバムというのは、どのバンドでも音が荒削りなものですが、このアルバムにおいても例外ではない。しかしながら、爆発するほどのパワーが感じられるのです。
実際「グラビアの美少女」などはたまらない!!プロモーションビデオはちょっぴりエッチで、小さかった私はどきどきしながら見たものです。この歌を聴くと、あの映像が思い出されて・・・。
「プラネットアース」もいい。
「ぱっぱぱっぱ、ぱっぱっぱぱ!!」一度聞いたら忘れられないあのリズム!思わず腰が動いてしまいます。ちなみにジョンテイラー(b)のお母様は、この曲がお嫌いだとか。

ほかにも大雑把ながら、若者のあふれんばかりのエネルギーを感じる曲がたくさん詰まっていて、今聴くとなんというかノスタルジックな気分にまで浸れるような、なんかそんな感じ。


ザ・ウェディング・アルバム

[ CD ]
ザ・ウェディング・アルバム

・デュラン・デュラン
【EMIミュージック・ジャパン】
発売日: 1997-10-29
参考価格: 1,784 円(税込)
販売価格: 1,659 円(税込)
ザ・ウェディング・アルバム
- 収録曲 -
1. トゥー・マッチ・インフォメーション
2. オーディナリー・ワールド
3. ラヴ・ヴードゥー
4. ドラウニング・マン
5. ショットガン
6. カム・アンダーン
7. ブレス・アフター・ブレス
8. U.M.F.
9. 宿命の女
10. ノン・オブ・ジ・アバーヴ
11. シェルター
12. トゥ・フーム・イット・メイ・コン...
13. シン・オブ・ザ・シティ
14. タイム・フォー・テンプテーション
15. ストップ・デッド
カスタマー平均評価:  5
思い出深い。
93年でしたか、このアルバムで地味に復活したデュラン2.カムアンダーン。オーディナリーワールド。いい曲です。グランジ、オルタナティブ全盛期に異端の一矢を報いたアルバムでしょう。
4人組duran duranの軌跡と奇跡
80年代後半から90年代初頭までは彼等にとって試行錯誤の時代だった。自らの音楽性を先鋭化させたアグレッシブな作風のnotorious,big thingは充実の内容ながら、相変わらず正当な評価はされず、セールスも伸び悩む。一時的に5人組となったlibertyは、セールスでの惨敗にとどまらず、彼等の意図が判然としない中途半端な内容だった。当初、伝えられていたニューアルバムのタイトルはhere comes the bandという、libertyの悪夢がよみがえるようなものだったが、リリースはいつものように延期され、彼らはもう一度スタジオに入り作品を練り直し、いくつかの曲をレコーディングする。その結果届けられた今作は、ウォーレンを含む4人のduranのそれまでの試行錯誤が実を結んだ快作。notorious以降彼等が追及してきた「ファンキーなロック」を、(前作とは違い)彼等らしい洗練された音作りによって、きらびやかでポップなダンスミュージックと融合することに成功している。このように4人組のバンドとして有機的に機能することによって、ordinary worldという奇跡の名曲も生まれたのであり、おそらくこの曲がなければ、アルバムもこれほどヒットすることはなかったはず。それはduranとしての存続に関わるものとなったはずで、現在のオリジナル5での活動の意味合いも変わっていただろうと思う(他の80年代の再結成バンドのような懐メロコンサートになっていた可能性もある)。4人組duranの功績は大きく、オリジナル5のduranの活躍を喜びながらも、ウォーレンの姿がそこにないことを寂しく感じるのも仕方がない。
Extraordinaryな助っ人、ウォーレン・ククルロ
1985年に「美しき獲物たち」が1位をとった後、グループは分裂した。今にして思えば、あれだけの成功をおさめたのだ。ぼろぼろになってもおかしくない。私はそれでも細々とファンを続けた。でも、やはり物足りなくて、当時ものすごい勢いで流行っていたハードロックにはまっていった。

90年代に入り、グランジとか言う音楽ばかりが聴こえるようになって、私は洋楽そのものから離れた。そして、デュラン・デュランに関しては、あんなに好きだった私でさえも、「もうだめかな?」と思うようになったのである。

そこへこのアルバムの登場だ。「Ordinary World」が全米で売れているらしいという情報をつかみ、再び「American Top40」を聴き始めた。順位がどんどん上がる。ローカルでは次々と1位を獲得。きっと、湾岸戦争後で不安を抱えるアメリカ人達が、この曲で癒されていたのだろう。歌が広がっていくさまを想像すると震えがきた。

