日本語教育関連情報

日本語教師

1,500円以上で送料無料!
※一部大型商品を除く
カートを見る ヘルプ
日本語研究 国文法 漢字の知識 語源・歴史・方言 日本語教育 外国人向け日本語学習  
  日本語能力検定試験 ことわざ 漢字検定 辞典 外国語学習法 日本語教育 雑誌

ホームページ
日本語教育能力検定試験
日本国際教育支援協会
実施要綱
日程・会場・出願方法
出題範囲
過去問題

特集
 アルクの日本語テキスト
 みんなの日本語
 異文化理解
 月刊 日本語
 国際交流基金日本語国際センター
 佐々木 瑞枝
 柴田 武
 大野 晋
 日本語 ドリル
 日本語 教材
 日本語 参考書
 日本語 問題集
 日本語学校
 日本語教育学会
 日本語教育能力検定
 日本語教師になろう
 日本語検定
 日本語能力試験
 日本語文章能力検定
 日本語力測定試験
 日本事情
 日本文化
 日本留学試験
 凡人社
 齋藤 孝
 にほんごであそぼ
 かるた
 紙芝居

サブカテゴリ
  日本語・国語学
 漢字・文字



 

漢字の知識


漢字―生い立ちとその背景 (岩波新書)

[ 新書 ]
漢字―生い立ちとその背景 (岩波新書)

・白川 静
【岩波書店】
発売日: 1970-09
参考価格: 777 円(税込)
販売価格: 777 円(税込)
漢字―生い立ちとその背景 (岩波新書)
白川 静
カスタマー平均評価:  5
漢字についての著者の知見の一部を見ることができる
漢字の著作が豊富な白川静の知見の一部を見ることができる新書の一つ。 漢字への興味を持ってもらうのに適した一冊。
漢字は想像力の宝庫である
文明の真髄を語る本である。私たちが普段何気なく書き記している漢字は、現在、世界に生きている「文字」の中でも、特異な象形文字です。古代に於いて象形文字は最も最初に現れた文字の一つと言う事ができる、それは形という図形を基礎にして、そこに動きや視覚的経験の総体を導入した一種の絵で、その絵を基に偏や造りを配置・構成した形態に、意味を対応させた意味文字です。メソポタミアの楔形文字も相当に古い文字ですが、漢字とは、いささか方法を異にした音表文字であり、アルファベットは代表的な音表文字と言えるでしょう。 漢字は東洋の古代中国にその起源があり、それは、東アジアの文化に決定的な影響を及ぼしていて、日本の文化はこの漢字が無ければ、その存在は、随分今とは変化を余儀なくされた事でしょう。また江戸・明治に於いてさえ、漢籍の素読は精神の成長に基本的な基礎となった。漢詩然り、短歌・俳句然り、漢語調はやがて言文一致体となり、現在の日本では小説も評論も当世風と成ったが、それでも漢字が無かったら日本語の表現は、今より随分単調なものとなるのではと思います。でも今は、漢字より日本語より、英語が幅を聞かす時代だ、日本語の使い方が良く身に付かない内に、中途半端な英語を学ばせようとする時代です。勿論、英語が母国語と同じ様に読み書き話せれば、言うことは無いが、基礎は日本語(母国語)にあると思う、その上で他に外国語が2つくらい身に付けば理想ですが、中々その様にはいかないのが現実です。 白川先生は、漢字研究の大碩学で、それは甲骨文字の業績や、また「字統」や「字訓」などの素晴しい著書を、お書きになっていて、漢字の意味の解釈などは、思っても居ない意味世界が背景に在る事を教えて頂き、とても面白い。 この新書を読んで、何よりも漢字に対する目が広がった事を心から感謝したい、今の日本では、読む力、書く力も、話す力まで随分痩せて来ているのではないか?子供達に本当に良いテキストを与えていないのではないか?教科書が薄過ぎます。今の五倍から十倍のページ数が在って好いのではないか?生徒が、最初に知識の手引きとする物は教科書です、この内容の豊かさ、広さ、深さが、生徒の知識のレヴェルを規定している面がありますから。 多くの象形文字は滅び去ったが、漢字はこれからも生きつづけられるか?先生はお書きになっている「民族とその言葉が滅びなくとも、文字はその文化の敗北によって滅びる」と!
白川漢字学の入門に
 確かにバンヴェニスト(『一般言語学の諸問題』とか『ヨーロッパ諸制度語彙』)は面白いが、実は最初そのエラさがよくわからなかった。白川静を読んで(バンヴェニストより前から読んでいたが、読み返して)、そのエラさがわかった。バンヴェニストは偉い。白川静はもっと偉い。

 おそらく競合品よりはいくらか安いためによく利用されているらしい学研の『漢和辞典』という事典があるが、これをつくった藤堂明保(東大教授)という中国文学研究者が、この『漢字』をめちゃくちゃ貶した書評を書いている。その貶し方というのが、「仮にも岩波新書で「カンジ」というタイトルの本を出すのに、こんなヤロウに書かせるなんて、編集者は何考えてるのだ」というものだった。こんな話があるから、「白川先生も、国立大学出てたら、今頃文化勲章なのに」というウワサも立つのだろう。東大のセンセイが「私大あがりがナマイキな、ちょっとだまってろ」という訳である。

 しかし、これ以上の話は無用だろう(別にどっちの肩を持ちたい訳ではないし)。なお、白川静が藤堂明保をこてんぱんにやっつける「書評の反論」が、『文字逍遥』(平凡社ライブラリ)に収録されている。
 
漢字を見る目がかわります!
「大鵬」はもともと台風現象のことだったとか、漢字の成り立ちそのものについてよくわかる。漢字再発見、という感じです。あわせて、少し値段が高いですが、字源辞典「字統」もお勧めです。


白川静さんに学ぶ 漢字は楽しい

[ 単行本(ソフトカバー) ]
白川静さんに学ぶ 漢字は楽しい

・小山 鉄郎 ・白川 静 ・文字文化研究所
【共同通信社】
発売日: 2006-12-18
参考価格: 1,050 円(税込)
販売価格: 1,050 円(税込)
白川静さんに学ぶ 漢字は楽しい
小山 鉄郎
白川 静
文字文化研究所
カスタマー平均評価:  5
語源マニアの心をくすぐる「白川先生の漢字の世界」、旧漢字に慣れるためにも必読
今まで漢字の形に共通する旁(つくり)に気付きながらも、なぜそのような共通点があるのかを知らずに過ごしてきました。しかし本書を通読してその疑問が氷解しました。例えば、進・推・唯・雖・惟・誰・応(旧字体は應)・隻・双(旧字体は雙)・獲・穫・確・奪・奮。これらは全て鳥に関すると知って、目から鱗が落ちました。漢字の語源のイラストを眺めると、旧漢字の方が語源に忠実であるという事実も良く分かります。こうして【漢字のネットワーク】が頭の中に自然に入るだけでなく、その関連性の調和に感動すら覚えます。「現実の根底にある自然法則に気付くのは達人で、現実の根底にある自然の調和に気付くのは詩人である」(湯川秀樹)、その意味では白川先生は漢字の世界における達人であり詩人でもあるのだなぁ、と思ったわけです。こうして語源マニアの心をくすぐった訳です。本書を読んで早速「常用字解」を購入しました。(日本語に限らず外国語の単語もこういう語源に基づくネットワークで覚えると頭に定着しやすくなります。「語源でたどる英単語まんだら」(岡山 徹)や「ドイツ語語源小辞典」(下宮 忠雄)などがその良い例です) 余談ですが、新漢字は全くよろしくありません。例えば、売と価はその改悪の最たるもので、漢字の原義を成すための"貝"が全く抜け落ちています。賣と價でないと語源が辿れません(→ここは「舊漢字」(萩野貞樹)の受け売りです(笑))。そういう訳で本書は【旧漢字に慣れ親しむための心構え】を培う為の本としても良いと思いました。(旧漢字が理解できれば、中国語の「繁体字」の習得にも繋がりますし、「繁体字」が理解できてはじめて「簡体字」への飛躍も理解できます。という訳で、旧漢字の習得は中国語学習のためにもきっと役に立ちますよ)
漢字の相互関連性、それからそれへとつながっていく様が面白い
 共同通信社編集委員兼論説委員の小山鉄郎が、漢字学研究の第一人者である白川静(しらかわ しずか)に取材して、漢字の成り立ちをひもといてゆく本。本文が200頁に満たない分量なので、取り上げた漢字もほんのひとにぎり。それでも、漢字にはつながりがあるのだなあ、奥が深いなあということが分かって、好奇心を誘われました。  あるキーワードをめぐって漢字がつながっていく様子が面白いんだなあ。たとえば、【人】をめぐる漢字の章。人 → 従 → 比 → 北 → 背 → 屍(「死」がない漢字) → 久 → 柩 → 大 → 天 → 夫 → 見 → 兄 → 光 → 先  とつながっていく様は、不思議に魅惑的で、パズルみたいな楽しさがありますね。あるいは【目】をめぐる漢字の章で、媚 → 蔑 → 夢 → ●(ごめんなさい。漢字が表記されません。読みは、「コウ」「しぬ」「みまかる」)とつながっていくあたり。呪術的で、面白いなあ。  漢字にはもともと興味があったのですが、今まで取っかかりがなかったのです。本書を読んで、白川静のほかの著作に手を伸ばしてみる気になりましたね。漢字の成り立ちや関連性に目をむけるきっかけをくれた本書に、感謝!
一種の絵本として読みたい一冊
しばらく前に白川先生の『常用字解』を購入しており、素人ながら私もその独創的な解釈に心奪われていたもののひとりである。本書は、何よりも白川先生の漢字学の世界を子どもにも視覚的に親しみやすいイラスト入りで説明してあるという点で「なかなかありそうでない本」であると言える。 例えば、「雲」の下の「云」は雲から出ている雲間を行き来する龍の尾だという、現代人からすると想像を絶する解釈がイラスト入りで解説されている。このような解釈に異議を唱える学者もおられるのかもしれない(尾ではなく稲妻であるとか)が、そんなことはおいておいて、1つの漢字をめぐってこれほどまでに楽しく想像力をかき立てられる話はなかなかないのではないか。現代人の見方では決して理解できない漢字の歴史を古代人の目線から白川先生が説明されているような気がする。
漢字への興味をそそる本
面白くて一気に読んでしまいました。 漢字の成り立ちについては、今までも興味を持っていましたが、 この本の切り口はちょっと違う。 目から鱗の話がたくさんありました。 小学生中学生からこの本を読めば、漢字が好きになること間違いない。 ただ、小学生にはちょっと難しいかな。
英語も楽しいよ
漢字と同じように英語にも漢字と同じように意味とスペルの関連があったんですね。知らなかった。ラテン語よりももっとさかのぼって、まんだら図にしてあるおもしろい本を発見。噂の「英単語まんだら」。ネットで検索したら、小学館のランゲージワールドで中身が検索できました。一見の価値あり。