そして遂に全米第1位。この曲を愛してくれるアメリカの人全てに感謝をしたい気分だった。1位がどんなにすごいことであるかは、毎週「全米トップ40」を聴いてヒットチャートをノートに書き、実際に旅をし広さを体感したことのある私にはよくわかる。デュランはよみがえった。もう誰にも、「80年代だけのバンド」とは言わせない。

功労者は誰なのだろう。それは、言うまでもなく、ギタリストのウォーレン・ククルロである。最後の日本公演で、私は彼の「Ordinary〜」間奏を間近で見ることができ、「この人がいたから…」と号泣してしまった。ウォーレンなしにデュランの存続はなかったのだ。彼のことを、絶対に忘れてはならない。
名曲がたくさん
ヒットした2曲目はもちろん、6曲目の「come undone」は名曲中の名曲です。7曲目はブラジルのシンガーとの共演が面白い。ジャケットの写真がメンバーの両親の結婚式の写真との事で、誰の両親なのか考えるのもまた楽しいかも。
Duran Duranはこれさ
通称『Wedding Album』。『Too Much Information』から始まっていい曲と演奏のオンパレード。特に2曲目『Ordinary World』が名曲。

彼らは単にルックスが良いだけでなく、演奏能力も高いものがあった事が感じられる。

Duran Duranはこれさ!


デュラン・デュラン(紙ジャケット仕様)

[ CD ]
デュラン・デュラン(紙ジャケット仕様)

・デュラン・デュラン
【EMIミュージック・ジャパン】
発売日: 2008-05-28
参考価格: 2,600 円(税込)
販売価格: 2,340 円(税込)
デュラン・デュラン(紙ジャケット仕様)
- 収録曲 -
1. グラビアの美少女
2. プラネット・アース
3. 誰かがそこにいる
4. 海辺へ
5. ケアレス・メモリーズ
6. ナイト・ボート
7. 雷鳴
8. フレンズ・オブ・マイン
9. TEL-AVIV
カスタマー平均評価:   0

Greatest

[ CD ]
Greatest

・Duran Duran
【Capitol】
発売日: 1998-11-03
参考価格: 2,030 円(税込)
販売価格: 1,056 円(税込)
Greatest
- 収録曲 -
1. Is There Somethi...
2. Reflex
3. View to a Kill
4. Ordinary World [...
5. Save a Prayer [U...
6. Rio [US Edit]
7. Hungry Like the ...
8. Girls on Film
9. Planet Earth [Si...
10. Union of the Sna...
11. New Moon on Mond...
12. Wild Boys
13. Notorious
14. I Don't Want You...
15. All She Wants Is...
・・・
カスタマー平均評価:  5
Duran Duran
 デュラン・デュランを語る上で欠かせない19曲が収録されています。80年代の メロディといった感じがして、懐かしい感慨にふけりました{と言っても、80年代と言うと、 私は本当にまだ小さな子供でしたが(笑)}。    私が一番好きなのは、4曲目の『ordinary world』です。美しく、優しいメロディと思う と同時に、改めてデュラン・デュランの魅力と才能に触れる思いでした。  他の曲では、3曲目の『a view to a kill』と、12曲目のミルコ・クロコップの入場曲 でもある『wild boys』がオススメです。
Duran Duranは大好きだけど・・・
Save A Prayerが一部、カットされていてがっかりしました。どうやらUS Single Versionが収録されていた様です。また、Rioのエンディングも中途半端でした。私がアメリカで購入したパッケージにはそのような説明が何もなかったので、買ったお店に事情を話して他のDuranDuranのCDと交換してもらいました。 それさえなければ☆5つ間違いなしだったと思います!
バラエティに富んだDuran2栄光の歴史!
まさにGREATESTというにふさわしい名曲揃いのベストアルバム。前半は初期中心に、後半は80年末から90年末までの楽曲を網羅している。また、これ1枚を聴くだけでもDuran2の音楽の幅の広さが十分伝わってくる。キャッチーで馴染みやすい「The Reflex」「Rio」から、お洒落でセンスの良いポップソング「Serious」「Skin Trade」まで今でもちっとも古さを感じさせない実に様々なサウンドで楽しませてくれる。それは彼らのニューアルバム「Astronaut」にも共通することだ。それを聴いてから本作を聴くと、きっと今まで以上に彼らの魅力の虜になること間違いないだろう。Duran2の歴史を振り返るにはちょうどいいアルバムといえる。また、このアルバムのPV+ボーナスPV+インタビュー映像を収録した豪華なDVDもあるのでそちらもセットにして観るのをおすすめする。ちなみにボーカルのSimon、90年代初から声域が高くなっているという。そのことも意識しつつ聴いてみるのも面白いと思う。
「'80年代の世界のアイドル」
多分、20代前半や10代のみなさんは
この「デュランデュラン」という
バンドの事は良く分からないと思うが、
80年代の世界のティーンエイジにチヤホヤされていた
アイドル系ポップバンドである。
日本で言うと、男闘呼組(古いか?)、TOKIOあたりでしょう。
有名な曲で言うと、最近たまに曲が流れるのは、
前にトヨタのCMでも使われていた「オーディナリー・ワールド」
ぐらいだろうか。
しかし、この曲はバラードなのだが、聞いて損は絶対しない曲
なのでと言うか、90年代に代表される名曲なので
みなさんも是非一度聞いてみると良い。
さて、このベストアルバムだが、みなさんで、
もしデュランデュランを聞いたことの無い人がいれば
是非とも入門編にしていただきたい。
全部で19曲入りとかなりボリュームのある内容なのだが、
私的に前半の10曲目くらいまででOKって感じである。
なぜ、前半だけなのかと言うと、前半はとても
キャッチ―な曲が多く、親しみやすいのである。
先のC「オーディナリー・ワールド」の他にも
A「リフレックス」@「プリーズ・テル・ミー・ナウ」
もCMで使われていたし、
昔、フジテレビ系列の土曜深夜にオールナイトフジと
いう当時のヤングマンどもに絶大な人気を誇っていた
番組でも流れていた
F「ハングリー・ライク・ザ・ウルフ」や
その名の通りグラビア美少女を紹介するコーナーでのBGM
G「グラビアの少女」など、当時の世代は懐かしいと思うが、
今の世代でも十分楽しめるはずだ。
最高!
懐かしいし、ひじょうに内容的には満足しています。