中学入試でる順漢字3500 (Obunsha study bear)

[ 単行本 ]
中学入試でる順漢字3500 (Obunsha study bear)

【旺文社】
発売日: 2002-03
参考価格: 945 円(税込)
販売価格: 945 円(税込)
中学入試でる順漢字3500 (Obunsha study bear)
 
カスタマー平均評価:  5
大人も是非!
PCや携帯電話に慣れてしまって、 ペンで漢字を書く時に正しく使えている自信がなくなってきたため 小学生のレベルから自分の知識を確認しよう、ということで購入した。 中身は大きく3つ、1.書き取り 2.読み取り 3.その他 に分けられる。(1が半分を占める) 練習問題(45-50問を1セット)と入試問題(30問前後)にそれぞれ分かれている。 ただし練習問題と入試問題が交互に出てくる構成ではない。 同音異義語、四字熟語などの問題にもページを(少ないが)割いているところも良い。 「出る順」ということで網羅性には欠けるが、問題数が多いので私は気にならなかった。 解答は別冊で答えのみ、解説なし。 手書きで書類やらを書こうとして「うっ!?」と詰まってしまった大人の方にもオススメ。

常用字解

[ 単行本 ]
常用字解

・白川 静
【平凡社】
発売日: 2003-12-20
参考価格: 2,940 円(税込)
販売価格: 2,940 円(税込)
常用字解
白川 静
カスタマー平均評価:  4.5
手ごろな価格で手に入る白川静氏の辞典
 白川静氏の辞典はとにかく値が張る。「字訓」「字通」など、机上版の辞典ほどの大判であるが、20,000円前後と非常に高価である。これではなかなか手が出ない。「常用字解」は、その名のとおり常用漢字に限られるが、白川氏の研究の成果を紐解くことができる。  ただ、辞典として購入するのはお勧めできない。先日、「鹿」を引いたところ常用漢字でないために載っていなかった。自分では当然常用漢字であると思っていても、案外常用漢字から外れていたりする。そこで、少々割高であるが、「字統」の普及版(6,300円)の購入というのもお勧めである。
おすすめ。
 漢字の成り立ちを詳細に、かつ学説的に説明することに よって、古代中国の文化人類/歴史学にいたる 広い範囲で思考をめぐらせることが可能。  古代中国の人々の生活や思想、文化まで 読み取れてとても興味深いです。  いわゆる“白川節”なのでしょうが、 私はとても共感できます。   棺桶までもっていきます。  
 白川説字源に興味持った方に入門書としてお勧めできる著書
 著者の作品で有名な字統、字訓、字通があるが、正直この三部作品は文字に対する知識がなければ理解するまで大変な作品であり、三部から入った自分は内容の複雑さに辟易した。  しかし、常用字解は入門者でも解りやすく書かれているので、興味を持った方にはお勧めできる作品である。  値段としても三部作品は普及版でも各6000円という額であるが、この常用字解は参考書程度の値段なのも良い。  ただ、あくまで読み物としてであり、受験生の辞書としてならどうも、ライバルとして扱れてしまう藤堂氏の漢字源や漢辞海の方がお勧めできる。  古代の成立したときの意味を強調する本書より、作られたのは象形でも少しずつ音で変容していった歴史がある。  そういう意味で現代使われている意味が多く網羅されている辞書を作った藤堂氏の方に受験生の辞書としては軍配が上がってしまう。
説文学者の怠慢を撃つ
たとえば、屋根の下に豚がいるから「家」。屋根の下に女がいるから「安」らか。牛が人を角で突いて知らせるので「告」。真剣に漢字を理解しようとする人間がこのような漢字の字源の説明を聞いて疑問に思わないことがあるだろうか。また、子供にこのような漢字の字源の説明を求められて戸惑いをおぼえないことがあるだろうか。 これは従来字源の聖典視されていた『説文解字』の無批判な踏襲に起因する。後漢に編まれた『説文解字』のいちばんの問題は甲骨文字を知らなかったことにある。甲骨文字の発見は1899年。以来字源の研究は長足の進歩を遂げた。 しかるに、次々に発刊される漢和辞典の語源の説明は以前として『説文』を踏襲している。これは説文学者の怠慢に他ならない。 『常用字解』は甲骨文字発見以来の成果を採り入れると同時に、宗教・社会・風俗などの文化史的理解に基づき漢字の構造と字源を説明している。つまりいわゆる白川漢字学に基づいている。「家」、「安」、「告」など白川漢字学に照らし合わせると、従来の解釈とはまったく異なる真実がこの上ない説得力を持って現れてくる。 本書は常用漢字だけを取り上げている。中・高校生を対象にしていると著者はいうが、内容のレベルはそれより高く、大著『字通』の格好の入門書であり、漢字に興味を持つ人すべてが座右にすべきであろう。
白川説による字解の本
常用漢字及びその他の文字の一部に関して白川説による字解がなされているだけの本です。親字が12000字以上出ている漢和辞典が買える価格です。白川説の信奉者以外には、お勧めできません。

3級漢字学習ステップ改訂版

[ 単行本 ]
3級漢字学習ステップ改訂版

・日本漢字能力検定協会
【日本漢字能力検定協会】
発売日: 1997-04
参考価格: 1,050 円(税込)
販売価格: 1,050 円(税込)
3級漢字学習ステップ改訂版
日本漢字能力検定協会
カスタマー平均評価:  4
合わなかった
自分には合いませんでした。個人的には漢字検定試験問題集をお薦めします。
私が3級に合格した理由
私は6月に行われた漢字検定で3級を取得しました。 今回の漢字検定で私は私の中学校の中でトップになりました。 そして、協会の方からは団体内優秀賞をいただきました。 私は今回、漢字検定3級取得のため、3級漢字学習ステップを使っていました。 中は順序良く問題が並べられており、漢字配当表も付いているのでとても漢字の学習がしやすくなっています。また各問題ページにはコラムが掲載されており、漢字に関する疑問や注意点、誤りやすい漢字、使い分けなど、漢字全般のことがらが簡単に記されています。 私はこの漢字学習ステップのおかげで漢字能力を身に付けることができ、合格することができました。 「漢字検定を受けたいけど、どの参考書を買ったらいいのかわからない!」という方がいらっしゃいましたら、是非この漢字学習ステップを使ってみてください。
この本で学習を積み重ねれば・・・
3級検定試験に完全に準拠していると思います。 説明の構成も受験生にとって優しく親切です。 毎日すこしずつでも この本で学習を積み重ねれば3級合格はそう難しくはないと言えるでしょう。
漢検を取りたい方へ
 この本は3級を取るなら買うべき本です。  この本を読破したら、過去問を買って一日1回ずつ解いていくととても効果があります。この2つで合格できると思います。ただ 5級と違って別冊の漢字練習ノートが付いていません。(?1)
まずは…
漢字検定3級を受ける時にまずこの本を買ってみるといいと思います。漢字表には筆順、音訓、用例、部首、などが載っていて、また練習問題の方も漢字の読み、四字熟語、書き取りなどがあるので、自分がどの問題が得意で、どの問題が苦手か掴みやすいと思います。
自分の苦手分野を理解したあとで、それに応じて四字熟語辞典や漢字字典など必要なものを買い揃えていけばいいと思います。