Rio

[ CD ]
Rio

・Duran Duran
【EMI】
発売日: 2001-07-03
参考価格: 1,353 円(税込)
販売価格: 976 円(税込)
Rio
- 収録曲 -
1. Rio
2. My Own Way
3. Lonely In Your N...
4. Hungry Like The ...
5. Hold Back The Ra...
6. New Religion
7. Last Chance On T...
8. Save A Prayer
9. The Chauffeur
10. Rio [Video Track]
11. Hungry Like the ...
12. Save a Prayer [V...
カスタマー平均評価:  5
良い2ndアルバム
2ndアルバムにして、既に勢いを感じさせるアルバム。1stからの大きな飛躍がある。ニュー・ロマンティックの旗手としての地位を確立した。"Rio","Hungry like the wolf","New religion","Save a prayer"などヒット曲のオンパレードで聴くものを飽きさせない。80年代の時代を感じさせるアルバムでもある。
色んな種類の曲が聞ける
Rio , Hungry Like The Wolf が人気曲となっていますが、他にも素晴らしい曲があります。 My Own way や Hold back The Rain のようなダンス・サウンドも有れば、 The Chauffeur のような神秘的なメロディで曲のラストまで心を奪うような曲も。 聞いてると催眠に陥りそうになる Lonely In Your Nightmare. 切ない歌詞で感動させる Save A prayer. メンバーそれぞれのパートが完全に一致して聞かせる New Religion. そして個人的に気に入っている、次作のNew Moon On Mondayを思わせる Last Chance On The Stairway. つまり全ての曲をお勧めせずにはいられません。是非とも聞いてください。
人生最高作
これまで聞いた全てのアーティストのアルバムの中でも最高の一枚。まったくあきさせない構成と名曲揃いの9曲。 若さあふれるエネルギー。このバンドだけのオリジナルメロディと全体を蔽うカラフルさ。芸術的だ。演奏的には若干の古臭さを感じるが、今でも聞きたくなる。 リオは今でもライブの最高潮に使われるし、ヒットしたハングリー・ライク・ザ・ウルフはかっこいい。稀有のメロディ セイブ・ア・プレイヤーも収録している。 疾走感のあるホールド・バック・ザ・レイン、コーラス、複雑な構成のニュー・レリジョンなど佳曲揃い。 個人的には、ラスト・チャンス・オン・ザ・ステァウェイの雰囲気が好き。 デュランに興味を持った方には絶対お奨めしたい名盤中の名盤です。
ルックスだけぢゃないよっ
このアルバムがデュラン・デュランの中で最高傑作と言う人も多いようで、内容的にはファーストのイメージを変えるべく冒険しています。大ヒットしたRioから始まり、なんでこの曲を入れんたんだ?と少し戸惑ってしまう「2. My Own Way」、しかしこの後が怒濤の名曲パレードで一気に最後まで聴かせてくれます。「3. Lonely In Your Nightmare」はとてもよくできた曲だと思います、そしてファーストでの「Nightboat」「Friends of mine」「Sound of thunder」にも通ずる名曲、6. New Religionが秀逸です!この2曲でデュラン・デュランの有り余る才能を感じることができるでしょう。もちろん「8. Save A Prayer」という名曲も良いのですが、その影に隠れたもう一つの名曲「 9. The Chauffeur」にも是非聴き入って下さい。この曲はサイモンのヴォーカルがとても素晴らしいです。色んな意味でこの後の彼らの行く末を暗示するかのような内容です。ただ、この頃のPVはヒドイですが、、(笑)
80年代ポップの最高峰
「American Top40」において、ケイシー・ケイソンは彼らのことを「80年代でアメリカで最も成功したイギリスのポップグループ」と称した。反論をとなえたくなる人もいるであろうが、私は、デュラン・デュランが一番だと信じて疑わない。彼らは英国人なのだ。あんな広いアメリカを制覇した。これを偉業と呼ばないで何と表すのだ。