漢字検定のテキストがたくさんありすぎて、どれを買えばいいか分からないという方は、まずはこの本から揃えてみるといいと思います。


2級 漢検分野別問題集改訂版

[ 単行本 ]
2級 漢検分野別問題集改訂版

・日本漢字能力検定協会
【日本漢字能力検定協会】
発売日: 2000-07
参考価格: 945 円(税込)
販売価格: 945 円(税込)
2級 漢検分野別問題集改訂版
日本漢字能力検定協会
カスタマー平均評価:  5
一発合格しました
これと漢字学習ステップを完璧にやって、一発合格しました。 2級までは学校の勉強をきちんとやってれば受かります。
基礎力を高めるための問題集
漢検2級を受検するべく購入しました。 ・受検の基礎力を高めることに主眼を置いた問題集  各設問ごとに、ウォーミング、練習1、練習2と分かれています。  しかしながら模擬試験は、巻末に2回分掲載されるのみ。  模擬試験をたくさんこなして覚えたい人だと物足りないですが、一般的な受験者ならこの1冊で充分だと思います。 ・参考書は別途あったほうがよいかも  部首名を問われる問題では意外な解答だったりします。そこは問題集を併用したいところですね。  といっても絶対必要と言うわけではなく、  私の場合はあえて間違えて、答え合わせをしながら覚えました。 他社も漢検問題集を出していますが、質量ともに必要充分。 それでいて税込945円なのでお得だと思います。 おそらくDSの漢検ソフトよりも身につくでしょう。
漢検対策に
苦手な出題分野”をなくすよう考えられた「分野別 」問題集です。
分野ごとに確かな実力がつくように内容は【漢字の読み】【漢字の部首】【熟語の理解】【対義語・類義語】【四字熟語】【送りがな】【書きとり】の7分野で構成されています。

各分野の問題に取り組む前に、知っておくべき基礎知識が解説されている【漢検おもしろゼミ】、ウォーミングアップ→練習1→練習2と基礎的なものから順にレベルアップしていき、無理なく検定に必要な漢字能力を身につけることができる【練習問題】(解答の手助けとなる「ヒント」や「意味」付き)、2回分ある【実力完成問題】 、部首、四字熟語など、まとめて学習すると効率的なものが掲載されている【巻末資料】など。


5級 漢字学習ステップ 改訂版

[ 単行本 ]
5級 漢字学習ステップ 改訂版

・日本漢字能力検定協会
【日本漢字能力検定協会】
発売日: 1997-10
参考価格: 945 円(税込)
販売価格: 945 円(税込)
5級 漢字学習ステップ 改訂版
日本漢字能力検定協会
カスタマー平均評価:  4.5
この本で合格しました
子供と一緒に漢字検定試験を受けました。 40歳にして、子供と一緒に9級から受けています。(笑) --------------------------------------------------- (1)漢字学習ステップ    (日本漢字教育振興会) (2)これだけ覚える漢字検定合格問題集(成美堂出版) (3)漢検分野別問題集    (日本漢字教育振興会) --------------------------------------------------- (1)(2)の組み合わせで、5級までは確実に合格できます。 4級以上になると、さすがに(3)が必要になるかもしれません。 【勉強方法】 (1)を主にして全体を網羅します。 (2)の第1章の練習問題を試験1週間前に集中して解きます。 これで合格間違いなしです。 ちなみに、「子供に負けてはならない」とお思いの親御さんは、 8級から5級までは、(2)の第1章、第3章だけやれば大丈夫だと思います。 しかし、4級からは(3)に手を出さないと駄目だという人もいるでしょう。 パソコン時代の今は、まじめに取り組まないと子供に負けますよ。 経験者は語る・・・です。 私は子供に何度も負けてます。(笑)
漢字学習ステップ
私には、漢字練習ノートが必要なかったのでその分星を減らしましたが、わかりやすくていい本でした。
これで!5級合格間違いなし。
漢検対策に
漢検5級を受検する方のための実力養成問題集です。小学校6年生で学習する181字の読み、書きなど、漢字の使い方が正しく身につくように編集されています。
【漢字表】 配当漢字の音・訓読み、総画数・筆順、部首・部首名、漢字の意味、用例を記載しました。
【練習問題】 配当漢字の読み・書きを中心に、部首、筆順、送りがな、熟語の構成、熟語作りなど、さまざまな問題で学習することができます。
○1ステップに5〜8字の漢字表と練習問題を設けています。
○各ステップの書き取り問題は解答欄を3つ設けています。日付記入欄もありますので繰り返しの学習に便利です。前回の答えを隠せる「かくしーと」もついています。

小学漢字1006字の正しい書き方―書き順・音読み・訓読みがすぐわかる (Obunsha study bear)

[ 文庫 ]
小学漢字1006字の正しい書き方―書き順・音読み・訓読みがすぐわかる (Obunsha study bear)

【旺文社】
発売日: 2002-02
参考価格: 630 円(税込)
販売価格: 630 円(税込)
小学漢字1006字の正しい書き方―書き順・音読み・訓読みがすぐわかる (Obunsha study bear)
 
カスタマー平均評価:  5
漢字 正しく書けますか?
子供に漢字の書き方を聞かれ、はて・・・? と、悩んだことはありませんか? わたしはあります。 子供に正しい書き順を身につけて欲しい。 そんな思いからこの本を買いました。 実際に役に立っているのは、わたしの方かもしれません。 正しい書き順はもちろんのこと、止め、はね、上の棒より長く、まっすぐ下につける、などなど、実際に漢字を書く際に気をつけなければならない注意事項が実に簡潔に書かれています。 巻末に、部首の名前や同訓異字や同音異義語も載っています。 同訓異字や同音異義語は、大人でも間違えやすいのでは? わたしは、なるほど?と感心して見てしまいました。 文庫本サイズでありながら、この内容、そしてこのお値段。 この本を見て、結構いい加減な書き方をしていた自分に気付きました。 あなたは漢字、正しく書けますか?
漢字がきれいに書ける!
漢字をきれいに書くには、まず書き順を正しくすることが大切だと実感しています。これまで間違って覚えていた書き順を発見し、あらためて正しい書き順で書いて見ると驚くほど整った字になります。マス目に十字が入っているので字形のバランスもひと目でわかるうえ、書き方の説明も親切です。例えば、『望』という字の『月』の部分が少し斜めになっていたなんて今まで知りませんでした。まだまだ新しい発見がありそうです。
これ使って灘中と開成中受かりました!!
これはマジで最強です。小学漢字の(問題集以外の)本で自分が唯一感動した本です。小さくて持ち運びやすい割に、小学校の漢字が全部学年順に網羅されてて文字が大きく書き順や細かいところまでしっかり載ってるので超オススメです。小学3年生の時に購入して使いつづけた結果、中学合格した時には既にセロテープの補修だらけで本の形をなしてませんでしたがw
子供に是非!!!!!!!
はねる、とめる、はらう、つける、ここは長い、離すこと・・・ 小学漢字1006字の書き方を、1画ずつ示すことで、 書くときのポイントや、よくあるミスを指摘。 本文は学年ごとに索引が付けられているので、 1年生でならう80字は34頁から54頁までとなっている。 勉強する子供も頭から純粋にめくれば良い構成。 全てのページに「コラム」がある。 漢字の「面白話し」は、頭からめくっていっても飽きない。 音訓と総画数の索引が最初の頁にあり、非常に使いやすい。 筆順のルールに、「以外・意外」「合う・会う」等の 同訓同音異字の用例も付録として用意されている。 これが「文庫サイズ」でこの価格というのは優れもの。 できれば、3年生以下の子供に渡したい1冊。 なんとなくぺらぺらめくって、 高学年の漢字も覚えるきっかけになると思う。
とても使いやすい。
 学年別に配置されており、とても見やすく使いやすい。他のレビューアーの方も述べている通り、小学校の教員を目指すならば、値段もお手ごろであるし持っていても決して損はない。教員を目指さない方でも、小学漢字と侮ることなかれ。本書を手に取れば間違った書き順を正される機会が結構あるだろう。  正しい書き順を教えることについては様々な議論がある(漢字によっては楷書、行書、草書などくずし方によって書き順が変わるものが少なくない)が、正しい書き順を知っている書き順はきれいな字を書くことにもつながる。ましてや子どもが近くにいるところで、とんでもない書き順で漢字を書いていては恥ずかしい。    「武」「発」「別」「希」「情」・・・正しく書けるだろうか。