このアルバムは、1984年に「The Reflex」により全米第1位を獲得する少し前に作られた。もうすでに、尋常でない質の高さである。私は中学生の頃、彼らにより洋楽の世界に入っていったのだが、きっかけは顔ではない。「音」に衝撃を受けたのだ。凝りに凝った世界。5人のバランス。そして何よりも、わけのわからない歌詞。

サイモン・ル・ボンが描く、難しくてもったいぶっていて、そして高度な官能性を持つ世界に私は魅了された。ロジャー・テイラーは誠実にドラムを叩く。アンディは不満だったろうが、ジョン・テイラーは「Rio」と「Save A Prayer」等ですごい演奏をする。ニック・ローズは、きっと自らうっとりしながら弾いているのだろう。

ルックスがすばらしいのも一つの才能だ。嫉妬なんかしないで、素直に聴いてほしい。これの少し先に、全米ナンバーワンが待っていたのだ。とてつもなく広い地で、たくさんの外国人により才能が賞賛されたのだ。顔のよさだけでトップにはなれない。楽曲に魅力があったのだ。ポップやロックが好きなのなら、このアルバムは必携である。


セヴン・アンド・ザ・ラグド・タイガー(紙ジャケット仕様)

[ CD ]
セヴン・アンド・ザ・ラグド・タイガー(紙ジャケット仕様)

・デュラン・デュラン
【EMIミュージック・ジャパン】
発売日: 2008-05-28
参考価格: 2,600 円(税込)
販売価格: 2,250 円(税込)
セヴン・アンド・ザ・ラグド・タイガー(紙ジャケット仕様)
- 収録曲 -
1. ザ・リフレックス
2. ニュー・ムーン・オン・マンデイ
3. ひび割れた歩道
4. 賽は投げられた
5. 罪と情熱
6. ユニオン・オブ・ザ・スネイク
7. 運命の影
8. タイガー・タイガー
9. 7番目の男
カスタマー平均評価:  5
大人な名盤
DDの3rdアルバム。 大ヒット作「The Reflex」は、「Rio」の線上にあるし、 「Shadows On Your Side」も、「Hold Back The Rain」の線上にあるが、 明らかに、レベルアップしている。 独特なDDの世界観は一層強くなっており、 「Union Of The Snake」や、「New Moon On Monday」はその象徴と言える、傑作だと思う。 インストゥルメンタルの「Tiger Tiger」や、 ラストナンバーの「The Seventh Stranger」も美しいし、 「Of Crime And Passion」もDDらしく、カッコよく、これがこのアルバムの中で1番好きだ。 「Rio」の時の若々しいファンキーさは薄れたが、 それを良い意味で消化し、、前2作よりもはるかにクオリティが高く、 確実に大人になったといえる、名盤だ。



Copyright © 2008 洋楽アーティストデータベース. All rights reserved.    Program by 簡単アマゾンサイト作成ツール ver.3.96

 更新日 2008年10月11日   ※ 表示価格は更新時のものです!      メール      相互リンク