NHK日本語発音アクセント辞典

[ 単行本(ソフトカバー) ]
NHK日本語発音アクセント辞典

【日本放送出版協会】
発売日: 1998-04
参考価格: 3,990 円(税込)
販売価格: 3,990 円(税込)
NHK日本語発音アクセント辞典
 
カスタマー平均評価:  5
とても役に立つ辞書
私は留学生ですが、日本語の発音とかアクセントに非常に興味を持っています。しかし、勉強するのは大変難しいと感じています。それぞれの単語のアクセントはまちまちですから。それから、母音の無声化も、話す時に気がつかないと、耳触りになりやすいです。この辞書があったら本当に便利になると思います。自信が無いときに辞書を引いたらすぐ分かるようになって、覚えていって、勉強のためになります。
初めでこの辞書を聞いたのは日本人の友達が紹介してくれたのです。その人はラジオ局に勤めていますので普段も良くこの辞書を使って勉強しているようです。その人の話だと、外国人だけじゃなく日本人にとってもきれいな標準語をしゃべるのはなかなか難しいだそうです。この本があれば非常に役に立ちます。

4級漢字学習ステップ 改訂版

[ 単行本 ]
4級漢字学習ステップ 改訂版

・日本漢字能力検定協会
【日本漢字能力検定協会】
発売日: 1997-04
参考価格: 1,050 円(税込)
販売価格: 1,050 円(税込)
4級漢字学習ステップ 改訂版
日本漢字能力検定協会
カスタマー平均評価:  3.5
本格的な一冊だから
確かに漢字検定に必要な知識は得られるし、端から端まで覚えたらとても勉強になる一冊。
しかし、この本を使った友人曰く、「憶えなくてはいけない箇所が多すぎて困る」とのこと。矛盾している発言ですが、「どうでもいいから受かりたい」と思う人には内容が多すぎます。

私は問題集はこれではない、出題頻度の多いものが厳選されて掲載されているものを使いました。
漢字が本当に好きで、本格的に勉強したい人には良いかもしれませんが、私はよくでる問題やテストの形式を掴める問題集のほうが使いやすかったです。
これから漢字検定を受ける方は、一度現物を見て、自分に合った問題集を選ぶことをお勧めします。
漢検対策に
漢検を受検する方のための実力養成問題集です。常用漢字のうち中学校で学習する漢字939字を各級の段階に応じて配当し、それらの漢字の使い方が正しく身につくように編集されています。

【漢字表】 配当漢字の音・訓読み、総画数・筆順、部首・部首名、漢字の意味、用例を記載しました。検定直前の確認に便利です。

【練習問題】 配当漢字の読み・書きを中心に、同一漢字の音・訓読み、同音・同訓異字の書き取り、部首、送りがな、熟語の構成、四字熟語など、多岐にわたって出題されています。

○1ステップに8〜9字の漢字表と練習問題を設けています。
○5〜6ステップごとに自己評価欄付の「力だめし」を設けて復習と確認ができるようになっています。

○巻末には実際の検定に即した「総まとめ」を設けていますので模擬問題としてご利用いただけます。


1  2  3  4  5 


日本語研究国文法漢字の知識語源・歴史・方言日本語教育外国人向け日本語学習日本語能力検定試験ことわざ漢字検定辞典外国語学習法日本語教育 雑誌

copyright © 2008 日本語教師 .all rights reserved.    Program by 簡単アマゾンサイト作成ツール ver.3.89
 更新日 2008年5月11日   ※ 表示価格は更新時のものです!      メール      相互リンク